味噌ラーメンのスープの簡単レシピ!アレンジや余りの使い方も紹介!

味噌ラーメンのスープを作ったことはありますか?味噌ラーメンのスープは、実は家庭でも簡単に作ることができます。簡単なレシピから本格的なレシピまで、様々なレシピが公開されています。この記事では、味噌ラーメンのスープのレシピについてまとめています。味噌ラーメンのスープを使った簡単なアレンジレシピについてもまとめているので、自宅で味噌ラーメンを作ってみたい方はぜひチェックしてみてください。

味噌ラーメンのスープの簡単レシピ!アレンジや余りの使い方も紹介!のイメージ

目次

  1. 1味噌ラーメンのスープレシピが知りたい!
  2. 2味噌ラーメンの基本のレシピ
  3. 3味噌ラーメンのスープ簡単レシピ
  4. 4味噌ラーメンのスープでアレンジレシピ
  5. 5味噌ラーメンのスープレシピを作ってみよう!

味噌ラーメンのスープレシピが知りたい!

味噌ラーメンのスープを作ったことはありますか?味噌ラーメンのスープは、家庭でも作ることができます。家庭でも簡単に作れるレシピから、味噌ラーメン好きの為の手の込んだ本格的なレシピまで、様々なものが公開されています。この記事では、味噌ラーメンのスープのレシピと、スープを使ったアレンジレシピについてまとめています。自宅で味噌ラーメンを作ってみたい方は、ぜひチェックしてみてください。

味噌ラーメンの基本のレシピ

まず、味噌ラーメンの基本のレシピを紹介します。本格的に作りたい場合は寸動鍋などの大きな鍋でダシを取る必要がありますが、簡単なレシピであれば鶏ガラスープの素など、中華スープの素で作ることができます。手軽に作れる基本的なレシピについてまとめているので、初心者の方でも挑戦しやすいです。

味噌ラーメンのスープのレシピ

基本の味噌ラーメンのスープは、鶏ガラなどから取ったダシに味噌だれを合わせたものです。他のラーメンはダシとスープの種類に応じたたれを合わせて麺を入れて完成ですが、味噌ラーメンのスープは少し作り方が違います。多くのお店では、味噌ラーメンは野菜を炒めたものにダシと味噌を入れて煮込んで作っています。これにより、味噌ラーメンのスープには深いコクが生まれます。

味噌ラーメンのスープの材料は、豚ひき肉100グラム、ごま油大匙2分の1杯、チューブのおろし生姜を1センチ、チューブのおろしニンニクを1センチ、味噌を大匙3杯、長ネギを10センチ、豆板醤を小匙1杯、水を700㏄、鶏がらスープの素を大匙3杯、めんつゆを大匙1杯、塩を小匙2分の1杯、砂糖を小匙2杯、ラー油を小匙2分の1杯、コショウを適量、ごまを適量です。

まず、長ネギを縦に割って刻みます。鍋に豚ひき肉とごま油、おろし生姜、おろしニンニク、味噌、長ネギ、豆板醤を入れて炒めます。炒め終わったら水と鶏がらスープ、めんつゆ、塩、砂糖、ラー油、コショウ、ごまを入れて沸騰させて5分ほど煮込めば味噌ラーメンのスープの出来上がりです。ひき肉はしっかり炒めるとスープにコクが出ます。

味噌ラーメンを美味しく作るコツ

味噌ラーメンのスープは、他のラーメンのスープとは作り方が少し違います。他のラーメンは鶏ガラなどからダシを取って、そのスープに醤油味や塩味のタレを合わせて作っています。それに対し、味噌ラーメンのスープは野菜を炒めてからダシと味噌を入れて煮込んで作られることが多いです。ダシと野菜、味噌を煮込むことでスープにコクが出ます。

家庭で味噌ラーメンのスープを作る場合も、スープの材料は全て合わせて煮るレシピが多いです。簡単な材料でも、煮込むことでお店のスープのようなコクが生まれます。また、家庭で作る簡単な味噌ラーメンのレシピの多くはひき肉を使います。ひき肉を炒めた時の脂とうま味のおかげで、家庭でも簡単にコクのあるスープを作ることができるからです。

味噌ラーメンのスープ簡単レシピ

ここで、家庭でも簡単に作れる味噌ラーメンのスープのレシピを紹介します。スーパーでも手に入る材料で作っているので、初心者でも挑戦しやすいレシピになっています。

お店の味を自宅で再現「味噌バターラーメン」

味噌ラーメンにバターをトッピングするアレンジは、定番中の定番です。コク深い味噌ラーメンにバターを乗せることで、よりコク深い味わいが生まれます。少し辛い味噌ラーメンのスープもマイルドになるので、味噌ラーメンを作る際はぜひバターをトッピングしてみてください。

材料は、ごま油を小匙1杯、すりおろしニンニクを大匙1杯、すりおろし生姜を大匙1杯、豆板醤を小匙2分の1杯、鶏ひき肉を100グラム、味噌を大匙4杯、鶏がらスープの素を大匙1杯、めんつゆを大匙1杯、塩を小匙2分の1杯、砂糖を大匙1.5杯、酒を大匙1杯、白すりごまを大匙1杯、お湯を900㏄、こしょうを適量です。

鍋にごま油を敷いて、ニンニクと生姜、豆板醤を炒めて香りを出します。香りが出てきたら鶏ひき肉を入れてそぼろ状になるように炒め、味噌を入れて更に炒めます。そこに水と鶏がらスープの素、めんつゆ、塩、砂糖、酒、白すりごま、こしょうを入れて煮込めば、スープの完成です。お好みの麺を茹でて、野菜などの具材とバターをトッピングしましょう。

お湯で溶かすだけで出来る「簡単味噌ラーメンスープ」

味噌ラーメンのスープの素さえ作ってしまえば、お湯で溶かすだけですぐに味噌ラーメンを楽しむことができます。中華麺が安い時に買っておけば、簡単なスープで手軽にラーメンを楽しむことができます。調味料を合わせて溶かすだけでできる味噌ラーメンのレシピは、ぜひとも覚えておきましょう。

材料は、味噌を小匙2杯、めんつゆを大匙1杯、鶏がらスープの素を小匙1杯、砂糖を小さじ4分の1杯、チューブのすりおろし生姜を小さじ4分の1杯、チューブのすりおろしニンニクを小さじ4分の1杯、ラー油を少々、お湯を200㏄です。辛い物が苦手であれば、ラー油の代わりに同量のごま油を使いましょう。

作り方ですが、お湯以外の材料を全てどんぶりに入れてよく混ぜ合わせます。そこにお湯を少しずつ入れて溶かせば、味噌ラーメンのスープの出来上がりです。茹でた麺をそこに入れて、コーンなどお好みの具材をトッピングすれば、味噌ラーメンの出来上がりです。非常に手軽にできるレシピなので、ぜひ挑戦してみてください。

アレンジ色々「味噌ラーメンの素」

味噌ラーメンの素は、味噌ラーメンのスープだけでなく、様々なアレンジが利く便利な合わせ調味料です。お湯で溶かすだけで味噌ラーメンのスープになる上に、酒や砂糖で伸ばせば甘辛い味噌だれにもなるので焼きナスなどにも合わせられます。ある程度保存もできるので、味噌ラーメンの素はぜひ作っておきましょう。

材料は、酒を大匙3杯、めんつゆを大匙2杯、ウェイパーを大匙1.5杯、おろしショウガを小匙1.5杯、おろしニンニクを小匙1.5杯、豆板醤を小匙2杯、味噌を280グラムです。味噌は1種類でも作れますが、合わせ味噌を160グラム、赤味噌を120グラムの割合で作るとより美味しくなります。

まず、鍋に全ての材料を入れて火にかけます。ゴムべらなどで混ぜ合わせ、全体が馴染んだら出来上がりです。鶏がらスープ400㏄と牛乳100㏄を合わせたスープで溶かせば、本格的でまろやかな味噌ラーメンのスープの出来上がりです。味噌ラーメンのスープ以外にもアレンジができるので、ぜひ作ってみてください。

簡単手作り「本格味噌ラーメン」

家庭で作る味噌ラーメンのスープの基本は、ひき肉と味噌と鶏がらスープの素です。この3点さえ押さえておけば、味噌ラーメンのスープはとても簡単に作れるようになります。味噌の種類などを変えることで味噌ラーメンのスープの味も変わるので、ぜひ色々な味噌で作ってみてください。

材料は、豚ひき肉を100グラム、チューブのおろし生姜を小匙1杯、チューブのおろしニンニクを小匙1杯、合わせ味噌を大匙3杯、豆板醤を小匙1杯、酒を大匙1杯、砂糖を大匙1杯、醤油を大匙2分の1杯、鶏がらスープの素を大匙1杯、水を900㏄です。豆板醤は無くても構いませんが、あった方が味が引き締まって美味しくなります。

まず、鍋に油を熱してひき肉と生姜、ニンニクを炒めます。そこに味噌と豆板醤を入れて、香りが出るまで炒めましょう。香りが出たら酒と砂糖、醤油、鶏がらスープの素、水を加えて沸騰させ、煮立たせれば味噌ラーメンのスープの出来上がりです。茹でた麺と好みの具材をトッピングすれば、本格的な味噌ラーメンの出来上がりです。

キムチでピリ辛「キムチ味噌ラーメン」

市販のキムチと味噌を合わせることで、簡単にキムチ味噌ラーメンを作ることができます。キムチは色々な野菜が入っている上に発酵食品なのでうま味も豊富なので、簡単にコクのあるスープに仕上がります。

材料は、キムチを100グラム、水を600㏄、味噌を大匙4杯、ごま油を大匙1杯、オイスターソースを大匙1杯、塩を小匙2分の1杯です。お好みの具材を用意してトッピングすれば、より美味しくなります。

まず、鍋に水とキムチ、調味料を入れて火にかけます。沸騰したら少し煮込んで、スープの出来上がりです。茹でた中華麺を器に盛りつけてスープを注ぎ、お好みの具材をトッピングしましょう。仕上げにごま油を少し回しかけると、より香りが出て美味しくなります。

鶏がらを使った本格派「自家製味噌ラーメン」

鶏がらスープの素を使ったお手軽レシピで満足できなくなった頃に挑戦したいのが、本物の鶏がらを使った自家製ラーメンです。最近では鶏がらは通販などで購入できるので、ラーメン作りに慣れて来たらぜひ一度挑戦してみてください。

材料は、鶏がらを一羽分、昆布とかつお節を5グラム、ネギの青い部分、生姜とニンニクを1かけ、野菜くずを適量です。昆布とかつお節を水に浸けて、一晩置いておきましょう。鶏がらスープが蒸発した時につぎ足す為のダシなので、多めに作っておきましょう。鶏がらの下処理ですが、1時間水に浸けてから内臓を取り除き、沸騰したお湯に入れて1分ほどアク抜きをしましょう。

下処理をした鶏がらとネギ、生姜、ニンニク、野菜くずを入れて弱火で煮込みましょう。アク取りをしながら、蒸発した分をかつおと昆布のダシでつぎ足しながら煮込みます。5時間以上煮込んで、煮込み終える30分前に残ったかつおと昆布のダシを全て入れて、スープの完成です。すりおろし生姜とニンニク、味噌、豆板醤を合わせて作った味噌ダレとスープを合わせれば、味噌ラーメンのスープの出来上がりです。

味噌ラーメンのスープでアレンジレシピ

ここで、味噌ラーメンのスープを使ったアレンジレシピを紹介します。せっかく美味しく作ったのだから、アレンジして残さずスープを味わいましょう。簡単なアレンジばかりなので、ラーメンのスープを飲み干せない方はぜひ試してみてください。

節約も出来る「残ったスープでパラパラ炒飯」

ラーメンのお供と言えばチャーハンです。余ったスープをアレンジして使えば、ラーメンを作った翌日にも美味しいチャーハンを食べることができます。せっかく家庭で美味しいラーメンスープを作ったのだから、アレンジして最後まで楽しみましょう。

材料は、玉ねぎを2分の1個、ニンジンを2分の1個、ピーマンを1個、ソーセージを2本、ご飯を1合、酒を大匙2分の1杯、卵を1個、塩コショウを適量、ラーメンスープの残りを大匙5杯程です。玉ねぎとニンジン、ピーマンはあらかじめみじん切りにしておきましょう。ソーセージは輪切りにしておいてください。

まず、ご飯に酒を混ぜましょう。油を敷いたフライパンにみじん切りにした玉ねぎを入れて炒めましょう。玉ねぎがしんなりとしたらニンジンとピーマンを入れて更に炒めます。炒めた野菜をフライパンの隅に厚め、空いたスペースに溶き卵とご飯を入れ、ご飯に卵が絡むように炒めましょう。ご飯がパラパラになったらソーセージと塩コショウ、ラーメンのスープを入れて味付けして出来上がりです。

しめに食べたい「ラーメンスープでチーズリゾット」

このレシピは、サッポロ一番のCMで話題になったアレンジレシピです。サッポロ一番はもちろん、それ以外の味噌ラーメンでも美味しく作れるので、味噌ラーメンのスープが余ったらぜひアレンジして食べてみてください。

材料は、余った味噌ラーメンのスープを100㏄、ご飯を100グラム、とろけるチーズを20グラム、パセリを適量です。パセリは無くても構いませんが、あった方が見た目が華やかになるのでおすすめです。

電子レンジで作る場合は、スープとご飯を同じ器に入れてチーズを乗せましょう。ラップをかけず600ワットの電子レンジで2分温めて、チーズが溶ければ出来上がりです。鍋で作る場合は、鍋にスープとご飯を入れて温めましょう。温まったらチーズを入れて全体を軽くかき混ぜ、器に盛りつけてパセリを散らして出来上がりです。

簡単で美味しい「洋風味噌ラーメンスープおじや」

ラーメンを食べ終わったスープにご飯を入れるアレンジは王道ですが、そこにチーズを入れて煮立たせるだけでとても美味しい洋風おじやの出来上がりです。ラーメンを食べ終わったシメに作ることもできる手軽なアレンジレシピなので、ラーメンスープを余らせてしまう、飲み干せないと言う方もぜひ作ってみてください。

材料は、余った味噌ラーメンのスープを適量、スライスチーズを3枚、ネギを適量、ご飯を茶碗2杯分です。おじやにすると水分を吸ってご飯がかなり増えるので、ご飯の量は調節して作りましょう。ネギはあらかじめ小口切りにしておいて、トッピングできるような状態にしておきましょう。

まず、鍋にご飯とラーメンスープを入れて混ぜます。鍋を火にかけ、ぐつぐつするまで煮込みましょう。火加減は中火で、ご飯を焦がさないよう時々かき混ぜてください。チーズを入れて蓋をして、少し待ちましょう。チーズがとろけたら器に盛りつけて、ネギをトッピングして出来上がりです。お好みでブラックペッパーを振ると、味が引き締まってより美味しくなります。

味噌ラーメンのスープレシピを作ってみよう!

いかがでしたか?味噌ラーメンは、コクのあるスープで人気のラーメンです。本格的なスープを家庭で作るのは手間も時間もかかりますが、鶏がらスープの素を使えば自宅でも簡単にコク深いスープを作ることができます。味噌ラーメンだけでなく、スープを活用したアレンジレシピもあるので、ぜひ一度味噌ラーメンのスープを自作してみてください。

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ