シンガポールチキンライスのタレは3種類!作り方を詳しく紹介!

シンガポールチキンライスの魅力はタレにあり!昔から白米を食べてきた日本人ですが、白いご飯にはどんなおかずにも相性がいいという最大の武器があります。シンガポールチキンライスという料理をご存じでしょうか?日本にはすでに白いご飯に合うご飯料理がたくさんありますが、このシンガポールチキンライスの人気が近頃出てきています。その人気の秘密はタレにあります。このタレの秘密に、レシピとともに迫っていきます。

シンガポールチキンライスのタレは3種類!作り方を詳しく紹介!のイメージ

目次

  1. 1シンガポールチキンライスのタレの作り方を知りたい
  2. 2シンガポールチキンライスのについて知っておこう
  3. 3シンガポールチキンライスの定番3種のタレの作り方
  4. 4シンガポールチキンライスを炊飯器で簡単に作ってみよう
  5. 5シンガポールチキンライスを3種のタレで美味しく食べよう!

シンガポールチキンライスのタレの作り方を知りたい

作り方が簡単だということでシンガポールチキンライスは忙しい主婦の味方でもあります。そのシンガポールチキンライスは、いろんな種類のタレで味付けをすることができます。中でも人気なのはショウガを使ったタレ、スイートチリソース、オイスターソース、この3種類です。どのタレも味付けの方向性が違うので欲張って食べたいところです。今回はそんな定番3種類のタレの作り方を詳しく紹介します。

シンガポールチキンライスのについて知っておこう

シンガポールチキンライスとはどんな料理?

そもそもシンガポールチキンライスとはどんな料理でしょうか?シンガポールと国名が名前に入るだけにシンガポールの料理のイメージがわきますが、実際はシンガポールだけの料理ではありません。台湾や香港をはじめ、タイ、マレーシア、シンガポール、東南アジア多国にわたって親しまれている料理、それがシンガポールチキンライスです。

ではシンガポールチキンライスと聞いてどんな料理を思い浮かべますか?シンガポールチキンライスを知らない人はおそらくケチャップライスにチキンが入っているチキンライスを思い浮かべるのではないでしょうか。残念ながらそれは日本が発祥の料理です。シンガポールチキンライスとは漢字で海南鶏飯と書き、「かいなんけいはん」と読みます。また、「ハイナンジーファン」「ハイナンチキンライス」とも読みます。

シンガポールチキンライスはシンガポールではいちばん有名な料理といっても過言ではありません、シンガポールチキンライスはシンガポールのローカルフードで、屋台やレストランなど、どこでも食べることができます。昔から国民に食べ親しまれてきた家庭料理のひとつなのです。

そしてその特徴は、チキンライスというだけあって鶏肉とご飯を使っているところです。茹でた鶏肉とその茹で汁を使って炊いたご飯がシンガポールチキンライスなのです。ご飯と鶏肉が一皿に盛られていることが多く、タレをつけた鶏肉をご飯と一緒に食べるのが基本の食べ方です。代表的なタレは3種類あります。

シンガポールチキンライスが食べられている国は?

シンガポールチキンライスは台湾や香港をはじめタイ、マレーシア、シンガポール、東南アジア多国にわたって親しまれている料理と述べましたが、それぞれの国で違いがあるのか調べてみました。台湾ではシンガポールチキンライスは「カオマンガイ」と呼ばれ、茹で鶏だけでなく揚げ鶏を使う「カオマンガイトー」が存在します。香港ではシンガポールチキンライスは「ホイナンガイファン」と呼ばれ、茹でる時に油を混ぜるのが特徴です。

タイのシンガポールチキンライスは台湾と同じく「カオマンガイ」と呼ばれ、その特徴はタレにあります。「タオチオ」と呼ばれるタイ風味噌がベースになっています。マレーシアのシンガポールチキンライスは「ナシアヤム」と呼ばれ、唐辛子と、八角やシナモンを使った甘辛い味が特徴です。シンガポールチキンライスひとつでも、各国で呼び名や使われている材料、調味料がずいぶん違うのがわかります。

いろいろな種類があるシンガポールチキンライス。その始まりは、中国の南に海南島という島があるのですが、そこだと思われがちです。しかし実際はシンガポールチキンライス、海南鶏飯は海南島が発祥の地ではありません。ではどこからやってきたのでしょうか。一般的にはシンガポール発祥だと言われています。それを証拠に近年まで、シンガポールチキンライスは海南島に存在しなかったのです。

作り方が簡単で日本でも大流行!

さて、そんなシンガポールチキンライスが日本ではやり始めたのはだいたい2015年~2016年頃と言われています。意外と最近の事なのです。今ではシンガポール料理店が続々と日本に上陸し、現在ではシンガポールチキンライス専門店まであるほどです。シンガポールチキンライスの流行で、そのレシピはすぐに主婦層に広がり、今日さらに人気が加速しています。

お店で食べるともちろんおいしいシンガポールチキンライスですが、大流行した理由はやはり家庭でも簡単に作ることができるということと、日本人に親しみやすい味だという事が挙げられます。働く女性が増えている日本ではいまや、手軽・簡単に本格的な料理が味わえるということで、シンガポールチキンライスという料理は忙しい日でも重宝するメニューのひとつなのです。

シンガポールチキンライスの定番のタレは3種類

さて、これまで各国でのシンガポールチキンライスのネーミングや特徴について述べてきましたが、シンガポールにおけるシンガポールチキンライスの人気はズバリ、そのタレにあります。ショウガを使ったさっぱり大人風味のタレ、甘辛さがクセになるスイートチリソース、コクがあり素材の奥深さを引き出すオイスターソース。この3種類がシンガポールチキンライスでは定番のタレになります。

レストランでシンガポールチキンライスを注文すれば、この3種類のタレが一緒に添えられていることがほとんどです。どれかひとつを選ぶのはとても悩みますが、3種類から選べるとなると食べごたえもあって満足感が得られますね。それぞれ違った素材で作られるタレを存分に味わいながら食べることができるなんて、シンガポールチキンライスは1品で3度美味しい料理です。

シンガポールチキンライスの定番3種のタレの作り方

シンガポールチキンライスの美味しさは鶏の柔らかさと定番3種のタレにあります。タレはほかにもいろんな作り方が存在するのですがここでは、定番3種のタレについて作り方を詳しく紹介します。どれも簡単なのでぜひチャレンジしてみてください。

薬味が効いた生姜ダレの作り方

ショウガと言えばクセがあって苦手な人もいるでしょう。しかしシンガポールチキンライスにはそのショウガのクセが絶妙に合います。作り方は簡単、1人分です。すりおろしショウガ25g、ごま油小さじ1/2、塩少々。これらを混ぜ合わせるだけです。ショウガを使ったタレは色が白~薄い黄色みがかっています。香りが強く、後味がスッキリしているのが特徴です。

同じショウガを使ったタレでもこのような作り方もあります。ショウガのすりおろし大さじ1、レモン汁大さじ1、ナンプラー小さじ1。こちらも混ぜ合わせるだけです。ナンプラーはエスニック料理に欠かせない調味料で小魚を発酵させて作った、魚醤と呼ばれるしょうゆの一種です。魚を発酵させているので独特の香りがあって、少量でも風味を感じられます。ショウガと組み合わせることによって東南アジアを代表する調味料になります。

さっぱりと食べられるスイートチリソースの作り方

スイートチリソースといえば生春巻きと一緒に食べたことがある人もいるでしょう。スイートチリというだけあって甘辛いソースになります。準備するものは輪切り唐辛子、こちらは好みによって量を調整してください。レモン汁小さじ1、トマトピューレ小さじ1、砂糖小さじ1、塩少々、水25㏄です。作り方は、全てをよく混ぜ合わせたら完成です。レモン汁がアクセントになって、甘辛いだけではないタレです。

スイートチリソースは市販品もありますが、自分で作るメリットは甘さ、辛さともに好みに合わせて調節できるというところです。ニンニクの風味を生かしたこのような作り方もあります。唐辛子1~3本、ニンニク2片、塩小さじ1/2、はちみつ50ml、水50ml、酢100ml。作り方は、まず唐辛子を鍋に入れて、分量外の水をひたひたに入れて火にかけます。沸騰したら弱火で15分ゆでます。次にその唐辛子を細かく切ります。

細かく切った唐辛子とすりおろしたニンニクを鍋に入れて火にかけ、1/3くらいの量になるまで煮詰めます。とろみがついてきたら火を止めて完成です。煮るだけなので、作り方は簡単です。保存がきくのでたくさん作って常備するのもおすすめです。また、簡単に作りたい人はトマトケチャップ大さじ2にタバスコを好みの量入れて、レモン汁少々を加えただけでもスイートチリソースが完成するので、ぜひ試してみてください。

深い味わいのオイスターソースダレの作り方

それだけでもコクが味わえるオイスターソースですが、オイスターソースは日本語で牡蠣油とも言われるとおり、牡蠣が原材料になっています。オイスターソースだけでは塩辛いのでスープで薄めて利用されることが多いですが、シンガポールチキンライスにおいては鶏を茹でた際の煮汁を加えることによってタレの風味がアップします。

材料は鶏を茹でた際の煮汁小さじ2、オイスターソース大さじ1、醤油小さじ1、ごま油小さじ1です。作り方は、こちらもすべて混ぜ合わせるだけです。冷蔵庫にある調味料で作れるので、とても簡単です。できあがったオイスターソースダレからは想像できない簡単さです。

ところでオイスターソースは製造している会社によって、粘度や濃さなどにかなりの差があることはご存じでしょうか?好みのタレに出会いたい場合はその分量を変えるだけでなく、いろいろなオイスターソースでタレを作ってみるのも一つの案です。

さらにこのオイスターソースダレに限ってはもう一つ秘密があります。中国しょうゆという名前を聞いたことはあるでしょうか?中国のたまりじょうゆの事です。これを使ってタレを作ることによって、さらに深い味わいが出せるので本格的なシンガポールチキンライスを楽しみたいかたは是非使ってみてください。しかしなかなか手に入りにくいので、そんな時はオイスターソースと濃口醤油を同量混ぜて代用品を作ってしまいましょう。

シンガポールチキンライスを炊飯器で簡単に作ってみよう

タレの作り方がわかたっところで、次はシンガポールチキンライスの作り方を紹介します。といっても、鶏を茹でるという工程はたどりません。実は、シンガポールチキンライスは炊飯器で簡単かつおいしく、しかも本格的につくれてしまうのです。準備が出来たら炊飯ボタンを押すだけ。ここでは炊飯器を使ってのシンガポールチキンライスの簡単な作り方を紹介します。

シンガポールチキンライスの材料

シンガポールチキンライスの材料は次の通り、2人分です。米1.5合、水270ml、鶏もも肉1枚350g、塩コショウ各適量、酒大さじ1、鶏ガラスープの素小さじ1、塩小さじ1/4です。味付けは酒、鶏ガラスープの素、塩のみです。シンガポールチキンライスにとってタレがカギである理由がうかがえます。それと同時に、今日にでも作れそうな気がしませんか?簡単な材料で作れるので、なんだか身近に感じてきませんか?

シンガポールチキンライスを胸肉で作ればヘルシーに仕上がる

シンガポールチキンライスに使われる鶏肉はタレと同じようにいろんな種類があるのですが、主流はもも肉です。もも肉は筋肉質で、タンパク質と脂肪が多いのが特徴です。食べた感じは弾力があって食べごたえ抜群のお肉です。ジューシーかつコクもあるので、煮込み料理にするとダシがよく出ます。そのため鶏肉を茹でるシンガポールチキンライスととても相性がいいのです。

その一方でもも肉は脂っこいと感じる人も多く、また、ダイエットをしている人には控えたいお肉の種類でもあります。そんな人には鶏むね肉を使うことをお勧めします。鶏むね肉はもも肉よりもタンパク質が多く、脂肪が少ないのが特徴です。食べた感じ柔らかいので口当たりがよく、味はさっぱりしています。

しかしむね胸肉は脂肪が少ないので火を入れるとパサパサしてしまうデメリットがあります。それは加熱中の水分蒸発が原因なので回避法は、茹でる時に水分を逃さない、それだけで解決できるのです。ここで登場するのが「炊飯器」です。炊飯器は炊飯ボタンを押せば水分を逃すことなく、自動で炊きあげてくれるので鶏むね肉の調理にはもってこいな家電です。それでは炊飯器を使った調理方法を紹介します。

シンガポールチキンライスの炊飯器を使った作り方

ここでは一般的な鶏もも肉を使った作り方を紹介します。作り方は簡単、鶏もも肉はフォークで穴をあけ、塩コショウをふります。油をひかずにフライパンで皮から焼き、両面に焼き色がついたら取り出します。炊飯器に洗った米と水、酒、鶏ガラスープの素、塩を入れてかき混ぜます。その上に鶏もも肉を乗せて炊飯スタートします。炊き上がったら鶏肉をスライスし、お皿にご飯、鶏肉を盛り付けて出来上がりです。

簡単な工程でできあがるため、炊飯中にタレを作ったり付け合せのサラダやスープまで作れるのが嬉しいですね。ご飯とおかずが同時に出来上がるので、時短にもつながる調理法です。炊飯器はスチーム加熱式や圧力釜のように炊き上げてくれるものもあり、もしかしたら鍋で鶏肉を茹でるよりきれいに身が仕上がるかもしれません。少なくともシンガポールチキンライスの鶏肉のホロホロ感を出しやすい調理方法です。

シンガポールチキンライスの美味しい食べ方

最後に出来上がったシンガポールチキンライスの美味しい食べ方を紹介します。本場のシンガポールチキンライスにはほとんどの場合スプーンとフォークがついてくるのですが、スプーンとフォークを使う場合はスプーンをナイフ代わりに使います。好みのタレを鶏肉につけ、ご飯と一緒に食べます。タレは他のタレと混ぜて好みのタレを作ってもいいでしょう。自由な組み合わせで好みの味を見つけてください。

Thumbシンガポールチキンライスのレシピ!炊飯器で簡単に作れる料理! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

シンガポールチキンライスを3種のタレで美味しく食べよう!

シンガポールチキンライスを美味しく食べるためには欠かせないタレですが、タレは素材の旨さを最大限に引き出す調味料です。シンガポールチキンライスは鶏肉のシンプルな料理なので、バリエーションあるタレは様々な食べ方ができるタレでもあります。これらのタレを駆使して、最も好みの食べ方を探してみてください。そして簡単かつ本格的な料理を家庭で楽しんでください。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ