ほっけの塩焼きレシピ!フライパンやグリルで美味しく焼き上げるコツは?

ほっけの塩焼きの人気レシピをまとめました。フライパンを使った簡単なレシピのほか、グリルやトースターを使ったほっけの塩焼きの作り方も紹介します。さらに、冷凍のほっけを焼くときの注意点や、美味しく仕上げるための下準備も詳しく解説します。

ほっけの塩焼きレシピ!フライパンやグリルで美味しく焼き上げるコツは?のイメージ

目次

  1. 1ほっけの塩焼きレシピを紹介!
  2. 2ほっけの塩焼きの簡単基本レシピ
  3. 3ほっけの塩焼きレシピまとめ

ほっけの塩焼きレシピを紹介!

ほっけは主に北海道で年中漁獲され、7月から12月が旬とされている魚です。他の魚に比べて低カロリー・高たんぱく・低糖質であるため、ダイエッターや筋トレをする方にも人気があります。そこで、本記事ではほっけの塩焼きの人気レシピをまとめました。

ほっけの塩焼きは居酒屋や定食屋の定番メニューでもあるので、馴染みがある方も多いのではないでしょうか。セブンなどコンビニ各社で手軽に食べられる商品が発売されていますが、もちろん自宅でも作ることができます。誰でも簡単に作れるレシピを紹介しますので、ぜひ日々の献立に取り入れてみてください。

ほっけの塩焼きの簡単基本レシピ

美味しく焼き上げるための下準備

ほっけの塩焼きを美味しく仕上げるコツは、下準備にあります。ほっけの皮には細かいウロコが付いており、そのまま調理するとゴワゴワとした食感を生みます。食感を気にすることなく皮まで美味しく味わうために、ウロコを落としておきましょう。

ウロコは水をかけながら金タワシで擦ると、簡単に落とすことができます。家に金タワシがない場合は、ペットボトルのキャップや包丁で代用できます。包丁を使用する際は、手を切らないように注意しましょう。また、ほっけに水気を持たせた状態で焼くことで、ふっくらと仕上がります。焼く前にほっけを水に通しておきましょう。

ほっけの焼き方【フライパン】

温めたフライパンにクッキングシートを敷き、皮側を下に向けてほっけを並べます。これでフライパンの焦げ付きを防げ、後片付けが簡単になります。弱火と中火の間で焼き、皮に焦げ目がついたら裏返します。火加減を変えず、身に焼き色がついたら完成です。

フライパンで焼くときの注意点

冷凍のほっけを解凍せずにフライパンで焼くと、中まで十分に火が通らず半生となります。また、常温で時間を掛けずに解凍すると、旨味成分が流れ出て美味しさが損なわれてしまいます。事前に冷蔵庫に3~4時間入れ、ゆっくり解凍するようにしましょう。焼くときのコツは、弱火でじっくり時間を掛けることです。

ほっけの焼き方【グリル】

焦げ付きを防ぐために網に油か酢を塗り、先に温めます。温まった網に、皮側を下に向けてほっけを並べます。両面焼きグリルの場合は、中火~強火で5分ほど焼きます。

片面焼きグリルの場合は、強めの中火で5分ほど焼き、弱火にしてさらに3分焼きます。その後ひっくり返し、弱火~中火で3分ほど焼きます。皮がパリパリに焼けていないときは、追加で数分焼きましょう。また、通常のグリルは、手前より奥のほうの火力が強いです。ほっけの尾を奥にすることで身を焦がさずに仕上げられます

ほっけの焼き方【トースター】

アルミホイルを敷いたトースターに、皮側を下に向けてほっけを並べ、焼き色がつくまで焼きます。途中でほっけをひっくり返す必要はありません。使用するトースターによって、焼き加減は異なります。こまめに焼き状態を確認し、焼き時間を調整しましょう

ほっけの塩焼きレシピまとめ

簡単に作れるほっけの塩焼きの人気レシピを紹介しました。煮付けやフライなど数あるほっけ料理の中で、塩焼きは簡単に作ることができます。お店のようなふっくらとした仕上がりも、ちょっとしたひと手間を加えるだけです。

後片付けが面倒という方は、フライパンやトースターを使って焼くのがおすすめです。自分に合った好みのレシピを見つけて、ほっけの塩焼きを作ってみてください。

Thumbほっけの栄養・効能が豊富!高い栄養価や美味しい食べ方を解説! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」
Thumbほっけの焼き方のコツ!開きをグリル/フライパン/トースターで簡単に | お食事ウェブマガジン「グルメノート」
Thumbほっけのカロリーや糖質を紹介!ダイエット向きで栄養価が高い? | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ