ラミネートができるコンビニはある?ラミネート加工できる店を解説!

コンビニには便利なマルチコピー機がありますが、ラミネートも可能なのでしょうか?この記事では、コンビニでラミネート加工やフィルムの購入は可能なのかという事をはじめ、綺麗にラミネートを仕上げるコツなどを紹介します。

ラミネートができるコンビニはある?ラミネート加工できる店を解説!のイメージ

目次

  1. 1ラミネートとは?
  2. 2コンビニでラミネート加工できる?関連商品は買える?
  3. 3ラミネート加工ができる店舗
  4. 4セルフラミネートができるお店
  5. 5ラミネーターを綺麗に仕上げるコツ
  6. 6自宅でラミネートはできる?
  7. 7ラミネート加工はコンビニでできないので別の店で

ラミネートとは?

紙は毎日使用する物ですが、濡れたりくしゃくしゃになりやすいのが欠点です。大切な写真や原稿にシミが付いてしまったり、折れてしまったりといった経験がある方も多いのではないでしょうか?その欠点をカバーしてくれるのがラミネートです。ラミネートは便利な加工方法ですが、専用の機械を持っている人はあまりいないでしょう。

困った時に便利なお店と言えばコンビニですが、コンビニのコピー機でもラミネート加工を施す事が出来るのでしょうか?この記事ではコンビニでラミネートを出来るのかなどについて紹介しますが、まずはラミネートとはどのような物なのかについてあらためて確認していきましょう。

プラスチックフィルムで紙などを挟む

ラミネート加工とは、簡単に言うとプラスチックフィルムで紙などを挟む加工法の事です。濡れても丈夫なのでメニューに使用される事も多いですし、イラストをラミネートしてグッズを作る方も居ます。

また、水に強いだけではなく折れ曲がりにも強くなるのが特徴です。さすがに折れ曲がらないとまでは行きませんが、少ししなった程度ならすぐ元に戻ります。

ロール式とパック式がある

ラミネートには二つの方法があり、ロール式とパック式とがあります。ロール式は、上下にセットされたフィルムの間に紙を入れて、機械に通してラミネートするという方法です。中には片面のみラミネートする事が出来る物もあります。連続して何枚も作る事が出来るので、枚数が多い時に便利な方法です。

また、パック式ではあらかじめ一定の大きさにカットされているラミネートを使用します。方法は先程と同じで、間に保護したい紙などを挟んで加圧させます。コピー機を扱う時の様に、簡単に加工する事が出来るのが特徴です。

目的や効果は?

疑問に思うシマウマ

ラミネート加工するメリットとして水に強くなるという事と折れにくくなるという点を紹介しましたが、他にも埃や傷から守ってくれる、色あせに強くなる、画質を変換するといった効果もあります。

画質を変換するとはどういう事かというと、例えば普通の紙でもラミネート加工を施せば、フィルムの効果でツルツルと光沢のある画質になります。ラミネートはただ保護するだけでなく、見た目や触り心地にまで影響します。

様々なアイデアに利用できる

上記の様なメリットがあるラミネート加工は、様々なアイディアに活用されている様です。例えば写真をラミネートしておけば水に強くなるので、お風呂場に飾っておくという人もいます。綺麗な風景の写真や好きなイラストを飾っておけば、バスタイムがより楽しい時間になりそうです。

油汚れなどにも強くなるので、火気の無い所なら台所に置いて愉しむのもおすすめです。また、ラミネート加工は紙だけなく布にも施す事が出来るので、好きな布を活用してグッズを作る事も出来ます

布を飾るとなると平面的な場所に置いたり壁に貼ったりといった方法がありますが、ラミネート加工すればどこでも好きな場所に飾る事が出来ます。立体感も出るのでおすすめの方法です。

コンビニでラミネート加工できる?関連商品は買える?

上記のように様々なメリットがあるラミネートですが、コンビニで加工する事が出来るのでしょうか?気軽に立ち寄れるコンビニでラミネート出来ると便利ですが、マルチコピー機などを活用して加工出来るかどうかを紹介します。

コンビニのコピー機でできる?

結論から言ってしまうと、コンビニのマルチコピー機などでラミネート加工をする事は出来ません。マルチコピー機には色々な機能が付いていますし、便利なサービスを多く行っているコンビニですが、さすがにラミネートまでは行っていない様です。ラミネート加工を施したい原稿がある時はコンビニではなく、他のお店に行く必要があります。

関連商品は買える?

加工をしてくれなくても、せめてフィルムなどの関連商品をコンビニで購入する事は出来ないかと考えた方もいるのではないでしょうか?

コピー用紙を購入出来るコンビニは多いので販売されているイメージもありますが、関連商品の取り扱いがあるコンビニも基本的には無い様です。ラミネート関係は現在のところ、コンビニでは何も行う事が出来ないと考えておきましょう。

ラミネート加工ができる店舗

コンビニで加工出来ないという事で残念に思った方も居るかもしれませんが、他のお店でラミネート加工が出来るお店を探してみましょう。この見出しでは3か所の店舗を紹介するので、お近くにこれらの店舗が無いか、そしてサービス内容について確認してみて下さい。

キンコーズ

キンコーズは、ポスターや名刺、製本などを行っている印刷会社です。お店は東京を中心に展開していますが、北海道から関西まで店舗があるのでこれからも店舗数は増えていくかもしれません。

キンコーズではオンラインでラミネート加工を注文出来るので、時間が無い方でも簡単に加工が出来ます。会員登録をしておけばラミネート加工以外でも年賀状のコピーなどを注文出来るので便利です。ラミネートを注文する前に疑問に思う事があれば、サイトのチャット機能を活用して質問してみましょう。チャット機能は会員でなくても使用可能です。

ラミネートフィルム(パウチ)加工 | サービス・料金(価格) | オンデマンド印刷のキンコーズ・ジャパン

カメラのキタムラ

オプションにはなりますが、カメラのキタムラでもラミネート加工を注文する事が出来ます。カメラのキタムラは全国47店舗に展開しているので、店の利用しやすさで言うとこちらのお店がおすすめです。

カメラのキタムラでは、同じお店でプリントした物限定でラミネート加工を注文することが出来ます。自分でコピーした物をラミネートしてほしいといった際には注文できない様なので注意しましょう。写真をラミネートして大切に取っておきたいという場合や、持ち歩き出来る様に丈夫に加工したいといった際にはおすすめのお店です。

アクセア

アクセアもキンコーズと同様に印刷会社であり、関東を中心に店舗を展開しています。北海道から沖縄までお店があるので、近くにお店が無いか探してみてはいかがでしょうか?

アクセアのラミネート加工はキンコーズよりも値は張ってしまいますが、加工の種類が多いのが魅力です。ニス加工やつや無し加工、UVカットの効果がある物もあります。ホワイトボードにしてくれる加工もあり、用途や目的に応じて対応してくれるでしょう。片面のみのラミネートも可能です。

セルフラミネートができるお店

ラミネート加工は業者に注文して加工をしてもらうという方法もありますが、自分で加工を行うセルフラミネートという手段もあります。

もちろん業者の人に注文すれば綺麗にラミネートを仕上げてもらう事が出来ますが、安い値段でラミネートしたいという方にはセルフでラミネートするのがおすめです。どこでサービスを行っているのか、早速チェックしていきましょう。

カンプリグループ

カンプリグループは大阪を拠点としたお店で、年賀状のコピーやCAD出力などのサービスを行っています。ラミネートの対応サイズはカードサイズからA3サイズまでとよく使用するサイズが揃っています。

値段もお手頃で、カードサイズなら50円、B5サイズが100円、A4サイズが120円、B4サイズが160円、そして一番高いA3サイズでも200円となっています。

店舗ポスターを作りたいという場合や、メニュー作りをする時に重宝するサービスです。自分で加工をするので、原稿をあまり人に見られたくないという時にも助かります。セルフラミネートは、慣れていない内は綺麗に出来なかったり失敗する事もあるので、原本ではなくコピーした物を持っていくようにしましょう。

セルフラミネート | セルフサービス | カンプリグループ

キンコーズ

先程、ラミネート加工を注文出来ると紹介したキンコーズでも、セルフラミネートは可能です。キンコーズでは厚さ100ミクロンの標準タイプに加えて、倍の厚さの厚手タイプもあります。しっかりと原稿を保護したい場合にはこちらを活用しましょう。

こちらも値段はお手頃で、名刺サイズが30円、写真版が50円、B5が100円、A4で120円、B4が160円、A3で200円です。厚手タイプではA4サイズとA3サイズにしか対応していませんが、どちらも標準タイプと値段が同じというのは嬉しいところです。

キンコーズは多くの店舗がありますが、新宿南口店や秋葉原店などセルフラミネートを行っていない店舗もあります。お出かけ前に、サービスを行っているかどうか確認した方が良いでしょう。

セルフラミネート(パウチ)加工 | サービス・料金(価格) | オンデマンド印刷のキンコーズ・ジャパン

ラミネーターを綺麗に仕上げるコツ

あまり慣れていない方だと、空気が入るなどしてラミネートを綺麗に仕上げるのは少し難しいかもしれません。しかし、あらかじめ綺麗に仕上げるコツを知っておく事で失敗を防ぐ事が出来ます。初めてラミネート加工にチャレンジするという方は、作業を行う前に確認してみて下さい。

大きめのフィルムを使う

セルフラミネートを綺麗に行うコツの一つは、大きめのフィルムを使用するという事です。出来るだけフィルムの無駄は省きたいと思ってしまいがちですが、原稿に対して小さめのサイズを使用してしまうとどうしても原稿が曲がってしまいやすくなります。

大きめのフィルムを準備したら原稿を中心に置き、圧着させた後に余白をカットしていけば水平、垂直を保つ事ができ曲がりにくくなります。

空気を抜きながら使う

曲がっているラミネート加工も残念ですが、空気が入ってしまうのも見た目が良くありません。イメージ通りの綺麗な仕上がりにするために、空気はしっかり抜きながら加工していきましょう。しかし、いくら気を付けていても手作業ではなかなか綺麗に空気を抜くというのは難しい物です。

空気を抜く時には、定規や硬いカードなどを活用しましょう。小さいカードサイズの物なら、定規ですーっとスライドされていけば綺麗に仕上げる事は難しくないはずです。

自宅でラミネートはできる?

コンビニではラミネート加工出来ないし、かと言ってお店に注文するのも手間だという方も居るかもしれません。そういった方は、自宅でラミネートするのがおすすめです。機械を使用した本格的なラミネートや、100均で購入出来るお手軽ラミネートを紹介します。

家庭で使えるラミネーター

ラミネーターの機械は安い物では無いですが、頻繁にお店で加工するという方なら手間や費用の面で節約になるでしょう。ラミネーターの機械の値段はピンキリですが、数千円の物から1万円前後位で購入出来る物もあります。

ただ、値段によって対応サイズやラミネート加工にかかる時間、性能などは変わってきます。ラミネーターは家電量販店やホームセンターで販売しているので、興味のある方は何店かはしごして比較してみると良いでしょう。

ラミネーターは、熱によってフィルムの内側についている糊を付着させて接着します。手作業の場合は自分で空気を抜く必要がありますが、ラミネーターなら内蔵されているローラーで空気を抜いてくれるので綺麗な仕上がりになります。

フィルムは何処で買える?

ラミネーターでラミネートするには、フィルムが必要です。上記で説明した通りコンビニで購入する事は出来ませんが、ラミネートフィルムもラミネーター同様に家電量販店やホームセンターなどで購入する事が出来ます。ダイソーでも販売しているところがあるので、とりあえず安い物で練習したいという方にはこちらもおすすめです。

フィルムには手作業でラミネートを行う物と、機械でラミネートする時に使用する専用の物とに分かれています。違う方を購入してしまうと使用する事が出来ないので、購入する際に間違えないようにしましょう。

100均のセルフラミネートもおすすめ

100均には様々なアイテムが揃っていますが、セルフラミネートのグッズも販売されています。カードサイズの物からA4、A5、B5、B6と様々なサイズが揃っているので原稿のサイズに合わせてピッタリのサイズを購入する事が可能です。

セルフラミネートはダイソーやセリアで販売しているので、お店に行った際には探してみて下さい。100円で購入出来るリーズナブルな商品ですが、しっかりと原稿を保護してくれます。

ラミネート加工はコンビニでできないので別の店で

この記事では、ラミネート加工はコンビニでも出来るのかなどについて紹介しました。残念ながらラミネートはコンビニでは行う事が出来ませんが、キンコーズなどのお店で注文する事は可能です。

中にはお店でセルフラミネート出来るお店もありますし、自宅でもラミネート加工を施す事も可能です。コンビニ以外のお店で、自分に合った方法でラミネート方法を見つけてみて下さい。

Thumb【100均】ダイソー・セリアのラミネートフィルム一覧!活用例も紹介 | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ