裾上げ持ち込みが安いおすすめ店!マジックミシンがいい?料金・時間は?

裾上げの持ち込みが安いおすすめのお店を紹介します。持ち込みができるお店で料金が安くて待ち時間が少ないのはどこなのか、マジックミシンやユニクロなどを徹底的に検証!自分で簡単に裾上げできる方法も合わせて解説します。

裾上げ持ち込みが安いおすすめ店!マジックミシンがいい?料金・時間は?のイメージ

目次

  1. 1裾上げの持ち込みが安くて早いお店を紹介
  2. 2裾上げの持ち込みが安いお店「マジックミシン」
  3. 3裾上げの持ち込みが安いお店「ビッグママ」
  4. 4裾上げの持ち込みが安いお店「ママのリフォーム」
  5. 5裾上げの持ち込みが安いお店「ライトオン」
  6. 6裾上げの持ち込みが安いお店「ユニクロ」
  7. 7裾上げの持ち込みが安いお店「GU」
  8. 8裾上げの持ち込みが安いお店「しまむら」
  9. 9裾上げを自分でする場合
  10. 10裾上げの持ち込みはうまくお店を活用しよう

裾上げの持ち込みが安くて早いお店を紹介

ジーンズの裾上げをしているところ

「試着して大丈夫だと思っていた裾が家に帰ったらやっぱり長かった」ということはありませんか?自分で裾上げするにはハードルが高いという方も多いでしょう。実は、持ち込みで裾上げしてくれるお店は身近にも数多く存在します。本記事では料金が安くて時間もかからず仕上げてくれる、裾上げにおすすめのお店を紹介します。

他店で購入したズボンはどこで?持ち込みができるお店は?

作業服のズボンをもらいましたが、裾が長く、裾上げをしたいと思っています。ユニクロ、カインズホーム、アオキ、コナカなどは自店ではない商品の裾上げをしてくれますか?
作業着ならワークマンで裾上げ可能です。持ち込みは店舗によって多少は異なるようですが、300~500円程度でできたと思います。

他店で購入したズボンは、どこでも裾上げができる訳ではありません。持ち込みで裾上げしてくれるか否かは、店舗によって異なります。「いざお店に行ったら他店の商品を取り扱っていなかった」なんてことが無い様に、事前に持ち込みを取り扱ってくれるのか?を調べておくことが肝心です。

イオンなどのショッピングセンターには、持ち込みの裾上げを取り扱うマジックミシンなどの洋服お直し専門店が入っていることが多いようです。ジーンズやスーツなど種類によって料金も違います。またワークマンでは300円からという格安料金で持ち込みの裾上げを行っています。

時間はどのくらいかかる?

仕上がりの時間は店舗によって異なりますが、ユニクロでは最短で5分という驚くスピードで裾上げを行ってくれます。しかしこれは平日のごく空いてる時間帯になりそうです。混みあっている場合は1時間以上かかる場合があります。

マジックミシンでは急ぎで60分仕上げに対応している場合があるようです。もちろんマジックミシン以外にも即仕上げをしてくれる店舗もありますが、その場合には別料金がかかることもあります。

裾上げの持ち込みが安いお店「マジックミシン」

裾上げの料金

ジーンズ裾あげ¥900~、スラックスシングル裾あげ¥1,200~、スラックスダブル裾あげ¥1,600~、モーニング裾あげ¥1,600~

マジックミシンは幅広く全国展開している洋服のお直し専門店です。裾上げはもちろんさまざまな直しや修理に対応しています。大きなショッピングセンターに入っていることが多く店舗数も多いので、どこに住んでいても比較的利用しやすいでしょう。

ジーンズの裾上げは900円から、スーツのスラックスシングル1200円から、ダブルは1600円からです。モーニング1600円からになります。店舗によって料金に違いがある場合があるので、各店舗で確認しましょう。

待ち時間

マジックミシンの裾上げの待ち時間は、その日の込み具合によって異なるようです。店舗によってはお急ぎで60分仕上げに対応していることもあります。最寄りの店舗で持ち込みの際に時間を確認しておくのが良いでしょう。

裾上げの持ち込みが安いお店「ビッグママ」

裾上げの料金

ビッグママは首都圏を中心として全国に約70店舗を構えるお直し専門店です。洋服だけでなく靴やバッグなどを気軽に相談できるようにカウンター式の店舗で受け付けています。ただ直すのではなく、悩みや要望をくみ取った上でどんな直しが最適かを提案してくれます。

料金はジーンズ1000円から、スーツのスラックスシングル1200円から、ダブルは1800円からになります。デザインや素材、お直しの内容などにより料金に差が出る場合があるので、詳しくは店頭のスタッフまで問い合わせてみましょう。

待ち時間

ビッグママの裾上げの待ち時間は基本的に2時間となっています。ほとんどの店舗では裾上げ1時間コースがあるので、急ぎの場合はこちらがおすすめです。ただし1時間コースは別料金がかかるので注意が必要です。店舗の込み具合によっては当日の引き渡しが難しい場合もあるようです。

18時以降の受付は翌日の引き渡しになります。1月15日から3月19日、7月20日から9月19日は閑散期に設定されており、この期間はお急ぎに対応しやすいようです。

裾上げの持ち込みが安いお店「ママのリフォーム」

裾上げの料金

ママのリフォームは全国で約300店舗展開している洋服のお直し専門店です。裾直しや裾上げだけではなく、洋服のリメイクや染色の技術の評判も高いお店です。細かく分かれたコースとその仕上がりの早さで人気を集めています。

料金は男女別に表記され、洋服の種類や加工方法まで細かく分かれています。レディースのデニムパンツ1080円から、シングル(靴擦れなし)で未加工が1188円から、再加工が1404円からです。ダブル(糸・ミシン)は未加工が1620円から、再加工が1836円からです。

メンズのデニムパンツ1080円から、スラックスシングルで未加工が1296円から、再加工が1728円からです。スラックスダブルは未加工(糸)が1836円から、再加工(糸)なら2376円からです。

待ち時間

裾上げの待ち時間は通常の持ち込みで1時間程度で仕上がります。忙しい時にも早くて便利なのでおすすめです。混み具合やズボンの素材、加工方法によって待ち時間に差があるようです。詳しくは持ち込みの際に店舗に確認するのが確実です。

裾上げ以外の作業は翌日から1週間の間での仕上がりです。お急ぎの場合は直接店舗スタッフに相談してみるのが良さそうです。料金は他店舗より高めですが、その分丁寧かつ素早い仕上がりで定評があります。

裾上げの持ち込みが安いお店「ライトオン」

裾上げの料金

カジュアルで家族向けのファッションブランドとして定番のライトオンでは、ライトオンで購入したズボンであれば持ち込みでも無料で受け付けてくれます。また他店舗のどこのズボンでも、ミシンで丈直しが可能な場合に限り対応してくれるそうです。

料金は1000円(税抜き)で引き渡しは翌日以降となります。ただし引き受けるにはいくつか条件があります。ボトムス生地の素材がライトオンのミシンで対応不可能な場合や、プレミアムジーンズ、特殊縫製のものは対応していません。また汚れているものなども対応不可のようです。

待ち時間

ライトオンの裾上げの待ち時間は混み具合によって異なります。平日の空いてる時間帯なら15分ほどで仕上がります。週末で混雑している場合は1時間以上かかることもあるようです。混雑しているときはいったん購入して持ち帰り、空いてる時間帯にレシートとズボンを持ち込みすれば対応してくれます。

裾上げの持ち込みが安いお店「ユニクロ」

裾上げの料金

ユニクロ商品であれば、後日でも裾上げサービスを承っています。パンツの裾上げサービス実施店舗で取扱いのある補正可能なボトムス商品に限り、ミシン縫い・まつり縫いの裾上げサービスを行っています。

安い価格で幅広い世代に人気の高いユニクロでは、ユニクロで購入した商品のみ裾上げに対応しています。ユニクロのオンラインストアや他のユニクロ店舗で購入したズボンも、レシートがなくても持ち込み可能です。

ミシン縫い仕上げの場合、本体価格が1990円以上ならシングルステッチ・カットオフ仕上げのどちらとも無料1990円以下なら280円(税抜き)です。まつり縫い仕上げの場合は、本体価格が1990円以上なら280円(税抜き)、1990円以下なら560円(税抜き)です。

まつり縫い仕上げは対象商品のみに限ります。これ以外の直しは受け付けていないようです。オンランストアではジーンズのチェーンステッチ仕上げに対応しています。こちらは1990円以上の品なら280円、1990円以下なら560円です。またウォームイージーパンツもオンラインなら1990円以上の品で560円、1990円以下なら840円で対応します。

待ち時間

ユニクロの裾上げの時間は基本的に1本5分です。どこよりも待ち時間の少ないユニクロでは、正社員からアルバイトまでしっかり裾上げの訓練を受けて行うそうです。5分とはいえ綺麗に仕上がることでも評判です。

しかし、縫うのが難しいものや縫いにくい素材の場合には15分かかるそうです。裾上げの長さが短すぎて縫い目をほどく必要がある場合や、ズボンの形や生地の種類によって待ち時間が変わります。それでもどこよりも安くて早いので、ユニクロで購入した場合にはぜひ利用することをおすすめします。

しかしセールの時期など混み具合によって時間がかかることもあります。その場合は後日引き取りにくることも可能です。

裾上げの持ち込みが安いお店「GU」

裾上げの料金

ユニクロの系列店であるGUでは、GUの対象商品のボトムスのみを裾上げしてくれます。ズボンの裾上げのみが対象で、スカートやワンピースなどは対応していません。購入後の商品やオンラインの購入商品でも持ち込みで対応してくれます。

持ち込みの場合はレシートやお買い上げ明細書が必要になります。しかし万が一紛失しても、あらかじめレシートに記名しておいた名前を言うなどで対応してくれるようです。

料金は一律300円(税抜き)とかなり安い値段です。裾上げの種類は2種類あり、表面に縫い目が見えるミシン縫いと、表面の縫い目の出ないまつり縫いがあります。裾上げの種類は商品によって決まっているので、選ぶことはできないようです。

待ち時間

GUの裾上げの待ち時間は平均して15分前後のようです。その時の店舗の混み具合や仕上げの方法によって待ち時間に違いが出ます。土日などの混んでる時間帯には30分や1時間待つこともあるので、待ち時間を避けたいなら平日に行くのが良さそうです。

裾上げの持ち込みが安いお店「しまむら」

裾上げの料金

プチプラファッションで人気のしまむらでも裾上げに対応しています。裏地のないパンツやスカート、裏地あったかパンツの裾上げ料金は360円です。裏地のあるパンツやスカート、ワンピース520円になります。フォーマルウェアやタイトスカートなどは1050円です。

価格の安い商品が多い中でお直しの料金が少し高めと感じるかもしれませんが、ほとんどの商品は360円で裾上げできます。お直し専門店よりも安い料金が魅力的です。

裾上げは購入後1か月以内の商品になります。他のどこのしまむら店舗で購入した商品でも1か月以内なら持ち込み可能です。しまむらではレシートが必須なので失くさないようにしっかり保管しておきましょう。レシートで購入日が確認できない場合は裾上げすることはできないようです。また裾上げした商品は返品や交換はできません。

待ち時間

しまむらでは裾上げを頼んでから仕上がるまで1週間から10日ほどかかるようです。これは店頭にミシンを置いているわけではなく、別の場所に商品を送って裾上げをするためです。当日に仕上げてもらうことができないので、急いでいる場合はお直し専門店に頼むか自分で直す必要があります。

また後日取りに行くのが難しい場合は配送してもらうことも可能です。送料は県内300円、県外500円です。配送料は商品購入時に先に支払う必要があります。

しまむらの系列店であるアベイルでは、ジーンズ仕上げなら当日の裾上げが可能なようです。1990円以上の商品なら無料です。しまむらの商品を持ち込みすることはできないようです。

裾上げを自分でする場合

裾上げの料金がもったいなかったり、急いで明日まで裾上げしないといけない時など自分で裾上げをする必要がります。しかし、どこに持って行っていいか迷うこともあります。自分で裾上げするのは抵抗があるという方もいるでしょう。自分で裾上げする方法をいくつか紹介するので、裾上げに困ったら参考にしてみてください。

準備するもの

裾を調整する位置に固定する安全ピンや待ち針、縫うための裁縫セット、綺麗な仕上がりにするためのアイロンは最低限必要です。ミシンで縫う場合はミシンと生地に合った色のミシン糸を準備しましょう。手縫いする場合は縫い針と生地に合った色の手芸糸が必要になります。他にも必要に応じて裾上げテープやボンドを準備します。

裾上げをミシンでする

ミシンで裾上げすると、しっかりと丈夫で本格的な仕上がりになります。裾上げの位置にチャコペンなどで印付けて、その位置まで裾を内側に三つ折りします。アイロンをかけて綺麗な折り目をつけます。

ずれないよう待ち針で止めたら、生地を裏にして三つ折りの上から数ミリのところをぐるっと1周ミシンをかけます。生地が厚地の場合はゆっくり縫って針折れを防ぎます。仕上げにアイロンをかけたら出来上がりです。

裾上げを手縫いでする

家にミシンがない場合でも手縫いで裾上げすることも可能です。裾に折りたい位置に印をつけて三つ折りをし、アイロンをかけて綺麗な折り目を作ります。待ち針で止めたら生地の内側から三つ折りの端をまつり縫いしていきましょう。

手縫いの場合は表に縫い目が見えないようにまつり縫いがおすすめです。また厚地でミシンをかけにくいジーンズやスーツの裾上げなどにも良いでしょう。なるべく1本の糸にして、均等の幅で表に目が出ないようにほんの少し織り糸をすくいながら縫っていきます。

裾上げを簡単にする方法

股下サイズを測り、折り返し部分(股下サイズ+7cm~8cm)を残して余分をカットします。全体を裏返して折り目をつけます。テープを必ず水にひたし、軽くしぼってから、必要な長さにカットします。白い糸部を下にして、生地をカットした部分に裾上げテープを置きます。ぬれた当て布をし、アイロンで上から強く押し当てて接着してください。

裾上げはミシンや手縫いだけでなく、実はもっと簡単に裾上げする方法あります。裾上げテープやボンドなどのアイテムを利用することで、簡単で時間かけずに裾上げすることができます

裾上げテープはアイロンで裾に接着して貼り付けるテープのことです。裾上げテープは手芸店などだけでなく100均でも売ってるので、安い値段で手軽に使えて便利です。

ボンドは手芸店や100均でも布用ボンドが販売されています。ミシンや裁縫セットが必要ないのでとても手軽です。ボンドを綺麗に伸ばすヘラがあると綺麗に塗れます、

裾上げテープを使う

裾上げしたいボトムスの裾を三つ折りにして折り目をつけます。テープは裾より少し長めに余裕を持って切りましょう。裾上げする部分と布地の間にはさんで、少しずつアイロンで押し当てていきます。

ボンドを使う

三つ折りにした裾の内側半周くらいにボンドを塗ります。ヘラなどでボンドを均等に広げたら布地同士を合わせます。これだけでも接着されますが、上から当て布をして軽くアイロンをのせると綺麗にくっつきます。残りの半周を同じように接着します。

裾上げの持ち込みはうまくお店を活用しよう

ミシンで裾を三つ折りにして塗っているところ

ボトムスの裾上げが安くて早いお店はどこなのかを詳しく紹介してきました。イオンなどに店舗を構えて訪れやすいマジックミシンやビッグママなどのお直し専門店は、多少料金がかかるものの早くて確実です。

ライトオンやユニクロなど身近なファッションブランドでも、買った商品なら安い料金で裾上げしてくれます。急ぎの場合は平日の空いてる時間帯や早く仕上げてくれる店舗に頼むのが良いでしょう。

どこのお店もそれぞれに特徴があります。記事を参考にそれぞれのお店の料金や待ち時間を把握して、どこに裾上げを持ち込みしたらいいか?を見極めましょう!

Thumbマジックテープを復活させるやり方!粘着力が戻る?ゴミを取る裏技も! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」
Thumb油性ペンを消す方法を徹底解説!紙/布/服/肌/机など素材別の消し方 | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ