【2019年最新版】コストコの新潟出店は決まり?進捗状況や予定日など

コストコが新潟の烏屋野潟南部地域に出店する計画があるという噂があります。新潟のスーパーで定期的に行われるコストコフェアは大盛況です。コストコは中部地方にはまだ少ないので、コストコが新潟に出店するとしたら近隣の県からも集客が期待できることでしょう。コストコが新潟に出店する予定日はいつなのでしょうか?場所はどこなのでしょうか?コストコの新潟出店について最新情報をお届けします。

【2019年最新版】コストコの新潟出店は決まり?進捗状況や予定日などのイメージ

目次

  1. 1コストコの新潟出店の話は決まっている?
  2. 2コストコの新潟出店予定地の条件
  3. 3コストコの新潟出店の進捗が悪かった理由
  4. 4コストコの新潟出店に関する最新情報
  5. 5新潟で開催されるコストコフェアは大盛況
  6. 6コストコの新潟出店が待ち遠しい

コストコの新潟出店の話は決まっている?

コストコが新潟に出店する計画があるという噂です。コストコはアメリカンサイズの商品が大量に並んでいて、見ているだけでもワクワクするお店です。試食やフードコートも大変人気があります。コストコが新潟に出店するというのはただの噂なのでしょうか?それとも計画は実際に進んでいて、場所や予定日など決まっているのでしょうか?

コストコは中部地方には店舗が少ないので、もし新潟出店の計画が本当なら近隣の県の人達にとっても待ち遠しいことでしょう。コストコの新潟出店計画について、場所や予定日など最新情報をお届けします。また、新潟で定期的に行われている大人気のイベント、コストコフェアについても紹介します。

地元誌に出店の記事が掲載

コストコの新潟出店計画については最新の報道では地元の新潟日報に、外資系の倉庫型商業店舗や物流センターなどを誘致する構想を持っているという記事が掲載されました。最新と言っても2018年の報道ですが、外資系の倉庫型店舗ということから、コストコやIKEAなどの出店が噂されています。

中でもコストコは食料品が中心の大型店舗ですので、幅広い年齢層の方に人気です。コストコは新潟の近隣には山形と群馬と富山にあるものの、新潟県は縦に長い地形で距離はだいぶありますので気軽には行きにくいかもしれません。

新潟には大型商業施設がほとんどないため、新潟にコストコの出店を期待する人々は多く、ブログやTwitterなどのSNSでも盛り上がっています。

新潟市との出店連携の報道

コストコの新潟出店については、新潟市がコストコを誘致する計画があるという報道があったようです。新潟市で市民病院や消防署野球場などの設備が整っている場所を、大災害時の避難地域に整備するという構想があるようで、大型の食料品店舗を誘致すれば避難時にも便利でしょう。

また、新潟には大型商業施設があまりありません。新潟の商業施設を調べてみると、食市場のピアバンダイ・新潟ふるさと村・ショッピングゾーンのラブラ2・ショッピングモールの万代シティBP2・ラブラバンダイ・新潟日報メディアシップ・リバーサイド千秋などの他にイオンモールがあります。

しかし新潟にはIKEAやコストコ・関東にあるららぽーとやルミネのような有名な大型ショッピングモールはほとんどなく、イオンモールも大型店舗が1軒であとは中型や小型のイオンになります。そういったこともコストコの出店が期待されている理由の一つです。

コストコには店舗を増やす計画がある

コストコは2019年現在26店舗を運営していますが、コストコを経営するコストコ・ホールセール・ジャパン(株)には2030年までに全国に店舗を増やし50店舗にしたいという計画があるそうです。社長のケン・テリオ氏がビジネスインサイダーの取材で明言しています。

コストコは人口が日本の半分以下のカナダで100の店舗を運営していますので、50店舗は実現不可能な数字ではないでしょう。新潟以外にもいくつかの場所に出店候補地の噂があります。まだまだ近隣に出店していない県はたくさんありますので、誘致を期待している方は多いことでしょう。

コストコの新潟出店予定地の条件

新潟県民や周辺の県からもコストコの出店は期待されていますが、コストコの出店予定地にはどのような条件があるのでしょうか?新潟に条件が整っている場所があればコストコ出店の可能性も高まりそうです。

車で来店しやすい場所

コストコの食料品や日用品はアメリカンサイズですので、数点購入すると公共交通機関では持ち帰りが大変です。コストコは広い店舗の中にたくさんの人気商品が並んでいますし、ブログやSNSなどでもコストコ商品はたくさん紹介されていますので、ついつい沢山購入しがちです。

そのため車での来店がほとんどですので、大きな駐車場があることが条件になります。また、県外からの集客も見込めるため、幹線道路が整備されているか今後整備される可能性があり、遠くからも車で来店しやすい立地であることが条件になります。

広大な敷地面積と建築面積がある場所

コストコはアメリカンサイズの商品の在庫を大量に保管できる倉庫店舗が必要ですので、たくさんの来客が利用できる駐車場も含めて広大な敷地面積がある場所が条件になります。新潟には広大な敷地面積のコストコを十分建てられる土地がありますので、条件に当てはまると言えます。

半径10km以内が人口50万人以上の場所

コストコの出店の条件として半径10km以内が人口50万人以上の場所という条件があります。新潟市の人口は2019年4月で約79万7千人です。人口が多い地域を選べば条件に当てはまる場所がありそうです。

コストコの新潟出店の進捗が悪かった理由

コストコの新潟出店は地元誌で報道される以前から噂があったのですが、最新の報道が2018年1月でその後場所や予定日などがどうなったのかというとあまり計画は進捗していないようです。コストコの新潟出店計画があまり進んでいない理由について調べてみました。

地域からの反対があった?

コストコの新潟出店計画が進んでいないのはどういった理由があるのでしょうか?出店を待ち望んでいる新潟県民は多いと予想されますが、予定地周辺の競合店舗にとってはコストコの出店で顧客が流出する可能性があります。

コストコは時給が高く、1200円スタートで1000時間ごとに時給が上がり、最高1650円~1800円になります。これは2018年の新潟の最低賃金803円と比較すると大きな開きがあるため、予定地周辺の雇用がコストコに流れて商店などは人手不足になる可能性もあります。

また、コストコが出店する予定地近隣では道路の渋滞が予想されます。そういった理由から地域の反対に会った可能性があります。大型商業施設の建設には地域の協力が不可欠なため、地域の方への説明や説得に時間がかかっているのかもしれません。

商圏への不安

コストコの新潟出店計画の進捗の悪い理由にコストコ側の商圏への不安が挙げられます。出店予定地の周囲の人口や消費者特性・競合状況などがコストコの条件に合わなかった可能性があります。出店しても多くの来客が見込めなければ安定した店舗運営はできませんので、条件に合わない場合は出店を見合わせることも考えられます。

例えば人口は多くても高齢者が多い地域だとアメリカンサイズのコストコの商品はニーズに合わない場合もあります。コストコの顧客ターゲット平均以上の所得者層で住宅所有・自動車所有・平均年齢は40代とのことです。新潟出店の予定地と言われている烏屋野潟南部地域が、このターゲット層に当てはまらなかった可能性もあります。

新潟には以前にランドクラブ新潟という会員制の大型チェーン店舗があったのですが撤退したという事情があります。こういったことが、地域性に合わないと判断された可能性もあります。ですがランドクラブが撤退したのは10年以上前ですので、今はコストコの人気が浸透しているのでそのときとは事情は違ってくることでしょう。

コストコの新潟出店に関する最新情報

コストコの新潟出店計画の場所や予定日は決まったのでしょうか?もしも決まっていたらオープンの日に行けるよう計画を立てたいところです。

新潟出店の予定日は?

コストコの新潟出店計画の予定日はいつになるのか気になるところですが、実は新潟出店の予定日は決まっていないようです。予定日が決まれば事前に求人サイトで募集が始まりますが、そういった動きがあれば新潟出店が決定したことがわかります。最新の報道や求人サイトを普段からチェックしておくと、いち早く情報を得ることができるでしょう。

鳥屋野潟南部地区で調査が始まった?

コストコ本社から新潟に視察が来たという噂があります。2015年~2016年頃に地域は不明ですが出店予定地にコストコから視察に来たようです。そのときには計画はいったん白紙になったようですが、その後また新潟への出店計画が動き出したようです。

最新情報では新潟の中心地になる烏屋野潟南部地域で土地の調査が始まったようです。「財界にいがた」によると、烏屋野潟南部地域の田んぼで2017年1月にボーリング調査が行われていたとのことです。依頼した会社はわからなったようですが、この調査を依頼したのがコストコなのではないかという噂になっています。

烏屋野潟南部地域では開発構想が合意され、計画的な町づくりが進められています。烏屋南部地域の広大な270ヘクタールの地域を総合スポーツゾーン・ウェルネスゾーン・住居ゾーン・国際文化教育ゾーンの4つに分け、計画的に開発していくというものです。

この烏屋野潟南部地域の開発計画の中にコストコ誘致も含まれていれば住民にとってはかなり楽しみなのではないでしょうか?烏屋野潟南部地域の出店予定日に関する続報が待ち遠しいところです。

コストコの浜松倉庫店は土地を整備してから7ヶ月ほどで開店したということです。もしも烏屋野潟南部地域に出店するとしても土地の契約もしてない現状では少なくとも1~2年はかかることが予想されます。

出店を進めるには地域の協力は必須

烏屋野潟南部地域にコストコ本社から視察が来たのかは不明ですが、視察に来ても必ず出店するとは限らないようです。当たり前のことですが、視察した場所がコストコ側の条件に合ったとしても住民の反対があれば出店することは難しくなります。

大型商業施設が出店するためには地域住民や近隣の商店などの理解と協力は不可欠となります。そのため理解してもらうための説明会などが行われます。中でも顧客や雇用の問題など利害が衝突する商店などとの調整は難航する場合がありますので、実際に烏屋野潟南部地域へのコストコ出店が決定するにはまだまだ時間がかかりそうです。

新潟で開催されるコストコフェアは大盛況

新潟で定期的に開催されているコストコフェアというイベントがあります。毎回大盛況のイベントですが、どのようなイベントなのでしょうか?新潟のコストコフェアの様子を紹介します。

コストコフェアとは?

コストコフェアとは、スーパーなどでコストコの商品を販売するイベントで、全国で開催されています。コストコの店舗より値段は割高ですが、会員にならなくても購入できるということや近くにコストコがなくても商品を購入でき、店舗の雰囲気を味わえることなど利点があります。

ディナーロールやティラミス・ピザ・チーズケーキ・プルコギ・マフィン・ラザニアなど、コストコの人気商品がずらりと並びます。コストコの店舗に比べると商品は少ないですが、行ったことのない方にとっては満足できる品揃えではないでしょうか?会員になるか迷っている方にはフェアに行ってお試しで購入してみるのもおすすめです。

新潟のスーパーでも定期的に開催

コストコフェアは新潟でもキューピッドというスーパーで月1回ほど週末に定期的に開催されています。ムサシ食品館というスーパーでも行われているようです。フェアでは厳選された人気商品を揃えていますので、効率的に買い物をすることができます。新潟でも毎回コストコフェアを楽しみにしている人が多く、大盛況です。

フェアでは売り切れ商品も

新潟のコストコフェアは大変人気ですので、朝9時に開店して正午にはもう売り切れる商品もあるそうです。コストコフェアは商品数は限定されていますのでコストコの店舗に比べるとワクワク感は劣るかもしれません。

ですが人気商品を揃えていますのでコストコの雰囲気を味わってみたいという方におすすめです。ほぼ毎月開催されているようですのでお近くの方はHPで最新のイベント情報をチェックして、朝一番で行ってみてはいかがでしょうか?

コストコの新潟出店が待ち遠しい

コストコの新潟出店計画は烏屋野潟南部地域で調査が始まったと言われていますが、まだ決定事項ではなく予定日などはわからないようです。進捗が遅く待ち望んでいる方にとってはもどかしいですが、水面下で調整や調査など行われている可能性があります。

コストコフェアは楽しいですが、やはり実店舗に比べると商品数は少ないので早期の出店を待ち望んでいる方は多いことでしょう。

また、コストコはインターネット通販の計画もあるようです。ビジネスインサイダーによると、現在、兵庫県にある物流センターを拡大し、千葉にも新しい物流センターを建設するプロジェクトが進んでいるとのことです。そちらの最新情報も待ち遠しいところです。

大型商業施設の誘致には地元の理解と協力が必要ですので、決定までは長い年月がかかるものです。新潟出店が待ち遠しいですが、コストコフェアなどを楽しみながら最新の続報を待ちましょう。

Thumbコストコの2019新商品・人気商品50選!食品や日用品などジャンル別に | お食事ウェブマガジン「グルメノート」
Thumbコストコの隠れ人気商品30選!初心者おすすめの絶対買うべき商品も! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」
Thumbコストコの肉おすすめ29選!値段が安いのに美味しい!冷凍方法も紹介 | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ