冷凍野菜に栄養はある?業務スーパーなどの栄養価を徹底調査!

みなさんの家庭の冷凍庫には、冷凍野菜はありますか?業務スーパーやスーパー、コンビニでも販売のある冷凍野菜は使い勝手もよく、生の野菜い比べ保存ができるので重宝しているという方も多いでしょう。使いやすい冷凍野菜で気になる点といえば、冷凍野菜の栄養価や栄養素ではないでしょうか?また冷凍野菜の安全性も気になるところです。今回は、冷凍野菜の栄養価や栄養素について調べてみました。業務スーパーなどで購入した、冷凍野菜の使用方法や注意点など紹介していきます。

冷凍野菜に栄養はある?業務スーパーなどの栄養価を徹底調査!のイメージ

目次

  1. 1冷凍野菜の栄養価が知りたい!
  2. 2冷凍野菜とは?
  3. 3冷凍野菜の栄養価が高い理由
  4. 4冷凍野菜の栄養を逃さないために気をつけるポイント
  5. 5業務スーパーなどの冷凍野菜の栄養価
  6. 6業務スーパーのおすすめ冷凍野菜
  7. 7冷凍野菜の栄養価は生野菜ほぼ同じだった!

冷凍野菜の栄養価が知りたい!

みなさんの家庭では冷凍野菜を活用しているでしょうか?冷凍野菜は使い勝手もよく、生の野菜より保存ができて便利です。また、生の野菜では使い切ることができなくても、冷凍野菜は使いたい分だけ使うことができるので、1回で使い切ることができないが、頻繁に使用する食材など常備しておくと便利です。

冷凍野菜は栄養素や栄養価が落ちると思っている方が多いのではないでしょうか?また、冷凍野菜の安全性という点も気になるところかと思います。今回は、実際に冷凍野菜の栄養素や栄養価は落ちてしまうのか、冷凍野菜の栄養素や栄養価は低いのかを調べてみました。冷凍野菜を購入するときのポイントや使用する際の気をつけるポイントなども紹介していきますので、冷凍野菜を上手に使用するためにもぜひとも知識を蓄えていきましょう。

Thumb冷凍野菜の使い方と解凍方法を調査!冷凍におすすめの野菜は? | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

冷凍野菜とは?

冷凍野菜とはいったいどのようなものになるのでしょうか?冷凍野菜というからには、冷凍した野菜のことということはわかるかと思いますが、実際にその製造方法などは知っていますか?まずは、私達が業務スーパーなどで購入する冷凍野菜の製造方法や、冷凍野菜を使用するメリットを見ていきましょう。

冷凍野菜の製造方法

冷凍野菜は、業務スーパーなどで販売されているもの、家庭で野菜を冷凍するものがあります。今回は、業務スーパーなどで販売のある市販の冷凍野菜について紹介していきます。市販の冷凍野菜の製造方法は、一言でいうと収穫した野菜を急速に冷凍処理を行います。

冷凍野菜は、収穫した野菜を必要な処理を行い急速に冷凍するため、栄養素や栄養価、そして鮮度や野菜の品質を落とすことなく保つことが可能です。冷凍野菜の下処理は、収穫したあとの野菜をまずは選別を行います。その後は野菜の洗浄、そして食べやすく使いやすいようにカット加工を行います。

カットや洗浄が終わった野菜は、加熱処理が行われます。加熱処理は熱湯を使用したり、蒸気を使用して野菜を軽く茹でます。この加熱処理をブランチングといい、ブランチングを行うことで野菜の酵素が不活化し、冷凍野菜のときの変色や変質を防ぐことにつながります。ブランチングの加熱処理後は、急速に冷凍することで野菜の細胞や栄養素などは壊すことなく冷凍することで長期保存が可能な状態にします。

冷凍野菜のメリット

冷凍野菜のメリットは、栄養素や栄養価をなくさないという点があります。冷凍野菜は、その野菜の旬の時期に下処理や冷凍が行われます。現在では野菜は一年を通して手に入れることはできますが、その野菜が多く収穫できる旬の時期は栄養素がたくさん詰まった野菜ができあがります。その良い要素の多い時期に加工された冷凍野菜は、旬を過ぎた野菜よりも栄養価多いというメリットがあります。

冷凍野菜の栄養価が低いと思われがちな冷凍野菜ですが、実はデータで見ても栄養価が損なわれないということはわかっています。国民生活センターが行なった調査では、冷凍野菜の栄養価が全体的に見ても大差がなかったという結果がでています。また、別の調査では、収穫した野菜の栄養価が1週間で半分以上落ちましたが、冷凍野菜は1年以上経っても10パーセント程度しか落ちなかったという結果も出ているようです。

この結果から言えることは、冷凍野菜の栄養素や栄養価は決して低くないということです。収穫した野菜を栄養素がたくさんある鮮度のいい状態でブランチングから急速冷凍を行いますので、収穫したての野菜には敵いませんが、鮮度が落ちてしまった野菜や旬の時期ではない野菜に比べると、冷凍野菜の方が栄養素や栄養価があるといえるでしょう。

冷凍野菜の栄養価が高い理由

冷凍野菜の栄養価が高い理由はなんでしょうか?生の野菜と栄養価が大きく変わらない上に、冷凍野菜の方が栄養価が高いということもあります。冷凍野菜の栄養価が高いという理由を見ていきましょう。

新鮮で旬の野菜を冷凍している

冷凍野菜は収穫した新鮮な野菜をブランチングを行ってから急速冷凍しています。そのため、購入した生野菜が時間と共に栄養素が失われていくのに対して、冷凍野菜は保存性を高めたものになりますので、栄養素の低下も非常に緩やかでほとんど新鮮な状態と変わらないという結果もあります。冷凍野菜が栄養価が低いというのは誤解です。

冷凍野菜の方が栄養価が高い場合があるという点については、市販の生野菜は収穫してから業務スーパーや八百屋に並ぶまでに時間がかかるものになります。当たり前ですが、野菜は収穫した直後から栄養価が損なわれていきます。野菜は旬の時期に収穫した野菜の方が栄養価も高く美味しいです。野菜によっては旬の時期のものと、そうでないものは栄養素が3、4倍違うという野菜もあるのです。

その点冷凍野菜はコスト面などから、旬の時期に収穫された野菜を使用していますので、栄養価の高い旬の時期の野菜が使用されています。そして、業務スーパーなどに並ぶ野菜に比べて断然早い段階で冷凍処理が行われるため、新鮮な状態の栄養素とほとんど変わらない状態となるのです。

急速冷凍をすることで栄養素もそのまま

ご家庭で野菜を冷凍すると栄養素も徐々に落ちていきます。家庭でフリージングを行った野菜も、業務スーパーなど市販の冷凍野菜に比べると栄養素はどんどんと落ちていってしまいます。しかし、業務スーパーなど市販の冷凍野菜は-40℃以下の環境で急速に冷凍されます。急速に冷凍することによって、栄養素が落ちる前に冷凍されます。

冷凍野菜は業務スーパーなどに並ぶまでも、-18℃以下で販売まで管理されていますので、品質が損なわれないように保管も管理されています。急速冷凍で栄養素を閉じ込めて、さらに保管もとても低い温度で管理されていますので、栄養素も落ちにくくなります。

冷凍することで変わる栄養素

冷凍野菜と生の野菜はデータでみても栄養素はほとんど変わりません。加熱することで減ってしまう栄養素はありますが、冷凍することで変化する栄養素はありません。冷凍野菜で変化する栄養素にはどのようなものがあるのか紹介します。

冷凍野菜で減りにくい栄養素は、脂溶性ビタミンになります。脂溶性ビタミンには、ビタミンA・ビタミンD・ビタミンE・ビタミンKなどがあります。脂溶性ビタミンはその名の通り、油になじむという性質があります。反対に水には溶けません。比較的熱にもちょいという性質を持っています。熱に強いという性質があるため。ブランチングの加熱処理を行っても栄養素が減りにくいということです。

冷凍野菜でほぼ差がない栄養素は、食物繊維やミネラルです。カルシウム・マグネシウム・カリウムなどがあります。冷凍することによる影響をあまり受けないため、食物繊維やミネラルは冷凍野菜でも生の野菜でもほとんど差はありません。

そして最後は、冷凍野菜で減ってしまいやすい栄養素です。減ってしまいやすい栄養素は水溶性ビタミンになります。水溶性ビタミンには、ビタミンCやビタミンB群、葉酸になります。このような栄養素は栄養素が減ってしまうわけではありません。ブランチングを行う過程で野菜を下茹でが行われます。水溶性ビタミンはその名の通り、水に溶けだしてしまいますので、下茹でによって水に溶け出し少し減ってしまいます。

さらに、水溶性ビタミンのビタミンCは熱にも弱くなってしまいますので、生野菜と比べてしまうと少なくなってしまいます。ほうれん草やブロッコリーなど生野菜でも茹でて食べるものと比べた場合には、冷凍野菜の方が栄養素が少ないということはありません。

冷凍野菜の栄養を逃さないために気をつけるポイント

冷凍野菜は新鮮な野菜を急速に冷凍させることで色鮮やかで、そして栄養素もたくさんあるものです。しかし、冷凍野菜の調理方法によっては栄養を逃してしまいもったいないことをしてしますことになります。そこで、せっかく栄養が豊富な冷凍野菜のえいようを逃さないために調理方法で気をつける点を見ていきましょう。

解凍時は自然解凍より凍ったまま使う

冷凍野菜は、自然解凍をおこなって使用するのではなく、冷凍状態のまま使用した方がいいと言えます。解凍されたときには、野菜から水分がでてきますが、水分と一緒に水溶性のミネラルであったりビタミンもなくなってしまいます。また水分がでることでべちゃっとなり食感もあまりよくありません。

ほとんどの冷凍野菜からは、自然解凍時に水分がでていしまいますので、冷凍野菜を使用する場合には自然解凍をおこなわずに冷凍状態のままで使用し、炒める・蒸す・煮るなどの急速解凍をおこなうようにしましょう。

冷凍野菜を使用する料理によっては冷凍野菜の水分で油がはねることもあるでしょう。そのような場合には、先に冷凍野菜に熱湯をかけてから表面の霜だけをとっておくといいでしょう。

調理時は加熱のしすぎに注意

冷凍野菜は、自然解凍をせずに使用せずに炒めたり蒸したり煮たりという急速解凍をすることも大切ですが、加熱しすぎるということも注意する必要があります。冷凍野菜はブランチングを行っています。ブランチングは加熱処理のことで、7~8割り程度熱を通して急速冷凍をしています。

そのため、冷凍野菜を使用する場合には、7~8割は加熱してあるので、2~3割くらいの加熱で充分に火は通ります。冷凍野菜の加熱をあまりにもしすぎると、おいしさも少なくなってしまいますし、野菜の食感もなくなってしまいます。

業務スーパーなどの冷凍野菜の栄養価

冷凍野菜は業務スーパーや、今やコンビニでも販売があります。業務スーパーなどの市販の冷凍野菜で気になるのが、安全性や購入する際のポイントなどでしょう。業務スーパーなど市販の冷凍野菜の安全性は大丈夫なのでしょうか?購入する際のポイントや、業務スーパーで大量に購入した際の保存方法など見ていきましょう。

市販の冷凍野菜は「冷凍食品協会認定マーク」をチェック

冷凍野菜で気になることの一つとして、冷凍野菜の安全性も気になるところです。長期保存が可能なので、保存料や添加物が入っていないかもきになるところでしょう。2002年に中国産の冷凍ほうれん草から、クロルピリホスという有害な物質が検出されたおとで社会問題となったこともあります。

まずは、冷凍野菜の保存料が使われているかということに関してですが、冷凍野菜では保存料は使用する必要はないようです。冷凍野菜の保存は、-18℃以下ととても低温で保管されています。ここまで低温となると微生物や最近は活動がおこなえなくなります。そのため食品の劣化や腐るということもなく、保存料などに頼ることなく長期保存が可能になるのです。

また、冷凍野菜でブロッコリーなど色鮮やかなものが多いですが、着色料が使用されていないか気になるという方もいるでしょう。冷凍野菜は収穫した新鮮な野菜をブランチングを行ったあとに急速に冷凍を行っています。急速に冷凍を行うので栄養素も損なわれにくくなりますし、変色も防げるので色鮮やかな状態のまま保存が可能なのです。

最後に農薬などの薬品が残留していないかという最大の心配についても調べてみました。国産の野菜を使って作られた冷凍野菜は、厚生労働省が定めた残留農薬の基準をクリアした野菜が使われるので、農薬の残留の心配はありません。

しかし、輸入冷凍野菜は注意しないといけません。使用している野菜が国産の冷凍野菜なら安心して使用できますので、安全性は確かです。輸入冷凍野菜を使用していても国内の基準を合格した冷凍野菜なら不安なく使用することができるでしょう。どうやって確認すればいいのかというと、冷凍食品協会認定証マークをみて選ぶようにしましょう。

冷凍食品協会認定証マークとは、高度な品質、そして栄養管理体制もしっかりとした中で商品作られているということを示すマークです。この冷凍食品協会認定証マークがあるものは、いわば信頼できるということを表したマークでもあります。

市販の冷凍野菜を購入するときのポイント

業務スーパーなどの市販の冷凍野菜を購入する際のポイントや保存するまでポイントを見ていきましょう。まずは、業務スーパーなどの店頭でのポイントです。当たり前かもしれませんが、冷凍野菜はカチコチに凍ったものを選ぶようにしてください。そして冷凍野菜の包装に破れていたり穴が開いていないかも確認します。そして消費期限と原産地も確認しておくと安心でしょう。冷凍食品協会認定証マークがあるかも確認してもいいでしょう。

冷凍野菜は低温で保存することで変色や品質を守ることができます。そのため帰宅する際にも注意するポイントがあります。冷凍庫に帰るまでは、ドライアイスや氷を使用し保冷バッグで待ちかえるようにしましょう。スーパーによってはドライアイスや氷などがない場合もあるかもしれません。そのような場合には新聞紙などを使用し二重に包んだあと、買い物袋の中央に入れるといいでしょう。

冷凍野菜を購入した際には、寄り道などせずに早急にきたくし冷凍庫で保存しましょう。帰宅途中で冷凍野菜が溶けてしまった場合には、再度冷凍せずに早めに調理して食べきるようにしましょう。

業務スーパーで大容量の冷凍野菜を購入したときの保存方法

業務スーパーでは大量にまとめ買いすることが多いと思います。業務スーパーでも冷凍野菜を購入する場合には、買い物の最後に取るようにして持ち帰る場合には保冷バックなどを活用しましょう。まとめ買いして溶けないようにする工夫も必要です。大量購入した冷凍野菜を1回で使い切るということは難しいでしょう。必ず再度保存する必要があります。

一度袋の口を開けた冷凍野菜は、袋の中の空気をしっかりと抜いたあとに密閉容器で保存するといいでしょう。さらに言えば、開け口はテープでとめてから、冷凍用の袋がありますので、その復路に入れてから冷凍庫で保管するようにすれば、冷凍野菜の品質は落とすことなく保管することができます。

一度開封した冷凍野菜はいかに空気に触れさせずに保存できるかということがポイントとなります。ジップロックなどの密閉できる袋を使い、空気をしっかりと抜いて密閉すると酸化を予防できます。

業務スーパーのおすすめ冷凍野菜

既にカットしてあり使うときにも便利で、さらに栄養価も高い冷凍野菜は使い勝手がいいものとなります。業務スーパーでは大量に入った冷凍野菜を購入することができます。

スープやお弁当のおかずにも使える「カットほうれん草」

冷凍野菜のほうれん草は使い勝手がいいものとなります。生野菜のほうれん草はすべて使い切ることができなかったりします。またお弁当や炒めものやパスタを作る際にすこしだけ使いたいというシーンが多くあります。ほうれん草は旬の時期によっては、生野菜に比べ冷凍野菜の方が栄養価が高い場合があります。

ほうれん草は鉄分が豊富ですので、貧血を防いだりする効果があります。貧血を起こすという方は積極的に食べたい野菜でしょう。また、疲れやすかったり、だるいと感じる方にもおすすめの野菜です。冷凍ほうれん草は、冷凍状態のままお味噌汁に入れたり、炒めものに使ったりできます。また、グラタンを作る際にもいいでしょう。冷凍ほうれん草はご家庭の冷凍庫に常備しているという方は多いのではないでしょうか?

炒め料理やスープにも大活躍の「千切りピーマン」

なかなかスーパーで見かけることはありませんが、千切りピーマンもおすすめです。千切りのピーマンはチンジャオロースに使用したり、ちょっとした炒めものにつかったりと登場シーンは多いと言えます。毎回ピーマンをカットして使用してもいいでしょうが、冷凍野菜を使用すると時短にもなります。

彩りにも活躍する「ブロッコリー」

ブロッコリーは冷凍野菜で常備している方が多い野菜ではないでしょうか?彩りも鮮やかな野菜になりますので、お弁当の隙間に使用したり、料理の彩りやあと一品というときにも使い勝手がいいです。冷凍のブロッコリーは解凍しすぎると水っぽくなってしまいますので、注意が必要です。

サラダにはもちろんのこと、お肉料理に合わせたりグラタンに使用したりと使用シーンが多い冷凍野菜でもあります。また、ブロッコリーにはβカロテンが豊富にありますので、アンチエイジングにも効果的な野菜です。

冷凍の方が使いやすい「コーン」

冷凍のコーンは使いやすいです。サラダ・スープ・炒めものに使用することができます。コーンは缶詰などもありますが、缶のゴミがでたり取りづらかったりします。冷凍のコーンはコーンの粒がたくさんはいっています。使用したい分量だけを好きに取って使うことができます。生のとうもろこしは粒取りなどが面倒ですが、冷凍のコーンなら手軽に使えますし、ゴミも減ります。

カットする手間なし「カボチャ」

冷凍野菜のカボチャは、カットする手間が不要で使用できます。カボチャは皮が固く、包丁でカットするのは大変です。力が弱い方であったり、お年寄りの方はカットするのが怖いでしょう。しかし、冷凍のカボチャは既にカットがされています。また、食べやすい一口大になっていますので使いやすいです。煮物に使用するのに最適でしょう。

冷凍野菜の栄養価は生野菜ほぼ同じだった!

いかがでしょうか?今回は冷凍野菜についてまとめていきました。冷凍野菜の気になる疑問、冷凍野菜は栄養素が低いのか、冷凍野菜の安全なのかという疑問は解消されたでしょうか?冷凍野菜は栄養価は低くなく、栄養価の高いものになります。冷凍野菜は旬の時期の野菜を使用して作られますので、鮮度の落ちた生の野菜よりも栄養価は高くなりますし、その野菜の収穫時期によっては、冷凍野菜の方が栄養価が高いというデータもあります。

冷凍野菜の購入時のポイントや保存方法を正しく理解することで、品質を落とさずに使用することができます。また、冷凍野菜は既にカットされており使用もしやすいものです。冷凍野菜を上手に使って日々のレシピに活用してみてはいかがでしょうか?

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ