【2019年最新】コストコのおすすめ寝袋は?人気のコールマンの使用感は?

コストコの寝袋は安くて機能性が高いと、口コミなどで評判です。特にコールマンの寝袋は子供用もあり、使い勝手が抜群です。そこで、2019年コストコでおすすめの寝袋を紹介します。意外と知らない寝袋のしまい方や洗い方も合わせて紹介します。

【2019年最新】コストコのおすすめ寝袋は?人気のコールマンの使用感は?のイメージ

目次

  1. 1【2019】コストコの寝袋の最新情報
  2. 2寝袋の種類と選び方
  3. 3コストコのおすすめ寝袋
  4. 4コストコで子供用のかわいい寝袋も買える?
  5. 5コストコの寝袋のしまい方と洗い方
  6. 6コストコの寝袋は評判がいい!

【2019】コストコの寝袋の最新情報

コストコは日用品や食料品などが豊富に取り揃えています。その中でも実はアウトドア用品が、他のお店と比べてかなり質がよくコスパに優れていると口コミ評判になっています。コールマンなどの有名メーカーからコストコのプライベートブランドまで、幅広く揃っているのも高評価のひとつです。

アウトドア用品の必需品として寝袋は必須ですが、この寝袋も多機能性で子供の寝袋の種類が多く価格が安いと人気です。本記事では寝袋にスポットを当てて、コストコの2019年おすすめ寝袋を口コミも合わせて紹介します。これから寝袋を購入予定の人は、ぜひ参考にしてください。

寝袋の種類と選び方

最初に寝袋の種類を把握しましょう。一口に寝袋と言っても形や使う時期によって変わってきます。まずは基本的な寝袋の知識を知って、コストコで自分に合う寝袋を探してください。

寝袋の種類

寝袋の種類はマミー型・封筒型・人間型の3種類あります。一般的に売られている形はマミー型と封筒型で専門店などに行くと、マミー型と封筒型の良い特徴を兼ね備えたエッグ型というのがあります。今回はコストコで売られているマミー型と封筒型の特徴を紹介します。

マミー型

マミー(Mummy)とは英語でミイラのことで、この形の寝袋で寝ている姿がミイラに似ていることから名前が付きました。頭はすっぽりと覆う事ができ、足先はすぼまっているので密着性が高く寒いシーズンに使う時に最適な形です。しかし熱を逃がさないように密着しているため、慣れるまで時間がかかるかもしれません。

封筒型

封筒型の寝袋は頭から足まで同じ幅なので、家で布団に寝ている状態に近い形で使うことができます。寝袋初心者や子供はマミー型より寝つきやすいでしょう。暑かったらジッパーを開けて半身を出すこともできるので、夏のキャンプに向いています。しかしマミー型より重いので、持ち歩くには不向きかもしれません。

寝袋の選び方

悩んでいる女性

そこで、自分に合った寝袋はどう選べばいいのかポイントを抑えます。コストコには寝袋が沢山ありますが、ポイントを抑えて買いに行かなければ売り場で長時間悩んでしまいます。まずは二つのポイントを抑えたら寝心地や肌触りも考え、最適な寝袋を選んでください。

シーズンをチェック

寝袋にとって最も重要な役割は保温性です。そのためには、寝袋を使うシーズンを必ずチェックしなければいけません。コストコでも季節別に夏用・冬用・3シーズン用と種類別にわけられていることもあります。寝袋の形も重要で、マミー型だと保温性に優れているので秋から冬にかけて使用するのをおすすめします。

封筒型はその分暑さの調節ができるので春から夏に使用するのが最適です。しかし夏だからと言っても朝方は冷え込むことが多いので、寝るときに着る服を軽装ではなく防寒できるような服装を準備することが大切です。

快適温度をチェック

寝袋には必ず使用温度目安適性温度という表示があります。使用温度目安なら記載している温度プラス5℃程度を考えていれば、間違いないでしょう。適性温度は記載されている温度までなら防寒できるという意味です。重要なのは寝袋は暑さは調節することが出来ますが、寒さは調節できません。

コストコで寝袋を買う時は、どんな暑い時期でも防寒対策のことも考えて選ぶことが大切です。子供と寝袋を使う時は特に防寒を気にして、どんな温度や状況でも寝やすい環境を作ってあげてください。

コストコのおすすめ寝袋

寝袋の基本知識がわかったところで、コストコの2019年おすすめ寝袋を紹介します。コストコには何種類も寝袋はありますが、選ぶポイントを抑えたので自分の最適な寝袋を必ず選ぶ事が出来ます。その中でも口コミなどでも評判の寝袋を7種類ピックアップしました。ぜひ参考にしてください。

コストコの寝袋①フリース寝袋(コールマン)

コストコのアウトドア用品で人気メーカーコールマンから発売しているフリース寝袋は、安くて軽く使い勝手が良いと2019年の販売している寝袋の中でも人気商品です。使用温度が10℃なので、寒い冬には不向きかもしれませんが保温性抜群のフリースなので、長いシーズン使えます。また洗濯機で丸洗いできるのも人気要因の一つです。

値段・サイズ

値段(税別) 1480円
サイズ 約190×84cm


フリース寝袋は秋や冬には寒いので、使用温度が低い寝袋にフリース寝袋を中に敷いて使う人もいます。ひざ掛けとしても使うことができ、多機能性に優れています。

口コミ

コストコの寝袋②ハイブリッド寝袋(コールマン)

2019年も不動の人気を誇るコールマンの寝袋は、フリースの他にハイブリッド寝袋も人気です。快適温度が-1℃以上とフリースよりも寒さに耐えられる事ができ、暑い時は足元にあるチャックを開ける事が出来ます。かなり長めのサイズになっているので、背の高い人でも余裕で使う事が出来ますがその分大きく重いのが難点です。

値段・サイズ

値段(税別) 5280円
サイズ 約216×86cm


マミー型で保温性抜群の寝袋です。2019年のおすすめ寝袋の値段の相場が1万円前後なので、コールマンのマミー型で5千円台で購入できるのはコストコだけです。

コストコの寝袋③ダウンスリーピングバッグ(KLYMIT)

アメリカ・ユタ州のアウトドアブランドのクライミット社から出ている寝袋は値段は高いですが、中綿はダウンが入っているので保温性は抜群です。使用温度も-6℃以上と真冬のキャンプにも使えます。家族全員分となると値段がはりますが、2019年おすすめの寝袋の中ではコールマンの次に評判が高いメーカーです。

値段・サイズ

値段(税別) 18500円
サイズ 約208×76cm


値段が少し高めですが、使用温度も低く冬登山や山キャンプには使い勝手が抜群です。破けづらい素材を使用しているので、最初の投資は高くても長年使える商品として人気があります。

口コミ

コストコの寝袋④HUDSONDOUBLE二人用寝袋(コールマン)

小さい子供とキャンプに行くならコールマンの二人用寝袋が便利です。使用温度も-13℃とかなりの保温性が高いです。しかし口コミにも書いてありましたが、汚れた時に洗う場合かなり大きいので洗濯機では大変です。もし汚れてしまったときは部分洗いで対応するしかないようです。

値段・サイズ

値段(税別) 6980円
サイズ 235×150cm


小さい子供なら大人一人子供二人でも十分寝る事が出来ます。子供が大きくなったら使い道がなくなるかもと思うかもしれませんが、頻繁にキャンプに行くファミリーなら二人用寝袋で6980円は子供が大きくなるまで使うには十分な値段でしょう。

口コミ

コストコの寝袋⑤コージーフット寝袋(コールマン)

コージーフットは快適温度が12℃と少し高めですが、サイズが大きくゆったりとしているので寝袋初心者の人や窮屈なのが苦手な人にはおすすめの寝袋です。マイナス気温になる季節には不向きなので、寒くなる時はしっかりと防寒対策をしてください。

値段・サイズ

値段(税別) 3780円
サイズ 190×84cm


かなり大きめのサイズでこの値段はかなりお得です。この寝袋をふたつ買って連結することもできるので、子供とキャンプに行く人には便利です。

口コミ

コストコの寝袋⑥DEXTERPOINT(コールマン)

封筒型で快適温度が4.4℃、サイズも大きめと言いこと尽くしの寝袋は2019年のコストコのセールで大人気でした。サイズが大きい分重さも他の寝袋より重くなりますが、車中泊やオートキャンプ場などでの使用なら持ち歩かないので十分です。背の高い人や寝返りをうつ人にはおすすめです。

値段・サイズ

値段(税別) 3680円
サイズ 198×84cm


この寝袋はシーズンオフに近くなると値下げすることが多い商品です。9月の時点では700OFFで販売されていたので、来シーズン寝袋を使うならこの時期に買うといつも以上に安く買う事が出来ます。

口コミ

コストコの寝袋⑦子供用寝袋(コールマン)

大人用の寝袋より少しカラフルで可愛い子供用の寝袋は最適温度が10℃以上なので、春から夏にかけてのキャンプにはちょうど良い商品です。しかし、子供の体温は高いので真夏に使うと暑がるかもしれません。そういう時は寝袋から上半身をだして体温調節をしましょう。

値段・サイズ

値段(税別) 1780円
サイズ 152×66cm


かなりコストパフォーマンスの高い子供用の寝袋はサイズが152cmなので、小学校高学年の子供くらいまでなら十分に使えます。自立心を持つようになったら、大人と一緒には寝たくないと思ってしまう子供にはうってつけの寝袋です。千円台で買える安さは家計にも嬉しいものです。

口コミ

コストコで子供用のかわいい寝袋も買える?

コストコでは見た目だけでも楽しくなるような子供用の寝袋があります。値段は2000円から3000円代なのでそれほど高くはないでしょう。しかしかなり人気があり、その年に出たキャラクターなどの子供用寝袋はすぐ売れてしまう傾向があります。

2019年に発売された寝袋もかなり品薄になっているので、キャラクターの種類を選ばなければ、シーズンオフに安売りする可能性があります。ただ店舗によって欠品している場合もあるので、必ず在庫状況を確認してからコストコに行くのをおすすめします。

コストコの子供用の寝袋の種類

コストコでは子供用の寝袋が充実しています。一番人気があるのはコールマンの子供用寝袋です。またキャラクターの顔がついた可愛らしい寝袋や子供が喜ぶディズニーの寝袋など、初めてキャンプに行く子供でも不安が吹き飛ぶくらいの楽しい寝袋もあります。子供用の寝袋寝袋を買う時は子供と一緒にコストコへ行きましょう。

コストコの子供用の寝袋の口コミ

コストコの子供用寝袋の中で一番目立っていたのが、Hugfunのキャラクター寝袋です。背が小さめの大人でもキャラクターの顔が枕代わりになってピッタリという口コミもありました。またコールマンの子供用寝袋は税抜き1780円とかなりの低価格なのに生地がしっかりしていて、使い勝手が良いという高評価も多く見られました。

コストコの寝袋のしまい方と洗い方

寝袋はしまう時に手こずったことがある人が多いでしょう。中に空気が入ってうまく丸まらず、袋に入らないことや力を入れ過ぎて破れてしまうこともあります。また、長年使った寝袋は見えない汚れがついています。それを自宅で簡単に洗うことができます。本記事では、寝袋のしまい方や洗い方を紹介している動画で詳しく説明します。

寝袋のしまい方

しまい方のポイントは、二つ折りにしたとき端っこを合わせず少しずらすことです。そうすることによって丸めた時に最後はきちんと端っこがきれいに合わさります。また、丸めるときに寝袋から空気を抜く感覚で、力のない人は地面に置いて力を入れて丸くさせることが大切です。

最後に袋に入れるときは、丸めた寝袋を少しずつ回転させながら入れるとスムーズに入ります。動画は封筒型の寝袋をしまっていますが、マミー型もしまい方の方法は同じです。ただダウンの寝袋はかなりしまいづらいので、二人でやれるなら協力してしまいましょう。

寝袋の洗い方

寝袋はいわゆる丸洗いで十分汚れを落とす事が出来ます。基本は大きなバケツに洗剤を入れて押し洗いをし、十分にすすぎをしたら洗濯機で脱水して干します。汚れがひどい時は丸洗いする前に普通に洗濯機で洗濯・すすぎ・脱水をして陰干ししてから丸洗いをします。

しかしこの洗い方は化学繊維の寝袋の洗い方です。ダウンの寝袋の場合は、ダウン専用の洗剤で汚れている所だけ洗う部分洗いをしてください。化学繊維の寝袋のように丸洗いをしてしまうと、落とさなくても良いダウンの油分も落としてしまい、ダウン本来の良さがなくなってしまいます。

コストコの寝袋は評判がいい!

コストコの寝袋は価格も安く、機能性が充分な商品が豊富に取り揃えていることがわかりました。使うシーズンや自分の快適温度を知っておけば、コストコに行っても迷うことはありません。特に子供と一緒のキャンプなら、コストコの子供用寝袋はコスパが高く子供にも喜ばれるデザインの寝袋も沢山あります。

寝袋の種類に迷ったら、購入するときのポイントを抑えてまずコストコに行きましょう!またハイシーズンに買うよりもシーズンオフならセールを行っている場合が多いので、行く前に店舗に問い合わせをして寝袋を買いに行けば確実です。ぜひコストコの寝袋で快適なキャンプを過ごしてください!

Thumbコストコのアウトドア・キャンプ用品のおすすめは?人気グッズは? | お食事ウェブマガジン「グルメノート」
Thumb東京から近いコストコ一覧!都内からいける店舗の混雑状況やアクセスなど | お食事ウェブマガジン「グルメノート」
Thumb【2019年】コストコの子供用品でおすすめは?雑貨やおもちゃが種類豊富 | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ