加湿器のおすすめ人気ランキング15選!お手入れ簡単2018最新商品!

家電量販店で加湿器を選択しようと思う際に、何をポイントに選択してよいのか?おすすめの商品を信じて購入して良いものなのか迷ってしまう事が多いと思います。特に加湿器はオシャレなものから本格的なおすすめの加湿器がありますが、どこのがどう違うのか分かりにくかったりします。そんな方のために、お手入れが簡単で最新の人気のおすすめの加湿器をランキングでご紹介しています。人気の加湿器のそれぞれのおすすめポイントもランキングと一緒に、加湿器購入の参考にしてみてください。

加湿器のおすすめ人気ランキング15選!お手入れ簡単2018最新商品!のイメージ

目次

  1. 1おすすめの人気加湿器はどれだ!
  2. 2人気の加湿器とはどういったもの?
  3. 3加湿器がおすすめ出来る人気の理由とは?
  4. 4加湿器を置くおすすめの場所とは?
  5. 5おすすめの加湿器の種類
  6. 6加湿器に利用するおすすめの水は?
  7. 7人気の加湿器メーカーとは?
  8. 8人気はどれ?おすすめの加湿器ランキング!
  9. 9加湿器ランキング15位:Toffy YL56-HF-AW
  10. 10加湿器ランキング14位:cado STEM 620
  11. 11加湿器ランキング13位:バルミューダRain ERN-1100UA
  12. 12加湿器ランキング12位:CCP KJ-373HE
  13. 13加湿器ランキング11位:ダイニチ HD-RX317
  14. 14加湿器ランキング10位:アイリスオーヤマUHM-300P
  15. 15加湿器ランキング9位:三菱重工roomist SHE35PD-K
  16. 16加湿器ランキング8位:シャープHV-G70-W
  17. 17加湿器ランキング7位:パナソニックF-GMHK10-W
  18. 18加湿器ランキング6位:象印EE-RM35
  19. 19加湿器ランキング5位:ツインバードSK-4974
  20. 20加湿器ランキング4位:ダイソンHygienic Mist MF01IB
  21. 21加湿器ランキング3位:アピックスAHD-015-PK
  22. 22加湿器ランキング2位:roomist(ルーミスト)SHK90MR
  23. 23加湿器ランキング1位:象印EE-RM50
  24. 24おすすめの加湿器を使って快適な毎日を過ごそう!

おすすめの人気加湿器はどれだ!

加湿器というと機械から蒸気が出て、部屋の湿度を一定に保つことが出来る家電というシンプルなイメージしか無い人が多いですが、他の多くの家電同様に、購入する際にどういった基準で商品を選ぶのか考えてしまいます。加湿器を導入するとどのような効果を得れるのか、部屋の中で加湿器を置くおすすめのポイントどこなのか、お手入れが簡単で最新の人気のおすすめ加湿器をランキング形式で詳しく解説しています。

人気の加湿器とはどういったもの?

家電の中でも加湿器というと一般家電になるのですが、わざわざ人気の加湿器を購入して利用している人と、加湿器なんておすすめの商品があっても購入するほどでも無いという人に分かれると思います。自宅にあるテレビやエアコン、洗濯機や冷蔵庫などに比べると、人気の加湿器も必需品とはいうほどどういった効果が期待できるのかが浸透していなのかも知れません。
 

加湿器はその商品名のとおりに室内の湿度のバランスを、調整する役割をはたす家電になります。おすすめの加湿器によっては、少し違ってきますが加湿器に取り付けられているタンクの中の水を蒸発させることにより、加湿器は室内を上手に加湿します。しかしながら、多くのおすすめの加湿器を利用したことが無い方は、加湿器は冬の季節しか利用しないと考える方も多いと思います。

Thumb超音波加湿器のおすすめ人気は?白い粉がつく理由と掃除方法も紹介! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

加湿器がおすすめ出来る人気の理由とは?

加湿器は部屋の湿度のバランスを調整するという効果のほかに、感染症を抑制したり、肌の調子を整える働きがあります。またパッちという静電気が発生するのを抑制する効果もあるため、静電気が溜まりやすい方にも加湿器はおすすめと言えます。加湿器が子供がいる家庭に人気の理由は、感染症やインフルエンザの予防にも適しているという点です。加湿器は風邪の予防などにも適していますが、具体的適に加湿器の効果を見てみましょう。

加湿器は感染予防になる

加湿器を利用することで室内のウイルスの増殖を抑制する働きがあるため、風邪やインフルエンザの予防になります。とりわけウイルスというのは、湿度がある環境を苦手と空気が乾燥している状態を好む傾向があるため、風邪やインフルエンザが繁殖しやすく冬の時期は、特に加湿器はおすすめと言えます。一年を通して冬の時期に家電の人気ランキングに加湿器が入るのが多いのはそのためです。

加湿器は美肌効果が期待できる

美容目的で加湿器が人気を博しているのもおすすめの理由と言えます。実は肌は乾燥に著しく弱く、保湿が肌に一番良いと美容業界でも保湿の重要性について話されていることが多いです。肌に一番最適な湿度は60%と言われていますが、冬の時期は加湿器を利用しないと半分程度の湿度しか保つことができません。そのため冬は得におすすめの加湿器を積極的に利用しましょう。

加湿器を置くおすすめの場所とは?

加湿器の効果は既に上記でご紹介していますが、部屋のどこに置くかも重要なポイントとなります。一部屋分の範囲で加湿できる加湿器は、部屋の中央に置きます。換気扇や部屋の出入り口の近くに加湿器を置くと、機械から出る水分がすべて逃げてしまいます。そのため出来る限り部屋の中央に設定するこをおすすめします。加湿器を置く高さは、おおよそ床下から80センチから100センチと言われています。
 

成人した男性であれば腰くらいの高さになるので、テーブルなどがあるようであれば利用すると程よい高さになります。加湿器の性能上直接フローリングなどの床に置くと適切や湿度調整が難しくなるので、なるべく床から話すことは必須です。またエアコンや扇風機など温度調整を行う電化製品の近くにも置かないこと。なぜなら加湿器は、周囲の温度にセンサーで反応し適切な加湿能力を発揮します。

Thumb加熱式加湿器のおすすめは?人気の卓上やアロマが使えるものも紹介! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

おすすめの加湿器の種類

加湿器にタイプがあるとは知らない方が多いかもしれません。実は加湿器は現在4種類のタイプに分類されており、同じ部屋を加湿する目的でも、加湿する工程が違うため消費電力や加湿能力などが変わってきます。どのタイプもメリットやデメリットと言うものがありますが、最近ではそれぞれの特徴を掛け合わせたハイブリッド型の加湿器が人気になってきています。ではそれぞれのタイプの特徴を見ていきましょう。

気化式加湿器

安全に低消費電力で利用したい方におすすめな加湿器タイプにになります。気化式の加湿器は、水分に空気を送ることで部屋を加湿していきます。水を入れたり沸騰させる必要性が無いため、カビや水の取り換えも必要ありません。他の加湿器鯛うに比べると熱量を多く必要としないため、子供やお年寄りでも安全に利用することが可能です。このタイプの加湿器のデメリットは、加湿力が弱くフィルター交換が必要になることです。
 

気化式の加湿器のおすすめポイントは、もともと水分を有したフィルターに送風して部屋を加湿するため商品電力が少ないくて良いと言う点です。電気代を節約したい方などのは特に人気の加湿器の種類になります。気化式加湿器の電気代はおおよそになりますが、1時間にやく0.1円から0.6円程度と言われていますので、フィルター代はかかりますがランニングコストにかけては非常に安く済むと言えます。

スチーム式加湿器

人気の加湿器の中でもヒーターで温めてお湯を沸騰させます。加湿器の種類でいうと一番パワフルな加湿力があり、乾燥した部屋をいっきに湿度を調整するのに向いています。簡単にスチーム式の加湿器の特徴を言うと電気ポットに近い設計と言えます。デメリットとしては、加湿器のタイプのでも消費電力が高く、お湯が沸くまで少し時間がかかるという点です。強い力で加湿したい方におすすめのタイプと言えます。

スチームタイプの加湿器の電気代は、電気ポットのように水を沸騰される商品のためある程度までは急激な加熱が必要になります。そのため商品電力は他の加湿器のおすすめされているタイプに比べると、割高になります。商品にもよりますがスチームタイプの加湿器の1時間あたりの電気料金は3.6円から8円程度と言われています。上記でも記載していますが電気代を節約したい方にはおすすめはしません。
 

超音波式加湿器

加湿器の中でも超音波を利用した、加湿器はこちらも熱して水をお湯にするという定番のプロセスも必要なく、水分を微量な粒子に変えて空気上に排出するタイプの加湿器になります。電気ポットのようなスチーム式の加湿器とは違い、超音波式の振動え蒸気を起こすため、商品電力も安いと言えます。また、気化式のように加湿するまで時間がかかるデメリットが無いところは人気と言えます。

超音波式の加湿器はおすすめのメリットばかりのように聞こえますが、メンテナスの頻度が多くそういった面でいうとやや手間がかかるかもしれません。超音波式の加湿器は、微量な振動で加湿するため気化式タイプと同様に、消費電力は安くすみ1時間あたり0.6円から1.01円程度と言われています。スチーム式や気化式の加湿器よりお手入れが必要な点を除くと優秀と言えます。
 

ハイブリッド式加湿器

最近人気が高い加湿器の種類として、スチーム式と気化式をミックスさせたタイプになります。スチーム式と気化式のデメリットを抑えつつ、メリットだけも残したような加湿器になり、消費電慮少なく迅速に加湿することが出来るという優れた性能をもっています。購入時の価格はスチーム式や気化式に比べると割高ですが、使いやすいさの点においては、ハイブリッド式加湿器の方がおすすめです。

ハイブリッド式の加湿器は、空気を温めながら加湿するため、単純な気化式タイプの加湿器に比べると消費電力は増えます。ハイブリッド式の加湿器を稼働したばかりの場合は、最初にわりと商品電力が必要になりますが、部屋の湿度がある程度保たれると、調整センサーが働き商品電力が抑えらえます。1時間あたりの電気代は1.9円から4円程度になります。
 

加湿器に利用するおすすめの水は?

部屋の中の湿度を調整するおすすめの家電である加湿器ですが、利用する水をミネラルウォーターや蒸留水などの水が良いのでは無いかと、思われがちですが実は加湿器に利用する水は、水道水が一番適切です。なぜ水道水が加湿器の水として良いのかというと、水道水には塩素が含まれているため、加湿器を利用する際に雑菌の増殖にも効果を発揮します。

加湿器に利用する水としてミネラルウォーターや浄水器で作られた塩素が入っていない水は、実は加湿器の中で雑菌が増えることが多く、加湿器に利用する水であれば何でも良いと言うわけではありません。人気の超音波式の加湿器などの高額な加湿器も、水道水のほうが適しています。ちなみに水道水に利用されている残留塩素は、おおよそ二日間までが塩素を保つことが出来る期間と言われています。
 

二日以上加湿器に同じ水道水を入れたままにしておくことは、カビや雑菌が繁殖するためおすすめは出来ません。いくら人気の高額加湿器だとしても、水を入れるポットはできるだけ毎日水を取り替え、水道水を利用することをおすすめします。特に梅雨の時期に加湿器のお手入れを怠ると、カビを室内にばらまくことになるで、加湿器用除菌剤を利用してしっかりとメンテナンスを心がけましょう。

人気の加湿器メーカーとは?

加湿器といっても既に上記ご紹介しましたが、スチーム式加湿器、気化式加湿器、超音波式加湿器、ハイブリッド式加湿器と種類も分離されながら、各メーカー独自の性能が付いているものもあり、デザインや機能や価格以外にも各メーカーによって特徴があります。では具体的に加湿器のメーカーごとの特徴を見ていきましょう。

おすすめ加湿器メーカー:シャープ(SHARP)

家電メーカーのシャープは、エアコンなどにもついていますがメーカー独自のイオン技術を利用して加湿しながら空気中を浄化する、高濃度プラズマクラスターという性能が特徴的です。加湿器する上でもっとも気をつけねばならない、部屋の空気中に漂うウイルスをイオンで除菌するするため、加湿しながら空気を正常にする役割をもっています。特に冬の季節に多い風邪やインフルエンザなどの予防に最適です。
 

おすすめ加湿器メーカー:パナソニック(Panasonic)

パナソニックの加湿器のおすすめポイントは、商品電力が他社の加湿器に比べると安いという点です。パナソニックが独自開発している商品電力が少ないモーターを搭載しているので、同じ種類の加湿器であればパナソニックがダントツで消費電力が抑えられています。また機種にっては、空気中から微粒子イオンを派生させるタイプもあります。

おすすめ加湿器メーカー:アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

たくさんの種類の家電製品を手掛けているアイリスオーヤマになりますが、コスパに優れていて機能が良いのが特徴です。良い加湿器を探しているけど、あまりお金をかけたくないという方におすすめな加湿器メーカーと言えます。家電メーカーでは後発組ですが、無駄なものを省き安くて良い商品を作るという点においては、加湿器に至っても良いメーカーと言えます。小型の加湿器から大型の加湿器まで幅広く手掛けています。
 

おすすめ加湿器メーカー:三菱重工(MITSUBISHI)

エアコンなどど家電機器を手掛ける三菱重工ですが、エアコンと連動させて室内の湿度のバランスを調整する機能なども搭載されています。またスチーム式の加湿器をシリーズ化しているため、このタイプの加湿器を選択するのであれば三菱重工はおすすめと言えます。デザインも見やすく使い方もシンプルなものが多いので、年配の方にもおすすめな商品が多数販売されています。
 

Thumb卓上加湿器のおすすめ人気ランキング25選!オフィスにピッタリのものも! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

人気はどれ?おすすめの加湿器ランキング!

加湿器は性能の違いであったり加湿方式の違いがあります。今回はスチーム式、帰化型式、超音波式、ハイブリッド式などの種類に分けてランキングするのではなく、すべての種類の加湿器から多くの人が購入していて、お手入れが簡単な最新の人気加湿器という側面からランキングを作成しています。それでは、おすすめの加湿器をランキング1位から15位まで見ていきましょう。
 

加湿器ランキング15位:Toffy YL56-HF-AW

超音波振動方式の加湿器になりますが、噴出口から大容量な蒸気を体感することが出来きます。水が切れると自動的に停止するので空焚きなどの心配もありません。空気中に放出するミストはダイヤルで無段階に調整することができ、細かい粒子のミストから粗目のミストまで作ることが可能です。エッセンシャルオイルをいれるオイルポットも付いているので、すぐにアロマも楽しめます。

ランキング入りのおすすめの人気理由とは?

加湿方式は超音波振動方式になります。加湿範囲は和室なら4畳から5畳、洋室なら7畳程度になります。1時間あたりの加湿量は250mlとなっているため、ワンルーム向けの加湿器になります。加湿器のデザインもレトロな雰囲気が漂い、コンパクトな加湿器を探している方もデザインなどで選ぶ方も多いようです。またお手入れも簡単で操作性も良い点が人気です。

加湿器ランキング14位:cado STEM 620

加湿と除菌を効率的に年中行う高機能な加湿器になります。加湿量は最大600mL/hになり、広範囲を密度が高い蒸気で力ずよく加湿します。安いパワフルな加湿器は、ミストの密度が荒く、床や壁がべちょべちょになることが多いのですが、この加湿器のミストはマイクロミストになりかなり微細な粒子状のミストを噴射します。また水をタンク入れるだけで、99.9%除菌されるので綺麗な空間を満喫することが可能です。

ランキング入りのおすすめの人気理由とは?

複雑な設計をとことん省いた内部推奨は、タンクたり外し後にも簡単に掃除することが出来き、大型な加湿器になりますがメンテナンスやお手入れは非常に簡単です。加湿範囲は和室であれば10畳、洋室であれば17畳になります。加湿方式は超音波方式になり、電気代も節約することが可能です。大型の加湿器ですのでリビングなどに置くとデザインもオシャレで加湿効果も最適と言えます。
 

加湿器ランキング13位:バルミューダRain ERN-1100UA

クラシックで先鋭的なデザインで、室内のインテリアのレベルを底上げする家電と言えます。外見は未来的な家電設計のように感じますが、水のタンクは据え付け型になり、蓋をはずしてそのままヤカンなどで水を注ぎこむことが可能です。特殊なフィルターを利用しており、細菌や雑菌、ホコリなどを瞬時に取り除きます。部屋やインテリア家具などにも最適な湿度を自動設定で保つことが可能です。

ランキング入りのおすすめの人気理由とは?

加湿方式は気化式になり消費電力は抑えて利用することは可能です。加湿量は600 mLになり、具体的に利用できる範囲は和室は12畳、洋室は17畳と広範囲を加湿することが出来ます。自動運転操作や除菌・殺菌効果、チャイルドロックなど高機能な加湿器についている性能は保有しています。Wi-Fiネットワーク機能を搭載しており、外出中のアプリで操作可能な点はおすすめと言えます。
 

加湿器ランキング12位:CCP KJ-373HE

広い間取りの部屋にも適応可能なハイブリッド式の加湿器になります。超音波とヒーター方式を組み合わせた、ハイブリッド型の加湿器になります。本体は熱くなりすぎず安全に迅速に部屋の湿度を調えることが可能です。デザインもスタイリッシュでありながら、リビングやオフィスでも利用可能な21畳対応な加湿器になります。

ランキング入りのおすすめの人気理由とは?

ハイブリッド式というと加湿能力が見劣りすると思われがちですが、「CCP KJ-373HE」はタンク容量7.5Lに加湿量がおおよそ750ml/hとかなり強力な加湿力を持っています。ロングノズルを装着することで、高い位置から広範囲に加湿します。ヒーター方式も搭載されているため力強い加湿量がありながら、消費電力も120Wと省エネ設計も人気のポイントと言えます。

加湿器ランキング11位:ダイニチ HD-RX317

寝室で使う加湿器をお探しの方は、音が非常に静かなハイブリッド式の加湿器がおすすめと言われていますが、その中でも特に「ダイニチ」の加湿器は静音効果が高いと言われています。この加湿器の大きな特徴は、ターボ運転機能がありパワフルに素早く加湿できる点が特徴的と言えます。スチーム式加湿器に比べても引けを取らないパワーを体感できる人気機種です。

ランキング入りのおすすめの人気理由とは?

温風気化型のハイブリッド式加湿器になります。スチーム式の加湿器に比べると大幅に消費電力を節約することが出来、電気代も安くで済みます。木造和室であれば6畳、洋室部屋であれば8畳ほどの範囲が推奨加湿範囲です。加湿量は一時間あたり350mlとなり、サイズ的は妥当な範囲です。

加湿器ランキング10位:アイリスオーヤマUHM-300P

オシャレなデザインで室内のインテリアにも自然と馴染む、スマートな外観の加湿器になります。アイリスオーヤマ UHM-300Pは、超音波式加湿器のため消費電力も低く電気代節約に適しています。アロマを入れて楽しむことも可能であり、超音波の微細な振動により細かい霧状に水を噴射し、部屋の湿度調整を行います。LEDランプも搭載されているため、寝室でアロマを楽しみながら加湿することが可能です。

ランキング入りのおすすめの人気理由とは?

アイリスオーヤマの超音波加湿器は、最大加湿量約300ml/hになり、木造和室であれば6畳程度、洋室であれば8畳程度の加湿効果が期待できます。小型の加湿器でありながらタンク容量は3.5リットル収容可能なため連続で11時間程度は運転可能です。同じデザインでホワイト・ピンク・オレンジの3色が販売されています。一番人気はピンクのようです。この加湿器の一時間当たりの電気代はおおよそ1.1円程度と言われています。
 

加湿器ランキング9位:三菱重工roomist SHE35PD-K

パワフルな加湿を体験できる三菱重工のスチームファン蒸発式加湿器になります。イオンフィルターを通じて、加湿するために細菌やウイルス類をブロックし清潔な蒸気で部屋の湿度を整えます。またプラズマW除菌という機能もついておりプラズマイオンと三菱重工の特集フィルターにより除菌効果が非常に高いと言えます。

一般的なスチーム式の加湿器のように、沸騰させて上記にするのではなく、スチームファン蒸発式加湿器というのは加湿器の中の特殊なフィルターに水分をしみ込ませ、蒸発させることにより蒸気を作り出します。そのため水はタンクに入れるのですが、加湿器が転倒しても水はこぼれないでの小さな子供がいるご家庭でも安心して利用可能です。普通のスチーム式の加湿器に比べると音も静かで、寝室でも利用することが可能です。

ランキング入りのおすすめの人気理由とは?

加湿量350ml/hになり和室であれえば6畳程度、洋室であれば10畳程度の範囲まで加湿可能です。音も静かでありながら約8時間以上加湿することが可能です。スチーム式の特徴は加湿器の中でもパワーがあることは、既に上記でお伝えしていますがスチーム式の加湿器であれば、消費電力も抑えられ音も静かなこの加湿器はおすすめと言えます。テレビや冷蔵庫などの家電と並べても違和感なく利用すること可能です。
 

加湿器ランキング8位:シャープHV-G70-W

ハイブリッド方式の加湿器では、かなり強力な加湿効果が期待でる商品になります。また加湿とともに空気清浄機能があるプラズマクラスター搭載なため、湿度を保ちならが空気も綺麗にしてくれるので、ウイルスが気になる冬の時期なども大活躍する加湿器と言えます。また室内の湿度や気温を感知するセンサーがあるため、過剰な加湿を抑制し快適な空間作りに効果的です。

ハイブリッド式の加湿器はスチーム式の加湿器に比べると、作りが複雑でお手入れが面倒なことが多いのですが、この商品は簡単に分解することが出来き、個々に洗って清潔に保つことが可能になっています。給水タンクも取り外し可能で水洗い簡単です、また加湿フィルターの需要はおおよそ8シーズンと長く利用でき、こちらも丸洗い可能なためお手入れ簡単と言えます。

ランキング入りのおすすめの人気理由とは?

ハイブリッド式のため不要な電気代が節約でき、加湿範囲は木造和室11畳、洋室であれば18畳とかなり広い範囲を加湿することが可能です。リビングとダイニングがつながっているような、作りのマンションなどには非常におすすめと言えます。パワフルで広範囲を加湿することが可能ですが、加湿器事態はコンパクトで軽く女性でも取り扱いやすいと言えます。プラズマクラスターも付いているので、ファミリーにも人気の加湿器になります。

加湿器ランキング7位:パナソニックF-GMHK10-W

パナソニックの気化式加湿器になります。寝室にピッタリの大きさの加湿器になり1度の給水で連続六時間利用することが可能です。ナノイー発生器というのはパナソニック独自の機能となり、水に保有された微量のイオンを活性化させ空気洗浄機の働きがある機能になります。「F-GMHK10」は加湿しながらナノイーを発生させるため空気も綺麗します。
 

また加湿が不要な春から夏ごろまでは、ナノイー機能のみ利用できるの空気洗浄機として1年中利用することが可能です。ナノイーは除菌効果、脱臭効果、美肌効果があり寝室で利用するのに最適です。また気化式のためフィルターが付いていますが、頻繁な交換は必要なく10年程度は利用可能なので、長く加湿器として利用される方にもおすすめと言えます。

ランキング入りのおすすめの人気理由とは?

パナソニックの小型加湿器である「F-GMHK10」は、和室洋室ともに6畳程度の範囲まで加湿可能です。ナノイーが届く範囲は少し狭く、加湿器設置スポットからおおよそ3畳程度の範囲となります。寝室や仕事のディスクに置いて利用する場合にも最適と言えます。別売りのフィルターも1個3500円となっていますので、長期間利用される方にも安心です。

加湿器ランキング6位:象印EE-RM35

電気ポッドのような見た目の作りの象印の加湿器になります。見た目どうりスチーム式の加湿器になり、加湿器とタンクが一体型になりフッ素加工がほどこされたタンクを内蔵しています。一度ポッドの中で沸騰させた蒸気を、いったん冷やしてから蒸気として保湿するため、殺菌効果が高く清潔な蒸気を感じることが可能です。

加湿器のタンク内には目分量が付いており、どの程度のメモリまで水を入れると何時間加湿できるのか、など目安が付いていますのでヤカンなどに水をいれて適度な量の水を補給することが可能です。夜の就寝時に便利な二段階タイマーが設計されており2時間と6時間のタイマー機能があるので便利と言えます。また加湿器の大きさもポット程度の大きさで省スペースで利用できる点も人気の理由です。

ランキング入りのおすすめの人気理由とは?

EE-RM35は、和室であれば6畳程度、洋室であれば8畳程度の広さで利用することが可能な加湿器になります。もう少し広い部屋で利用されたい方は、同じ機種で大サイズの「EE-RM50」を利用しましょう。和室であれば8畳、洋室であれば13畳が推奨環境となります。水を沸騰させる際の騒音防止機能などもあり、加湿効果は高く静かです。スチーム式なのでパワフルな加湿効果を期待される方におすすめです。

加湿器ランキング5位:ツインバードSK-4974

安価で小型のスチーム式方式の加湿器を探している方に、非常におすすめな加湿器になります。小型加湿器は多くの場合アロマを楽しむことが出来るのですが、この商品も同じく加湿しながらアロマを楽しむことが出来る商品になります。使い方はかなりシンプルで、水のタンクに水道水を入れて、スイッチをオンにするだけのシンプル設計になっています。

SK-4974のおすすめポイント3つあります。一つは小型で職場のディスクでも利用できるサイズであることです。二つ目は小さいにも関わらず1度の給水で連続約8時間稼働が可能なところ。三つ目は専用のアロマポットが付いているので、トレイを開けてアロマオイルを数的垂らすだけで、リラックスしたアロマを楽しむことが可能になります。

ランキング入りのおすすめの人気理由とは?

小型のスチーム式の加湿器になります。加湿量は150mlになり和室洋室ともに3畳程度の範囲、またはディスク回りでの利用となります。スチーム式の加湿器のためフィルターの交換も必要なく、タンクに水を入れてボタンを押すだけの簡単設計のため、仕事をしながらディスク回りで加湿器を利用したい方には特におすすめと言えます。市場価格は2000円を切っているので、初めて加湿器を利用する方にも人気です。

加湿器ランキング4位:ダイソンHygienic Mist MF01IB

家電で人気のダイソンが手掛ける加湿器「MF01IB」は、超音波式の加湿器でありながら扇風機やサーキュレーターとしても、併用して利用することが可能なため、1年中理由することが可能な人気の加湿器になります。ウルトラバイオレットクレンズテクノロジーという殺菌をやバクテリアを除菌する機能は、ほぼ100%に近い確率で除菌します。室内の湿度や温度をセンサーで感知しながら適切な湿度設定を保つことが可能です。
 

加湿器の中では高額の部類にはいる製品になりますが、リビングとダイニングがつながっているような部屋でには最適と言えます。チープな作りの加湿器と比べると部屋全体を均等に加湿し、運転中も非常に静かに利用することが可能です。ダイソンの「MF01IB」は、速やかに除菌された水分を部屋の空気中で満たすので、風邪やインフルエンザが流行する時期には、非常に重宝されることでしょう。

ランキング入りのおすすめの人気理由とは?

加湿タイプは超音波式になり、日々の電気料金も安く済み、木造和室であれば6畳、洋室であれば8畳ほどまで対応しています。連続加湿時間は10から18時間と、仕事から帰宅後に水を入れて稼働しっぱなしでも大丈夫です。細かな設定はリモコンで操作可能になっています。扇風機やサーキュレーターとしても利用できるので、狭い室内であれば特に1台で3役こなすのでおすすめと言えます。
 

加湿器ランキング3位:アピックスAHD-015-PK

赤・白・青の三種類のオシャレなしずくの形をした超音波方式の「アロマ加湿器」になります。タッチパネル式で操作もしやすく、LEDランプ、タイマー搭載、抗菌カートリッジなどを搭載しています。大型の加湿器に比べるとワンルームのような小さな部屋で加湿とともにアロマを楽しみたい方や、手軽な価格で小型の加湿器を探している方におすすめと言えます。

加湿器に取り付けられているカードリッジは、雑菌の繁殖を抑制する働きがあり安心して保湿機能を利用することが可能です。カードリッジの寿命は、小型の加湿器では長く半年ほど利用することが可能です。また小型の加湿器であり超音波式の加湿器になるため1時間の電気料はわずか0.9円になります。ファミリー向けというよりは単身者向けの商品になりますが、価格も3000円台と安いため初めて加湿器を導入される方にもおすすめです。    
 

ランキング入りのおすすめの人気理由とは?

木造と洋室それぞれ6畳程度までが加湿範囲となります。アロマオイルに対応した加湿器で、リラックスしたい時に数的アロマオイルを落として加湿すると、加湿効果とともにリフレッシュ効果が期待できます。自動的に運動をストップするタイマーも搭載されており、稼働したまま寝てしまっても安心です。使い方も簡単で直感操作でなんなく使えてしまい、電気代も安いところがおすすめです。

加湿器ランキング2位:roomist(ルーミスト)SHK90MR

三菱重工冷熱からシリーズ化されている加湿器になります。スタイリッシュはホワイトで、縦置きタイプの加熱気化式と気化式をミックスさせた、ハイブリッド加熱気化式加湿器になります。水分を保有したフィルターにファンで送風することにより加湿する気化式と、同じフィルターにヒーターで温めた温風を吹き付けることで加湿する方式になります。湿度に合わせて気化式が自動的に切り替わるので、無駄な電気代がかかりません。

本体の空気吸い込み口のフィルターは、ウイルスや細菌に加えカビなどをキャッチするため安心して利用することが可能です。また加湿とともにプラズマイオンを精製するために、空気中のウイルスの繁殖を抑制し殺菌効果が期待できるので、空気清浄機の働きも果たします。ハイブリッド方式の加湿器はフィルターの交換が面倒に感じますが、1つのフィルターで8シーズン交換不要でランニングコストも良いと言えます。
 

ランキング入りのおすすめの人気理由とは?

木造和室であれば14.5畳、洋室であれば23.5畳とかなり広い部屋で利用することが可能です。「SHK90MR」はこのモデルの一番サイズが大きい850mlモデルになりますが、そのほかに500mlモデル、700mlモデルが販売されていますので、一人暮らしのワンルームであれば一番小さなモデルでも良いでしょう。主にリビングなどに設置される方が多く、パワフルな加湿力を感じることが出来る人気の加湿器です。
 

加湿器ランキング1位:象印EE-RM50

電子ポットや炊飯ジャーなどで人気の象印のおすすめ加湿器になります。強力な加湿力が特徴的なスチーム式の加湿器になります。スチーム式の加湿器というと水を機械に入れる必要があるのですが、水を入れる口はポットの用に広々としている点とやっかいなフィルターなど無いため、スチーム式の加湿器特有のメンテナンスや掃除は非常に楽と言えます。

湿度と室温センサーがあるため、過剰に湿度をあげすぎることなく自動でコントールする機能が搭載されています。ボタンも少なく使い方もシンプルなので子供や年配の方が使いやすと言えます。電気ポッドの用な外観で堅牢制に優れています。スチーム方式の加湿器のため消費電力は他のタイプよりかかりますが、パワフルな加湿力に、メンテナンスがシンプルでフィルター交換不要な点が人気と言えます。

ランキング入りのおすすめの人気理由とは?

加湿方式はスチームタイプになります。「象印 EE-RM50」はシリーズの2機種の中でも大きなサイズで、木造和室であれば8畳、集合住宅のような作りであれば13畳まで対応可能です。強めの設定で連続運転すると六時間、加湿力弱めであれば24時間連続運転可能です。空だき防止機能や加湿器が転倒した場合には、自動的に電源オフになる機能があり、小さな子供がいる家庭でも安心して利用できるのでおすすめです。
 

Thumb無印良品の加湿器のお手入れは?インテリアとしての口コミも! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

おすすめの加湿器を使って快適な毎日を過ごそう!

お手入れが簡単でありながら最新の加湿器の人気商品について、ご紹介させて頂きましたが如何だったでしょうか?加湿器というと部屋の湿度を調整する家電というイメージでしたが、加湿方式やメーカー特有の機能がついていたりと様々なタイプがあります。たくさんの種類があり部屋の間取りや用途に合わせて、好みの加湿器を見つけてみてください。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ