とん平焼きの献立集!夕飯のメイン料理にした時の組み合わせは?

皆さんは「とん平焼き」という食べ物を知っていますか?とん平焼きは大阪などで食べられている「鉄板焼き」の一種です。とても簡単に作れて、野菜が多めなのでとてもヘルシーな料理です。この記事ではそんなとん平焼きをメインで使った組み合わせの献立案や、作り方などを紹介しています!今日の夕飯の献立が決まっていない方、ビールのお供がほしい方におすすめのメニューです。是非この記事を見て、作り方をマスターしてみてください!

とん平焼きの献立集!夕飯のメイン料理にした時の組み合わせは?のイメージ

目次

  1. 1とん平焼きにあわせる献立のおすすめは?
  2. 2とん平焼きの基本の作り方
  3. 3とん平焼きに合う副菜
  4. 4とん平焼きを夕飯のメインにした時の組み合わせ例
  5. 5とん平焼きの献立のアイデアを活用しよう!

とん平焼きにあわせる献立のおすすめは?

皆さんは「とん平焼き」という料理を知っていますか?あまり聞きなれない名前ではないかなと思いますが、大阪などではメジャーな食べもののようです。大阪といえばたこ焼き、鉄板焼きがありますが、今回のとん平焼きは「鉄板焼き」の部類にはいります。しかし鉄板焼きだからといって、鉄板や、ホットプレートを用意する必要はありません。とん平焼きは「フライパン」で簡単に作ることができます。

とん平焼きは、そのお手軽さからお酒のお供として食べられることが多く、お好み焼きに似ていますが、とてもヘルシーなため、知名度はあまりありませんが、人気の料理です。大阪の鉄板焼きのお店や、居酒屋などでたまに取り扱っていますので、お近くのお店に行ってみるのも良いかもしれません。そんなとん平焼きについてこの記事では詳しくまとめていますので、是非最後までご覧ください。

さて、この項目では「とん平焼き」に合わせる献立、について紹介したいと思います。とん平焼きは、先ほど説明いたしましたように「鉄板焼き」です。鉄板焼きといえば単品で食べる、というイメージがありますが、それをメインとしてしっかりと献立を作っていきたいと思います。単純な組み合わせでは「汁物」「お漬物」「サラダ」「煮物」などなどが候補になるのではないでしょうか?
 

他にもいろいろな組み合わせがあると思いますが、そちらは後述したいと思います。また、献立ではないのですが、先ほども紹介しましたとおり、お酒と食べるのが人気のようです。ですので、夕飯としてもおすすめですが、お酒と一緒に食べてみるのもおすすめです。とても簡単に作れますので、小腹がすいた時にもおすすめの料理になります。つくり方は次の項目で紹介しますので、是非参考につくってみてはいかがでしょうか?

とん平焼きの基本の作り方

それではとん平焼きのつくり方について紹介していきたいと思います。とん平焼きは本当に簡単につくることができます。そのためアレンジなどがしやすく、いろいろなつくり方が存在します。なので、簡単に作れるつくり方を紹介いたしますので、是非参考にしてつくってみてください。まずは材料から紹介いたします。

材料は「豚ばら肉」「キャベツ」「たまご3つ」「塩コショウ適量」「油適量」というとても少ない材料でつくることができます。豚ばら肉とキャベツはお好きな量を用意してください。キャベツは多めのほうが良いかもしれません。使う器具はフライパンと菜箸があれば大丈夫です。また、キャベツの水気をとるための「クッキングペーパー」があれば用意をしておきましょう。では次からはつくり方について紹介して行きます。

1.まずは「キャベツ」を切ります。しゃきしゃきとした食感を楽しみたいなら8ミリほど柔らかい食感がいいならそれ以下の厚さで切るのがおすすめです。豚バラ肉も一口大に切っておきましょう。切り終わったらフライパンに油を入れ、熱します。

2.フライパンが熱されたら、キャベツを入れ、少ししんなりするまで炒めます。キャベツがしんなりしてきたら豚ばら肉を入れ、塩コショウで味をつけてしっかりと火を通します。完成したら味見をしておきましょう。そしてお皿に移しておきます。その後、たまご3つを器に割って、溶き卵にします。この時、少し白身が残るくらいがベストになります。

3.フライパンに油を引き、2で溶いたたまごをかき混ぜながら円になるように入れます。たまごが半熟になったところで、1,2で作ったキャベツ炒めを「真ん中に」乗せていきます。すべて乗せたら、たまごで入れた具材を包んでいきます。難しいという方は、たまごを横向きにして包み、くるんと具材が下になるようなイメージで、ゆっくりお皿にころがすようにころっと乗せましょう。お皿に乗せたら完成になります。

実際に調理をしてみるとわかると思うのですが、非常に簡単に作ることが出来ます。材料もたった3種類で出来ますので、おすすめの料理です。夕飯などに何を作るか迷った時は、是非こちらの作り方を参考にして作ってみてください。きっと喜ばれること間違いないですよ。

とん平焼きに合う副菜

シンプルで簡単な副菜

とん平焼きの作り方を紹介しましたので、ここからはとん平焼きの「献立」について紹介していきたいと思います。とん平焼きの献立は基本和食で組まれることが多いと思います。しかし、洋食と組み合わせた献立でも、とん平焼きの美味しさを引き出すことが出来るでしょう。この記事では和食での献立を紹介しますが、是非洋食との組み合わせも模索してみてください。

さて、項目名にもありますように「シンプルで簡単な副菜」について紹介していきたいと思います。シンプルな副菜には「おひたし」があります。作り方も簡単ですし、とても美味しく食べることが出来ます。作り方は、「ほうれん草」や「チンゲン菜」などを湯で、心が残るくらいで揚げ、一口大に切ります。その後めんつゆ、ごま油、胡麻をまぶして完成です。とても簡単なので、献立に是非取り入れてほしいメニューです。

次に紹介いたします副菜は「酢の物」です。和食の定番の副菜ですね。こちらの副菜も簡単に作ることが出来ます。材料は「わかめ」「きゅうり」「調味酢」「塩」で作ることが出来ます。まずきゅうりを薄切りにして塩もみしておきます。その後水気を取りましょう。わかめと塩もみしたきゅうりを器に入れ、調味酢を掛けたら完成です。火を使うことが無いので簡単に作れます。かにかまなどを足しても美味しく食べられるでしょう。

副菜を作るのはめんどくさい、と思うかもしれませんが、紹介したようにとても簡単に作ることが出来る副菜も存在します。早いものだと10分程度で作ることが可能ですので、是非他の副菜の作り方も調べてみてください。健康にも良いですし、野菜を使えば手軽に栄養をとることも出来ますので、いろいろな献立を考案して見てください。

とん平焼きに合うスープ

とん平焼きは和食です。ですので、とん平焼きにあうスープは和食が多くなります。とん平焼きは味が濃い食べ物ですので、薄味のスープがおすすめです。お味噌汁やお澄まし汁などが薄味でちょうど合うスープでしょう。どちらも簡単に作れますし、最近は美味しいインスタントの味噌汁、お澄まし汁が販売されていますので、チェックしてみると良いと思います。

とん平焼きを夕飯のメインにした時の組み合わせ例

とん平焼き+味噌汁+お浸し+煮物

この項目からは実際の「献立案」について紹介して行こうと思います。献立を立てることにより、栄養バランスを調整することも出来ますし、味に飽きることも無く食事を楽しむことが出来ます。しっかりと栄養バランスを考えた献立を立てるようにしましょう。この項目では献立案を2つ紹介いたしますので、是非参考に献立を考えてみてください。とん平焼きでなく、普通の夕飯などにも役に立つ情報ですよ。

では早速献立案を紹介したいと思います。まずはこの項目名の「とん平焼き+味噌汁+お浸し+煮物」の献立案について紹介して行きます。メインのとん平焼きにスープの味噌汁、副菜のお浸し、煮物の組み合わせです。こちらの組み合わせはとても簡単に作れて、野菜も多く、普段不足しがちな栄養素をたくさんとることが出来ます。とてもおすすめの献立案です。それではそれぞれ紹介して行きますので最後までご覧ください。

まずは「味噌汁」についての紹介です。紹介する必要も無いくらい日本ではたくさん食べられている食べ物ですよね。海外でも「みそスープ」という名前で人気が高いです。味噌は栄養価が高く、最近でもとても注目されている食品の一つです。味噌汁は作るのも簡単で、家庭料理としてもおそらくどの家庭でも作られているのではないのでしょうか。簡単なもので前述しましたインスタント商品もありますので、忙しい時でも安心です。

次に紹介します料理は「お浸し」です。お浸しは前の項目で紹介しましたが、とても簡単にできて、栄養も取ることが出来るおすすめの料理です。和食の献立にはほとんど組み込まれていて、まさに王道の副菜といえます。家庭料理としても人気が高く、ほうれん草のお浸しは誰もが食べたことがあるメニューなのではないかと思います。お浸しといっても様々な種類がありますので、お好きなお浸しを献立に組み込んでみてください。

最後に紹介いたします料理は「煮物」です。煮物も上で紹介しました味噌汁、副菜同様、日本でメジャーとなっている料理の一つです。比較的簡単に作ることが出来、野菜も摂取できるため、おすすめの料理です。日本の代表的な家庭料理のメニューといえます。お浸し同様誰もが食べたことのある料理だと思います。また煮物といってもいろいろな種類のものが存在するため、一言で言い表すことは出来ません。

煮物に良く使われている食材といえば、「大根」「かぼちゃ」「れんこん」が多いのではないでしょうか?お汁が良く染みて美味しい大根、柔らかく、甘みのあるかぼちゃ、すこしこりこりとした食感のれんこんは、誰しもが一度煮物のメニューで食べたことがあるのではないかと思います。煮物のタレはめんつゆと砂糖さえあれば、簡単に作ることが出来るため、是非献立の一つとして採用してみてください。

とん平焼き+おすまし+きんぴら+サラダ

次に紹介いたします献立案は「とん平焼き+おすまし+きんぴら+サラダ」です。こちらも和食の王道といえる献立です。おすまし、きんぴら、サラダも皆さん食べたことがあるでしょう。作るのも簡単なラインナップですし、野菜もしっかりとることが出来ますので、おすすめの献立です。次からはそれぞれの献立メニューについて紹介していきたいと思いますので、是非この献立案を参考にしてみてください。

まずは「おすまし」についての紹介です。おすましは日本の料亭やおすし屋さんには無くてはならない汁物といっても過言ではないでしょう。透き通った見た目からは想像もできないような、濃い魚の風味や味は、まさに日本の文化といえるのではないでしょうか。外国の方にも人気で、おすし屋さんで頼んでいる姿をよく見られます。そんなおすましが献立案に選ばれました。

おすましの作り方は少し難しく、調味料をそろえる必要があります。調味料ですが、ほんだしなどのダシ、調味酒、お塩などが必要です。魚のあらを使ったおすましもあり、少し上級者向けの料理といえます。味噌汁同様インスタントで美味しいおすましを楽しむことが出来ますので、そちらをおすすめいたします。料理の出来るかたは作ってみてはいかがでしょうか?献立に彩を加えることが出来ますよ。

次に紹介いたします料理は「きんぴら」です。こちらもおなじみの料理ですね。ごぼうやレンコンのこりこりとした食感が楽しめ、唐辛子のピリッとした刺激がやみ付きになるメニューです。ごぼうにはたくさんの食物繊維が含まれており、便秘などの改善効果が期待できます。最近おなかの調子が悪いな、と感じている方は、献立に組み込んでみてはいかがでしょうか。食卓の彩りもプラスされて、献立自体が明るくなること間違いなしです。

次に紹介する献立案は「サラダ」です。こちらはもう紹介する必要も無いかもしれませんが、野菜を切ってお皿に盛り付けた料理です。野菜本来の味わいを楽しむことが出来るメニューで、マヨネーズやドレッシングでよく食べられます。サラダを最初に食べることによって、血糖値の急な上昇を抑えて、カロリーをとりにくくする効果がありますので、ダイエットにも非常に効果的です。献立を立てるためには外せないメニューでしょう。

サラダに使用する野菜は「レタス」「トマト」「水菜」「きゅうり」「キャベツ」など、ここでは紹介が出来ないほどたくさんの種類があります。基本的にはしゃきしゃきとした野菜が多く使われています。わかめやピーナッツを砕いたものも良く使われています。夕飯の前菜として出すのもおすすめです。サラダはいろいろなメニューとの組み合わせが出来ますので、是非一日一回夕飯に作ってみてください。

ここまで2つの献立案を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?どちらも夕飯に採用したくなる献立案だった尾ではないかと思います。今回紹介した献立案はほんの一例ですので、味噌汁をおすましに変えたり、きんぴらをおひたしにしたりなど、お好きなように組み合わせて献立を作っていただきたいと思います。きっと気に入る組み合わせが見つかりますので是非チャレンジしてみてください。

とん平焼きの献立のアイデアを活用しよう!

ここまでとん平焼きについての紹介や、とん平焼きをメインとした献立の例などを紹介しましたがいかがでしたでしょうか。とん平焼きは普段あまり聞きなれない食べ物の名前だったのではないかと思いますが、とても簡単に作れて、ヘルシーであり、とても美味しい料理です。野菜嫌いなお子さまにも非常におすすめの料理で、気に入ってもらえること間違いなしです。是非作っていただきたい料理です。

献立のメニューもご夕飯に作っていただきたいラインナップとなっています。夕飯のメニューに悩んでいる方はこの献立案を参考に夕飯を作ってみてはいかがでしょうか?とても簡単に作れておすすめです。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ