プロテインのおいしい飲み方は?人気の種類と効果を活かす作り方も紹介!

プロテインは筋トレ中の人やダイエット中の人に人気ですが、そのおいしい飲み方とはどうなっているでしょうか?プロテインと言っても実にさまざまな種類があるものですが、人気の種類やおいしい飲み方、その効果を引き出すための作り方などを知っておけばいざプロテインを摂取する際に役立つものです。今回は、注目すべきプロテインのおいしい飲み方をプロテインの概要や作り方とともに掘り下げていきます。

プロテインのおいしい飲み方は?人気の種類と効果を活かす作り方も紹介!のイメージ

目次

  1. 1プロテインのおいしい飲み方が知りたい!
  2. 2プロテインについて知っておこう
  3. 3プロテインの美味しい飲み方について
  4. 4プロテインの効果を活かすアレンジ料理の作り方
  5. 5プロテインの人気の種類を紹介
  6. 6プロテインを美味しく飲んでみよう!

プロテインのおいしい飲み方が知りたい!

プロテインは男性・女性問わずに運動している人が飲んでいるイメージもあるものですが、栄養不足の解消に役立つこともあるとされています。そんなプロテインは飲み方次第でも効果が変わるようですが、果たしてプロテインの効果的な飲み方・おいしい飲み方とはどんなものであり、飲むタイミングや適切な頻度はどうなっているでしょうか?

今回は、そんな気になるプロテインのおいしい飲み方や作り方まで、詳しくみていきます。さまざまなプロテインのアレンジのおいしい飲み方をみていきますが、そもそもプロテインにはどのような種類があり基本の飲み方はどうなっているのかもしっかりチェックするので、プロテインを飲みたいけれど飲み方に困っている人は必見です。

Thumbプロテインシェイカーおすすめ人気ランキングTOP15!タイプ別選び方も | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

プロテインについて知っておこう

プロテインはぜひ効果的な飲み方・おいしい飲み方、そしてアレンジ料理の作り方もチェックして、色々な方法で摂取していきたいものです。そんなプロテインを飲む上ではまず、プロテインにはどのような種類があり基本の飲み方はどうなっているかをチェックしておきましょう。

プロテインの種類について

プロテインはぜひおいしい飲み方で飲んでいきたいものですが、まずはその種類をしっかり把握しておきたいものです。代表的なプロテインの種類としてはまずホエイプロテインが挙げられますが、牛乳由来の乳清タンパクのことであり、他のプロテインに比べて吸収が早めという特徴があり、特にタンパク量が多く筋肉増強などにおすすめです。

同じく牛乳由来のプロテインといてはカゼインプロテインも挙げられ、こちらは牛乳のタンパク質の80%を占めるもので、不溶性で吸収スピードが比較的穏やかであるという特徴があります。満腹感の維持のためにも摂取する人が多いのがこのプロテインです。他にも、大豆由来のソイプロテインなどの種類があり、こちらも吸収速度は遅めです。

ソイプロテインは牛乳由来のプロテインが合わない人に適している上に、価格も比較的安いという特徴があります。さらにイソフラボンなどの働きも期待できるため、女性にも人気です。他にも卵由来のエッグプロテインなどの種類があり、こちらはアミノ酸が豊富であるという特徴がありますが、値段が比較的高めであるデメリットもあります。

このようにプロテインにはさまざまな種類があり、この種類によってもおいしい飲み方やアレンジレシピの作り方、個人への適性などは異なるものです。まずは自分の体質や目的に合った種類のプロテインをみつけることが、その効果を引き出すための第一歩となることでしょう。

プロテインは目的によって摂取時間と飲み方が違う

お伝えしたように同じ牛乳由来のホエイプロテインとカゼインプロテインでも異なるものであることがわかりますが、プロテインは目的によっても摂取方法が異なるものです。まず運動後に筋力アップなどの目的でプロテインを摂取する場合には、運動後30〜1時間以内に吸収スピードの早い種類のプロテインを、糖質などとともに摂取したいものです。

運動後はエネルギーチャージが必要である上に、筋力アップのためにはマストでプロテインを摂取しておきたい時間帯なので、このような飲み方がおすすめとなるのです。一方で就寝前に飲むプロテインはできるだけ吸収スピードが遅いカゼインやソイなどの種類が望ましく、こうすることで成長ホルモンの働きを促し筋肉の修復にもつながります。

また、朝食時にプロテインを取り入れることも理想的な体を作るためには重要だと言われています。現在人の食生活では朝食にタンパク質が不足しがちですが、だからと言って料理する手間も面倒なため、プロテインを摂取するのが簡単なのです。このような摂取時間に応じた適切なプロテインの飲み方を、まずはしっかり実践したいものです。

基本のプロテインの飲み方とは?

プロテインはさまざまなアレンジレシピの作り方を知り色々な方法で摂取していきたいものですが、まずは基本の飲み方というのをおさえておきたいものです。プロテインの飲み方としては、14〜21gほどを一食分として、牛乳や水などを200〜300mlほど使用してプロテイン粉末を溶かして飲むというのがオーソドックスなものになっています。

もちろんプロテインの種類や商品ごとにも一食分の量や何に溶かすべきかというのは異なるものですが、既述の量を目安に、商品ごとに記載されている摂取量をしっかりと守ってプロテインを適切なタイミングで摂取していきたいものです。プロテインは筋力増強にも効果的とされていますが、一回の量を増やせば効果増大というわけではありません。

あくまで適量を守って、長い期間継続的に摂取していくことの方がむしろ理想的な体型を作る上では重要となります。このような基本の飲み方をおさえ、プロテインシェーカーなどを使ってしっかりとプロテイン粉末を液体に溶かし、飲みやすい状態にして飲みましょう。逆に粉が残って摂取量が減らないようにも注意が必要だと言えます。

プロテインを溶かすのに熱湯が禁止の理由とは?

既述のような飲み方が基本となっているプロテインですが、熱湯で溶かすのは基本的に控えた方がよいと言われています。それはプロテインは70度ほどの高い温度を過ぎる頃には熱変性を起こしてしまい、固まりやすくなってしまいます。この変性は、ちょうど生卵からゆで卵の変化ようなものであり、プロテインを消化しづらくしてしまいます。

特にホエイプロテインなどはプロテインの中でも特に吸収効率がよいものとして知られていますが、熱湯で溶かしてしまうとプロテインがダマになりやすく、飲みづらいだけでなく吸収しづらいものへと変化してしまうものです。一方でカゼインプロテインやソイプロテインは比較的熱に強いとされていますが、それでも熱湯はおすすめできません。

もし冷たい牛乳などが体質的に合わずに温かいドリンクとして飲みたいときには、人肌程度に温めたドリンクにするのが無難でしょう。あまりにも温度を高くしてしまうと変性を起こして飲みやすさだけでなく吸収効率にも悪影響を及ぼしてしまい、プロテインで本来得られるはずの効果を得られずに終わってしまうこともあるので気をつけましょう。

プロテインの美味しい飲み方について

プロテインにはいくつかの種類があり、基本となる飲み方もあるので筋力アップなどの効果を最大限に引き出したい場合には、まずそれに倣うというのが無難かもしれません。しかし、よりおいしい飲み方を模索しているというのであれば、溶かすものやプロテインの味自体を変えてみるのもひとつの手です。

プロテインを溶かすものを工夫してみる

プロテインドリンクの基本の作り方はお伝えした通りですが、基本の飲み方で飲みづらいときには、いくつかの選択肢があります。その一つとしてまず知っておきたいのは、プロテインを溶かすものを工夫して変えてみるということです。プロテインは、基本的に水または牛乳で溶かすことが多いですが、これを変えるだけで味はだいぶ変わります。

まず水でプロテインを溶かしていたという人は牛乳に変えるだけでもだいぶ飲みやすくなりますが、逆に牛乳が苦手な人はシンプルに水の方が合っているかもしれません。また、牛乳が体質的に合わない場合には豆乳とソイプロテインの組み合わせがしっくりくる場合もありますし、オレンジジュースなどのジュースが美味しい場合もあるでしょう。

お伝えしたようにホエイプロテインは熱変性しやすいので熱湯などはNGですが、常温から人肌程度の温度のものであれば、アルコールなどをのぞいてどのようなドリンクでも飲むことは可能です。何で溶かすかによって味はかなり変わるので、そのプロテインが合わないと決めつける前にまず何で溶かすかを研究してみるのがベストだと言えます。

プロテインそのものの味を変えてみる

どのような飲み方を試してもなかなかプロテインのおいしい飲み方が見つからないという場合には、プロテインそのものの味を変えてみるのもアリです。プロテインはプレーンタイプで余計な味が付いていないものでも牛乳などで溶かして美味しく飲めるという人もいれば、プレーンタイプのプロテインは飲みづらいという人も少なくありません。

最近ではプロテインといってもさまざまな味のものが登場しており、特にココア味などは飲みやすいプロテインの定番となっています。他にもストロベリー味やバニラ味などのフレーバーが複数あるプロテインの商品というのはかなり多いものです。意外に思える味であってもむしろ美味しいというときもあり、個人の好みでも変わるものです。

しかし、味付きのプロテインの場合には甘味料などで味付けしていることがありその味が気にいらないというケースや健康への影響が気になるというケースもあるでしょう。そのような人はできるだけナチュラルなタイプのプロテインを使用するのもアリですが、プロテインを飲みやすくしたいのであれば味を変えることが奏功することも多いです。

プロテインを飲んで筋力アップなどを図るときにはやはり継続的にプロテインを飲んでいくことが重要となるものですが、そのためにはやはり飲みやすいプロテインを飲むということがベストだとも言えます。プロテインの商品によって同じ味でも異なる味わいのことがあるので、ぜひ自分に合った飲みやすく美味しい商品をみつけましょう。

味付きのプロテインであれば水で溶かすのが一番おいしい場合も!

また、味付きのプロテインを購入して摂取する場合でも、プロテインを溶かすものによってはむしろ味が美味しくないと感じてしまうこともあるものです。味付きのプロテインは溶かすものと味が主張しあって合わないというケースもあるために、あくまで味付きのプロテインは一度水で溶かして飲んでみてから溶かすものを決めたいものです。

プレーンタイプのプロテインは水で溶かして飲むのが飲みづらかったという人でも、味付きのプロテインであれば水でシンプルに溶かすだけでも、十分に美味しい味を感じられることも多いです。特にココア味やバニラ味など万人受けしやすい種類の味であれば、水や牛乳などとの相性というのはかなりよく、シンプルに楽しめるでしょう。

これらのことを考えると、まずはプロテインを溶かすものやプロテインの種類を工夫した上で、もし味付きのプロテインを使用するのであれば水などでシンプルに飲むという手順が望ましいかもしれません。もちろん、アレンジ料理やアレンジドリンクの作り方を覚えておけば、水では美味しくないというときに役立つのでおすすめとなります。

プロテインの効果を活かすアレンジ料理の作り方

味付きのプロテインであれば水に溶かすだけでおいしい飲み方となるという側面がありますが、プロテインを使えばアレンジ料理も簡単に作れてしまいます。プロテインを使ったスムージーやおやつにぴったりのバーなど、プロテインを使ったアレンジ料理の作り方もみておきましょう。

腹持ちが良く相性の良い牛乳や豆乳で混ぜて飲むのがおすすめ!

プロテインの飲み方・アレンジレシピの作り方にはさまざまなものがありますが、やはり最もおすすめの飲み方となるのは、牛乳や豆乳と混ぜて飲むという飲み方でしょう。この飲み方はシンプルな味だからこそフレーバーなしでもフレーバーつきでもプロテインとの相性がよい上に、腹持ちがよく食べ過ぎも防げるというメリットさえあります。

また、牛乳や豆乳とプロテインを組み合わせれば摂取できるタンパク量も単純に増えるというメリットもありますが、だからこそ適量以上に量を増やしすぎて飲むのは好ましくないと言えます。また、ホエイプロテインと豆乳を組み合わせれば吸収の早いタンパク質と吸収の比較的遅いタンパク質を組み合わせられるので、より効率的とも言えます。

やはり運動後はしっかりとタンパク質を補給したいものですが、それだけでなく腹持ちをよくしたり一日を通してバランスよくタンパク質を摂取したりすることも重要となります。そのような中でプロテインと牛乳や豆乳の組み合わせはおすすめですが、体質的にどちらかが合わない場合でもどちらかで補えるというメリットもあるでしょう。

また、運動後は糖質も必要となるのでプロテインとともにブドウ糖などを摂取するのもよいかもしれませんが、特にプレーン味だけで甘みが足りないと感じるときにこの飲み方はおすすめと言えるかもしれません。しかしあくまで砂糖を入れる場合でも適量にとどめるのがおすすめですし、よりおすすめなのはスムージーにする飲み方となります。

作ってみよう!プロテインスムージー

プロテインをそのまま牛乳などに溶かすだけでは飲みにくいという場合には、プロテインスムージーを作るという方法もあります。プロテインスムージーは案外作り方が簡単な上にタンパク質以外の栄養もバランスよく摂取できるのが嬉しいものですが、特にダイエット中の女性などは食事の代わりにプロテインスムージーを摂取する人もいます。

プロテインスムージーの作り方・レシピにはさまざまなものがありますが、代表的なものとしては一般的なスムージー同様にりんごやバナナなどをブレンダーに入れてかき混ぜ、そこにプロテインパウダーも加えるという作り方が挙げられます。飲みやすくするためには、ここにアーモンドミルクや豆乳、レモン汁などを加えるのもおすすめとなります。

また、ケールやほうれん草などビタミンAなども摂取できる栄養価の高い野菜を加えると、より栄養バランスのとれたスムージーになるのでおすすめです。ただし、色々な食材を入れすぎると作り方が難しくなる上に味のバランスも整えづらくなるので、あくまでりんごやバナナなどをベースに、適度に苦手な野菜などを入れるのもおすすめです。

牛乳や水だけではプロテインがあまり美味しくないという人でも、野菜や果物などと豆乳などを組み合わせたものであればおいしい飲み方となる可能性も高いです。ダイエット中の人はタンパク質が不足しがちですが、スムージーはよく飲むという人も多いために、ダイエット中に飲むスムージーをぜひプロテインスムージーにしてみてください。

もちろん牛乳が体質的に合わないという場合には、ソイプロテインやえんどう豆由来のプロテインなどとアーモンドミルク・豆乳や野菜・果物類を組み合わせて作るプロテインスムージーでも、ビタミン補給とタンパク質補給を同時に行えるのでおすすめです。あくまで自分に合ったスムージーを作るということが重要になると言えるでしょう。

おやつにぴったりのプロテインバー

プロテインバーは市販品などをよく見かけるものであり、お菓子代わりに食べているという人も多いことでしょう。しかし、案外自分で作る場合のプロテインバーの作り方も簡単なため、よりヘルシーな上にタンパク質の吸収効率がよいプロテインバーを自分で作り、飲むだけではないプロテインの摂取方法として実践してみてはいかがでしょうか?

プロテインバーはバー状になっているために時間がないときでもサクッと食べることができ、食事の代わりにもなるというメリットがあります。そんなプロテインバーの基本の作り方としては、ナッツやオートミール、ドライフルーツなどを用意することが重要です。フライパンに水を入れて沸騰させ、まずはそこでドライフルーツをさっと煮ます。

それからドライフルーツをから炒りして水分を飛ばした上で、ナッツ類を包丁を使ってうまく砕きます。それからボウルの中でドライフルーツ・ナッツ類・オートミール・プロテインパウダーを混ぜ合わせます。プロテインがしっかりと食材に付着して残さず摂取できるようにラップなどの上で整形して、あとはオーブンで焼くだけで完成です。

だいたい170〜180度ほどで12〜15分ほど焼けば美味しいプロテインバーが簡単に出来上がるので、プロテインバーの作り方は予想以上に簡単だと言えます。スイーツ作りに慣れている人やよくオーブンを使う人にとってはお菓子作りのような感覚で作れるのがプロテインバーだと言えますが、その感覚でケーキなどにプロテインを混ぜるのもアリです。

せっかくならパンケーキにもプロテインを!

プロテインの摂取方法は水や牛乳に溶かしてプロテインシェイカーで振りよく混ぜてから飲むというのが基本となっていますが、その基本の飲み方にとらわれずにさまざまなスイーツに入れて楽しむこともできます。プロテインの種類によっては液体状では飲みづらいものもあるものですが、そんなときはパンケーキに入れてみてはいかがでしょうか?

自家製プロテインバーの作り方が案外簡単であるように、スイーツ作りの要領でさまざまな種類の料理にプロテインを入れて楽しむことも可能です。その中でも特に一度自分で作ってみたいのがパンケーキであり、最近流行りのパンケーキをただ甘くて美味しいだけでなく、タンパク質補給にもうってつけのワンランク上のものに進化させられます。

プロテイン入りのパンケーキの作り方は至極簡単であり、いつも作っているパンケーキの要領で、パンケーキミックスなど以外にプロテインパウダーも混ぜ合わせて作るというだけになります。ホットケーキミックスとプロテイン、卵や砂糖などをボウルでよく混ぜ合わせたらあとは、ホットプレートでオリーブオイルを用いて焼き上げるだけです。

こうするだけで美味しさは変わらないのにいつものパンケーキでは得られないはずのタンパク質を得られる運動好きの人にぴったりのパンケーキに仕上がりますが、糖質制限をしている人はパンケーキミックスではなくヨーグルト・生クリーム・プロテイン・アーモンドプードルを混ぜてよりタンパク量の多いパンケーキを作ることも可能です。

このようにして作る場合にはベーキングパウダーを混ぜることがふっくらと美味しいパンケーキを作るための作り方のポイントとなるでしょう。尚、このようなパンケーキを作るときに使用するプロテインは基本的にプレーンタイプがおすすめですが、ココア味などの種類のプロテインであれば、味のアクセントとして活用することも可能です。

プロテインの人気の種類を紹介

お伝えしたようなプロテインを使ったアレンジ料理の作り方をチェックしておけば、プロテインの味に飽きたときや飲み続けるのが難しいと感じたときでも、うまく味を変えてプロテインを摂取できそうです。そんな料理の作り方も重要ですが、やはり知っておきたいのは人気でおすすめのプロテイン商品でしょう。

美味しくて女性にもおすすめ「サバスソイプロテイン100ココア」

プロテインの種類には実にさまざまなものがあり、どのような種類のプロテインを飲むかによっても効率的な筋力アップやダイエットの結果が変わるものです。サバスは数あるプロテインブランドの中でも人気度・信頼度が高いものですが、その中でもソイプロテインのココア味は、美味しくそのまま飲めるので女性にもおすすめとなっています。

プロテインの中でも乳清タンパクが体質的に合わないという人もいるものですが、そのような場合にはソイプロテインがかなりおすすめとなります。サバスのソイプロテイン100は大豆由来のタンパク質100%となっており、他に余計なタンパク質が含まれていません。さらに7種類ものビタミンB群とビタミンCをも補給することが可能です。

運動後などにプロテインを飲むことで筋力アップを図ることができそうですが、その際にはプロテイン以外の栄養素というのも非常に重要になるものです。アスリートが摂取しているようにビタミン類とタンパク質をバランスよく摂取できる優れものがこのサバスソイプロテイン100であり、1日2回の摂取で理想的な体づくりをサポートしてくれます。

摂取量は水や牛乳・豆乳など200〜300mlに対してスプーン3杯分となる21gを溶かして飲むというのがおすすめの飲み方となります。もちろん既述の作り方を参考にパンケーキに混ぜて食べるのもよさそうですが、運動後を中心に一日あたり42gを目安に摂取するのが望ましいです。いきなり摂取量を増やすのは、むしろ好ましくありません。

そんなサバスソイプロテイン100は50食分で5000円ほどの価格となっており、プロテインの中でも平均的な価格だと言えるでしょう。サバスソイプロテイン100ココア味は女性にも大人気の定番商品となっていますが、特にプレーンタイプのプロテインが苦手だという人やソイプロテインが合っている人にとっては必需品とも言える商品です。

水で美味しい!「サバスアクアホエイプロテイン100」

続いて紹介するサバスアクアホエイプロテイン100は、やはりタンパク質の吸収効率を考えるとホエイプロテインが理想的だと考えている人には特におすすめの商品となっています。サバスアクアホエイプロテイン100は基本的に水で飲むために作られたプロテインであり、これまで水ではプロテインが飲めなかった人にもおすすめとなっています。

シンプルに水とプロテインだけを摂取したいと考えている人が多い一方で、水のみで飲めるような美味しいプロテインが少ないのが現状だと言えます。そんな中でサバスアクアホエイプロテイン100は救世主とも言える存在になっていますが、吸収効率の高いホエイプロテインを100%使用しており、運動直後の摂取にはうってつけとなっています。

さらにアスリートの生活にも適用されているような栄養バランスを考えてサバスならではの配合で7種類のビタミンB群とビタミンCも含まれているので、疲労回復や健康的な生活に総合的に役立つプロテインだと言えます。飲み方は水300〜500mlほどにスプーンで2〜3杯分に相当する14〜21gを溶かして飲むのがおすすめの飲み方となっています。

一袋10.5gあたりタンパク質量は7.1gとかなり高く、効率よくタンパク質を補給したいときにはかなりおすすめのプロテインだと言えるでしょう。カゼインプロテインや牛乳そのものが体に合わなく牛乳を飲むと胃がゴロゴロするという乳糖不耐症の人でも、乳糖がほとんどないホエイプロテインで水で飲むタイプのため、安心して飲めそうです。

その価格は40食分で約7000円ほどとなっており、プロテインの中ではやや高めの価格だとも言えますが、水で美味しく飲めるというその特徴を考えるとかなり重宝するプロテインであることは間違いありません。水でこれまでプロテインを美味しく飲んだことがなかったという人も、ぜひ常識破りの人気商品を試してみてはいかがでしょうか?

バニラ味もあり!「チャンピオンピュアホエイプラス」

続いて紹介するチャンピオンピュアホエイプラスは、海外発のプロテインの中でも特に日本人でも安心して飲めるタイプの商品となっています。海外製のプロテインは日本製のものよりもおいしい飲み方が難しいように思えますが、チャンピオンピュアホエイプラスはバニラ味なども合って自分の好きな味を選びやすいのがまず魅力的なのです。

2.3kgほどで7000円以下という圧倒的なコストパフォーマンスがまず大きなメリットとして挙げられるチャンピオンピュアホエイプラスですが、ボトル型で大容量であるのも嬉しいものです。また、サバスなどの人気商品と比較してもかなり溶けやすく、水130mlに対してスプーン一杯分のプロテインを入れ数回振るだけしっかり溶けきります。

また、味に関してはココア味やバニラ味など定番ながらも美味しいフレーバーをしっかり取り揃えているのが魅力的な上に、かなり甘めで濃厚な味のためにプロテイン初心者でも飲みやすいという特徴もあると言えます。そして栄養的にはホエイプロテインの他にBCAAやグルタミンなどのアミノ酸が含まれており、筋肉回復を助けてくれます。

プロテイン以外にしっかりとアミノ酸が含まれていることで、筋トレ後にエネルギー不足になってしまうのを防いでくれる上に疲労回復を早めてくれるという利点もあります。海外製のプロテインはなんとなく安心できないという人もいるかもしれませんが、海外でも絶大な支持を得ているチャンピオンピュアホエイプラスはおすすめ度が高いです。

コスパのよい定番「マイプロテインIMPACTホエイ」

マイプロテインのプロテインもかなり質の高いものとして知られていますが、中でもマイプロテインのIMPACTホエイナチュラルチョコレート1kgあたり3000円台と価格がかなり安い上に、タンパク量もしっかりと含まれており飲みやすさも抜群に高いという人気商品になっています。

1回分のコストはたったの105円ほどであり、トレーニングのたびにコンビニなどでプロテインバーやプロテインドリンクなどを購入していたという人にとっては、かなりメリットが大きいと言えます。さらにタンパク量は71%ほどと高めであり、変な甘みなどのないナチュラルなチョコレート風味は、初心者でもかなり飲みやすいものでしょう。

チョコレート味ということで牛乳や豆乳との相性がよいのはもちろんのこと、水で飲むのもかなり飲みやすい商品となっています。さらにアミノ酸の一種であるロイシンも一食分あたらい2gほど含まれておりその効果にも期待できそうですが、初心者からプロのアスリートまで使用している定番だからこそ、信頼度も高いと言えます。

プロテインを美味しく飲んでみよう!

今回は、プロテインのおいしい飲み方について掘り下げてきましたが、いかがでしたでしょうか?プロテインにはいくつかの種類があり、それによっても効果的な飲み方というのは変わるものですが、おいしい飲み方は商品ごとの味や組み合わせる食品によっても異なります。プロテインは、ぜひ効果的かつおいしい飲み方を実践したいものです。

プロテインの代表的なブランドといえばサバスなどが挙げられますが、ホエイプロテインかソイプロテインかなどプロテインの種類によっても自分に合っているかどうかは変わるものです。プロテインは飲み続けることでより高い効果を発揮するため、ぜひ自分に合った品質のよいプロテインをおいしい飲み方で楽しんでみてはいかがでしょうか?

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ