551のチルド商品をお土産に!おすすめ販売店や絶品の食べ方を解説

551の豚まんなどのチルド商品は大阪のお土産に大人気です。シンプルな具ながら味わい深い551の豚まんはお土産に持って行けば喜ばれることは間違いありません。こちらでは551の店舗とチルド商品に家庭での美味しい食べ方を紹介しています。

551のチルド商品をお土産に!おすすめ販売店や絶品の食べ方を解説のイメージ

目次

  1. 1551のチルド商品がお土産におすすめ!
  2. 2551のチルド商品のおすすめ販売店
  3. 3551のチルド商品の美味しい食べ方
  4. 4551のチルド商品をお土産に買って帰ろう!

551のチルド商品がお土産におすすめ!

551の豚まんはチルド商品も有名です。可能ならテイクアウトの方が豚まんの美味しさを楽しめますが、遠方のお土産にするには鮮度が気になります。そこで人気になったのがチルド商品です。チルド商品なら賞味期限が長くなり、より鮮度の高い状態で551の商品を楽しめます。

ちなみにチルド商品とは冷凍の一歩手前の0℃前後で保管している状態です。そのためチルド商品は冷凍とは違って何週間ももつ訳ではありません。ですが出来立てに近い味を楽しめるので店の近くに住んでいない人へのお土産として大人気です。

551でチルド商品の豚まんを販売

551の豚まんは出来立てがもちろん最高ですが、電車に乗る人や遠方へのお土産用にチルド商品もあります。551がチルド商品を販売し始めたのは、遠方に住んでいる人にも551の豚まんを味わってもらうためです。チルド商品は冷凍ではない0℃前後の商品なので、冷凍よりも賞味期限は落ちるものの高い鮮度を誇ります

チルド商品の嬉しいところは通常のテイクアウトよりも日持ちしますが値段は同じことです。チルド商品の豚まんは4個入りで、他の商品との組み合わせも可能なのでお土産には最適です。

チルド商品では焼売も購入できる

551では豚まんの他にも焼売などもチルド商品にラインナップしています。551と言えば豚まんのイメージが強いと思いますが、551は豚まんだけでなく中華食品を幅広く取り扱っています。その中でもチルド商品となっているのは豚まん以外では、お酒のお供にも人気の焼売やエビ焼売です。

チルド商品は臭いが控えめなので、新幹線や電車に乗るときに気を遣わずに済みますし、その中でも焼売は特に臭いが少ないので人気です。お土産として持って帰るのはもちろん、帰りの電車の中で食べるときも安心です。

チルド商品の値段

551のチルド商品はテイクアウトの商品と値段は変わりませんが、保冷バッグなどは別売りになります。テイクアウトだと豚まんは少ない個数でも買えますが、チルド商品の場合は4個が1箱になります。お値段は4個で680円で1個当たりの値段は変わりません。

さらに3時間分は無料で保冷材もつくので、3時間くらいの距離へのお土産なら問題なく運べます。距離が遠く保冷剤が足りないときは保冷剤を足してもらうか、保冷バッグを買うのがおすすめです。特に夏場で気温が高い時には、念のために保冷バッグを買っておいた方が品質の心配がありません。

チルド商品の賞味期限

551の豚まんはテイクアウトなら冷蔵庫で3日ほどですが、チルド商品なら5日ほどもちます。豚まんは蒸した手が一番おいしいので、すぐに食べるのがベストですが、冷蔵庫での保存なら美味しさが保てます。さらに最近ではチルド室があるので、そこで保存しておけばより良い状態を保てます。

通常の冷蔵庫は3~10度くらいの設定ですが、チルド室は0度前後なので最も食品が鮮度を保ちながら保存を可能にします。通常のテイクアウトの商品でも無難なのはチルド室での保存です。

保存方法

551の豚まんは作りたてなので冷凍保存には向きません。冷凍してしまうと水分が失われてしまい回答の際に品質の低下を招きます。そのため551の豚まんは余っても冷蔵保存にするのが基本です。冷蔵庫に入れる際にはラップを隙間なく巻いて密閉しておくのが大切です。

要は水分をいかに失わないかが保存する際のポイントです。さらに改めて温める際には蒸し器を使えば失われた水分を補えますが、電子レンジを使うなら少し水で表面を濡らしてからチンすると作りたてに近い美味しさを楽しめます。

チルド商品の口コミ

551の豚まんは人気の関西お土産の一つです。はっきり言って関西には美味しいものがたくさんあるので、おすすめのお土産はたくさんあります。その中でも551の豚まんは味も知名度も抜群なので関西のお土産として買うには無難です。

もちろん関西の人に持っていくのもおすすめです。関西の人ならテレビのCMでもお馴染みなので551の豚まんを見ただけでもテンションが上がる人が多くいます。そんな551ですがチルド商品はまだ知名度が高くないので、お土産に持っていけば新しい発見としても喜ばれます。

Thumb551の豚まん1個の値段は?お土産に大人気の肉まんを徹底紹介! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

551のチルド商品のおすすめ販売店

551の豚まんは全て手作りなので、作る人によって見た目の美しさなどに差が出ます。そのため人気の販売店が存在します。長い歴史がある販売店ほど熟練の職人さんがいるので、より美味しい豚まんを堪能できます。551の社員は全員が豚まんをうまく包めるそうですが、当然ながら技術には差が出ます。

551ではチルド商品でもその日のうちに手作りするので、販売店の店員さんが朝から包んでいます。さらに551のこだわりは工場から150分以内に配送できるところに店舗を作っているので、地域としては極めて限定的です。

JR新大阪駅店

数ある551の店舗の中でも一番のチルド商品の売り上げを誇るのが、来客数が最も多い新大阪駅店です。新幹線の駅構内に店舗を構えているので、色々な地域の人がお土産に551の豚まんを選びます。基本的にはお土産の時にはチルド商品を買う人が多いので、チルド商品でも常に新鮮なものが準備されています。

551の店舗はどこも当日の朝に豚まんを包みますがチルド商品でも同様です。朝一番で包まれた豚まんがチルド商品になるので、作りたてのテイクアウトと同様にチルド商品も鮮度が抜群なのです。

店舗情報

住所 大阪府大阪市淀川区西中島5-16-1
営業時間 8:00~21:00
定休日 無休
電話 06-6304-3686
交通 JR新大阪駅構内

本店

実は551では本店限定のメニューがあります。それがチャーシューまんとあんまんです。チャーシューは丸一日つけこまれた味がしみた一品で、あんまんは黒ゴマを練り込んだヘルシーかつ美味な一品です。多くの店舗にはこのようなメニューはありませんが、551の中でも本店だけが扱っているメニューです。

本店にはレストランが併設されているので、テイクアウトのメニュー以外にも通常の中華メニューも堪能できます。さらに通信販売も行っているのでお歳暮などの贈答品としても人気が上がっています。チルド商品での発送になるので賞味期限は長くありませんが、チルド商品は5日くらいはもつので十分楽しめます。

店舗情報

住所 大阪府大阪市中央区難波3-6-3
営業時間 10:00~22:00
定休日 第3火曜日(祝日と12月は除く)
電話 06-6641-0551
交通 大阪市営地下鉄御堂筋線の難波駅から徒歩1分

天王寺駅店

551のチルド商品を買いたくても店舗が閉まっているかもしれないと不安な人におすすめなのが天王寺駅店です。いくつもある551の店舗の中でも朝早く8時半からやっています。さらに夜が遅い人にも嬉しい21時までと営業時間はかなり長い方になります。

天王寺駅はJRと大阪市営地下鉄の両方が通っているのでアクセスも良いのが特徴です。さらに天王寺駅の近くには近鉄の阿倍野駅や阪堺線なども通っているので、様々な地域へのアクセスが可能です。新大阪駅にも地下鉄の御堂筋で一本で行けるので、新幹線で帰る人も安心です。

店舗情報

住所 大阪府大阪市天王寺区悲田院町10-45
営業時間 8:30~21:30
定休日 無休
電話 06-6771-3081
交通 各線の天王寺駅で下車

アベノ近鉄店

アベノ近鉄店も熟練の職人さんがいることに加えてイートインコーナーがあるのが特徴です。多くの551の店舗ではテイクアウト専門ですが、アベノ近鉄店では作りたての豚まんがイートインコーナーですぐに食べられます。チルド商品に限らず遠方から来た人はアベノハルカスを見た後に551を楽しみたいときにおすすめです。

もともと551の本店が難波の方にあるので、店舗の多くは大阪市の南の方に多くあるので熟練の職人さんも南の店舗に多くいます。そのため、チルド商品でも南の店舗の方が人気です。

店舗情報

住所 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43
営業時間 10:00~20:30(百貨店に準ずる)
定休日 不定休
電話 06-6623-5534
交通 各線の天王寺駅か、近鉄のあべの橋駅で下車

梅田阪神店

551の店舗はどこもレベルが高いですが、その中でも人気が高いのは梅田阪神店です。梅田の阪神百貨店は他の百貨店よりも食品のレベルが高いことで有名です。大阪の中でも難波の方に行くなら本店がおすすめですが、梅田近辺に行くなら梅田阪神店でチルド商品をお土産にするのがおすすめです。

アクセスの良さもあり梅田阪神店ではチルド商品の売れ行きも良いことから熟練の職人さんが配置されています。同じチルド商品でも見た目の美しさや豚まんの餡の偏りなどのバランスが絶妙とのことです。

店舗情報

住所 大阪府大阪市北区梅田1-13-13
営業時間 10:00~20:00(阪神百貨店に準ずる)
定休日 不定休
電話 06-6348-0551
交通 各線の梅田駅下車

Thumb551の豚まん1個の値段は?お土産に大人気の肉まんを徹底紹介! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

551のチルド商品の美味しい食べ方

551のチルド商品はテイクアウトの商品と値段は変わらず豚まんであれば一箱に4つ入っています。小さな保冷バッグでも3箱入るので大人数で集まるときにも安心です。551で作りたてを食べられない人も家に持って帰ってから一工夫すると、より作りたてに近い美味しさを楽しめます。

チルド商品なので一度温める必要がありますが、温め方を工夫するとより作りたての味に近づきます。温めるときにはレンジを使いがちだと思いますが、551と同じせいろで温める方法などもおすすめです。

蒸し器で蒸す

551のチルド商品を食べる際におすすめなのは、551の作り方と同じく蒸し器で蒸すことです。蒸し器を使えば10分ほどでふんわりとした豚まんを堪能できます。豚まんの味が落ちるのは水分が失われることにあるので水分を最も補給しやすい蒸し器は便利です。

蒸し器だと連続で多くの豚まんを蒸すことが可能なので、551のチルド商品を大量に買ったときにどんどん温めていきたいなら蒸し器がおすすめです。

せいろで蒸す

551のチルド商品を店舗と同じ味にしようと思えば蒸し器の利用が一番です。551では豚まんはせいろを使って蒸しています。そのため、チルド商品でも味にこだわる人はせいろで蒸していますせいろは蒸し器よりも過剰な水分が無いので適度な水分を補給できます

自宅にせいろを持っている人は少ないと思いますが、普段から551のチルド商品を普段から買う人はぜひ自宅に準備しておくのがおすすめです。551のチルド商品以外でも中華の点心などを温めるときにも重宝するので買っておいて損はありません。

レンジでチンする

蒸し器もせいろもない家庭も多くあると思いますが、551のチルド商品は電子レンジでも調理可能です。少し水を豚まんの表面につけてラップでしっかりとくるめば温めながら水分を補給することが可能です。やはりせいろや蒸し器には劣りますが、何と言っても手軽に作りたてに近い味を再現できるので便利です。

一人の時に少しだけ温めたいときにはレンジの方が楽です。551のチルド商品はレンジでも割とふんわりと仕上がるので悪くはありません。もちろん、こだわりたい人は蒸し器やせいろがお勧めですが、手軽に食べるときには電子レンジでも十分です。

Thumb肉まんの冷凍保存とレンジで簡単に復活させる方法!551蓬莱の温め時間は? | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

551のチルド商品をお土産に買って帰ろう!

551のチルド商品にある豚まんは押しも押されぬ大阪の人気のお土産です。作りたてが一番、美味しいので近くならテイクアウトがベストです。ですが遠方へのお土産にするならチルド商品が便利です。可能なら家に蒸し器やせいろを準備しておけば551の味を再現できます

大阪のお土産で喜んでもらおうと思えば迷わずに551のチルド商品をおすすめします。数多くある大阪のお土産の中でも551のチルド商品は高い品質を維持しながら手軽に大阪の味を楽しめます。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ