オリゴ糖おすすめランキングTOP13!スーパーの商品も紹介!

オリゴ糖といえば身体にいいと言われている栄養素です。しかしオリゴ糖は体内で作る事がなかなか出来ないと言われている栄養素です。そこで食物からの摂取がおすすめとされています。オリゴ糖のおすすめといってもランキングで紹介すると同時に市販のスーパーなどで購入できるものも一緒にランキングで紹介してきます。同時オリゴ糖とはいったいどういう効果があるのかを知っていきましょう。

オリゴ糖おすすめランキングTOP13!スーパーの商品も紹介!のイメージ

目次

  1. 1オリゴ糖のおすすめランキングをチェック!
  2. 2オリゴ糖のおすすめランキングTOP13を紹介!
  3. 3オリゴ糖の効果は?
  4. 4オリゴ糖の賢い選び方
  5. 5オリゴ糖の種類
  6. 6オリゴ糖はおすすめランキングを参考に上手に摂り入れよう

オリゴ糖のおすすめランキングをチェック!

オリゴ糖と言えば女性のとっては 美容でお世話になっている栄養素であります。そのオリゴ糖はもともとは母乳や野菜・果物などに極微量含まれています。多糖類で、腸内に棲んでいるビフィズス菌のエサとなり、どんどん増やして腸内環境を整えます。ビフィズス菌が増えると、便性改善、便秘解消などの整腸作用に効果があります。ビタミンが合成され、免疫力、健康増進、美肌効果に役立つと言われているほど体に優しいものです。

また、オリゴ糖にはほかにも期待されている効果が色々あります。それはカルシウムやミネラルの吸収を手助けし、腸内腐敗を抑え、便の臭いを始め体臭や口臭を改善します。 「腸は習慣性の臓器」と言われていますが、その通りだと言ってもいいでしょう。 毎日の積み重ねと習慣が、快便、健康、美肌へとつながっていきます。そこで次からそんなオリゴ糖でおすすめのランキングを紹介していきましょう。市販やスーパーで買えます。

Thumbヨーグルトとはちみつの相性と効果を解説!オリゴ糖は代用できる? | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

オリゴ糖のおすすめランキングTOP13を紹介!

第13位:おやつ感覚で食べれる「かどや 黒ごま&オリゴ」

オリゴ糖おすすめランキング第13位は「かどや 黒ごま&オリゴ」です。あのかどやが作っているオリゴ糖を撮れる商品です。きめ細やかに練り上げた黒ごまに、乳果オリゴ、沖縄県産黒砂糖、オーストラリアカンガルー島産はちみつを加え、なめらかで上品な味わいに仕上がりとなっています。そして更に黒ごまには食物繊維、カルシウム、セサミンなどが含まれているので健康や美容にいのは間違いなしです。価格は972円(税込)です。

第12位:ビフィズス菌も入っている「ビフィーナEX」

オリゴ糖おすすめランキング第12位は「ビフィーナEX」です。ビフィズス菌は便秘解消にいいと言われていますがどうしても胃酸に弱いという欠点を持っています。そのビフィズス菌を胃酸から守って腸まで届けてくれるオリゴ糖がこの商品になります。生きたビフィズス菌(ロンガム種BB536)には腸内フローラを良好にし、便通を改善する機能があるのです。また飲みやすく加工されているのも魅力的です。価格は5400円(税込)です。

第11位:ダイエットにおすすめ「ビオネ フラクトオリゴ糖」

オリゴ糖おすすめランキング第11位は「ビオネ フラクトオリゴ糖」です。ダイエット中の人にお勧めの商品です。虫歯・歯に効果が期待できる、「フラクトオリゴ糖」を使用した液体タイプのオリゴ糖食品で、普段の料理にはもちろん、ハチミツのようにパンに塗ったり、パンケーキにもぴったりです。更に普通の100gあたり220kcalと低カロリーなのでダイエット中にちょっと甘味欲しい時におすすめです。価格は1,995円 (税込)です。

第10位:パッケージが可愛い「ベータ食品 やさしいビフィズス&オリゴ」

オリゴ糖商品おすすめランキング第10位は「ベータ食品 やさしいビフィズス&オリゴ」です。ガラクトオリゴ糖・フラクトオリゴ糖・ビートオリゴ糖・イソマルトオリゴ糖・ミルクオリゴ糖の5種類のオリゴ糖を摂取できる人気の商品です。150g×3袋セットで販売しているので、使いやすさも抜群と言われています。食品原料のみで作られているだけでなく、無着色・無香料な点もおすすめのポイントです。価格は7,878円 (税込)です。

第9位:外出にも持っていける「オリゴのおかげ ダブルサポート」

オリゴ糖商品おすすめランキング第9位は「オリゴのおかげ ダブルサポート」です。スーパーや市販で売っているオリゴ糖商品であり、価格は488円 (税込)とリーズナブルな価格であります。乳果オリゴ糖はオリゴ糖の中では甘味の強いタイプですが、カロリーは砂糖の半分ほどです。砂糖の代わりに料理やお菓子作りに使えば、甘味を損なうことなくカロリーオフも可能です。そして小分けになっているので外出先にも持っていけます。

第8位:妊婦さんや乳児おすすめ「北海道産 純度98% ビートオリゴ糖」

オリゴ糖商品おすすめランキング第8位は「北海道産 純度98% ビートオリゴ糖」です。価格は1,980円 (税込)です。乳幼児や妊婦さんでも安心して使いやすく、口コミの人気もとても高い商品です。天然素材を使用しているので、サラサラとしていて湿気を吸いにくいので、保存もしやすい上に150℃までは加熱しても熱分解をうけないので、料理にも使用しやすいのです。。乳酸菌との相性が抜群でヨーグルトと食べるのがお勧めです。

第7位:料理にも使える「ラフィノースオリゴ糖」

オリゴ糖商品おすすめランキング第7位は「ラフィノースオリゴ糖」です。価格は1,872円 (税込)です。砂糖の代理に料理などに使うのがお勧めです。気にくいので保存がしやすいだけでなく、細かな粉末タイプで冷たい飲み物にも溶けやすい「使い勝手の良さ」が主婦に嬉しいです。更に製品も自社で1つ1つ製造し、作り置きせずに、製造後すぐに出荷しているという生産や管理のこだわりも詰まっているのも嬉しいポイントであります。

第6位:子どもも飲める「くるポンタブレット」

オリゴ糖商品おすすめランキング第6位は「くるポンタブレット」です。価格は1,800円 (税別)です。持ち運びにもしやすいです。医師や薬剤師も推奨するオリゴ糖タブレットでもあるのです。だわり抜いた5種類のオリゴ糖を配合している上に、300億個の高密度濃縮乳酸菌や食物繊維やビタミンC等の成分も合わせて配合してます。「子供にも飲ませられるサプリ」として作っており、国内工場で安心安全をモットーに作っています。

第5位:5種類のオリゴ糖が働く「はぐくみオリゴ」

オリゴ糖商品おすすめランキング第5位は「はぐくみオリゴ」です。価格は3,670円 (税込)です。あのはぐぐみのミルクを作っている会社から出ているオリゴ糖昇進です。厳選した5種のオリゴ糖から黄金比ともいえるブレンドを配合されているタイプの物であり、それぞれの効果を助け合いながら、腸内環境の改善に効果的にアプローチするので健康志向の方にもおすすめです。またアレルギーさえなければ、妊婦も赤ちゃんにも使えます。

第4位:メイプルシロップみたいな「北海道てんさいオリゴ」

オリゴ糖商品おすすめランキング第4位は「北海道てんさいオリゴ」です。価格は892円 (税込)で、市販やスーパーで買える商品です。免疫機能を活性化させ腸内の悪玉菌を減少させる効果が期待できると言われています。甜菜から採取された蜜のみで作られた製品なので、純粋にオリゴ糖を摂取したい方には不向きです。甜菜に含まれる自然なオリゴ糖を摂取できるだけでなく、商品自体のやさしい甘みは、料理のアクセントになります。

第3位:北海道産のオリゴ糖「天然ビートオリゴ糖」

オリゴ糖商品おすすめランキング第3位は「天然ビートオリゴ糖」です。価格は1,650円 (税込)です。北海道産のビートから採取した天然のオリゴ糖を98%も含んでいる高純度の天然オリゴ糖食品で、腸内環境を整えてくれる効果があります。ダイエットにはもちろん、体の内側からキレイになりたいと感じている方におすすめです。新鮮で天然のオリゴ糖を摂取出来る事から人気を呼んでいる商品でもあります。体内を綺麗しましょう。

第2位:隅々まで働く「カイテキオリゴ」

オリゴ糖商品2位は「カイテキオリゴ」です。価格は2,380円 (税込)です。4種類のオリゴ糖(ラフィノース、ミルクオリゴ糖、乳糖、セロオリゴ糖)が配合され、いずれも難消化性・天然由来のものです。それぞれのオリゴ糖がお互いを補い合いながら働き、約30種類の善玉菌の働きをサポートします。善玉菌の生息域に着目された事で開発された商品でもあり、体の隅々まで働きかけるのです。家族全員で使えるのもこの商品の魅力です。

第1位:トクホ認定で安心「日本オリゴフラクトオリゴ糖」

オリゴ糖商品おすすめランキング第1位は「日本オリゴフラクトオリゴ糖」です。価格は平均で1000円以内で買えます。市販やスーパーでも売っています。これは特定保健用食品に認定されているオリゴ糖です。液体タイプですが、含まれる糖の半分以上がオリゴ糖でてんさいという野菜を原料としているため、妊娠中でも口にできます。お腹の環境に働きかけ、お通じを良好するだけでなくカルシウムやミネラルの吸収を助けてくれます。

ここまでオリゴ糖商品のおすすめをランキング形式で紹介しました。まだ市販やスーパーでなかなかオリゴ糖を扱っている商品はまだ少ないです。しかしオリゴ糖の効果で健康や身体で期待したいという時はやはり摂取するのがお勧めです。オリゴ糖を扱う商品が分かった所で、次にそのオリゴ糖とはいったいどんなものなのかよくわからない人も多いでしょう。そこで次からオリゴ糖についての効果を始めオリゴ糖等について紹介します。

オリゴ糖の効果は?

カロリーを抑えてダイエット効果

ではここからオリゴ糖を摂取する事で現れる効果について細かく紹介していきましょう。そもそもオリゴ糖は最初に言った通り、多糖類で、腸内に棲んでいるビフィズス菌のエサとなり、どんどん増やして腸内環境を整えてくれる嬉しいものです。その為にダイエットと便秘には一番おすすめとされているのです。特にダイエット中の人にとってはカロリー制限を出来る限りしたい時にはオリゴ糖はまさしくおすすめの相棒でもあります。

それではオリゴ糖が引き起こす効果について簡単にここで紹介します。細かい事は次に紹介していきます。オリゴ糖の効果は主に3種類の効果が期待できます。便秘対策、ダイエット対策、美容効果が期待されています。便秘に苦しんでいる人でダイエットもしたい人にはまさしくオリゴ糖の商品はおすすめというのは当然です。ではその3つの効果はどうして期待されているのか、次に各効果ごとに細かく効果が起きる理由を紹介します。

善玉菌を増やして美容や便秘解消に効果

オリゴ糖が便秘にいいと言われているのは、オリゴ糖には「難消化性」といって、消化酵素で分解されにくく腸まで到達する性質のものがあります。腸まで届いたオリゴ糖は、善玉菌であるビフィズス菌のエサとなり、腸内の善玉菌を増やします。その結果、腸内環境が整えられます。腸内環境が整うと腸の運動が活性化するため、便秘の改善が期待できるということです。その為にオリゴ糖が便秘にいいと言われている訳なのです。

次にダイエット効果に効果的な理由です。オリゴ糖は代用甘味料と呼ばれています。代用甘味料とは、スクロールの替わりに使用される甘味物質のことで、肥満対策に用いる低カロリーのダイエット用甘味料などを指します。料理等で使うと摂取カロリーを減らすことができるため、これが結果的にダイエットにつながります。その為にダイエット中の人にとっては甘味を押えないといけませんが、オリゴ糖を使えば安心して使えます。

また難消化性であるオリゴ糖は、食物繊維の替わりにもなり、コレステロールの吸収を抑制するといった作用を発揮すると考えられています。最後に美容効果として期待されている理由は、腸内環境が悪いと、悪玉菌が増殖して毒素を排出します。この毒素は肌の新陳代謝を衰えさせ、ニキビやシミ、しわなどの肌荒れの原因となります。オリゴ糖を摂取することで腸内に善玉菌が増え、悪玉菌の増殖を抑えて美肌や美容効果が期待されます。

ヨーグルトや乳酸菌飲料と一緒に取ろう

効果が分かった所で、次にオリゴ糖の摂取方法です。市販やスーパーでも売っているのですが、摂取に悩む事があります。そこでおすすめなのが市販やスーパーで売っている乳酸商品にいれて食べる事です。つまりスーパーや市販で売っているヨーグルト等乳酸菌飲料などにオリゴ糖を入れて食べる事で毎日摂取していけるのです。通販で買ったとしてもヨーグルトなどは市販やスーパーで買う事が出来るので続けて行く事もできるのです。

市販やスーパーで買える乳酸飲料もありますが、オリゴ糖が入った商品も今や市販やスーパーで売っているのです。そこで市販やスーパーでもオリゴ糖を入れた商品も増えてきています。なのでオリゴ糖そのものを買わなくてもオリゴ糖が入っている商品を書けば市販やスーパーに行けば探す事が出来るのです。しかしそのスーパーや市販で買えるオリゴ糖商品がまだまだこれから増えて行ってきています。しかし注意がいることもあります。

スーパーや市販で売っているオリゴ糖はオリゴ糖とは書いてないタイプもあります。それは次に紹介するオリゴ糖の種類とも関係がありますが、オリゴ糖を一括りしても効果は様々なのです。オリゴ糖にある効果を生かすための商品もスーパーや市販で売られています。しかしオリゴ糖の種類ってどんな違いがあるのとなります。そこで次にスーパーや市販で打っているオリゴ糖商品で使われているオリゴ糖の種類の違いを紹介します。

オリゴ糖の種類による違い

オリゴ糖の種類の違いについて紹介します。オリゴ糖には、大きく分けて消化性と難消化性があります。2つの差は文字通り「消化のされやすさ」の違いがあります。健康目的であれば、胃や小腸で吸収されてしまう消化性オリゴ糖より、大腸まで届く難消化性オリゴ糖がおすすめですし、逆に美容目的であれば消化性オリゴ糖の方が効果がより期待されていると言われています。つまり同じオリゴ糖でも効果次第で変わってくるのです。

ほとんどのオリゴ糖の効果を期待するのであればやはり難消化オリゴ糖でしょう。ビフィズス菌の餌にもなると言われている難消化オリゴ糖は、腐敗物質を抑制し、便秘などの改善、さらには腸内環境の改善とダイエットと健康にいいことばかりなのです。逆に消化性は美容をメインとされます。その為に胃で完全に消化されてしまうのが消化性オリゴ糖の難儀な所です。ここを見極めて市販やスーパーで売っているのを見るといいです。

オリゴ糖は種類によっては効果は様々です。基本的に善玉菌の餌にもなると言われているオリゴ糖ですが、悪玉菌には基本的には利用されにくいという特性を持ちます。しかしそれはあくまで基本的な事であり、オリゴ糖の種類によっては悪玉菌等に利用されてしまうタイプもあります。まだオリゴ糖に関してはまだまだ未知のエリアであり、どうなっているのか研究が進んでいる状態です。では次にダイエット効果で活用する方法です。

オリゴ糖はダイエット効果もある

先ほど上の効果の種類の中でオリゴ糖にはダイエット効果があると期待されていると書きました。ダイエット効果があると言ってもどのように摂取すればいいのかわからない人もいると思います。基本的に今まで砂糖で使っていた所をすべてオリゴ糖を代用する、調理などで甘味が欲しい時はオリゴ糖を入れて甘味を足せば低カロリーなのでカロリーをそこまで摂取したという事にならないのです。甘味分を代用できるのは嬉しい所です。

オリゴ糖の賢い選び方

無添加のものを選ぼう

ではオリゴ糖を初めて買う人にお勧めしたい買い方について紹介していきましょう。つまり失敗しないオリゴ糖の買い方です。オリゴ糖を買うのにあっておすすめな買い方はランキングを参考にする事も大事ですが、やはりこれはランキング問わずに大事にしてほしい買い方のアドバイスがあります。それは「無添加のオリゴ糖」です。ランキングにも天然のオリゴ糖の商品がありますが、最初買う時や初めての時は必ずそれがお勧めです。

ランキングにリーズナブルなのがあるからという人もいますが、製品によって、飲みやすいオリゴ糖にするためにショ糖(砂糖)で甘味を出しているものがあります。ダイエット目的などでオリゴ糖を飲もうと考えている方、妊娠中の方、子どもに飲ませたい方は、安心できる原材料が使用されているか確認するのが大事です。慣れてきたらランキングにあるオリゴ糖商品を買うのもいいですが最初は無添加系から初めて行きましょう。

オリゴ糖の種類によって見分けよう

ではここからオリゴ糖とまとめられている中で更に細かくまとめられている物を紹介していきましょう。オリゴ糖はあくまでオリゴ糖という枠であり、中を見ると細かく分けられています。大きく難消化と消化に分かれている事は紹介しましたが、さらにそこからまだ細かく分かれているのです。消化性オリゴ糖はあまり商品でも使われる事もないのですが、難消化性オリゴ糖はダイエット効果を含めあらゆる効果がある為に種類も多数です。

その難消化性オリゴ糖にあると言われている種類は6種類です。この6種類から出ているオリゴ糖は全て難消化性の分類にはいるので、ダイエットでオリゴ糖を買おう、便秘対策で買おうと思っている人はスーパーや市販で買う時に成分を見るときにこの6種類が入っているかどうか見ているとよりオリゴ糖を使った健康や美容効果を失敗しないで済みます。しかしオリゴ糖商品は今粉状と液状の2種類あります。そこで違いを紹介しましょう。

液状と粉末の違い

では最初に粉状のオリゴ糖商品についでです。粉状のオリゴ糖商品といえばやはり多くの人が頭を抱えるのが高価であることです。しかし粉状のオリゴ糖の含有量が高いものも多く、健康目的の方にはピッタリです。液体タイプほどの甘みはありませんが、料理にも使うことができるので、砂糖の代わりに甘味のアクセントとして使う事もできます。また粉状は保存が長く持つので、高価な所以外はメリット尽くしの商品でもあります。

では次に液状タイプのオリゴ糖商品について使い道を紹介しましょう。液状の場合大半使う理由としては砂糖の代替品です。砂糖の甘味はダイエットの敵です。しかし甘味を全くとらないのはブドウ糖が必要な脳がしっかり動きません。そこでおすすめなのが安価で甘味が強い「液体タイプ」のオリゴ糖商品です。しかし添加物を含んだものも多いので、あくまでも代替品としての利用に留めた方がいいでしょう。摂取も最低限度がいいです。

オリゴ糖の効果や粉状そして液状のメリットやデメリットそして買う時の注意点などを紹介した所で次におすすめなのが、オリゴ糖の種類です。難消化性のオリゴ糖は全部で6種類あります。しかしその6種類のオリゴ糖にもそれぞれ持つ効果が異なります。そこで市販のものやスーパーで買う時に悩まない様に細かく簡単にですが、難消化性のオリゴ糖の6種類について紹介していきましょう。効果を見て買う事も失敗しない買い物です。

オリゴ糖の種類

フラクトオリゴ糖とは?

ではここから難消化性のオリゴ糖にある6種類について紹介します。最初に紹介するのはフラクトオリゴ糖と呼ばれる難消化性オリゴ糖です。このオリゴ糖は、砂糖に果糖が1から数個結びついた状態で、砂糖に近いくせのない、まろやかな甘さが特徴の健康的な甘味です。カロリーは、砂糖の約半分で1グラムあたり2kcalです。このオリゴ糖の名前であるフラクトは果糖の事で、果糖が連なったオリゴ糖がこのオリゴ糖という事です。

1個結びついたものがケストースは善玉菌をすばやく増やすスターター的役割、2個結びついたものがニストースで広範な善玉菌の栄養となる役割をじっくりし、3個結びついたものがフラクトシルニストースといいより広範な善玉菌の栄養となる更にじっくりと役割そします。3種のオリゴ糖、それぞれの持つ特徴がよりおおくの善玉菌のバランスの良い栄養となる源であることがこのオリゴ糖の特徴でもあるということになります。

キシロオリゴ糖とは?

次に紹介する難消化性オリゴ糖はキシロオリゴ糖です。これはオリゴ糖の中ではすごいオリゴ糖であり、オリゴ糖の1種ではありますが、特にビフィズス菌の餌となるオリゴ糖の中ではビフィズス菌を増やす活性はオリゴ糖の中でも最も優れ、1日、わずか0.7グラムでビフィズス菌を増やしていくという優秀なオリゴ糖なのです。なので便秘になりやすい人や便秘改善をしたい人には一番摂取してほしいオリゴ糖でもあるのです。

便秘改善でも十分優れているこのオリゴ糖は更にきたされている効果がもう一つあります。そもそも1日でそれだけの量のオリゴ糖を増やす力があるのですが、その他のオリゴ糖では一日に2〜3グラム必要とされています。またこのオリゴ糖は低カロリーで栄養素として分解されない為ダイエットにも効果があるといわれています。つまり便秘改善、便秘抑え気味だけではなくダイエット効果まで期待できると言われているオリゴ糖です。

ガラクトオリゴ糖とは?

次に紹介する難消化性オリゴ糖はガラクトオリゴ糖です。このオリゴ糖は消化管内でビフィズス菌を増加させ、整腸作用を示す機能性のオリゴ糖として消費者庁より規格基準型特定保健用食品としての認証が与えられています。特に腸を綺麗にしたいという人にはまさしくおすすめのオリゴ糖であり、トクホとしても認められているオリゴ糖でもあります。乳糖の非還元末端にガラクトースがひとつ結合した3糖にしたタイプでもあります。

またこのオリゴ糖はヒト母乳や牛乳中にも天然物質として含まれていることが知られており、だれもが食べたことのある安全性の高い糖質でもあります。ガラクトオリゴ糖には腸内細菌による資化、腸内菌叢改善作用、便性改善、ミネラル吸収促進、難う蝕性などの機能があることが明らかにされています。また、ガラクトオリゴ糖は熱や酸に強く、調理や保存中に壊れたり変化することが少ないため、さまざまな食品に広く利用されています。

大豆オリゴ糖とは?

次に紹介する難消化性オリゴ糖は大豆オリゴ糖です。名前から聞く通り大豆にしかないオリゴ糖です。天然に存在するオリゴ糖のラフィノースとスタキオースという単糖で構成されたもの。大豆、味噌、しょうゆなどの大豆製品に多く含まれているオリゴ糖です。なので、ダイエットにもいいと言われている大豆類を摂取すると痩せるのは当然です。難消化性のオリゴ糖がちゃんと入っているのです。きな粉も十分大豆製品にはいります。

さらにこの大豆オリゴ糖の効果はまだまだあります。腸内有用菌を活性化させる働きをもち、他のオリゴ糖よりも少量で便秘解消や腸内環境を改善する働きをもつほか、熱や酸に強く、砂糖に近い甘味があり低カロリー、食品に旨みやコクを与えて保存性を高める、動脈硬化予防、がんの予防などの作用を持っているのです。がんになりやすい人や動脈硬化になりかけている人には大豆オリゴ糖は正しく予防の1つになるのは間違いないです。

乳果オリゴ糖とは?

次に紹介する難消化性オリゴ糖は乳果オリゴ糖です。強い甘さが特徴なので甘味料の代わりとしての使用に向いているオリゴ糖でもあります。難消化性糖質のラクトスクロースを主成分とするオリゴ糖です。乳糖と砂糖を原料にして作られており、砂糖に近い味質なので、初めてオリゴ糖の商品を買う時はこのオリゴ糖が入っているタイプを買うとこの先もずっと続けて行く事ができます。また規格基準型の特定保健用食品の開発も可能です。
 

しかしその乳糖オリゴ糖は天然からとる事はほぼ難しく殆どが人工的につくられているものばかりです。牛乳に含まれている「乳糖」、そしてサトウキビに含まれている「ショ糖」です。ショ糖はフラクトオリゴ糖の原料でもありまして、乳果オリゴ糖とフラクトオリゴ糖近い性質を持っています。そこから乳果オリゴ糖はフラクトオリゴ糖よりもやや甘く甘さの性質も砂糖に近いものがあり、甘味料として非常に有能で代用が出来るのです。

ビートオリゴ糖とは?

次に紹介する難消化性オリゴ糖はビートオリゴ糖です。これは北海道特産のビート(てん菜)から作った人工的なオリゴ糖と言ってもいいでしょう。ランキング商品の中にもこのオリゴ糖の名前が入った商品があるぐらいです。そしてこのオリゴ糖の最大の魅力は善玉菌の餌となるだけでなく、大腸菌などの悪玉菌を減らす働きがある事です、その為に悪玉菌を減らして整腸環境を整えたい人にはお勧めしたいタイプです。

また他にもこのオリゴ糖は酸に強いので、胃に分解されにくく、大腸まで達するのはもちろんですが、子どもからお年寄りまですべての年齢層で使えるので家族で使う事もできます。さらに着色や保存料は一切しようしていなくて人工で作られたオリゴ糖は思えない位です。ただ摂取量は記載されている量を守って取らないと、食べ過ぎた場合人によってはおなかがゆるくなってしまいます。必ず摂取量だけは守っていくのが大事です。

イソマルトオリゴ糖とは?

最後に一つだけ消化性オリゴ糖について触れましょう。それはイソマルトオリゴ糖です。、グルコースを構成糖としたα-1,6結合(分岐構造)を持つ糖類で、清酒、みりん、味噌、醤油などの発酵食品や、蜂蜜などに天然成分として含まれています。甘味はまろやかで旨味のある甘味で、ショ糖と同程度の粘度を持ち、水分保持能力が高いともいわれています。澱粉の老化防止効果に優れるているだけではなくなんと熱にも強いのです。

また熱や酸に強く、食品に旨みやコクを与えるほか、腸内有用菌の活性化によって免疫力の増強、防腐作用、便秘・下痢の改善などに効果があるとされるのです。その為に便秘や下痢に悩んでいる人だけではなく、免疫力が弱っている人にもおすすめできるオリゴ糖でもあります。しかも難消化性となれば当然身体の調子を整えると言われている腸まで行き届いてくれるので、免疫力の低下を感じる人にはおすすめのオリゴ糖であります。

ただこのオリゴ糖は難消化性ではなく消化性のオリゴ糖の為に、毎日摂取続ける事で効果が期待されている物です。しかも胃で溶けてしまうオリゴ糖でもあるので、腸までの整腸作用などには期待できません。そこだけは注意してください。こうしてみるとオリゴ糖は細かくたくさんの種類がある事が解ります。これでオリゴ糖の全てが分かったら、安心してランキングにあるオリゴ糖の商品も買う事も出来るようになります。

オリゴ糖はおすすめランキングを参考に上手に摂り入れよう

ここまでオリゴ糖について色々紹介してきました。こうしてみるとオリゴ糖というのはわずかな場所からしか取れないものであり、しかし毎日適度に摂取していると体にいいものであるという事が分かりました。特に便秘等に苦しんでいる人にとってはオリゴ糖は摂取していくべきものだとも感じる事が出来ます。スーパーや市販でも今はオリゴ糖の商品は色々あります。オリゴ糖の性質を知った上で自分の健康と美容の為に摂取しましょう。

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ