オロナミンCの効果は?眠気・疲労に効果的な飲み方と効き目時間は?

オロナミンCは炭酸ドリンクの中でも特に人気がありますが、色々な効果が期待できることでも知られています。オロナミンCをうまく活用すれば眠気や疲労に対して効果を発揮してくれるとも言われていますが、その効果はオロナミンCを飲む時間などによっても異なるようです。今回は、そんなオロナミンCの効果を掘り下げるとともに、効果的な飲み方や飲む時間もみていきます。また、オロナミンCを使ったアレンジレシピもチェックするので、ぜひ色々な形でオロナミンCを楽しんでみてください。

オロナミンCの効果は?眠気・疲労に効果的な飲み方と効き目時間は?のイメージ

目次

  1. 1オロナミンCにはどんな効果がある?
  2. 2オロナミンCの効果を徹底調査!
  3. 3オロナミンCの効果的な飲み方と効き目時間
  4. 4オロナミンCの健康アレンジレシピ
  5. 5オロナミンCは適量を守って効果的に飲もう

オロナミンCにはどんな効果がある?

オロナミンCは大塚製薬から販売されている人気の炭酸ドリンク・栄養ドリンクであり、数ある栄養ドリンクの中でも特に知名度が高いもんのとなっています。上戸彩さんなどが広告塔を務めていることでも知られていますが、ビタミンCなどの成分が含まれているドリンクであり、眠気解消や疲労回復などに活用する人も多いのではないでしょうか?

そんなオロナミンCの歴史は実に1965年まで遡りますが、「元気ハツラツ!」のキャッチコピーもかなり有名となっています。そんなオロナミンCの名前は大塚製薬のヒット商品であるオロナイン軟膏とビタミンCを掛け合わせたものであり、医薬品としては認められてはいないもののビタミンCやビタミンBなどが豊富に含まれているようです。

現在でも年間300億本を売り上げる大人気商品であるオロナミンCですが、その飲み方や飲む時間を工夫することでさまざまな効果が期待できるとも言われています。そんなオロナミンCには具体的にどんな効果が期待でき、どのように活用するのがよいのかを具体的にみていきます。オロナミンCが好きな人は、ぜひその効果に理解を深めてみましょう。

Thumb栄養ドリンクおすすめランキングTOP20!【疲労・眠気・風邪】 | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

オロナミンCの効果を徹底調査!

オロナミンCにはビタミンCを中心とした実にさまざまな成分が含まれていることで知られていますが、期待できる効果は実に多岐に渡るとされています。そんなオロナミンCはどのようなときに飲むのが効果的であり、具体的にどのような効果が期待できるのかをまずはチェックして、今日からでも正しい方法で日々の生活に活用していきましょう。

オロナミンCはどんな時に飲む?

オロナミンCには実に色々な成分が含まれていますが、オロナミンCを飲みたくなるタイミングやオロナミンCを飲むべきタイミングは、人それぞれ微妙に違うことでしょう。そんなオロナミンCには必須アミノ酸やビタミンB群、そしてビタミンCが豊富に含まれており、これらの恩恵を受けるべき時間や受けやすいタイミングで飲みたいものです。

そんなオロナミンCに期待できる効果の筆頭として挙げられるのが眠気解消ですが、オロナミンCは眠いもののあと一踏ん張り頑張らなくてはならないときなどに飲むのが特におすすめだと言えるかもしれません。もちろん眠気解消をオロナミンCのみに頼るのは危険かもしれませんが、眠さがひどいときなどにオロナミンCを飲む人は多いようです。

また、オロナミンCは疲労回復の目的で飲む人も案外多いようです。ビタミンB群は代謝に関わりエネルギー産生に欠かせないビタミンですが、ビタミンCもエネルギー産生に関わっていたり抗ストレスの役割も果たすものです。そのためビタミンCは忙しい日々の中で体力が低下しており、疲れっぽいときや倦怠感があるときにおすすめかもしれません。

また、やや風邪気味のときでも不足しがちなビタミンをしっかり補えるので、あまり食欲がないときでもエネルギー補給の意味もかねてオロナミンCを飲むのは理にかなっていると言えるかもしれません。もちろん風邪の症状を全てオロナミンCで改善できるわけではありませんが、ビタミンCは風邪気味のときに活用する人も少なくありません。

そんなオロナミンCは徹夜をするときなどに飲む人も多いものですが、オロナミンCをつらいときに飲むときには、それで身体の疲れなどの問題が根本的に解決できないことは把握しておきましょう。オロナミンCで眠気解消ができるのは一時的なものであり、オロナミンCを飲めば睡眠時間を削ってもよいということではないので要注意です。

ビタミンCが豊富で嬉しい効果

オロナミンCを飲む上ではその含有成分が身体に対してどのような働きをするかをしっかりと把握した上で、適切な飲み方でオロナミンCを飲むことが重要となります。オロナミンCを飲む上でまず知っておきたい含有成分の筆頭としてはやはり、商品名にも一部入っている通りビタミンCが挙げられ、これはオロナミンCの効果の根幹をなすものです。

ビタミンCはレモンなどに豊富に含まれているイメージがありますが、ストレスなどで消費しやすく不足しがちなビタミンであることをしっかりと把握しておきましょう。オロナミンCに含まれているビタミンCの量はレモン11個分だと言われており、一瓶120mlで計算すると約220mgものビタミンCが配合されており、かなり豊富となっています。

そんなビタミンCは人間の身体の機能を正常に保つ上でさまざまな役割を担っている水溶性ビタミンの一種であり、果実や野菜などに多く含まれています。その働きのひとつとしてはまずコラーゲンの生成を補助することが挙げられ、血管や皮膚、筋肉など身体のさまざまな器官の構成成分であるコラーゲンの働きを正常に保つのに役立ちます。

コラーゲンが不足すると肌が乾燥しやすくなったりするのでビタミンCをしっかり補給しコラーゲン不足を予防することは重要です。また、ビタミンCは抗酸化作用もあるビタミンとして知られており、加齢とともにどうしても体内で増えてしまう活性酸素の過剰発生を防ぐことで、メラニンの生成やガンなどの病気の予防にも役立つとされています。

そんなビタミンCはストレスを感じたときの対抗物質の合成にも関わっている成分であり、ストレスによって消費されやすくストレスを感じている人ほどビタミンCが必要だとも言われています。このようにオロナミンCの主成分のひとつであるビタミンCにはさまざまな効果が期待でき、オロナミンCの助けも借りてしっかり不足を補いたいものです。

カフェインで眠気にさよなら

オロナミンCは名前にCと入っていることからもビタミンCが豊富なイメージがありますが、実際にレモン11個分に相当するビタミンCが含まれているのは非常にありがたいことかもしれません。そんなオロナミンCに含まれる成分として特筆すべきものにはカフェインも含まれますが、カフェインが含まれるオロナミンCは、眠気に対処できそうです。

カフェインは興奮作用をもっているアルカロイドの一種であり、中枢神経を覚醒させる役割を担っています。そんなカフェインはオロナミンCだけでなくコーヒーや緑茶などから日常的に摂取している人も多いと思いますが、カフェインを摂取することは疲労や眠気などを感じづらくさせ、集中力を高めパフォーマンスを向上することにも繋がります。

そのため、一時的に詰め込み勉強をしなければならないときや次の日までに終わらせなければならない書類などが溜まっているときなどは、カフェインを摂取することで眠気を気にせずに作業に集中できることも多いものです。もちろんこの効果には個人差がありますが、カフェインを作業効率向上のために活用する人は少なくないようです。

カフェインは脳の興奮作用があり確かに眠気を吹き飛ばしてくれる成分だと言えますが、もちろん寝不足などの問題を根本から解決してくれる成分ではありません。そのために、カフェインにばかり頼りすぎるのはあまり望ましいことではありませんし、カフェインの過剰摂取はむしろ体にとってマイナスになることもあるので注意が必要でしょう。

カフェインの過剰摂取に伴う副作用としてはめまいや頭痛、腹痛などが報告されており、カフェインは一時的に頭痛を和らげる一方でカフェインが切れると頭痛が起こりやすくなるとも言われていますし、胃腸が弱い人はカフェインへの耐性が低い可能性も高いものです。このような点も考慮し、上手にオロナミンCを飲んでいきましょう。

イソロイシンが強い筋肉を作る

ビタミンCとカフェインはオロナミンCに含まれる成分の中でも特にその存在が認知されているものであり、ビタミンCやカフェインの効果を期待してオロナミンCを飲むという人も少なくありません。しかしオロナミンCには他にもさまざまな成分が含まれていますが、その中でも特筆すべきなのはイソロイシンなどのアミノ酸の一種でしょう。

イソロイシンは必須アミノ酸の一種であり、身体のさまざな器官の機能を正常に保つ上では欠かせない物質となっています。そんなイソロイシンの主な働きとしてまず挙げたいのがグリコーゲンの生成と貯蔵の促進であり、運動をする際に必要となるエネルギーをしっかり産出することができます。そのため、疲労回復に繋がる成分とされています。

また、イソロイシンは筋肉を強化する効果も期待ができるとされており、筋肉トレーニングなどを行っている人はぜひ積極的に補給して不足しないようにしたいアミノ酸だと言えます。他にも肝機能の向上効果などがイソロイシンには期待できるとされており、肝機能を維持して病気などを予防したい場合にも欠かせない成分となるでしょう。

イソロイシンが含まれているオロナミンCは運動前後に飲むという人もかなり多いと思いますが、そんなイソロイシンは食品の中では青魚などに含まれていることが多いようです。また、肉類にも全般的にイソロイシンを含めた必須アミノ酸が含まれていることが多く、このような食品を積極的に摂取してイソロイシン不足は補いたいものです。

ただしこれらの成分を食品だけから摂取しようと思うと他の栄養素の過剰摂取に陥ることも少なくありませんが、運動をしている人などはどうしてもイソロイシンなどの必須アミノ酸が不足しがちです。そのために、アミノ酸類をサプリから摂取する人も多いですが、イソロイシン不足を補うためにもオロナミンCが役立つかもしれません。

肌荒れやニキビにも効果がある?

ビタミンだけでなくアミノ酸も含まれているためにさまざまな側面での効果が期待できそうなオロナミンCですが、そんなオロナミンCは逆効果とならないようにその飲み方や飲む時間には十分に配慮したいものです。そんなオロナミンCには肌荒れ防止効果なども狙えるとされており、男性だけでなく女性にもオロナミンCはおすすめかもしれません。

オロナミンCに肌荒れ防止効果が狙える理由としてはやはりビタミンCなどのビタミン類が含まれていることがまず挙げられ、ビタミンCは既述の通りコラーゲンの生成に関わっている上に抗酸化作用の高いビタミンとして知られています。コラーゲンが不足すると肌の保湿がうまくいかなくなることもあり、肌トラブルが起きやすくなってしまいます。

また、加齢や紫外線などの影響を受けると活性酸素が発生してしまい、それによってメラニンが生成されてシミなどの症状が行ってしまうことも少なくありません。そのような事態を予防するためにもビタミンCに含まれている抗酸化作用が役立ち、長期的にみて肌荒れや肌の老化などを防ぎ肌を若々しく保つことにオロナミンCが役立つかもしれません。

また、オロナミンCに含まれるビタミンB2やビタミンB6は皮脂の過剰分泌を防ぐ作用をもっており、皮脂の過剰分泌が原因で起こる肌トラブルなどを防ぐことができそうです。また、代謝全体にも関わっており、肌のターンオーバーを正常化したり肌の代謝を促すことで老廃物などが蓄積されづらい肌の状態を保つことにもつながることでしょう。

このようにオロナミンCにはさまざまな成分が含まれておりその恩恵を受けることで肌荒れやニキビなどを防ぐことができるかもしれません。もちろん肌を健康な状態に保つには食生活の総合的な見直しなども重要ではあります。また、オロナミンCには糖質も案外多く含まれており、糖質の過剰摂取は肌荒れを引き起こすこともあるので要注意です。

ビタミンB群で諸器官の働きをサポート

オロナミンCに含まれている効果が期待できそうな成分の筆頭としてはやはりまずビタミンCが挙げられますが、実はビタミンCだけでなくビタミンB群もオロナミンCには豊富に含まれています。オロナミンCには実は一瓶120mlあたりビタミンB2が2.4mg、ビタミンB6が4.9mg、ビタミンB3の別称をもつナイアシンが12mg含まれています。

これらのビタミンB群は人間の体内で実にさまざまな働きをしてくれる成分であり、ビタミンB群が不足している人は疲れやすくなったさまざまな炎症症状を起こしやすくなったりするとされています。ビタミンB群の中でもビタミンB2は糖質・脂質・タンパク質などの代謝に関わっており、これらの栄養素をエネルギーに変換するのに欠かせません。

そのため、ビタミンB2が不足するとエネルギー産生がうまくいかなくなって疲労を感じやすくなったり、肌のターンオーバーなどが崩れやすくなったりするとされています。ビタミンB2は皮膚や粘膜の健康維持にも関わっており、ビタミンB2を補給できている場合には肌の生まれ変わりのサイクルが正常になり、肌質を改善できることもあります。

また、オロナミンCに含まれる効果が期待できそうなビタミンにはビタミンB6も挙げられますが、ビタミンB6も代謝への効果が期待できるビタミンとなっています。ビタミンB6は皮膚や髪の毛、爪などの生まれ変わりに欠かせない成分であり、タンパク質の代謝に関わっているので運動をよくしてタンパク質をよく摂取する人ほど必要となります。

また、ビタミンB6はホルモンバランスの調整にも関わっており、ビタミンB6を摂取していることでPMSなどの症状を緩和できるケースも見受けられます。このようにビタミンB6に期待できる効果は多岐に渡りますが、ビタミンB3とも呼ばれるナイアシンもオロナミンCに含まれるビタミンの中で特に効果的と言われることが多いものです。

ナイアシンは糖質や脂質などの代謝に関わっており、これらの栄養素からエネルギーを作り出すためには欠かせない栄養素です。ナイアシンはDNAの合成に不可欠な上に抗酸化作用も期待でき、美肌にもつながる成分とされています。また、ナイアシンが不足することでうつ病などの精神に起こる症状のリスクが高まるとも言われています。

このように、ビタミンB群は主に代謝に関わる成分であり、そのために身体中の諸器官の形成維持に効果を発揮する成分だと言えるでしょう。そんなビタミンB群も不足しがちな人は多く、現代人はサプリなどから摂取すべきと言われることもありますが、オロナミンCもうまく食生活に取り入れてビタミンB群の不足も補っていきたいものです。

美味しくても飲みすぎに注意

オロナミンCはその飲む時間・飲み方次第ではさまざまな効果を発揮するとされており、眠気解消効果以外にも実にさまざまな効果が期待できるようです。そんなオロナミンCは効果が高いのであれば大量に飲みたいと思っている人も多いかもしれませんが、オロナミンCを一度に大量に飲んでしまうことは、むしろ身体に逆効果となることもあります。

オロナミンCの飲み方に関してはその含有成分もしっかりとチェックして適度な飲み方を実践する必要がありますが、オロナミンCを飲む上ではその糖質量に注意したいものです。オロナミンCにはその効果に期待できそうな成分が豊富に含まれていますが、全原料の中でも糖類が最も多く含まれており、多量に飲むと糖質の過剰摂取になりかねません。

オロナミンCにはハチミツも入っており、ただの甘みとしてだけでなくハチミツ由来のさまざまな成分の効果にも期待できそうですが、甘さの元となっているのは主に砂糖とぶどう糖果糖液糖です。これらの過剰摂取はせっかくビタミンB群などをとっていても代謝に支障をきたす可能性もありますし、糖類に対して中毒症状を起こすこともあります。

また、中毒性のあるオロナミンCの含有成分としてはカフェインも挙げられますが、カフェインを過剰摂取してしまうとカフェインを摂取していない状態で頭痛が起きることもありますし、胃腸に対して負担がかかってしまうこともあるものです。カフェインへの耐性というのは人それぞれ違うものですが、あくまで適量にとどめることが重要です。

特に普段からコーヒーを飲むような習慣をもっている人がオロナミンCまで飲んでしまうと、カフェインを過剰摂取することにもなりかねないので注意が必要だと言えます。オロナミンCが飲みやすいのはあくまで糖類が多いからであることを理解し、糖類やカフェインの過剰摂取を防ぐためにもオロナミンCを一度に大量に飲むのは避けましょう。

オロナミンCの効果的な飲み方と効き目時間

お伝えしたようにオロナミンCにはビタミンCやビタミンB群、そしてイソロイシンなどのアミノ酸が豊富に含まれており、疲労回復や眠気解消、筋肉増強や肌荒れ防止などさまざまな効果が期待できるようです。しかしそんなオロナミンCの効果は飲む時間や飲み方によっても異なりますし、飲み方を間違うと逆効果となることもあるので要注意です。

寝る前に飲むのは有効なのか?

眠気解消以外にもさまざまな効果が期待できそうなオロナミンCですが、やはり眠気を解消するためにオロナミンCを飲むという人は多いことでしょう。そんなオロナミンCは寝る前に飲むのが好ましくないケースも多いので要注意です。栄養素の補給は寝る前が効率的だとも言われていますが、オロナミンCはカフェインも含んでいるので要注意です。

確かにビタミンBやCなどの栄養素はぜひ睡眠中に吸収してその効果を身体にしっかり発揮させたいものですが、カフェインを寝る前に摂取するとたとえ眠れたつもりでも睡眠の質が落ちやすくなります。また、栄養素の吸収が睡眠中に行われるとどうしても脳などの疲労回復は後回しにされるため、尚更寝る前のカフェインは避けたいものです。

そのため、できればオロナミンCを寝る直前などに飲むのは避けたいものです。オロナミンCを飲むとなんとなく疲れがとれるために眠気の強いときに飲む人は多いものですが、だからこそ寝る前にはできるだけ避けたいものです。オロナミンCの栄養にだけ頼るのではなく、夕食の栄養バランスなどを考えていくことも重要だと言えます。

飲む時間帯を使い分ける

オロナミンCの飲み方・飲む時間としては、寝る直前にできるだけ控えたいということ以外にも、いくつかの注意点が挙げられます。まず、オロナミンCを一日に飲む量としては基本的に一日一本にとどめるのが望ましいようですが、オロナミンCの栄養素の吸収効率を高めるためには胃腸が活発な食後に飲むのが特におすすめのようです。

しかし、朝食後・昼食後・夕食後ではそれぞれ期待できる効果の種類が異なるためそれぞれの特性を理解しておきたいものです。まず、朝食後にオロナミンCを飲むことで栄養価があまり高くないことが多い朝食の栄養価にしっかり栄養を追加できることに加え、起きたてで眠気が強い場合でも眠気を振り払い午前中のパフォーマンスを向上できます。

また、オロナミンCを昼食後に飲むことは昼食を食べることで高まった眠気に対処し、午後からのパフォーマンスを向上させることにつながります。また、夕食後であれば栄養補給によって翌日以降の体の調子を上げる効果が期待できそうですが、夕食後と言っても就寝直前はできるだけ避けて睡眠までに時間のあるときに飲むのがよさそうです。

効果時間はどれくらい?

お伝えしたようにオロナミンCは飲む時間の違いにおける効果の違いや飲み方における注意点などもしっかりと把握した上で、その効果を効率よく発揮させるような飲み方を実践していきましょう。また、それ以外にオロナミンCを飲んでいく上でもうひとつ気になる点といえば、オロナミンCの成分の効果の持続時間がどれくらいかということでしょう。

オロナミンCを飲む上ではどのくらいの時間で効果が現れ始めどのくらいの時間継続するのかも知っておきたいものですが、まずカフェインは摂取してから10〜15分後から血中濃度が高まって30分以内には覚醒の効果を実感できるとされています。そのため、眠気を振り払いたい30分ほど前にオロナミンCを飲むのが効果的かもしれません。

また、カフェインの覚醒効果の持続時間に関しては、4〜6時間が平均的だと言われています。もちろんこの時間にはあくまで個人差があるので要注意です。また、カフェイン以外のビタミンなどの効果は体内で消費されるごとに切れまた不足しないように補給する必要がありますが、オロナミンCを一日に一本以上飲むのはできるだけ控えましょう。

オロナミンCの健康アレンジレシピ

オロナミンCはお伝えしたように飲み方や飲む時間などを工夫することでその効果を引き出しつつ、副作用のような症状にも対応することができそうです。そんなオロナミンCは適切な時間に適切な飲み方でそのまま飲むのもアリですが、他の食材や飲料水と組み合わせることでいつもとは違った形で健康増進に役立てられるので、要チェックです。

乳酸菌パワーのオロナミンCアロエドリンク

オロナミンCを使ったアレンジレシピとしてまず紹介したいのは、乳酸菌も取り入れたアロエドリンクです。オロナミンCのアロエドリンクはオロナミンCとアロエヨーグルトを組み合わせたドリンクであり、ヨーグルトに含まれている乳酸菌などの効果の恩恵を受けられる上に、美容効果が高いとされるアロエなども摂取できるのが魅力的です。

そんなオロナミンCアロエドリンクの作り方はかなり簡単であり、グラスにアロエヨーグルトを移した上でその上からオロナミンCを注ぎ、よくかき混ぜるだけとなっています。オロナミンCのアロエドリンクはその味を疑問視する人もいるかもしれませんが、オロナミンCのほどよい甘みとヨーグルトの酸味がマッチして、かなり美味しいようです。

そんなオロナミンCのアロエドリンクを飲む際の注意点としては、グラスに移したことで炭酸が抜けやすくなっているので、できるだけ早く飲みきるのが重要だと言えるかもしれません。また、アロエヨーグルト以外にもさまざまなタイプのヨーグルトと組み合わせられるので、ぜひ自分好みのヨーグルトを活用してみてはいかがでしょうか?

オロナミンCとバカルディのカクテル

続いて紹介するオロナミンCのアレンジドリンクは、オロナミンCとバカルディを組み合わせたカクテルです。オロナミンCをお酒に入れてカクテルを作るのは最近徐々に人気が出始めているようですが、中でも特に美味しいと高く評価されているのがオロナミンCとバカルディのカクテルです。ラム酒が好きな人は、ぜひ一度試してみましょう。

バカルディは世界的に有名なラム酒のひとつであり、モヒートやキューバリブレなどを作るのにもうってつけとなっています。バカルディでうまい具合に作ったカクテルは女性でも飲みやすいとして評判になっていますが、そんなバカルディとオロナミンCを1:1で割った上で氷を入れたグラスに注ぎ、お好みでレモン果汁やミントも加えましょう。

こうすることで簡単にほどよく甘く、かなり飲みやすいラム酒ベースのカクテルが完成します。この飲み方はラム酒がかなり飲みやすくなる上にオロナミンC由来の栄養もしっかりと補給できるのでかなりおすすめとなりますが、お酒を飲みたいけれどオロナミンCが余っているときや栄養を摂取したいときにはぜひ挑戦してみてください。

オロナミンCとヤクルトゴルフ場定番ドリンク

オロナミンCを使ったアレンジドリンクには実にさまざまな種類のものが挙げられますが、数あるドリンクの中でもゴルフ場の定番ドリンクとして知られているのがオロナミンCとヤクルトを組み合わせたものです。オロナミンCとヤクルトの組み合わせは、オロヤクと呼ばれておりゴルフをする人の間では定番の飲み方として認知されています。

そんなオロナミンCとヤクルトのアレンジドリンクの作り方は簡単であり、オロナミンC一本に対してスーパーで市販されている小さなヤクルトを一本使用して混ぜ合わせるだけとなります。一つのグラスに注いだらあとはしっかりとかき混ぜて飲むだけであり、ヨーグルトとはまた違った方法でオロナミンCをマイルドに楽しめます。

オロナミンCとヨーグルトを組み合わせることで乳酸菌が摂取できて腸内環境を整える効果などが期待できそうですが、ヤクルトでも同じような効果を期待できると言えるでしょう。また、ヤクルトの方が液体でよく混ざりやすい上に風味もオロナミンCとよくマッチすると話題になっていますから、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?

また、ヤクルトがないときは飲むヨーグルトでも代用できるようです。乳製品飲料とオロナミンCの組み合わせはかなりマッチすると話題担っていますから、他にも自分なりのアレンジを加えて堪能してみてください。

オロナミンCは適量を守って効果的に飲もう

今回は、オロナミンCの気になる効果やその効果を引き出すための飲み方や飲む時間などを具体的にチェックしてきました。オロナミンCは飲み方によっても得られる効果には差が出てしまうものなので、今回お伝えした飲む量や飲む時間などをしっかり把握しておきたいものです。また、アレンジレシピもぜひ実践して、色々な形で楽しみましょう。

オロナミンCに含まれているビタミンCやビタミンBなどは不足しがちなビタミン類ですからオロナミンCもうまく使って補給したいですが、オロナミンCを飲むときには糖分やカフェインなどに注意する必要がありそうです。皆大好きオロナミンCをぜひさまざまな形で活用して、楽しく眠気解消や健康増進に役立ててみてはいかがでしょうか?

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ