デトックススープで毒出し!一週間で痩せる効果や注意点を解説

医療現場で活用されている脂肪燃焼の為のデトックススープを飲むだけで、身体の毒が排泄されたり、速く脂肪燃焼できて一週間で数キロ安全に痩せる方法を知っていますか?ダイエットでいつもお腹が空いて何か食べたくなる衝動と戦う必要がないのです。このデトックススープはお腹いっぱい食べてもいいそうです。そんなデトックススープについて、デトックススープの効果や作り方に、デトックススープの食べ方など詳しく紹介します。

デトックススープで毒出し!一週間で痩せる効果や注意点を解説のイメージ

目次

  1. 1デドックススープで毒素を出そう!
  2. 2デドックススープについて知ろう
  3. 3デトックススープの効果
  4. 4デトックススープの作り方
  5. 5デトックススープダイエットを一週間行ってみよう
  6. 6デトックススープで体に蓄積された毒素を排出しよう!

デドックススープで毒素を出そう!

デトックススープを食べると身体の毒素が排泄されるそうですが本当でしょうか?またもっと信じられないのが、わずか一週間お腹いっぱい食べても、デトックススープダイエットなら、数キロの減量が出来るそうです。リンゴダイエットにゆで卵ダイエットなどの様な、一つのものだけを食べるダイエットでは、栄養が偏り健康的な痩せ方は出来なかったという人もおられるでしょう。

とにかくダイエットではお腹いっぱい食べられること自体があり得ないことだと思われることでしょう。ありとあらゆるダイエット方法の情報が広まっていますから、またどうせ痩せられないダイエットなんだろうと思わ内で下さい。デトックススープダイエットは理論的に痩せられる方法で、心臓外科手術前の患者さんが、安全で急速に減量を行う為に取り入れられている急速脂肪燃焼を行うものです。

デトックススープにより身体の不純物を洗い流し、摂取するカロリーよりも燃焼させるカロリーを多くしているのです。作り方も簡単ですし、好きなだけ食べていいので、ストレスも少ないでしょう。まずは、デトックススープとは何か?身体に溜まる毒素とは何かや、毒素が溜まるとどうなるのか?など詳しく調べてみましょう。

デドックススープについて知ろう

デトックスとは?

デトックスとはdetoxificationの短縮形で、detoxと言い、体内の老廃物や毒素を排出させることです。合成化合物や重金属、薬物などの化学物質が体内に蓄積されやすい、現代社会のなかで暮らしている私たちは、それらの化学物質の悪影響を受けていることと思われます。ですから、身体の持つ解毒作用だけでなく、デトックス効果のある食材の力を借りることも、解毒を助ける一つの方法です。

体内に溜まる毒素とは?

私たちの周りにある食材には保存料・香料・着色料・甘味料・酸化防腐剤などあらゆる毒素である化学物質が含まれています。インスタント食品には特にそのような化学物質が他の食品よりも多く含まれています。粉末や固形に顆粒タイプなど様々な出汁が売られていますが、それらにも化学調味料が使われています。

また、健康食品やサプリメントなども不足分を補う程度なら大丈夫でしょうけれど、あらゆる栄養素をサプリメントで摂取しようという考えは止めた方がよさそうです。出来る限り、自然の食材から栄養素を摂ることが望ましいでしょう。あと薬ですが、病気に罹った時に薬は必要なものです。しかしどの様な薬にも必ず副作用というのは付き物です。本当に飲む必要のある薬を必要な量だけ飲みましょう。

それから芳香剤や香水など、匂いが強くて頭痛の経験がある人もいることでしょう。これは芳香剤などに含まれた毒素の影響なのです。天然成分のみを使用したものを選ぶようにすると、香料の毒素は避けられます。そして百害あって一利なしのたばこですが、たばこには4000種類以上もの毒素である化学物質が含まれており、発がん物質も含まれています。たばこは毒の缶詰と思っておきましょう。

また、たばこを吸わない人でも副流煙の影響を受けると、身体に毒素である化学物質が入ってきます。たばこを吸っている人よりも、近くにいる人の方がたばこの害が大きいとも言われています。これは副流煙はフィルターを通さずに直接たばこから出た煙で強い毒素を含んだ有害物質を多く含んでいるからです。出来るだけたばこの煙のある場所に近寄らないようにしましょう。

とくに発達途中の子供にとっては身体にも脳にも影響があります。その他にも街を歩くだけで排気ガスを吸ってしまいますし、毎日使う歯磨き粉や石鹸、シャンプーに化粧品など、肌や粘膜からも毒素である有害物質は身体に侵入しています。あなたが思っているよりも、多くの毒素が体内に蓄積されているのです。実際に皮膚は何層もの組織で構成されおり、通常では簡単に有害物質が深層にまでは届きません。

しかし、毛穴から化学物質が侵入し、組織を通過して血液にまで到達する可能性はゼロではないそうです。ですから髪の毛のある頭皮のシャンプーは毛穴の多い部分ですので、シャンプーの成分のうち毒素である物質も体内に入り込む可能性が、他の部位よりも高くなります。それから私たちが毎日使う水道水にも毒素である鉛が含まれています。

毒素をそのままにするとどうなる?

体内に毒素が溜まったままにしておくと、あらゆる不調が現れます。例えば代謝が悪くなりシミや肌荒れなど、肌のトラブルが起きやすくなり、腸内環境が乱れて便秘や下痢になりやすくなったりします。また冷え性やむくみの原因ともなります。大腸に毒素が蓄積されるとシミができやすくなったり、直腸がんのリスクが高まります。また胃腸に毒素が溜まれば、上手く消化が行われなかったりします。

中医学に伝わる解毒時間

中国古来の医学に伝わっている一日を十二刻の養生法では、一日のうちに8回の解毒時間が存在しているそうです。ですからこの8回の解毒時間中に上手く解毒作用が働くように工夫をすることで、人の身体の解毒作用を効率的にし、健康的な身体でいられるわけです。8回ある解毒時間とは、人体の部位によって解毒される時間が違っており、その仕組みを理解しておくと上手く解毒を促すことができます。

まず一つ目の解毒時間は、朝の5時~7時でこの時間は大腸の解毒時間です。ですから朝に排便をすることで、大腸の解毒と修復が効率的に行われるのです。次の7時~9時の時間帯は、胃の解毒時間です。胃は人にとって必要な栄養素を吸収しやすいように、取り入れられた食物を分解してくれる人体最大の消化器官です。胃の解毒を促進させると、血液循環がよくなり、新陳代謝を良くし胃の消化能力を高めます。

しゃがんだ姿勢のまま腹式呼吸をすれば、胃の解毒作用を効果的にすることが可能です。次の11時~13時の時間帯は、心臓の解毒時間です。最も心拍数が多くなる時間帯ですので、心臓の栄養となる食品を昼食にとり、少し昼寝をすると解毒作用が効果的になります。次の13時から17時の時間帯は小腸と膀胱の解毒時間です。軽い運動をすると小腸の刺激により、蠕動運動を促すことが出来ます。

また水分を適量摂取することで、膀胱の解毒効果をより効果的に促すことができます。この時間に水分が足りていないと、小腸の動きが遅くなり機能にも支障をきたします。次の17時~19時の時間帯は腎臓の解毒時間です。腎臓には大変毒素がたまりやすいので、水脹れや疲弊したりしやすい器官でもあります。丁度帰宅時間に当たりますので、出来るだけ早歩きをしたり、ジョギングをするといいでしょう。

また腎臓の解毒を促す為に、軽く腰を捻ったり、ストレッチをするのも効果的です。そして夕食には昆布やキクラゲなどを取り入れると、解毒機能を補助してくれる効果があるそうです。次の19時~21時の時間帯は、心嚢の解毒時間です。この時間帯では激しく血液循環があるので、のぼせがると不眠症状が出たり、痛みを伴うこともあります。

この時には心包経と言い、心臓から手の中指に通っている主に手にあるツボをマッサージすると、解毒作用を促し心臓に血液が供給され、脳の血液循環もよくなります。ツボがわかりにくければ手の中指をマッサージしてみましょう。次の21時~23時の時間帯はリンパ系と内分泌系の解毒時間です。心をゆったりとしてリラックスし、頸部やわきの下の極泉穴というツボをマッサージするといいでしょう。

そして23時~朝の5時までのいわゆる就寝中の時間帯は、胆のう、肝臓、肺の解毒時間となります。胆のう、肝臓、肺の解毒に良いのは質のいい睡眠であり、遅くても11時までに寝ることが理想です。また、この時間帯のうち、23時~午前2時の間が、もっとも解毒に適した時間帯です。脳から出る成長ホルモンもこの時間帯に寝ておくと、多く分泌されます。質のいい睡眠のために大変重要な時間と言えるでしょう。

中医学はこうした時間やツボ、その時に必要な食材、漢方などを上手く組み合わせて健康な身体を維持します。治療というよりも、事前に病気を防ぐという考えが強いので、デトックススープを飲むことも、中医学と通ずるところがあります。これらの知識を持っていれば、デトックススープも効果的に利用しやすくなるでしょう。

デトックススープの効果

デトックススープでお通じの改善効果

便秘の解消はデトックスに繋がるもので大変重要な関係です。デトックス効果のある食材を食べたり、適度な運動を取り入れることで、腸内環境が整い腸の機能が上手く働くことで、便秘が改善されます。便秘は老廃物や毒素の固まりですから、便を排泄することはデトックスへと繋がる訳です。体内の老廃物や毒素の7割は便となって排泄されるので、いかに便秘をしない腸に整えるかが重要です。

デトックスに重要な便秘の解消方法は、悪玉菌の増殖を予防してくれる食物繊維を多く含む食材を摂取することが大切ですが、不溶性食物繊維は多く摂取すると、便が硬くなってしまい便秘の改善に繋がりません。適度な量に留めておきましょう。ちなみに不溶性食物繊維を含む食材には、大豆・ごぼう・穀類・ココアなどがあります。

不溶性食物繊維は、胃腸の中で水分を吸収することで大きく膨らみます。そのことで腸の運動を活発にさせ、ダイオキシンや水銀などの毒性のある有害物質を吸着し、便と一緒に排泄してくれる働きがあります。また便秘の予防と改善には水分補給も大変重要です。水分不足になると便に含まれる水分量も減ってしまいますので、硬い便となり便秘に繋がります。一日2リットル前後の水分をこまめに摂りましょう。

そして、身体の冷えを防いで血行を良くすることも便秘の予防と解消に繋がります。暖かい食べ物を食べるようにすることで、身体の冷えや血行の悪さを防げます。血行が良いと代謝機能が向上し、胃腸の動きも活発になります。また適度な運動やストレッチも血行改善に有効的な方法です。これらの事は、デトックス食材で作ったデトックススープを飲むことでかなり改善されます。

デトックススープで免疫力がアップ

デトックススープを飲み胃腸が活発になり、便秘が解消されると腸内環境が整います。体内の免疫細胞の6割程度が腸に集中しています。つまり腸内環境が整えば、免疫力の向上へと繋がるのです。また野菜を沢山摂れるデトックススープは、腸内で生きている細菌のバランスを良くしてくれますし、野菜に含まれる食物繊維が善玉菌の餌となり、腸内環境を整える効果もあります。

デトックススープで基礎代謝の向上

デトックススープ自体栄養バランスが良く、何か他の食材を制限するものではないので、内蔵の働きを良くしてくれます。内臓が活性化すれば基礎代謝が上がります。特に肝臓はエネルギー消費量が多い臓器ですし、腸の動きを整えることで冷えや低体温の改善にも繋がります。また血液や細胞を作るのに必要な栄養素もバランス良く摂れるので、身体全体の機能が上がり基礎代謝の向上に繋がります。

デトックススープで美肌効果

人の体内だ絶え間なく発生している活性酸素は、強い酸化力があり細胞を攻撃し傷つけてしまいます。その活性酸素を除去してくれるのが、抗酸化酵素です。活性酸素は、大気汚染や化学薬品に食品添加物などの毒性のある外部からの攻撃に備えてくれる必要なものでもあります。しかし、活性酸素が多すぎると、老化や肌荒れの原因となるので、厄介な部分もあるのです。

この過剰に発生した活性酸素を増やしてしまう毒素を体内からスバやう排泄させることが、老化や肌荒れを防ぐ方法です。そのために、ミネラルやポリフェノール、ビタミンCなど抗酸化作用のある成分を含んだ食事を摂ることが大切です。デトックススープには、これらのビタミンやミネラルにポリフェノールが含まれているので、シミやシワだけでなくたるみなどの予防も期待できます。

そして美容の大敵である浮腫みですが、足や顔が浮腫んでいるとあまり健康的に見えませんし、顔の輪郭もぼやけて太って見えてしまいます。身体の水分が不足すると細胞に水分を溜めようとする作用が働いて浮腫みが置きますので、十分な水分補給と血液やリンパの流れを良くしておく必要があります。リンパの流れは、老廃物が溜まると悪くなります。

冷え性で汗をかきにくく、便秘がちな人は老廃物が溜まり易くなっていますので、悪循環となってしまいます。デトックススープのカリウムの作用で浮腫みを解消し、暖かいスープは身体の中から温め体温を上げ、血流もよくなります。水溶性の栄養素であるカリウムですが、スープであれば煮汁ごと食べられるので、必要な栄養素を逃さずに摂取できるのも良い点でしょう。

Thumbデトックス効果のある飲み物とは?ダイエットや美容にも期待できるものを厳選! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

デトックススープの作り方

デトックススープで使う食材

デトックス効果のある食材は大きく3つに分けられます。一つは有害物質を包み込み体内で吸収させないようにする効果のある食材で、ニラ・長ネギ・玉ねぎ・ニンニクなどがあります。二つ目に有害物質の無毒化を補助する効果のある食材で、カリフラワー・キャベツ・ブロッコリー・大根・ニンニク・長ネギ・玉ねぎ・海藻類などです。

そして三つ目は、身体の外に有害物質を排出することを促進させる食材で、食物繊維を多く含んでいるごぼう・キノコ類・リンゴ・海藻類などです。デトックス食材で代表的なものは、長ネギ・ニンニク・玉ねぎ・海藻類・キノコ類・ごぼう・ブロコリー・リンゴ・大根・コリアンダーです。また、寒い冬の間に活動が少なくなり、汗の量も減りどうしても老廃物や毒素が溜まりやすくなります。

そんな冬に溜まった毒素を解毒してくれるのが春野菜です。季節の食材はその時期に食べると、人の身体の不調を改善したり、調子を整えてくれるように出来ていますから、旬の物には殆どが身体に必要な栄養素が含まれているのです。タラの芽・ウド・ふきのうとうなどは、アルカノイドを含んでおり腎臓のろ過機能を向上させてくれます。

ふきのとうには、その他にもケンフェノールやフキノール酸が含まれており、肝機能と消化機能を良くする働きがあります。そして春キャベツには硫黄化合物イソネシアネートとビタミンUが含まれており、肝臓の解毒機能を増強させます。また春になると食べたくなる野菜で、食卓で旬を感じさせてくれるのが、たけのこ、菜の花、さやえんどう、セロリなどもあります。

たけのこにはカリウムと食物繊維の二つのデトックス成分が含まれています。カリウムは余分な水分やむくみの原因であるナトリウムを体外に排泄し、血圧の調整もしてくれます。そして食物繊維も多く含まれており、腸内の老廃物を吸着し、体外に排泄してくれます。たけのこのカリウムは茹でてても減りにくいので、加熱調理しても効果が得られます。

そして菜の花は少し苦みのある春野菜です。春の山菜なども苦味がありますし、漢方も苦味のあるものが多いかと思います。良薬は口に苦しや、昔の人は苦みのある野菜は良い効果があるから食べるように言われてきました。例えばケールや大麦若葉に含まれている苦味成分は、スルフォラファンという成分で、ガン予防・抗酸化作用・肝機能の活性化・新陳代謝の向上などの効果があります。

それから明日葉の苦み成分にはカルコンという、血栓予防・ガン予防・ダイエットなどに効果があるものや、クマリンという抗菌作用のあるもの、ルテオリンというガン予防・花粉症緩和・アトピーなどのアレルギー症状を抑制する効果があります。苦味野菜の代表とも言えるゴーヤには、モモルデシンという肝機能を高め、生活習慣病の予防になり、血糖値を下げ、鎮静作用などの効果があります。

こうしてみると、苦み成分は体内から毒性のあるものを排泄する働きに関係する肝臓や腎臓に効果があり、代謝を上げることも血液の循環がよくなり毒性のあるものが、身体に留まりにくくなります。

デトックススープの作り方

デトックススープの作り方は、色々とあるようですが、今回は脂肪燃焼系のデトックススープを紹介します。材料はトマト大3個、玉ねぎ3個、セロリ1本、キャベツ半玉、人参1本、ピーマンまたはパプリカ1個、コンソメスープの素です。

野菜は全て食べやすい大きさに切ります。鍋に切った材料をいれたら、水をひたひたになるくらい入れます。鍋を火にかけてコンソメスープを入れて、野菜がくたくたになるまで煮たら完成です。

ダイエットデトックススープの作り方

根菜を少な目にして葉野菜やきのこ類を沢山入れることがポイントです。鍋に刻んだ玉ねぎ2個、ニンジン1本、セロリ2本、キャベツ4分の1個、しめじやまいたけなどのきのこ類1房、ピーマン2個、キヌアを入れて、オリーブオイルを一回しだけかけます。固形のコンソメを2個入れて水は加えません。5分ほど火にかけると野菜から水分が出てしんなりとします。

トマト缶1缶を入れて、少量のケチャップと塩で味付けします。そこから5分煮込めば完成です。味に変化の欲しい時には、カレーパウダーやクミンシードなど、スパイスを利用してみましょう。

デトックススープのアレンジレシピ

同じスープを一週間食べきるのは飽きてきます。少しアレンジをして食べきりたい時や、沢山作り過ぎた時などに、このレシピを利用してみましょう。余ったデトックススープはミキサーやハンドブレンダーなどで滑らかになるまで攪拌します。それを鍋に入れ火にかけて温めたら、醤油小さじ1を加え、包丁で叩いたバジルの葉4枚を入れて混ぜます。食べるときにタバスコをかけたら完成です。

余ったデトックススープで夏カレー

ナス1本は四つ割りにし、一口大に切り10分程水にさらしておきます。カボチャ200gは一口大に切り、ニンニク1片をみじん切りにしておきます。フライパンを火にかけ油を大さじ1入れて中火でニンニクを炒めます。それからナスとカボチャも加えて炒めます。ナスに焼き目がついてきたら薄力粉大さじ2とカレー粉大さじ2を入れて混ぜながら3分ほど炒めます。

残り物のデトックススープと炒めた野菜を一緒にして中火で1分ほど、圧力鍋で加圧してから自然冷却をします。最後に醤油大さじ半分と塩少々で味を調えたら完成です。

デトックススープはどうやって食べればいいの?

デトックススープを食べてダイエットをするのですが、食べる上で禁止事項やルールがあるそうです。まずダイエットを始める24時間前からはアルコールを一切飲まないことです。もし飲んでしまったら24時間経過してから始めて下さい。そして甘味料は一切食べないようにしてください。また飲み物はお茶・水・ブラックコーヒーのみにしてください。

また一週間の食事スケジュールが決まっていますので、必ずスケジュール通りに食事をしてください。夕食前は、最初にデトックススープを1皿以上食べてからにしましょう。スープの量は減らさずお腹いっぱい食べて下さい。

Thumbデトックスとは?効果的な方法で老廃物を溜めないキレイな体に! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

デトックススープダイエットを一週間行ってみよう

デトックススープダイエットは一週間は行おう

デトックススープでのダイエットはたったの一週間で効果が現れるようです。ダイエットには我慢が付き物ですが、このデトックススープダイエットはお腹いっぱい食べてもいいダイエット方法です。しかし、先ほど説明した禁止事項とルールは必ず守りましょう。たったの一週間と思えばそれほど厳しいものではありません。

では一週間の食事のスケジュールを説明します。一日目はデトックススープとフルーツのみを食べる日です。バナナ以外のフルーツならどんなものでもいいそうです。水分は水か果汁100%のフレッシュジュースにしてください。市販の果汁100%ジュースには糖分が含まれている場合があるので、気を付けましょう。そして二日目は、スープと野菜だけを食べる日です。豆類とスイートコーンと油は避けましょう。

油を使わない調理法であれば、蒸したり焼いたりしてもいいそうです。夕飯にベイクドポテトなら食べてもいいそうです。三日目はスープと野菜とフルーツを食べる日です。どれだけ食べてもかまいません。好きなだけ食べてもいい日です。この日はベイクドポテトは食べられません。4日目はスープとバナナとスキムミルクを食べる日です。

デトックススープの他にスキムミルク500mlと、バナナ3本を食べましょう。普通に食べても構いませんし、バナナとスキムミルクと水をミキサーにかけて飲んでも構いません。この日は水分を多めに摂るようにしてください。5日目はスープと肉とトマトを食べる日です。スープは必ず1皿以上食べ、赤身の牛肉を350~700gか同量の鶏肉か煮魚どれかを食べてください。トマトは6個まで食べられます。

六日目はスープと牛肉と野菜を食べる日です。スープを必ず1皿飲めば、肉はどれだけ食べても構いません。制限がないので好きなだけ食べても大丈夫です。野菜はベイクドポテト以外なら好きなものを食べて構いません。そしていよいよ最終日の一週間目です。玄米と野菜とフルーツジュースを食べる日です。玄米が苦手な人は、リゾットにするなど食べやすくして食べましょう。スープは必ず1皿食べましょう。

デトックススープの一週間のスケジュールは以上ですが、途中肉なども食べることができますし、とにかく一週間だけこのスケジュールを守ればいいのです。この指示の通りに一週間を過ごせば5キロは減量できるそうです。

デトックススープダイエットは続けることが効果的

もし一週間のデトックススープダイエットで目標の体重まで落ちなかった場合は、2~3日普通の食事に戻して、再び一週間同じスケジュールでデトックススープダイエットを行えばいいのです。これは何回でも安全に繰り返すことが可能なダイエットで、身体の不純物を除去するダイエットですので、普通の体型の人で一週間で3キロほどの減量ができるそうです。

かなりの肥満体型の人で一週間で5~8キロ減量できるそうです。この燃焼系のデトックススープのダイエットでどうしても、ご飯を食べずにいられなかった人でも一週間で1.5キロほど減量できたそうです。ですから、続けられるのであれば続けた方が効果的ではあります。

ダイエット終了後の食生活に気をつけないとリバウンドする

デトックススープでダイエットを行った後、通所の食事に戻したらリバウンドするのでしょうか?どのダイエットにも言えることですが、ダイエットによって目標の体重まで落としたあとの、食事の内容によります。一日の適したカロリーでバランスの取れた食生活を送っていればリバウンドしませんが、好きなだけ好きなものを食べていたら、必ずリバウンドします。

デトックススープダイエットで、身体に負担をかけずに痩せられたのですから、その後もきちんと健康を意識して、毎日体重を計ってみるとか、ひとつ運動を始めてみるなどしたり、これまでの食生活を見直すきっかけにもなるでしょう。

デトックススープダイエットのデメリット

5日目と6日目以外は、一週間のほとんどを野菜と果物のみで過ごすことになります。そうすると一日に必ず必要なタンパク質量が不足してしまいます。基礎代謝にも大きく関わりのある筋肉を減らしてしまう原因にもなりかねません。筋肉が減ると基礎代謝も落ち、太り易い身体になります。このデトックススープダイエットでお肉が少ないのは、あくまでも毒素を排泄させることが目的だからです。

ですから5日目と6日目にはしっかりと、タンパク質を補給することを意識してください。お肉を減らしても痩せられません。逆に筋肉が作られないという、基礎代謝に影響を与える結果になるということだけは、覚えておいてください。

デトックススープを気楽に試したい人に

一週間の短期的なダイエットではなく、毎日無理なく続けたい人や、忙しくてじっくりと取り組めない人でも、デトックススープダイエットを行うことが出来ます。続けることが何よロモ重要ですので、自分のライフスタイルに合わせて、上手にデトックススープを取り入れてみましょう。夕食の前に必ず1皿だけデトックススープを食べることなら、簡単に取り入れられるかと思います。

また帰宅が深夜近くになったりすると、何かを食べてすぐに寝るのは良くありませんが、お腹がすいて眠れないという場合には、デトックススープを少し食べてお腹を満たしてみるのも、一つの方法です。野菜ですしスープですので、消化もよく他の食材に比べたら胃にかかる負担を減らすことが出来ます。また、3食のどこかをデトックススープに置き換える方法もいいでしょう。

それから、可能であれば毎食デトックススープを1皿食べてから食事を摂ると効果的です。無理な人はどこでもかまいませんので、必ず一日に一回はデトックススープを食べるようにしましょう。最初の1週間は必ず毎日どこかの時間でデトックススープを食べることが重要です。1週間で確実に痩せたいという人は、前述した通りのルールとスケジュールに従って行ってください。

Thumbデトックスウォーターの作り方を解説!人気レシピと注意点について | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

デトックススープで体に蓄積された毒素を排出しよう!

デトックススープダイエットはお腹がすかないですし、一週間だけの我慢と思えばハードルも高くなさそうです。ただし、タンパク質を摂る回数が少ないのでお肉を食べられる日に、多めに食べておくと筋肉を落とさずにダイエットができるでしょう。知らず知らず体内に蓄積された毒素をデトックススープで排出して、毒素や老廃物の詰まりも一掃してから、健康な生活を心がけましょう。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ