もやし一袋のカロリーと糖質を調査!ダイエットに不向きって本当?

低価格でスーパーでもいつでも買えるもやしは家庭の強い味方です。主婦だけではなく、値段が安いので一人暮らしの方にとっても手軽に摂れる野菜の1つとなっています。そんなもやしは低カロリーで糖質も低いため、ダイエットを行う時によく食べられるヘルシー食材としても有名です。しかし、実はもやしの摂り方によってはダイエットに不向きになってしまうって知ってましたか?今回はヘルシー食材と言われるもやし一袋のカロリーと糖質はいくら?ダイエットに不向きなのは本当?そんな疑問を調査してみました。

もやし一袋のカロリーと糖質を調査!ダイエットに不向きって本当?のイメージ

目次

  1. 1いつでも摂れる!身近な野菜のもやし!
  2. 2もやしとはどんな野菜?
  3. 3もやしが含む栄養素
  4. 4もやしはダイエットの強い味方!
  5. 5もやしがダイエット食材になる理由とは?
  6. 6気になるもやしのカロリーと糖質は一袋どれくらい?
  7. 7みんなが実践している「もやしダイエット」とは?
  8. 8もやしで置き換えることでカロリーと糖質カット
  9. 9もやしダイエットの注意点
  10. 10低カロリーで低糖質なもやしダイエットの効果とは?
  11. 11低カロリーで低糖質でももやしはダイエットに不向き?
  12. 12もやしがダイエットに不向きな理由とは?
  13. 13もやしを使って効率よくダイエットするコツとは?
  14. 14低カロリーと低糖質を補いながら置き換える
  15. 15カロリーや糖質問題も解決!ダイエットに効くもやしレシピ
  16. 16低カロリーで低糖質なもやしを上手に摂ろう!

いつでも摂れる!身近な野菜のもやし!

世間では野菜が高いと言われていますが、そんな中でも安い価格で買えるもやしは、私たち家計の強い味方です!スーパーでいつでも買うことができ、もやしを使ったメニューもたくさんあるのでもやしは私たちにとって身近な野菜の1つと言うことが出来ます。もやしは安いうえに1袋の量も多いのでレシピのかさましにも重宝する野菜でもあります。

もやしはスーパーを見ると一袋約30円ほどで買うことができ、野菜が摂りにくい1人暮らしの方、特に男性にとっては手軽に買えて食べやすい野菜なのではないでしょうか?買いやすい、食べやすい野菜というのは私たちにとってとても嬉しいことです。

もやしとはどんな野菜?

もやしは食べることが多いけれど、どんな野菜なのか詳しくはよく知らないという人が多いのではないでしょうか?もやしは、種類を分けると緑豆・大豆・ブラックマッペと3種類あります。スーパーによく並んでいるのは緑豆もやしと言われるもので、炒め物や鍋料理に合う食材です。

もやしが含む栄養素

もう1つもやしが持つ栄養素についてもあまり知られていないのではないでしょうか?よく摂られる野菜だからこそ、もやしにはどんな栄養が含まれ、私たちのカラダにどのようなプラスになるはたらきがあるのか、知っておきましょう。

もやしは育っていく過程で新たな栄養素を作り出す

もやしは、元々デンプンやタンパク質などの栄養素を持っています。そして育っていく過程で含まれていなかった新しい栄養素も含んでいくため、成長が終わるまでに様々な種類の栄養素を持ちます。もやしに含まれる栄養素はカロリーは低いですが、私たちの健康維持につながっているのです。では、どのような栄養素が含まれているのか詳しく見てみましょう。

もやしの含む栄養素①カルシウム

牛乳などに含まれているカルシウムは、丈夫な骨や歯を作る栄養素の1つとしてよく知られています。またカルシウムは、毎日の生活の中で感じるイライラを抑えるはたらきも持っています。カルシウムは私たちのカラダの作りの土台を築き、日常生活を過ごしやすくしてくれる効果があります。

もやしに含まれる栄養素②食物繊維

もやしには特にひげの部分に食物繊維が含まれています。食物繊維はダイエットに大敵な便秘を解消するはたらきがあり、ガンや糖尿病などの生活習慣病を防ぐ効果も持っています。私たちが健康な状態を保って生活できるよう働いてくれるとても大切な栄養素です。

もやしに含まれる栄養素③葉酸

もやしには多くの葉酸も含まれていて、特に妊婦さんにとって摂取して欲しいと言われている栄養素です。葉酸は血液を作るはたらきを持っていて貧血にならないようはたらきかけてくれます。また血液の流れを良くするはたらきも持っているので血圧や血管が詰まらないように予防してくれます。

もやしに含まれる栄養素④ビタミン

もやしは成長する中で、含まれるビタミンCの量が増えていきます。ビタミンCは肌荒れなどを防止し、美肌効果をもたらします。また免疫力向上のはたらきも持つので、風邪や病気にかかりにくいカラダ作りにつながります。ビタミンはストレスからも守ってくれるので現代社会を生きる私たちにとって必要な栄養素です。

もやし一袋に様々な栄養素が含まれている

このように私たちが普段買っているもやし一袋の中には、他の野菜と比べると含有量は少ないかもしれませんが、私たちの健康に大事な様々な栄養素が含まれているということが分かります。以外にもたくさんの栄養素が含まれているのに驚いた人も多いのではないでしょうか?1つの野菜で様々な栄養素が摂れるのは、嬉しいですね。

もやしはダイエットの強い味方!

もやしは、手軽に食べられるだけでなくダイエットに効くヘルシー食材としても有名です。ダイエットを行おうと思った時に、ヘルシーな野菜としてもやしが思い浮かんだり、もやしをいつもより多く摂ろうと考える人も多いのではないでしょうか?

もやしがダイエット食材になる理由とは?

もやしはたくさんの人にヘルシーでダイエットに効く野菜だと知られています。では、なぜもやしがダイエットに効くヘルシー食材として人気なのでしょうか?多くの人たちに、もやしがヘルシー食材として知られている理由を確認してみましょう。

もやしがダイエット食材の理由①カロリーが低い!

1つ目の理由は、やはりもやしのカロリーが低いということです。カロリーの数値はダイエットを行っている人にとっては気になる要素です。カロリーが高いとやはり太るという概念から、カロリーが低いもやしはダイエットに良いというイメージが強く、摂取されるということが分かります。

もやしがダイエット食材の理由②糖質も低い!

2つ目の理由はもやしはカロリーが低いだけではなく、糖質も低いということです。糖質は含まれている量が多いと私たちのカラダが太る原因を作ってしまいます。カロリーだけでなく糖質も低いのであれば、ダイエット実践中の人にとっては太る心配をせず、摂取することができます。

もやしがダイエット食材の理由③食感で満腹感アップ!

3つ目の理由は、もやしの食感です。もやしはシャキッとした食感が特徴的です。歯ごたえのある野菜なので、この食感を残して調理をし摂取すればよく噛んで食べることが出来るので、満腹感を得ることが出来ます。もやし一袋の量と食感でかなりボリュームが出ると思うので食べたときの満足感も大きいです。

気になるもやしのカロリーと糖質は一袋どれくらい?

先ほどもやしがダイエット食材として人気の理由として、低いカロリーと糖質だということが挙がりましたが、一体どれくらいカロリーと糖質が低いのでしょうか?普段私たちが手にして食べている量であるもやし一袋分のカロリーと糖質の値を詳しく見てみましょう。

もやし一袋のカロリーは?

まず、カロリーについてですが、私たちが購入しているもやし一袋分のカロリーは約34kcalと換算され、この一袋分のカロリーはニンジン、玉ねぎ100g分よりも低いカロリー数ということが分かります。もやし一袋分のもやしのかなり多いなと感じる量に対して考えると、本当にもやしは低いカロリーということが出来ます。

もやしとごはん1杯でカロリーを比べてみました

私たちが普段食べている茶碗1杯分のご飯ともやしのカロリーを比べてみましょう。茶碗1杯分のご飯のカロリーが約235kcalなので、同じカロリーに合わせるともやしは5袋分で茶碗1杯分のご飯と同じになるという計算になります。この計算で考えると、もやしがかなり低いカロリーだということが分かると思います。

もやし一袋の糖質は?

続いてもやしに含まれる糖質ですが、100gあたり約0,2gと言われています。この数値で計算するともやし一袋に含まれる糖質はたった約0,5gしか含まれていないということになるのです。これは、100gあたりのレタスが持つ約0,8gよりも少ないため、野菜全体をみてももやし一袋に含まれている糖質がかなり低いということが分かります。

糖質も他の食品と比べてみました

ダイエットの大敵であるケーキの糖質と比べてみると、ケーキは100gあたり約40gの糖質が含まれています。これはもやしの100gあたりの糖質の約200倍であると計算で出すことができます。200倍という高い数値で糖質の量が違うことが分かると、もやしはダイエットに強い味方であるという信憑性が高まります。

みんなが実践している「もやしダイエット」とは?

カロリーと糖質が低いという性質から、もやしはダイエット対して高い効果を発揮してくれるのではと期待が高まります。実際もやしを使ったダイエットは「もやしダイエット」と呼ばれ多くの人が実践しています。では一体もやしダイエットはどのような方法で行われているのでしょうか?

もやしで置き換えることでカロリーと糖質カット

もやしダイエットは簡単に言うと置き換えダイエットです。もやし一袋に対してカロリーも糖質も低いこという特徴を考え、高い糖質を摂取してしまうことになる炭水化物を多く摂り、太ることがないように代わりにもやしを食べることで、太る原因を作る糖質やカロリーの摂り過ぎを防ぐのです。

もやしダイエットは1食をもやしで置き換える

もやしの置き換えダイエットは朝・昼・夕の3食のうち1食をもやしに置き換えるというものです。食事後のエネルギーが消費できる動きが少ない夕食で置き換えるのが一番効果的なようです

実践しているほとんどの方が、ご飯の代わりにもやしを食べ、他のおかずを摂らないようにしている方法で行っているようです。1食の置き換えなので無理せずダイエットができるのとカロリーや糖質を気にしなくていいので、もやし一袋食べても罪悪感を感じにくいというのが良いですね。

もやしダイエットの注意点

長期で無理なく実践出来そうなもやしダイエットですが、行ううえでいくつか注意しなくてはいけないことがあります。ダイエットはやり方を間違えてしまうと逆に太ることにつながったり、私たちの健康を損なってしまうこともあるので、しっかり安全に行える方法を確認しましょう。

注意点①3食置き換えは必要なカロリーや糖質も不足する

最初の注意すべき点は、3食をもやしで置き換えを行わないようにすることです。ダイエットを行うとどうしても短期間で結果を出したいと思ってしまう人が多いのではないでしょうか?しかし3食連続でもやしで置き換えた食事を摂っていると、摂取するべき必要なカロリーや糖質、栄養素も不足してしまうため、私たちのカラダに負担がかかってしまいます。

また3食もやしを食べ続けた食生活をしていると、太るのを防ぐ以前に、必要な栄養が摂れていないため貧血など栄養不足になり、私たちのカラダが不調を感じるようになってしまいます。

注意点②必ず加熱をしてもやしを食べること

もう1つの注意点は、もやしは必ず加熱をして食べるということです。もやしは含まれている水分が多く、菌が繁殖しやすい野菜です。食べる前に水洗いをしている人が多いと思いますが、それでは菌が防げず、食中毒などになってしまう可能性が高くなってしまいます。安全面を考えてもやしは必ず加熱をしてから食べましょう。

低カロリーで低糖質なもやしダイエットの効果とは?

多くの人がもやしダイエットを実践しているようですが、果たしてもやしダイエットを行って成功する確率は高いのでしょうか?低いのでしょうか?実際にもやしダイエットに挑戦してみた方の声を聞いてみましょう。

もやしダイエットは成功している確率が高い

口コミでも、もやしの栄養素について注目されており、個人差はもちろんあると思いますが、ダイエットに成功している人が多いようです。もやしの中でも大豆もやしはもやしの中で栄養素の数値が高いため、もやしダイエットに使用するのにおすすめという情報もありました。

1食置き換えるもやしダイエットと並行して、間食を控えたり簡単なエクササイズなどを少しだけでも取り組むことで、太る原因を減らし、より高いダイエット効果を得ることができそうです。ちょっとした工夫もダイエット成功のカギになります。

低カロリーで低糖質以外に嬉しい効果あり

先ほども紹介しましたが、もやしに含まれるビタミンによって、太る原因である脂肪を燃焼する作用だけでなく、肌荒れなども改善する効果もあるため、ダイエット以外にも私たちのカラダに嬉しい効果をもやしダイエットによってもたらされるようです。

Thumbもやしダイエットのやり方と効果は?痩せたという口コミを調査! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

低カロリーで低糖質でももやしはダイエットに不向き?

低カロリーで低糖質のもやしを用いたもやしダイエットは、実践した人から効果があったという口コミも多く、高い成功率を持つダイエット方法だということが分かります。しかしこのような口コミが多くある一方で、もやしダイエットが実はダイエットに不向きだという声も挙がっています。

もやしがダイエットに不向きな理由とは?

では一体なぜもやしダイエットがダイエットに不向きだという声が挙がっているのでしょうか?それはもやしの持つ特徴からダイエットにおけるデメリットが大きく分けて3つあることが原因だということが分かりました。その3つの理由がどのようなものなのか、詳しく確認していきましょう。

理由①低カロリー・低糖質による栄養バランスの偏り

もやしダイエットにおいて、3食の食事のうち1食でも置き換えを行うと、普通の食事と比べて1日で摂取しなければならないカロリーや栄養素が少なくなります。もやしは特に他の食品と比べて低カロリー・低糖質のためより摂取量が極端に少なくなってしまいます。あまりにも低カロリーだったり、低糖質だと栄養バランスに大きな影響が出てしまうのです。

また、もやしは含まれる栄養素の種類は多いですが、その栄養素が含まれている量は少ないので、これも栄養バランスが偏ってしまう理由につながってしまうのです。これでは太るカラダを作ってしまう原因となり、もちろん私たちの健康にもよくありません。健康を害してしまうことは、ダイエット以前の問題となってしまい注意が必要です。

理由②もやしの淡白な味

続いての理由は、もやしの持つシャキッとした食感は歯ごたえは良いのですが、味が淡白だということです。これは置き換えでたくさんの量のもやしを食べるとなると、その味にだんだん飽きてしまい、食べようという気持ちが減ってしまいます。それでも食べようとドレッシングなどの調味料を使用したくなります。

しかし、味付けに使用した調味料には塩分が含まれているため、もやしにかけて食べてしまうとせっかく低いカロリー数値だったとしても高いカロリー数値に変わってしまいます。また、塩分は食欲を増加させるはたらきがあるため、結果的に太る原因を作ってしまい、リバウンドやダイエット効果が薄まる可能性が高いものとなってしまうのです。

理由③低糖質と少ない脂質による腹持ちの悪さ

最後の理由は、もやしは栄養素の他に水分を多く含んだ野菜であるということです。またもやしには満腹感を出してくれる性質を持つ脂質がほとんど含まれていません。もやしを食べると食感もあり、たくさん食べればお腹も満たされますが、腹持ちが悪いので長時間その状態が続かずにすぐお腹が空いてしまいます。

腹持ちが悪いと、間食や置き換えをしていない食事の時の食事量が増えてしまいます。そうなると高いカロリー数を摂取することになってしまい、これも太る原因につながってしまいます。ダイエットとなるとカロリーや脂質を気にしてしまいますが、神経質にならないで適度に摂取することもダイエットにおいてはとても大事です。

もやしを使って効率よくダイエットするコツとは?

ダイエットに向いている理由も不向きな理由もそれぞれあるもやしですが、ダイエットをすると考えた時はやっぱり、より低カロリーで低糖質といった特徴を持ったもやしを使ってみたいですよね?もやしを上手に使って効率よくダイエットができる方法がないか調べてみました。

低カロリーと低糖質を補いながら置き換える

高いダイエット効果をもやしを食べながら得るためには、栄養バランスを考えてもやしを摂取することです。低カロリー・低糖質な分、もやしだけでは補えない栄養素を他の食品と補うことで、もやしダイエットの太る原因を防ぎながら、効率良くもやしダイエットにチャレンジすることが出来ます。

カロリーが低い食品同士で栄養を補ってダイエット

例えば、もやしに含まれている鉄分の量が少ないため、鉄分をきちんと私たちのカラダに吸収するために、鉄分豊富な海藻などと一緒にもやしを食べるのがオススメです。海藻はカロリーも低いので、食べる食品が増えてしまい、太るのではという心配も解消することができます。また鉄分は太る原因を作る新陳代謝が悪くなるくなることを防ぐことが出来ます。

低糖質も食べ合わせでしっかり補う

このように食べ合わせで栄養素を補う方法は、低糖質なデメリットの部分も補うことが可能です。もやしは糖質が少ないので、魚などの糖質が高い食品と一緒に食べることで改善されます。調理法や調味料の量などに気を付ければ、ダイエット中といえどさほど気にすることはありません。また魚やお肉には高いタンパク質が含まれています。これは私たちのカラダの筋肉が作られ、美しいカラダになることにつながるのです。

カロリーや糖質問題も解決!ダイエットに効くもやしレシピ

価格も安いもやしでダイエットができたらこれ以上嬉しいことはないですよね?では先ほどの上手な食べ合わせを利用して、効率よくもやしダイエットを行えるよう、オススメのもやし料理のレシピを紹介したいと思います。適度なカロリーと糖質もしっかり摂れ、簡単に作れる料理が多いのでぜひ一度作ってみてください。

低カロリーでも満腹感アップなもやしスープ

まず最初に紹介するのはもやしのスープです。カロリーの低い食材を選べば、後は調味料のみと材料が少なく、調理方法もとても簡単で、誰でも気軽に作りやすいレシピと言えます。元々カロリーが低い食材であれば、具だくさんにしても太る心配も少なくスープの水分でより満腹感もアップするはずです。調味料をの入れ過ぎには注意しましょう。

またスープにすると色々な食材を入れることが出来るので、様々な私たちのカラダに良い栄養素を摂取することが可能です。例えば、わかめなどの海藻を入れれば高い数値のミネラルや鉄分を摂取することが出来ます。他にも豆腐は脂肪を減らし、女性には嬉しいホルモンを整えたりするはたらきも持っています。食品によって様々な栄養素を持っているので、調べてみて自分のカラダに必要な食品を入れて楽しんでみてください。

こちらも低カロリーで簡単なもやしサラダ

もやしを使ったサラダもスープと同様簡単に作ることが出来ます。もやしは加熱が必要ですが、電子レンジを使えば簡単に加熱出来るので料理が苦手な人にもオススメです。醤油やごま油など調味料を加えてナムル風にすれば淡白なもやしの味も変化がついて食べやすくなります。ただサラダの場合も調味料を使い過ぎると塩分やカロリーが高いものになるので注意してください。

低糖質を解決するもやしのお好み焼き

もやしを使って、ボリュームたっぷりのメイン料理を作ることも可能です。お好み焼きとなるとカロリーがぐっと高くなるような気がしますが、お肉は入れないでもやしと豆腐などを入れたり、ソースやマヨネーズを少なく使用するなど工夫するだけで普通のお好み焼きよりヘルシーに作れます。また、炭水化物によって糖質もしっかり摂ることが出来るので低糖質の問題を解決することが出来ます。

低カロリーで低糖質なもやしを上手に摂ろう!

いかがでしたか?今回は話題のもやしダイエットにおいて一袋分のカロリーや糖質の数値、ダイエットに不向きな理由について紹介しました。デメリットもありますが、正しく効率の良い方法を理解することで、もやしダイエットも成功する確率が高まります。ぜひ夏に向けて、もやしダイエットにチャレンジしてみてください!

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ