ステーキ肉の焼き方とアレンジを紹介!安い肉を柔らかくする方法は?

ステーキ肉は焼き方のポイントを押さえることで、おいしく焼くことができるものです。ステーキ肉は安い肉ですとどのように焼き方を工夫しても固くなってしまうと思っている人も多いのではないでしょうか?安いステーキ肉でもおいしく焼き上げる焼き方や、ジューシーに柔らかくする方法はあるものです。今回は、ステーキ肉の焼き方や焼き方のアレンジ方法、安いステーキ肉を柔らかくする方法など、ステーキ肉をおいしくする方法について詳しく紹介します。

ステーキ肉の焼き方とアレンジを紹介!安い肉を柔らかくする方法は?のイメージ

目次

  1. 1ステーキ肉の柔らかくて美味しい焼き方をマスターしたい
  2. 2ステーキ肉の焼き方を詳しく解説
  3. 3ステーキを失敗なく焼くポイントは?
  4. 4ステーキの焼き方アレンジ!ガッテンでも紹介の方法とは?
  5. 5ステーキを美味しく!安い肉を柔らかくする方法
  6. 6ステーキ肉を美味しく食べるソースレシピを紹介
  7. 7ステーキ肉を美味しく焼く方法で調理してみよう!

ステーキ肉の柔らかくて美味しい焼き方をマスターしたい

ステーキ肉は自宅で調理することは難しいと思っている人も多いのではないでしょうか?実はステーキ肉は簡単に焼くことができます。レストランなどの店舗で食べるステーキもおいしいものですが、自宅でも本格的なステーキを焼くことができるものです。ステーキ肉は、高い肉でなく、安いお手頃価格の肉でもおいしく柔らかくする方法があります。

ステーキの焼き加減を失敗してしまった経験のある人も多いものです。ステーキ肉は焼き加減を見誤ると、焼き過ぎで固くなってしまうこともあるものです。実はコツを押さえることで、おいしいステーキ肉を自宅でも絶品ステーキに焼き上げることができます。今回は、ステーキ肉をおいしく焼く焼き方やコツ、押さえておきたいポイントや、焼き方のアレンジ方法、安いステーキ肉を柔らかくする方法など詳しく紹介します。

ステーキ肉の焼き方を詳しく解説

ステーキ肉を焼くときに一番難しい作業といえば、焼く工程と感じている人も多いのではないでしょうか?ステーキ肉を焼くのは、下ごしらえや温度管理、焼き加減が難しいと思いがちですが、意外と簡単なものです。コツやポイントも難しいことはなく、少し意識するだけで、おいしいステーキを焼くことができます。ここでは、ステーキ肉の焼き方を詳しく紹介していきます。

ステーキ肉は焼く前に室温に戻しておこう

ステーキを食べようと思ったとき、冷蔵庫から出したてのステーキ肉をすぐにでも焼いてしまいたくなるものですが、肉が室温に戻るまで待つことが必要です。ステーキを焼くときに、肉の温度が低いと、表面のみが焼けてしまい、中まで加熱される時間がかかることで、パサパサの仕上がりになってしまう恐れがあります。ステーキはジューシーに焼き上げることで、肉本来のうまみを味わうことができます。

ステーキ肉の厚さが1.5センチ程度の肉でしたら、30分~1時間程度で室温に戻すことができます。それ以上に厚いステーキ肉の場合は、その時間よりもやや長くかかるでしょう。ステーキ肉が室温に戻るまでの時間は他のおかずを作って置いたりすると、空いた時間を有効に活用することができます。料理以外にも、洗濯などの家事をするのも良いでしょう。

肉は生ものなので、室温に戻したいからといって、長時間室温にさらしておくことは危険です。特に夏場などの温かな室温の中に肉を長い時間置いておくと、せっかくのステーキ肉が傷んでしまう恐れがあります。おいしい肉を傷ませてしまうのはもったいないものです。室温に戻すときは、その日の室温や肉の状態を見て気を配っておきましょう。

ステーキ肉の下ごしらえで安い肉でも美味しく仕上がる

ステーキは高いステーキ肉を使用しないとおいしく仕上げることができないと考えている人も多いのではないでしょうか?確かに高いステーキ肉のステーキはおいしいものです。しかし、やすい肉でも下ごしらえをきちんと行うことで、ステーキはおいしく仕上げることが可能です。ここでは、安い肉でもおいしく仕上がるステーキに欠かせない下ごしらえの方法を紹介します。

ステーキに使用する肉は、あらかじめ筋を切っておくことが大切です。筋を切っておくことで、ステーキを食べるときの食感が良くなるばかりでなく、焼いたときに焼き縮みしてしまうことを防ぐ役割もあります。ステーキ肉を見ると筋があることが確認できるものです、その筋を包丁の先を使用して切っていきましょう。しっかりを筋を立つことが重要です。

安いステーキ肉は固いイメージがあるものです。安い肉は筋がたくさん入っていることがあるものです。包丁の先で大きな筋を切ったあとは、肉を焼く前に包丁の背で肉全体を叩くと、肉の繊維が断ち切ることができるため、肉を柔らかくする方法のひとつとして活用できます。包丁でたたくときは、表と裏の両面のどちらも格子状に細かく叩くことがポイントです。

肉は叩くと伸びてひとまわり大きくなります。そのまま焼いてしまうと薄いステーキになってしまうため、肉を叩いたあとは、全体を手で寄せ集めて元の大きさに戻しておきましょう。しっかりと叩いているため、形は戻っても柔らかくなった肉の質感は変わりません。

ステーキをおいしく柔らかくする方法として、フォークなどで肉を刺す方法があります。フォークをステーキ肉全体に刺すことで、肉の繊維を断ち、柔らかくします。また、フォークを刺すと肉に穴が開くため、後にかけるソースが肉に染み込み絡みやすくなるのもうれしいポイントのひとつです。肉に穴をあける専門の道具もありますが、フォークでも十分その効果を得ることができるでしょう。

ステーキを焼くときは牛脂がいいの?

ステーキを焼くときによく使用される油といえば牛脂です。牛脂はステーキと同じく牛の脂のため、ステーキ肉との相性も良いものです。牛脂で焼くと余計な風味が付かないだけでなく、牛肉のうまみや美味しい香りをよりいっそう堪能することができるものです。ステーキを焼くときには牛脂を使用したほうが、牛肉そのものをしっかりと味わうことができるでしょう。

牛脂は購入することももちろんできますが、大型スーパーや精肉店によっては、牛脂を無料で提供していることもあるものです。すぐ持ち帰ることができるように陳列されていることもありますが、店頭になくとも用意されている場合があるので、ステーキ肉を購入するときに、お店の人に聞いてみると良いでしょう。

ステーキを焼くときに使いたい牛脂ですが、牛脂が手に入らないこともあるものです。そのときは、クセのない油を使うようにすると良いでしょう。サラダ油やグレープシードオイルがおすすめです。バターですと焦げ目が早くついてしまうため、油でステーキを焼くようにしましょう。

ステーキ肉の焼き方の手順

ステーキは塩こしょうをして焼くだけの簡単な手順ではありますが、おいしく焼くポイントを知っていると一味違う本格的なステーキを焼き上げることができるものです。自宅でステーキを焼いたことがあっても、好みの焼き加減にできなかったり、中々おいしく焼き上げることができない場合も多いものです。

コツを知っておけば、いつでもおいしいステーキを焼くことができます。ここでは、ステーキ肉の焼き方の手順を紹介します。肉の下ごしらえを済ませたあとはフライパンを強火で温めましょう。スキレットなどの鋳鉄のフライパンだとベストですが、ない場合は普通のフライパンやテフロン加工のフライパンでも大丈夫です。

フライパンが温まる直前に、ステーキ肉の片面に塩こしょうを振っておきましょう。ソースの味が薄めの場合や、肉そのものの味わいを堪能したいときは、黒コショウや岩塩をミルで挽いてかけるとより本格的なステーキの味わいを楽しむことができます。塩コショウの分量はやや多めにかけると、表面に良い焼き色が付くだけでなく、味もぼやけません。

十分にフライパンを熱したら、牛脂もしくはサラダ油をフライパンに入れ、全体に広げたあとステーキ肉を入れます。フライパンに肉を入れたらすぐに触らないようにしましょう。肉に焼き目をつけたいために、フライ返しで肉を押さえつけてしまうと、せっかく下ごしらえをしたステーキ肉が固くなってしまったり、おいしい肉汁が出てしまう恐れがあります。

肉を強火で30秒ほど焼いたら、火力を中火に落とします。肉を裏返す前に塩コショウをしていなかった片面に塩コショウをしておきましょう。肉の焼き目を確認し、こんがりとした焼き目がついていたら肉を裏返します。裏返したあと、もう片面にしっかりと焼き目がついたら取り出し、バッドやまな板の上にステーキを置いて10分程度休ませてできあがりです。

厚みがある場合は焼き終わったらアルミホイルで休ませよう

ステーキ肉に厚みがある場合は、そのまま休ませるのではなく、アルミホイルに包んで休ませましょう。アルミホイルで包むことで、保温効果があるため、肉自身の熱で内部まで熱を伝えることができるものです。厚みのある肉は中々火が通らないものです。

余熱でじっくりと火を通すことで、厚いステーキ肉でもおいしく仕上げることができます。肉汁も逃がさないため、うまみも残すことができるのも魅力のひとつです。厚いステーキ肉を使用した場合は、肉を焼いたあと休ませるときにアルミホイルを使用しましょう。

ステーキを失敗なく焼くポイントは?

ステーキに使う牛肉は、安いといっても価格が高めのことが多いものです。せっかくステーキを自宅で焼くのなら、失敗なくおいしく焼き上げたいものです。ステーキはきちんとポイントを押さえることでおいしく焼き上げることができます。ここでは、おいしく焼き上げるポイントやコツを詳しく紹介します。

焼く前には必ず室温に戻す

ステーキは焼く前にしっかりと室温に戻しておくことが重要なポイントのひとつです。冷たい状態の肉を熱いフライパンで焼いてしまうと、焼きあがる時間が室温にもどした肉よりも多くかかってしまいます。冷たい肉の中まで適度に火を通そうとすると、外側の肉が加熱され過ぎて固くなり、食感や味わいを損ねてしまう場合があるものです。

肉を室温に戻しておくことで、熱の伝わりが良くなり、肉を短時間でおいしく焼き上げることができます。短時間で焼き上げることで、余分な肉汁を外に出してしまうことなく、ジューシーな仕上がりにすることができるものです。ステーキを焼くときには、肉の温度を室温にきちんと戻しておきましょう。

筋切りは必ず行う

ステーキの肉は筋を切ることで、焼き縮みを防ぐことができます。また、筋切りをしておくことは肉を柔らかくする方法のひとつでもあり、食べるときの食感も一段とよくなるものです。ステーキ肉の筋を切る方法は、太い筋の場合は、包丁の先端を使用して切りましょう。

細い細かな筋は包丁の背を使用して叩くと良いでしょう。格子状に細かく叩いていくことがポイントです。表の面だけでなく肉の両面をしっかりと叩くと、よりいっそう柔らかくなるのでおすすめです。肉を叩いたあとは肉が伸びているので、手を使用して元の大きさに整えておくことも大切です。

さらに肉全体をフォークで刺しておけば、細かい筋を断つことができるだけでなく、ソースの染みこみや辛みを良くすることができます。フォークを汚してしまうのが面倒な場合は、包丁の先端を使用して刺すのも良いでしょう。

ステーキに塩をするタイミング

ステーキに塩コショウをするタイミングに迷う人も多いのではないでしょうか?塩コショウをするタイミングが違うだけでステーキの味わいが大きく変わるものです。ここでは、ステーキに塩やコショウをするタイミングについて詳しく解説します。

ステーキに塩コショウをするタイミングは肉を焼直前がベストです。肉に下味を染みこませたいために、事前に塩コショウをして置いておくと、浸透圧によって肉の内部から肉汁が出てきてしまい、せっかくの肉のうまみも一緒に流れ出てしまうものです。直前に塩コショウをすることで、肉汁の流出を防ぐことができます。

フライパンが温まる直前に片面にのみ塩コショウをしておきましょう。そして、肉をひっくり返すタイミングで塩コショウをしていなかった片面に塩コショウをすれば、余計な肉汁が流れ出てしまう心配がありません。また、塩コショウは表面を焼き固めるためにも重要な役割を果たしています。厚めの肉を焼くときは、側面にも塩コショウをつけるようにしましょう。

焼き終えたステーキをアルミホイルで休ませるメリット

焼き終えたばかりの肉は、肉汁が中心に集まっているため、すぐに切ってしまうと肉汁があふれ出てしまい、パサパサの食感になるものです。ステーキを食べるのなら、ジューシーでしっとりとした肉を肉汁と共に味わいたいものです。

焼いたステーキ肉をアルミホイルに包んで休ませることで、保温しながらしっかりと肉全体に肉汁を行き渡らせることができます。また、保温効果のおかげで、余熱で肉の中心部までしっかりと火を通すことができます。予熱は低温のため、肉がパサついてしまう心配がありません。

肉汁と熱を逃がさずに肉を休ませることで、温かでジューシーなステーキを味わうことができます。厚めのステーキのときは、とくに内部まで火が通っているかどうか不安なものです。しかし、アルミホイルで包んで休ませることでしっかりと内部まで火を通すことができるので、心配を解消することができるでしょう。

Thumbサーロインステーキの焼き方を解説!柔らかく焼く裏技について! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

ステーキの焼き方アレンジ!ガッテンでも紹介の方法とは?

ステーキの焼き方はアレンジすることができます。アレンジ方法によって肉の焼き方の選択肢が増えるため、どんなステーキ肉でもおいしく焼き上げることができるようになるものです。ここでは、ステーキの焼き方のアレンジ方法を紹介します。

冷凍保存した肉を解凍せずにそのまま調理できる!

通常ステーキは室温に戻してから焼くものですが、冷凍保存した肉を解凍せずに焼くアレンジ方法があります。この焼き方のアレンジ方法は、冷凍した肉をそのまま焼くことができるため、余計なドリップが出ないところがメリットです。

また、解凍の必要がないため、すぐにステーキを焼くことができます。通販などで購入したステーキは冷凍されていることが多いものです。食べたいと思ったタイミングですぐステーキを焼くことができるのは嬉しいポイントでしょう。

肉の厚さは1.5cm程度がおすすめ

焼き方にアレンジを加えたこの方法で使用する冷凍のステーキ肉は1.5センチ程度の厚さが望ましいです。薄すぎると火が通りすぎてしまい、厚すぎると焼く時間が長くなり上手に焼けない可能性があります。1.5センチ程度の肉ですと、アレンジを加えた焼き方でちょうど良い加減でおいしく焼き上げることができるため、使い勝手が良くオススメです。

冷凍するときにも一工夫

ステーキ肉を冷凍して焼くアレンジした焼き方場合、肉を冷凍しておくときにも一工夫アレンジが必要です。食材を冷凍するときに使用するものといえばラップですが、このラップの仕方にコツが必要です。ステーキ肉は一枚ずつラップで包みます。まずはじめに肉とラップがぴったりと密着するように包みましょう。空気が入らないように包むことがポイントです。

ラップをした肉をさらにラップで二重に包みます。このときは、空気を含ませるようにふわりと軽く包み込むことがポイントです。一番初めに密着させてラップをすることで肉が酸化してしまうのを防ぎ、さらにふんわりとラップをすることで、冷凍庫を開け閉めするときの庫内の温度差を肉に伝わらないほうにする役割があります。

冷凍庫でステーキ肉を保存するときは、冷凍庫の中央付近で冷凍しておくとよいでしょう。中央付近は冷凍庫の中でも比較的温度が安定しているため、肉の鮮度が落ちにくく、安定して冷凍保存しておくことが可能です。

冷凍ステーキ肉の焼き方

アレンジを利かせた冷凍ステーキ肉の焼き方はとても簡単なものです。ここでは、冷凍ステーキ肉のアレンジした焼き方を紹介します。冷凍したステーキ肉はそのまま解凍せずに使用しましょう。フライパンを火にかけて温めます。牛脂もしくはサラダ油を熱し、温かくなったら冷凍されたステーキ肉を入れてフタをし、2分焼きます。2分たったら裏返し再度フタをして2分焼きます。

2分たったらフタをしたまま2分置いて蒸らしたらできあがりです。全ての工程が2分のため、覚えやすく手順も簡単で手軽に調理することができるものです。塩コショウは好きなタイミングでかけるようにしましょう。冷凍された肉は冷凍によって繊維が壊れているため、筋を切る必要がありません。アレンジされた焼き方を覚えておくことで冷凍のステーキ肉をおいしく焼くことができるため、覚えておくと良いでしょう。

ステーキを美味しく!安い肉を柔らかくする方法

安いステーキ肉は繊維や筋が多く固いイメージがある人も多いのではないでしょうか?安い肉でもおいしくジューシーに柔らかくする方法があります。下ごしらえの方法を工夫することで、安い肉をやわラックする方法があります。安い肉でもステーキにして食べることができたら嬉しいものです。ここでは、自宅で安い肉を柔らかくする方法を詳しく紹介します。

すりおろした玉ねぎに付け込む

肉を柔らかくする方法はさまざまな方法があります。その方法のひとつとして、すりおろした玉ねぎに漬け込むという方法があります。玉ねぎには肉のタンパク質を分解する成分が含まれています。すりおろすことで肉全体に玉ねぎを漬け込むことができるため、玉ねぎの成分を肉全体に行き渡らせることができます。

また、すりおろした玉ねぎにつけ込むことで、肉が柔らかくなるだけでなく、おいしい玉ねぎの甘味や風味をつけることができるのも、嬉しいポイントのひとつです。肉をつけ込んだ玉ねぎは後でソースにも使用することができるため、無駄がありません。

ヨーグルトに付け込む

肉を柔らかくする方法として、ヨーグルトにつけ込む方法ああります。ヨーグルトに含まれる乳酸菌が、肉のタンパク質や繊維をほぐしてくれる効果が期待できます。ヨーグルトは無糖タイプのプレーンのものを使用しましょう。

ヨーグルトにつけ込んでも酸味が肉に移ってしまうことはありません。ヨーグルトが固めの場合は、牛乳で溶きのばしても良いでしょう。肉を焼くときはヨーグルトをキッチンペーパーなどを使用してしっかりとふき取るようにしましょう。

コーラに付け込む

肉を柔らかくする方法のひとつにコーラにつけ込む方法があります。コーラに含まれる強い炭酸が肉のタンパク質を柔らかくしてくれる効果があります。コーラは甘く味があるものですが、肉にその味がついてしまう心配はありません。

焼く前には、肉についているコーラをふき取りましょう。水分が残っていると水っぽく仕上がるだけでなく、焼き加減にも影響が出てしまう恐れがあります。肉を柔らかくする方法のひとつとして覚えておくと役立つでしょう。

Thumb肩ロースのステーキの焼き方は?硬い肉を柔らかくする方法も解説! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

ステーキ肉を美味しく食べるソースレシピを紹介

ステーキ肉を美味しく食べるときに、ソースがあれば、さらにステーキをおいしく食べることができるものです。ステーキのソースは簡単に作ることができます。ここでは、ステーキ肉をおいしくたべるソースレシピを紹介します。

簡単にできる「おろし玉ねぎのステーキソース」

落とし玉ねぎとステーキとの相性はとても良いものです。作り方は、おろし玉ねぎ大さじ1.5、めんつゆ大さじ2、醤油大さじ半、砂糖大さじ半、みりん大さじ1、酒大さじ1を耐熱容器に入れてレンジ600wで役1分30秒加熱します。加熱後、すりおろした生のたまねぎ1.5を加えて混ぜたらできあがりです。

ステーキ肉を美味しく焼く方法で調理してみよう!

ステーキ肉は自宅で簡単に焼くことができます。焼き方のコツやポイントを覚えておけば、失敗することがありません。安い肉でも柔らかくする方法があり、きちんと下ごしらえをすることで、おいしくステーキを作ることができます。ステーキ肉の下ごしらえやおいしく焼く方法を覚えて自宅で調理してみてください!

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ