ウーバーイーツの配達エリア最新版!大阪・神奈川・福岡でもスタート!

ウーバーイーツであのレストランの料理をデリバリーしてみませんか?ウーバーイーツはアメリカ発祥のサービスで、いままでは出前をしていなかった店の料理でも一般人に委託して配達してもらうことで、料金もやすく簡単に出前できるようにした画期的で新しいサービスです。今はまだ限定的なエリアでしかサービスを行っていませんが今後はそのサービスエリアが増えるといわれています。ぜひ皆さんも使ってみてください。

ウーバーイーツの配達エリア最新版!大阪・神奈川・福岡でもスタート!のイメージ

目次

  1. 1ウーバーイーツの配達エリアの最新情報を知りたい!
  2. 2ウーバーイーツについて知っておこう!
  3. 3ウーバーイーツの東京配達エリア最新情報
  4. 4ウーバーイーツの大阪・神奈川・福岡の配達エリア情報
  5. 5ウーバーイーツその他の地域の配達エリア情報
  6. 6ウーバーイーツの配達エリアでサービスの便利さを体験してみよう!

ウーバーイーツの配達エリアの最新情報を知りたい!

ウーバーイーツというサービスをご存知でしょうか?なにそれ、おいしいのって感じですが、とてもおいしいサービスに違いありません。いったい誰にとっておいしいサービスなのか、どのようにおいしいサービスなのか。どんなふうに利用するのか、料金はいくらなのか、疑問はつきませんが、調査をしてきましたので、みていきましょう。

ウーバーイーツについて知っておこう!

ではさっそくウーバーイーツってなんぞやということを説明して威光とおもいます。ウーバーイーツとは何で、どんなメリットがあるのでしょうか。そして注目はそのシステムです。ぜひそのシステムを理解してウーバーイーツを使ってみましょう。ではさっそくウーバーイーツについてみていきます。

ウーバーイーツとは?

ウーバーイーツとは何かというと、新しいデリバリーサービスのことです。uberというアメリカのサンフランシスコにある会社が開発したビジネスで、そのサービスによってデリバリーされる食べ物をウーバーイーツと呼びます。このサンフランシスコ発祥のサービスが日本にも上陸したとのことで話題を呼んでいます。

ウーバーイーツを展開しているuberという会社はウーバーイーツ以外にも一般人のタクシー化をはじめとして人や物の移動を革新的な方法で展開している企業として有名です。その規模は世界77カ国にも広がっていて各地で革新的なサービスを提供し話題になっている会社でもあります。そんなウーバーイーツのメリットとはいったいなんでしょうか?みていきましょう。

ウーバーイーツのメリット

ウーバーイーツのメリットとはなんでしょうか。ウーバーイーツのメリットは登録しているレストランのメニューをデリバリーで食べることができるという画期的なサービスです。つまり、今まででは、わざわざお店にいって食べなくてはいけなかったようなレストランのメニューをデリバリーしてもらって食べることができるのです。

たとえば、近所のレストランが登録してあったとすると、今までではわざわざ歩いていかなくてはならなかったのに。あるいは誰かに買ってきてもらわなくてはいけなかったのに、もしもそのレストランが登録してあれば、デリバリーしてくれるのでわざわざ歩いていかなくても家に運んでくれるのです。そんなサービスはほかでもやっていたりするのですがこのウーバーイーツの特徴はその配達する人にあるといっても過言ではありません。

ウーバーイーツの配達員は一般人

なんとウーバーイーツの配達人はプロでもなんでもない一般人です。この配達する人は、登録している人です。利用者も登録制なら、配達人も登録制です。この一般人という表現はすこし誤解があるかもしれません。普通のピザ屋さんの配達人もアルバイトですから広い意味で一般人ですからね。つまり、この一般人というのは、登録者という意味です。

アルバイトよりも、より広く浅く業務を請け負うということです。専属でどこかの店のデリバリーを行うわけではなく、使うときにその店ごとに配達を行うことになるので、良くも悪くも一般人ということです。でもなんか、保障がなさそうでこわいですよね。一般的には評判はどうなのでしょうか。

評判はそこそこいい!

評判はそこそこいいようです。基本的に利用方法はアプリで注文して、そこからクレジット決済を行います。ですので配達員とコミュニケーションをとる必要もなく、料金も払い済みなので本当にただ料理だけおいていくという感じのようです。もしかすると何か事故的なこともあるかもしれませんが、現在のところはなにも起きていないようです。

実際に、一人暮らしの女性とかは怖いかも知れませんし、向き不向きのあるサービスかもしれません。しかし、一人暮らしの男性なんかには最高のサービスなのではないでしょうか?また、その一方で怖いという不安もぬぐえないユーザーもたくさんいます。そんなユーザーは今後サービスが整備されてから使ったり、昼間利用するようにすれば大丈夫かもしれません。ネットにも対策がたくさんあるので調べてみましょう。

ウーバーイーツはお小遣い稼ぎとしても大注目!

ウーバーイーツのよい点は利用者というよりも、どちらかといえば働く側にあるかもしれません。なんと時給換算すると5000円稼いだというひともいるくらいのバイトみたいです。teitterなんかでも小遣い稼ぎで話題になっています。うまく、効率的にやればたくさん稼げるので、働き盛りのひとにはよい料金かもしれません。

しかしながら、小遣い稼ぎに大注目であるウーバーイーツですが、twitterなどでは一部給料が振り込まれなかったなどのこともあるようです。また、雇用保険も対応していないので、これだけに絞るとなるとやはり厳しい現実もあるようです。あくまで、スキマ時間に稼ぐといった方法のほうがよいのかもしれません。実際に働いた人の感想をtwitterやブログで見て判断しましょう。

ウーバーイーツの配達料金について

ウーバーイーツは便利な一方で、当然配達料金がかかってしまうデメリットもあります。ピザのデリバリーも直接とりに行くと料金半額になったりするので、それを加味すると当たり前かとも思います。ではウーバーイーツではどれくらいの料金がかかるのでしょうか?なんと配送量は料金一律380円です。これはとても安い料金だと言えます。

しかしながらこの料金も2018年5月ごろから混雑時などに料金が上乗せされるように改変されました。上乗せされる配送料金は一律ではなく変動制で182円、338円、380円、635円、760円といった料金になっています。混雑時に特定のエリアで配送員がいないとこのような上乗せが起こってしまうので、年末年始などは要注意でしょう。そう考えると大きなデメリットかもしれません。

しかしながら、出前ができる店というのは思いのほかすくない現状があります。できてもピザ屋の例のごとく2倍以上の値段がしたりします。ですので、380円で運んでもらえるほうが安すぎると思います。ぜひ利用してみたいサービスです。

ウーバーイーツの東京配達エリア最新情報

ウーバーイーツはどこで使えるのでしょうか?東京ならどこでも使えるのでしょうか。また、東京ならすべての店で使えるのか?そんな疑問について調べていこうと思います。さっそくみていきましょう。

東京23区内はほぼ全域で利用可能!

東京はさすがというべきか、23区はほとんど全域でウーバーイーツの利用が可能となっています。ですので東京に住んでいるひとはウーバーイーツを使ってみましょう。しかし、個人的な感想としては、東京は密集しているのでウーバーイーツの仕事はやりやすいですが、出前のありがたさがあんまりないような気もします。できれば多摩などの田舎でこのサービスがあるとありがたいですが、それでは小遣い稼ぎにならないのでしょう。

ウーバーイーツを利用できるエリアは東京では23区全域となっています。実際にウーバーのホームページでマップでも見てみましょう。ほとんど埼玉も神奈川付近も入っています。しかしながらつつじヶ丘から先の調布エリアをみるとまったく入っていないので、都会でも調布や府中といった京王線の主要エリアは自分であるいてレストランに行くしかないようです。とても残念です。

ウーバーイーツの東京での利用できる店舗一例

ウーバーイーツでは朝食を楽しめるので人気です。しっかりとした朝食って用意するの大変です。たとえば六本木のエッグセレントでは立派なエッグベネディクトを注文することができます。山梨県黒富士牧場のオーガニック卵を使用した贅沢な味わいが自慢とのことで朝から注文してみてはいかがでしょうか?

またお昼には「ザ・リトルベーカリー・トーキョー」の豊富なパンの中からおいしいパンを注文してみるのもよいかもしれません。発酵バターを使ったクロワッサンからマフィン、キッシュ、卵を使わない食パンや田舎パンなど豊富でたべたことのないおいしいパンを注文することができるのでとても便利です。

また、ジュースなんかも注文することができます。コールドプレスジュース専門店のサンシャインジュースという店から注文できるジュースは1本に使う野菜や果物の量はなんと1〜1.5kgという贅沢なものです。ランニングなどのあとによいようです。

また東京ならでわのインスタ映えするメニューも注文できます。ちょっとローマというお店の見た目にも華やかなローストビーフ丼でもある熟成牛のローストビーフ丼というメニューは見た目の迫力もあり、とてもおいしそうなメニューです。自宅で食べれるのがうれしいです。ぜひ注文してみましょう。

ウーバーイーツの大阪・神奈川・福岡の配達エリア情報

ウーバーイーツを使えるのは東京だけではありません。ほかにさまざまなエリアでつかうことができます。エリアごとの解説をしていくのでぜひその内容をみていきましょう。

神奈川の配達エリア

神奈川エリアは 2017年11月1日からウーバーイーツのサービスを開始しています。対象エリアは横浜市内 7 区で西区・南区・中区・保土ヶ谷区・神奈川区・港北区・磯子区の一部だそぷです。東京と同じく、注文ごとに380円の料金が配達手数料としてかかります。対象エリアにある100以上のレストランが利用可能となっています。

神奈川での利用できる店舗一例

バーガーズニューヨークもウーバーイーツで注文することができますメニューにはニューヨークバーガートマトソース910円や、オニオンステーキソース910円。ホットチリビーンズソース1210円といった絶品バーガーがたくさんあります。もっともおおきなグランドバーガーは晩図もパティも1.5倍です。値段も1680円です。

中華料理の三幸苑もウーバーイーツでデリバリーのできるお店です。デリバリーできるメニューは炒飯&エビマヨコンボや、マーボ豆腐コンボなど炒飯とほかのメニューをコンボにしたメニューです。炒飯メニューは1080円となっています。さらに丼ものあり中華丼、豚バラ丼など種類豊富に注文することができます。

パニーノジュストというお店も人気です。当然注文できるのは派ニーに出、プラガハムやベジタリアン、ロースとビーフ、ターキーハムなど人気のメニューがたくさんあります。ミシュラン2つ星シェフ クラウディオ・サドレル監修パニーニのメニューもあったり、トーストやサラダも注文できるのでぜひ利用してみましょう。

クリスピー・クリーム・ドーナツも神奈川エリアにあります。定番のオリジナルグレーズドや本日のお勧め12個入りや、期間限定のおすすめもあります。ミニボックスハーフ10個いりや20個いりも人気ですのでぜひ楽しんでみてください。

大阪の配達エリア

ウーバーイーツは大阪でも利用することができるのをご存知でしたでしょうか。2018年6月30日から新大阪や十三などの淀川区、大阪の歴史を物語る遺跡や文化財が数多く残るのでとても人気の東成区など阪市内12区で利用できます。つい最近エリア拡大をしたばかりなのでもっともっと配送員がふえて便利になるかもしれません。

大阪で利用できる店舗一例

大阪でウーバーイーツを利用できるお店ひとつめはパンヤです。パン屋なのですが行列のできるフォカッチャ専門店として有名です。一番人気はローストポークで自家製ローストポークにデミグラムソースとバジルソースがかかっています。シンプルで具材たっぷりなのでとても人気があります。またレトロにコーヒー牛乳やフルーツ牛乳も売っているので人気です。

続いて人気の大阪のウーバーイーツのお店は洋食屋さんの夢たまごです。この夢卵のハンバーグ、海老フライ、オムライス、唐揚げという子供の人気のメニューが絶品で大人もパクつくメニューだそうです。メインが2種類入ったボリューム満点のガッツリ系セットメニューはとくに大人に人気のおいしいメニューだそうなのでぜひ食べてみたいです。

さらに大阪のウーバーイーツではうどん屋さんも人気です。優曇庵といううどん屋さんは独自にブレンドした削り節と昆布を贅沢に使った風味豊かなダシをつかっているのでとてもおいしいと評判です。温かいうどんやカレーうどんの他、冷たいうどんもあり豊富なメニューも人気のひみつです。ぜひ一度食べてみたいうどんです。

街の肉バルBuffというお店も人気です。名物でもある炭焼きBuffステーキやWILDステーキやバックリブといった迫力満点で食べ応え十分なメニューを自宅や会社で食べることができます。お肉を食べたい時には是非チェックしたいお店です。この店の粗挽き感を残したハードな食感が特徴のBuffバーグも特に人気のメニューのひとつなのでぜひ食べてみてください。

福岡の配達エリア

福岡では2018年11月現在サービス開始はされていないとのことで実際に調べても利用できませんとなりました。しかしながら、福岡エリアでの配達員の募集は開始しており、今後はサービスが開始されるとなっています。

福岡で利用できる店舗一例

サービスエリアは未定とされており福岡市中心部が予想されますとはっぴょうされていますので、そこいらへんの店になるのではないでしょうか。また、配達員の待合室?みたいな場所である福岡エリアのパートナーセンターは求人では最寄駅は天神駅(徒歩1分)ですとアナウンスされているので、そこいらへんになるでしょう。楽しみです。

ウーバーイーツその他の地域の配達エリア情報

ウーバーイーツは日々その規模を拡大していっています。もしかしたらあなたのエリアでも使えるかもしれません。そして今後も拡大していくのできっとあなたのお住まいの近くでも使えるかも知れません。さっそくその他のエリアを確認しましょう。

2018年7月に京都と神戸でもサービス開始

ウーバーイーツは基本的に東京や大阪という主要なとしばかりにもおもえますが京都や神戸、埼玉といった地方都市にもサービスを拡大しています。その様子をみると、まだまだケンタッキーやマクドナルドといったハンバーガーショップが主流にも思えますが、アプリの利用者が増えていけば今後も店が増えていきそうです。

埼玉の配達エリア

ウーバーイーツは埼玉でもサービスを開始しています。エリアはまだそこまで大きくなく大宮駅から浦和駅の間のベッドタウン全域といった感じでしょうか。今後もどんどんサービスエリアは拡大していくと想定されていますので、より多くのひとがウーバーイーツを楽しむことができそうです。埼玉に住んでいたらぜひとも利用してみたいです。

ウーバーイーツの埼玉エリアで楽しむことのできるお店は「武州うどんあかね」「GREAT ESCAPE」「ケンタッキーフライドチキン」「松屋」「大戸屋」など大手チェーン店から個人レストランまで約80件にもなるそうです。埼玉はおおくのレストランがありますから今後に期待です。

名古屋の配達エリア

名古屋はつい最近サービスのはじまったウーバーイーツのエリアです。東海地方では初めての都市となる名古屋市でのさーびすとして話題になりました。長年に渡り親しまれている郷土料理や全国区のメニューが独自にアレンジされたB級グルメなどバラエティに富んだレストランがリストアップされています。どんなレストランがあるのでしょうか。人気を紹介しましょう。

人気のレストランには「THE RISCO」や「THE CUPS」といったサンドイッチ、ハンバーガーの軽食から雀おどり總本店の「あんみつ」「わらび餅」などの甘味までさまざまなレストランがあります。サービスエリアは順次拡大して参ります、とのことなのでこれからも期待です。現在では名古屋市内 6 区(中区、中村区、西区、北区、中川区、東区)が主流です。

京都の配達エリア

2018年7月からは京都と神戸でも配達サービスが始まりました。マクドナルドやケンタッキーフライドチキン、モスバーガー、バーガーキングをはじめとした定番の店からすた丼屋、コリアンキッチンフォークといった多彩なレストランも多数登録されています。

これらのエリアは今後も増えていくといわれています。京都には赴きのある、特徴的なレストランがたくさんあるので、それらが配達可能になれば利用者ももっと増えて使いやすくなることでしょう。

神戸の配達エリア

神戸でもサービスは始まっており、ケンタッキーフライドチキン、マクドナルド、大戸や、バーガーキングといった定番の店からベーグル専門店や、カツ丼、海鮮丼といった丼もの。さまざまなレストランが登録されているので、自宅で手軽にレストランから出前を取れます。とても便利そうです。

神戸でも今後どんどんエリアが拡大されていくのではないでしょうか。もし神戸に住んでいたり、遊びに行った人は神戸牛を配達してもらう日が来るかもしれません。そのときはぜひともサービスを有効活用してみたいものです。

ウーバーイーツの配達エリアでサービスの便利さを体験してみよう!

いかがでしたでしょうか。今回はウーバーイーツの魅力について解説してきました。ウーバーイーツはアメリカのウーバーという会社が始めた人の流れを利用した画期的な配達システムでした。それを使って、見知らぬ人が配達してくれるということで多くの話題を呼んでいました。

配達料金は380円という実に安い値段で、近くのお店のデリバリーを受けられるのでわざわざ出前をしなくても、また、出前サービスのないレストランのメニューでも食べることができるという画期的なサービスでとても人気を呼んでいます。

それだけでなく、配達員として働くことで、お小遣いも稼げるということで人気にもなっていました。もちろんまだまだ発展途上で給料がうまく振り込まれないといったこともあったようですが、人気のアルバイトとして有名です。時給5000円も目ではないらしいのでぜひやってみたいアルバイトです。

そんなウーバーイーツは東京や大阪だけでなく名古屋や埼玉、福岡といった地方の街でもサービスを始めており、今後その規模を広げていくのではないかと注目されています。ぜひ利用してみてください。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ