鶏皮の栄養成分がすごい!健康の源になる部位の活用方法もご紹介

鶏皮は鶏肉の部位の中でも特に栄養がすごいと言われていますが、果たして鶏皮に含まれている健康によいという栄養成分はどのようなものなのでしょうか?鶏皮をうまく使えば健康増進のためにも活用できるということですが、そのためにはやはり鶏皮の栄養成分と正しい調理法を把握しておきたいものです。鶏皮に含まれる栄養成分とその効能、そしてそれを引き出すためのおすすめの食べ方まで詳しくみていきましょう。

鶏皮の栄養成分がすごい!健康の源になる部位の活用方法もご紹介のイメージ

目次

  1. 1鶏皮は栄養成分が豊富?おすすめの活用法まで調査!
  2. 2鶏皮とはどの部位?鶏肉の他の部位よりも栄養成分が豊富?
  3. 3鶏皮の栄養成分:コラーゲン
  4. 4鶏皮の栄養成分:ナイアシン
  5. 5鶏皮の栄養成分:不飽和脂肪酸
  6. 6鶏皮の栄養成分:アンセリン・カルノシン
  7. 7栄養豊富な鶏皮に期待できる効能:エネルギー作り
  8. 8栄養豊富な鶏皮に期待できる効能:美肌
  9. 9栄養豊富な鶏皮に期待できる効能:ダイエット
  10. 10栄養豊富な鶏皮に期待できる効能:病気予防
  11. 11鶏皮の栄養には注意点も?
  12. 12鶏皮の栄養はダイエットにもよい?鶏皮は太らない?
  13. 13栄養豊富な鶏皮は食べ合わせ・食べ方も重要?
  14. 14栄養豊富な鶏皮を調理するときの注意点とは?
  15. 15鶏皮の栄養を引き出すレシピ:鶏皮ポン酢
  16. 16鶏皮の栄養を引き出すレシピ:鶏皮スープ
  17. 17鶏皮の栄養を引き出すレシピ:鶏皮の中華風サラダ
  18. 18鶏皮の栄養を引き出すレシピ:鶏皮の味噌煮込み
  19. 19鶏皮の栄養を引き出すレシピ:鶏皮の炊き込みご飯
  20. 20鶏皮の栄養を引き出して健康のために活用しよう!

鶏皮は栄養成分が豊富?おすすめの活用法まで調査!

鶏皮は独特の食感がクセになる鶏肉の部位であり、焼き鳥屋などでも特に鶏皮を多く頼むという人もいるのではないでしょうか?そんな鶏皮は実は鶏肉の中でも栄養成分が豊富な部位だとされていますが、具体的に鶏皮にはどのような栄養成分が含まれており、鶏皮を食べることで健康面にはどのようなメリットがあるのかは非常に気になるものです。

鶏皮はカロリーが高いと言われることもありますが、一方でうまく活用すればダイエットなどにも役立つと言われていますし、美容につながる側面もあるようです。今回は、そんな鶏皮の栄養成分を具体的に掘り下げてどのような効果が期待できるのかをチェックした上で、そんな鶏皮の栄養を引き出す食べ方・レシピも具体的にみていきます。

Thumbせせりは鶏肉のどの部位?美味しい食べ方や面白い知識も紹介! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

鶏皮とはどの部位?鶏肉の他の部位よりも栄養成分が豊富?

鶏肉には実にさまざまな部位があり、焼き鳥屋でもそれぞれの部位の違いを食べ比べるという楽しみもあるものです。鶏肉の中でも通の人の中には内臓部分を好む人も多い一方で、カロリーをおさえるためにささみなどを積極的に食べる人もいるようです。そしてスーパーなどでは太もも部分のもも肉やクセの少ないむね肉などが多く出回っています。

鶏皮というのはそんなもも肉やむね肉などの表面について皮の部分であり、独特なプルプルの食感が特徴的となっています。もも肉やむね肉の中でも大部分となる身の部位とは含有している栄養成分も異なりますが、鶏皮は特にコラーゲンなどが豊富な部位だとされています。そして、鶏皮はさまざまな料理にアレンジできるメリットもあります。

鶏皮は焼き鳥の定番の部位となっているだけでなく、唐揚げや鶏皮餃子、鶏皮ポン酢などお酒との相性抜群なさまざまなおつまみになってくれる貴重な存在です。そんな鶏皮は食べやすく美味しいという人が多いですが、カロリー的には100gあたりおよそ500kcalほどだとも言われており、他の鶏肉の部位に比べるとかなり高カロリーなようです。

たとえば鶏肉の部位の中でも特に低カロリーだと言われるささみは100gあたり100kcal強ほどのカロリー値となっていますが、それに比べると鶏皮はかなりカロリーが高いです。しかし、うまく活用すればカロリーを気にせずにダイエットに役立つとも言われていますし、なによりさまざまな栄養成分が豊富で健康に役立つ側面が期待できそうです。

鶏皮の栄養成分:コラーゲン

鶏皮には実にさまざまな栄養成分が含まれているものですが、その中でも特に鶏皮に期待したい栄養としては、コラーゲンが挙げられます。コラーゲンは細胞と細胞の間をつなぐ役割を果たしているタンパク質の一種であり、人間の身体のタンパク質量の30%ほどがコラーゲンだとも言われており、肌によいイメージもある栄養素ではないでしょうか?

そんな鶏皮に含まれるコラーゲンは、皮膚だけでなく骨や関節、血管や内臓などを構成する成分のひとつであり、これらを正常に機能させておくためには欠かせない栄養素だと言えるでしょう。コラーゲンをしっかりと摂取できていれば傷などの治りも早いですし、肌の乾燥を防いだり肌細胞を活性化して若々しく保ったりすることができそうです。

しかし、基本的に身体内のコラーゲン量というのは加齢とともに減少してしまう傾向にあります。それによって体の諸器官の機能が徐々に衰え、肌質も乾燥しやすくなったりくすみやすくなったりするものです。それらの予防のためにはコラーゲンをさまざまな形で体に取り入れたいですが、鶏皮はコラーゲンが特に豊富な食材のひとつでしょう。

人間の皮膚のうち真皮と呼ばれる部分は、肌の弾力性などを保つ役割を果たしていますが、そのうちの70%ほどがコラーゲンだとされています。つまりコラーゲンは肌の潤いを保つために欠かせない成分だと言えますが、そんなコラーゲンをしっかりと摂取するために食生活に取り入れたい食材のひとつが、コラーゲン豊富な鶏皮だと言えるでしょう。

鶏皮の栄養成分:ナイアシン

鶏皮に含まれる栄養成分の中でも特筆すべきものには、ナイアシンも挙げられます。ナイアシンは別名ビタミンB3とも呼ばれるビタミンB群の一種ですが、鶏皮は他のビタミンB群に比べてナイアシンが特に豊富に含まれています。ナイアシンは、主に細胞において脂質や糖質、タンパク質などからエネルギーを産み出すのを助ける働きがあります。

つまり身体全体の代謝に関わっている成分だと言えますが、このナイアシンが不足してしまうと皮膚炎を引き起こしたり脳の働きに支障が出たり、精神的に不安になりやすくなったりすると言われています。そのため、これらの症状を防ぐためにもナイアシンはしっかりと摂取したいですが、ぜひそんなナイアシン補給にも鶏皮を活用したいものです。

ナイアシンはアルコールを分解する酵素の働きを助ける働きもあるため、ナイアシンによって二日酔いを予防できるとも言われています。また、粘膜や皮膚の産生も助けるため、コラーゲンとともに皮膚の健康維持にも関わっている栄養だと言えます。また、ナイアシンによって脳神経が健康に保たれるため、脳の働きや精神にも影響を及ぼします。

このように、ナイアシンは精神も含め全身のさまざまな機能維持に役立っている成分だと言えます。そんなナイアシンはレバーなどに特に豊富に含まれているとも言えますが、レバーが苦手な人はレバーほどではないものの比較的ナイアシンを豊富に含んでいる鶏皮を、他の食品とのバランスも考えながら食生活に取り入れるのもアリでしょう。

鶏皮の栄養成分:不飽和脂肪酸

鶏皮には脂肪分も非常に多く含まれているイメージがあり、ともすると鶏皮は太る原因になったりダイエットの妨げになったりするのではないかと思っている人もいるかもしれません。しかし、鶏皮に含まれる不飽和脂肪酸はむしろコレステロール値を下げるのに役立つ成分とされており、肥満やその他のさまざまな病気予防にも役立つかしれません。

鶏皮に含まれるリノール酸などのオレイン酸などの不飽和脂肪酸が豊富に含まれているようですが、これらは身体内の悪玉コレステロールを減少させる働きがある成分として知られています。悪玉コレステロールが増えすぎてしまうと、肥満を引き起こしたり動脈硬化や高血圧などの病気のリスクも高くなってしまうとされています。

そのような病気のリスクを下げるためにも、鶏皮に含まれている不飽和脂肪酸は役立ちそうですが、もちろん鶏皮を大量に食べただけで痩せたり病気に必ずしもかからなくなったりするわけではありません。鶏皮はそもそもカロリーやコレステロール値が高い食品ですが、それにも関わらず不飽和脂肪酸の量なども豊富な食品という味方が正しいでしょう。

つまり、一見太りやすいように思えて実は太りにくい食品だと言い換えることもできるかもしれませんが、ダイエットなどに役立てたいというときにはあくまで食生活の総合的な見直しが重要ですし、他の対策なども重要でしょう。また、不飽和脂肪酸は腸の働きも活発にする成分だと言われており、便秘に悩んでいる人にも嬉しい成分かもしれません。

鶏皮の栄養成分:アンセリン・カルノシン

鶏皮にはさまざまな栄養成分が含まれており、活用方法次第では健康維持・健康増進に役立つとも言われている食品ですが、そんな鶏皮に含まれている着目すべき栄養の中でもマイナーなものとしては、アンセリンやカルノシンなどが挙げられます。そんなアンセリンやカルノシンは、疲労回復や痛風などの病気予防に役立つ成分とされています。

アンセリンは主に長距離を泳ぐことの多い回遊魚に多く含まれている成分であり、長距離を移動するためのスタミナの源とも言える成分となっています。そんなアンセリンは同じく長距離を移動することの多い渡り鳥などにも多く含まれているようですが、そんなアンセリンはプリン体を素早く分解し尿酸を溜めにくくするという働きがあるようです。

また、アンセリンやカルノシンというのは体内に蓄積している乳酸をエネルギーに変換する働きもあるので、疲労回復に役立つ成分でもあるようです。そのため、アンセリンなどを多く含む食品を運動前後に摂取することで、体力を維持したり筋肉痛を和らげたりする効果が得られる可能性があるので、疲労が溜まっている人にはおすすめでしょう。

アンセリンやカルノシンなどはアミノ酸の一種ですが、アミノ酸はタンパク質を構成する成分であり身体の諸機能を形成するのに役立つだけでなく、このように疲労回復や痛風予防などの側面をもっているのも嬉しいものです。これらの成分も豊富に含まれている鶏皮は、運動をよくする人やお酒が好きな人などにもぴったりの食品でしょう。

栄養豊富な鶏皮に期待できる効能:エネルギー作り

ここまでお伝えしてきたように、鶏皮には実にさまざまな種類の栄養成分が含まれているものです。そんな鶏皮はうまく活用することで、ダイエットや病気予防などにも役立つ可能性がありますが、そんな鶏皮に期待できる効能としてはまず、エネルギーに関するメリットが挙げられます。鶏皮は、体内でうまくエネルギーを作る働きがあると言えます。

お伝えしたようにナイアシンなどのビタミンは、糖質や脂質などをエネルギーに変換するのを手助けする成分として知られていますが、既述のアンセリンなども乳酸をエネルギーに変換して疲労をやわらげる作用をもっているようです。これらの成分が豊富に含まれている鶏皮は、エネルギーをしっかり体内で作り疲れにくくなるのに役立ちそうです。

また、鶏皮はコラーゲンを含むタンパク質が豊富に含まれており、タンパク質をしっかりと摂取して筋肉を作ることは、身体全体の代謝をアップさせることにつながります。そして代謝がよくなればエネルギー産生も効率も上がるのでおすすめだと言えます。特に激しい運動をしている人などは、ぜひ鶏皮を食生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?

栄養豊富な鶏皮に期待できる効能:美肌

お伝えしたようにコラーゲンが豊富に含まれている鶏皮は、皮膚の健康維持に役立つ食品のひとつであり、うまく活用することで美肌実現に一歩近づくことができるかもしれません。コラーゲンは既述の通り真皮の7割ほどを構成している成分であり、肌の潤いや弾力を保ち肌を若々しくみせるために欠かせない成分のひとつとなっています。

肌の乾燥や年齢に伴うくすみやシミの増加などに悩んでいるという人は多いかもしれませんが、そんな肌の悩みを解決するのに鶏皮を食生活に取り入れるのは、ひとつの有効な手段と言えるかもしれません。もちろん鶏皮を大量に食べてしまうとそのデメリットも被ることになるため、あくまで他の食品との兼ね合いも考慮して楽しみましょう。

また、既述のアンセリンなどの成分は抗酸化作用があることでも知られていますが、鶏皮を食べるときにビタミンCが豊富なレモンなどを組み合わせるとより抗酸化の恩恵を受けることができそうです。また、鶏皮の栄養成分の恩恵を受けて腸の働気が整ったり代謝がよくなったりすることで肌の調子がよくなるというケースも見受けられるようです。

栄養豊富な鶏皮に期待できる効能:ダイエット

鶏皮はカロリーがかなり高い部位として知られていますが、逆説的ではあるものの実はうまく活用することでダイエットに役立つ食品だとされています。それはお伝えした通り鶏皮に悪玉コレステロールを減少させてくれるリノール酸やオレイン酸などが豊富に含まれていることが理由として挙げられ、肥満防止に役立つお肉だと言えそうです。

もちろん鶏皮自体はカロリーが高い上にコレステロールも比較的多く含んでいますから、鶏皮を食べたら食べただけ痩せられるというわけではありません。そのためあくまで適度に鶏皮を摂取することが重要ですが、たとえ鶏皮を食生活に取り入れる場合でも、揚げ物にしたり濃い味付けにしたりするとかえって逆効果になるかもしれません。

そのため、鶏皮のダイエットに対する効果はあくまでその活用方法次第だと言えるでしょう。ただし、うまく活用することで美肌を実現したりダイエットにも役立ったりと一石二鳥になる可能性もあるので、ぜひ後述するレシピも参考に鶏皮を楽しんでみてください。また、鶏皮を食べ代謝アップすることも、長期的にはダイエットに役立ちそうです。

栄養豊富な鶏皮に期待できる効能:病気予防

鶏皮にはさまざまな栄養成分が含まれており、期待できそうな効能は実に多岐に渡ります。その中でも長期的にみてメリットとなりそうな鶏皮の働きとしては、さまざまな病気を予防できる可能性というのが挙げられます。鶏皮に含まれるコラーゲンやナイアシン、不飽和脂肪酸などは身体の機能を維持して病気を予防するのに欠かせない成分です。

まずナイアシンが不足するとさまざまな皮膚炎やうつ病などの精神的な疾患にかかるリスクが高くなるとされていますが、それを予防するためにもナイアシンが豊富な鶏皮は役に立つことでしょう。ナイアシンは身体の表面に現れる病気の予防にも、身体だけでなく精神に関わる病気の予防にも関わっている成分のひとつだと言えるでしょう。

また、皮膚の健康維持にはナイアシンだけでなくコラーゲンも関わっていますが、悪玉コレステロールが増えすぎてしまうことは肥満のリスクを高めるだけでなく、動脈硬化や高血圧などの病気のリスクも高めてしまいます。これらは生活習慣病の一種とも言われていますが、リスクを下げるためにも鶏皮の不飽和脂肪酸の恩恵を受けたいものです。

このようにさまざまな側面から健康に役立つ可能性のある鶏皮ですが、もちろんそれは食べ方・活用方法によっても異なるものです。お伝えしてきたような鶏皮のメリットは、あくまで適度に鶏皮を食生活に取り入れた場合に受けられるものであり、どれだけ鶏皮が好きでも過剰摂取してしまうとかえって健康を害することもあるので要注意です。

鶏皮の栄養には注意点も?

鶏皮を食べるときには、その栄養成分の恩恵を受け逆効果とならないように、食べ方をしっかりと工夫する必要があります。鶏皮を食べるときにまず注意したいのは、やはり食べ過ぎには気をつけるということです。鶏皮はおつまみなどのレシピも多いものですが、だからこそお酒を飲みながらついつい鶏皮料理を一度に多く食べてしまうものです。

コラーゲンやナイアシンなどの恩恵を受けられる可能性もある鶏皮ですが、過剰摂取してしまうと不飽和脂肪酸やコレステロールなども過剰に体内に取り入れてしまうことになります。不飽和脂肪酸などは身体によい側面もある一方で、あくまでその摂取量が重要となるので、バランスを考慮して適量を他の食品との兼ね合いも考慮して摂取しましょう。

また、鶏皮を食べるときには、やはり鶏皮ポン酢や鶏皮餃子などにして食べることも多いかもしれませんが、これらのレシピはなんと言ってもお酒との相性が抜群です。そのため、ついつい食べる鶏皮の量もお酒の量も増えてしまうものですから、あくまで適量にとどめましょう。そして、鶏皮を食べるときは、その味付けにも注意しましょう。

鶏皮を焼き鳥のたれなどで食べたり醤油ベースで炒めたりすると、やはり塩分過多になる可能性もあるので要注意です。鶏皮はコラーゲンを余すことなく摂取するために鍋やスープにするのもおすすめですが、できるだけ薄味のスープにして鶏皮本来の旨味を引き出せば、健康にもよい上に他の食材の味も感じられて美味しい料理ができるでしょう。

鶏皮の栄養はダイエットにもよい?鶏皮は太らない?

鶏皮は鶏肉の部位の中でも特に高カロリーな部位である一方で、お伝えしたように身体の代謝を改善するための成分やコレステロール値を改善するための成分なども含まれているようです。そんな鶏皮は果たしてダイエットのためによい食材なのかそれとも悪い食材なのか気になっている人も多いと思いますが、結局どうなのでしょうか?

まず重要な点だと言えるのは、鶏皮は他の鶏肉の部位に比べてカロリーが高くコレステロールもある程度含んでいるので、食べ過ぎてしまうとやはりダイエットにはつながりにくいことでしょう。しかし、ナイアシンによってうまく摂取した食品をエネルギーに変換したり、不飽和脂肪酸で悪玉コレステロールを減少したりできる側面もあります。

そのため、鶏皮は適度に取り入れることで運動のパフォーマンスを向上させるとともにダイエットにも役立つ食品だと言えるかもしれません。その上コラーゲンによる美肌効果も狙えるのでダイエットも美肌も実現したいという女性には一石二鳥かもしれませんが、もちろんあくまで他の食材とのバランスも意識して食生活に取り入れましょう。

栄養豊富な鶏皮は食べ合わせ・食べ方も重要?

ダイエットには逆効果となるイメージもある鶏皮ですが、鶏皮がダイエットによい・悪いとは一概言えず、やはり重要なのはその食べ方だと言えそうです。また、ダイエット以外の効果を最大限に得るためにもやはりその食べ方は重要となりますが、やはり鶏皮を食べるときには野菜不足にならないように、野菜とうまく組み合わせたいものです。

鶏皮はその独特の食感と旨味があるので、比較的どのような野菜との相性もよいでしょう。中華風にキュウリなどと一緒にサラダにすることもできますし、人参や大根、あるいはきのこ類と一緒にスープにするのもよいので、かなり汎用性が高いと言えます。そんな鶏皮は、その調理法や食べ方もできるだけ健康的なものを意識したいものです。

鶏皮は焼き鳥の定番の部位としても知られていますが。実は鶏皮の栄養を余すことなく食べるためには汁物がベストだとも言われています。こうすることで加熱して余計にカロリーを高めることなく鶏皮を食べられる上に、コラーゲンなどの栄養素を余すことなく摂取できるので、ぜひ一度鶏皮をスープなどでも楽しんでみてはいかがでしょうか?

栄養豊富な鶏皮を調理するときの注意点とは?

鶏皮はスープなどにすると特に栄養を余すことなく食べられると話題になっています。スープであれば野菜も含めた他の食材も一緒に摂取しやすいというメリットもありますが、もちろんスープ以外の食べ方で鶏皮を楽しみたいというときもあることでしょう。そんなときでも、鶏皮の調理法と味付けを工夫するだけで、ヘルシーに楽しめます。

鶏皮を食べるときには唐揚げなどにして楽しむ人もいるものですが、脂肪分やカロリーなどを気にしている場合には鶏皮を使った揚げ物はベストな選択肢とは言えないかもしれません。もちろん鶏皮の健康によい栄養を揚げ物でもしっかり摂取できるものですが、健康によいとは言えない栄養素まで摂取する傾向が高まってしまうのです。

そのため、できるだけシンプルに野菜類と一緒に加熱したり煮込んだりするのがよりおすすめです。また、炒めたり焼き鳥などにしたりする場合には、味付けをしょっぱすぎだり甘すぎたりするものにしてしまうと、塩分過多・糖分過多となることもあります。鶏皮本来の食感と旨味を楽しみつつ健康のためにも、ぜひ薄味で楽しんでみてください。

鶏皮の栄養を引き出すレシピ:鶏皮ポン酢

ここまで鶏皮に含まれている栄養成分や、その健康への影響などをみてきました。鶏皮は予想以上にさまざまな栄養が含まれている鶏肉の部位ですが、そんな鶏皮はできるだけヘルシーな活用方法で楽しみたいものです。その活用の幅が広いことも人気の理由となっている鶏皮ですが、そんな鶏皮の料理の定番といえば、やはり鶏皮ポン酢です。

鶏皮は食感がプルプルしており、独特な食味となっていますが、ポン酢であれば味付けはあくまでさっぱりめに楽しむことができるのでおすすめです。そんな鶏皮ポン酢は鶏皮の活用方法の中でも特に簡単なレシピとして知られていますが、まずは鶏皮をフライパンで軽く焼き、クッキングペーパーなどで余分な油をしっかりと落としておきましょう。

その鶏皮を皿に盛った上で刻みねぎとごまを振りかけ、上からポン酢をかけたら居酒屋の定番おつまみでもある鶏皮ポン酢は完成となります。そんな鶏皮ポン酢は大根おろしとの相性もよいのでぜひ大根おろしも添えてみてください。また、ポン酢だけでなくレモンも絞ることでより爽やかに楽しめる上に、レモンの栄養も摂取できおすすめです。

鶏皮の栄養を引き出すレシピ:鶏皮スープ

鶏皮の活用方法には実にさまざまなものがありますが、特に栄養豊富な活用方法として知られているのが、汁物・スープです。スープにすることで鶏皮の栄養を余すことなく食べられる上に、生の野菜が苦手だという人でも野菜もしっかりと摂取できるようになります。そんな鶏皮スープは、できるだけ塩分控えめであっさり仕上げるのがポイントです。

鶏皮スープを作るときにはまず、玉ねぎや人参、キャベツなどを小さめにカットしておきます。鶏皮も、一口大に切っておくとよいでしょう。それから、鶏皮を鶏ガラスープの素と酒と一緒に加熱します。それから野菜類も入れて、しっかり煮込んでいきましょう。野菜が柔らかくなってから一度味見をして、塩胡椒で味を整えたら完成となります。

食べるときにパセリをふりかけるとよりおすすめですが、そんな鶏皮スープに使用する野菜は自分好みのもので構わないでしょう。きのこ類を入れるのもおすすめとなりますが、鶏皮を入れるだけでかなり滋味深い味わいとなるので、余分な味わいは必要ありません。風邪気味のときにもおすすめの、コラーゲンたっぷりスープをぜひ堪能してください。

鶏皮の栄養を引き出すレシピ:鶏皮の中華風サラダ

鶏皮は焼いたり炒めたりして直接加熱して食べることもできますが、その栄養を活かすためには汁物として活用するのが特におすすめです。そんな鶏皮のスープがあれば、あまり食欲がないときでも栄養を補給することができますが、食欲が増すような前菜・サラダとしても鶏皮は活用でき、特に中華風のサラダとして仕上げるのがおすすめです。

鶏皮で中華風サラダを作るときに欠かせない食材は、きゅうりです。まずはきゅうりを千切りにしましょう。そして、水菜もかなり相性がよいので、水菜も適当な大きさに切って用意しておきます。それから、鶏皮を一口大に切った上で、酒・塩胡椒を染み込ませて下味をつけておきます。それから、ごま油で軽く炒めてから取り出しましょう。

あとはキッチンペーパーで鶏皮の余分な油を落とした上で、水菜やキュウリも余分な水分を拭き取った上で、ボウルの中で混ぜましょう。味付けは、市販のバンバンジードレッシングを使用しても間違いのない味わいで楽しめますが、ごま油またはラー油とポン酢をブレンドするだけでも、かなり美味しいドレッシングとなるのでおすすめです。

また、辛味が欲しいという人は豆板醤などをブレンドするのもアリです。トマトが好きだという人はミニトマトを半分にカットして最後にボウルに混ぜても、トマトの酸味も効いた美味しいサラダとなりそうです。このようにして作った鶏皮の中華風サラダは、かなり食べやすいおかずとなるので、夏バテ防止にもぜひ活用してみてください。

鶏皮の栄養を引き出すレシピ:鶏皮の味噌煮込み

鶏皮は醤油ベースや鶏ガラベースのスープにしても美味しいですし、サラダにするときには中華風の味付けでもかなり美味しいものを簡単に作ることができます。そしてそれだけではなく味噌味に仕上げるのもおすすめとなりますが、味噌味で鶏皮を楽しみたいという場合には、煮込み料理にして薬味なども加えて風味豊かに仕上げましょう。

鶏皮を煮込み料理にすれば焦がす心配もないのでスープ同様におすすめですが、まずは鶏皮を下ゆでしましょう。軽く2〜3分ほど茹でるだけで十分でしょう。それからこんにゃくがある場合には、こんにゃくも一口大に切っておき、水分を拭き取っておきます。それから鶏ガラスープの素を入れた湯で10分ほど鶏皮とこんにゃくを煮込んでいきます。

それから、味噌・醤油・砂糖・酒を混ぜ合わせたものを溶かしこみ、さらに30〜40分ほど弱火で煮込んでいきます。煮汁が少なくなって味噌・醤油の色が鶏皮に移ったら完成となり、最後にきざみねぎやミョウガなどを散らして完成となります。お酒が進むこと間違いなしのおかずとなるのはもちろんですが、白米も進むことでしょう。

鶏皮の栄養を引き出すレシピ:鶏皮の炊き込みご飯

鶏皮はサラダや煮込み料理などにしておかずとして楽しむのもアリですが、料理の品数が多いと面倒臭いという人は、鶏皮で炊き込みご飯を作ってみてはいかがでしょうか?鶏皮が入ることで炊き込みご飯は間違いのない旨味豊かな味わいに仕上がりますし、タンパク質も炭水化物も同時に摂取できる時短レシピとなります。

鶏皮で炊き込みご飯を作るときにはまず、鶏皮を一口大に切ってフライパンで軽く表面を焼きます。それからごぼうや人参を薄くスライスしておきます。ごぼうはささがきにして水につけておくのが望ましいでしょう。それから、ご飯をといだ上で酒・醤油・みりんを適量加え、その上に野菜・鶏皮の順で入れて炊飯スイッチを押しましょう。

これだけで簡単に鶏皮の風味がしっかりとご飯にも移った美味しい炊き込みご飯が完成します。おかずの数が多いお弁当も彩り豊かで楽しいですが、あまり時間がないというときにはこうして作った鶏皮の炊き込みご飯をおにぎりにしてお弁当代わりにするのもアリでしょう。

鶏皮の栄養を引き出して健康のために活用しよう!

今回は、気になる鶏皮の栄養成分とその引き出し方、具体的なレシピについてみてきました。コラーゲンが豊富なイメージのある鶏皮ですが、それだけでなく一価不飽和脂肪酸やナイアシンなどの栄養素も豊富であり、皮膚などを健康に保つ働きが期待できるだけでなくさまざまな病気の予防などにも一役買っている栄養豊富な鶏肉の部位のようです。

そんな鶏皮はカロリーが他の鶏肉の部位に比べて圧倒的に高いものの、食べ応えがある上にコレステロール値を下げてくれる栄養成分も含まれているため、うまく活用すればダイエットにも役立ちそうです。そんな鶏皮はぜひお伝えしたような栄養を引き出すための食べ方・レシピも参考に、ぜひ健康的かつ美味しく楽しんでみてください。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ