たこ焼きのアレンジレシピ!使う具材やソースでスイーツも作れる?

ホームパーティーの人気メニューといえば『たこ焼き』です!たこ焼きはスタンダードなものはもちろんですが、アレンジしたものもとっても美味しいです!たこ焼きのアレンジレシピとして知って欲しいのが、具材をゆでだこではないものにアレンジするという方法です。たこ焼きには一体どんな具材を入れるアレンジがオススメなのでしょうか?今回は、たこ焼きアレンジにおすすめの具材を調査するとともに、スイーツやリメイクレシピもご紹介します!

たこ焼きのアレンジレシピ!使う具材やソースでスイーツも作れる?のイメージ

目次

  1. 1たこ焼きをアレンジして他の味でも楽しみたい!
  2. 2たこ焼きの基本のレシピをおさらいしよう!
  3. 3たこ焼きのアレンジレシピを紹介!
  4. 4たこ焼きを具材やソースでスイーツにするレシピ
  5. 5たこ焼きで作りたいリメイクレシピ
  6. 6たこ焼きはアレンジ次第で色々な味が楽しめる!

たこ焼きをアレンジして他の味でも楽しみたい!

大人数でのホームパーティーの定番中定番メニューといえば、『たこ焼き』です。生地や具材を流し込んでくるくると丸めていくだけの超簡単レシピなので大人はもちろんの事、お子様も一緒に楽しめます。そんなホームパーティーの人気メニューであるたこ焼きですが、ちょっと飽きやすいのが難点です。たこ焼きをアレンジして他の味でも楽しみたいと思いませんか?

Thumbたこ焼き器を使ったアレンジ料理とは?スイーツなどのレシピも! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

たこ焼きの基本のレシピをおさらいしよう!

基本のたこ焼きがしっかりと出来ていないと、アレンジする時も出来上がりはもちろんの事、お味も微妙になってしまいます。まずは、たこ焼きのアレンジレシピについて学ぶ前に、たこ焼きの基本のレシピをおさらいしておきましょう!

たこ焼きの材料を揃えよう

まずは、たこ焼きの材料を揃えましょう。たこ焼き(20個分)の材料は、たこ焼き粉・100g、卵・1個、水・300cc(購入したたこ焼き粉によって事なりますので、レシピをチェックしてください。)、ゆでだこ・40g、天かす・お好みの量、干しエビ・お好みの量、紅生姜・お好みの量です。トッピングもお好みで、ネギや青のり・ソース・マヨネーズなどを準備してください。

基本のたこ焼きの作り方

基本のたこ焼きのレシピについてですが、まずはたこを約1.5cm角に切っておきましょう。続いて、たこ焼きの生地を作っていきます。ボウルに卵をよく溶きほぐし、水を加えて混ぜます。その後、たこ焼き粉を2〜3回に分けて加えながらよく混ぜます。たこ焼き機を中〜強火で熱し、たこぼうずを使って油をしっかりと敷きます。

この時、穴の部分だけではなくたこ焼き機の縁にもしっかりと油を敷いていく様にしてください。そうすることでくるっと生地をひっくり返しやすくなります。油が敷けたら生地を少し落としてみて、『ジュッ』と音がしたら、生地を一気に流し込みましょう。生地が流し込めたら穴にゆでだこを入れていき、天かす・干しエビ・紅生姜を全体に適量入れていきます。

たこ焼き機に流した生地のフチが白くなってきたら、竹串などを使って生地をひっくり返して丸くしていきます。1度目に生地をひっくり返す時はたこ焼き機の穴からはみ出た生地を中に入れるようにしていくと丸い綺麗なボリュームのあるたこ焼きになります。全体を丸めていけたら、くるくると回しながらさらに丸くしていきましょう。

たこ焼きの生地が綺麗な丸になってきて、こげ色がついてきたらお皿に盛って、ソースやマヨネーズ、お好みでかつお節や青のり・ネギなどをかければ基本のたこ焼きの完成です!外側をカリッとさせたい方は、たこ焼きの形がしっかり丸くなってある程度こげ色がついてきたら、たこぼうずを使って表面に油を塗っていくと表面カリッと、中トロッとしたたこ焼きが完成します。

Thumbたこ焼き粉が余ったらアレンジ!人気レシピやおやつなど紹介! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

たこ焼きのアレンジレシピを紹介!

基本のたこ焼きレシピについて学べたところで、次に気になるのがたこ焼きのアレンジレシピです。大人数でホームパーティーをする時にはみんなでワイワイ楽しめるたこ焼きパーティー。簡単・楽しい・安いという魅力ばかりのたこ焼きパーティーですが、ずっと同じ基本のたこ焼きをするのは少し味気がないですし、何より飽きてしまいます。

だからこそ、アレンジをして新鮮味を出してあげることが大事です。では、たこ焼きのアレンジレシピでおすすめの具材とは一体どんなものなのでしょうか?お次は、基本のたこ焼きを応用したアレンジレシピをご紹介します。一体どんな具材がおすすめなのかチェックしてみましょう。

たこ焼きのアレンジ具材のおすすめは?

まず、たこ焼きのアレンジ具材のおすすめについてですが、定番人気のアレンジ具材は、お餅やコーン・チーズ・キムチ・ソーセージ・エビ・ツナ・えびせんなどです。変わり種のアレンジ具材として人気なのが、納豆・梅&大葉・ベビースターラーメン・ブロッコリー・砂肝・ポテトサラダなどです。このような具材を使ったアレンジたこ焼きはどんな風になるのか、お次はチェックしていきましょう。

とろりと溶け出す食感が最高!「チーズ」

近年爆発的大ブームとなっている『チーズ』は、アレンジたこ焼きの具材として王道中の王道です。とろりと溶け出す食感が最高に美味しいチーズたこ焼きは、女性はもちろんのこと、お子様や男性にも大人気なので「何の具材を入れてアレンジしよう…」と、迷った時には是非入れたいアレンジ具材です。

もちもち食感が癖になる「お餅」

たこ焼きと同じく粉ものメニューとして親しまれているお好み焼き。そんなお好み焼きの定番具材として人気なのがお餅ですが、お好み焼きだけではなくたこ焼きでも同じく人気です。もちもち食感はもちろんのこと、咀嚼が増えてボリュームを感じやすくなるので男性人気が高いアレンジ具材です。事前にお餅を小さめにカットしておいてから、ゆでだこや天かすなどの具材と一緒に入れて焼きましょう!

子供も大好きの定番具材「ソーセージ」

子供も大好きの定番具材としてご紹介したいのが、ソーセージです。朝食やお弁当のおかずでもお子様に大人気のソーセージはたこ焼きとも相性抜群です!ソーセージなら冷蔵庫にストックしている確率も高いでしょうし、程よい塩気と肉の旨味が手軽に感じられるのでたこ焼きの生地もより美味しいものとなります。

他の食材とも相性がいい「キムチ」

ほかほかご飯のお供として最高なキムチですが、実はたこ焼きに入れる他の食材とも相性がいいです。ピリッとした辛さが食欲をそそります。お酒のおつまみとしても良いでしょう。キムチをたこ焼きのアレンジ具材に使用した時はソースとマヨネーズをかけて頂くより、ごま油と中華だしをかけて食べることをおすすめします。

プリっとした食感がたまらない!「エビ」

プリっとした食感がたまらない海鮮具材といえば、エビです。そのまま塩焼きにして食べても美味しいですし、フライにしても美味しいエビですが、たこ焼きのアレンジ具材としても人気の具材として注目されています。基本のたこ焼きに飽きてきた時は、たこの代わりにエビを入れましょう!片栗粉と塩とお酒であらかじめ臭みを取っておき、塩や胡椒で下味をつけておくと一層おいしくなります。

カリッと食感が楽しい「ベビースターラーメン」

お子様のおやつはもちろん、おつまみとしても人気のベビースターラーメン。そんなベビースターラーメンをたこ焼きの中に入れるのも人気です。ベビースターラーメンをたこ焼きに入れることでトロッとした食感に加えてカリッとした食感も楽しめます。天かすがない時の代用として使用するのも良いでしょう。

ネバネバ食感が楽しい「納豆」

ご飯にかけて食べたり、たまごで包んでオムレツ風にするのも人気な『納豆』。ネバネバとした食感が特徴の日本の伝統食材・納豆ですが、たこ焼きに入れることによって和風テイストが楽しめます。納豆だけでも美味しいですが、下茹で・カットしたオクラと共に入れるのもオススメです。

探せばストック率高い?「ツナ」

思ったよりたこ焼きの生地が残ってしまって具材が足りない時、探せばストック率高いのが、『ツナ』です。ツナ缶は安価ですし多くのご家庭でストックしている率が高い缶詰なので、具材が足りなくなってしまった時のアレンジにオススメです。ツナを入れるだけでも美味しいですが、マヨネーズで和えたものを入れると一層美味しさが増します。

具材だけでなく、ソースを変えるアレンジもオススメ!

意外と色んな具材と相性が良いたこ焼き。たくさんの具材を買い込んでたこ焼きアレンジを楽しむのも良いですが、具材だけでなくソースを変えるアレンジもオススメです!例えば、めんつゆを水で割っただしや、わさび醤油・とんかつソースとケチャップを混ぜてデミグラス風ソースにしたり、明太子とマヨネーズを混ぜた明太マヨ、ポン酢と大根おろしでさっぱり和風風味もオススメです。

Thumb天王寺のたこ焼きおすすめランキングTOP21!有名人気店など紹介! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

たこ焼きを具材やソースでスイーツにするレシピ

これまでご紹介してきたたこ焼きのアレンジレシピは、おかず系がメインでしたが、たこ焼きに使用している定番具材やソースを変えるだけでスイーツにも変身します。では、一体どんな具材やソースを使用するとスイーツになるのでしょうか?お次は、たこ焼きを具材やソースでスイーツにするレシピをチェックしてみましょう。

ホットケーキミックスを利用するとスイーツの幅は広がる!

たこ焼きでスイーツを作りたい時、「どうやって作ればいいんだろう…」と思ってしまう方も多いでしょう。たこ焼きアレンジのスイーツレシピとして、たこ焼き粉を使った生地で作ることも勿論可能なのですが、ホットケーキミックスを利用するとスイーツの幅が広がります!なので、たこ焼きアレンジとしてスイーツを作るのであればホットケーキミックスも準備しておくと良いでしょう。

たこ焼きの生地で作る「チョコレート入りスイーツ」

まずご紹介したいスイーツアレンジレシピが、たこ焼きの生地で作るチョコレート入りスイーツです。「たこ焼きの生地が余ってしまった…。でももうたこ焼きは飽きた…」なんて時に試してほしいスイーツレシピです。基本のたこ焼きと作り方は同じです。

たこや天かす・紅ショウガなどを入れる工程で、これらの具材の代わりにチョコレートを入れるだけで完成です。たこ焼きの生地にほんのりと感じられる塩気とチョコレートの甘味が混ざり合って、甘じょっぱいスイーツが楽しめます。ホットケーキミックスがないけどスイーツが食べたいという時にもおすすめです。

ホットケーキミックスで「スモア風スイーツ」

ふんわりとした食感のあまーい『スモア風スイーツ』は、絶品たこ焼きアレンジスイーツです。ホットケーキミックスを使うことで簡単にスモア風スイーツが作れます。ホットケーキミックスを商品レシピに書いてある量の卵や牛乳を入れ、生地を半量たこ焼き器に流し込みます。

素早くマシュマロ・スライスアーモンド・バナナを入れ、ある程度火が通れば竹串などを使ってひっくり返していきます。仕上げに粉砂糖をかければ完成です!見た目はおしゃれなのにとっても簡単にふんわり食感の甘いスモア風スイーツが作れるので、たこ焼きパーティーのシメのデザートで試してみてほしいレシピです。

和風のアレンジもおすすめ「餡子とクリームチーズ」

餡子とクリームチーズを入れた和風アレンジもおすすめです!こちらのレシピ(20個分)は、薄力粉・200g、抹茶パウダー・大さじ1、砂糖・小さじ1、水・225ml、卵・1個、クリームチーズ・こしあん・ホワイトチョコレートをお好みの量準備します。作り方はまず、薄力粉・抹茶パウダー・砂糖・水・卵をボウルに入れて混ぜ合わせます。

たこぼうずを使って熱したたこ焼き器に油を薄く塗ります。温まってきたら先ほどボウルに混ぜ合わせた生地を流し入れ、クリームチーズとこしあんをお好みの量入れていきます。外側が焼けてきて、生地が膨らみ始めたら竹串などを使って裏返していき、丸くなるようにしていきましょう。火が通って丸くなったらホワイトチョコを削りかければ完成です。

色々なソースで楽しめる「ベビーカステラ」

たこ焼きパーティーとセットで楽しみたい定番スイーツメニューが、ベビーカステラです。ほんのりと優しい甘さが特徴のベビーカステラはシンプルなのでソースで味変しながら楽しむことがおすすめです。ベビーカステラの材料(約36個分)は、ホットケーキミックス・200g、卵・2個、はちみつ・大さじ4、みりん・大さじ3、牛乳・大さじ4、砂糖・大さじ1、サラダ油・大さじ1です。

ベビーカステラの作り方はとっても簡単!上記の材料を全てボウルに入れて混ぜ合わせておきます。たこ焼き器に軽く油を敷いて、たこ焼き器が温まってきたら生地をたこ焼き器の半分〜半分弱程度流し込みます。生地が膨らんできたら2つを重ねあわせるようにくっつけて1つにしていけば完成です。チョコレートソースやブルーベリージャム・ホイップクリームなどのソースが人気です。

ダイエット中に嬉しいヘルシーな「焼きドーナツ」

ダイエット中にはスイーツを控える方が多いでしょう。そんなダイエット中にも罪悪感なく食べられる嬉しいヘルシースイーツといえば、『焼きドーナツ』です。たこ焼きはついつい食べ過ぎてしまい、高カロリーになってしまいますので、シメのスイーツはヘルシーな焼きドーナツを作ってみましょう。

焼きドーナツの材料は、ホットケーキミックス・150g、卵・2個、バター・30g、砂糖・30g、牛乳・60g、はちみつ・20gです。作り方はまず、バターを電子レンジで50秒ほど加熱してとかしておきましょう。続いて、ボウルにホットケーキミックス以外の材料を全部入れてよく混ぜます。

たこ焼き機にたこぼうずを使って油を敷き、生地をスプーンですくって流し入れます。表面がフツフツしてきたら、竹串などを使って生地をひっくり返して加熱していきます。こんがりきつね色になってきたらおさらに盛って、粉砂糖をふりかけたら完成です!

ころんとした見た目が可愛い「フレンチトースト」

カフェでも人気のスイーツメニューとして知られる『フレンチトースト』。フレンチトーストといえば、食パンやフランスパンを使用することが多いですが、たこ焼き機で作るフレンチトーストはパン粉を使います。パン粉の大量消費にもオススメですし、見た目もとっても可愛らしいのでおもてなしスイーツにもオススメです。

フレンチトースト(2人分)の材料は、パン粉(乾燥)・30g、卵・1個、牛乳・75cc(大さじ5)、砂糖・大さじ1、バニラオイル・少々、バター・適量、メープルシロップ・適量です。作り方は、パン粉・卵・牛乳・砂糖・バニラオイルを混ぜ合わせ、パン粉にしっかり水分を染みこませるために約5分置きます。

たこ焼き器にバターを塗って温め、水分を染み込ませておいたパン粉を山盛りに入れます。焼けてきたら、竹串などを使って基本のたこ焼きと同じ様にひっくり返していき、全体に火を通します。火が通ったらメープルシロップをかければ完成です!お好みでチョコレートソースやホイップクリームなどをかけても美味しいです。

中華街の定番スイーツが自宅で楽しめる「ごま団子」

中華街の定番スイーツといえば、『ごま団子』です。とっても美味しいですが、作るのは難しそうに思えます。しかし、たこ焼き機を使えば意外と簡単に作ることができるので自宅でも本格ごま団子が楽しめます。ごま団子の材料は、白玉粉・100g、薄力粉・100g、水・150cc弱、お好きな餡・適量、ゴマ・適量です。

作り方はまず、白玉粉・薄力粉・水を混ぜて耳たぶくらいの柔らかさにしておきます。お好みの餡を丸めていき、先ほど作っておいた耳たぶくらいの柔らかさの生地で包んでいきます。平らなお皿やバットなどにゴマを入れておき、生地を転がしながらゴマをつけていきます。

温めたたこ焼き機に適量のサラダ油をたこぼうずを使って敷いていきます。少しずつ回しながら、全体がカリカリしてきたら完成です!綺麗な丸いごま団子にするためには、たこ焼き機より一回り小さいサイズを作ることがコツです。たこ焼き機で作るごま団子は揚げていない分、低カロリーになっているのでダイエット中にもオススメのおやつです。

Thumbアヒージョをたこ焼き器で!作り方と人気の具材などやり方を丁寧解説! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

たこ焼きで作りたいリメイクレシピ

「思った以上にたこ焼きが作り過ぎてしまった…」という時には、リメイクレシピがオススメです!余ったたこ焼きで作れる簡単リメイクレシピとは一体どんなものが挙げられるのでしょうか?最後に、たこ焼きのリメイクレシピをチェックしてみましょう!

冷凍の市販品を手軽にアレンジ!「たこ焼きグラタンピザ」

たこ焼きパーティーで余った時はもちろんのこと、冷凍の市販品を使って手軽に一品作る時にオススメのリメイクレシピが『たこ焼きグラタンピザ』です。材料(1人分)は、たこ焼き・7個、プチトマト・2個、ケチャップ・大さじ1、タバスコ・少々、ピザ用チーズ・30g、マヨネーズ・ひとしぼりです。

作り方は、冷凍たこ焼きを使う場合は600wの電子レンジで5分ほど加熱しておきます。たこ焼きパーティーなどで残ったたこ焼きはそのまま使いましょう。半分に切ったプチトマトとケチャップ・タバスコ・ピザ用チーズをかけ、最後にマヨネーズをかけてトースターやグリルでチーズに焦げ目がつくまで焼いたら出来上がりです!とっても簡単ですし、おつまみにも最適なのでおすすめです。

サクサク感ととろーり感がたまらない「たこ焼きフライ」

余ったたこ焼きを主食急に変身させてしまう即席リメイクが、サクサク感ととろーり感がたまらない『たこ焼きフライ』です。作り方は超簡単で、小麦粉・パン粉を混ぜ合わせて衣を作ります。たこ焼きに卵を絡ませ、先ほど混ぜ合わせた衣をつけて油できつね色になるまで上げれば完成です!たこ焼きパーティー翌日のおかずにおすすめです。

ボリューム満点な「たこ焼きたまご丼」

軽食であるたこ焼きは、あまり腹持ちが良い食べ物ではありません。そのため、しっかり食事をしたい方や量をたっぷりと食べたい男性たちにとってたこ焼きはあまり満足度の高い料理ではありません。そんな、たこ焼きのボリュームに満足感が感じられていない方にオススメなのが、ボリューム満点な『たこ焼きたまご丼』です。ご飯が入っているので食べ応え抜群です!

たこ焼きたまご丼(1人分)の材料は、たこ焼き(冷凍でも可)・5個、お好みのキノコ・一掴み程度、卵・1個、小ねぎ・適量、ご飯・適量、水・120ml、白だし・小さじ2、醤油・小さじ4分の1です。作り方はまず、お好みのキノコを食べやすい大きさにカット・小ねぎを小口切りにしておきます。冷凍たこやきを使う時は電子レンジで温めておきます。たこ焼きは半分にカットしておきましょう。

フライパンに水・白だし・醤油を入れて熱し、きのこ類を入れます。火が通ったらたこ焼きを入れて2分くらい煮込んでいき、溶き卵を回し入れながら半熟になったら火を止めてフライパンに蓋をして蒸します。程よく火が通ったら丼にご飯を盛って、作ったたこ焼きたまごを乗せます。最後に小ねぎを散らせば完成です!
お好みで七味唐辛子をかけても美味しいです。

Thumbたこ焼きの作り方と生地の基本とコツ!簡単アレンジレシピも! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

たこ焼きはアレンジ次第で色々な味が楽しめる!

たこ焼きのアレンジレシピご紹介まとめはどうでしたか?基本のたこ焼きが美味しいのはもちろんなのですが、たこ焼きパーティーなどをする時には様々な具材を使ってアレンジたこ焼きを味わうことで一層たこ焼きパーティーが楽しめるでしょう。

また、たこ焼きの生地を使ったスイーツも美味しいですし、余ったたこ焼きを使ってリメイクすることもおすすめです。たこ焼きはアレンジ次第で色々な味が楽しめます。たこ焼きパーティーをする際には、ぜひアレンジやリメイク・スイーツメニューを試してたこ焼きの美味しさ・楽しさを思う存分感じてください!

Thumbたこ焼きの定番具材から変わり種まで35種!おすすめアレンジも! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ