治一郎のバウムクーヘンはアウトレットで買うのがお得!ヤタローの店舗情報!

治一郎が生み出したバウムクーヘンはネット上でも口コミが多い大人気のスイーツです。アウトレット店のヤタローではバウムクーヘンを購入できるので、治一郎のバウムクーヘンが購入できるアウトレットの店舗情報や値段について紹介していきます。

治一郎のバウムクーヘンはアウトレットで買うのがお得!ヤタローの店舗情報!のイメージ

目次

  1. 1治一郎のバウムクーヘンとは?
  2. 2治一郎のバウムクーヘンはアウトレットがお得
  3. 3治一郎のバウムクーヘンのアウトレット店ヤタロー
  4. 4治一郎のバウムクーヘンをアウトレットでお得に買おう!

治一郎のバウムクーヘンとは?

ネット上でも口コミが多く、人気の高い治一郎のバウムクーヘンは普通のバウムクーヘンとどこが違うのでしょうか?まずは、治一郎のバウムクーヘンの味や特徴、その人気の理由について見てみましょう。

職人が生み出したレアな食感

治一郎のバウムクーヘンの最大の特徴は、職人治一郎が生み出したレアな食感になります。口に運ぶときからすでに感じ始めるバウムクーヘンのしっとり感、そして口に入れた瞬間はさらにさっくりとした食感も加わります。

普通のバウムクーヘンよりも食感にこだわった商品となっており、その食感のとりこになってしまう人も多いです。飲み物がなくても美味しく食べることができるバウムクーヘンを目指して様々な試行錯誤を重ねて、ようやく今の食感にたどり着くことができました。

また、治一郎にはバウムクーヘンの他にも様々な人気商品があり、北海道産の原乳から仕上げた濃厚な生クリームが絶品のロールケーキやこだわりの生クリームと卵黄だけを贅沢に使用したプリンなどがあります。

名前の由来

治一郎のバウムクーヘンの名前の由来はどこから来ているのでしょうか?バウムクーヘンは元々ドイツの伝統菓子で、日本では大正から昭和初期にかけて作られるようになっていきました。

当時のバウムクーヘンは食感がパサパサとしており、少々食べづらいのが一般的でした。そんな中長年研究し、2002年にしっとりとした食感のバウムクーヘンが誕生します。それが治一郎のバウムクーヘンです。

菓子職人たちがこつこつと努力を重ねて生み出した新しい美味しさ、それはまさしく職人技の傑作になりました。そんな職人のひたむきなものづくり精神に敬意を表し、当時の職人の1人の名をとって、治一郎と名付けられました。

五感を通して心で感じる美味しさ

治一郎が何よりも大切にしていることは、美味しさへのこだわりです。美味しさは味覚だけで決まるのではなく、見た目や香り、食感など五感すべてを通じて心で感じるものだとされています。

そのため、バウムクーヘン自体の味わいや見た目、香りや食感はもちろん、パッケージのデザインやロゴ、お店のディスプレイに至るまで様々な工夫をしてお客さんを楽しませています。味覚が満足する商品を作るのはもちろん、お店に訪れたお客さんが心で美味しいと感じる商品を提供しているのが治一郎です。

治一郎のバウムクーヘン | 治一郎ブランドサイト

治一郎のバウムクーヘンはアウトレットがお得

治一郎のバウムクーヘンは口コミも多く、人気のスイーツとなっていますが、どこで購入することができるのでしょうか?実は、治一郎のバウムクーヘンはアウトレットでお得に買うことができます。続いては治一郎のバウムクーヘンの値段や購入できる場所について見てみましょう。

正規品の値段は?

まずは、治一郎のバウムクーヘンの正規の値段について見てみましょう。治一郎のバウムクーヘンはネットの公式ホームページから購入するほか、直営店からも買うことができます。ホームページと直営店で購入する際の値段は同じです。

治一郎のバウムクーヘンの正規値段はホールの場合2160円(税込)、1口サイズカットの場合12個入り2565円(税込)、18個入り3780円(税込)となります。そして、気になるカロリーですが100gあたり316kcalと他のバウムクーヘンよりもかなり低いです。

バウムクーヘンの商品には、ホールや1口サイズにカットされた商品があります。直営店の店舗の場合は店舗限定のバウムクーヘンもあるので、限定商品がほしい場合は店舗に足を運んでみましょう。

治一郎の本店は浜松の大平台にあり、カフェも併設されています。9時から19時まで営業されており、定休日はありません。静岡には浜松駅の遠鉄百貨店、静岡パルコ店、中田店、ららぽーと磐田店があります。アウトレット店に行く前に直営店にも足を運んでみてはどうでしょうか?

また、都内には4店舗、神奈川に4店、名古屋にも2店あります。さらに仙台、京都、福岡にもお店があるので遠方で本店やアウトレット店に行けない人は地元のお店に立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

切り落としとホールのアウトレットがある

普通のバウムクーヘンの値段と比較すると値段はやはり高めとなっています。しかし、治一郎の切り落としやホールのバウムクーヘンが売られているアウトレットも存在します。アウトレットストアは静岡県にあるヤタロー工場直売店というお店です。

ヤタローはパンや菓子、お弁当、野菜などの工場直売店となっています。実は治一郎はヤタロー事業の1つとなっており、静岡県に本社を持つヤタローの工場直売店では、治一郎のバウムクーヘンの切り落としなどをお得に買うことができます。

アウトレット店で売られている治一郎のバウムクーヘンの切り落としの値段は正規価格の約3/1以下の値段の200円~400円前後で売られています。

切り落としのバウムクーヘンは1g1円という売り方をしているため、置いてある商品すべてが同じ値段ではないので注意しましょう。

購入制限と転売禁止

正規の値段よりも安いこともあり、まとめ買いをする人も多く、アウトレット店のバウムクーヘンは連日すぐに売り切れになってしまいます。そのため、治一郎のアウトレット店では購入制限を設けています

その理由は多くのお客様に買ってもらうためで、数量に限りがある場合は1人3個までの購入制限や10個までの購入制限がかけられています。もちろん、購入制限がない時もあるのでその際にまとめ買いをしておきましょう。

また、治一郎のアウトレット店では転売禁止の呼びかけをしています。ネットオークションや他店舗での再販、転売は禁止されているのでまとめて購入して、家族や友達と分け合って食べましょう。

行列必至の混雑ぶり

ネット上での口コミでその人気は広がっており、アウトレット店のヤタローでは行列必至の混雑ぶりとなっています。購入制限が設けられていますが、それでも数分で完売してしまうほどです。

治一郎のバウムクーヘンを買いたい場合は、開店時間に合わせて行くようにするのがおすすめです。治一郎のバウムクーヘンについては1度売り切れてから商品が届くこともあるようです。開店時間に遅れて諦めていたけど買うことができたという口コミも多く見られます。

ただし、再入荷の時間は明確には決まっておらず、1日に何度入荷があるのかも明確には告知されていません。そのため、購入したい場合はやはり朝一でアウトレット店に行くのが確実です。

入店整理券をもらう方法

アウトレット店ヤタローの近くに住んでいる人なら連日通うこともできますが、遠方からわざわざ訪れてバウムクーヘンが売り切れだった場合はショックが大きいです。そこで確実に買うことができる入店整理券をもらうのがおすすめです。

入店整理券をもらう方法は簡単で、ヤタローの開店時間よりも前にお店に行き、店員さんから整理券を貰うだけです。ヤタローの開店は9時半からで、整理券の配布は1時間前の8時半から始まっています。

開店直前になるとすでに行列ができていますが、整理券があれば番号順に先に入店することが可能です。整理券の配布枚数は週末の場合、およそ50枚から70枚ほどです。確実に購入したい人は早めに行って入店整理券を貰いましょう。

賞味期限は大丈夫?

アウトレット店で買い物をする際に気になるのは、やはり賞味期限ではないでしょうか?正規の値段に比べてもかなり安い値段で売られている治一郎のバウムクーヘンの賞味期限は大丈夫なのでしょうか?

賞味期限に関する心配はまったくありません。治一郎のバウムクーヘンは加工日に店舗に並べられているので、賞味期限は通常のバウムクーヘンと同じく2週間ほど日持ちします。そのため、お土産に購入する人も多いです。

また、賞味期限が近い商品はアウトレット価格からさらに20%引いた割引価格で提供しています。割引がされている商品はその日のうちに食べるようにしましょう。

治一郎のバウムクーヘンのアウトレット店ヤタロー

アウトレット店のヤタローはなぜ、治一郎のバウムクーヘンを安い値段で買うことができるのでしょうか?続いてはヤタローの店舗情報や治一郎のバウムクーヘンが安く買うことができる理由などについて見てみましょう。

ヤタロー工場直売店

ヤタロー工場直売店はヤタローグループに属する食品を多く取り扱っている店舗になります。治一郎もその事業の1つとなっているため、安い値段で商品を販売することが実現されています。

ヤタロー工場直売店は基本的にお正月以外は無休となっており、店舗の品揃えは日によってバラバラです。その理由は工場直売店なので、工場で正規商品にならなかったものを取り扱うため生産状況によっては店舗まで回らない場合があります。

そして、ヤタロー工場直売店では様々な商品が取り扱われていますが、一番の人気商品はやはり治一郎のバウムクーヘンになります。基本的に治一郎の売り場はまとまっており、わかりやすくなっていますが、見つからない場合は店員さんに聞けば親切に教えてくれます。

店舗情報

住所 静岡県浜松市東区丸塚町169
交通手段 JR東海東海道線天竜川駅、遠州鉄道助信駅、天竜川駅から1,874m
営業時間 9:30~18:00
定休日 無休
電話番号 053-463-8577
支払い方法 カード不可

安い理由

ヤタローで売られている治一郎のバウムクーヘンが安い理由は全部で6つあります。まずはじめにいえることは、店舗で販売されている商品は製造上で出た副産物ということです。切り落としのバウムクーヘンと名付けられていますが、少し欠けていたり、おこげが付いてしまっているので直営店に並ぶのが困難な商品が並べられています。

それでは治一郎のバウムクーヘンが安く買える理由を1つずつ見ていきましょう。1つ目の理由は作りすぎたためです。製造の工程上ぴったりの個数を作るのは、なかなか至難の技なのでどうしても予定よりも多く作られていきます。その余り分が店舗へと回されています。

2つ目の理由は間違えたためです。注文時の入力ミスなどによって桁を間違えてしまった商品がヤタローに並べられています。

3つ目の理由は不揃いなためです。治一郎のバウムクーヘンなどは大半がこの理由になります。野菜で形が悪いなどの理由で安く売られているものをよく見かけますが、それと同じ理由です。ただし、形が悪いだけで味は正規の商品と違いありません。

4つ目の理由は限定品であることです。それに当たる商品はバウムクーヘンのみみやラスク用フランスパンの端など、副産物として存在する味の変わらないお特品になります。5つ目の理由はもったいないからです。この理由は他の総菜やパンにもいえますが、賞味期限が近いものも並べられています。

そして6つ目の理由は工場直売店であることです。ヤタローグループの直販アウトレット店舗なので、仕分けや梱包、配送などのコストを削減することができます。その分安い値段で商品を提供することを可能としています。

こういった理由でヤタロー工場直売店では治一郎のバウムクーヘンを安い値段で購入することができます。上記で既述した理由に関しては店舗の方でも明記しているため、安い理由をお客さん自身で確認することができ、安心して商品を買うことができます。

治一郎のアウトレットバウムクーヘンの口コミ

最後に治一郎のバウムクーヘンについての口コミを見てみましょう。SNS上でも多くの口コミが存在しており、口コミから店舗を知った人や口コミから商品を知った人も多いです。

ネット上で多く見られる口コミは、やはり治一郎のバウムクーヘンのその驚きの食感です。1度食べると虜になってしまう治一郎のバウムクーヘンをぜひ味わってみましょう。

ヤタローグループ

治一郎のバウムクーヘンをアウトレットでお得に買おう!

治一郎のバウムクーヘンは正規の値段で買うと結構高額になってしまいますが、工場直売店のアウトレット店ではお得に買うことができます。口コミも多く人気の商品となっているので、遠方から買いに行く場合は入店整理券を貰って確実に変えるようにしておきましょう。

もちろん、治一郎のホームページや直営店でも商品を買うことができるので、遠方で行くのが難しい場合はネットで注文してみましょう。

Thumbバームクーヘンのカロリーは?コンビニのバームクーヘンはどれが太るか比較 | お食事ウェブマガジン「グルメノート」
Thumb北海道のバームクーヘンはお土産にも人気!おすすめ5選を紹介! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」
Thumb桔梗屋の信玄餅工場見学へ行こう!人気のアウトレット商品などを紹介 | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ