ザワークラウトの作り方・レシピ!食べ方と嬉しい効果も紹介!

ザワークラウトという食べ物をご存知でしょうか。ドイツの伝統的なキャベツの漬物でその名のとおり酸っぱいのがおいしい漬物です。ザワークラウトを手作りして食べるのがはやっており、おおくの人の間でその作り方やレシピ、そして食べ方が共有されています。美容や健康にもよいザワークラウト。そんなザワークラウトの食べ方や作り方、レシピを知ってぴしくザワークラウトを楽しみましょう。

ザワークラウトの作り方・レシピ!食べ方と嬉しい効果も紹介!のイメージ

目次

  1. 1ザワークラウトの作り方・レシピはとても簡単!
  2. 2ザワークラウトとはどんな食べ物?
  3. 3ザワークラウトの作り方と食べ方
  4. 4ザワークラウトのアレンジレシピを紹介
  5. 5ザワークラウトの嬉しい効果とは?
  6. 6ザワークラウトのおすすめ商品
  7. 7ザワークラウトの作り方・レシピで栄養価の高い食事を!

ザワークラウトの作り方・レシピはとても簡単!

ザワークラウトという食材をしっていますでしょうか?ザワークラウトはドイツ発祥の簡単にいえば漬物です。よく肉料理のよこい酸っぱいキャベツが添えられているのを見たこと、食べたことがないでしょうか?あれがザワークラウトです。ザワークラウトはおいしいだけでなく美容効果もある人気かつ話題の食材です。

そんなザワークラウトは漬物でありながらさまざまなアレンジレシピも可能な食材です。さらに美容効果、健康効果、食欲増進効果、整腸作用のある効果などさまざまな効果や栄養素があり人気の食材です。そんなザワークラウトは自宅で簡単に作ることができると話題にもなっています。ぜひともザワークラウトを自宅で作って食べてみてください。きっといままでの食事にすばらしい効果をもたらすはずです。

ザワークラウトとはどんな食べ物?

ザワークラウトと聞いてどんなことを思い浮かべるでしょうか。なんだか難しい響きにも聞こえますし、知らない人にとってはまったく想像どころか、印象もないかもしれません。そんなザワークラウトですが、じつは今人気の食材なのでどんな食材なのか、どんなレシピがあり、作り方はどんなものかをしって置くだけでもとても有益です。ぜひともザワークラウトについてしっておいてください。

ザワークラウトはキャベツを乳酸発酵させたもの

ザワークラウトはキャベツを発酵させた漬物です。呼ぶ地域によってはザウアークラウトやザオアークラフト、シュークルート、ズーツコール、キショナ・カブスタなんていったりもします。その意味は「すっぱいキャベツ」なのでまさにキャベツの漬物ということです。見た目は鮮やかな黄緑色でキャベツの美しさを寄りいっそう引き立てています。

キャベツにはもともと葉っぱに乳酸菌がついているのをしっていますでしょうか。そのキャベツにもともとついている乳酸菌を使って発酵させたものがザワークラウトになります。作り方はいろろありますが、たいていは塩もみキャベツとおなじように塩でもんでいき、常温で保存することでおいしいザワークラウトになります。とても簡単にできるので作り方をしればさまざまなレシピにも応用できるでしょう。

ザワークラウトはドイツの漬物

ザワークラウトはキャベツを発酵させた漬物です。そんなザワークラウトは主にドイツを中心に食べられています。食べられている国はイギリス、フランス、オランダ、ポーランド、ロシアなどフランスのアルザス地域やポーランドをはじめ北欧、東欧といった地域で愛されている食材です。ドイツの移民が多いアメリカ合衆国でも人気のようで、日本で言うならば韓国のキムチのような感じでしょうか?

その歴史は古く1世紀には古代ローマで食べられていた記録がありますが、現代のものは16世紀から18世紀にかけてヨーロッパに広く定着したともいわれています。ザワークラフトといえばドイツ料理のイメージが強いひともおおいことでしょう。よくドイツ・フランス・ロシア文学に登場するのもその理由のようです。場合によってはドイツ人への蔑称として使われたりするようです。

それほどドイツ人とドイツ料理のイメージに欠かせない漬物となったザワークラフトですが味は酸味がさわやかで、エネルギッシュな欧米諸国の料理に添えて食べるととてもおいしい漬物です。そんなザワークラウトを手作りでできる作り方のレシピが知れたらうれしいですね。ドイツ料理屋で出てくるようなザワークラウトを手作りで作ってみましょう。

手作りザワークラウトは乳酸菌たっぷり

ザワークラウトの特徴的な点といえばなんといってもその酸味です。この酸味は乳酸菌による発酵でもたらされる味だといわれています。しかし、すっぱくておいしいことが特徴のザワークラウトには乳酸菌以外にも健康への効果がたくさんあるので後述していきす。またさまざまな食べ方もあわせてこの機会にしってください。

ザワークラウトの作り方と食べ方

ザワークラウトと一言にいっても、既述したようにさまざまな地域で食べられています。その地域や家庭によってその味や嗜好はさまざまなので基本的なザワークラウトの作り方を知ったなら自分オリジナルのザワークラウトを作ってみるのも一つの楽しみかもしれません。ですのでまずは基本的な作り方を紹介しますのでつくっていきましょう。ザワークラウトを作ってオリジナルのザワークラウトの作り方と食べ方を構築しましょう!

保存瓶はしっかり消毒しよう

ザワークラウトは、発酵食品で、その性質上保存食としても大変有用な役割をもつ食材です。瓶詰めにしてとっておけばかなりの時期持つのでうれしいのですが、じつはそこにひとつの落とし穴があります。衛生管理がしっかりできていない場合、ザワークラウトの作り方は失敗してしまうのです。ですから、ザワークラウトを作る前にはしっかりと漬ける瓶の消毒をしましょう。

では実際にザワークラウトを作るときに瓶を消毒するにはどうすればよいでしょうか。方法としてはお湯を入れる方法です。この煮沸消毒をするか、焼酎やブランデーを含ませたキッチンペーパーで拭き、消毒するのもよいでしょう。また、作るまでに時間があるのであれば漂白剤などにいれて消毒し、しっかりと洗う方法もあります。消毒さえしっかりしておけばおいしいザワークラウトを作ることができるので注意しましょう。

キャベツに塩をして置いておこう

漬け込む瓶の消毒を終えたら早速キャベツに手をつけていきましょう。まずはキャベツを千切りにしていきます。お好みで手でちぎってもよいでしょうが、千切りにしたほうが無難です。瓶の大きさに合わせてきります。少し押し込んで入れていくので大目のほうがよいでしょう。キャベツを大目に千切りすることができたら今度は塩もみしていきましょう。

ザワークラウトはすっぱい漬物なのでこの塩もみしておいておく皇帝がとても大事になります。塩もみキャベツを作っていくと思えばよいでしょう。しっかりと揉み込んでいけばどんどん水分が出ます。水分が出たらまた塩を足してもみ込んでいくという過程を繰り返していきましょう。手荒にしないでやさしく塩と一緒に押していく感じを続けていきましょう。できたらそのままおいておきましょう。

瓶に詰めよう

水分がでたら、そのキャベツを早速瓶につめていきザワークラウトの発酵の準備をしていきます。作り方でもこのあたりまで来るとザワークラウトっぽくなります。用意した瓶にぎゅうぎゅう詰に押し込んでいきましょう。もう入らないというくらいに押し込んでいってかまいませんのでしっかりとつめこんでいきましょう。

瓶に押し込むことができたら、表面にサランラップをしいていきその上に重しを乗せておきましょう。これができたら水分があがってくるのでそれまで数時間おいておきましょう。もしも水分が上がってこないようなら2%くらいで作った塩水をキャベツがつかるまで注いでもよいです。水分や塩分は漬物には重要なポイントの不一つになるので注意しましょう。

温かい場所に置いて発酵させよう

重しを置いて水分を抜くことができたら作り方もいよいよ最後のほうにはいっていきます。重石をとってそのままラップごとふたをしめていきましょう。できたらバットに乗せてザワークラウトの作り方は保存の段階に入ります。この保存がザワークラウトの作り方では大切な要素になってきますので注意しましょう。

作り方における保存の目的はなんといっても発酵です、発酵させない限りザワークラウトのうまみでもある酸味、乳酸菌効果などがまったく期待できません。発酵させるには常温かすこし温かい環境に置いておくのがよいです。温かいと発酵のスピードが上がっていきますのでぜひとも温かい場所で保存するようにしましょう。冷蔵庫にいれてしまっては作り方が違ってきてしまいます。

完成したら冷蔵庫で保存しよう

置いておく期間は大体3日から6日間くらいが目安になるでしょう。この期間が過ぎたらラップをしたままふたをしめておき、冷蔵庫の野菜室で約2週間熟成させていきましょう。置けば置くほど熟成がすすんでおいしいザワークラウトになります。お好きな料理やサラダにつかって上手に食卓を彩りましょう。

食べごろはいつ?

ザワークラウトの食べごろはいつでしょうか?ザワークラウトは発酵すると中身が膨張するため、ふたは軽く閉めておきましょう。水分もあふれ出るので、バットにのせておきましょう。あふれたら、キャベツ全体がつかっている状態を保つ程度に水分を捨てていきます。小さな泡が出て、酸っぱい香りがしてきたら、発酵している合図ですのでたべごろです。おいしくザワークラウトを食べましょう。

ジップロックでも簡単に作れる!

ザワークラウトを作る方法にはジップロックで作る作り方もあります。まずキャベツは外の葉を取ってしまい、その後、洗わないで千切りにしていきましょう。なぜ洗わないほうがよいのかというと、キャベツには乳酸菌がついていて、これがおいしいザワークラウトの源になるからです。洗いたくなりますが洗わないように注意しましょう。

千切りにすることができたらキャベツをジップロックに入れていくわけですがこのときにいっぺんにいれてしまうともみこむのが難しいので半分ずつ行うとよいようです。ジップロックにキャベツと一緒にキャベツの重量の2%ていどの塩、砂糖、好みで赤唐辛子、ローリエ、黒故障などをいれても見込んでいきましょう。

もみこんでいくとしんなりしていくので、残りのキャベツも同様に行っていきましょう。キャベツがしんなりするまでもみ終えたら、袋から空気を抜きます。発酵させている数日間の間にもたまにチェックして空気を抜きましょう。保存は瓶と同じように水分対策でバッドなどに入れます。できたら上から水入りのペットボトルなどを起きます。夏は1~3日、冬は3~7日を目安に直射日光の当たらない常温に置き発酵させましょう。

ザワークラウトの美味しい食べ方

ザワークラウトのおいしい食べ方はいくつかあります。まずはサラダへのトッピングが人気です。フレンチドレッシングなどクリーミーな味付けと相性がザワークラウトはよいです。レシピの参考にしましょう。また即席のスープもザワークラウトのおいしい食べ方のひとつです。そのレシピは鍋にお湯を沸かして、ベーコンとザワークラウトを入れて、ひと煮立ちさせ、そこへコンソメ、こしょうをいれて味を調えるとおいしいです。

またザワークラウトのおいしい食べ方はシュークルートという料理のレシピが有名です。ザワークラウトとスペアリブを一緒に煮混んだ絶品料理ですのでぜひ試してみたい食べ方レシピのひとつです。キャラウェイシードを効かせるとより本場のドイツ料理に近づいてよりおいしい食べ方レシピになるようです。

また、ザワークラウトはなんといっても脂っこい肉料理の付け合せにすることでその効果を存分に発揮します。消化を助けるような機能的な効果はもちろんのこと、それ自体がとてもすっぱくおいしいので脂っこい肉料理とは相性が抜群なのです。ですからぜひともおいしいザワークラウトを肉に添えて食べてみてください。

ザワークラウトのアレンジレシピを紹介

ザワークラウトは本場のドイツでは家庭料理にかかせないおいしい食材です。そんなザワークラウトを使った絶品料理の作り方とそのレシピを紹介していきましょう。とてもおいしいうえに簡単なのでぜひとも試してみてください。ザワークラウトをおいしく食べてドイツ気分を味わいましょう!

簡単で絶品「ソーセージのドイツ風スープ」

缶詰のザワークラウトを使っておいしいドイツ風のスープを作ってみませんか?おいしいビールのあてにもぴったりのザワークラウトとソーセージの食べ方は人気のレシピです。材料はソーセージを好みの銘柄で4~6本準備してくださいそこに固形スープの素を1個と、ザワークラウト(缶詰)で150gくらい、そしてバター、塩、粗びき黒こしょうを準備します。材料が準備できたら早速作っていきましょう。

まずは鍋にバター大さじ1程度とかしてザワークラウトをいためていきましょう。そこへお湯を1/2カップ注いで、コケイスープの素を砕いて加えて強火で煮ていきましょう。煮立ったらソーセージを加えて火を通し、塩、こしょう各少々で調味していきましょう。ソーセージのうまみと酸味がほどよく混ざって、食欲をそそるおいしいスープの出来上がりです。おいしい食べ方のレシピなので試してみましょう。

酸味まろやか「豚バラとザワークラウトのドイツ風煮込み」

見た目はもしかすると地味かもしれないザワークラウトのイツ風煮込みですが味はしっかりしていておいしい食べ方なのでぜひレシピをしって作ってみましょう。必要な材料はザワークラウト1瓶だいたい600gから700g、豚バラ肉ブロック500から600g、塩大さじ2、玉ねぎ1個、オリーブオイル大さじ2、水400を500cc、黒こしょう小さじ1、白ワインか日本酒)50cc、ローリエ 2枚、グローブ2個、塩適量、ソーセージです。

作り方はまず肉を塩漬けにしましょう。煮込みを作る3,4日前から準備します。塩をまんべんあく肉にする込んでおきましょう。できたらチャック袋に入れて冷蔵庫で保存します。漬け込んだら1口大より少し大きめに切り、塩をいれた水に2〜3時間つけ、しっかり塩抜きをしましょう。ザワークラウトは水気を絞っておきましょう。

鍋にはオイルをいれて熱しておきます。そこへ肉を入れて焼き付け一度取り出しましょう。肉を取り出した鍋に薄切りの玉ねぎを加え、炒めます。いためたらザワークラウトを入れてほぐしながら炒め、全体が炒まったら肉を戻して混ぜます。そこへ水、黒胡椒、酒、トーチエ、グローブを入れてフタをして弱火で約1時間半煮ます。肉が柔らかくなったら味見し、塩味が足りなければここで整ます。最後にソーセージを盛りつけましょう。

子供も喜ぶ!ザワークラウトドッグ

ザワークラウトとソーセージでおいしいザワークラウトドッグを作りましょう。簡単レシピの食べ方です。必要な材料はホットドッグ用パン3個、キャベツ1/4個分、ウィンナー9本、エクストラバージンオリーヴオイル同じ1と1/3、お酢大さじ2/3、塩ひとつまみ、白コショウ少々です。子供もよろこぶ簡単人気レシピです。ぜひ作り方を覚えてください。また、味付けがおいしいのでワインなどのあてにもぴったりです!

まずはキャベツを5ミリ幅位の千切りにきっていきましょう。小さいほうが食べやすく味もしみておいしいです。千切りにすることができたらエクストラバージンオリーヴオイルを敷きキャベツを弱火で炒めていきましょう。いためるとだんだんとしんなりとしてくるので酢・塩・白コショウを加えてさらにいためていきましょう。味がしみこむようにしましょう。出来上がりの量は半分くらいになるので考慮してキャベツを炒めます。

フライパンで炒めると簡易的なザワークラウトの完成です!そこに切れ目をいれたホットドッグ用パンを用意してザワークラウトを詰めていきましょう。同時にフライパンでウィンナーを炒めます。いため終わったらウィンナーを3つづつのせて、ケチャップやマスタードをかけたら出来上がりです。もちろん、市販のザワークラウトやご自身で漬けたものでもOKです!子供も喜ぶ簡単な食べ方のレシピです。

ザワークラウトの嬉しい効果とは?

ザワークラウトにはおいしいだけではなく健康面においてもうれしい効果がたくさんあるのを知っていますでしょうか。そんなザワークラウトの効果をいくつか紹介していきましょう。ザワークラウトの効果をしって、その効果を十分発揮できればあなたもザワークラウトの魅力にとり付かれてしまうことでしょう。食べ方とレシピにあわせてぜひ知っていきましょう。早速解説していきます。

キャベツのビタミンCで美肌・美白効果

すっぱくておいしいザワークラフトはキャベツの漬物です。キャベツには大量のビタミンCが入っています。ビタミンCを摂取することで美肌効果や、美白効果が期待できます。イメージしてください。すっぱいザワークラフトを日々摂取しているドイツ人の女性たちは、みな美白です。もしかすると単純に日照時間が少ないので日焼けしないだけかも知れませんが、ザワークラフトのおかげで美白だと信じればおいしく食べることができます。

ビタミンはCだけじゃない!うれしい効果

また、キャベツにはビタミンCだけではなくほかのビタミンもたくさんあります。まず。ビタミンUが入っています。これはキャベジンとも呼ばれ、天然の整腸作用があるといわれています。肉料理といっしょにたびたび摂取される所以です。なぜ胃袋によいかというとビタミンUは胃酸の過剰分泌を抑え、胃の粘膜を保護・修復する作用があります。キャベツは肉料理のおおい西洋では欠かせない食材なのです。

またザワークラフトに使われるキャベツにはビタミンKも入っています。ビタミンKはキャベツの中には野菜でもトップクラスにふくまれているのでビタミンKが不足しがちだと悩むような変わった人がいたらぜひ摂取してほしいです。ビタミンKは血液を凝固させる作用を持つ成分を作る栄養素で、かつカルシウムを摂取したときに吸収を助けます。高齢者には大切な栄養素です。

発酵による乳酸で整腸作用の効果も

ザワークラフトは製造過程で発酵をさせます。その結果乳酸が生まれ、脂っこい肉料理を食べたときにはとてもおいしく感じますし、肉料理をたくさん食べることができます。キャベツに含有されるキャベジンだけではなく、この乳酸のおかげで整腸作用があるので下痢が続いているような人や便秘で苦しんでいる中年から高齢の女性には大変有効な食べ物といえるでしょう。

また、乳酸菌はお通じのためのものと思っている人も多いですが、腸の健康は身体全体の健康といってもよいほど重要です。特に免疫機能には有効です。腸内環境を改善すれば有害物質を素早く感知し排除できるため、小腸・大腸のレセプターを刺激する免疫の活性化にも有効なのです。知っていましたか?風邪やインフルエンザの予防、花粉症やアトピー性皮膚炎の症状抑制、またガンや高血圧、糖尿病といった病気予防に期待できます。

また、乳酸菌の摂取は第2の脳のもいわれる腸内の「脳腸相関」にも影響を与えるとしても話題だったりします。腸内の環境を整えることで心と身体の良い状態をキープできるわけです。実は乳酸菌の摂取でストレスや不眠症、うつ病などの症状緩和の効能を期待できるとして乳酸菌は注目の栄養素になっています。ザワークラフトでおいしく摂取しましょう。

サワークラウトは高い抗がん効果あり!

2002年に発表されたフィンランド国立農業研究センター(MTT)の研究では、キャベツが乳酸菌の働きで発酵すると、イソチオシアン酸塩と呼ばれる物質が生成され、ガン増殖、特に乳ガン、結腸ガン、肺ガン、肝臓ガンの増殖を抑える働きがあることが分かったそうです。おいしくザワークラフトを摂取することで多くのガンのリスクを軽減することができるのだとしたらこれほどうれしいことはないのではないでしょうか?

ザワークラウトはダイエット効果もあり

ザワークラフトはキャベジン、乳酸菌のおかげで腸内環境をととのえるということはすでにお伝えしましたが、この腸内環境が整うことでダイエット効果が期待できます。よく痩せ体質なんていう言葉を聞いたことがあると思います。お昼ごはんを少ししか食べてないのに!いつも少食なのにどうして痩せないのか!と悩んでいるあなた。実は体質に問題があったのかも知れません。

乳酸菌によって腸内環境が整えられると、腸から栄養を吸収するのを促進する菌の増殖を防ぐことができるそうです。腸内の菌には2種類いて脂質の吸収を抑制する菌と促進する菌がいるのです。このバランスがよくないと太ったり痩せたりのバランスが崩れていくようです。同じ量を食べても太る人と痩せる人がいるのはこのバランスの問題のようです。

ザワークラフトで摂取できる乳酸菌にはメリットいっぱい!

またザワークラフトで摂取できる乳酸菌には生活習慣を改善する効果も期待できたりするようです。乳酸菌には、食事に含まれるコレステロールなどの脂質や糖質の吸収を抑え、排出を促す働きがあるのは既知のことと思います。そこから応用して考えると過剰にとった糖質や脂質が体内に増えすぎないため、脂質異常症や高血糖の予防、改善に効果があるのです。

また乳酸菌には乳酸菌がつくるラクトペプチドという物質には、血管を拡張して血圧を下げる働きも期待できたりします。まとめると乳酸菌を補うことは、高血圧、高血糖、脂質異常症といった生活習慣病を予防することにも役立つということです。

ザワークラウトのおすすめ商品

手作りじゃなくてもザワークラフトは市販でおいしいものが手に入ります。ご自身で作る暇がないけどザワークラフトをたべたいのだ、というひとは市販の商品に手を出してみるのもよいでしょう!きっと自分でも作ってみたいと思うことでしょう。

瓶と缶の販売「ヘングステンベルクのザワークラウト」

ヘングステンベルグの製造販売するザワークラウトは植物性乳酸菌による自然発酵させた発酵食品です。瓶詰めになっていて、そのまま食べてもおいしいですし、いためるのもよいでしょう。塩とワインを使って漬け込まれており肉料理、とりわけソーセージにはぴったりの商品です。白キャベツとよばれるドイツ特有のキャベツを使っていてコシのあるシャキシャキした歯触りが楽しめます。

1932年、リヒャルト・A・ヘングステンベルグ博士によって世界で初めて低温された缶詰のザワークラウトを発売しました。当時のキャッチフレーズでもある「ビタミンたっぷりで、常に新鮮」という文言とともに1950年代のヒット商品となりました。現代に至っても大人気商品でザワークラフトといえばヘングステンベルグといわれるほどの商品ブランドに成長しました。ぜひとも一度は食べてみたいザワークラフトです。

ヘングステンベルクはそのほかにもガーキンスやアップルインキャロット、マスタードといった瓶詰め商品を多数販売製造している老舗です。そんなヘングステンベルクのザワークラフトは720mlはいって447円と大変お得な商品となっているのでさまざまな食べ方やレシピにぴったりです。ぜひとも一度お試しください。

酸味をおさえてクセがない「キューネのザワークラウト」

すっぱいのがうりのザワークラフトですが、その味がにがてというひとも多いことでしょう。でも安心してください。酸味を抑えてクセを減らすことで多くのひとが楽しめるザワークラフトも存在します。多くの食べ方やレシピに応用可能!それがキューネのザワークラフトです。

キューネはハラペーニョやピクルス、キャロットサラダ、ガーキンスなどさまざまな瓶詰め商品を製造販売している食品会社です。キューネのザワークラフトはさっぱりしていてクセがなく、伝統的なキャベツと塩のみという事で、香辛料や酢も入っていないとてもシンプルなザワークラフトです。シンプルなのですっぱすぎず、キャベツの甘みもしっかり楽しむことができるので人気の商品となっています。

キューネのザワークラフトは内容量が850mlとたっぷりで540円という価格です。白キャベツに漬け原材料は食塩というシンプルな製造方法だからうれしいザワークラフトです。カロリー100gあたり20kcalとヘルシーです。夕飯の付け合せにぜひ使ってみてください。

料理に華を添える「紫キャベツのザワークラウト」

キャベツには緑のキャベツや白キャベツとさまざまな品種がありますが、中には紫キャベツなんていうのも人気です。この紫キャベツを使ったザワークラフトも実は竜折レシピでは人気の商品となっています。紫キャベツを使ったザワークラフトは手作りでもできますが、業務スーパーなどにいけば実は買うことができます。レッドキャベツとも呼ばれる紫キャベツのザワークラフトもおすすめの一品です。

紫キャベツを使ったザワークラフトはドイツのすぐ近くにあるポーランドで製造されているものです。いってしまえば日本産キムチのようなものでしょうか。見た目はラズベリージャムのようですが、すっぱいキャベツです。カレーやソーセージの付け合せ、サラダやパスタの具材にぴったりのザワークラフトとして人気です。野菜の彩を加えて酸味を味わえば食欲がわきます。

紫キャベツのザワークラフトは660gでなんと価格は198円と衝撃の安さです。りんごやお酢、砂糖、食塩、香辛料で味を調えてあるのでとてもおいしく見た目も華やかなザワークラフトです。ぜひとも夕飯の付け合せにしてみるとよいでしょう。さまざまな料理のレシピや食べ方に活用できます!

ザワークラウトの作り方・レシピで栄養価の高い食事を!

いかがでしたでしょうか。ザワークラウトはドイツ発祥で欧米諸国で愛されるキャベツの漬物です。むかしからドイツ料理やドイツとのイメージにしっかりあっておりドイツといえばザワークラウトというほどです。そんなザワークラウトは酸っぱくておいしいだけでなく健康・美容効果もある大変うれしい食材で、多くのひとに愛されている食材です。肉料理をはじめとしてさまざまな食べ方、調理法で食されている食材です。

そんなザワークラウトのおすすめの食べ方はスープやサラダ、肉料理の漬けあわせといった従来のものから煮込みにしたりパンにはさんでホットドッグやサンドイッチなどにもできる汎用性のたかい食材としても有名です。また、昨今では手作りして自分のオリジナルザワークラウトを作るひとも多いです。ジップロックでも簡単に作ることが出来るのでとても人気です。いろんな食べ方に応用してザワークラウトを楽しみましょう。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ