湯豆腐の献立に迷わない!おすすめ副菜メニューレシピを紹介!

冬になると鍋物を作るのが多くなると思います。中でも湯豆腐の献立は簡単にできるので助かりますよね。でも湯豆腐だけだと何か物足りないと感じることはありませんか?そんな時に役立つ湯豆腐に合う副菜献立メニューレシピを紹介します。

湯豆腐の献立に迷わない!おすすめ副菜メニューレシピを紹介!のイメージ

目次

  1. 1豆腐の種類
  2. 2豆腐の栄養は?
  3. 3湯豆腐の作り方
  4. 4湯豆腐に合うおすすめメニューは?
  5. 5湯豆腐の副菜:肉類のメニュー
  6. 6湯豆腐の副菜:魚介類のメニュー
  7. 7湯豆腐の副菜:野菜のメニュー
  8. 8湯豆腐の副菜:卵のメニュー
  9. 9湯豆腐の副菜:いも類のメニュー
  10. 10湯豆腐の副菜:きのこ類のメニュー
  11. 11湯豆腐の副菜:海藻類のメニュー
  12. 12副菜で色々アレンジ楽しもう!

豆腐の種類

豆腐の種類には絹ごし豆腐と木綿豆腐、充填豆腐、寄せ豆腐などがあります。木綿豆腐は豆乳に凝固剤を加え、一度固めたものをくずし、圧力を加えて水分を絞り出し、再び固めます。

絹ごし豆腐は、木綿豆腐よりも簡単な工程で濃い豆乳を使い、凝固剤を入れて固めるだけです。充填豆腐は豆乳を一旦冷やし凝固剤と一緒にパックに1丁ずつ容器に入れて密閉し加熱して凝固させます。寄せ豆腐は木綿豆腐を型に入れる前を器に持ったものです。
 

takezo_tofuさんの投稿
28436533 951427398354376 5277788523519279104 n

豆腐はくせが少なく、つるんとした食感でのどごしが良いので、お年寄りから子供まで喜ばれる食品です。離乳食にも使えるので便利です。料理に合わせて豆腐を変えると違いがわかって楽しいと思います。

豆腐の栄養は?

豆腐は、植物性たんぱく質が多く、エネルギーに変えてくれます。また女性ホルモンのエストロゲンに似た大豆イソフラボンが多いので自律神経をゆるやかに保ってくれます。女性の方は積極的に食べてもらいたいと思います。大豆イソフラボンの他には、脂質、炭水化物、食物繊維、マグネシウム、カリウム、カルシウムなど含まれていて人間の体にとって必要な栄養素がバランス良く入っている食品です。

湯豆腐の作り方

冬になると温かい鍋物を作ることが多くなると思います。中でも湯豆腐は簡単なので良く作られているのではないでしょうか。豆腐はあっさりとしていますが栄養価が抜群です。湯豆腐の作り方ですが、材料は絹ごし豆腐、昆布と水です。絹ごし豆腐を6等分にして、昆布は絞ったふきんで軽く汚れを取ります。鍋に昆布と水を入れて30分ほどそのまま置いておきます。絹ごし豆腐を入れて温めると出来上がりです。

 

出来上がった湯豆腐は、小ねぎやおろし生姜とポン酢やごまだれで食べると美味しいです。また湯豆腐の中に水菜など緑色の野菜を入れると色味が良くなり、食欲が増すのでおすすめです。

Thumb湯豆腐をレンジで簡単に作っちゃおう!人気のレシピやアレンジも紹介! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

湯豆腐に合うおすすめメニューは?

豆腐は栄養のバランスが良いものの、主食、主菜、副菜を基本に食事のバランスを良くするためには、献立のメニューに副菜を加えることが重要です。副菜の基本は、野菜、きのこ類、芋類、海藻類を使った料理でミネラルやビタミン、食物繊維が多く、骨が強くしたり、便通を良くするなど体の調子を良くします。

最近は、肉類、魚介類、卵を使ったものも副菜として食べられています。食品のバランスを考えた副菜のおすすめ献立メニューレシピを紹介します。

湯豆腐の副菜:肉類のメニュー

肉類は牛肉、豚肉、豚肉などがありますが、動物性のたんぱく質が多く、湯豆腐と一緒に食べることで植物性たんぱく質が取れて、バランスが良くなり、筋肉を強くし、髪や肌を綺麗に整えてくれます。

湯豆腐の副菜献立レシピ:牛すじ煮込み

sugi_ouさんの投稿
28751757 217584875649960 505112631028219904 n

牛すじ煮込みの材料は、牛すじ、ごぼう、人参、こんにゃく、干し椎茸、醤油、みりん、砂糖、サラダ油、水です。牛すじとこんにゃくは一口大に切ります。ごぼうと人参は皮を剝いて小さめの乱切りにします。干し椎茸は水で戻してそぎ切りにします。鍋にサラダ油を入れ、牛すじ、ごぼう、人参、こんにゃく、干し椎茸を炒めます。醤油、みりん、砂糖、水を入れて煮込むと出来上がりです。
 

湯豆腐の副菜献立レシピ:豚肉ときのこの炒め物

karokaro0521さんの投稿
22352192 349989718758849 2665242058612015104 n

豚バラ肉ときのこの炒め物の材料は、豚バラ肉、生椎茸、えのき、玉葱、醤油、みりん、砂糖、サラダ油です。豚バラ肉は3㎝幅に切ります。生椎茸は、石づきを切り落とし、細切りにします。えのきは根のところを切って、軽く手でほぐしておきます。玉葱は薄切りにします。フライパンにサラダ油を入れ、豚バラ肉、生椎茸、えのき、玉葱を入れて炒めます。材料に火が通ったら、醤油、みりん、砂糖を入れて味をつけます。

湯豆腐の副菜献立レシピ:鶏ささみフライ

b0724.hirokoさんの投稿
26870334 759043020960913 3364702359216193536 n

鶏ささみフライの材料は、鶏ささみ、卵、小麦粉、パン粉、塩、こしょう、サラダ油です。鶏ささみは筋を綺麗にはずします。塩、こしょうで味つけをして、小麦粉、卵、パン粉の順につけます。サラダ油を180℃に熱してパン粉の色が変わるまでじっくり揚げます。ソースやケチャップをつけて食べます。櫛形に切ったトマトや千切りのキャベツを加えると彩りも良く食欲が増します。

湯豆腐の副菜:魚介類のメニュー

魚介類には、鯖やさんまなどの青魚、鱈などの白身魚、蛸やイカの頭足類、えびや蟹の甲殻類、あさりやしじみなどの貝類がありますが、血液をさらさらにするDHA、EPA、骨を強くするカルシウム、疲労を回復させるタウリンが豊富に入っています。湯豆腐と一緒に食べることによって豆腐のビタミンEがカルシウムの吸収を良くするので骨粗鬆症を防ぐ効果があります。

湯豆腐の副菜献立レシピ:鯖の竜田揚げ

chie_hasuさんの投稿
17586707 139525179910628 725719799371399168 n

鯖の料理のおすすめは竜田揚げです。鯖をカラっと揚げると美味しいです。材料は、鯖、生姜、にんにく、醤油、みりん、砂糖、片栗粉、サラダ油です。生姜とにんにくはすりおろしてください。鯖は三枚おろしにして三等分に切ります。鯖をボールに入れて、生姜、にんにく、醤油、みりん、砂糖を入れて30分くらい漬け込みます。鯖に片栗粉をまぶして180℃の油で揚げて出来上がりです。
 

湯豆腐の副菜献立レシピ:ぶりの照り焼き

miwa_kazutoさんの投稿
21577243 131945620765280 8784835728241590272 n

ぶりの照り焼きの材料は、ぶり、生姜、醤油、みりん、酒、砂糖、水です。生姜は輪切りにします。フライパンで作ると比較的身がくずれません。フライパンに輪切りの生姜、醤油、みりん、砂糖、酒、水を入れて煮立たせます。ぶりを入れて煮ます。ぶりに照りが出たら出来上がりです。盛りつけの時に千切りした生姜をのせると見栄えが良くなるのでおすすめです。

湯豆腐の副菜献立レシピ:鮭のホイル焼き

tastycooking_amiさんの投稿
28753144 198585037400300 2636314083778887680 n

鮭のホイル焼きの材料は、塩鮭、しめじ、玉葱、人参、ピーマン、サラダ油、バター、醤油です。しめじは根のところを切り小分けにします。玉葱は薄切り、人参は細切り、ピーマンは種を取って細切りにします。アルミホイルにサラダ油を塗り、しめじ、玉葱、人参、ピーマンをバランス良く入れ、鮭とバターを置き、ホイルで包みます。オーブンやフライパン、魚焼きグリルで焼いて出来上がりです。
 

rasoraso0203さんの投稿
28753021 753313021528736 9105696302380875776 n

食べる時に醤油をかけます。その他にポン酢、ドレッシングなどかけてもさっぱりして美味しいです。ホイル焼きは、鮭以外でも鱈や鰆などの魚でも美味しくできます。野菜も色々な種類を入れると、いっぱい食べられるので野菜不足の方にはおすすめです。

湯豆腐の副菜:野菜のメニュー

湯豆腐の植物性たんぱく質と野菜の食物繊維を一緒に食べることで、便通が良くなりデドックスの効果が期待されます。胃腸の調子を良くするので野菜を一緒に取ることがおすすめです。
 

湯豆腐の副菜献立レシピ:なすの甘辛炒め

cocoro0902さんの投稿
22709393 141943496430401 1572553407292506112 n

なす炒めの材料は、なす、にんにく、唐辛子、サラダ油、醤油、みりん、砂糖です。とてもシンプルですが、なすの甘さをしっかり感じられる一品です。なすは乱切りして水につけておく。唐辛子は種を出して輪切りにします。にんにくは薄切りにします。フライパンを熱し、サラダ油、唐辛子、にんにくを入れ、香りが出てきたら、なすを炒めます。なすに火が通ったら、醤油、みりん、砂糖を入れて煮詰めると出来上がりです。
 

湯豆腐の副菜献立レシピ:きんぴらごぼう

atanu219さんの投稿
28753109 169982333804521 8510082890745249792 n

きんぴらごぼうの材料は、ごぼう、人参、ごま、サラダ油、醤油、みりん、砂糖です。ごぼうは、細切りにして水に入れてアクを抜いて下さい。人参も細切りにしておきます。フライパンか鍋を熱し、サラダ油を入れ、ごぼうと人参を炒めます。醤油、みりん、砂糖を入れて煮詰めます。お皿に盛りつけてごまをかけます。ごまは黒ごま、白ごまどちらでも良いです。辛いのが好きな方は輪切りにした唐辛子を入れるのもおすすめです。

湯豆腐の副菜献立レシピ:ほうれん草のツナマヨ和え

cooking1472さんの投稿
24178006 172946353299537 1456207914384490496 n

ほうれん草は鉄分が豊富です。ほうれん草のツナ和えの材料は、ほうれん草、ツナ缶、醤油、マヨネーズです。ほうれん草は熱湯でさっとゆでて水気をしっかり切って、根を切り、3cm幅に切ります。ツナ缶に醤油、マヨネーズを入れて混ぜ、ほうれん草を和えて出来上がりです。醤油は隠し味程度で良いです。ほうれん草のツナ和えは、マヨネーズ味なのでほうれん草が苦手な子供にも食べてもらえると思います。

湯豆腐の副菜:卵のメニュー

卵は動物性たんぱく質が多く、メチオニンとコリン、レシチンが含まれています。メチオニンとコリンは抗酸化作用があるので動脈硬化や高血圧などを予防する効果があります。レシチンは油を溶かすのでコレステロールを減らす働きがあります。湯豆腐と一緒に食べると血栓などを防ぐため脳の老化防止になります。最近は、葉酸入り、ビタミンE入りなど付加価値をつけて販売されている卵があります。他の病気の予防にも期待できます。

湯豆腐の副菜献立レシピ:にらの卵とじ

higahakuさんの投稿
28433479 131749510982191 8808753529234653184 n

にらは疲労回復や免疫力を高めてくれる効果があります。にらの卵とじの材料は、にら、卵、めんつゆ、水です。とても簡単なのですぐ作れます。鍋に水とめんつゆを入れます。一煮立ちさせて、にらを入れ、火が通ったら、溶いた卵を入れて固まったら出来上がりです。卵が半熟だと、とろっとしていて美味しいです。ちくわなどの練り物を入れるとボリュームが出るのでおすすめです。

湯豆腐の副菜献立レシピ:かに玉風

y.oqlsさんの投稿
28430665 429750810811502 1957258051811540992 n

かに玉風は、かにかまぼこを使います。材料は、かにかまぼこ、生椎茸、卵、グリンピース缶、醤油、みりん、砂糖、片栗粉、お酢、サラダ油、水です。かにかまぼこは手で裂いておきます。生椎茸は千切り、卵は溶きほぐしておいてください。グリンピースは缶から出して水気を切っておきます。フライパンを熱して、サラダ油を入れ、かにかまぼこと生椎茸を炒める。火が通ったら卵を入れて両面焼きます。卵焼きはお皿に置きます。

maxouetniniさんの投稿
27576920 431366423988759 607826056652521472 n

フライパンに水、醤油、みりん,砂糖、お酢を加え、一煮立ちさせる。片栗粉に水を入れ溶いて、フライパンに入れます。とろみがついたら、卵焼きの上からかけます。最後にグリンピースをのせて出来上がりです。

湯豆腐の副菜献立レシピ:茶碗蒸し

rugby.yakuzenさんの投稿
28763620 198255964104608 6107339466509123584 n

茶碗蒸しの材料は、えび、鶏もも肉、干し椎茸、ぎんなんまたは栗、三つ葉、卵、だし汁、薄口醤油、みりん、塩です。えびは殻を剝く。鶏モモ肉はそぎ切りにする。干し椎茸は水で戻し、千切りにする。三つ葉は3cmほどに切る。卵を割りほぐし、だし汁と薄口醤油、みりん、塩を入れて卵液を作る。具材を容器に入れ、卵液を入れる。蒸し器や鍋に容器を入れ、蒸して出来上がりです。

ebisutanumiさんの投稿
28753740 510274276035228 8708310144150142976 n

だし汁は昆布と鰹節で作るか、だしの素を使うと便利なのでおすすめです。だし汁は熱いうちに入れてしまうと卵が固まってしまうので冷めてから入れます。卵液は器に入れる前にこし器でこしてください。

湯豆腐の副菜:いも類のメニュー

いも類には、じゃがいもやさつまいも、長いもなど比較的安価で手に入るものが多いので献立には多く使われていると思います。いも類はビタミンCが多いです。人間の体内はビタミンCを作ることができないので積極的に食べてもらいたいです。湯豆腐と一緒に食べると吸収が良くなります。また、ビタミンCと豆腐の植物性たんぱく質はコラーゲンを作るため、肌の調子が良くなり、筋肉を強くします。

湯豆腐の副菜献立レシピ:肉じゃが

mipopotamasさんの投稿
28764835 220422725368643 543575832690425856 n

材料は、牛モモ肉、じゃがいも、人参、玉葱、しらたき、醤油、みりん、砂糖、サラダ油です。牛もも肉は3cm幅に切ります。じゃがいもと人参は乱切り、玉葱は千切りします。鍋にサラダ油を入れ、牛モモ肉、じゃがいも、人参、玉葱、しらたきを入れて炒めます。水、醤油、みりん、砂糖を入れて落としぶたをして煮ると出来上がりです。お肉は豚肉でもおいしく作れます。
 

湯豆腐の副菜献立レシピ:ポテトサラダ

toshiya.shさんの投稿
28155228 2034574730123037 3676404040150810624 n

ポテトサラダは色々な材料を使うと味が深くなり美味しいです。ポテトサラダの材料は、じゃがいも、人参、きゅうり、ロースハム、卵、ツナ、マヨネーズ、塩、こしょうです。じゃがいもと人参は皮を剝き、じゃがいもは、さいの目切りにしてゆでる。人参もいちょう切りにしてゆでる。きゅうりはへたを取って薄い輪切りにします。ロースハムは千切りにします。卵はゆで卵にします。ツナは水気を切っておきます。
 

zawamatsugramさんの投稿
28753164 223106415096747 6417125072338681856 n

じゃがいもがゆで上がったら、熱いうちにつぶします。人参、きゅうり、ロースハム、ゆで卵、ツナ、マヨネーズ、塩、こしょうを入れて、混ぜ合わせたら出来上がりです。ポテトサラダは色々な具を入れると美味しくなるのでおすすめです。

湯豆腐の副菜献立レシピ:さつまいもの天ぷら

marimax912さんの投稿
28433722 562217017497747 4871789478391316480 n

さつまいもの天ぷらの材料は、さつまいも、天ぷら粉、サラダ油です。さつまいもは1cmほどの輪切りにして、水にさらします。天ぷら粉に水を入れ混ぜる。フライ鍋にサラダ油を入れて160℃に熱する。さつまいもの水気を切り、天ぷら粉に入れて揚げて出来上がりです。油の温度はさつまいもの中まで火を通すため低めにするのがおすすめです。

湯豆腐の副菜:きのこ類のメニュー

きのこはビタミンDと食物繊維が豊富です。ビタミンDは筋肉増強の効果があり、筋肉を元気にする力があります。またカルシウムの吸収を助けるので骨粗鬆症の予防になります。食物繊維は便通を良くしますが、コレステロールを下げる効果もあります。動脈硬化や高血圧の予防になります。湯豆腐は腸の活動を良くする効果があるため、きのこと一緒に食べると便通が良くなります。

湯豆腐の副菜献立レシピ:きのこのソテー

cookcook0808さんの投稿
22708658 1995220764056928 2628401822011752448 n

きのこのソテーの材料はしめじ、生椎茸、バター、塩、こしょうです。フライパンにバターを入れて半分溶けたときにしめじと生椎茸を入れる。しめじと生椎茸に火が通ったら塩、こしょうを入れて出来上がりです。そのまま食べても美味しいですが、お肉やお魚の料理の上にかけて食べたり、付け合わせにしても良いです。きのこのソテーは、色々なきのこを使うと味わいが深くなり美味しくなります。

湯豆腐の副菜献立レシピ:エリンギのチーズ焼き

aya_with.rtmさんの投稿
21041797 270790340086359 5692553803056807936 n

シャキシャキの食感がたまらないエリンギ。抜群の相性のチーズを合わせるのがおすすめです。エリンギのチーズ焼きの材料は、エリンギ、チーズ、サラダ油、塩、こしょうです。フライパンを熱し、油を入れてエリンギを炒める。塩、こしょうで味つけをします。最後にチーズを入れて蓋をしてチーズが溶けたら出来上がりです。トロトロのチーズが美味いしく仕上がります。

湯豆腐の副菜献立レシピ:しいたけの肉詰め

miwaring4さんの投稿
26871386 218894562008929 2777075396317806592 n

しいたけの肉詰めの材料は、生椎茸、豚挽肉、玉葱、卵、パン粉、塩、こしょう、醤油、みりん、砂糖、サラダ油,片栗粉です。生椎茸は石づきを取ります。玉葱はみじん切りにします。豚挽肉に玉葱、卵、パン粉、塩、こしょうを入れて混ぜます。生椎茸の内側に片栗粉を振り、豚肉を詰める。フライパンにサラダ油を入れ、生椎茸を焼きます。火が通ったら、醤油、みりん、砂糖を入れ煮詰めて出来上がりです。

湯豆腐の副菜:海藻類のメニュー

海藻類には、マグネシウムやミネラル、ビタミンAなどが含まれています。マグネシウムは豆腐のカルシウムの吸収を良くします。ひじきなどはミネラルは単体で吸収しづらいため、湯豆腐と一緒に食べることで吸収が高まります。
 

湯豆腐の副菜献立レシピ:ひじきと人参の煮物

etsuzo82さんの投稿
22580285 268801466976021 1287110537930342400 n

ひじきと人参の煮物の材料は、ひじき、人参、サラダ油、醤油、みりん、砂糖、水です。ひじきは水で戻します。人参は細切りにします。鍋に油を入れて、ひじきと人参を炒めます。水を入れ、醤油、みりん、砂糖を入れて煮ると出来上がりです。ちくわなどの練り製品を入れるとボリュームが出るのでおすすめです。ひじきは芽ひじきと長ひじきがありますがどちらでも美味しいです。

湯豆腐の副菜献立レシピ:わかめとたこの酢の物

nomifuさんの投稿
27890916 2010225979191365 5277302423415685120 n

わかめとたこの酢の物の材料は、乾燥わかめ、たこ、醤油、食酢、砂糖です。乾燥わかめは水で戻す。たこはぶつ切りにします。醤油、食酢、砂糖を混ぜて、わかめとたこを入れ和えて出来上がりです。

湯豆腐の副菜献立レシピ:海藻サラダ

karasawaemiさんの投稿
27574043 1626162060784961 8817303658069753856 n

海藻サラダの材料は、レタス、乾燥わかめ、春雨、大葉、醤油、砂糖、お酢、塩、こしょうです。乾燥わかめは水で戻す。春雨はゆでて水気を切る。大葉は千切りにする。大葉、醤油、砂糖、お酢、塩、こしょうを混ぜてドレッシングを作る。わかめと春雨を混ぜ、ドレッシングで和えて出来上がりです。

副菜で色々アレンジ楽しもう!

kinoya_shikokuさんの投稿
28436548 175206846458643 4308348416934543360 n

湯豆腐には色々な食材を使った副菜がおすすめです。献立を考えるのは大変ですが、ご紹介したレシピを参考にしていただけたらと思います。副菜は色々考えながら作ると楽しいので挑戦してもらいたいです。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ