ベーグルの食べ方はそのまま?温め方とおすすめレシピも紹介!

ベーグルとは小麦粉を輪っか状にして焼いたパンでもちっとしていて固めの食感が特徴です。腹持ちがよく、そのままの食べ方でも美味しいですが、すぐに飽きます。今回はそんなベーグルをそのままではなく、温めたりアレンジを加えたりしした食べ方を紹介します。

ベーグルの食べ方はそのまま?温め方とおすすめレシピも紹介!のイメージ

目次

  1. 1ベーグルの美味しい食べ方が知りたい!
  2. 2ベーグルの食べ方【温め方】
  3. 3ハワイアンベーグルサンド
  4. 4サーモンとパイナップルとセロリのサンドイッチ
  5. 5きんぴらごぼうベーグルサンド
  6. 6桃とナスとズッキーニのフルーツサンド
  7. 7トマトバジルクリームチーズのベーグルサンド
  8. 8ベーグルの3種のサンドイッチ
  9. 9ふわとろアップルスモアベーグル
  10. 10ベーグルの明太子トースト
  11. 11ベーグルの食べ方【まとめ】

ベーグルの美味しい食べ方が知りたい!

geosmin317さんの投稿
28763198 1608574592524411 2673182774537486336 n

バターを使わないパンとして『ベーグル』は有名です。モチモチっとした食感がたまらなく美味しく、女性を中心に人気のあるパンで、冷凍させれば保存もきくので便利です!今回はそんなちょっとオシャレで便利なベーグルの美味しい食べ方を紹介していきます!

Thumb食パンのフライパンを使った焼き方!簡単で美味しい方法とアレンジレシピ | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

ベーグルの食べ方【温め方】

ベーグルの最大の特徴とも言っていいのがもちもちで且つ硬い食感です。焼き立てであれば、硬さよりももちもち具合が強く感じられそのままでも充分に美味しく食べる事が出来ますが、時間が経過すると冷えて生地の中のデンプン質が変化して硬さが強く感じられる様になります。

atelier_nico_plusさんの投稿
28436194 234508497125175 5100414096545677312 n

ベーグルはバターを使用していないので他のパンよりもその傾向が顕著に出てきます。そのままの食べ方でもベーグルは美味しく感じる時はありますが、出来れば一番美味しい状態で食べ方で楽しみたいところです。

m_dpicさんの投稿
28754669 237449880132361 6279230057764356096 n

電子レンジでの温め方

ベーグルの食べ方や温め方は複数ありますが、まずは電子レンジを用いたベーグルの温め方を紹介します。トースターやフライパンと違い、電子レンジで温め直すとモチモチの食感に仕上がるのでおすすめの温め方・食べ方と言えます。

tenpos.com.staffさんの投稿
28157736 218375335380332 8828487576814878720 n

ベーグルをお皿に乗せて、ラップして15~20秒程(500Wの場合)温めると程良いモチモチ感と温度に仕上がります。常温のベーグルを数分温めると中の水分が飛び、生地が凝縮してカチカチになってしまうので気をつけて下さい。ベーグルサンドを作る場合はベーグルをカットしてから温めると良いでしょう。冷凍で保存しておいたモノを温める場合はまず1分程温めて様子を見てそこから必要な時間だけ温め直すと良いでしょう!

オーブントースターでの温め方

ベーグルのカリカリとした食感を楽しめるのがトースターを使用した温め方です。ベーグルを水を入れた霧吹きで軽く湿らせます。ない場合は蛇口から直接濡らしたり、ボールにはった水にくぐらせてもOKです。水を付ける事によって食感が固くなりすぎるのを防ぎます。

ma___interiorさんの投稿
28428075 351838988649024 1161003834194001920 n

ベーグルを入れる前にトースターの温度を上げる為に余熱します。余熱しないままベーグルを温めると、焼き上がりまでに時間がかかってしまい、ベーグルが乾燥し食感が固くなってしまいます。冷凍保存したものをトースターで調理する場合は、あらかじめ電子レンジで回答してからにしましょう!

フライパンの温め方

少々手間が掛かりますが、焼き上がりにこだわりたい方はフライパンを使用した温め方がおすすめです。フライパンで表面を炒める前に電子レンジで10秒程温めておきます。これはベーグルの生地が分厚く、フライパンでは中の生地が温まらない為です。中の温度を上げるだけなので、10秒以上は温めないようにして下さい!

yu04210322さんの投稿
28433910 2104743246424838 6432437738850484224 n

電子レンジでベーグルを温めたら、コンロに掛けたフライパンに入れて焼いていきます。油はサラダ油を使用してもいいですし、油っぽいのがイヤな方は素焼きでもOKです。オリーブオイルを使うとジューシー且つ芳醇な口当たりに仕上がるのでおすすめです。軽く焼き目がつくまでやいたら温め完了です!

ハワイアンベーグルサンド

ベーグルの食べ方【アレンジレシピ:その1】

ボリューム満点でピクニック等にも重宝する『ハワイアンベーグルサンド』のレシピを紹介します。1.一口サイズに切っておいた豚バラ肉をフライパンで焼き色が付くまで焼きます。2.醤油、酒、砂糖、黒胡椒を加えて豚肉に味を付けていきます。3.半分にカットしたベーグルに、レタス、スライスチーズ、トマト、パイナップル、焼いた豚バラ肉の順番で乗せていきます。4.カットしたもう半分のベーグルを乗せたら完成です!

ベーグルが人気のアメリカでもパイナップルを用いた食べ方は人気です。豚肉の甘辛さにトマトとパイナップルの酸味がよくきいていてとてもいい味わいとなっています。レタスのシャキシャキ感とチーズの風味もベーグルと調和しています。ボリュームをさらに出したいならば、付け合せにフライドポテトを加えると良いです!

サーモンとパイナップルとセロリのサンドイッチ

ベーグルの食べ方【アレンジレシピ:その2】

爽やかな味付けでベーグルを楽しみたいならサーモンとセロリを使用するのがおすすめです。ヘルシー志向の女性にも人気な『サーモンとパイナップルとセロリのサンドイッチ』のレシピを紹介します!1.セロリの茎を食べやすい大きさに薄切りします。2.カットしたセロリにレモン汁、オリーブオイル、塩を適量加えて混ぜ合わせてマリネにします。

3.ベーグルを半分にカットして、トースターで表面に軽く色目が付くまで焼きます。4.スライスサーモン、マリネにしたセロリ、輪切りにしたパイナップルの順番でベーグルに乗せていきます。5.具材の形を整えたらもう半分のベーグルをサンドして完成です!お好みで食べやすい様、縦にカットしてもOKです。ピクニックなど長時間してから食べる場合は、ベーグルはトーストせずそのままの方がおすすめです。

きんぴらごぼうベーグルサンド

ベーグルの食べ方【アレンジレシピ:その3】

美味しくごぼうが食べれる『きんぴらごぼうのベーグルサンド』のレシピを紹介します。1.温めたフライパンの上にごま油と、切った赤唐辛子を入れて軽く炒めます。2.細切りにしたごぼうとにんじんをフライパンに入れて強火で2分程炒めます。3.ダシ汁、醤油、みりん、酒、チューブのにんにくを入れて味付けし、汁気がなくなるまで炒めます。4.白炒りごまを加えて混ぜて香りをつけます。これできんぴらごぼうは完成です。

5.ベーコンを炒めて、軽く色目がつくまで両面焼いたらフライパンから取り上げて、キッチンペーパーで軽く油をとります。6.カットしたベーグルの面にそれぞれマヨネーズを塗って、焼き海苔、ベーコン、きんぴらごぼうの順に乗せ、もう一枚のカットしたベーグルでサンドすれば完成です!もちもちの食感がすきならそのままで、カリカリの食感を楽しみたいなら事前にトースターでベーグルを温めておきましょう!

桃とナスとズッキーニのフルーツサンド

ベーグルの食べ方【アレンジレシピ:その4】

桃の甘さとナスとズッキーニの食感が美味しい、『桃とナスとズッキーニのフルーツサンド』のレシピを紹介します。1.ズッキーニとナスをそれぞれ縦に平べったく薄くカットしていきます。2.フライパンに油を多めにしいて、両面に軽く焼き目がつくまで焼いていきます。3.焼いたズッキーニとナスの両サイドを包丁でカットして長さを合わせます。

4.カットしておいたベーグルをトースターで表面がカリカリになるまで焼きます。5..ズッキーニとナスをベーグルに乗せ、ペッパーを振りかけて味をつけます。6.カットした桃を上に乗せ、オリーブオイル、レモン、塩で味をつけ全体と馴染ませます。7.もう半分のカットしたベーグルを乗せて完成です!ベーグルをトーストせずに、そのまま挟んでも美味しく食べれます。

トマトバジルクリームチーズのベーグルサンド

ベーグルの食べ方【アレンジレシピ:その5】

バジルの風味が堪らないイタリア風の『トマトバジルクリームチーズのベーグルサンド』のレシピを紹介します。1.水で戻したドライトマトを賽の目状に切っていきます。2.常温に戻したクリームチーズに、オリーブオイルと塩、レモンの絞り汁を加えてソースを作っていきます。3.さらにカットしたドライトマトとバジルを加えます。これでソースは完成です。

4.ソースを半分にカットしたベーグルにぬり、もう片方のベーグルで挟んだら完成です。ボリュームが欲しい場合はスライスサーモンを加えてサンドするとより美味しくなるのでおすすめです。

ベーグルの3種のサンドイッチ

ベーグルの食べ方【アレンジレシピ:その6】

それぞれの具材の味が楽しめる『ベーグルの3種のサンドイッチのレシピ』のレシピを紹介します。1.キャベツを細切りにし、マヨネーズと黒胡椒を混ぜ合わせて下味をつけます。2.生卵にマヨネーズ加えてフライパンでふっくらと焼き上げスクランブルエッグにします。

3.カットしたベーグルをトースターで表面がカリッとするまで焼きます。4.ベーグルの上に味付けしたキャベツ、スクランブルエッグ、きゅうり、生ハム、アボカド、マヨネーズ、ボイルしたエビの順番で乗せていきます。5.もう半分のベーグルでサンドしたら完成です。ボリュームたっぷりのサンドイッチです!

ふわとろアップルスモアベーグル

ベーグルの食べ方【アレンジレシピ:その7】

デザート感覚で食べられる『アップルスモアベーグル』のレシピを紹介します。1.リンゴを薄切りして、砂糖とシナモンを振りかけます。2.皿に乗せたらラップをしてレンジで1分温めます。3.半分にカットしたベーグルの上にリンゴ、マシュマロの順番で乗せ、マシュマロに軽く焦げ目が付くまで焼けば完成です!

ベーグルの明太子トースト

ベーグルの食べ方【アレンジレシピ:その8】

朝ごはんにもってこいの『ベーグルの明太子トースト』のレシピを紹介します。1.半分にカットしたベーグルにそれぞれオリーブオイルを適量掛けます。2.それぞれのベーグルに明太子を塗り、粉チーズを掛けてトースターで焼きます。3.細切りにした大葉を焼きあがったベーグルに乗せて完成です。手間いらずで朝食におすすめのレシピです!

ベーグルの食べ方【まとめ】

sheryltopazさんの投稿
28764414 2018970568354107 7166100655034073088 n

今回は温め方やアレンジレシピを含めたベーグルの食べ方を紹介させて頂きました。ベーグルは保存がきくパンなのでレシピのレパートリーを増やしておくと色んな食べ方で楽しめるので、いざという時に便利です!是非、この生地を参考にして素敵なベーグルライフを送って下さい!

Thumbコストコのパンのおすすめ厳選30!人気のマフィン・冷凍・新商品も! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ