生姜パウダーの効果は?作り方・使い方やおすすめの市販品も紹介

生姜には様々な効果が認められており、その効果を簡単に取り入れられる生姜パウダーには生の生姜にはない効果があります。体を温めたり、風邪の予防にと様々な効能は古くから漢方薬としても使われおり、最近ではダイエット等でも注目されています。生姜パウダーは手作りで簡単に作れますが、手軽な市販品は多くのスーパーでスパイスとして扱われておりいます。すぐにでも生姜の効果を取り入れられる生姜パウダーの効果や、作り方や使い方、手軽な市販品まで紹介します。

生姜パウダーの効果は?作り方・使い方やおすすめの市販品も紹介のイメージ

目次

  1. 1漢方薬にも使われる生姜
  2. 2世界中で様々な形で利用される生姜
  3. 3生姜パウダーについて紹介
  4. 4生姜パウダーとは?
  5. 5生の生姜と生姜パウダーの違い
  6. 6生姜に含まれる「ジンゲロール」がもたらす効果
  7. 7加熱や乾燥で生成される「ショウガオール」
  8. 8生姜パウダーに含まれるショウガオールは注目のファイトケミカル
  9. 9生姜パウダーの「ショウガオール」がもたらす効果
  10. 10生姜パウダーにあるもう一つの成分「ジンゲロン」
  11. 11生姜パウダーの作り方
  12. 12忙しい人におすすめ!市販品の生姜パウダー
  13. 13生姜パウダーの使い方
  14. 14生姜パウダーを活用しよう

漢方薬にも使われる生姜

生姜は体を温める効果があり、その効果から漢方薬としても疲れる香味野菜です。生の状態の生姜を「ショウキョウ」と呼び、乾燥した生姜を乾姜「カンキョウ」と呼んでいます。熱帯アジア原産の多年草である生姜はショウガ科ショウガの根茎の部分を食します。世界各国で香辛料と使用され、日本人にも古くから大変なじみのある野菜となっています。

世界中で様々な形で利用される生姜

漢方として生姜と乾姜があると説明をしましたが、普段の生活でも生姜や乾姜は料理などに用いられています。生姜はすりおろしたり、魚の匂い消しや、お寿司のがりとして使われていて普段からよく目にする機会があります。また、乾姜といわれるとぴんと来ないかもしれませんが、乾姜をパウダー状にしたジンジャーパウダーは世界各国で、ソースやカレー、肉料理など、味をシャープに仕上げる香辛料として使用されています。

Thumb生姜湯の基本の作り方は?チューブ入りの場合やアレンジレシピも紹介 | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

生姜パウダーについて紹介

実は、生の生姜と乾燥をさせた生姜ではその効果が大きく異なっています。その為料理などでも使われる場面が異なり、生の生姜と乾燥した生姜はそれぞれ効果によって使い分けられているのです。以前テレビのダイエット企画で生姜を使ったダイエットが放送され改めて生姜のもつパワーに注目が集まりました。生姜パウダーについて、効果や手に入りやすい市販品、作り方などを紹介していきたいと思います。

Thumb乾燥生姜の簡単な作り方!冷え性におすすめの効果がある使い方・飲み方 | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

生姜パウダーとは?

先にも説明をしましたが、生姜を乾燥させて作った乾姜を粉末状態にして作ったのが生姜パウダーです。生姜の持つ効能が最も効果的に摂取できる状態として注目を集めている生姜パウダーは、ただ乾燥させるだけではなく、蒸してから乾燥させ粉末にしたものが一番効果が高いとされています。市販品のほか家庭でも作ることができ、毎日とり続けることで生姜の効果を感じることができる食品となっています。

Thumb生姜スープの簡単人気のレシピ集!風邪予防・ダイエットにも最適 | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

生の生姜と生姜パウダーの違い

生姜を乾燥ささせてパウダーにしたことで保存が効くという点でも大幅に利用できるようになる生姜パウダーですが、その効能は生の生姜とは全く異なります。生の状態の生姜にはジンゲロールという成分を多く含んでいます。生姜には栄養としてはあまり効果が高いものは含まれていなのですが、このジンゲロールは生姜の辛みの成分であり、このジンゲロールのもつ効果が生姜のもつ薬効に大きく関係をしています。

乾燥した生姜の粉末である生姜パウダーの効果をしっかりと理解をするために、生の状態の生姜にあるジンゲロールについてその効果や効能を紹介します。この違いを理解しておくと、今後料理などの際に生の生姜を使うか生姜パウダーを使うかが判断でき、生姜の効果をしっかりと利用できるようになります。

Thumb生姜紅茶の効果効能は?ダイエットや風邪予防にもおすすめの作り方・レシピ | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

生姜に含まれる「ジンゲロール」がもたらす効果

生の状態の生姜に含まれるジンゲロールは、生姜の辛み成分となっています。口にれるとピリッとすると同時に身体の体温がパッと上昇するように感じることができますが、これはジンゲロールの効果です。同じく摂取すると身体をたためる効果があると言われるカプサイシンと同じような成分となっており、血管を拡張させて、血流を良くするという効果があります。これは頭痛や肩こりの改善におすすめの効果となります。

またジンゲロールには体の中心部の熱を手足などの指先にまで送り届ける効果があり、手足の冷えの改善に効果が期待できる成分です。しかし、体中心部分の熱を送り届けてしまうので体中心部分は熱を奪われて冷えるといった症状がみられます。夏の暑い時期にソーメンなどの料理に使うことで体を冷やす作用に用いられます。風邪の引き初めには解熱作用が期待できるので飲み物などと一緒に取るのがおすすめです。

 

お寿司や刺身と一緒にすりおろしの生姜や生姜のガリが出されることがありますが、これはジンゲロールの殺菌解毒作用を利用した食べ方となっています。生ものと一緒に生姜を食べるのは、匂いを消すという効果のほかに、食中毒などを予防するといった効果を利用しているのです。ジンゲロールは風邪などの解熱作用などに効果的ですが、体を温めるという効果にはあまり向いていない成分であることが分かります。

Thumb生姜のはちみつ漬けの作り方は?効果効能と美味しいレシピまとめ | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

加熱や乾燥で生成される「ショウガオール」

生の生姜に多く含まれていたジンゲロールですが、そこに熱が加わったり、水分が抜けて乾燥された状態になるとショウガオールという成分に変化します。ショウガオールという言葉を聞く機会は最近とても多く、その効果はとても優れたものとなっています。このショウガオールの効果を使用しダイエットや健康維持に活用しようと注目を浴びたのが生姜パウダーです。

Thumb生姜の保存方法は?冷凍・冷蔵・常温でのやり方と賞味期限も紹介 | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

生姜パウダーに含まれるショウガオールは注目のファイトケミカル

様々な効果に期待されるショウガオールですが、ショウガオールは生の状態ではほとんど含まれていません。このショウガオールを作るには生姜を加熱するか乾燥させる必要があります。ショウガオールは最近注目を浴びているファイトケミカルの一種となりますが、発見されているのは昭和初期となり、その効果について様々な研究がされてきました。

ファイトケミカルとは栄養素ではなく植物にのみ存在をする化学物質のことです。色素や苦み、辛み、渋みなどといった成分がこれにあたります。1500種以上ものファイトケミカルは様々な効能が実験が繰り返されていますが、その多くは植物が厳しい自然の中で生き残るための活力となり、その効果を取り入れることで人間にも多くの効能があるとされている成分です。

Thumb生姜はチューブでも効果はある?栄養や成分の違いを生しょうがと比較 | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

生姜パウダーの「ショウガオール」がもたらす効果

ショウガオールの効能を最大限に生かせる状態となったのが乾燥状態で作られる生姜パウダーです。生姜パウダーに期待される効果のほとんどはこのショウガオールのものとなっており、パウダー状態なので手軽に使えて効果を得やすいという利点があるのです。また、生姜のように繊維が口に残ることもなくとても食べやすいく小さな子供にもおすすめです。生姜パウダーの注目成分ショウガオールについて説明をします。

ショウガオールの効果その1「体を温める」

生の状態に含まれていたジンゲロールは体の中心の熱を体の細部に送り届け、体を冷やすという効果がありましたが、乾燥により変化したショウガオールは体の奥深いところで熱を作り出すという効果があります。生の生姜を口に入れた時に感じるかっとする熱さではなく、じわじわと身体が温まる効果となっており、長時間効果は続きます。ジンゲロールとは違い体の中心部分を温めるので体が冷えるということはありません。

ショウガオールの効果その2「病気予防」

ショウガオールにはジンゲロールよりも優れた殺菌効果が認められています。またその他にも活性酸素から体を守ってくれる抗酸化作用効果も優れていることが分かっています。殺菌作用では風邪やなどの病気を予防してくれる効果があるほか、がんなどの病気を予防してくれることにも大きな期待が寄せられています。

トマトの「リコピン」や、お茶の「カテキン」人参に含まれる「βカロテン」などの成分には高い抗酸化作用があると話題になっていますが、生姜パウダーに含まれているショウガオールにも優れた抗酸化作用が認められます。体の中で発生する活性酸素により体は酸化をし、動脈硬化やガン安どの病気のリスクが高まります。ショウガオールの抗酸化作用により活性酸素が取り除かれることでそれらのリスクを防ぐことが期待されます。

生姜パウダーといった乾燥生姜に含まれているショウガオールは、がんを予防する効果に大変注目が集まっており、乳がんや胚細胞がん、肝臓がんに対しての成果が研究発表されています。日本人の死因の上位にあるガンを予防する上で生姜パウダーの効果に期待が寄せられています。

ショウガオールの効果その3「ダイエット」

生姜を使うダイエットは以前テレビでも紹介されて大反響をよんだのですが、その効果はショーガオールの効果によるものです。ショウガオールには体の中の脂肪や糖質を燃焼させる効果があり、ショウガオールの体の血行を良くして温める効果との相乗効果でダイエット効果があるとされています。

ショウガオールのダイエット効果については実験も行われており、脂肪燃焼効果が大幅にアップするという事が分かっています。ただショウガオールを摂取するのではなく運動を組み合わせることにより大きな効果に期待ができます。また生姜には余計な水分を体外に排出する効果も認められるため、生姜パウダーを取り入れることはダイエット中の人にとってはとてもおすすめであると言えます。

ショウガオールの効果その4「美肌効果」

病気の予防でも説明をしましたが、ショウガオールには優れた抗酸化作用があり、この効果は美肌をつくる上でも役立っています。紫外線などの影響により活性酸素が発生し、その刺激から守るために肌はメラニンを生成します。メラニンは過剰発生するとシミやくすみといった肌の症状を生み出してしまいます。また活性酸素の影響でターンオーバーの周期が乱れた肌は、しわやたるみなどの症状も起こしてしまいます。

乾燥生姜などに含まれるショウガオールには肌に影響を与える活性酸素の除去に効果があり、肌を老化から守ってくれるのです。また、血行が促進される効果があるショウガオールで新陳代謝が盛んになり、結果として水分バランスも整うので乾燥から肌を守り、潤いのある肌を作ることができます。使い方が手軽な生姜パウダーは美肌作りにもおすすめとなります。

ショウガオールの効果その5「鎮痛作用」

ショウガオールは痛みのホルモン物質であるプロスタグランジンの作用を抑えるといった効能もあります。主に生理痛や頭痛の原因であるプロスタグランジンは子宮の収縮や血液を固める作用に関係しており、このプロスタグランジンの作用を抑えることができるショウガオールは、痛みだけではなくこのホルモンの影響による肩こりや頭痛、体の不調に効果があるとされています。

Thumbショウガオールとは?電子レンジでの作り方や効果効能・レシピを紹介 | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

生姜パウダーにあるもう一つの成分「ジンゲロン」

余りクローズアップをされない成分ですが、生姜パウダーなどの乾燥状態になるとジンゲロールはこのジンゲロンという成分にも変化をします。とても強い発汗作用があるのが特徴で、血流の促進効果、体を温める効果があります。ショウガオールと同様に強い抗酸化作用があり、病気の予防や身体の老化現象を予防してくれるといった効果に期待できます。それらの効果は体の機能を向上させるのにも役立つ成分となっています。

強いダイエット効果に期待の成分

生姜パウダーにも含まれるジンゲロンですが、強い発汗作用と血流促進、体を温める効果に注目をしたダイエットに関しても実験がされています。現段階ではまだ動物実験のみとされていますが、脂肪の分解作用に優れているとの報告があります。生姜パウダーの利用でショウガオールのほか、このジンゲロンの効果にも期待することができます。

生姜パウダーの作り方

生姜はそのほとんどが水分となっており、生姜を乾燥させるとその量は1/10程度になります。その為乾燥生姜で作ったパウダーで摂取すると生で摂取するよりも多くの生姜を摂ることになり、少量でも効果が得やすいというメリットがあります。生姜パウダーは自宅でも作ることが可能ですので生姜パウダーの作り方を紹介します。

生姜パウダーの作り方その1「蒸してから乾燥させる方法」

同じ乾燥状態でも先に生姜を蒸して乾燥させることで、ショウガオールの生成が増やすことができます。普通に乾燥をさせた状態よりも蒸した状態で乾燥させることによりショウガオールは1.2倍増えることが分かっています。生の状態からみると最大で400倍ものショウガオールが生成さるのです。少々時間はかかりますが、ショウガオールの効果を最大限に引き出のでこの作り方はとてもおすすめです。

生姜を流水で洗い、皮の傷んだ部分のみを取り除きます。スライサーなどでスライをしたら蒸し器の中に並べて30分ほど蒸していきます。蒸し終わった生姜をキッチンペーパーに並べて干します。目安は天日干しなら1日、室内干しなら一週間程度です。しっかりと乾燥をしたらミキサーなどで粉末にします。この作り方動画では蒸し器の使い方やすり鉢の使い方も紹介されています。参考にしてください。

時間がなく早く仕上げたい時などは電子レンジで加熱する作り方もおすすめです。この場合はシリコンスチーマーを用意してください。電子レンジでの加熱は600w4分程度が目安ですが、ご家庭の電子レンジの使い方により多少の調整が必要となります。ショウガオールは80~100度で加熱が最適で、100度を超えると消滅してしまいます。様子を見て電子レンジの時間を調整してください。加熱後は1の作り方同様干して乾燥し、粉末にします。

生姜パウダーの作り方その2「天日干しで作る」

蒸した状態で干すのが一番ショウガオールを作れますが、普通に干して乾燥をさせても十分にショウガオールを作り出すことができます。蒸し器での作り方同様に洗って皮をむき、スライスをします。ざるなどに並べて天日干しにしてよく乾燥をさせてください。そのあとは1の作り方同様にミキサーなどで粉末にして瓶などに保存します。

生姜パウダーの作り方その3「オーブンを利用する」

ショウガオールは100度以上になると無くなってしまいます。あまり高温で加熱をする作り方はお勧めできませんが、オーブンなら温度設定が可能ですので、オーブンでの作り方も紹介します。生姜を蒸す作り方と同様に洗ってスライスし、オーブンの天板に並べてます。オーブンを80~100度に温度設定し、1時間ほど焼いていきます。オーブンの使い方は家庭で違うので説明書等で確認をして行ってください。

忙しい人におすすめ!市販品の生姜パウダー

忙しい人などには市販品を利用するのもおすすめです。生姜パウダーはスーパーのスパイスコーナーにも多くの種類があり、ネット販売でも入手可能です。はじめは小さいサイズの市販品を試してあとは自分で作ってみてもいいかもしれません。

スーパー等で入手可能な生姜パウダー

S&B食品から販売されているスマートスパイスシリーズの生姜パウダーはかわいいストライプのパッケージ、ファンシーなパステルカラーとなっており、市販品の中では一番コンパクトで邪魔にならないサイズでおすすめです。蓋を開けてさっと振りかけるだけという簡単な使い方ができるので、普段の食事に取り入れやすいおすすめの商品です。スーパーのスパイスコーナーで110円(税抜き)となっており価格もおすすめの商品です。

スーパー等で取り扱いされてる市販品の中で一番取り扱いが多いと思われるS&Bの定番商品です。先に紹介をしたスマートスパイスよりも容量は少し多くなり、さわやかな香りと辛みが特徴となっています。パッケージも生姜を意識した辛子色ととなっていてわかりやすく生姜が印刷されているのも特徴です。市販品の中でも入手しやすく、とりあえず生姜パウダーを試したい方におすすめです。11g入り185円(税抜き)となっています。

こちらの生姜パウダーもスーパーをはじめカルディなどの輸入食手品店で入手可能な市販品です。様々なサイズが販売されており、業務用などお得なサイズのものも販売されています。小さな量の生姜パウダーを使ってみて気に入ったらこちらの大き目サイズの市販品を使ってみるのもおすすめです。サイズによって価格は異なりますが、18g入り275円からとなっています。

漢方薬局の会社が販売する生姜パウダーはマツモトキヨシなどの薬局やヨドバシカメラのオンライン販売でも入手可能な市販品となっています。パッケージはジンゲロールとショウガオールの含有量が記載されていて、漢方薬局らしいパッケージとなっています。こちらの使い方も振りかけ式で、お料理やお茶に手軽にプラスすることができるおすすめ商品です。参考価格25g入り980円(税抜き)です。

通信販売では国産の生姜パウダーが手に入る

スーパーなどで手に入る市販品もいいけれど、原材料にこだわりたいと思ったら通信販売を使ってみるのもおすすめです。「黄金の里本店生姜パウダー」は高知県産黄金生姜を使用しており、スーパーなどの市販品と違い容量が多くお得感もあります。販品の原材料を確認して国産でない物を買うのに抵抗があれば、通信販売を検討するのもおすすめです。こちらの商品の詳細は下のリンクを参考にしてください。

黄金の里本店 高知県産黄金生姜使用 しょうが粉末

有機栽培にこだわった生姜パウダー

土づくりから最終商品まで厳しい有機管理の下に作られた有機栽培の生姜を使用した「島根桜江桑茶組合の生姜パウダー」は、子供からお年寄りまで安心して食べることができる商品です。スーパーでの市販品では入手が難しい有機栽培で作った生姜を利用しているので、賞味期限が長いという特徴があり、いろいろな使い方ができるおすすめ商品です。商品の詳細は以下のリンクでご確認ください。

島根桜江町桑茶生産組合 有機しょうがパウダー

生姜パウダーの使い方

生姜パウダーを実際の使い方を紹介します。毎日簡単に続けることが大切ですので、ここではドリンクに混ぜて飲む方法を紹介しますが、もちろんお料理やおみそ汁などに加えても、またお菓子に混ぜるといった使い方もおすすめです。市販品でも手軽に利用できるのでやりやすい使い方をお試しください。

生姜パウダーの使い方「生姜ココア」

ポッコリお腹に効果があるとテレビで紹介をされ人気となった生姜ココアです。血流の停滞から腸にむくみが生じてポッコリお腹の原因になると言われており、むくみ腸は様々な病気になるリスクを抱えています。ショウガオールと働きと、ココアのココアフラバノールという成分の働きで腸がすっきりするという効果があります。純ココアを作ったらそこに小さじ1/2程度入れて完成です。簡単な生姜パウダーの使い方でおすすめです。

生姜パウダーの使い方「生姜紅茶」

生姜を使ったドリンクとしてとても人気のあるドリンクメニューです。この生姜紅茶も手軽に生姜パウダーで作ることができ、ショウガオールの効能を簡単に取り入れることができる生姜パウダーの使い方です。お好みの紅茶のティーバッグで紅茶を作り、そこに紅茶パウダーを入れるだけとなっており、寒い冬には風邪予防としてもおすすめのドリンクメニューです。

生姜パウダーを活用しよう

生姜パウダーについて効果や作り方、使い方などを紹介しました。生姜パウダーは市販品でも手に入れることができ、健康維持やダイエットにとても効果的です。使い方も簡単で、風邪予防や美肌効果も高く毎日の生活に取り入れやすい食品です。生姜パウダーを使って健康維持や美肌作りに役立ててみてはいかがでしょうか?

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ