鶏の穴は池袋のラーメン屋!店舗情報や限定メニューなど紹介!

日本の首都である東京は世界中の美味しいグルメが集まる街ですが、日本で人気のラーメンもまた多彩なジャンルやカテゴリのお店が集まり激戦区となっています。今回の記事では東京の池袋にある鶏系のスープで有名なラーメン「鶏の穴」について紹介してみてたいと思います。鶏の穴はなんだなヘンテコな名前でインパクトがありますが、池袋にある鶏を専門とするラーメンに鶏系のスープのラーメン好きから高い支持を集めています。ではいったい池袋の鶏の穴とはどういうラーメン店舗なの詳しく見ていきたいと思います。

鶏の穴は池袋のラーメン屋!店舗情報や限定メニューなど紹介!のイメージ

目次

  1. 1鶏の穴の池袋本店で絶品つけ麺を堪能したい
  2. 2鶏の穴ついて店舗情報など紹介
  3. 3鶏の穴池袋の看板メニュー白湯ラーメンを詳しく紹介
  4. 4鶏の穴池袋の人気定番メニューを紹介
  5. 5鶏の穴池袋の毎月発売される限定メニューについて
  6. 6鶏の穴池袋本店の口コミを紹介
  7. 7鶏の穴池袋本店でこく旨ラーメンの味を味わってみよう!

鶏の穴の池袋本店で絶品つけ麺を堪能したい

東京のラーメン店で鶏系のスープが大好きな方におすすめな「鶏の穴」。飲食店には似つかわしくない店名ですが、今回は池袋の鶏の穴とははどういうお店なのか、店舗の場所や営業時間に話題の限定メニューなどについて、人気の鶏の穴池袋の看板メニュー「白湯ラーメン」とはどういったものなのか、鶏の穴池袋の人気定番メニューについて、鶏の穴池袋本店の口コミや評判について詳しく解説しています。

鶏の穴ついて店舗情報など紹介

池袋で人気の鶏の穴は、お店の名前がインパクトがありますがラーメン店舗の鶏の穴とはどういったお店何のか、鶏の穴池袋本店の場所と営業時間について、池袋鶏の穴の限定メニューについて、自分で端を持参で限定サービスを受けることが出来る内容とは、池袋のラーメン店で人気の鶏の穴のラーメン店舗のお店の雰囲気とは、池袋の鶏の穴について詳しく見ていきたいと思います。

鶏の穴とは?

ラーメン、つけ麺の鶏の穴は、鶏の出汁を利用したスープを利用した池袋でも鶏ガラスープで人気のラーメン店舗となります。ラーメン鶏の穴のラーメンは国産の丸鶏と鶏のもみじ、鶏の胴ガラ、手羽先をたくさん利用して鶏に合う野菜ととともに6時間ほどコトコトと煮込んだポータージュスープが特徴的です。トッピングも鶏モモ肉のチャーシュや鶏そぼろが特徴的な鶏を極めたラーメン店を提供するお店です。

鶏の穴池袋本店の場所と営業時間

池袋にあるラーメン店舗の「鶏の穴」のお店の場所は、池袋駅から徒歩6分ほどの場所にある慶太ビル1階になります。定休日は不定期で営業時間は11:00から22:00になります。ただし人気の店舗のためラーメン用のスープが無くなり次第営業時間前に終了となります。訪問の前には定休日ではないか電話確認して来店しましょう。

鶏の穴池袋店の限定メニューが話題

池袋のラーメン店舗である「鶏の穴」は毎月限定ラーメンがメニューとして登場します。限定ラーメンの情報は鶏の穴の公式ツイッターか鶏の穴のホームページを確認すると毎月の限定ラーメンが公開されています。夏の時期は限定ラーメンとして限定冷やしラーメンや、限定冷やし中華のようなさっぱりさいたものから冬の時期の限定ラーメンは旬の食材を利用した牡蠣などが登場するようです。

MY箸持参で味玉か麺大盛りのサービスあり

ラーメンの鶏の穴にお得の限定サービスを行っています。自分でラーメンを食べる箸を持参した方にはなんと、ラーメンに入れる「味付け玉子」もしくは「ラーメン大盛」の限定サービスを受けることが可能です。味付け玉子や大盛は100円相当するので、お弁当用の箸などを持っている方は持参してスタッフに伝えると非常にお得と言えます。

鶏の穴の店舗の雰囲気は?

池袋の人気のラーメン店の鶏の穴のお店は、カウンター席のみの全部で16席となります。お店の雰囲気は間接照明で少し薄暗い感じですが、一般的なラーメン店で券売機もあり、テーブルは広めで店内は清潔感もあるので女性でも一人で来店しやすい雰囲気のお店と言えます。男性にも女性にもお客を選ばない雰囲気のお店と言えます。

Thumbラーメンが池袋で本当に美味しいのは?駅周辺・激戦区の人気店ランキング | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

鶏の穴池袋の看板メニュー白湯ラーメンを詳しく紹介

ここからは池袋にあるラーメン店舗の鶏の穴のラーメンメニューを詳しく見ていきたいおと思います。鶏の穴で提供される鶏がらスープの特徴味について、鶏の穴の店舗で利用されている麺の特徴、白湯ラーメンのこだわりのトッピングについて、白湯ラーメンの味についてなど初めて池袋の店舗を訪れる方にも分かりやすく詳しく解説していきます。

女性に人気のさっぱり味のとろみのある鶏スープ

ラーメン鶏の穴で提供されるスープは白濁でとろみが強い鶏系のラーメンスープの中でも、濃厚なコーンポタージュスープになります。国産の鶏ガラや大量の手羽先などとスープにある数十の野菜を一緒に鍋で煮込んでいますので、旨味が強く濃厚ながらさっぱりとした鶏塩味が特徴的になります。また鶏を利用しているためコラーゲンたっぷりで多くの女性に人気です。

麺は中細麺

池袋のラーメン店舗の鶏の穴で利用されている麺は、どちらかというと横浜の家系ラーメンの麺に近く中細麺から太麺の間程度の食べ応えのあるラーメン麺になります。濃厚なラーメンには九州の豚骨ラーメンの麺のように細麺が利用されるのですが、濃厚ではありながら鶏ガラであっさりしてるのでトロミがあるスープと鶏の穴で利用されている麺は相性抜群と言えます。

白湯ラーメンのこだわりのトッピング

鶏の穴の看板メニューである「白湯ラーメン」のこだわりのトッピングは、の濃厚でとろみの強い塩味のスープのマッチした万能子日、白いネギ、もも肉の大きなチャーシュ2枚、大振で食べ応えがあるメンマが乗っています。それとパラパラに炒められた鶏そぼろです。トッピングは全体的にあっさりしている塩ラーメンに相性抜群のものばかりになります。

白湯ラーメンの味は?

虎の穴の一押しメニューである「白湯ラーメン」の気になる味ですが、見た目はとろみが強くくどいように感じますが、見た目ほどではなくトロミはあるがさっぱりとした塩味で胃もたれすることなく最後まで間食することが可能です。鶏の穴の白湯ラーメンの味は一言でいうと、とろみのある濃厚な鶏ガラスープになるので、鶏系のラーメンが好きな方には非常におすすめの味と言えます。

鶏の穴池袋の人気定番メニューを紹介

池袋で人気の鶏の穴の定番の人気メニューの味や価格などを紹介していきたいと思います。池袋のラーメン店舗で食べることが出来る定番のラーメンメニューは「白鶏ラーメン」「赤鶏ラーメン」「つけめん」の3種類になります。それぞれのラーメンの特徴なども見ていきたいと思います。初めて訪問される方は、迷わずお店の看板メニューである白鶏ラーメンがおすすめです。

初めて訪問される方は「白鶏ラーメン」

池袋の鶏の穴の看板メニューであるラーメンメニューになります。初めて鶏の穴を訪れる方は、お店の定番の味を楽しめるので迷わずこちらのメニューをお勧めします。人気の「白鶏ラーメン」740円になります。トッピングの「白鶏玉子のせ」840円、「白鶏ラーメン玉子のせ大盛」920円、「白鶏ラーメン大盛」820円となります。マイ箸を持参すると大盛や味玉が無料なので是非持参しましょう。

ピリ辛が大人気「赤鶏ラーメン」

池袋の鶏の穴の人気のメニューである白鶏ラーメンに絡みが追加されたラーメンになる「赤鶏ラーメン」780円になります。赤鶏ラーメンは、濃厚でコクがあるスタンダードな白鶏ラーメンのスープがベースに塩味ではなく辛みがある醤油味のラーメンになります。トッピングは同じく、鶏のもも肉チャーシュー2枚、鶏そぼろ、ネギ、メンマになります。

赤鶏ラーメンはピリ辛よりも辛みが強く、汗をかきやすい人には汗がしたたり落ちる程度の辛みになります。辛みととともに旨味が増していますので濃い味が好きな人には白鶏ラーメンよりおすすめです。麺は中太麺になりスープをよく絡みます。赤鶏ラーメンの追加トッピングは「赤鶏ラーメン玉子のせ」880円、「赤鶏ラーメン玉子のせ大盛」960円、「赤鶏ラーメン大盛」860円になります。

お蕎麦風にすすって食べる「つけめん」

池袋の虎の穴の店舗では主に、白鶏ラーメンか赤鶏ラーメンが人気なのですが美味しい鶏のスープにつけて食べる「つけめん」も人気です。つけめんはサイズによって値段が変わり、並200g750円、中300g800円、大400g850円、特大500g900円になります。つけめんはもちもち感が強くコシがあり、濃厚な鶏ガラスープと相性抜群です。トッピングはネギ、メンマ、もも肉、鶏そろぼになります。

鶏の穴のつけ麺の食べ方は、濃厚な出汁の鶏ガラスープについて食べます。麺を完食した後は、スープ割でコラーゲンたっぷりのスープを楽しみましょう。スープが辛い場合は、1度だけスープ割が出来るのでスタッフにお願いしましょう。込み合っているときは少し対応が遅れますが、虎の穴のスタッフは丁寧に対応してくれるので安心して美味しいつけ麺を楽しむことが可能です。
 

池袋の店舗のトッピングメニューとは?

鶏の穴は基本は「白鶏ラーメン」「赤鶏ラーメン」「つけめん」「月替わり限定ラーメン」の4種類になります。メニューが分かりやすいの特徴的で、その他のトッピングとして「味玉子」100円、「メンマ」120円、「鶏チャーシュー5枚」260円、「焼き手もみ海苔」150円、「スペシャル全部のせ」400円になります。全部のせは味玉、メンマ増量、海苔、鶏チャーシュー3枚追加なので非常にお得です。
 

鶏の穴で楽しめるアルコールは、エビスのちょい生である小生ビール250円と、中生ビールになります。アルコールに合わせたおつまみは特別に用意されていませんがが摘まむのであれば、トッピングの「鶏チャーシュー」「メンマ」などでラーメンを食べる前にちょいと飲むのも良いかもしれません。アルコール以外にも「鶏めし」300円のサイドメニューが人気です。
 

Thumb回転寿司の池袋おすすめランキング!東口から西口まで安くて美味しい店は? | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

鶏の穴池袋の毎月発売される限定メニューについて

池袋の鶏専門のラーメン店舗である「鶏の穴」は、定番のラーメンの他にも限定メニューのおすすめのラーメンが毎月登場します。限定ラーメンはネーミングも変わっていて工夫されているのですが、奇抜な名前だけではなく味は1級品で非常に美味しく1か月限定だけではもったいないでは?っと思ってしまうほどです。鶏の穴には毎月この限定ラーメン目当てで訪問するお客様も多いようです。

ユニークなネーミングが目を引く限定メニュー

鶏の穴のラーメンは限定メニューでなくても通常のメニューにも多くファンが付いているので、リピーターも多いのですがやはり毎月公開されるその月でしか食べることが出来ない限定ラーメンは、ラーメンフリークには見逃せない限定企画となります。では実際に池袋の鶏の穴で提供された過去の限定メニューの内容を簡単に限定ラーメン一年分の内容を見ていきたいと思います。

過去に発売の限定メニュー一例を紹介

10月限定は鰹と鶏出汁が合わさった旨いの強い「カツオ鶏ラーメン」、9月限定は、たっぷりチーズと卵で食べるラーメンである「つけてカルボニャーラ」、8月の限定ラーメンはウニをたっぷり利用した夏らしい冷たいラーメン「雲丹(ウニ)あえ」、7月限定は鶏の冷製スープが人気の「サラっと」、6月限定はトビウオで取ったスープがうまい「アゴつけ麺」となります。

5月限定メニューは、酸味と辛みがミックスされた「さんら~たん。」、4月限定はペペロンチーノ風のあっさりラーメン「lemon」、3月限定のラーメンは数十種類の野菜と具材を利用した限定「とりちゃんぱん」、2月はスパイスが効いた辛い味噌ラーメン「ちょいみそ」となります。

1月限定はあつあつの鶏スープを担々麺風に「白鶏の担々麵」となります。12月限定は牡蠣とホウレン草の冬の旬を食べる「ザ・オイスターず」、11月限定は鶏白湯とタンメンのハーモニーが溜まらない「トリパイタンメン」になります。どの限定メニューも魅力的で1年間飽きることなく、月に1度は訪問したくなる人気のラーメンメニューばかりです。通常の鶏の穴の味が好きな方は月に一度の限定ラーメンも試してみてください。

限定メニューの味:雲丹あえ

お店のオリジナルの雲丹(うに)を贅沢に利用したソースに、ラーメンの麺では珍しいイタリアンのパスタであれば、タリアッテレやパッパルデッレのような平でコシのある麺が利用されています。麺は8月ということで冷たい麺で食べます。ウニにソースと平麺が良く絡み、トッピングに炭火の鶏肉、温玉、ネギ、刻みのりがかかった混ぜそばは濃厚でいつもの白鶏ラーメンとは違う旨みがあります。

限定メニューの味:冷やしオムめん

池袋の鶏の穴の夏の限定メニューということで、冷たいスープにトマトの酸味と冷やした麺をオムライス風に薄い玉子を乗せて、優しい味で食べるなんともインパクトがあるラーメンです。限定メニューだから出来る遊び心満載のチャレンジメニューですが、80円追加で大盛にも出来るの非常におすすめです。トッピングにピーマンとマッシュールームと鶏肉があり、オムレツのご飯に麺を利用しているようなラーメンです。
 

限定メニューの味:キーマカレー風つけ麺

お店の看板メニューの白鶏ラーメンのスープにスパイシーなカレーの味が楽しめる、うまく配合されたカレーのスパイスを組みあわせたスープに中太麺を付けて食べる鶏出汁のカレー味つけ麺といったところの限定メニューになります。トッピングはキーマカレーと温玉です。麺のボリュームアップも料金追加できるメニューでした。

限定メニューの味:Lemon

あっさりとした和えものそば風のペペロンチーノラーメンです。固めに茹でた中太麺に、鶏の穴で利用している白鶏ラーメンの濃厚なスープをアレンジして利用しています。トッピングはコロコロした鶏もも肉に、アサリ、カイワレ大根と別皿に盛られたレモンを絞って利用します。さっぱりとしていますがまさにペペロンチーノです。

限定メニューの味:とりちゃんぽん

長崎の郷土料理であるちゃんぽんを鶏の穴のうまい鶏スープと14種類の多い野菜でつくった、濃厚激ウマちゃんぽんになります。鶏、海老、イカ、アサリなどの魚介類とともにキャベツやもやし、きくらげ、コーンやニンジンなどのたっぷり具材が入って栄養満点の一杯になります。いつもの白鶏ラーメンに比べるとより野菜や具材の旨味が増しています。
 

限定メニューの味:ちょいみそ

独自に鶏の穴でブレンドした美味しい味噌を利用した限定メニューになります。人気の鶏白湯スープに特製の味噌を合わせて、ぴりりと辛みが追加した北海道の味噌ラーメンとは違うタイプになりますが、鶏の穴の鶏出汁をベースにした味噌ラーメンになります。体の中からあったる味噌ラーメンは寒い季節にも人気です。

限定メニューの味:ネギ推し

和風ベースの昆布やカツオを出汁の材料と使った特製の清湯スープの上に、白髪子日とネギ鶏団子、青ネギ、海苔、鶏ももチャーシューを乗せた鶏と和出汁にネギを全面に押し出した、ネギの辛みが特徴的な限定ラーメンです。味は塩味か醤油味から選べ、いつもの鶏ベースの出汁ではなく昆布と鰹から出汁を採っているのでスート身体にしみ込むラーメンです。

限定メニューの味:Orion

玉ねぎのスープに絡めて食べる中太麺のつけ麺です。あっさりした中にオニオンの甘味と辛みを楽しめます。トッピングはブロッコリー、ミニコーン、トマトとなりにくなしで食べるので非常にヘルシーな限定メニューとなりました。つけ麺はいつものごとく中盛り50円追加、大盛100円追加でオーダー可能です。

限定メニューの味:ニルバーニャ

バーニャカウダ風あえ麺になり、特別に注文した平手打ちのもちもちした麺を利用して小麦の香りを楽しみながら、春の香りを彩るアンチョビと一緒に食べることが出来る人気の限定メニューとなりました。トッピングはアンチョビの他に、レタス、ベーコン、アスパラと旬の野菜が利用され、バーニャカウダ風にさっぱりと食べることが出来ます。

限定メニューの味:黒胡麻坦々つけ麺

特製の黒胡麻誰と鶏の穴の定番の鶏白ラーメンの白湯スープを、合わせて作られた限定ラーメンになります。特製の黒胡麻に白湯スープがあわさったことにより、よりコクと香ばしさが追加されています。トッピングは甘辛の鶏そぼろ、玉ねぎ、ちんげん菜となり、濃厚なスープについて食べる担々麺は旨味が強くおすすめです。

限定メニューの味:マリオ

キノコの味噌ラーメンでマリオという限定ラーメンを期間限定で登場していました。マリオは赤味噌、白味噌その他の味噌をブレンドして作る味噌ダレに、平な平手打ちの麺を合わせて食べるあったかい日に最適の1杯です。トッピングは鶏ももチャーシュ、ニンジン、キノコ、ネギ、アスパラと濃厚な味噌と鶏の出汁が効いた旨味の強いラーメンです。

鶏の穴池袋本店の口コミを紹介

濃厚な鶏出汁が人気のラーメン店舗である鶏の穴ですが、ラーメンの美味しさから食べログやツイッターなどもも口コミが多く掲載されるラーメン店舗の一つです。ここからは実際に池袋のラーメン店舗の「鶏の穴」で定番のメニューから限定メニューを食べた事がある方の、鶏の穴の口コミや評価についてご紹介していきたいと思います。
 

鶏の穴口コミ:濃厚な白湯は鶏好きにはたまらない

とろりとした濃厚な旨味がある鶏のラーメンが食べることが出来るということで、池袋のラーメン店舗の鶏の穴のお店のおすすめの鶏白ラーメンを注文すると、着丼したとたん、食欲を刺激する鶏の出汁が効いていて見た目も美味しいそうで良いです。ラーメンの外観はなんとも濃厚そうだが、一口スープを含むと思ったほどしつこくなく臭みもなく飲みやすいスープは麺ともよく絡み食べやすいという口コミがありました。

鶏の穴口コミ:麺とスープが良く絡み美味しい鶏ラーメン

濃厚な鶏白スープのラーメンが楽しめるお店ということで池袋の店舗の訪問。定番の白鶏ラーメンを注文すると、鶏油が効いたとろりとした白濁のスープが麺とよく絡み、さながらポタージュに麺をつけて食べるような感覚でした。夏よりも濃厚なため冬に食べるほうがより美味しく感じるかもしれません。トッピングされている具材もアクセントになり始めから最後までペロリと完食できる美味しさだそうです。

鶏の穴口コミ:選びやすいメニューで分かりやすい

人気のラーメン店舗の条件としてメニューの選びやすさがポイントになるが、こちらの店舗は初めて訪問する人にも、おすすめが一目で分かりやすくメニューもごちゃっといろんなものが置かれていないので良いです。カウンターはコの字型で箸を持参すると煮卵や麺の大盛がサービスという新しいサービスが斬新なラーメン店舗だと評判でした。

定番の白鶏の大盛を注文すると、ノーマルラーメンにしては他店と比べると十分すぎるほどの具材のトッピングで見栄えも良いです。チャーシュは鶏ももなのであっさりしている。スープは鶏系のどろっとした感じのラーメンで、ファーストフードのようなジャキーさも感じさせます。面も中太でコシがありボリュームもあるので若者に受けそうな味という口コミがありました。
 

鶏の穴口コミ:シンプル鶏白湯を楽しめるお店

店内は広くはないが木が主体の自然な作りで清潔感がある最近のお店と言ったところで、人気の白湯ラーメンに煮卵トッピングでオーダーしました。濃厚なのに変な臭みがないので食べやすい鶏白湯ラーメンと言うところ。塩が効いているのでサイドメニューのご飯も頼み一緒に食べるとGood!!万人受けしそうな味付けで、近くにあったら定期的に通う店になるだおうと思うお店という口コミがあります。

鶏の穴口コミ:辛みのある赤鶏ラーメン

ポタージュ系の鶏ラーメンが食べれるということで池袋の鶏の穴の店舗へ。辛い味が好きなの迷わず白鶏ラーメンではなく、赤鶏ラーメンに煮卵のせを960円でオーダーしました。赤鶏ラーメンは見た目が赤く、一見味噌ラーメン??と思わせるよう見た目ですが、スープを一口すくうと粘土があるとろりとしたスープで思ったよりは辛くなく旨味が強いスープ。辛いのが苦手な方は辛い方なのかもしれません。

鶏と野菜の旨味と粘り気が印象的。白鶏ラーメンも食べたこともあるが、鶏や野菜のシンプルな甘さや旨味を感じたいのであれば、赤鶏ラーメンよりも白鶏ラーメンの方が美味しさを感じやすいと言えます。とろりとした中にも塩気と旨味が残りシンプルな味を楽しむことが可能です。トッピングの具材もちょうどよく最後まであきることなく完食できるという意見がありました。
 

鶏の穴口コミ:池袋を代表する鶏系ラーメンの味

鶏白湯系のラーメン店は非常に増えては来ていますが、池袋で人気を集めているという噂の鶏の穴は入口の近くにある食券機を利用して初めにラーメンを買うスタイルは席に座ってスタッフを呼ぶ手間が無いので非常に便利です。注文は定番の鶏白ラーメン。スープは塩見が効いたマイルドな鶏スープが万人受けしそうな味で、臭みもなく見た目に比べると思ったよりスープは飲みやすいという口コミがあります。

トッピングは、万能ねぎ、白ネギ、もも肉チャーシュ、メンマ、鶏そぼろでラーメンの追加トッピングないでは多いほうです。チャーシューは大きいが鶏のためジューシーさはないが食べやすく、濃厚なスープと相性は良いです。とりそぼろは食べるとスープの中に沈んでいくので、ちょっと食べにくさを感じるが蓮華でうまく救ってたべるようにすると問題ないです。白鶏ラーメンは濃厚で旨味が強く美味しいと評判でした。

鶏の穴口コミ:丁寧な下処理が目を光るラーメン

池袋で人気ということでショッピングがてらに、話題のラーメン店である鶏の穴によってみました。店内にはメニューがシンプルに表示されているので、迷わずにラーメンを選択することがdえき、分かりやすいので良いと感じました。初めて訪問する場合にはこういったお店の方が助かります。白鶏ラーメンをオーダーしスタッフに半券を渡してカウンターで待機!

ラーメンの見た目は、鶏の出汁が丼に凝縮しているようで旨味と鶏の美味しい香りがぷんぷん漂ってきます。スープはレンゲですくうと少し粘土はあるものの、しつこさはなく、鶏の出汁が素直に楽しめます。麺も中太麺で鶏そぼろがスープと一緒に麺によく絡み、食感や味の変化が付き旨味が強いと感じました。麺のつるつるといた感じが濃厚な鶏のスープと相性抜群。

しっかりと煮込まれて作られたであろう、鶏のチャーシュはあっさりしているので白濁の鶏の出汁にマッチしていて食べ応えがありました。丁寧な下処理がされているので、スープにえぐみが無く鶏の旨味と美味しいさが感じられる1杯で、鶏系のラーメンが好きな方には非常にクセになるラーメンです。リピーターが多いのも納得の味でした。

鶏の穴口コミ:身体が無性に求めるラーメンの一つ

池袋の中でも鶏のラーメンといえば私の中でもここというように、身体に記憶されている旨い味が堪能できるお店になります。白鶏ラーメンはもうかれこれ何度も訪問し食べていますが、今だに飽きないのは濃厚な見た目でありながらあっさりとした塩ラーメンであるからでしょう。鶏の出汁はしっかりと聞いているのでえぐみが無いのでリピートしてしまいます。

どんぶりの見た目のスープは黄色がかった鶏油が印象的ですが、ひとくちスープを飲むと比呂がおるのは鶏の旨味とたぷたぷのコラーゲン。濃厚でありながら麺に絡みつくスープが相性が良く、手を止めることなく最後まで完食。トッピングの鶏のもも肉も柔らかく煮込まれているので、ラーメンというよりは上品な水炊きを一杯のラーメンで表現しているような美味しいラーメン店です。
 

鶏の穴口コミ:トッピングの煮卵が可愛い赤鶏ラーメン

池袋でも有名なラーメン店ですがお店は隠れ家的な場所にあるので、訪問しやすいラーメン店と言えます。何度か足を運び白鶏ラーメンを注文しているのですが、今回は赤鶏ラーメンに玉子をトッピングでオーダー。赤鶏ラーメンは白鶏ラーメンに比べると程よい辛さと濃厚なスープが美味しいラーメンになります。鶏の穴の人気の煮卵の刻印が赤いスープに浮いて可愛さ抜群だという声があります。

こういったちょっとした手間で味に関係ないところまで、こだわっているので実はこの玉子のトッピングは非常に気に入っています。箸を持参するとこの煮卵が無料でついてくるので、もちろんリピーターの私は持参して訪問。もしくは煮卵でなければ麺を大盛りに出来るので学生にもお勧めと言えるサービスです。

鶏の穴口コミ:鶏白湯の初心者入門道場

東京には鶏白湯のラーメン屋は多数ありますが、多くの人に受け入れられやすい味を提供しているお店というと池袋の鶏の穴が一番かもしれまん。鶏白湯ラーメンが大好きな友人と一緒に鶏の穴を訪問してみたが、鶏系ラーメンには厳しい友人も納得のできのようで、出汁が美味しく麺との相性も抜群で満足頂きつれてきたかいがあったという口コミがありました。
 

赤鶏ラーメンで友人は白鶏ラーメンを頼んだが、赤鶏は味濃いめの辛いスープなので、あっさりよりこってり濃い味が好きな方には赤鶏ラーメンの方がおすすめでしょうし、あっさりしていなながら塩味の効いたスープが好きな方は白鶏ラーメンの方がおすすめです。どちらのラーメンも好みはあまり大きく分かれないと思うほど万人向けの味。コラーゲンたっぷりで女性にもおすすめです。

鶏の穴口コミ:池袋で最高峰の鶏系ラーメン

池袋で話題の鶏白湯ラーメンである、鶏の穴は池袋の東口から明治どうり方面に歩いていくので、場所がちょっと分かりにいくいと言えばそうなのですが最近では口コミなどで多くの人が並んでいるので場所は目立ちませんが、ある意味目立つラーメン店というところでしょう。池袋界隈のラーメン店ではトップ層の人気といっても良いくらい繁盛していてとくに若い年齢層の方が多く並んでいるのが特徴的という声がありました。

今回食べたのは赤鶏ラーメンになる鶏の穴の醤油鶏白湯ラーメンは、スープは話に聞いていたいとおり白鶏に比べると濃厚で辛みがあるので、白鶏ラーメンに比べると男性向けのような気がします。スープは白鶏ラーメン同様に麺によく絡み、するすると麺が進みます。麺は中太麺でコシが強いので食べ応えがあり、トッピングされている鶏ももチャーシューも美味と評判でした。

麺を完食した後は、丼のそこに沈んでいる鶏そぼろと一緒にスープを最後まで味わうのもこちらの店のだいご味かもしれません。普通のラーメンに比べるとコラーゲンがたっぷりなので、翌朝肌がぷるぷるしているので試してみて下さい。ただしラーメンなのでスープを飲んだ日は塩分取りすぎ注意です。また鶏の穴の半熟卵はふわとろなので是非一緒にトッピングしましょう。

Thumb池袋東口のラーメンおすすめランキングTOP27!つけ麺店も紹介! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

鶏の穴池袋本店でこく旨ラーメンの味を味わってみよう!

池袋で人気のラーメン店舗である「鶏の穴」について詳しく解説させて頂きましたが如何だったでしょうか?若者の情報発信地の一つである池袋には多くのラーメン店が店を構えていますが鶏専門のラーメン店では名店の一つです。また池袋の鶏の穴の店舗では、他店には無い限定メニューも用意されているので池袋に遊びに行った際には是非一度立ち寄ってみてください。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ