コストコプリペイドカード入店!非会員におすすめ?メリット・デメリットは?

コストコのプリペイドカードはチャージ式電子カードで2015年に始めたサービスです。コストコ非会員でも使うことができ、入店もすることができます。今回は「プリペイドカードのメリット・デメリット、おすすめしたい方法」を紹介します。

コストコプリペイドカード入店!非会員におすすめ?メリット・デメリットは?のイメージ

目次

  1. 1コストコとは?
  2. 2コストコ・プリペイドカードとは?
  3. 3コストコ非会員が入店するためにやること
  4. 4コストコ・プリペイドカードのメリット
  5. 5コストコ・プリペイドカードの良い口コミ
  6. 6コストコ・プリペイドカードのデメリット
  7. 7コストコ・プリペイドカードの悪い口コミ
  8. 8コストコ・プリペイドカードの注意点
  9. 9コストコ会員になるには!
  10. 10プリペイドカードを上手に使用してコストコで楽しく買い物しよう!

コストコとは?

アメリカ生まれのコストコ

コストコはアメリカで生まれた倉庫型のショッピングセンターです。はじめてコストコを見た方はあまりの倉庫の大きさに驚くかもしれません。生鮮食品、日用品、電子機器、フードコートなどコストコに行けば生活に必要なものがすべて揃ってしまいます。倉庫外にはガソリンスタンドも併設されています。コストコのガソリンスタンドは、値段がとても安いガソリンスタンドで有名です。

日本には27店舗ある

北米ではアメリカをはじめカナダ・メキシコ、アジアでは韓国・日本・台湾、ヨーロッパにも展開しています。日本では北は札幌から南は九州まで27店舗あります。店舗によっては、ガソリンスタンドが併設せれていないところもあるので、お近くのコストコに行く前には、コストコホームページでガソリンスタンドがあるかどうかチェックしてください。

コストコ・プリペイドカードとは?

会計が楽なプリペイドカード

いままでコストコの支払い方法は、現金かギフト券、クレジットカードでの支払いでしたが、プリペイドカードができたことによって現金支払いがなくなったので会計の時間が削減できて、楽に買い物ができるようになりました。プリペイドカードには5000円と10000円の2種類あります。5000円が青厚紙、10000円が赤厚紙でレジ前に置いてあります。

非会員がコストコ・プリペイドカードを入手する方法

コストコ会員でないとコストコには入店できませんので、非会員の方はコストコ会員の方からプリペイドカードをもらうしか方法がありません。それ以外の方法だと、ヤフオクのようなオークションサイトに行けば購入できますが、入手元が定かでないプリペイドカードは使えない可能性があります。コストコではプリペイドカードの転売は禁止しており規制も厳しいのでおすすめできません。ぜひ会員さんからプリペイドカードを手に入れましょう。

コストコ非会員が入店するためにやること

「プリペイドカードも手に入れたし、早速コストコに行こう!」とコストコに入店しようとしても、プリペイドカードだけでは入店できません。「1日特別ご招待券の発行をしなければ入店できません」とプリペイドカードの裏側に書いています。

1日ショッピングパスの発行が必要!

コストコ非会員の方はプリペイドカードをもらってコストコに入店しようとしてもできません。非会員の方がコストコに入店するには「1日ショッピングパス」を発行する必要があります。

1日ショッピングパスの作り方

1日ショッピングパスを作るにはコストコのメンバーシップカウンターに行き、プリペイドカードを見せて1日ショッピングパスの引換券をもらいます。その際に必要なものは身分証明書、名前・住所・電話番号を記入した1日ショッピングパス引換券です。この2つを提出すると、会員番号が発行されて晴れて入店することができます!

1日ショッピングは友達も誘って行こう!

コストコの1日ショッピングパスは、18歳以上の大人3人までなら一緒に入店できるメリットがあります!コストコには業務用のサイズの商品が安く売っています!しかし1人では使いきれないような商品もあるので、商品を友達とシェアすることができるのでおすすめです!さらにお子さんがいらっしゃるご家庭であれば、子供は何人でも入店ができます。

非会員がプリペイドカードを使うときの注意点①

非会員の方がコストコに入店するためには「1日ショッピングパスの発行」が必要ですが、買い物をした際5%の追加料金がかかってしまうデメリットがあります!コストコ会員になると、そのときにかかった5%は返ってきますが、会員になる予定がない方には5%追加料金はデメリットです。

非会員がプリペイドカードを使うときの注意点②

非会員の方が買い物している最中に「お金足りないからチャージしよう」と思っても非会員の方はチャージができないので、注意してください。そして1日ショッピングパスは一度使ってしまうと、もう発行できません。プリペイドカードにお金を残したままにするとお金が入ったままになってしまうので、1日ショッピングパスを使ったあとにコストコ会員になる予定がない方は必ずプリペイドカード内のお金を使い切りましょう!

コストコ・プリペイドカードのメリット

メリット①ギフトとして使える!

贈答品として使えるので、コストコにまだ行ったことのない友達にプレゼントすると喜ばれるのでおすすめです。しかし自分がプリペイドカードを使っていて、残高が0円のままプレゼントをしても非会員の方はカードを使えず何もメリットがないので、誰かにプリペイドカードをプレゼントする場合は、必ずチャージをしてから渡しましょう!

メリット②ガソリンスタンドで使える!

プリペイドカードができるまでは、コストコのガソリンスタンドを使いたい場合に現金支払いができず、コストコが指定するクレジットカードでしか支払いができないデメリットがありました。しかしプリペイドカードができたことによってわざわざクレジットカードを作らなくてもコストコのガソリンスタンドが使えるようになりました。

メリット③10万円までチャージ可能!

コストコのプリペイドカードは1000円からチャージができます。一回のチャージは49000円までです。コストコにはお得な商品がたくさんあるのでついつい1万円以上の買い物をしてしまうというお客さんでも、プリペイドカードは最大10万円までチャージができるので大きな買い物をしても安心です!

チャージの方法はコストコ倉庫内のプリペイド専用端末入金・確認ができます。コストコホームページでも入金・確認ができるので、コストコに頻繁に行かないけど残金確認したい人はWebがおすすめです。

コストコ・プリペイドカードの良い口コミ

レシートは取っておく

クレジットカードを作らなくても、プリペイドカードでガソリンスタンドを使えるようになり、便利になりました。そしてガソリンを入れたあとにレシートは取っておきましょう。メリットとしてクーポン券が付いてくる場合があるので、必ずレシートチェックしておきましょう。

タイヤ交換でプリペイドカードが買える!

コストコ会員のみですが、コストコではタイヤセンターがあり、タイヤ交換ができます。扱っているタイヤはブリジストン・ミシュラン・ヨコハマタイヤです。持ち込みで他社のタイヤで交換することも可能です。条件を満たせばタイヤ交換だけでプリペイドカードの交換券をもらうことができます。

コストコ・プリペイドカードのデメリット

デメリット①1つのプリペイドカードにお金を統合できない

プリペイドカードは倉庫内では2枚まで発行することが可能なので、このプリペイドカードは倉庫内用に使って、もう一枚はガソリンスタンド用で使うということができます。使い分けができてすごく便利ですが、もし一枚のカードで十分でプリペイドカードに残っているお金を一枚に統合しようとしてももできないので、プリペイドカードを1枚にする前にはこれから使わないカードの残金を空にしてからにしましょう。

デメリット②フードコートで使えない

プリペイドカードはフードコートでの支払いができません。フードコートに行く際は、現金を持って行くか、クレジットカードを持参して行きましょう。金券購入・配送料もプリペイドカードで支払いできないので注意しましょう。

コストコ・プリペイドカードの悪い口コミ

プリペイドカードは一定期間過ぎると失効する!

コストコプリペイドカードには少し怖いデメリットがあります!プリペイドカードを使用した次の日から一年間使用していないと失効します!一度失効してしまうと残金がたとえ10万円あったとしても返金・換金は一斉できません。頻繁にコストコに行かない方は、コストコホームページでカード裏側の16ケタのカード番号、6ケタのPINを入力し残高確認できるので、失効しないためにもチェックしておきましょう。

コストコ・プリペイドカードの注意点

転売禁止!

転売は禁止されているのでしないようにしましょう。逆に転売サイトからの購入もおすすめできません。入手元が不確かで、不正なルートからプリペイドカードを購入されていた場合、コストコで使用できない恐れがあるので注意です。コストコでの規制も厳しくなってきたので、正規のルートで入手しましょう。

ポイントは付きません!

他社ですが、同じ電子カードのNanacoは買い物をすると100円1ポイント付与されますが、コストコのプリペイドカードはポイントが付きません!クレジットカードだとポイント還元があるのですが、プリペイドカードにはポイント付与サービスが付かないデメリットがあるのでご注意ください。

コストコ会員になるには!

個人会員か法人会員から選ぶ

コストコ会員には、個人会員・法人会員の2つから選べます。個人会員は年会費4752円(税込)、法人会員は4158円(税込)です。年齢は18歳以上であれば誰でも会員になることができます。Webから簡単にコストコ会員できます。

ヘビーユーザーはクレジットカードを作るとお得!

頻繁にコストコに行く方はクレジットカードを作るとお得です。2018年2月からマスターカードブランドのカード・コストコオリコマスターカード・コストコグローバルカードがコストコで使えるクレジットカードになります。

この中で一番お得なのがコストコグローバルカードです。還元率が1・5%、年1回利用だけで年会費無料、ポイントキャッシュバックが毎年2月に電子マネーで返ってきます。これからコストコ会員になる方はコストコグローバルカードがおすすめです。

プリペイドカードを上手に使用してコストコで楽しく買い物しよう!

今回はコストコ非会員でもコストコで買い物できる方法、プリペイドカードのメリット・デメリット、会員になる方法などを紹介しました。コストコ会員になるか迷っている方は、会員の方からプリペイドカードを入手して1日コストコ体感してから決めることをおすすめします。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ