フードドライヤーおすすめ人気15選!電気代から活用レシピまで!

人気テレビ番組や雑誌で取り上げられ、注目が集まるフードドライヤー。時間と手間のかかるドライフルーツや乾燥野菜、ジャーキーなどが簡単に作れ、おいしくて栄養もたっぷり凝縮されると評判なんです。何となく聞いたことがある方も、実際の使い方や作れる料理、電気代などわらかないことも多いと思います。そこで今回はフードドライヤーについて気になる情報を徹底調査しました。人気のおすすめ機種も紹介していますので、最後までチェックしてみて下さい!

フードドライヤーおすすめ人気15選!電気代から活用レシピまで!のイメージ

目次

  1. 1フードドライヤーが今人気!
  2. 2フードドライヤーで何が作れるの?使い方は?
  3. 3人気フードドライヤー:ユニコム果物野菜乾燥機からりんこ
  4. 4人気フードドライヤー:APIXドライフードメーカー
  5. 5人気フードドライヤー:SIS食品乾燥機ドライフード工房
  6. 6人気フードドライヤー:ロハススタイルジャパンドライフードエアー
  7. 7人気フードドライヤー:プリンセスフードメーカー
  8. 8人気フードドライヤー:ロイヤル通販回転式フードドライヤー
  9. 9人気フードドライヤー:エクスカリバーディハイドレーター
  10. 10人気フードドライヤー:nesco食物乾燥機
  11. 11人気フードドライヤー:ウミダスジャパンフードドライヤー
  12. 12人気フードドライヤー:東明テックプチマレンギ
  13. 13まだまだある!おすすめフードドライヤー
  14. 14フードドライヤーを使ったおいしいレシピ
  15. 15フードドライヤーを活用しよう!

フードドライヤーが今人気!

みなさん、フードドライヤーを知っていますか?別名ディハイドレーターと呼ばれる食品を乾燥させるマシーンなのですが、人気テレビ番組「ヒルナンデス」で紹介されたり、日本最大級のレシピサイト、「クックパッド」で続々レシピが公開され、今話題を集めている注目家電です。最近ヘルシー志向から栄養がぎゅっと詰まったドライフルーツ、ビーフジャーキーが人気ですが、フードドライヤーがあれば自宅で簡単に作れます!

フードドライヤーが気になっている方も、実際の機能や使い方、何に活用できるのか、電気代などよくわからないことも多いのではないでしょうか?今回はそんな注目のフードドライヤーについて気になる情報をまとめて紹介していきます。おすすめの人気フードドライヤーもピックアップしましたので、ぜひチェックしてみて下さい。ブーム目前のフードドライヤーをいち早く手に入れて、話題の先取りしてみましょう!

フードドライヤーで何が作れるの?使い方は?

数年前にブームになった干し野菜などのドライフードですが、屋外で乾燥させるには天気に左右されやすく、タイミングを間違えてカビが生えるなどの失敗も多く、なかなか定着しませんでした。市販されている干し野菜やドライフルーツは価格も高めなため、手も出にくいですが、フードドライヤーさえあれば低コストで簡単に作れてしまいます。頻繁に活用するならフードドライヤーの価格を差し引いても、十分にモトが取れます。

フードドライヤーで作れるものは多数ありますが、一番のおすすめは切り干し大根などに代表される干し野菜です。日本では昔から干し野菜が定番でしたが、理にかなった保存方法で、食材の水分を飛ばすので腐敗せず、常温で長期保存ができます。また、干すことにより栄誉分や旨みが凝縮され、おいしさが増します。干し野菜のレシピが多数あることからも人気がうかがえ、口コミでも評判ですので、まずは一度作って欲しいです。

最近人気のアイシングクッキーもフードドライヤーがあればあっという間に完成します。アイシングクッキーは卵白と砂糖を混ぜたカラフルなクリームでデコレーションしたものですが、自然乾燥だと完成までにかなりの時間がかかってしまいます。フードドライヤーを使うとあっという間にできるので、たくさん配りたい時にも大活躍します。口コミでもアイシングクッキーに活用している方が多いおすすめの使い方です。

ペットを飼っている方は家族の一員である犬のおやつ作りに活用するのもおすすめです。市販のペットフードは添加物なども気になりますが、フードドライヤーを使うとビーフジャーキーなども簡単なレシピであっという間に作れます。もちろんビーフジャーキーとして犬のおやつだけでなく、人間が食べる分も一緒に作れるので、おいしさを共有できますね。犬のおやつにも気を使いたい方におすすめです。

フードドライヤーの使い方

フードドライヤーの使い方は簡単です。機種により違いはありますが、基本的な使い方は同じなので、ここで紹介しておきます。まずは乾燥させたい食材を薄く切り、フードドライヤーに並べます。温度と時間を設定し、スイッチを押したらあとは完了まで待つだけです。上手に作るコツは、トレイの裏表をきちんと確認したうえで、食材同士が重ならないように並べることです。重なっていると乾燥ムラができるので、注意しましょう。

フードドライヤーの電気代

フードドライヤーは時間をかけてじっくりと食材の水分を抜いていくので、電気代が気になるところです。電気会社や機種により電気代は異なってきますが、ドライフルーツの場合6~8時間でできあがるので、その場合の電気代は6時間の電気代が27.5円、8時間の電気代が106円程度になります。一回につき電気代が27.5円~106円程度となる計算になります。ほかの家電と比較しても電気代はそこまで高くありません。

フードドライヤーの場合はトレイが何段かあり、一度の何種類かのドライ食材を一気に作ることができます。まとめて作った場合は、さらに電気代がお得なので、電気代を安く浮かせたい方はちょこちょこフードドライヤーを使うよりも、まとめて使ったほうが電気代はお得になります。食材を無駄にしないためにも有効なフードドライヤーを電気代を浮かせながら使って上手に使いこなしたいものです。

人気フードドライヤー:ユニコム果物野菜乾燥機からりんこ

おいしさや栄養をぎゅっと凝縮したドライフルーツやドライベジタブルが作れるフードドライヤーです。作り方も簡単で、5~10mm程度に薄切りした食っ材をトレイに乗せ、スイッチを押すだけで完成します。下方から温風を送ることで、美味しさを保ったまま乾燥させてくれます。乾燥時間のレシピはキウイ、きんかん、なし、ゴボウなどが8~10時間、かぼちゃ、じゃがいもなどが5~7時間、ぶどう、ブルーベリーが18時間程度です。

タイマー機能も温度調節機能も付いていないシンプル設計なので、野菜を果物を乾燥をメインで使うことをおすすめします。消費電力は250wとパワーが劣りますが、その分電気代はかかりません。また、本体自体がとても軽量なので、テーブルに持ち運んだり収納する時にもくならず、動かしやすいです。レビューでは、簡単に乾燥したフルーツや野菜、欲しいもや干し梅などが作れると人気でした。お値段は10800円です。

人気フードドライヤー:APIXドライフードメーカー

APIXのドライフードメーカーは、日本のキッチンに合わせたコンパクト設計、スクエアラウンドデザインを採用しています。隅々まで野菜や果物が並べられ、スペースの無駄がありません。トレイはウェーブ状になっていて、出来上がった食材がこびりつかず、調味の中身がよく見えるようクリア状になっているので、状態をチェックできる点もおすすめです。自動でできあがるオフタイマー付きなので、乾燥しすぎも防げます。

消費電力は250Wと弱めですが、その分電気代がやすくつき、コスパは抜群です。また、コンパクト設計なので収納場所が狭くても省スペースにもお役立ちです。おいしくて簡単に作れるドライフードを応用して料理に使えるオリジナルレシピブックがついているので、家に届いてすぐに活用できそうです。レシピは12品掲載されているので、基本をマスターしたら、オリジナルでいろんなレシピを楽しんでみるのもよさそうです。

人気フードドライヤー:SIS食品乾燥機ドライフード工房

家庭で作りたてのドライフードが楽しめるフードドライヤーです。ビーフジャーキー、ドライフルーツ、乾燥野菜などの食材を手軽につくることができます。家庭で作るので、犬のおやつを作りたい方にもおすすめです。タイマー機能はついていませんが、35度~68度の温度調節が可能で、食材に合わせて調整ができるため、使い勝手の良さは抜群です。それでいてお値段が5000円以下とコスパの高さも見逃せません。

商品電力が450wとハイパワーになっているので、おすすめレシピの干しシイタケや切り干し大根など保存力を作るのにも便利です。大きなトレイが3段付属しているので、一気にいろんな種類の食材を乾燥させることができ、電気代が気になる方にも電気代を抑えながら乾燥ができるのが魅力です。商品代を払ってでもドライフルーツなどを買ったり、食材を無駄にすることを考えると、すぐにモトが取れるフードドライヤーです。

人気フードドライヤー:ロハススタイルジャパンドライフードエアー

こちらの商品は、世界初の多機能調理器で、フードドライヤー、送風機能、オーブンの3つの機能を搭載したハイスペックモデルです。からだの中からキレイになれるローフードが作ることができ、美意識の高い方にもおすすめです。小腹が空いたときも、ドライフードエアーで乾燥したドライフルーツをつまむと、カロリーを抑えることができ、ヘルシーでおいしいので、満足感も十分です。

使い方も簡単で、操作パネルが横に配置されていて操作がしやすく、食品も入れやすいのもポイントです。オーブン機能ではパンやお餅なども焼けるので、毎日大活躍しそうです。電子レンジを使って食品を温めると、電磁波が気になっていた方も、安心して食品を温めることができるのもいいですね。消費電力が200wと低めなので、電気代は少々かかりますが、1台で3役をこなすと思えば価値ある商品です。

人気フードドライヤー:プリンセスフードメーカー

オランダからやってきたプリンセスのフードメーカーは、スタイリッシュなデザインが魅力です。スクエアなフォルムは、すみずみまで食品を並べることができ、トレイも6段あるので、一度にたくさんの食品を乾燥させることができます。トレイの向きを変えることで、高さを調整でき葉や皮も丸ごと使ったホールフードのレシピにも対応しているため、商品の旨みやおいしさを丸ごと味わえおすすめです。

調理時間が設定できるタイマーは、4、6、8、10、12、16時間、温度調節機能は40度~70まで10度ごと、と細かく調節できる点も優秀です。アイシングクッキーなどのスイーツから、犬のおやつにぴったりのビーフジャーキーまで幅広いレシピに対応しています。消費電力は350Wとハイパワーですが、電気代はそこまで高くありません。はじめてのフードドライヤー選びに迷ったら、バランスの良いこちらの商品がおすすめです。

人気フードドライヤー:ロイヤル通販回転式フードドライヤー

こちらの商品の特徴は、商品名の通りトレイが自動回転することで、乾燥具合にムラが出にくく、効率的に食品を乾燥させることができます。仕上がりもバラツキの心配がなく、人に作ったドライフードをおすそ分けする時も安心して渡せます。トレイは高さ調整が可能なので、厚みのある食材でも上のトレイに触れることなく乾燥させることができます。

トレイを調整することで最高10cmほどの容器もすっぽり収まり、ヨーグルトなどを醗酵させるときにも使え、レシピ次第でいろんな食材を楽しむことができます。市販のドライフフードは保存料や着色料が気になりますが、自宅で作ったドライフードなら安心。愛犬家の方の犬のおやつ作りにもおすすめです。電気代はそこまで抑えられるとはいいがたいですが、本体は5000円ちょっととお値ごろとなっています。

人気フードドライヤー:エクスカリバーディハイドレーター

ローフードのメッカ、アメリカのフードドライヤーでシェアNO.1人気を誇るのがエクスカリバーのディハイドレーターです。家庭用のフードドライヤーの中では73度という最高温度を誇り、肉や魚などの生ものも安心して乾燥させることができます。トレイは9段付属いており、一度にたくさんの量を作りたい方におすすめ。食物のビタミンや酵素をキープしたヘルシーなローフードを継続的に作りたい方は、こちらを検討しください。

牛肉や豚肉、ささみなどをつかってのジャーキー作りも安心して行え、犬のおやつを作りたい方にもぴったりです。添加物を使っていない自家製ジャーキーは味が濃くておいしいので、きっと犬のおやつに出してあげると喜んでくれるに違いありません。そのほか、野菜や果物、きのこ類などあらゆる食材を効率よく乾燥できるので、一家に一台あると大活躍です。

人気フードドライヤー:nesco食物乾燥機

アメリカのフードドライヤーで、エクスカリバー社と人気を2分するのがnescoの食物乾燥機です。自家製のドライフルーツやジャーキーなどレシピ次第でいろんな食品を乾燥させることができ、各トレイごとに食材を分ければ臭い移りなどの心配もなく、トレイを入れ替える必要もありません。消費電力が700w、最高温度70度まで設定することができるので、短時間で乾燥ができ電気代もかかりません。パワーを求める方におすすめです。

人気フードドライヤー:ウミダスジャパンフードドライヤー

ウミダスジャパンのフードドライヤーの特徴は、本体の軽量さです。多数あるフードドライヤーの中でもトップクラスの軽量で、たった2kgしかないため、キッチンへの持ち運びもラクラク行えます。高床式デザインで空気が取り入れやすくなり、風量が5倍にアップしたので、時間も電気代も節約できる点もうれしいです。1時間ごと、12時間までのタイマー調節が可能なため、うっかり切り忘れる心配もなく使い勝手が抜群です。

人気フードドライヤー:東明テックプチマレンギ

業務用のフードドライヤーを多数輩出している東明テックの家庭用フードドライヤーです。食品を切ってトレイに乗せ、スイッチを押すだけで簡単においしい乾燥食品を作ることができます。こどものおやつづくりに、犬のおやつにも活用でき、一家に一台あると大活躍間違いなしです。独自センサーで温度低下時だけに稼働するため省エネで、電気代もかかりません。付属トレーを使えばヨーグルトも作れるスグレモノの商品です。

まだまだある!おすすめフードドライヤー

フードドライヤー:ROOMMATEフードドライヤー

おうちで簡単にできるをコンセプトにしたフードドライヤーです。材料を切って付属のトレイに並べるだけで手間いらずでドライフルーツや乾燥野菜をつくことができるため、さまざまなレシピに活用できます。ペット用の犬のおやつ作りも安心して作ることができます。火を使わず、添加物の心配もないので、料理が苦手な方やヘルシー志向の方にもおすすめ。消費電力もそこまで高くないため、気になる電気代も抑えることができます。

フードドライヤー:ラボネクスト株式会社ドラミニ

家庭菜園を楽しむ方は、野菜が取れすぎて処分に困ることがありますが、そんなときはこちらのドラミニがあれば、無駄にならずに食べきれておすすめです。1トレイに500gまで食材を乗せられ、全6段あるため1度に3kgもの食品を乾燥させることができます。省電力は530wで24時間稼働しても電気代は100円もかからないというから家計にも安心です。大容量で、電気代がかからないフードドライヤーをお探しの方におすすめです。

フードドライヤー:aosnowフードデハイドレーター

こちらの商品は最大6皿のドライフルーツを同時に作れ、フルーツ、野菜、きのこ、海鮮類、肉類まであらゆる食材を乾燥させることができます。人間のおやつはもちろん、ビーフジャーキーなど犬のおやつ作りも簡単に作れ、安心して与えることができます。省電力は360wとハイパワーで、24時間までタイマーセットできるため無駄な電気代もかかりません。ステンレス製で、お手入れも簡単なので清潔をキープできるのもポイントです。

フードドライヤー:静岡製機ドラッピー

業務用のフードドライヤーを多数生産している静岡製機による家庭用のフードドライヤーです。手間のかかるドライフルーツや乾燥野菜も簡単に作れ、消費電力が416Wの省エネ設計なので、24時間の連続運転でも電気代はたった80円とリーズナブルです。廉価版のフードドライヤーは電気料金がこちらの2~4倍ほどかかるため、ランニングコストを考えると一番のおすすめ商品となります。

フードドライヤー:大紀産業プチミニ

家庭の小型フードドライヤーですが、業務用でも十分に対応できるほどの機能を搭載した商品です。水分排出が可能なシャッター、低騒音ファン、デジタルタイマーを装備し、おうちでもプロさながらの乾燥食材が作れます。家庭で本格的にドライフードを楽しみたい方におすすめです。ハイパワー仕様なので肉類のドライもあっという間で、時間のかかるジャーキー作りも素早くできます。犬のおやつを作りたい方にもぴったりの商品です。

フードドライヤーを使ったおいしいレシピ

フードドライヤーで作るドライパイナップル

フードドライヤーを使うと手間のかかるドライフルーツもあっという間に完成します。食べきれないフルーツがあったら、試してみて下さい。無駄にすることなくおいしく食べきれます!材料はパイナップル1玉です。レシピは、パイナップルの上下を包丁で落とします。半分に切ったものを、また半分に切り4等分します。4つに分けたパイナップルの芯を切ります。芯を切り終えたら皮を切り落とし、5mmにカットします。

フードドライヤーのトレイに約500g並べることができます。60度の温度で18時間乾燥したら完成です。甘みが詰まった無添加ドライパインは絶品です!そのほか、マンゴーやりんご、みかん、バナナ、キウイなどお好みのフルーツでレシピのアレンジはいろいろ広がります。お好みのフルーツとレシピでおいしいドライフルーツを堪能しましょう!

フードドライヤーで作るローグラノーラ

美や健康を意識する女性から人気のグラノーラレシピです。フードドライヤーを使うと火を使わず栄養分を損なわないのでおすすめです。材料は2人分で好みのナッツ1カップ、デーツ20g、ドライフルーツ10gです。レシピはナッツをアーモンド8時間、くるみ 6時間、カシューナッツ 2時間浸水させておきます。フードドライヤー のトレイに1のナッツを並べて、50度で10時間乾燥させます。


季節のフルーツを5ミリ弱の大きさにスライスし、フードドライヤー のトレイに並べて約10時間乾燥させます。フードプロセッサーに、乾燥させたものと、残りの全ての材料を入れ細かく粉砕し、容器に入れてヨーグルトやドライフルーツなどをトッピングすると出来上がりです。見た目もお洒落で栄養満点のヘルシーローグラノーラレシピ、ぜひ作ってみて下さい!
 

フードドライヤーで作るささみジャーキー

フードドライヤーを使って作る犬のおやつにぴったりのささみジャーキーのレシピです。安心ヘルシーなささみジャーキーを犬のおやつにあげるときっと大喜びしてくれます。材料は鶏ささみ4本です。レシピは、ささみをなるべく薄く切って、トレイに重ならないように並べます。フードドライヤー68度で4時間位乾かします。トレイにくっつかないように、少し乾いたらお肉をひっくり返します。

乾き具合を見ながら、上段下段の入れ替えをし、しっかり乾燥できたら完成です。お肉の薄さ、量や、フードドライヤーの種類により、時間は調整してください。レシピのコツはしっかり水分が抜けるまで、乾かすことです。材料を牛肉に変えたらビーフジャーキー、豚肉に変えたらポークジャーキーとアレンジ自在なので、犬のおやつにいろいろ試してみましょう。

Thumbドライフルーツは高カロリーで太る?糖質量から効果効能を一覧で紹介! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

フードドライヤーを活用しよう!

話題のフードドライヤーについて使い方やレシピ、人気機種を厳選してお届けしてきましたがいかがでしたか?家で作ったドライフルーツや乾燥野菜は旨みが詰まって普通より何倍も美味しくなり、野菜嫌い、果物嫌いの子供も進んで食べてくれるそうです。素材の栄養が凝縮されるのも見逃せません。愛犬に犬のおやつでジャーキーを作ってあげるのも人気です。フードドライヤーを手に入れて、おいしくて健康的な食生活を過ごしましょう!

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ