豚ロースの厚切りを柔らかくする裏ワザとは!簡単なコツを紹介!

厚切りの豚ロース肉を柔らかくする裏ワザを、あなたはご存知ですか?数えきれないといえば、大袈裟ですけれど、本当にたくさんの裏ワザが、実はあるのです。牛肉と比べると、値段も安いですし、豚肉はなにか1級格下の肉と思われがちです。ところが、牛肉にはないウリが豚肉にはあります。豚肉というのは、生食が利かない代わりに、手を加えるほどに旨くなる性質をもっているのです。豚ロース肉の厚切りも、柔らかくするだけではなく、さらに美味しくもできます。そんな裏ワザを紹介します。

豚ロースの厚切りを柔らかくする裏ワザとは!簡単なコツを紹介!のイメージ

目次

  1. 1豚ロース肉をよく知ろう
  2. 2豚ロース肉は牛ロース肉より格上!
  3. 3厚切り豚ロース肉を柔らかくする2つの裏ワザを科学する
  4. 4厚切り豚ロース肉を包丁などで柔らかくする
  5. 5厚切り豚ロース肉を重曹で柔らかくする
  6. 6厚切り豚ロース肉を塩麴で柔らかくする
  7. 7厚切り豚ロース肉を蜂蜜や砂糖で柔らかくする
  8. 8厚切り豚ロース肉をアルコール類で柔らかくする
  9. 9厚切り豚ロース肉を炭酸飲料で柔らかくする
  10. 10厚切り豚ロース肉を牛乳やヨーグルトで柔らかくする
  11. 11厚切り豚ロース肉をジャムや酢で柔らかくする
  12. 12厚切り豚ロース肉を果物で柔らかくする
  13. 13厚切り豚ロース肉をキノコで柔らかくする
  14. 14厚切り豚ロース肉を玉ネギや大根で柔らかくする
  15. 15厚切り豚ロース肉を塩水で柔らかくする
  16. 16柔らかくした豚ロース厚切り肉を活かすレシピ
  17. 17厚切り豚ロース肉を柔らかくするためのまとめ

豚ロース肉をよく知ろう

ロース肉とは、豚の肩から腰にかけて背骨側の部位で、赤身と脂身のバランスがよく、肉質は柔らかで旨みが多い部位です。栄養素としては、蛋白質やビタミンB1が多く含まれ、脂質には、オレイン酸も多く含まれています。豚肉の脂身は、人の口中の温度でも溶ける性質をもっています。しゃぶしゃぶ、生姜焼き、豚カツ、ポークソテー、チャーシュー、ハムなど幅広く利用できます。

豚ロース肉は牛ロース肉より格上!

豚肉は、ふつう生食することはありません。よく火を通してというのが、一般的です。これにたいして、牛肉といえば、もちろん加熱しても食べられますが、旨い牛肉は、生に近い状態のほうが旨いのが通例で、ステーキをレア状態で食べるのが、よい例です。豚肉は、そうではありません。火を入れたり、調味料を加えたりすることで、ますます旨くなります。この記事のテーマである「柔らかくする」ということも大歓迎の豚肉なのです。

牛肉は、高い価格のものを選べば、その分だけ旨いという、融通の利かない傾向があります。豚肉は、価格が安いうえに、工夫次第で美味しく食べることができる、自在性があるのです。こんな豚肉の特徴を、活かさない手はありません。厚切りの豚ロース肉を、いっそう柔らかく、いっそう美味しく食べるための裏ワザを、じっくり紹介していきます。

Thumb豚肉を柔らかくする簡単な方法は?時短のやり方と焼く時のコツ! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

厚切り豚ロース肉を柔らかくする2つの裏ワザを科学する

厚切り豚ロース肉を柔らかくする物理的な裏ワザ

厚切りの豚ロース肉を柔らかくするための、物理的な裏ワザは、肉の筋繊維を切断したり、筋を切っておくことです。肉叩きや包丁を使ってやるわけですが、肉が柔らかくなるばかりではなく、焼いているときなどに、肉が反りかえるのを防ぐことができます。

厚切り豚ロース肉を柔らかくする化学的な裏ワザ

厚切りの豚ロース肉を柔らかくする、化学的な裏ワザは、酵素や酸性値を利用することです。蛋白質の塊である肉を柔らかくするために、酵素の蛋白質分解作用を使います。厚切り肉を、酵素を含む食材につけることで、肉に酵素が浸透して柔らかくなるのです。あるいは、肉のPH(酸性値)を、酸性食品である炭酸飲料などで変えます。

肉が硬いのは、PHが5のときです。これを、炭酸飲料などにつけておくことで、PHを下げることができて、厚切り豚ロース肉を、柔らかくすることができるのです。

柔らかくしたい肉を台無しにしないための注意事項

ここで、中間のまとめとして、柔らかくした肉を台無しにしないための、基本的な裏ワザを説明しておきます。厚切りの豚ロース肉を、この後に述べる具体的ないろいろの裏ワザで、柔らかくする手順を取った後に、たいていの場合は冷蔵庫に保管すると思います。そして、調理にかかるときに冷蔵庫から出すわけですが、煮るにしろ、焼くにしろ、常温状態へ、肉を一番先に出してから、他の調理準備を始めるようにしてください。

常温状態にしてから、20分以上かければ理想的です。他の野菜を刻むなどの作業をしていれば、そのくらいの時間は経過するでしょう。冷たいままの肉を焼くと、表面と内部との温度差が激しすぎて、表面は黒焦げなのに、中は冷たいままということになります。挙句の果てに、柔らかい豚ロース肉を焼きすぎて、結局硬くしてしまうことにつながります。

また、塩や胡椒は、調理直前に振るように心がけてください。時間経過とともに、肉が硬くなり、旨味が流れ出てしまう原因となります。最後に、厚切り豚ロース肉を焼いたり、揚げたりする調理の場合は、小麦粉を薄くまぶすと、柔らかく、美味しく仕上がります。同時に、厚切り豚ロース肉の旨みも、外に逃げにくくなります。

厚切り豚ロース肉を包丁などで柔らかくする

厚切りの豚ロース肉を柔らかくする、裏ワザを紹介します。肉が硬いというのは、肉の筋繊維がしっかりしすぎているということです。豚肉の表面を肉叩きで、軽く叩いて肉の筋繊維を切断しておくことで、厚い豚ロース肉も柔らかくなります。肉叩きがお家にない場合は、包丁のミネ側を利用して、軽く表面を叩いてやれば、肉叩きと同じ効果が得られます。

さらに、包丁の切っ先を使って、筋を切る裏ワザがあります。ここで気をつけたいのは、厚切り豚ロース肉を切りすぎないことです。白い脂身と赤身の間に、やや透明な線が入っています。それが筋です。その筋にたいして、直角にわずかに切れ目を入れればよいのです。よく見かけるのは、脂身の外側までや、赤身の中心部まで切れ込みが入ってしまっている光景です。これだと、肉の旨みである肉汁が、焼いている間に流れ出てしまいます。

厚切り豚ロース肉を重曹で柔らかくする

厚切り豚ロース肉を、重曹で柔らかくする裏ワザです。1%程度の重曹液を作り、これに豚肉を2時間ほどつけます。この際には、ジッパーバッグのなかに重曹液と豚肉を入れて、密封真空状態でつけこむのがベターです。使用する重曹液も、少なくてすみます。調理するときは、ペーパータオルなどで、しっかり重曹液をふき取ってから、調味してください。

厚切り豚ロース肉を塩麴で柔らかくする

塩麴を厚切り豚ロース肉にぬり、ジッパーバッグに密閉して、冷蔵庫で1時間ほどおきます。これは、かなり効果的に肉を柔らかくすることができる、裏ワザです。ただし、豚肉を焼くときに、ひじょうに焦げやすいので、塩麴をしっかり拭い去ってから調理してください。できれば、塩麴だけではなく、あらかじめの味付けをジッパーバッグでしておけば、後の調理の時の手間がはぶけて、2度助かることにもなります。

厚切り豚ロース肉を蜂蜜や砂糖で柔らかくする

厚切り豚ロース肉に、蜂蜜をぬったり、砂糖をまぶしたりして、肉を柔らかくする裏ワザです。蜂蜜も砂糖も量を過ぎると、焼いたときなどの焦げ付きにつながります。蜂蜜には、豚肉の臭みを取り除く作用もあり、砂糖には、豚肉を保湿する効果があって、いずれも厚切り豚ロース肉を柔らかくする、裏ワザとなります。

厚切り豚ロース肉をアルコール類で柔らかくする

厚切り豚ロース肉を、アルコールで柔らかくすることができます。アルコールは、ビール、赤ワイン、酒、焼酎いずれもOKです。ここでは、赤ワインとビールの裏ワザを紹介しておきます。もともと、赤ワインは、肉の臭み取りに利用されていました。その赤ワインに豚ロース肉を1時間ほどつけて、柔らかくします。ビールもほぼ同じですが、飲みかけのビールでもかまいませんが、気の抜けてしまったビールはNGです。

いずれにしても、赤ワインやビール単独では、厚切り豚ロース肉を柔らかくする効果は、他の裏ワザに比べて限定的ですので、一緒に、すりおろしの玉ネギや果物を加えたほうが、効果はあがります。

厚切り豚ロース肉を炭酸飲料で柔らかくする

炭酸飲料に、厚切り豚ロース肉をつけておくことで、柔らかくする裏ワザがあります。炭酸飲料は、ほぼ何でもかまいません。コーラに豚肉を30分ほどつけこんだら、ペーパータオルなどで、よくふき取ってから調理に使います。コーラでもスプライトでもサイダーでもいけます。ただし、厚切り豚ロース肉に余分な味をつけたくない料理の場合は、炭酸飲料といっても、無味無色なソーダ水がよいでしょう。

たとえば、豚カツ料理にこの裏ワザを使う場合は、後に述べる塩水によるか、このソーダ水による方法が必要です。下味がついた豚カツは、ちょっといただけません。

厚切り豚ロース肉を牛乳やヨーグルトで柔らかくする

厚切り豚ロース肉を、乳製品で柔らかくする裏ワザもあります。豚肉に、ヨーグルトをぬりつけて、4~5時間置きます。ぺーパータオルでヨーグルトをぬぐい取るか、流水で流し落とします。ヨーグルトの味、臭いを活かす料理に用いるのがよいでしょう。また、牛乳で厚切り豚ロース肉を柔らかくする裏ワザは、牛乳に豚肉を30分ほどつけます。

牛乳は、もともと肉との相性はよく、肉を柔らかくするだけではなく、肉の臭みも取り除いてくれます。この裏ワザも、豚肉を使用するときは、ペーパータオルなどで、しっかり牛乳をふき取ります。牛乳の場合は、厚切り豚ロース肉を、長時間つけおいても、問題ありません。柔らかくする効果がさらに増します。

厚切り豚ロース肉をジャムや酢で柔らかくする

厚切り豚ロース肉を、酢やジャムで柔らかくする裏ワザです。酢につけることでも、豚肉を柔らかくすることはできます。30分ほどつけこめば、肉は柔らかくなります。けれども、酢による酸味をぬぐい取るのは容易ではないので、その後に酸味が残ってもかまわない、レシピに限られてきます。ジャムで厚切り豚ロース肉を柔らかくする裏ワザは、ジャムだけをぬって、肉を柔らかくするのではありません。

塩麴の裏ワザで説明したように、調理に合ったたソースなどを、あらかじめジャムと合わせて、一緒につけこめばよいと思います。たとえば、酢豚などのレシピには最適でしょう。酢やジャム、どちらも用いても、完成した料理がいっそうの風味をもつことは、まちがいありません。

厚切り豚ロース肉を果物で柔らかくする

果物でも、厚切り豚ロース肉を、柔らかくすることができます。この裏ワザは、酸味を含んだ果物なら何でもかまいません。パイナップル、キウイ、リンゴ、ナシetcです。これらの果物をすりおろして、2時間ほど厚切り豚ロース肉をつけます。注意することは、おろす果物が古かったり、つける肉が薄い豚ロース肉だったりするのは、ダメです。肉が柔らかいのを通り越して、ボロボロになってしまいます。

厚切り豚ロース肉をキノコで柔らかくする

厚切り豚ロース肉を、キノコで柔らかくする裏ワザです。キノコは、シイタケ、シメジ、マイタケetc何でもかまいません。これらを刻んで、水と一緒に豚ロース肉をつけこむだけです。1時間ほどつけこめば大丈夫です。味の変なクセはつきませんから、どんな料理にしていただいてもかまいません。できれば、つけたキノコの水気を切った後に、油で炒めるなどしたうえで、添え物として厚切り豚ロース肉の脇にならべればベストです。

厚切り豚ロース肉を柔らかくする目的だけなら、干したキノコのほうが良いかと思います。キノコに含まれる酵素も、干したものはより凝縮されているでしょうから、厚切り豚ロース肉を、柔らかくする力は強いはずです。

厚切り豚ロース肉を玉ネギや大根で柔らかくする

厚切り豚ロース肉を、玉ネギやダイコンのすりおろしで、柔らかくする裏ワザがあります。すりおろした玉ネギやダイコンに、3時間ほど豚肉をつけこみます。玉ネギと比較すると、ダイコンは、柔らかくする効果が、少し薄いかもしれません。厚切り豚ロース肉は、ペーパータオルなどで、しっかりふき取ってから調理します。つけこんだ、すりおろし玉ネギは、そのままソースと合わせて、タレにすればより効果的です。

このタレは、生姜焼きなどにしたら最高です。生姜焼きやポークソテーのタレは、もともと玉ネギのすりおろしを混ぜ込むのが基本ですから、二度手間にならないばかりじゃなく、豚ロース肉の旨みも加わっていて、よりいっそう美味しくなるはずです。

厚切り豚ロース肉を塩水で柔らかくする

塩水につけて、厚切り豚ロース肉を柔らかくする裏ワザです。つけこむ塩水は、海水なみの3%の塩水です。この塩水に、2時間ほどつけこんだ厚切り豚ロース肉は、柔らかくなっているうえに、水分を含んでいます。肉を焼いたときに、この水分が肉のジューシーさを保つ役割を果たしてくれるのです。特に脂身が少ない肉に、試すべき裏ワザです。この裏ワザを使うときは、調理段階で、塩分を差引くことを忘れないでください。

この裏ワザは、ヨーロッパなどでは、保存調理法として、よく用いられている技法です。特に、赤身の多い肉に用いる裏ワザのようです。

柔らかくした豚ロース厚切り肉を活かすレシピ

ここでは、柔らかくした厚切り豚ロース肉を、揚げる、焼く、煮るといった、バラエティーに富んだいろいろなレシピを紹介します。

塩水で柔らかくした豚ロース厚切り肉を豚カツに

塩水で2時間ほどつけて、柔らかくした厚切り豚ロース肉を、豚カツにします。揚げ油に火を入れる前に、豚ロース肉を冷蔵庫から出して、常温にさらします。揚げ油が温度上昇する間に、繊切りキャベツなどを用意しておきます。これらの時間は、20~30分が必要です。厚切り豚ロース肉に胡椒(ここでは塩は不要です)をふり、小麦粉を薄くまぶしたら、160℃の油へ入れます。これで、豚ロース肉にしっかりと熱を入れます。

揚げる過程で、厚切り豚ロース肉から水分が出ますが、しみ込んでいる塩水がこれを補って、ジューシーな仕上がりとなるはずです。豚ロース肉が浮いてきたら、いったん取り出しておきます。油を190℃に上げて、先ほどの豚ロース肉を再度、油へ投入します。こんがりとしたキツネ色がついたら、取り出して余熱で中まで火が通るようにします。ザクっと切り分けて、繊切りキャベツ、溶き辛子、レモンの輪切りを添えて完成です。

この厚切り豚ロース肉の豚カツは、自然塩をちょいとつけて食べていただきたいです。そのほうが、豚ロース肉の旨みをストレートに味わうことができます。もちろん、豚カツソースで食べるのも悪くはありません。

すりおろし玉ネギで柔らかくした豚ロース厚切り肉を生姜焼きに

すりおろし玉ネギで柔らかくした、厚切り豚ロース肉を生姜焼きにします。豚肉は、冷蔵庫から出して、常温にもどしておきます。その間に、繊切りキャベツを刻んでおきます。生姜焼きのタレは、豚ロース肉をつけたおろし玉ネギを、タレの基本ベースにして、おろし生姜、醤油2、ミリン1、酒1を混ぜ合わせたものを用意します。加熱する前のテフロン加工のフライパンに、厚切り豚ロース肉をのせてから、弱火~中火程度の火を入れます。

時間をかけて、厚切り豚ロース肉をじっくり焼き上げたら、器に盛って繊切りキャベツを添えます。先ほどのフライパンにタレを投入して、ひと煮立ちさせたら、豚ロース肉に回しかけて完成です。

塩麴で柔らかくした厚切り豚ロース肉をチャーシューに

塩麴を使って柔らかくした、厚切り豚ロース肉は、タコ糸で縛っておきます。フライパンを熱し、厚切り豚ロース肉の全面に焼き色をつけます。次に、深鍋へ水をたっぷり入れて、長ネギの青い部分と薄切り生姜、干しシイタケを加え、焼き固めた豚ロース肉も加えて、強火にかけます。沸騰したら、火を弱めてアクを取り除きながら、2時間以上、茹でます。肉に、竹串がスッと入るような柔らかさになったら、火を止める。

厚切り豚ロース肉を深鍋から取り出して、別鍋に入れます。深鍋の茹で汁を濾してから、別鍋に、肉がひたひたにかぶるくらい、加えます。醤油とミリン、酒も加えたら、強火にかける。沸騰したら弱火に変えて、20分ほど煮ます。火を止めて、たまり醤油を少々回しかける。厚切り豚ロース肉を鍋止めにしたまま、冷ましておきます。冷める過程で、肉に味がしみ込むはずです。常温まで冷まして、肉を取り出します。

厚切り豚ロース肉チャーシューを鍋から取り出して、内部の肉汁が落ち着くまで待ったら、適当な大きさに切り分けます。肉を煮込んだ汁を少し分け取り、蜂蜜を加えて少し甘めのつけタレとします。器にチャーシューを盛って、溶き辛子を添えたら、厚切り豚ロース肉チャーシューの完成です。

塩麴で柔らかくした厚切り豚ロース肉の味噌風味タレ焼き

塩麴と味噌小さじ1、酒大さじ2、ミリン大さじ2を合わせて、ジッパーバッグに入れます。厚切り豚ロース肉も加えて、冷蔵庫で1時間ほど置いたら、ジッパーバッグから肉を取り出し、常温にもどします。フライパンを弱火にかけて、スライスしたニンニクを軽く炒めて、香りが出たらニンニクを取り出し、ジッパーバッグのタレに加えておきます。焼き焦げを防ぐために、ペーパータオルで、厚切り豚ロース肉のタレをぬぐい取ります。

厚切り豚ロース肉に胡椒(ここでも塩は不要)をふり、フライパンに入れて、弱火~中火くらいで、じっくり焼きあげます。肉に竹串を指してみて、透明な脂が出てくるようなら、中まで火が入ったサインです。ジッパーバッグのタレを回しかけて、ひと煮立ちさせたら完成です。

キノコで柔らかくした厚切り豚ロース肉でポークソテー

シメジとマイタケ、マッシュルームは適当に切り分ける。キノコの水を加えて、厚切り豚ロース肉も加えて、ジッパーバッグでなじませて、1時間ほど冷蔵庫に置く。冷蔵庫から出して、厚切り豚ロース肉を常温にもどします。キノコは水気を切っておく。フライパンを熱し、サラダ油を敷いて、塩、胡椒をふった豚肉を加えたら、中火でじっくり両面を焼きます。焼き上げたら、フライパンから肉を取り出し、皿に取っておきます。

フライパンに残った油で、塩、胡椒をふってキノコを炒めます。水を少量加えて蓋をし、蒸し焼きにします。ブルーチーズを加えて、チーズが溶けたら、生クリームも加えて、ひと煮立ちさせてから、厚切り豚ロース肉をもどし入れます。肉が温まったら、皿に盛り、キノコソースを上から回しかけて、厚切り豚ロース肉のポークソテー茸チーズソースの完成です。

レモンで柔らかくした厚切り豚ロース肉のポークソテー

レモンで柔らかくした厚切り豚ロース肉で、ガーリックレモン醤油風味のポークソテーです。レモンは、1cm厚さの輪切り1切れを、取り除いておきます。残りのレモンは、絞ってレモン汁にする。レモン汁と白ワイン、醤油、おろしニンニクを合わせて、ジッパーバッグのに入れ、厚切り豚ロース肉も加えて密封し、1時間ほど冷蔵庫に置きます。取り出した厚切り豚ロース肉を、常温にもどして、塩、胡椒をふります。

フライパンを熱し、オリーブオイルを敷いて、中火で厚切り豚ロース肉を焼き上げる。輪切りレモンも、豚肉の脇で両面を焼きます。ジッパーバッグのつけタレを加えて、ひと煮立ちさせたら、皿に肉を盛り、輪切りレモンを上にのせて、ソースを回しかける。厚切り豚ロース肉のポークソテー、ガーリックレモン醤油風味の完成です。

厚切り豚ロース肉を柔らかくするためのまとめ

厚切りの豚ロース肉を柔らかくする、さまざまな裏ワザを紹介してきました。それらの方法を活かすためには、今からどんな料理を作るのかが、大切になります。完成した料理の味を邪魔しない、あるいは完成した料理の味付けに手助けとなる、そんな材料はどれなのかを考えていきたいものです。そこで、豚ロース肉を柔らかくする材料は、おのずと決まってくるはずです。

逆に、いまお家にある、厚切り豚ロース肉を柔らかくする材料を基点にして、その日の献立を決める裏ワザもあります。今晩の献立は何にしようか?と悩まなくてもすむ分、これは良策かもしれません。

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ