シチューにブロッコリーを入れるタイミングは?切り方・下茹でも解説!

シチューにブロッコリーを入れるととても彩りが良く美しいものです。シチューは野菜をたっぷりと食べることができるだけでなく、身体も芯から温めてくれる栄養満点の優しい料理です。シチューにブロッコリーなどの緑の野菜を入れることで見た目にも華やかになり、食欲をそそります。ブロッコリーは入れるタイミングや方法を知ることで煮崩れを防ぐことが可能です。今回はシチューにブロッコリーを入れるタイミングや、ブロッコリーの切り方、下茹での方法など詳しく紹介します。

シチューにブロッコリーを入れるタイミングは?切り方・下茹でも解説!のイメージ

目次

  1. 1シチューにブロッコリーを入れるにはどのタイミングがいいの?
  2. 2シチューにブロッコリーを入れるタイミングを解説!
  3. 3シチューにブロッコリーを入れる下準備を覚えておこう!
  4. 4シチューに入れるブロッコリーを下茹でなしで使うレシピを紹介
  5. 5シチューにブロッコリーを使った人気のおすすめレシピ
  6. 6シチューにブロッコリーを入れるタイミングを知っておこう!

シチューにブロッコリーを入れるにはどのタイミングがいいの?

野菜たっぷりの温かな料理のシチューは家庭料理の定番です。シチューにブロッコリーを入れると、鮮やかな緑が差し色となって、シチューをよりいっそうおいしい見た目に仕上げてくれるものです。ですが、ブロッコリーを入れてシチューを作ると、ブロッコリーが煮崩れしてしまい、跡形もなくなってしまった経験がある人もいるのではないでしょうか?

シチューにブロッコリーを入れるタイミングには、ちょっとしたポイントがあります。ポイントを押さえることで、シチューの見た目を崩すことなく、ブロッコリーをシチューに加えることが可能です。今回は、シチューにブロッコリーを入れるタイミングや、ブロッコリーの切り方、下茹でなどの下ごしらえの方法など詳しく紹介します。

シチューにブロッコリーを入れるタイミングを解説!

シチューの具材としてブロッコリーを入れるととてもおいしいものです。また、彩りもキレイでシチューのおいしさをワンランク引き上げてくれます。ブロッコリーはシチューにピッタリの食材ですが、入れるタイミングが難しく、悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

ブロッコリーはシチューに入れるタイミングを誤ってしまうと、煮崩れして跡形もなくなってしまうばかりでなく、シチューの見た目も緑色ににごってしまう場合があります。せっかくおいしく作ったシチューは見た目にも気を配りたいものです。ここでは、シチューにブロッコリーを入れるタイミングについて詳しく解説します。

シチューの色どりにはブロッコリーがおすすめ

シチューには玉ねぎニンジン、じゃがいもなどの野菜がたくさん入っています。どれもおいしい野菜ばかりですが、緑色の野菜を入れると、全体の色合いが引き締まり、シチューの彩りが華やかなものになります。緑色の野菜にはアスパラやほうれん草などさまざまなものがありますが、その中でもブロッコリーがおすすめです。

ブロッコリーは鮮やかな緑色をシチューにプラスするだけでなく、その味わいもシチューにぴったりです。ブロッコリーの程よい甘さは、シチューのコクのある味やまろやかさとの相性がとても良いものです。また、他の野菜とも調和がとれるため、バランスの良いシチューを作ることができます。

ブロッコリーは最初から茹でると色も悪く形も崩れてしまう

シチューを作るときの手順は、具材を炒めて水を入れて煮込んでいくものです。しかし、ブロッコリーを最初から入れてシチューを作ってしまうと、ブロッコリーのキレイな緑色があせてしまいます。また、火が通りすぎることでブロッコリーの形も崩れてしまい、シチューに溶け込み、全体に緑色が広がってしまいます。

ブロッコリーは加熱しすぎると、鮮やかな緑色が色あせてしまうものです。また、せっかくブロッコリーを入れるのならば、その歯ごたえや食感を楽しみたいものです。シチューに最初から入れて茹でてしまうと、その食感も損なわれてしまいます。

せっかくシチューを作るのなら、完璧なシチューを作りたいものです。おいしくて見た目も美しい理想のシチューを作るためには、ブロッコリーを入れるタイミングが重要です。ブロッコリーをシチューに入れたいときは、他の野菜たちと一緒に最初から茹でることは避けましょう。

ブロッコリーはトッピングとして最後に入れるのが正解!

シチューにブロッコリーを入れるタイミングはいつが一番ベストなのか、迷ってしまう人も多いのではないでしょうか?おいしい状態のブロッコリーをシチューで楽しむためには、ブロッコリーを入れるタイミングがとても大切なものです。

ブロッコリーをシチューに入れるタイミングは、トッピングとして最後にシチューに入れるのが一番良いタイミングでしょう。シチューにトッピングとして入れることで、煮崩れてしまったり、シチューの色を損なうこともありません。また、ブロッコリーの歯ごたえや味わいも楽しむことができます。

また、ブロッコリーのキレイな緑色を損なってしまう心配もありません。せっかくシチューにブロッコリーを入れるのならば、ベストな状態のブロッコリーを使いたいものです。シチューにブロッコリーを入れるタイミングは最後にしましょう。

お皿に入れてからトッピングしても大丈夫

ブロッコリーを入れるタイミングは最後の仕上げに入れることが大切ですが、お皿に入れてからトッピングしても大丈夫です。お皿に入れた後にトッピングすることで、シチューがブロッコリーにかからないため、ブロッコリーの緑色を更に際立たせることができます。

また、出来上がったシチューそのものにブロッコリーを入れないので、シチューを多めに作ったときでもブロッコリーの色があせてしまったり、煮崩れてしまう心配がありません。シチューをお皿に盛り付けた後にバランスよくブロッコリーをトッピングすることも、ブロッコリーを入れるおすすめのタイミングです。

シチューにブロッコリーを入れる下準備を覚えておこう!

シチューにブロッコリーを入れたいと考えたとき、そのまま入れて良いのか、下準備が必要なのかなど、ブロッコリーの扱い方に悩む人も多いものです。シチューにブロッコリーを入れたい場合は、ちょっとした下準備が必要です。下準備しておけばシチューにいつでもブロッコリーを入れてたべることができます。

シチューに入れるブロッコリーの下準備の方法をきちんと知ることで、おいしいブロッコリー入りのシチューを作ることができます。せっかくなら、ブロッコリーの入ったおいしいシチューを完璧に作り上げたいものです。ここでは、シチューに入れるブロッコリーの下準備の方法を詳しく解説していきます。

ブロッコリーの切り方

ブロッコリーを切るとき、子房に分けようとしてつぼみの部分がバラバラにほぐれてしまったり、思うように切れないことを経験した覚えがある人も多いのではないでしょうか?ブロッコリーの切り方には、ちょっとしたコツが必要です。切り方のコツを押さえることで、ブロッコリーを上手に切ることができます。

ここでは、ブロッコリーの切り方を詳しく紹介します。シチューなどの料理に入れるブロッコリーは、せっかくなら自分好みの大きさに切り分けたいものです。ブロッコリーの切り方のコツを覚えて、シチューや他のいつもの料理に役立ててください。

ブロッコリーの切り方は、まず、つぼみが付いていない細い枝を切り落とします。手で簡単に取れる場合もありますので、その場合は、手で軽く曲げて折って取りましょう。不要な枝が取れたら、次はつぼみを切り落としていきます。

ブロッコリーはつぼみが枝分かれしているので、枝分かれしているところの付け根部分に包丁を当てて、つぼみを外側からひと塊ずつ切り落としていく切り方が最適です。大きくブロッコリーのつぼみが切り取れたら、好きな大きさにカットしていきましょう。このときの切り方に、ちょっとしたコツが必要です。

ブロッコリーはつぼみ部分に包丁を入れてしまうと、つぼみがバラバラに切り取られてしまいます。そのため、つぼみを子房に切り分けたいときには、包丁は茎の部分までに切れ込みを入れて、つぼみの部分は手で割くと、バラバラにならずに子房に分けることができます。

ブロッコリーを切るときは、包丁でカットして良いところは茎の部分だけ、つぼみ部分は包丁で切らずに茎に切れ目を入れて割くことが大切なポイントです。この切り方のポイントを押さえておけば、ブロッコリーをいつでもキレイに切ることができます。

正しい切り方でブロッコリーを子房に切り分けたあとは、しっかりと水で洗うことが肝心です。ブロッコリーのつぼみは密集しているため、ほこりや虫が入っていても気づきにくいものです。洗い方は、子房に切り分けたブロッコリーをボウルいっぱいの水に浸します。

ブロッコリーが浮いてこないように上にざるなどの重石を乗せておくと、きちんと浸すことができます。数分浸したら、ブロッコリーを水の中で振るように動かして洗いましょう。水に数分浸すというひと手間をかけることで、ブロッコリーのつぼみの間からほこりや虫などを追い出すことができます。

ブロッコリーは茎まで食べよう!

ブロッコリーを食べるときに、子房に切り分けたつぼみは食べるけれど、根元の茎は捨ててしまっている人も多いのではないでしょうか?実はブロッコリーは茎まで食べられます。せっかくブロッコリーを食べるのなら、可食部分は全て食べたいものです。ここでは、茎の切り方を紹介していきます。

ブロッコリーのつぼみを切り取ってしまった茎は、周りの皮を厚めにむいて取りましょう。皮は筋っぽく硬いので、食べることに向いていません。皮をむいたら、食べやすい大きさにカットしましょう。切り方は棒状に切ったり、薄切りや乱切りなど、どのような切り方にしてもおいしくいただけます。

茎もつぼみ部分と同様に加熱してから食べましょう。火をきちんと通すことで、やわらかくなり甘みが増します。つぼみ部分よりも歯ごたえがあり、ボリュームもあるため、料理やサラダに加えるとお腹がいっぱいになる満足感のある一品に仕上がるでしょう。茹でたブロッコリーの茎はそのままマヨネーズなどをディップして野菜スティックのように食べてもおいしいです。

ブロッコリーをシチューに入れるには下茹でが必要

ブロッコリーをシチューに入れるタイミングは、最後のトッピングのときです。そのため、ブロッコリーにはあらかじめ火を通して置く必要があります。下茹でをしてブロッコリーをすぐに食べられる状態にしておけば、すぐにシチューにトッピングすることが可能です。

下茹での方法は、1リットルの水に対して小さじ1杯の塩を入れ入れます。作った塩水を鍋に入れて沸騰させます。沸騰したら、子房に切ったブロッコリーを入れて、落としぶたをして約2分茹でます。ブロッコリーは水に入れても浮いてきてしまうため、落としぶたをして全体を満遍なく火を通すことがポイントです。

ブロッコリーの茎を一緒に茹でたい場合は、先に茎を数分早めに入れておきましょう。つぼみの部分よりも茎の方が固く火通りが悪いため、先に入れておくことで茹でる時間を長くすることが必要です。ブロッコリーの色が鮮やかな緑色になり、茹で上がったらざるに移してそのまま冷まします。

ブロッコリーをざるに取ったあとは、そのまま常温で冷ましましょう。急いで冷ましたいからといって水に浸けたり、掛けてしまうことは禁物です。ブロッコリーのつぼみは水気を吸いやすいものです。水に浸けてしまうとつぼみが水を吸収し、水っぽくなるばかりでなく、食感も悪くなってしまいます。ブロッコリーは必ずざるに移して、そのまま冷ますようにしましょう。

レンジを使っても下茹でできる!

ブロッコリーを茹でるためだけにお湯を沸かすのは、少し手間がかかると感じるものです。できればお湯を沸かさずにブロッコリーを下茹でしたいと思う人も多いのではないでしょうか?ブロッコリーはレンジを使用して下茹ですることも可能です。

レンジを使用したブロッコリーの茹で方は、まず、ブロッコリーを子房に切り分けて水洗いをしておきます。耐熱容器に水洗いをしたブロッコリーを入れて、水気が足りないようなら少し水を足します。ふわっと軽くラップをするか、フタをするときは少し隙間を残しましょう。1株あたり、加熱は600wで約4分です。

少量の場合は、1分ずつ加熱してみて様子をみましょう。ブロッコリーの固さは固めで大丈夫です。あとでシチューに入れたときにシチューの余熱で少し火が通るため、ちょうど良い食感になるでしょう。やわらかめのブロッコリーが好きな場合は、もう少し加熱しておくと良いでしょう。

レンジを使って下茹でしたあとは、上にかぶせたラップやフタは外しておきましょう。被せたままにしておくと、蒸発した水分が水滴になりブロッコリーにかかってしまいます。ブロッコリーを水っぽくさせないために、ラップやフタは外すことが大切です。

シチューに入れるブロッコリーを下茹でなしで使うレシピを紹介

シチューにブロッコリーを入れるとき、下茹でが必要だと分かっていても、忙しかったり疲れているときは下茹でなしで使えないものかと考えることもあるものです。下茹でなしでもブロッコリーが入ったシチューを作ることは可能です。ここでは、下茹でなしでブロッコリーを入れるタイミングや使うレシピなどを詳しく紹介します。

ブロッコリーの下茹では必ず必要?

ブロッコリーの下茹ではそもそも必要なのかと疑問に思うこともあるものです。ブロッコリーは下茹でをしてからシチューに加えると、ブロッコリーに余計な火が入らないため、柔らかくなりすぎず、適度な歯ごたえを残すことができます。

また、煮崩れる心配がないため、シチューに溶け込みシチューの色を変えてしまうこともありません。そのデメリットを防ぐためには下茹でが必要です。しかし、逆に言えばこのデメリットをメリットととらえることができれば下茹では不要ということになります。

柔らかいブロッコリーが大好きな人や、いつもと違ったシチューが作りたいときなどは、ブロッコリーを下茹でせずにそのまま煮込んでしまうのも良いでしょう。下茹でなしでそのまま煮込むことで、ブロッコリーがとても柔らかくなり、優しい食感になります。固い野菜が苦手な人や柔らかい食感が好きな人におすすめです。

ブロッコリーを下茹でなしで作るシチューの作り方

ブロッコリーを下茹でなしで作るシチューの作り方は、ブロッコリーを下茹でするという手間が省けるため、とても簡単なものです。2人分の作り方を紹介します。ブロッコリー半分を小房に分けます。茎を入れる場合は皮を向いて一口大に切りましょう。オリーブオイル大さじ1をフライパンで熱し、短冊切りにしたベーコン2枚とスライスした玉ねぎ半個分を炒めます。

具材がしんなりしてきたら、小麦粉大さじ2を入れてしっかりと炒めます。粉気が無くなったら牛乳2カップを入れてよく混ぜます。切っておいたブロッコリーと、斜めに切ったソーセージ6本、塩小さじ3分の1を入れて煮ていきます。ブロッコリーが柔らかくなったらできあがりです。お好みでこしょうをふりましょう。

下茹でなしのブロッコリーを加えるタイミングは?

シチューを作るとき、下茹でなしのブロッコリーを加えるタイミングはいつなのか知っておきたいものです。下茹でなしでブロッコリーを使う場合は、水や牛乳を加えて煮込んでいくという段階でブロッコリーを加えるのがポイントです。

このタイミングで入れることで、ブロッコリーが焦げてしまったり、やわらかくなりすぎてしまうことを防ぎます。炒める段階で入れてしまうと、焦げついてしまったり、ブロッコリーが崩れすぎてしまうことがあります。下茹でをせずにブロッコリーをシチューに加えたい場合は、煮込む直前のタイミングでブロッコリーをシチューに入れましょう。

下茹でなしでブロッコリーを加えると栄養を逃がしにくい?

ブロッコリーを下茹でなしでシチューに加えることで得られるメリットもあります。ブロッコリーは下茹でをすることで、水に溶けやすいビタミンCやカリウムが流れ出てしまうものです。せっかくの栄養はできるだけ流出を防ぎたいものです。下茹でなしでブロッコリーをシチューに加えることで、栄養を逃がさずシチューに含ませることが可能です。

また、下茹でをしないことで、余計な水分をブロッコリーが吸っていないため、シチューが水っぽくなってしまう心配もありません。余計な水が加わらないことで、シチューの風味やうまみがうっかり損なわれてしまうことがないのも、シチューに下茹でなしでブロッコリーを加える嬉しいポイントです。

シチューにブロッコリーを使った人気のおすすめレシピ

ブロッコリーを入れたシチューを作りたくてもレシピを詳しく知らないことがあるものです。せっかくならおいしいブロッコリー入りのシチューを作りたいものです。ここでは、シチューにブロッコリーを使った人気のおすすめレシピを紹介します。

柔らかく煮込んだ肉が絶品「定番の味のビーフシチュー」

ほろほろのお肉とトロトロの野菜やシチューはとてもおいしいものです。ブロッコリーとの相性もピッタリなビーフシチューのレシピです。作り方は牛肉300gを食べやすい大きさに切り分けて、塩こしょうをふります。

ニンニク1かけと玉ねぎを薄くスライスし、にんじん半本は乱切りにします。厚手の鍋を火にかけて、バター20gを溶かして牛肉を炒めます。焼き色が付いたら取り出しましょう。そのままの鍋で玉ねぎ、にんにく、にんじんを炒めていきます。

全体がしんなりしたら弱火にして、焼いた牛肉、ローリエ1枚、マッシュルーム4個、赤ワイン150cc、野菜ジュース250ccを加えて10分煮込みます。煮立ったらチョコレート2かけを入れます。鍋の底が焦げないようにしっかりと底からかき混ぜながら、とろみがつくまで5分煮込みます。塩こしょうで味を整え、器に盛り、仕上げに生クリーム適量と下茹でしたブロッコリーを乗せてできあがりです。

優しく体を温めてくれる「豚肉のホワイトシチュー」

ホワイトシチューのシチューの定番です。作り方は、豚肉300gを食べやすい大きさに切って塩こしょうで下味をつけておきます。玉ねぎ1個はくし切り、じゃがいも3個とにんじん1本は食べやすい大きさの乱切りにします。しめじ150gは石づきを取って小房に分けます。ブロッコリー150gは小房に切り分けて下茹でしておきましょう。

厚手の鍋にブイヨン800ccと肉、ローリエ1枚を入れて煮立たせます。アクをすくってから野菜を入れて20分煮込みます。別の鍋にバター30gを熱して溶かし、小麦粉30gを入れて炒め、粉気が無くなったら牛乳300ccを入れて溶きのばします。具材を煮込んでいる鍋に作ったホワイトソースを入れて塩こしょうで味を調え、最後にブロッコリーを加えたらできあがりです。

シチューにブロッコリーを入れるタイミングを知っておこう!

シチューにブロッコリーを入れると色がカラフルになり見栄えが良いです。見た目が良いだけでなく、食感も楽しむことができ、栄養もプラスすることができます。ブロッコリーを入れるタイミング次第ではシチューのおいしさを半減させてしまいますが、入れるタイミングを覚えることで、シチューをワンランクおいしさをアップさせることが可能です。

ブロッコリーは下茹でをしてもおいしくいただけますが、下茹でをせずにシチューと一緒に煮込んでも、やわらかく味も濃厚でおいしいものです。シチューにブロッコリーを入れるタイミングをしっかりと覚えて見極めることで、おいしいシチューを作ることができます。ブロッコリーをシチューに入れるタイミングを覚えて、シチューをおいしく作ってください!

Thumbブロッコリーの栄養価がすごい!効能や効果を逃がさない食べ方を紹介 | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ