温野菜をレンジで上手に作るには?使う容器や加熱時間など解説!

温野菜をレンジで作ったことはありますか?温野菜は付け合わせや副菜など、様々な活躍をしてくれます。温野菜は蒸し器などが必要で作るのに時間がかかるイメージがありますが、実は電子レンジで簡単に作ることができます。この記事では、レンジを使った温野菜の作り方についてまとめています。温野菜を作るのに適した容器についてもまとめているので、温野菜を手軽に作って楽しみたい方はぜひチェックしてみてください。

温野菜をレンジで上手に作るには?使う容器や加熱時間など解説!のイメージ

目次

  1. 1温野菜をレンジで簡単に美味しく作ろう!
  2. 2温野菜のレンジを使った上手な作り方のコツ
  3. 3温野菜をレンジで作るときの容器
  4. 4温野菜のレンジ加熱時間をレシピと一緒に紹介
  5. 5温野菜の健康への効果は?
  6. 6温野菜はレンジの作り方マスターで食卓を彩る!

温野菜をレンジで簡単に美味しく作ろう!

温野菜をレンジで作ったことはありますか?温野菜は、野菜を茹でたり蒸して柔らかくする調理法です。しかし、茹でると野菜の栄養が流れ出てしまったり、蒸し器を使うのは難しく時間のかかるものです。そこで、電子レンジを使った温野菜の作り方を紹介します。レンジでの加熱に適した容器についてもまとめているので、温野菜を手軽に作って楽しみたい方はぜひチェックしてみてください。

Thumb温野菜の作り方は?簡単にレンジや鍋・フライパンで蒸す方法も紹介! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

温野菜のレンジを使った上手な作り方のコツ

レンジで温野菜を作るにはコツがあります。野菜をレンジで温めるだけでも温野菜にはなりますが、適切な作り方でなければ美味しい温野菜にはなりません。野菜の栄養とうま味を逃がさない美味しい温野菜の作り方を紹介するので、ぜひ作って食べてみてください。

野菜は真ん中に置かない

電子レンジは、マイクロ波と呼ばれる電磁波が庫内に吐き出される調理器具です。そのマイクロ波が野菜に含まれる水分を刺激して高温にする仕組みなので、電磁波を上手に使いましょう。マイクロ波はレンジの庫内にぶつかって反射する性質があります。その為、レンジの真ん中よりも端の方が熱が入りやすくなっています。

温野菜をレンジで作る時にレンジの真ん中に野菜を並べてしまうと、充分に熱が入らず美味しい温野菜になりません。加熱が不十分だからと追加で加熱すると加熱ムラができてしまう上に、熱が入り過ぎて野菜のえぐみなどが出て来ます。レンジのターンテーブルの隅に円を描くように並べることで、加熱ムラの少ない美味しい温野菜を作ることができます。

野菜は乱切りにする

電子レンジのマイクロ波は、野菜の角などの尖った部分に集中するという特性があります。その為、輪切りや薄切りにしてしまうと上手に熱が入りません。レンジで温野菜を作る時は必ず野菜を乱切りにして、角を増やしましょう。角を増やすことで上手に熱が入り、温野菜を上手に作れるようになります。

野菜に塩はふらない方が良い?

温野菜の作り方の中には、野菜に塩を振るよう解説しているレシピもあります。しかし、この作り方はあまり良い方法ではありません。実は、レンジのマイクロ波は塩分に集中する特性があります。野菜に塩を振ってしまうとその塩が付着した部分にばかりマイクロ波が触れて加熱ムラができてしまいます。その為、レンジで温野菜を作る時に塩を振る作り方は間違いであると言えます。

また、同じ理由でオリーブオイルなどの油をかけるという作り方も避けましょう。風味付けとしてオイルを垂らす作り方もありますが、その油とマイクロ波が反応してしまい野菜の加熱ムラにつながります。結果として、温野菜にムラができてしまい美味しくなりません。レンジで温野菜を作る際は味付けをせずにレンジにかけるようにしましょう。

ラップではなくキッチンペーパを使う

レンジで温野菜を作る時に、ラップで包んで加熱をするのは避けましょう。ラップで包むと、加熱中に出た野菜の水分を逃がすことができません。その為、水っぽい温野菜になってしまいます。食感も悪く味も薄くなってしまうので、ラップで包んでレンジに入れるのはやめましょう。

レンジで温野菜を作る時は、濡らしたキッチンペーパーを使用しましょう。濡らしたキッチンペーパーに食べやすく切った野菜を並べ、その上にもう一枚濡らしたキッチンペーパーを乗せます。この状態でレンジにかけると、野菜から出た不要な水分をキッチンペーパーが吸い取ってくれるので水っぽくならずに済みます。また、上下両方から蒸す効果があるので、蒸し器で作った時のようなほっくりとした温野菜に仕上がります。

温野菜をレンジで作るときの容器

温野菜をレンジで作る為の容器は様々な物があります。温野菜を作ることに特化した専用の容器もあれば、耐熱性のタッパーでそのまま温めてしまうこともできます。ここでは、レンジで温野菜を作るのに適した容器を紹介しています。同じ作り方でも容器を変えるだけで温野菜の仕上がりが変わって来るので、できるだけ温野菜に適した容器を使うようにしましょう。

容器は丸型がおすすめ?

レンジで温野菜を作る際は、角型のものよりも丸型の容器を選ぶようにしましょう。レンジのマイクロ波は角に集まる習性があるので、角型の容器を使ってしまうと加熱ムラができます。丸型の容器であれば野菜全体が均等に加熱されるので、温野菜が美味しく仕上がります。

シリコンスチーマーはどんな容器?

シリコンスチーマーは、シリコンでできた加熱用の容器です。商品によって形や使用目的は違いますが、レンジで使用できることや時間や手間をかけずに簡単に調理ができることから注目を集めています。温野菜はもちろん、最近ではパスタを茹でられるものや煮物を時間をかけずにレンジで作れるものなど、様々なシリコンスチーマーが販売されています。

シリコンスチーマーは、時間や手間をかけずに簡単に調理ができる優れものです。熱に強いので、温野菜をレンジで使う時にも活躍します。野菜を容器に入れて蒸すので、茹でるよりも栄養素が流れ出にくい上に、加熱ムラの出やすいレンジでもムラを少なく均等に加熱することができます。また、シリコンスチーマー本体が熱くなりにくいので、レンジで加熱したあとも扱いやすいのが特徴です。

保存容器としても重宝「岩崎スマートフラップ」

岩崎スマートフラップは非常に安い保存容器です。耐熱性にも優れているのでレンジに入れて温野菜を作ることもできます。蓋に蒸気を逃がす為のフラップもついているので、蓋をしたまま加熱ができる便利な商品です。しかし、角型の容器なので加熱ムラができやすく温野菜を作るのにはあまり適していません。

調理簡単「ルクエスチームケース」

スペインの会社であるルクエは、日本のシリコンスチーマーブームの発端です。2008年以降に広まったものなのでまだまだ新しい調理器具ですが、その実力は本物です。温野菜であれば2分から3分で蒸せてしまう上に、お米を炊くこともできる商品です。シリコンスチーマー本体が熱くなりにくいので加熱後も扱いやすいのが特徴です。

ルクエスチームケースは、元々が蒸し物を作る為に開発されています。その為、レンジで温野菜を作ることにとても適しています。短い時間で温野菜を作れる上に加熱ムラが少なく、デザインもかわいらしいのでお皿に移さずレンジで作った温野菜をそのまま食卓に出すこともできます。

時短調理が叶う「レンジで蒸し器野菜工房」

「レンジで蒸し器野菜工房」は、時間をかけずに手の込んだ料理を作ることのできる優れものです。蒸し器なので温野菜以外にも様々な蒸し物を作ることができます。基本的な使い方としては、材料を容器に入れて水を注いでレンジにかけるだけです。レンジにかける時間は食材や量によって異なりますが、わざわざお湯を沸かす時間をかけずに済むというメリットがあります。

また、レンジで蒸し器野菜工房は、容器の上にお皿を乗せることができます。本体で蒸し物を作りながら、その容器の上にお皿を置くことで加熱ができます。一度のレンジで2つのものを同時に温めることができるので、調理時間を短縮することが可能です。

温野菜のレンジ加熱時間をレシピと一緒に紹介

レンジで温野菜を作る時間を活かして、一手間加えた温野菜を作りましょう。ただの温野菜だけでなく、アレンジをすることで子供でも食べやすい上に付け合わせにもぴったりな温野菜を作ることができます。

タッパーであっという間「簡単チーズ温野菜」

タッパーに野菜を入れて加熱して温野菜にします。その温野菜にチーズドレッシングをかけるだけで、ただの温野菜がホットサラダになります。チーズなので子供でも食べやすくなります。

  • じゃがいも小3個
  • ニンジン小1本
  • ブロッコリー2分の1個
  • ブルーチーズ大匙1
  • オリーブオイル大匙1
  • 酢大匙1
  • 塩コショウ少々

  1. じゃがいもとニンジン、ブロッコリーはそれぞれ1口サイズに切って耐熱性タッパーに入れます。
  2. 1の野菜を電子レンジで3分から5分加熱し、柔らかくします。
  3. ブルーチーズとお酢を混ぜ、分離しないように少しずつオリーブオイルを入れながら更によく混ぜ、塩コショウで味を調えます。
  4. 温野菜をお皿に盛りつけてチーズドレッシングをかけて完成です。

付け合せにも「キャベツとツナの温野菜」

蒸しキャベツの甘みとツナのうま味が相性抜群の一品です。マヨネーズを使わないので、カロリーを気にせず食べることができます。付け合わせにもぴったりなので、簡単に作れる温野菜のレシピはぜひ覚えておきましょう。

  • キャベツ2分の1玉
  • ツナ缶1缶
  • ごま油大匙1
  • 塩小さじ2分の1
  • コショウ少々

  1. キャベツを洗い、ざく切りにして耐熱容器に入れます。ラップをふんわりとかけて3分から4分レンジにかけて温めます。温め終わったらラップを取り、粗熱を取りましょう。
  2. 粗熱を取ったキャベツを強く握り、余分な水分を絞り出しましょう。
  3. ツナ缶の油を切って、キャベツと合わせます。
  4. ごま油と塩コショウを入れて全体を混ぜ合わせて出来上がりです。少し置いておいて味をなじませると、より美味しくなります。

野菜不足解消「温野菜レモン蒸し」

レモンと一緒に野菜を蒸すことで、温野菜にレモンの風味を付けることができます。レモン風味を付けることで、単純な味の温野菜をサッパリと食べられるようになります。ドレッシングなどを付けるよりもカロリーも低いので、野菜不足の解消やダイエットにもぴったりです。

  • ニンジン4分の1本
  • 玉ねぎ4分の1玉
  • キャベツ3枚
  • エリンギ1本
  • エノキ2分の1袋
  • ブロッコリー5房
  • レモン3切れ
  • 塩小さじ4分の1
  • 白ワイン小匙1
  • ブラックペッパー適宜

  1. ニンジンは3ミリの半月切り、玉ねぎは薄切り、キャベツはざく切りにします。エリンギは短冊切りにして、エノキは少し大きめに裂いておきましょう。
  2. シリコンスチーマーにニンジン、玉ねぎ、エリンギ、エノキ、ブロッコリーの順に詰め、レモンを乗せます。
  3. 塩と白ワインを振りかけて、キャベツで覆います。
  4. シリコンスチーマーの蓋をして、600ワットのレンジで5分温めて出来上がりです。お好みでブラックペッパーを振って食べましょう。

温野菜の健康への効果は?

ここで、温野菜の健康への効果を解説します。野菜は人間の体で作ることのできないビタミンを豊富に含む上にカロリーが低いので健康に良いイメージがありますが、食べ方によっては大きな効果を得られません。温野菜の栄養や正しい効果を知って、より効率的に野菜をの栄養を補給できるようにしましょう。

温野菜は一度にたくさんの野菜が摂れる

野菜は加熱することでカサがへります。サラダではたくさんに見える野菜でも、温野菜にしてしまえば量も少なくなるので無理なく食べることができるようになります。厚生労働省が定める目安として、野菜を1日350グラム以上食べることを推奨しています。しかし、350グラムの生野菜はとても量が多いのでなかなか食べることができません。温野菜にすることでカサを減らし、無理なく野菜をたくさん摂取できるようになります。

野菜は生のまま食べると、繊維が多く硬いのでたくさん食べることが困難です。顎の疲れや痛みなどにもつながるので、多量の生野菜の摂取は難しくなりますし、消化もしづらくなります。加熱して温野菜にすることで、野菜が柔らかくなりたくさん食べやすくなります。柔らかいため消化もしやすく、疲れた体や風邪をひいた際の栄養補給にもぴったりです。

体を冷やさず血行を良くしてくれる

野菜は栄養が豊富な食材ですが、生のまま食べると体を冷やしてしまいます。特にキュウリやトマトといった夏野菜は陰性と呼ばれ、体を冷やす効果が大きいです。冷え性の方は生野菜を食べ過ぎることで冷え性の症状がひどくなる場合もあります。それに対し、温野菜は体を冷やさずにたくさんの栄養を摂取することが可能です。他にも、冷えた体を温める効果もあるので冷え性の改善や披露の回復にも効果があります。

体を冷やしてしまうと、代謝が悪くなってしまうことにもつながります。代謝が悪くなると不要な老廃物の排出が上手にできなくなったり、脂肪が燃えづらくなるなどの問題が起こります。体を温めて血流を良くすることで、代謝を上げて老廃物の排出や脂肪の燃焼を促すことができるので、体を温める温野菜はとても体に良いと言えます。

熱が加わると栄養吸収率アップ

生の野菜の栄養は細胞壁によって守られています。加熱してこの細胞壁を壊すことで、栄養の摂取が効率的にできるようになります。熱を加えてしまうと外に出てしまう栄養もあります。この栄養は水に溶け出して流出するものなので、茹でるのではなく蒸して温野菜にすることで栄養の流出を防ぐことができます。

また、野菜の中には加熱することで栄養の吸収率が上がるものもあります。例えば、ニンジンに含まれるカロチンは生で食べても10%しか吸収されませんが、塩ゆでするだけで47%にまで吸収率が上がります。このように、生で食べるよりも栄養の吸収率が良くなるので、同じ量の野菜を食べるよりも効率的に栄養が摂れるようになります。

野菜は蒸すと旨みアップでそのまま食べられる

多くの野菜は、生で食べるよりも加熱して食べる方が甘みが増して美味しくなります。生野菜は苦手だと言う方でも、加熱すれば食べられることもあります。また、生野菜と違って温野菜は甘みが強くなるので、ドレッシングなどの調味料を使わずに食べることができます。ドレッシングなどで余計な油やカロリーを摂取しなくて済むので、温野菜はとても健康に良いと言えます。

美味しそうに食べる女性のイラスト

温野菜はレンジの作り方マスターで食卓を彩る!

いかがでしたか?温野菜は、蒸し器を使って手間と時間をかけて作るものだというイメージを持っている方も少なくないと思います。しかし、現在ではレンジで手軽に短時間で温野菜を作ることができるようになりました。温野菜を使ったアレンジレシピや温野菜に適した耐熱容器などもあるので、栄養補給の為にもぜひ温野菜を食べましょう。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ