100均の鏡5選!【ダイソー】おしゃれなリメイク・DIYも紹介!

100均の鏡というとコンパクトな物から大判鏡までバリエーション良く取り揃え、100均の代表とも言われる「ダイソー」でも年々センスの良い生活雑貨が増えています。そんな見た目にも楽しいダイソーの鏡に着目し、100均の鏡5選!「ダイソー」おしゃれなリメイク・DIYも紹介します。ミラーのサイズや種類を選び、世界で1つの自分だけのおしゃれな鏡をリメイクしてみましょう!

100均の鏡5選!【ダイソー】おしゃれなリメイク・DIYも紹介!のイメージ

目次

  1. 1100均の鏡をおしゃれにリメイク!
  2. 2100均の鏡でリメイクしやすい種類5選!
  3. 3100均鏡のリメイクに使えるおすすめグッズ
  4. 4100均の鏡を使ったDIYミラー
  5. 5100均の鏡とダイソーの材料で簡単リメイク
  6. 6100均の鏡を使ったリメイクミラーを作ろう!

100均の鏡をおしゃれにリメイク!

100均のダイソーを代表に、最近の100均はシンプルを売りにしていた以前とは変わり、どのショップも心くすぐるセンスに溢れた雑貨へとチェンジし、本当に100均なのかと思うようなクオリテイーです。また、DIYに適したパーツごとの販売により、DIYに挑戦する方も増えてきている現状です。そんな今回は、ダイソーで手軽にリメイクできる鏡に着目し、100均の鏡5選!「ダイソー」おしゃれなリメイク・DIYを紹介します。

ダイソーの鏡がおすすめ?

そもそも、ダイソーの鏡っておすすめなの?と気になりますが、ダイソーの鏡はコンパクトな手鏡サイズのものから、大判鏡まで実にさまざまな種類を取り揃えています。見た目が可愛くて実用性のある鏡から、DIY向けの商品までありますので、用途に合わせて使ってみてはいかがでしょうか?

100均の鏡はそのままだと安っぽい?

DIY向けの商品はあえて簡素な作りになっていますので、そこからどうリメイクしていくかが腕の見せ所になります。部分パーツも豊富に取り揃えているので、すぐに作業にとりかかれます。100均の鏡はコンパクトサイズの鏡はそれほど安っぽくありませんが、大判になるにつれ強度が心配です。そして何よりも安定感があって危険がない場所に置くことと、リメイクによって装飾および強度を強化することで100均の鏡は生まれ変わります。

100円ショップ「ザ・ダイソー」

100均の鏡でリメイクしやすい種類5選!

重厚なインテリアが好きな方にアンティーク風ミラー

ここからは100均の鏡で、リメイクしやすい種類5種を紹介します。まず最初に重厚なインテリアが好きな方におすすめのアンティーク風ミラーの紹介です。ダイソーでは「アンティーク風スタンドミラー」という名称で360℃回転し、片面は2倍拡大鏡になっています。土台とミラーをジョイントさせるだけの簡単なスタンド式サイズの種類になります。ダイソーではこのようなおしゃれでエレガントな鏡も販売しています。

一見このままでも可愛いスタンドミラーですが、よく見ると少しチープさが出てしまうところがあります。そんな時に手を加えてリメイクしてみると良いでしょう。材質はプラスチックなので、このプラスチック面にカラースプレーやアクリル絵の具などを使ってサビ加工することで、古くから使い込まれてきた年代物のようなアンティーク風に仕上げることができます。ぜひチャレンジしてみて下さい。

シンプルな木枠でペイントリメイクしたアメリカン風ミラー

100均の鏡でリメイクしやすい種類の次の紹介は、シンプルな木枠の鏡でペイントリメイクしたおしゃれなアメリカン風ミラーの紹介です。100均のダイソーのシンプルな木枠サイズの鏡を見つけたら、その縁枠にペイントを施してリメイクすると、好みの鏡に仕上げることができます。アンティーク風に仕上げるのもよし、木の質感を残すのもよし、濃い鮮やかなカラーでペイントするのも雰囲気ががらりと変わっておすすめです。

リメイクした鏡は壁に立て掛けて使いましょう。その際の注意点として、ペイントする時は窓を開けて換気をし、ペンキを乾かす時は、寝かせた状態で完全に乾ききるまで、乾かします。立て掛けて乾かしてしまうと、ペイントが垂れてきて、他の色に混ざってしまう恐れがあります。また壁にもペンキが付着してしまうので、しっかり乾かすことが大事です。仕上げにニスを塗ると光沢が出て、木材の保護にもなります。

シンプルな鏡と流木を使った自然派ナチュラル風ミラー

自然派でナチュラル系の種類が好みの方は、ダイソーの鏡と旅先で見つけた流木を使ったおしゃれなリメイクをしてみましょう。旅の良い思い出になり、気取らないリメイクがより魅力的なものに生まれ変わります。ダイソーの鏡でリメイクする際の注意点として、鏡の枠がなるべく見えないように木を配置するなど工夫してみましょう。もし、見えてしまう場合は、石や小枝などを挟んでみるなどサイズを合わせるとしっくりきます。

夏にぴったりな貝殻でリメイクオーシャン風ミラー

ナチュラルで夏にぴったりなインテリア系の種類が好みの方には、海辺で拾った貝殻や100均の雑貨コーナーで売られている貝殻を使って、おしゃれなオリジナルミラーを作ってみましょう。貝殻をミラー周辺の木材に接着するときは接着剤を使うのも良いですが、匂いが苦手な方はグルーガンを使うのも便利です。貝殻を使った鏡のリメイクは、部屋へ飾るときの場所に合ったサイズのミラーでリメイクするのがコツです。

鏡の木枠に端材を取り付けたリメイク壁掛けウッド風ミラー

ウッド風のナチュラルインテリア系の種類が好みの方は、100均の質素なミラーに木の端材を取り付けるとおしゃれなウッド調の鏡になります。端材のサイズを大きいものにすれば豪華な鏡にするこもできます。多少いびつでも、それが味わいとなるので気にせずリメイクしてみましょう。端材はホームセンターで小さい端材ならかなり安く売られています。近くにホームセンターがない場合は、蒲鉾板を再利用しても楽しいです。

100均鏡のリメイクに使えるおすすめグッズ

マスキングテープ

ここからは、100均鏡のリメイクに使えるおすすめグッズを紹介していきます。まずはマスキングテープです。ダイソーではたくさんのカラフルでかわいいマスキングテープがありますが、好きな色柄のマスキングテープを買っておくと、ダイソーのスタンドミラーの木枠に好きなマスキングテープでリメイクができます。色んな種類のテープを使うのがポイントです。個性的で自分だけのスタンドミラーが作れます。

造花

次は造花を使った100均鏡のリメイクです。鏡の木枠はアンティーク風にペイントし、造花を四隅の好きなところに飾れば出来上がりです。これでグッとクオリティーの高い鏡になりました。鏡にペイントマーカーなどで文字を書けばメッセージボードのような使い方もできるので、工夫してみると良いでしょう。

ミラーシート

次にミラーシート(シールミラー)を使った100均鏡のリメイクです。ダイソーにはミラーシートという、シール状になっていて、板に貼ると鏡になる商品が販売しています。これを利用して鏡部分から自作すると、1から全て自分の作りたい鏡の形にアレンジして作ることができるので、世界でたった1つのミラーが完成します。軽くて割れることもなく、ハサミで簡単に好きな大きさにカットできるのも人気商品の1つです。
           

ミラーシート(シールミラー)はプラスチック製なので軽くて割れにくいのがメリットなうえに、切ったりしてDIYしやすいのが最大の魅力です。しかしその一方で、ガラス製の鏡と比べると歪みやすいのがデメリットになります。一般的にシートの厚みが薄ければ薄いほど、また面積が大きければ大きいほど歪みやすくなるため、使用する時はある程度厚みがあって小さめのサイズを選ぶのがおすすめになります。

ミラーシート(シールミラー)なら、壁に穴を開けることなく「粘着シート(シール)」を使って長くしっかり接着することができます。ミラーシートの最大なメリットはハンマーで叩いても割れないような安全性の高いところにあります。また、ダイソーでは長方形のシートとして販売していますが、あらかじめ色んな形にカットされているシートも販売していますので、利用してみるとおしゃれです。

ラインストーン・デコパーツ

次にラインストーンやデコパーツを使った100均鏡の紹介です。手に持ってちょうど良いサイズの手鏡もラインストーンやデコパーツは100均でも販売しています。思い切りカラフルにしたい時はデコパーツを、品のある仕上がりにしたい場合は、ラインストーンを使うのがおすすめです。

デコパージュ・レジン

次にデコパージュを使った100均鏡の紹介です。コンパクトサイズのミラーは素材がプラスチックなので、チープさが目立ってしまうところが難点です。そこで、コンパクトミラーの表面をデコパージュしてみると、見た目のチープさがすっかり取れてエレガントさが出ました。このままでもおしゃれですが、この上にレジン液を流して表面が立体的になったところでUVすると表面がぷっくり艶やかになり、見た目のグレードも上がります。

100均の鏡を使ったDIYミラー

24個入りピンチの意外な使い道!簡単海外風ミラー

ここからは、100均の鏡を使ったDIYミラーとして、24個入りピンチの意外な使い道!簡単で海外ミラーのような素敵なアイディアです。木材や金属などで鏡の周りを囲むようなデザインは、海外では「サンバーストミラー」と呼びますが、今回は100均の洗濯ばさみを利用して作ります。材料は丸い鏡とウッドピンチ、段ボール、ボンド(グルーガン)、ハサミです。鏡に枠を外して、鏡の本体だけにします。

次に段ボールを置いたらその上に鏡の本体をのせ、鏡の周りを鉛筆などでぐるりと書きます。その約4cm外側にも線を書きます。次にハサミで外側の線をカットし、内側の線に合わせて鏡をボンドで貼り合わせます。最後にウッドピンチを鏡の周囲に貼り付けたら完成です。とても斬新でおしゃれな海外風ミラーになりました。皆さんもぜひ作ってみて下さい。

100均のダイソーのすのこでスクラップウッド風ミラー

次に、100均のダイソーのすのこでスクラップウッド風ミラーを作ります。すのこはDIYにもってこいのアイテムです。鏡にすのこをそのまま貼り付けるのではなく、もう少し手を加えてパズルのような楽しさも感じながらリメイクしていきましょう。材料は大きめサイズの鏡、すのこ、ベニヤ板、木工用ボンド、強力両面テープです。まず、鏡の枠を外してすのこもばらします。ばらしたすのこを適当な大きさにモザイク風に切っていきます。

ベニヤ板のバランスをみながら、鏡とモザイク風にカットしてばらしたすのこを配置します。配置が決まったら鏡は両面テープを貼り付け、すのこは木工用ボンドでベニヤ板に貼り付けます。切ったすのこはサンドペーパーをかけて木目をなめらかにし、ペイントすると100均とは思えないクオリティーになります。少し縦長のベニヤ板を使用するとウッドラックも取り付けたりできるので、さらに機能的な鏡にもなるのでおすすめです。

250円商品の大判鏡を木材でおしゃれにリメイク

次はダイソーの250円商品の「壁掛け&スタンドミラー」サイズ30×40cmと板材を使用したリメイクミラーを作ります。こちらの鏡がリメイクに向いているのは、外枠が外せるところです。まずこの外枠を外していきます。ペンチでつまみながら外すと作業がしやすいです。これでシンプルなミラーとなりました。次に板材を鏡の外枠に合わせて切っていきます。100均の板材は厚みが薄いので、のこぎりで簡単に切れます。

アンティーク風に仕上げたい場合は、わざとのこぎりで傷跡を付けます。傷つけた板はかるくサンドペーパーをかけてから白くペイントします。白でなくても部屋のカラーとのバランスを考えて好きな色に変えるのもおすすめです。ペイントして乾いたら、鏡の裏に金具を付けて紐を通せるようにすると壁掛けになります。置いて飾ったりする場合は、裏側にサイズが合った板をつけて仕上げるといい感じになります。

100均の鏡とダイソーの材料で簡単リメイク

好きなマスキングテープを使ってオリジナルミラー

次に紹介するのは、100均の鏡とダイソーの材料で簡単リメイクです。先ほど紹介したDIYよりも手軽に簡単にリメイクしたい方はこちらをおすすめします。簡単リメイクと言えば、マスキングテープは必須アイテムです。100均ダイソーの鏡の外枠にマスキングテープを貼り付けていきましょう。好みの色と色んな種類のマスキングテープを使うのがポイントです。

造花とリボンでゴージャスなスタンドミラー

次は、造花とリボンでゴージャスなスタンドミラーの紹介です。100均ダイソーのスタンドミラーを使用し、造花とリボンを木工用ボンドかグルーガンで留めるだけの簡単リメイクです。もし余裕があったら、外枠を好きなカラーでペイントするか、マスキングテープを貼り付けると、さらにゴージャス感が増すでしょう。使用するリボンは針金ワイヤーが入ったものがリボンに動きが出て立体的になるので、おすすめします。

ミラーシートを使ったオリジナルDIYミラー

次はミラーシートを使ったオリジナルDIYミラーの紹介です。サークルの形にカットしたミラーシートを板と張り付けたら、チェーンとクリップ、留め具を用意し、壁掛けするだけで、割れない安全なミラーの完成です。寝室に置いても安心です。簡単なので、ぜひ作ってみて下さい。

100均の鏡を使ったリメイクミラーを作ろう!

今回は、100均の鏡5選!「ダイソー」おしゃれなリメイク・DIYを紹介しました。誰でもできる簡単なリメイクからDIYまで、さまざまな種類の活用法がありましたが、興味のあるリメイクは見つかったでしょうか?100均のミラーをリメイクすることでさらに使いやすくクオリティー高く、アイデア次第で満足のいくものが出来ます。皆さんも100均の鏡を使ったリメイクミラーをぜひ作ってみて下さい。

Thumbダイソーの鏡を可愛くリメイク!ビッグミラーや折りたたみも紹介! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ