一人焼肉専門店・東京編!女性ひとりでも食べ放題が楽しめるお店を紹介

みなさんは、一人焼肉専門店に行ったことがありますか?一人でレストランに入るのって抵抗ありますよね。焼肉屋さんや食べ放題の店に一人で入るのは、一目もあり、特に抵抗があります。女性ならさらに抵抗を感じると思います。一人焼肉専門店は、一人での食事でも、人目を気にせず、お店でおいしい焼肉を楽しみたい、食べ放題に行きたいという人たちの声から始まりました。今回の記事では、東京で一人焼肉が楽しめるお店を、15店舗厳選して紹介します。女性でも入りやすいお店、食べ放題が楽しめるお店を中心に調査しました。

一人焼肉専門店・東京編!女性ひとりでも食べ放題が楽しめるお店を紹介のイメージ

目次

  1. 1一人焼肉専門店とは?
  2. 2一人焼肉専門店の特徴
  3. 3一人焼肉専門店の予算
  4. 4一人焼肉専門店・東京編!女性ひとりでも食べ放題が楽しめるお店を紹介
  5. 5一人焼肉専門店・東京編:一人焼肉 﨑山(ZAKIYAMA)
  6. 6一人焼肉専門店・東京編:立喰い焼肉 治郎丸 御徒町店
  7. 7一人焼肉専門店・東京編:ひとり焼肉 美そ乃
  8. 8一人焼肉専門店・東京編:炭火焼肉 一丁目
  9. 9一人焼肉専門店・東京編:かるびあ~の
  10. 10一人焼肉専門店・東京編:どんどん 新宿歌舞伎町店
  11. 11一人焼肉専門店・東京編:房家 上野六丁目店 (ボウヤ)
  12. 12一人焼肉専門店・東京編:四五六 (シゴロ)
  13. 13一人焼肉専門店・東京編:赤と霜
  14. 14一人焼肉専門店・東京編:焼肉 最牛(SAIGYU)
  15. 15一人焼肉専門店・東京編:セルフ焼肉大衆ホルモン酒場李苑
  16. 16一人焼肉専門店・東京編:ひつじや四谷三丁目店
  17. 17一人焼肉専門店・東京編:上野 太昌園
  18. 18一人焼肉専門店・東京編:ヂンギス邸
  19. 19一人焼肉専門店・東京編:焼肉チャンピオン
  20. 20一人焼肉専門店で焼肉を楽しもう

一人焼肉専門店とは?

みなさんは、一人焼肉専門店に行ったことがありますか?一人でレストランに入るのって抵抗ありますよね。焼肉屋さんや食べ放題の店に一人で入るのは、一目もあり、特に抵抗があります。女性ならさらに抵抗を感じると思います。一人焼肉専門店は、一人での食事、女性だけの食事でも、人目を気にせず、焼肉やさんでおいしい焼肉を楽しみたい、食べ放題に行きたいという人たちの声から始まりました。

一人焼肉専門店の特徴

一人焼肉専門店は、一人でも入りやすい工夫がされています。個室が用意されていたり、カウンター席が多かったり、小さいテーブルが用意されたり、スタンディングスタイルだったりと、配慮が行き届いています。なにより、一人で焼肉を楽しみたい、女性で一人で食事したい、食べ放題がしたいという人が集まっているので、何も気にせず焼肉を堪能することができます。最近は、女性の一人焼肉もブームになってきて、女性客も多いです。

一人焼肉専門店の予算

一人焼肉専門店の予算はどのくらいなのでしょうか?もちろん、お店の位置や、使っているお肉によって予算は異なりますが、一人2,000円から4,000円のお店が多いようです。友だちや家族、カップルで食事をするときは、少し高めのレストランに行くこともありますが、ひとりのときは出費を抑えたいですよね。一人焼肉専門店は、手頃な価格で、一人焼肉を楽しむことができます。

一人焼肉専門店・東京編!女性ひとりでも食べ放題が楽しめるお店を紹介

今回の記事では、東京で一人焼肉が楽しめるお店を、15店舗厳選して紹介します。女性ひとりでも入りやすいお店、食べ放題が楽しめるお店を中心に調査しました。それぞれの一人焼肉のお店の営業時間、定休日、予算、メニューなどについて、詳しく紹介します。

一人焼肉専門店・東京編:一人焼肉 﨑山(ZAKIYAMA)

一人焼肉 﨑山(ZAKIYAMA)は、立川駅南口より徒歩5分の距離にある一人焼肉専門店です。営業時間は、月~金は15:00~23:00、土・日は11:30~23:00となっています。定休日は不定休です。予算は、ランチが2,000円〜3,000円、ディナーが2,000円〜3,000円です。座席は16席あります。店内には、コの字のカウンター席があり、女性が一人客もゆっくり食事を楽しむことができます。個室はありません。

店前に「一人焼肉」と大きく書かれた看板が目印です。スタンディングスタイルで、気さくなスタッフが多く、雰囲気もカジュアルで、一人客や女性客も気軽に入りやすいのが特徴です。アルコールは、ビール、焼酎、日本酒、ワイン、カクテルなど種類が多いです。飲み放題は1時間で1,000円と、とてもお値打ちです。ZAKIYAMAコースは、お肉、ホルモン、牛タンなど9種盛りと、1時間30分の飲み放題つきで2,000円です。
 

一人焼肉 﨑山の名物は、黒毛和牛&ホルモン盛り合せ(1,000円)です。そのほかのメニューは、豆もやしナムル(190円)、ごま油素揚げニンニク(350円)、きのこのピクルス(380円)、﨑山の煮こみ・牛タン(480円)、バラナンコツ(380円)、黒毛和牛雲丹巻き(1,480円)、サンパチカルビ(380円)、タンステーキ(880円)、センマイ刺(480円)、コブクロ刺(480円)、ガツネギ刺(480円)などがあります。

一人焼肉専門店・東京編:立喰い焼肉 治郎丸 御徒町店

立喰い焼肉 治郎丸 御徒町店は、御徒町駅より徒歩2分の距離にある一人焼肉専門店です。営業時間は、月〜土は11:30〜29:00、日・祝は11:30〜23:00となっています。定休日は年中無休です。予算は、ランチが1,000円〜2,000円、ディナーが2,000円〜3,000円です。座席は14席あります。個室はありません。チェーン店で、御徒町店のほかにもいくつか店舗があります。

焼肉メニューは、チレ、ノドブエ、ガツ芯が30円、ノドモト、ノドガシラ、ボタンが50円、コリコリ、テッポウ、タン下、牛ハツが80円、パイが90円、豚トロが100円、豚ハラミが110円、マルチョウが120円、ブリスケが150円、肩ロースが280円、牛ハラミが190円、内ハラミが280円、ザブトン、サーロイン、リブマキ、ミスジ、三角バラ、肩芯、ヒレ、カイノミ、A5ランク神戸牛が300円です。

ほかのおつまみ料理は、キムチ(380円)、白センマイ刺(400円)、チャンジャ(300円)、豆もやしのナムル(280円)、韓国のり(200円)、わかめスープ(280円)、たまごスープ(280円)、辛スープ(350円)などがあります。

アルコールのメニューもたくさんあり、生ビール ドライプレミアム(450円)、レモンサワー(400円)、ウーロンハイ(400円)ハイボール ブラックニッカ(400円)、とらじの唄マッコリ(700円)、八海山梅酒(420円)などや、ボトルワインも用意されています。

一人焼肉専門店・東京編:ひとり焼肉 美そ乃

ひとり焼肉 美そ乃は、池袋駅より徒歩1分の距離にある一人焼肉専門店です。営業時間は、月~金は15:00~翌3:30、土は11:30〜翌3:30、日・祝は11:30~翌1:00となっています。夜遅くまで営業しているのが特徴です。定休日は年中無休です。予算は、ランチが2,000円〜3,000円、ディナーが4,000円〜5,000円です。座席は11席あります。個室はありません。

ひとり焼肉 美そ乃は、芝浦の食肉市場から、鮮度よい肉を中間マージンをカットすることで、安く仕入れることで、リーズナブルな値段で焼肉を楽しむことができます。 鮮度のよいお肉を販売するために、注文が入ってから一切れずつ、シェフの手によりカットする方法にこだわりました。 一頭買いすることで、ほかの焼肉店は部位数が30~40のところ、ひとり焼肉 美そ乃では55部位提供しています。

ひとり焼肉 美そ乃のおすすめは、極上サーロイン580円、シャトーブリアン600円などの最高級部位のほか、タン元(特上タン)290円、ザブトン(霜降りの特上ロース)330円、カイノミ(極上の赤身肉)330円がおすすめです。人気の盛り合わせ絵ニューは、A5黒毛和牛 豪華12種盛り3,000円となっています。

そのほかのいちおしメニューは、毎日10食限定の炙りレバー(780円)、とろける A5スジ煮込み(320円)、赤身肉炙り焼きユッケ風(800円)、ちょい辛キムチ(240円)、絶妙カクテキ(220円)、珍味チャンジャ(320円)、韓国のり(200円)、ワカメスープ(320円)、玉子スープ(370円)、キムチスープ(370円)などがあります。

一人焼肉専門店・東京編:炭火焼肉 一丁目

炭火焼肉 一丁目は、新宿駅より徒歩3分の距離にある一人焼肉専門店です。営業時間は、月~金・祝日 は17:00~24:00、土・日は13:00~24:00となっています。定休日は年中無休です。予算は、ランチが3,000円〜4,000円、ディナーが4,000円〜5,000円です。座席は46席あります。カウンター席で、ひとり焼肉が楽しめます。個室はありません。

炭火焼肉 一丁目の人気メニュー、ベスト5を紹介します。NO.1は厚切り上タ(980円)で、200ミリにカットした上質なタンを、鬼おろしにんにくでからめてあります。NO.2は王様ハラミ(880円)で、肉厚の脂で柔らかく、肉汁溢れるジューシーな焼肉です。NO.3は厚芯ロース(780円)で、牛の後ろ脚の付け根の部分なので、脂肪が少なく歯ごたえがあります。NO.4は馬ユッケ(980円)、NO.5は焼きしゃぶ(880円)です。

 

ほかの焼肉メニューは、ザブトン(1,980円)、ミスジ(1,980円)、特炙りカルビ(1,980円)、新鮮ホルモン3品(1,580円)、赤身タン塩(580円)、角切りカルビ(680円)、特上ロース(1,580円)などがあります。一品料理は、ヒレ馬刺し(1,280円)、もやしナムル(380円)、キムチチヂミ(580円)、チャプチェ(680円)、テグタンスープ(680円)、ユッケジャンスープ(680円)などがあります。

一人焼肉専門店・東京編:かるびあ~の

かるびあ~のは、新橋駅より徒歩6分の距離にある一人焼肉専門店です。営業時間は、17:00~翌3:00(ラストオーダー2:30)となっています。夜遅くまで営業しているのが特徴です。定休日は日曜日、祝日です。予算は、6,000円〜8,000円です。座席は15席あります。個室はありません。カウンターがメインなので、一人焼肉におすすめです。

かるびあ~ののおすすめの焼肉は、岩手県産の短角牛と、熊本県産のあか牛です。岩手県産の短角牛は、まるかわ1,200円、かめのこ、しんしん、とも三角1,500円、熊本県産のあか牛は、かめのこ、まるかわ、しんしん、とも三角、ランプ、イチボ1,700円となっています。ほかの、焼肉メニューの一押しは、Wホルモン、上レバー、ウルテ、ハツ850円、タン、ハラミ1,700円などがあります。

かるびあ~のの一品料理、おつまみのおすすめは、白金豚ソーセージ(700円)、おまかせ赤身3種盛り(3,000円)、焼き野菜盛り(1,000円)、センマイ刺し(700円)、豆もやしのナムル(500円)、トマトナムル(500円)、クレソンと水菜のサラダ(800円)、白菜キムチ(500円)、〆の和牛カレー(600円)、極上牛とろ飯(650円)、スペシャル玉子かけご飯(500円)、卵白入りスープ(300円)などがあります。

一人焼肉専門店・東京編:どんどん 新宿歌舞伎町店

どんどん 新宿歌舞伎町店は、新宿駅より徒歩5分の距離にある一人焼肉専門店です。営業時間は、ディナーのみで17:00~翌9:00となっています。定休日は年中無休です。予算は、ディナーが3,000円〜4,000円です。座席は35席あります。個室も用意してあります。カウンターがメインなので、一人焼肉におすすめです。

どんどん 新宿歌舞伎町店のおすすめは、どんどん名物ねぎタン(1,100円)です。創業20年来の逸品で、注文が入ってから手切りしたタンの上に、ネギをたっぷりと乗せて焼き上げるのが特徴です。ほかの焼く肉メニューは、豚バラ(580円)、炙り味付け豚足(480円)、自家製ベーコンステーキ(680円)、巻きしゃぶ(1,380円)、ランプ(1,380円)、ざぶとんロース(1,850円)、サーロインステーキ(2,980円)です。

一品料理は、特製冷麺(750円)、ユッケジャンラーメン(790円)、梅冷麺(750円)、月見とろろ冷麺(750円)、特製温麺(750円)、炙りユッケビビンバ(850円)、爆弾おにぎり(400円)、キムチクッパ(580円)、玉子と野菜のクッパ(590円)、ユッケジャンクッパ(780円)、ホルモンジャンクッパ(780円)、牛すじハヤシ(550円)、刻みわさび茶漬け(400円)、チャンジャ茶漬け(400円)があります。

一人焼肉専門店・東京編:房家 上野六丁目店 (ボウヤ)

房家 上野六丁目店 (ボウヤ)は、上野駅より徒歩5分の距離にある一人焼肉専門店です。営業時間は、ランチが11:00~15:00、ディナーが17:00~23:30となっています。定休日は年中無休です。予算は、ランチが1,000円〜2,000円、ディナーが3,000円〜4,000円です。座席は48席あります。1階に立ち食い席18席、2階テーブル席30席あります。1階の立ち食い席は、一人焼肉におすすめです。

和牛を一頭買いしているため、リーズナブルな値段で、上質な焼肉を提供できます。カルビ(650円)、タン塩(650円)、ロース(600円)、ハラミ(600円)、上ミノ(500円)、ホルモン(450円)、中落ちバラ(550円)、赤身切り落とし(450円)、タンすじ(300円)、センマイ(300円)、ハツモト(300円)などがあります。

一品料理は、ミノ炙り刺し(780円)、赤身和牛炙り刺しユッケ風(1,280円)、テグタンスープ(880円)、カルビスープ(880円)、石焼カルビビビンパ(1,280円)、肉飯チャーハン(880円)、石焼ガーリックライス(980円)などがあります。

一人焼肉専門店・東京編:四五六 (シゴロ)

四五六 (シゴロ)は、立川駅より徒歩5分の距離にある一人焼肉専門店です。営業時間は、月~土、祝前日は11:30~23:30、日、祝日: 11:30~22:00となっています。定休日は不定休です。予算は、ランチが1,000円〜2,000円、ディナーが3,000円〜4,000円です。座席は32席あります。人数に合わせて、個室はありません。カウンターの席があり、一人焼肉におすすめです。

四五六 (シゴロ)のおすすめ焼肉メニューは、タン刺し、ハツ刺し、レバー刺し(680円)、加藤牛肉店が選んだ 山形牛A5雌 三角バラ80g(1,880円、タン薄切り60g(800円)、片面焼きロース50g(780円)、レバー(130円)、カルビ(280円)、上カルビ(420円)、はらみ(280円)などがあります。

おすすめのご当地メニューは、宮崎太一直伝もも焼き骨つきフル(1,480円)、名古屋今池やぶやの 味噌トンチャン(500円)、宮崎都萬牛 内もも串 (520円)、宮崎都萬牛 カルビ串 (500円)があります。ほかの一品料理は、ハヤシライス(580円)、ユッケビビンバ丼(780円)、ピーナッツもやし(580円)、ボロニアソーセージ(390円)、砂肝のコンフィ(480円)、牛タンの煮込み(690円)などがあります。

一人焼肉専門店・東京編:赤と霜

赤と霜は、三軒茶屋駅より徒歩1分の距離にある一人焼肉専門店です。営業時間は、月~木は11:30~23:30、金・土・祝前日は11:30~翌2:00となっています。定休日は水曜日です。予算は、ランチが1,000円〜2,000円、ディナーが3,000円〜4,000円です。座席は12席あり、すべてカウンターとなっています。個室はありません。

店名の「赤と霜」の由来は、名物の赤霜盛り合わせ(1,480円)です。赤身と霜降り肉を、バランスよく盛り付けてあるため、赤霜と呼ばれています。ほかのおすすめメニューは、ホルモン盛り(680円)、シャトーブリアン(500円)、極上フィレ(400円)、ネック(200円)、サーロイン(350円)、30熟成厚切りタン(250円)などがあります。

赤と霜は、創作肉料理もおすすめです。フレッシュキャビアと赤身(520円)、肉雲丹(700円)、真空低温調理ローストビーフ(780円)、すき焼き風サーロイン(980円)、炙りユッケ黄身をからめて天昇(580円)、低温調理200gリブステーキ(3,200円)があります。一品料理は、サクサク醤油の冷奴(380円)、新鮮ハツの湯引き(450円)、チョレギサラダ(480円)、白センマイ刺し(480円)があります。

一人焼肉専門店・東京編:焼肉 最牛(SAIGYU)

焼肉 最牛 渋谷店(SAIGYU)は、渋谷駅より徒歩10分の距離にある一人焼肉専門店です。営業時間は、ランチが11:30~15:00、ディナーが17:00~23:30となっています。定休日は不定休で、ランチは土日は休みです。予算は、ランチが1,000円〜2,000円、ディナーが4,000円〜5,000円です。座席は13席あります。パーティ用の、個室が用意してあります。お一人様ようのカウンターも用意されています。

SAIGYUのおすすめの焼肉は、頬もおちるほどおいしい厚切りタン(1,500円)です。わさびをたっぷりと塗るのが特徴で、わさびが肉のうまみを際立たせます。ほかの焼肉メニューは、最牛カルビ(880円)、最牛厳選カルビ(1,600円)、最牛ロース(880円)、サーロイン(2,800円)、ササミ(1,100円)、カイノミ(1,250円)、トモサンカク(1,500円)、ザブトン(2,500円)などがあります。

おすすめの一品料理は、キムチ盛り合わせ(980円)、キノコのバター焼き(750円)、キムチチヂミ(850円)、海鮮チヂミ(950円)、馬刺し三種盛り(1,980円)、白センマイ(780円)、石焼ビビンパ(980円)炙り肉寿司(800円)、カルビクッパ(850円)、炙り牛トロ丼(800円)、最牛冷麺(780円)などがあります。

一人焼肉専門店・東京編:セルフ焼肉大衆ホルモン酒場李苑

セルフ焼肉大衆ホルモン酒場李苑は、新宿駅より徒歩5分の距離にある一人焼肉専門店です。営業時間は、月~金は17:00~翌5:00 、土は15:00~翌5:00、日・祝は15:00~0:00となっています。明け方まで営業しているので便利です。定休日は年中無休です。予算は、ランチが2,000円〜3,000円、ディナーが2,000円〜3,000円と、お値打ち価格です。座席は22席あり、カウンターが6席、テーブルが16席です。

セルフ焼肉大衆ホルモン酒場李苑の特徴は、名前の通り、もやしナムル、枝豆、キムチ、キャベツが食べ放題、ドリンクバーカウンターでのお飲み物が飲み放題で、30分500円という安さです。カウンター席があり、フードやドリンクは、飲み食べ放題があり、ひとり焼肉をしたいひとにも好評です。

おすすめの焼肉メニューは、名物アカ130g(300円)、名物シロ130g(300円)、李苑名物牛バラ焼き(300円)、ぶ厚く切った特選牛バラ焼き(500円)、黒毛和牛中落ちバラ肉(500円)、黒毛和牛上バラ肉(500円)、李苑が贈る幻のタン(500円)、厚い歯ごたえ抜群タン塩(500円)、特選和牛赤身(500円)、上ハラミ(500円)、神ホルモン(500円)、大人のシロコロ(500円)、新鮮牛ギアラ(500円)などがあります。

一人焼肉専門店・東京編:ひつじや四谷三丁目店

ひつじや 四谷三丁目店は、新宿駅より徒歩8分の距離にある一人焼肉専門店です。営業時間は、月~金は11:30~14:30/18:30~22:30、土・日・祝は11:30~14:30/17:30~22:30となっています。定休日は年中無休です。予算は、ランチが1,000円〜2,000円、ディナーが3,000円〜4,000円です。座席は50席あります。カウンターが12席あり、一人焼肉を楽しめます。

ひつじや 四谷三丁目店の特徴は、店名からも想像できる通り、ひつじのお肉を扱っていることです。当店のおすすめNo1はひつじのたたき(Sサイズ:580円、Mサイズ:1,580円)です。ほかのひつじ料理は、ひつじのステーキサラダ(680円)、スペアリブのいぶし焼き 2Piece(840円)、北アフリカの焼飯(1,020円)などがあります。

アフリカ料理のメニューがたくさんあり、ぶつ切りにした肉の串焼き料理、シシカカブも名物料理です。アラビアのシシカバブ (880円)、南米風シシカバブ(1,280円)、ブラジル風肉炒め(860円)、シルクロードの肉炒め(860円)、チュニジアのぎょうざ(680円)モンゴルのしゅうまい(520円)、北京風レタス炒め(680円)、地中海のこりこりじゃがいも(680円)などがあります。グローバルでおもしろいメニューです。

一人焼肉専門店・東京編:上野 太昌園

上野 太昌園 上野駅前店は、上野駅より徒歩3分の距離にある一人焼肉専門店です。営業時間は、月~木・日は11:00-23:00、金・土は11:00-24:00となっています。定休日は年中無休です。予算は、ランチが1,000円〜2,000円、ディナーが5,000円〜6,000円です。座席は120席あります。人数に合わせて、個室が用意してあります。カウンター席もあり、女性が一人焼肉にも適しています。

上野 太昌園 上野駅前店のおすすめは、コスパ最強の食べ放題です。女性にも人気となっています。2時間の食べ放題コースで、男性4,200円、女性3,500円、お子様(小学生以下)2,000円、小学生未満無料となっています。食べ放題とは思えないほど、柔らかくてジューシーなお肉がたべられます。食べ放題に、1,500円で飲み放題をつけることができます。

高級焼肉のメニューは、極上カルビ(3,460円)、特選和牛ロース(3,460円)、上カルビ(2,100円)、上ロース(2,000円)、上赤身(1,900円)などがあります。上野 太昌園 上野駅前店の人気の焼肉は、厚切上タン塩(1,950円)です。上質なタンの芯だけを、贅沢に厚切にしたメニューで女性にも人気です。ほかに上ミノ塩焼(1,360円)、三元豚塩焼(830円)、サムギョップサル(1,570円)、ピートロ塩焼(780円)があります。

一品料理は、ローストビーフユッケ(1,350円)、海鮮チヂミ(1,450円)、チャプチェ(770円)、牛もつ煮込(750円)、ピリ辛牛すじ煮(750円)、韓国風冷奴(670円)、自家製 新にんにく醤油漬(650円)、きのこバターホイル焼(730円)、小松菜キムチ(630円)、塩ムンチュサラダ(730円)、ユッケビビンバ(1,450円)、コムタンクッパ( 1,000円)、豆腐チゲ (1,150円)などがあります。

一人焼肉専門店・東京編:ヂンギス邸

ヂンギス邸は、門前仲町駅より徒歩1分の距離にある一人焼肉専門店です。営業時間は、月~金は17:00~翌0:00、土・祝日は17:00~23:00となっています。定休日は日曜日です。予算は、ランチが1,000円〜2,000円、ディナーが3,000円〜4,000円です。座席は37席あります。テーブルは8席用が3卓、テーブル6席用が1卓、カウンターは7席あります。間仕切りにより個室空間を作ることができ、女性や一人客の配慮がされています。

ヂンギス邸の名物は、店名の通りジンギスカンです。ジンギスカンはヘルシーなので女性にも人気です。ジンギスカンの食べ放題もあります。120分間でジンギスカンの食べ放題で、5,378円です。食べ放題なので少し、高めの値段ですが、ラムロール、マトンロール、生ラム(ラムのランプ肉)、マトン肩ロースが食べられて、満足のいくコースとなっています。

おすすめのラム料理は、ラムのたたきポン酢和え(900円)、ランプ(800円)、ハツ(800円)、肩ロース(800円)、ショートロインステーキ(1,200円)、ラムソーセージ&フランク(800円)、ラムベーコン(800円)などがあります。ラム料理のコースは、人気料理を選んだ、ラムのたたきポン酢和え、ラムタン、ラムベーコン、ラムロール、ラムランプ、F1サフォーク肩ロースのセットで、ヂンギス邸コース3,780円です。

一人焼肉専門店・東京編:焼肉チャンピオン

焼肉チャンピオン 羽田空港国際線ターミナル店は、羽田空港の中にある一人焼肉専門店です。営業時間は、8:00~23:00(ラストオーダー 22:30)がとなっています。定休日は年中無休です。予算は、ランチが1,000円〜2,000円、ディナーが3,000円〜4,000円です。座席は30席あります。カウンターが8席、テーブル席が22席用意してあります。羽田空港の中にあるので、女性客や海外出張などで一人で来店する人も考慮されています。

焼肉のセットメニューは、キムチ&ナムル、ライス、ミニサラダ、ミニわかめスープがついた焼肉御膳(2,100円)、上焼肉御膳(2,860円)、特選焼肉御膳(4,300円)があります。ほかのセットメニューは、ミニわかめスープ付きの、焼肉ビビンバセット(1,380円)、ごはん、のり、キムチ付きの、こだわり豆腐のスンドゥブチゲセット(1,360円)、キムチ付きのカルビ塩クッパセット(1,100円)などがあります。

焼肉は、希少部位からリーズナブルな部位まで、幅広く用意されています。希少部位は、ざぶすき 卵と共(3,200円)、ざぶとん(3,400円)、みすじ(2,500円)、極上タン塩(2,890円)、三角(3,200円)、リブロース(3,900円)、上カルビ(2,150円)などがあります。旅行前のぜいたくな食事です。

一品料理は、キムチ盛り合わせ(980円)、ナムル盛り合わせ(700円)、ユッケジャンクッパ(1,260円)、カルビ塩クッパ (1,000円)、焼肉ビビンバ(1,380円)、冷麺(1,260円)、焼肉弁当(1,000円)、こだわり豆腐のスンドゥブチゲスープ(1,030円)、ユッケジャンスープ(1,100円)などがあります。

一人焼肉専門店で焼肉を楽しもう

東京で一人焼肉が楽しめるお店を、15店舗厳選して紹介してきました。女性ひとりでも入りやすいお店、食べ放題が楽しめるお店を中心に紹介しました。みなさんが気になった、一人焼肉が楽しめるお店はいくつかありましたか?

東京に住んでいる人はもちろん、東京以外に住んでいる人も、東京に一人旅にきたとき、女性ひとりでも焼肉を楽しみたいときは、紹介した一人焼肉専門店に行ってみてください。東京以外にも、一人焼肉専門店はたくさんあるので、お近くの地域でも探してみると新しい発見があるのではないでしょうか?

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ