ライチの栄養と美味しいライチの見分け方!楊貴妃も愛した「ライチ」とは?

ライチは世界三大美女の楊貴妃にも愛された果物です。初夏から盛夏にかけて旬を迎えます。ライチには豊富な栄養成分が含まれています。摂取しにくい葉酸も豊富です。そんなライチの栄養成分や効果について紹介します。ライチは種類が豊富で日本市場では中国産や台湾産がほとんどですが、国産もあります。新鮮なライチには見分け方があります。美味しいライチの見分け方や生ライチの食べ方、保存方法や値段についても紹介します。

ライチの栄養と美味しいライチの見分け方!楊貴妃も愛した「ライチ」とは?のイメージ

目次

  1. 1ライチはあの楊貴妃も愛したフルーツ
  2. 2ライチについて
  3. 3ライチの種類と値段
  4. 4ライチの産地
  5. 5ライチの見分け方
  6. 6ライチの栄養と効果
  7. 7ライチの食べ方や保存方法
  8. 8ライチだけでなく生ライチも食べてみよう!

ライチはあの楊貴妃も愛したフルーツ

果物にも様々な種類がありますが、中国を代表する果物として有名なのがライチです。ライチは中国の福建省や広東省が原産地の果物です。甘みが強く、プリっとした食感が魅力の果物がライチです。ライチは栄養豊富な果物です。ライチの栄養成分や美味しいライチの見分け方について紹介します。

ライチの歴史は古く、紀元前から栽培されていたと伝わっています。世界三大美女として有名な歴史的人物である楊貴妃も愛してやまないというライチは楊貴妃の美しさを生み出した果物とされています。ライチの品種の一つである妃子笑はライチを食べてほほ笑む楊貴妃の姿から名付けられたと言われています。

ライチについて

中華料理のデザートなどで定番のライチの歴史は古く、紀元前から栽培されていた記録があります。熱帯の果物で見た目や味に独特の特徴があります。ライチは日本に渡ってきた当初は栽培ができませんでしたが、品種改良などを経て今では国産のライチも存在します。

特徴のある見た目

ライチは中国が原産地の果物です。中国ではライチとは呼ばずにレイシと呼ばれています。漢字では茘枝と書きます。ライチはムクロジ科の果物で、外見は球場でウロコのような皮に覆われているのが特徴です。中身の果肉は白色半透明です。

味や香り

ライチの香りは甘みと酸味の混ざりあった熱帯のトロピカルフルーツの香りが特徴です。つるんとした見た目はマスカットを食べているような食感です。柔らかの中にもほどよい固さがあり、独特の食感があります。みずみずしさもライチの特徴です。楊貴妃が愛したのも納得できる果物です。

旬の時期

ライチは熱帯の果物に属するため、温暖な気候を好みます。日本でもライチは栽培されています。旬の時期は6月から8月です。夏の時期に実り収穫されるのが旬のライチです。熱帯ではいつも温暖な気候であるため、旬の時期以外でも収穫が可能で、日本の市場には輸入品を含めて一年中店頭に並びます。

旬の時期に収穫されたライチは日持ちしないのが特徴です。そのため生で店頭に並ぶことは少なく、缶詰などの加工食品として販売されているケースが多いのが特徴です。

歴史

ライチの歴史はとても古く、原産地の中国では紀元前から栽培されていた記録が残っています。その後、東南アジアや日本などに広く栽培方法が広まっています。日本では江戸時代にライチの栽培方法が日本に渡来しています。しかし熱帯の気候で育つライチはうまく実りませんでした。

その後、日本の環境でもライチが栽培できるように品種改良がおこなわれ、今では九州など暖かい地方を中心にライチ栽培がおこなわれています。初夏に旬を迎え、ふるさと納税などの品にも利用されています。

ライチの種類と値段

ライチには様々な種類が存在します。原産地の中国だけでも100種類以上あります。玉荷包妃子笑黒葉などの代表的な種類の他、フロリダ産のライチであるブルースターや、南アフリカ産のモーリシャスなどの種類もあります。

玉荷包の特徴

玉荷包は代表的なライチです。中国や台湾などで栽培されている品種です。見分け方は外見の特徴で簡単にでいます。熟しても果皮が緑色のままで赤色に変わらないのが特徴です。台湾では5月下旬からわずか2週間程度しか収穫できないライチです。ライチの中でも高級品として扱われています。

黒葉の特徴

黒葉もライチの品種の一つです。中国の他、台湾でも生産されています。黒葉は日本のスーパーの店頭でもよく目にする品種です。台湾の黒葉は糖度も高く甘くジューシーであり、芳醇な香りが特徴です。15度を超える糖度を持っているためとにかく甘いライチです。

冷凍ライチやライチの値段を比較

旬の時期が初夏から盛夏であることに加えて保存期間が極端に短いライチは、時期によって市場での価格にも影響を与えます。生ライチは値段が高めです。スーパーなどで購入するときの値段は1粒50円から100円程度の値段です。

日本では加工食品や冷凍食品としてライチが販売されているケースが一般的です。保存期間を長くすることで販売期間も長くできます。冷凍ライチは生ライチより安い価格で入手できます。ただし味は生ライチにはかないません。ライチ本来の美味しさを味わうには生ライチがおすすめです。

ライチの産地

ライチの原産地は中国です。そこから世界中に広まっています。東南アジアやアメリカやメキシコなどでも栽培されています。そして日本でも栽培され、国産のライチも市場に流通しています。

台湾や中国

最も市場に出回っているのが中国や台湾のライチです。気候がライチ生産にちょうどよく、ライチらしい甘さや酸味が豊かなのが特徴です。日本の市場にも台湾産のライチが並ぶことが多くなっています。

台湾産は種が大きく果肉が少ない特徴があり、高級品は中国産がおすすめです。果肉が多いライチは食べ応えがあり、香りや食感を楽しむことができます。

メキシコ

中国から遠く離れたメキシコでもライチは生産されています。主に国内消費であるため日本で見かけることはあまりありませんが、通販などで入手することもできます。メキシコ産のライチは燻蒸処理をしていないのが特徴です。

虫対策としての燻蒸処理ですが虫があまりつかない為、メキシコ産はライチをそのまま輸入しています。メキシコ産のライチは燻蒸処理をしていない為きれいな赤色をしているのが特徴です。

国産もある

流通量はわずかに1%程度ですが国産のライチもあります。主に宮崎県で栽培されています。宮崎県の自治体の中にはふるさと納税でライチを提供しているケースもあります。国産の特徴は生ライチを提供できることです。輸送距離が短いため、フレッシュなライチを提供できるのが国産のメリットです。国産ライチの値段は輸入品より高めです。

ライチの見分け方

ライチの新鮮度の見分け方は外見から判断できる為比較的簡単です。皮の色やトゲの様子で判断できます。また原産地も中国産を選ぶのがベストです。

皮の色

ライチは劣化すると皮の色が黒ずむのが特徴です。そのため新鮮なライチの見分け方は皮の色が赤いものを選ぶことです。妃子笑は緑色の皮ですが、これも見分け方はきれいな緑色をしている事です。

トゲがしっかりしている

ライチの皮にトゲがあります。トゲはライチの新鮮度の見分け方にもなります。トゲが柔らかいものは劣化が進んでいる証拠です。トゲがしっかりとしているライチは中の果肉がみずみずしいのです。トゲを触ってみる見分け方がポイントです。

中国産

ライチの見分け方の一番簡単な方法は中国産を選ぶことです。台湾産は安く手に入りますが、種が大きい特徴があります。果肉の量がその分減ってしまいます。中国産は中まで果肉がしっかり詰まった上質なものが多いため、中国産のライチを見分け方にするのも方法です。

ライチの栄養と効果

ライチには豊富な栄養成分が含まれています。美容や健康に高い効果があります。普段の栄養不足はライチで補いましょう。

ビタミンCとポリフェノールで美肌効果

ライチ100gの中には、ビタミンCが36mg含まれています。ビタミンCは肌の活性化にはとても重要な栄養成分です。美肌効果が高い栄養成分です。ポリフェノールも豊富です。ポリフェノールは抗酸化作用に優れています。酸化防止は老化抑制に効果があり、アンチエイジングの効果をもたらします。

葉酸で貧血予防と冷えやむくみの改善

ライチ100mには、葉酸が100μg含まれています。葉酸は血液を作る働きを持っています。冷えやむくみにも効果があります。妊娠中には欠かせない栄養成分ですが、摂取が難しい栄養素でもあります。ライチを食べれば摂取しにくい葉酸も簡単に摂取できます。

ナイアシンで抗ストレス効果

ナイアシンエネルギー代謝に高い効果を持つ栄養成分です。水溶性ビタミンです。ナイアシンが不足するとストレス耐性が弱くなるなど精神面での影響も及ぼします。ナイアシンを摂取することで抗ストレス効果が高くなります。

ライチの食べ方や保存方法

ライチの食べ方は一般的に生で食べます。ライチを食べる際には種に気を付ける必要があります。皮の剥き方や食べ方、保存方法を紹介します。

生ライチの皮の剥き方

生ライチの皮の剥き方はとても簡単です。ナイフで皮に切れ目を入れ、そこから皮をはがせば完成です。ヘタから付け根にかけてナイフで切れ目を入れると剥きやすくなります。

ナイフがない場合には、ヘタを持って強く押すと、自然にライチの皮が剥けます。あとは手で皮を取るだけです。

生ライチはタネに気をつける

生ライチの食べ方はそのままかぶりついてはいけません。中に大きな種が入っているため注意が必要です。食べ方はひと口で食べずに少しづつ食べるか最初に種を取る食べ方がおすすめです。

保存方法

ライチは傷みやすい果物です。みずみずしさが命のライチは乾燥しないように保存します。密閉されたジップロックなどに入れて野菜室かチルドルームに入れて保存します。

ライチだけでなく生ライチも食べてみよう!

楊貴妃も愛したと言われるライチは、中国が原産地の果物です。程よい酸味と強い甘みが魅力的な果物です。種類も豊富で中には値段が1000円を超える高級品も存在します。

日本のライチは冷凍などが一般的ですが、ライチ本来の味を楽しむには生での食べ方がおすすめです。保存が短いなど注意点はありますが、栄養満点の本格的な生ライトを味わってみませんか?

Thumb夏が旬の果物/フルーツ特集!豊富な栄養や食べ方/効能について紹介! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」
Thumb春が旬の果物12選!特徴やおいしいフルーツの見分け方も解説! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」
Thumb朝フルーツはメリットだらけ!ダイエット効果とフルーツの選び方や食べ方について | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ