食べ方が汚い人の特徴とは?きれいに食べるコツやマナー!注意の仕方も解説

食べ方が汚い人にはどのような特徴があるのか、ポイントごとに解説していきます。きれいな食事マナーを取り入れた食べ方をしたいと思ったときに、どこから意識していけば良いのかも紹介しましょう。併せて食べ方が汚い方への注意する方法も見ていきます。

食べ方が汚い人の特徴とは?きれいに食べるコツやマナー!注意の仕方も解説のイメージ

目次

  1. 1食べ方が汚いと思われる原因が知りたい!
  2. 2食べ方が汚い人の特徴
  3. 3きれいな食べ方のコツやマナー
  4. 4食べ方が汚い人への注意の仕方
  5. 5食べ方が汚いと思われないように気をつけよう!

食べ方が汚いと思われる原因が知りたい!

食事を囲んでいる様子

食事をしている時に気になる食事マナーとして、一番覚えておきたいのが食べ方です。食べ方が汚いというだけで、損をすることはもちろんのこと、一緒に食事をする相手を不快な気持ちにさせてしまいます。食べ方が汚いとは具体的にどのようなことを指すのか、意外にも知らないという方も少なくありません。

自分では汚い食べ方をしているつもりはなくても、普段から取り入れている食べ方が実はマナーの悪いものであったというパターンは少なくありません。この記事では、そんな汚い食べ方の特徴やきれいな食べ方にする方法などを解説していきます。

食べ方が汚い人の特徴

ここで、食べ方の汚い人の特徴はどのような点にあるのか見ていきましょう。自分の食事をするスタイルと比較しながら読み進めることで、自分自身のマナーの改善点も見つかります。但し、自分自身の食事をしている様子は中々客観視することができないので、周りから言われて気付くケースも多いのが現状です。

箸を正しく持てない

お寿司を食べる着物を着た女性

日本人のマナーでもある箸の持ち方は、意外にも正しく持てていない方が多いのが現状です。日本料理には欠かすことのできない箸は、日常の食事の際に必要となるものです。箸はスプーンやフォークとは違い、多くのものをすくうことはできません。故に持ち方が正しくないと見映えも悪いといいます。

スプーンやフォークにも正しい持ち方は存在していますが、こちらは簡単に直すことができます。ですが、箸の持ち方は大人になってからでは、中々直すことは難しいとされています。

すくう、巻き取るではなく掴む行動をする箸は自身の中で幼い頃から持ち方が決まっている場合、直す段階で食材を掴むのにも苦労をします。箸の持ち方を直すのは難しいですが、日本人である以上箸の持ち方は正しくしたいものです。

音を立てて食べる

お米を食べる女性

食事をする際に、食器同士の音を出したり、口を閉じることなくクチャクチャと音を立てて食べていませんか?食器同士の音は箸の場合はそこまで気になりませんが、スプーンやフォークを使用する際にカチャカチャとした音を発しているのは好ましくありません。

これは日本のみならず海外でもマナーの一つとされており、主にスプーンやフォークを使用する海外でも音を出して食べることは食べ方が汚い部類に分けられますので気を付けましょう。

自身の問題にもなりうる、口を閉じることなくクチャクチャとした音を出して食べる行為は、周りの方を不愉快にさせる汚い食べ方です。このような食べ方をする方はクチャラーと呼ばれており、多くは自分がクチャラーになっているのに気付いていない方が多いようです。

他人の食べ方で一番気になるポイントでは、クチャラーが上位に挙がっているほどです。食事の際にはクチャラーにならないように、口を閉じることを意識してみましょう。

肘をつく

肘をついてサラダを食べる女性

食事のマナーとして、肘をついて食べるのは好ましくありません。肘をついて食べるのは男性のイメージが強いですが、実は近年女性にも肘をついて食べる方が増えているといいます。女性は特に食べ方が汚いことでマイナスイメージを相手に与えてしまいます。男性にも女性にも肘をついて食べる方が多くなっている理由の一つに、スマホがあります。

現代では多くの人が手にしているスマホですが、食事中も片手に持っている方を見かけることができます。その際にスマホを持っている方の肘をついて食事をしている方も少なくありません。

やはり日本では昔から言われている肘をつけないという食べ方は、マナーにもあたるので注意しましょう。肘をついて食べていることで、姿勢も悪くなります。また、食事中にスマホを操作するのも、汚い食べ方の一つに値するので要注意です。

食べながらしゃべる

愉しそうに食事をする4人の女性

女性の汚い食べ方でも上位に入るのが、食べながら喋ることです。食事中でも喋ることに集中してしまって、食事を食べる手が止まってしまうという方も少なくないといいます。喋るのが好きな女性には特に多く、食事と話をするという行動を同時に行なってしまうことで食べ方が汚く見えてしまいます。

応答をするために口の中に料理が入っているにも関わらず、話に参加してしまうことで食べているものが相手に見えてしまい汚いという印象を与えてしまいます。食べる行動と喋る行動は同時には行なわないように意識をして、口の中のものが無くなってから話しをするようにしましょう。

食べこぼしがひどい

こぼれたシリアル

相手に不快感を与える汚い食べ方の一つに、食べこぼしをしてしまうことが挙げられます。食べこぼしをするのは子どもに多く見られますが、大人が同じように食べこぼしをしてしまうことで周りからは良い目で見られません。

少しの量や時々であれば相手も何も思わない可能性がありますが、頻繁に食べこぼしている様子を見てしまうと幻滅されてしまう可能性が高いでしょう。食べこぼしをしてしまう方は、意外にも深刻に考えていないといいます。

こぼしたら拭けば良いという考えの方が多いですが、異性や同性から見ても幾度となく食べこぼしているその瞬間に不信感を抱く方が多数のため、食べこぼしをしないように注意する必要があります。家庭環境も影響してくる食べ方ですが、料理をこぼしてしまうのは作り手にも申し訳ないので気を付けましょう。

迎え舌

舌を出す女性

迎え舌というマナーに反している食べ方を聞いたことがあるでしょうか?迎え舌は食べ方の中でも汚い印象を与えるものになり、食べ方を気にする方から見ると「見ていることができない」という意見まで挙がっているほどです。迎え舌とは、舌を出しながら食べることを指しており、迎え舌をしてしまう方はほとんどが無意識による行動とされています。

そのため、自分自身が迎え舌で食事をしているという意識は無いので気付きにくいといいます。芸能人の中には、食リポの際にわざと迎え舌をしながら食べている方もいます。これは食べ物を美味しく見せるためともいわれており、好意的な意見を持っている方もいるといいます。

ですが、普段の食事において迎え舌をするのは、汚い食べ方の一つに値するので注意するのが賢明でしょう。

ゲップをする

口をおさえる女性

男性に多い汚い食べ方の一つとして、ゲップをすることが挙げられます。しかし、食事をした後は空気も一緒に飲み込んでいることからゲップが出るのは仕方のないことです。ですが、あまりにも大きいゲップや、周りに配慮の無いゲップはその場に居る人を不愉快にさせます。

あまりきれいとは言えない行為になるため、汚いと位置付けられてしまうのでしょう。特に女性のゲップは異性にとってはあまり好ましいものではありません。自然と出てしまうものなので、それを考慮した上で口を抑えながら、音を立てないようにすると良いでしょう。

食べ物を残す

一口食べたトースト

食べ物を残してしまう行為も、汚い食べ方として認識されているようです。どうしても食べ切れない場合には仕方のないことですが、初めから食べ切れる量を注文するのが賢明でしょう。食べ終わったお皿に料理が残っていることは、作り手にも不信感を与えます。女性に特に多いので、注意しましょう。

食器を持たない・犬食いする

犬のマスコット

最後に紹介をする汚い食べ方の特徴は、お皿を持たずに犬食いをする行為です。犬食いとはその名の通り、犬のように食事をする姿を指します。犬は手を使ってお皿を持つことができないので、口を容器に近づけて食べる様子を見たことがある方も多いでしょう。

人間にはお皿を持つことのできる手がありますので、犬のように手を使わずに食べるのは汚い食べ方として認識されてもおかしくありません。意識すると直せる食べ方になるので、犬食いをしている方は食べ方を改めてみましょう。

Thumb犬食いの原因や印象!犬食いの直し方って?良くない食事マナーも解説 | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

きれいな食べ方のコツやマナー

汚い食べ方にならないために、すぐにでも実践のできるきれいな食べ方にするためのポイントを見ていきましょう。コツとマナーを覚えて意識することで、自然にきれいな食べ方への道を切り開くことができます。

姿勢を良くする

笑顔で食事をする夫婦

すぐに実践することができるのが、姿勢を正して食事をすることです。食べ方が汚い印象を受ける方は、自然と姿勢も悪くなっているため見た目も良くないのです。姿勢を正すだけで、自ずと食べ方の印象は大きく変化します。背筋を伸ばすことを意識して、肘をつかない、お皿を自分の手で引き寄せるといった点に注目しながら食べ進めてみましょう。

ひと口の量に気を付ける

お肉をタレについけている様子

きれいな食べ方の第一歩として、一口に食べる量を見極めることが大切です。一口分を考えずに口に含んでしまうと、口の中で整理して飲み込むまでに時間を要します。また見映えも良くないので、一口分は必ず適度な量を決めて食べるようにしましょう。

多くの料理を口の中に含んでしまうと、口を閉じることができずにクチャラーになりかねません。その点も考慮しながら、きれいな食べ方を意識してみましょう。

お箸の持ち方やマナーを身につける

お茶碗と箸を持つ女性

食べ方がきれいか汚いかを決める最大のポイントは、箸の持ち方や食事のマナーを備えているのか否かです。食事をするスタイルの第一印象になるのは、その人自身が持つ根からのマナーです。故に、箸の持ち方が正しくない場合やマナーが身についていない場合は、相手が全てを備えていると目に付いてしまうことが多いといいます。

初めから完璧な食事マナーを備えるのはとても難しいので、まずはマナーのしっかり付いている人を見て自分に無い部分を取り入れてみましょう。見様見真似から自分の中でマナーが根付いていけば、自然に治すことができるでしょう。

食べ方が汚い人への注意の仕方

ここまで食べ方の汚い人の特徴と、きれいな食べ方にするためのコツなどを伝えてきました。ですが、中には相手の汚い食べ方が気になってしまうという方も多いことでしょう。

相手に対して、汚い食べ方を直してもらいたいが故に注意をしたくとも、傷つけてしまう可能性もあるため中々伝えづらいという方も少なくありません。ここでは、相手に対してどのような声掛けをするのが良いのかなど相手別に解説していきましょう。

友達の場合

三人でお弁当を食べている様子

友達の食べ方に対しての指摘は、関係が途絶えてしまう可能性も無きにしも非ずです。そのため、直接汚い食べ方に対して指摘をするのではなく、例え話の延長線上で指摘をする方法を取り入れるのがおすすめです。

「テレビで見た芸能人が、このような食べ方をしていた。汚く見えた。」というように、具体的にどのような食べ方をすると見映えが悪くなるのか?という思いが伝わるよう意識してみると良いでしょう。また、中には異性からの指摘であれば受け入れやすいという声も多いといいます。

話の中に自然に「このような食べ方はどう思うのか?」という質問を数人の前ですることで、いくつもの意見を聞くことができます。対象者を含めることで、自分の食べ方を見直してくれる可能性も高いでしょう。直接伝えることは悪いことではないですが、友情にヒビが入ってしまっては元も子もありません。その点に注意して指摘をしてみましょう。

恋人・夫婦の場合

悩むカップル

恋人や夫婦の場合には、直接食べ方について指摘をしても良いでしょう。今後の人生を共にしていくのであれば、汚い食べ方をしている場合は早めに指摘をして直してもらうのがおすすめです。

直接伝えることに抵抗がある場合には、友人に伝えるように例え話の延長線上で話を持ち掛けると良いでしょう。テレビなどを見ているときなどに、「この人の食べ方きれいだね」という一言だけでも相手の意識に繋がっていきます。

子どもの場合

食事をしている子ども

子どもの食べ方の指摘は、ある程度の年齢になるまでには備えておきたいものです。大きくなってから汚い食べ方のクセがついてしまうと、直していくのはとても難しいので基本のマナーは幼い内に伝えるようにしましょう。食事をするようになって初めの内は、食べこぼしなどは想定範囲内です。

それ以外のスプーンの持ち方や箸の持ち方、茶碗は持つこと、口は閉じて食べる、などの基本的なマナーから取り入れていきます。子どもによって理解力等は異なるので、その子に合った方法で食べ方のマナーを身に付けることを意識しましょう。

食べ方が汚いと思われないように気をつけよう!

食事をする女性

食べ方が汚いと、周りの方からも良い目で見られません。大人になってからクセ付いている汚い食べ方を直すのは中々難しいことですが、意識をすることで直していけるでしょう。

他の方できれいな食べ方をしている行動などを参考にしたり、他の方の意見を聞くのも一つの方法です。自分の食事での食べ方、他人の食べ方などを意識して見てみるとこの記事で紹介をした汚い食べ方以外にも、気付ける部分が出てくることでしょう。

Thumb迎え舌の原因や治し方は?食事のマナー違反・食べ方について調査 | お食事ウェブマガジン「グルメノート」
Thumb渡し箸はマナー違反!食後・箸置きが無い時もNG?海外での渡し箸も解説 | お食事ウェブマガジン「グルメノート」
Thumbワイングラスの正しい持ち方とは?男女のマナーの違いをイラスト付きで解説! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ