豚ヒレのブロックを使ったレシピは?人気の煮豚やカツなどを紹介!

豚ヒレブロックを使った料理といえば殆どの人が浮かぶのはとんカツÝか煮豚です。レシピサイトでも豚ヒレブロックといえば煮豚やカツレシピが多いですし、煮込み料理も最近人気です。しかし、豚ヒレをブロックで買った時いつも同じパターンのレシピばかりでは飽きる人も多いでしょう。そこで豚ヒレブロックを使った人気レシピを煮豚からカツそして煮込みまでいろんな形の料理レシピを紹介しましょう。

豚ヒレのブロックを使ったレシピは?人気の煮豚やカツなどを紹介!のイメージ

目次

  1. 1豚ヒレブロック肉を使ったレシピを大紹介!!
  2. 2豚ヒレブロック肉で作る煮豚レシピ
  3. 3豚ヒレブロック肉で作るボリュームおかずを紹介
  4. 4豚ヒレブロック肉で作る時短・簡単メニューを紹介
  5. 5豚ヒレブロックのレシピでいろんな料理を楽しもう

豚ヒレブロック肉を使ったレシピを大紹介!!

豚ヒレといえばダイエット中の人でもおすすめしたい低カロリーヘルシーな肉です。そして豚ヒレといえば大半ブロックで売っている事が多いです。それも豚ヒレでチャーシューを作ったり、煮込みや纏めてカツをしこんだりとブロックだけでも豚ヒレのレシピは色々あります。しかしいざ作ろうとなると、気づけば定番の煮込みの豚ヒレ料理やカツの豚ヒレレシピばかりになっている事があります。煮豚もワンパターンになっていませんか?

そこで煮豚やカツ、煮込みの味付けを色々アレンジできる人気レシピをいくつか紹介していきましょう。今まで定番の味付けしかできなかった人も「煮豚でもこんな味付けが出来るんだ」「カツといってもいろんなカツレシピがあるんだ」「煮込みってここまでできるだ」というような新発見も出来るようになります。次から豚ヒレブロックを使った人気レシピをいくつか紹介していくので今までの料理にぜひアレンジを付けてください。

Thumb豚ヒレを使ったレシピの人気ランキング!簡単で美味しい料理も紹介! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

豚ヒレブロック肉で作る煮豚レシピ

とろけるような食感!「豚ヒレブロックの超やわらかい煮豚」

人気簡単豚ヒレブロックで作る煮豚レシピは「豚ヒレブロックの超やわらかい煮豚」です。煮豚レシピの基本のレシピという所です。やはり豚ヒレブロックをそのまま買ったら出来ればそのまま使いきれるレシピである煮豚は人気のレシピという所でしょう。ではレシピと材料です。材料は豚ひれブロック800g、卵3個、醤油50cc、みりん 100cc、酒100cc、砂糖お好みです。この分量は4~5人前分作る事が出来る分量となっています。

作り方です。最初にお湯を沸かし豚ヒレブロックを入れて最低30分以上茹でます。豚ヒレを茹で汁から出して調味料と煮ます。鍋に醤油・みりん・酒を入れ沸騰したら茹であがった豚肉を入れて味を染み込ませる。途中でゆで卵を入れる。豚肉・ゆで卵に味が染み込んだら完成です。しっかり30分以上茹でる事、そして調味料の味を豚ヒレブロックとゆで卵にしみ込ませることが美味しい煮豚を作る最大のポイントというべき所でしょう。

さっぱりとした煮込みメニュー「豚ヒレブロック肉の紅茶煮」

基本の煮豚が慣れてきた所でアレンジの煮豚レシピにチャレンジしましょう。次に紹介する煮豚レシピは「豚ヒレブロック肉の紅茶煮」です。定番の味に飽きた所でおすすめの味付けでもあります。簡単に作る事も出来るのでおすすめです。材料は豚ヒレブロック300g以上、紅茶(ティーパック)2袋、●しょうゆ大さじ6、●みりん大さじ3、●酒大さじ3、●砂糖大さじ3です。ティーパックで作る事が出来る簡単煮豚レシピでもあります。

作り方は、鍋に豚肉がひたひたに浸かる程度の水と紅茶2袋を入れて煮出します。沸騰したら豚肉を入れ、蓋をして弱火で1時間程煮ますが、紅茶2袋はそのまま入れておきましょう。●の調味料を保存容器かジップロック等に入れて混ぜ合わせる煮えた豚ヒレブロック肉をジップロック等に入っている調味料の器にに入れて半日~1日程度漬け込んだら完成となります。ティーパックだけでこれだけ本格的な煮豚レシピ作れるのは嬉しいです。

圧力鍋でさっぱり!「糖質オフの豚ヒレの角煮」

豚ヒレブロックを使った人気おすすめレシピといえばやはり角煮も人気レシピの一つではないでしょうか?次に紹介する煮豚系レシピは「糖質オフの豚ヒレの角煮」です。これは圧力鍋を使った糖質オフの角煮レシピです。材料は、豚ヒレ肉ブロック500g、料理酒100cc、醤油50cc、お酢30cc、水100cc、甘味料砂糖の甘さに換算して大さじ10です。砂糖の代わりに甘味料を使う事で糖質オフの角煮を圧力鍋で作る事が出来るのです。

作り方は圧力鍋に肉を入れる。あればネギの青い部分も入れると美味しいです。たっぷりのお湯を入れて圧力鍋で20分加圧して、急冷して1度お湯を捨てます。そして調味料を全て入れ、ひっくり返しながら片面10分ずつ加圧して圧が下がるまで放置するか、急冷して蓋を開け、少し火にかけてやや汁気を飛ばせば完成です。これだけで糖質オフの豚ヒレブロックを使った角煮が出来るのです。時短レシピでもあるのでぜひ作ってください。

家にある物で代用できる「豚ヒレ肉のまろやかトマト煮」

人気の煮込み系レシピは「豚ヒレ肉のまろやかトマト煮」です。ワインもブイヨンもつかないお手軽簡単人気レシピなのです。豚ヒレで硬くならずに作る事も出来ます。材料は、豚ヒレ肉(ブロック)400g 、にんにく 1片、玉ねぎ(小)1個、しめじ1株、ハーブソルト 適量、小麦粉大2程度、☆トマト缶(カットタイプ)1缶、☆ローリエ 1枚、☆乾燥オレガノ 適量☆塩・ウスターソース各小1☆めんつゆ(濃縮タイプ) 小2☆牛乳6です。

作り方は豚ヒレ肉は1.5㎝程度にそぎ切りにして、両面にハーブソルトをふり小麦粉を入れたビニール袋に入れ、優しく粉をまぶす。オリーブオイルとみじん切りのにんにくを火にかけ香りがでたら肉を並べる。中火強で両面焼いたらにんにくも一緒に一度取り出す。フライパンが汚れていたらサッとペーパーで拭き、少量のオイルをひき玉ねぎ・しめじを炒めハーブソルトを適量ふる。玉ねぎが透き通ったら☆を全て入れいきます。
 

肉を戻し入れ肉をソースになじませたら、蓋をして弱火で5分程度、肉に火がとおったら器に盛って出来上がりです。途中で一度肉をフライパンから下げるところがありますが、完全に火が通ってなくても大丈夫です。トソースを入れて煮込むのでそこで再び火にかけるのであまり最初の段階で火に通しすぎると煮込んだ時に豚ヒレ肉が硬くなって食べにくくなります。そこさえ注意すればとろとろの美味しい豚ヒレの煮豚系料理が出来ます。

トマトたっぷり「豚ヒレ肉と根菜のトマト煮」

煮込み人気レシピは「豚ヒレ肉と根菜のトマト煮」です。豚ヒレ肉と根菜を使った、栄養たっぷりのトマト煮レシピです。ごぼう、レンコンなど歯ごたえを楽しめる根菜と一緒にヒレ肉を煮込み、トマトの旨味をたっぷり含んだ煮込み料理を作ることができます。バジルを添えれば、トマトの赤とバジルの緑が食欲を促進!作り置きにもぴったりなひと品です。根菜はその時の旬のものを使うと美味しいですし、好みのを入れるのもいいです。

後このレシピに使う材料はこちらです。豚ヒレ肉ブロック300g、小麦粉少々、ゴボウ1本、レンコン200g、水煮トマト1缶、ニンニク1片分、オリーブ油大2、固形スープの素1個、砂糖少々、塩コショウ少々、バジル適量です。作り方は、豚ヒレ肉は厚さ1.5cm位に切り、塩コショウをして小麦粉をまぶし、ゴボウはたわしできれいに水洗いし、幅1cmの斜め切りにして水に放ち、ザルに上げる。レンコンは皮をむき、厚さ1cmに切る。

フライパンにオリーブ油、ニンニクを加えて中火にかける。香りがたってきたら豚ヒレ肉を並べていきます。両面を焼き色がつくまで焼く。レンコン、ゴボウを加えて全体に油が回ったら水煮トマト、固形スープの素、砂糖を入れておきます。そして最後に蓋をして15~20分煮込み、塩コショウで味を調える。器に盛り、バジルをちぎって乗せると完成です。ちょっとおしゃれな感じ盛り付けると見た目的にもおすすめな煮豚系レシピです。

味噌とバター味「豚ヒレ肉の味噌バター煮込み」

煮込み系人気レシピは「豚ヒレ肉の味噌バター煮込み」です。マーガリンとにんにくでお肉を焼いてから煮込むので、ヒレ肉にもコクがプラスされて食べ応えもたっぷりで味噌バターの風味が、口の中で幸せにとろけます。材料は、 豚ヒレ肉350g、玉ねぎ1/4、人参1/2、 大根1本、マーガリン大2、おろしニンニク微量、水600cc、 だし入り合わせ味噌&砂糖大2、おろしショウガ小1、バター大1です。作り方はとにかく簡単です。

フライパンにマーガリンとおろしニンニクを入れ火にかけます。8ミリ厚さにカットしたヒレ肉の両面を軽く焼き付け、カットした野菜(豚ヒレ肉に合わせたサイズがおすすめです)、水を入れ野菜が柔らかくなるまで煮込みます。味噌、砂糖、ショウガを入れコトコト煮込みます。仕上げにバターを入れ溶かしたら完成です。殆どひたすら煮込み続けるだけなので、その間に他の用事をする事が出来るのもこの料理が人気レシピな理由です。

あっさりさっぱり「豚ヒレ肉のみぞれ煮」

煮込み系人気レシピは「豚ヒレ肉のみぞれ煮」です。あっさりなのにボリュームもあり、味付けはめんつゆで簡単レシピです。材料は豚ヒレ肉ブロック300~400g、大根1本、めんつゆ(4倍)100cc、水300cc、みりん大さじ2、酒大さじ2、砂糖大さじ1,5、刻みネギお好み、小麦粉適量、塩コショウ適量、サラダ油適量です。大根は最後にすりおろしますが、それ以外にも豚ヒレと一緒に野菜を煮込んで食べるのもなかなか美味しいですよ。

作り方はヒレ肉を厚さ1,5cmほどに切ります。切ったヒレ肉に塩コショウをまんべんなくふって、小麦粉も両面にまぶしておく。めんつゆ、水、みりん、酒、さとうを合わせておく。フライパンに油をひいて、強火でヒレ肉を両面にこんがり焼き目がつくまで焼く。中まで火が通ったら合わせ調味料をいれ、大根おろしも少し水気を切って入れる。グツグツしてきたら中火にして、アクをとりつつ10分ほど煮込んで味がしみ込んだら完成です。

炊飯器で出来る「簡単煮豚」

次に紹介する簡単煮豚レシピは、炊飯器を使ったレシピです。炊飯器クッキングと言われている物が一時はやりましたが、これは特に火を使いたくない夏場にはおすすめのクッキングなのです。その中で豚ヒレのブロックを使ったレシピがあるので紹介しましょう。また時短レシピでも活用できて、ボタン一つで置いて置けば煮豚が出来るという意味では便利なのは確かです。材料、レシピは最初に紹介した簡単煮豚レシピで大丈夫です。

炊飯器を使うレシピ「柔らか豚ヒレ肉のビール煮」

煮込み系人気レシピは「柔らか豚ヒレ肉のビール煮」です。これも炊飯器を使用したビール煮のレシピです。材料は 豚ヒレ肉ブロック1本、玉ねぎ1個、ニンニク1かけ、鷹の爪1個、オリーブオイル適宜、 ★カットトマト缶(ホール缶でもOK) 1缶、★赤ワイン100cc、 ★ビール(黒ビールでもOK)150cc、 ★コンソメ2個、 ★砂糖大1/2、 ★ケチャップ大5、 ★ウスターソース大1.5、 ★ローリエ2枚そして味付けに調味料は適量です。

豚ヒレ肉を大きめの一口大に切り、塩胡椒等調味料で味をつける。玉ねぎとニンニクをみじん切りにしておく。フライパンに火をつけオリーブオイルとみじん切りにしたニンニク、鷹の爪を入れ香りがたってきたら 玉ねぎを入れて玉ねぎが透明になるまで炒める。炒めた玉ねぎと★を全て炊飯器に入れる。フライパンオリーブオイルを適宜引いて 薄力粉を適宜まぶした豚ヒレ肉を強火で焼き色がついたら炊飯器に入れて切れたら完成です。

豚ヒレブロック肉で作るボリュームおかずを紹介

揚げ焼きで作る人気メニュー「豚ヒレチーズカツ」

ではここからカツ系中心のメインになる人気レシピを紹介しましょう。最初にカツの人気レシピは「豚ヒレチーズカツ」です。揚げ焼きでヘルシーに食べれるレシピです。材料は豚ヒレかたまり肉160g、溶き卵適宜(チーズパン粉)パン粉50g、粉チーズ大さじ2、パセリのみじん切り大さじ1、塩、こしょう、小麦粉、オリーブ油適量です。粉チーズを衣の材料に合わせる事でチーズ風に作る事が出来るカツのレシピでもあります。

豚肉は厚みを6等分にする。ラップをまな板に敷いて豚肉を並べ、ラップをもう1枚かぶせてめん棒でたたき、厚さが半分になるまでのばす。上のラップをはずし、塩、こしょう各少々を両面にふる。チーズパン粉の材料は混ぜ合わせる。豚肉に小麦粉適宜、溶き卵、チーズパン粉の順にころもをつける。フライパンにオリーブ油大さじ3を熱し、豚肉を並べ入れる。こんがりと焼き色がつくまで2~3分揚げ焼きにしたら完成です。
 

あっさりだけどコクがある「豚ヒレ肉の塩レモンステーキ」

人気豚ヒレ肉レシピは「豚ヒレ肉の塩レモンステーキ」です。材料は豚ヒレ肉400g、☆塩れもん大1、オリーブオイル大1、 にんにく1かけ、 白ワイン大5、さとう小1/2、塩れもん小2、バター10g、胡椒少々です。作り方はヒレ肉は4等分に切って叩いて厚みを整えます。☆をなじませて10分置きます。その間に、にんにくは半分に切って芽を取り除き叩いて潰します。しっかり味がしみ込んだ豚ヒレをフライパンに焼きます。

 

フライパンにオリーブオイルにんにくを加えて香りが出るまで弱火で炒めます。中火にしてお肉を加えて両面こんがり焼きます。白ワインを加えてアルコールを飛ばします。蓋をして1~2分弱火で蒸し焼きにします。お肉を取り出してソースを作ります。中火~弱火にしてさとう、塩れもん、胡椒を加えて混ぜ合わせ、適度に煮詰めます。バターを加えてちょうどいいとろみになったら盛り付けたお肉にかけたら完成です。メインレシピです。

オーブンで焼き上げるレシピ「豚ヒレ肉のオーブン焼き」

人気豚ヒレブロックを使ったレシピは「豚ヒレ肉のオーブン焼き」です。切ってオーブンにいれるという簡単な作業で済みます。オーブンで焼いている間にお風呂や洗濯など他の家事も出来るのがこの料理のメリットです。材料は、豚ヒレ肉ブロック1個、ローズマリー3本くらいあればいいです。もしお野菜も一緒に焼く時は豚ヒレ肉にサイズを合わせるといいでしょう。最初にすべてサイズを揃えて切る事が美味しくできるコツです。
 

では作り方です。材料のサイズは必ず揃えてください。ブロックの場合は切らずにそのまま豚ヒレ肉には塩、こしょう、にんにく(スライス又はすりおろし)で下味をつけて置いておきます。野菜を入れている場合は全てにまんべんなく塩、こしょうをふり、オリーブオイルをかけて、ローズマリーを散らします。180℃のオーブンで50分焼くです。こんがりと焼けばオーブン焼きの完成です。ホームパーティにおすすめのレシピです。

ヒレ肉で柔らか贅沢レシピ「豚の唐揚げ」

豚ヒレ肉ブロックを使った人気レシピは「豚の唐揚げ」です。柔らかな豚のヒレ肉に下味をしっかりつけて 唐揚げにしてしまえば鳥のからあげとはまた違った唐揚げを楽しむことが出来るのです。そんな豚の唐揚げで使う材料とレシピについて紹介しましょう。材料は豚ヒレ肉200g、ニンニク1かけ、生姜1かけ、ネギ5cm、〇醤油大さじ1、〇酒大さじ1、〇ごま油小さじ1片栗粉大さじ4、揚げ油適量です。唐揚げと殆ど同じです。

豚肉は一口大に切り、ニンニクや生姜はすり下ろす、ネギはみじん切りにします。肉と〇を揉み込んで10分くらい放置してしっかり味を豚ヒレにしみ込ませます。下味をつけた肉に片栗粉を混ぜ込み5分くらい放置して粉を馴染ませてから180度の油でキツネ色に揚げで出来上がりです。もう少し見た目も美味しく作りたいときのポイントは油に入れる時に 肉を気持ち握るように丸めてから入れると形が良くなるのでぜひやってみて下さい。

サクふわレシピ「豚ヒレ肉の竜田揚げ」

人気豚ヒレブロックを使ったレシピは「豚ヒレ肉の竜田揚げ」です。柔らかいヒレ肉の竜田揚げですが何もつけずに食べる事ができます。そんな不思議な豚ヒレ肉の竜田揚げのレシピと材料を紹介します。豚ヒレブロック1本、★酒大さじ1、★醤油大さじ1、★みりん 大さじ1/2、★生姜(すりおろし) 1片分、片栗粉 適量となります。サクふわにするなら揚げるときはあまり多く肉を油に入れすぎないようにそして最初は触らない事が大事です。

作り方はポリ袋に★を入れ1センチ程度の幅に切ったヒレ肉を入れ優しくもみ混ぜたら空気を抜き10分置く。汁気をきった1の肉を1切れずつ片栗粉の入ったボウルに移し軽く押さえつけるようにまんべんなく粉をつける
余分な粉を軽く払い両面色よく揚げれば出来上がりです。揚げるときはしっかり油をたっぷりいれてあげる方が特に初心者の人にはやりやすいでしょう。竜田揚げなので豚ヒレブロックを使ったカツ系レシピになります。

にんにく風味が食欲を誘う「豚ヒレ肉の照り焼き風」

次に紹介するレシピは淡泊な赤身の豚ヒレ肉に甘辛タレを絡めてお野菜と共にご飯が進むにんにく風味である「豚ヒレ肉の照り焼き風」です。材料は豚ヒレ肉200g、塩・コショー少々、片栗粉適量、(合わせ調味料)〇砂糖大さじ2、〇ケチャップ大さじ2、〇濃口醤油 大さじ1/2、〇ウスターソース 大さじ1/2、〇みりん 大さじ1と1/2、〇酒大さじ1と1/2、〇味噌小さじ1、〇にんにくのすり下ろし1片方です。では作り方についでです。

豚ヒレかたまり肉は8枚程度に切って肉たたきで軽く叩いたら、両面に塩・コショーをし、ビニール袋に入れて片栗粉大さじ2杯程度をを加えて口を閉じ、粉が満遍なく行き渡るよう振り混ぜる。フライパンにお肉が半分くらい浸るくらいの揚げ油を熱し、お肉を並べて炒め揚げし、上がったら肉を取り出して油を切る。再びフライパンにお肉を戻し、火にかけます。合わせ調味料を加え、照りが付く程度にさっと絡めたら出来上がりです。

揚げ物レシピといえばこれ「豚ヒレ肉のチーズピカタ」

揚げ物系豚ヒレを使った人気レシピは「豚ヒレ肉のチーズピカタ」です。お弁当にもおすすめできるレシピです。材料は豚ヒレ肉300g、塩コショウ少々、小麦粉適宜、◎卵1個、◎粉チーズ小さじ1、◎塩コショウ少々
サラダオイル適宜、お好みで中農ソース&マヨネーズ適宜です。後はピタカと同じレシピで作っていけば美味しいチーズの香りがするチーズピタカの完成です。チーズが好きな人は粉チーズの量を調整するといいでしょう。

カツ料理の定番「豚ヒレ棒とんカツ」

カツ系レシピの定番人気は「豚ヒレ棒とんカツ」です。豚ヒレブロックをまるまる一本使ってとんカツにして作り上げるレシピです。これはフライパンに油を入れてその中でゆっくり転がしながらきつね色にしていくのがおすすめです。もしくは深めのフライパンでじっくり揚げていくのもおすすめです。またブロックまるまる使ってあげればいちいち何回も揚げる必要もなく、なおさら一回で家族分はほぼ作れるのでお得のレシピです。

豚ヒレブロック肉で作る時短・簡単メニューを紹介

簡単調理!「オーブン任せの柔らかローストポーク」

ここからは時短・簡単人気レシピを紹介しましょう。最初は「オーブン任せの柔らかローストポーク」です。材料は豚ヒレブロック1本、塩適量、ブラックペッパー適量、ニンニクすりおろし適量、ローリエ1枚、長ネギ緑の部分適量、玉ねぎスライス適量となります。表面を焼いたら後はオーブン任せなので時短でできますし、やわらかく仕上がりますのでお子様でも食べやすいと思います。ビールのお供にもおすすめできるレシピです。

作り方はお肉の表面に、ニンニクすりおろし、塩、ブラックペッパーをまんべんなくすり込みます。フライパンに油を薄くひいて、表面に軽く焼き色がつく程度にまんべんなく焼いてください。パイ皿に長ネギの青い部分と玉ねぎを薄くひいて、その上にお肉を置き、お肉の上にまたネギと玉ねぎを軽くかぶせ、ローリエ1枚置きます。130度に余熱したオーブンにパイ皿ごと入れて、45分焼きます。30分覚ましたら完成です。簡単です。

スチーマーで時短「豚ブロック蒸し」

次におすすめする時短レシピはプロの料理人もハマったというゆでたり、焼いたりしたときには味わえない、「ムチッ」とした食感がたまらないという「豚ブロック蒸し」です。今回は時短レシピなのでスチーマーを使う形でのレシピ紹介となります。材料は豚バラかたまり肉 400ɡ、しょうがの薄切2枚、ねぎの青い部分1本分、塩です。本当にこれだけで美味しいむちっとした食感を味わえる豚ブロック蒸しの塩バージョンを作れます。

作り方は豚肉に塩小さじ1をすり込む。30分ほどおいて常温にもどし、長さを半分に切る。厚手の鍋に水1カップを入れ、30㎝四方のオーブン用シートを敷く。豚肉、しょうが、ねぎの青い部分を乗せシートが鍋からはみ出ないように折り込みふたをし、強火にかける。沸騰したら弱めの中火にし、更に15分ほど蒸す。10分ほどしたら様子をみて、湯が少なくなっていればたす。火を切り15分ほどおいて、余熱で火を通して完成です。

しっとり料理「豚ヒレ肉の簡単オイル蒸し」

次に紹介する時短レシピは「豚ヒレ肉の簡単オイル蒸し」です。豚ヒレ肉のしっとりとした味わいを楽しみたいときは、こちらをチェック!密閉袋にお肉と調味料を入れ、圧力鍋で調理すれば、あっさりとして食べやすいオイル蒸しができあがります。調味料は刻んだりせず、ジップロックに入れるだけで済むので、調理の手軽さから時短レシピとしても大人気のレシピです。また味を自由に調整できるのもこの料理ならばのレシピです。

作り方は豚ヒレブロック肉は味が染みやすいようにフォークで全体をさす。ジップロックの袋(耐熱)にA塩 小1、オリーブオイル 大4、にんにく1かけ、ローズマリー ふたつまみを入れ、豚肉を入れて1~2分手で揉みこむ。圧力鍋をセットし、水を2cmほど入れる。ぬらしたふきんを置く。袋をもう1枚準備し、豚肉の入った袋を入れて2重にする。豚肉をぬれぶきんの上に置き、鍋のふたを閉める。高加圧で4分加圧すれば完成となります。

子どもの好きな味「豚ヒレ肉のデミグラスソース煮込み」

時短簡単豚ヒレ煮込みレシピは「豚ヒレ肉のデミグラスソース煮込み」です。圧力鍋で豚ヒレ肉を柔らかく仕上げる、デミグラスソースの煮込みレシピです。豚ヒレ肉やたまねぎを、デミグラスソースや中濃ソースなどでじっくり煮込みます。柔らかく煮込んだ豚ヒレ肉がデミグラスソースに絡まって、こっくりとおいしいひと皿が楽しめるのは間違いありません。ホームパーティや誕生日会のメインデニッシュに使う事ができるのです。

作り方は玉ねぎを5mm幅に切り、豚肉を3cm厚さに切り塩胡椒をふったあと軽く片栗粉をまぶしはたく。フライパンで豚肉を両面焼いて豚肉に軽く焼き色がついたら玉ねぎを入れ油が馴染む程度に炒めます。圧力鍋に炒めた豚肉・玉ねぎと水、ワイン、ブイヨンを入れて高圧20-30分加圧します。圧が下がるまで放置して圧が下がったら蓋を開けて☆調味料を入れ30分程度 弱火でコトコト煮込む皿に盛りつけたら出来上がりです。

時短料理レシピ「豚ヒレ肉の梅煮」

次に紹介するレシピは「豚ヒレ肉の梅煮」です。豚ヒレ肉でお酒のおつまみにもなる煮豚レシピです。隠し味の梅干しで上品にさっぱりと食べやすくなっています。材料は、豚ヒレブロック1本、梅干し1個、赤唐辛子半分、生姜スライス3枚、○出汁400cc、○しょうゆ大さじ2、○みりん大さじ2です。また材料も少ない目で行けますし、お子さん向けに作るのであれば赤唐辛子や生姜のスライスを少ない目に調整する事も出来るレシピです。

作り方は鍋で、ヒレ肉の側面を焼きます。その後に出汁と醤油、みりんを合わせて鍋に流し入れます。唐辛子、生姜をいれ沸騰させます(辛いのが苦手な子ども用を作るのであればここでお鍋を分けて作る方がいいでしょう)。灰汁をとり、10 分弱火で煮ていきます。最後に隠し味である梅干しを入れて、弱火で10 分煮ていきましょう。これでおつまみのお供にもなる煮込み系豚ヒレ料理の完成です。お酒のおつまみにどうでしょう。

時短簡単レシピ「チャーシュー丼」

時短で簡単に作れる豚ヒレレシピは「チャーシュー丼」です。ガッツリしたものが食べたいけど外に行くのもめんどくさいというそんな時におすすめレシピです。チャーシューだけなら15分程で完成する時短レシピです。材料は、豚バラブロック300g、砂糖大さじ1杯、醤油大さじ2杯強、味醂・酒大さじ2杯弱、おろしにんにく・生姜&ゆで卵&海苔お好みで大丈夫です。ゆで卵は市販でも売っているので買って作るのも可能です。

作り方は簡単です。豚バラブロックを1~2cm角に切って、油を敷かずにフライパンで焼きます。お肉から出た脂は都度捨てます。半分ほど火が通ったら調味料全てを入れて強火にして様子を見ていきます。ふつふつしてきたら中火〜弱火にして煮詰めます。水分がなくなったら完成です。どんぶりにご飯を入れてその上に出来立ての豚ヒレで作ったチャーシューを乗せてしまえば美味しいチャーシュー丼の完成です。がっつり食べれます。

1日置くとさらに絶品!「簡単豚ヒレ肉のハム」

作り方はとっても簡単だけではなく1日待てば絶品ハムに大変身しちゃう魔法のレシピです!豚ヒレ肉だからとってもヘルシー&おもてなしにもピッタリです。ということで次に紹介するのレシピは「簡単豚ヒレ肉のハム」です。時短で簡単に作れるだけでなく数日は置いて置けるのが一番魅力のレシピです。材料はいたって簡単です。豚ヒレ肉のブロック400~450gとマジックソルトやクレイジーソルトが適量だけあれば出来るのです。

作り方は簡単です。豚ヒレ肉は塊のままでマジックソルトを全体にまぶします。ジッパーに入れて中の空気を抜き、しっかりチャックをして、75~80℃のお湯で30分湯せんします。時間になれば取り出してジッパーに入れたまま常温で冷まし、冷めたら、冷蔵庫で1日以上置きます。味がしっかりしみ込んで美味しくなります。そして冷めた所で食べやすい厚さに切ったら完成となります。これならば時短簡単で料理が苦手な人でも出来ます。

豚ヒレブロックのレシピでいろんな料理を楽しもう

豚ヒレブロックの料理は殆どが煮込み、カツ、煮豚をはじめとした料理が多かったです。アレンジレシピは忙しい人でもすぐ作れる時短レシピなどを入れてみると豚ヒレブロックレシピも幅広く広がっていくのがわかります。豚ヒレブロックはヘルシー食材なのでまとめて買っていろんな形の料理の下ごしらえにも使えます。そんな豚ヒレブロックを使った美味しい人気のレシピをフル活用してさらなる美味しいレシピを見つけて下さい。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ