ヤクルトとヨーグルトの乳酸菌や効果の違いとは?どっちが腸内環境に良い?

乳酸菌は腸内環境を整える食品として愛され続けられています。主にヤクルトやヨーグルトが乳酸菌を多く含む食品ですが、どのような乳酸菌が含まれているのか知っていますか?乳酸菌には種類があり、それぞれの特徴や効果が異なります。腸内環境を整える以外にもダイエットや病気予防などの効果をもたらします。ヤクルトとヨーグルトに含まれる乳酸菌の種類、そしてその特徴と違い、併用についての注意点などについて紹介します。

ヤクルトとヨーグルトの乳酸菌や効果の違いとは?どっちが腸内環境に良い?のイメージ

目次

  1. 1ヤクルトやヨーグルトの乳酸菌の効果や違いについて紹介
  2. 2ヤクルトやヨーグルトの乳酸菌の効果
  3. 3ヤクルトやヨーグルトの乳酸菌とビフィズス菌の違い
  4. 4ヤクルトやヨーグルトに含まれる乳酸菌の種類
  5. 5ヤクルトやヨーグルトの乳酸菌は症状別に適切に摂取
  6. 6ヤクルトやヨーグルトの乳酸菌の効果のある摂取方法
  7. 7ヤクルトの乳酸菌
  8. 8ヤクルトの乳酸菌の効果
  9. 9ヤクルトの乳酸菌の効果を出す方法
  10. 10ヤクルトの種類
  11. 11ヨーグルトの乳酸菌
  12. 12ヨーグルトの乳酸菌の特徴
  13. 13製品別のヨーグルトの乳酸菌:明治ブルガリアヨーグルト
  14. 14製品別のヨーグルトの乳酸菌:明治プロビオヨーグルトLG21
  15. 15製品別のヨーグルトの乳酸菌:明治プロビオヨーグルトR-1
  16. 16製品別のヨーグルトの乳酸菌:明治プロビオヨーグルトPA-3
  17. 17製品別のヨーグルトの乳酸菌:グリコヨーグルト健康
  18. 18ヤクルトやヨーグルトを摂取して腸内環境を整えよう

ヤクルトやヨーグルトの乳酸菌の効果や違いについて紹介

腸内には多くの最近が存在しています。その最近の種類も様々で善玉菌や悪玉菌という名称で呼ばれています。腸内環境はこの善玉菌と悪玉菌のバランスによって形成されており、数のバランスが崩れると腸内環境が崩れ、病気担ったり調子が悪くなることがあります。人間の健康的な生活維持には欠かせない腸内環境を整えるために欠かせないのがヤクルトやヨーグルトです。これらには乳酸菌が多く含まれています。

ヤクルトやヨーグルトには乳酸菌など腸内環境を整える多くの細菌が含まれています。健康維持の為に毎日食べ続けている人も多くいます。ヤクルトとヨーグルトではどちらを摂取するのが効果的なのでしょうか?ヤクルトとヨーグルトを併用して摂取しても問題ないのでしょうか?乳酸菌が体に良いと言われていますが、乳酸菌が腸内環境にどのような影響を与えるのか詳しく知っていますか?乳酸菌の違いは知っていますか?

乳酸菌は一種類ではなく数多くの種類があります。それぞれの乳酸菌は特徴を持っています。健康維持だけでなくダイエットなど目的に対して支援する乳酸菌を積極的に摂取することが効果的です。乳酸菌の働きや期待できる効果、特徴を知ることでより効果的に乳酸菌摂取ができるようになります。ヤクルトやヨーグルトに含まれる乳酸菌の違いについて紹介します。また効果を最大限発揮できる摂取方法や併用に注意点を紹介します。

ヤクルトやヨーグルトの乳酸菌の効果

乳酸菌とは人間の腸の中に存在する1000兆個ともいわれるブドウ糖やオリゴ糖などをえさに乳酸を作る細菌の集団です。腸内フローラとも呼ばれています。腸内で乳酸菌は3つの働きを行っています。一つは整腸作用です。善玉菌と悪玉菌のバランスで腸内環境は常に一定に保たれています。しかしちょっとした生活の乱れや病気などが要因で腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れてしまうことがあります。

腸内のバランスは悪玉菌の数を増やさないようにするだけでなく善玉菌の数も一定にしておく必要があります。余分な栄養素を排出したり、老廃物を的確に体外に排出するために必要なのが腸内バランスです。健康維持だけでなく美容やダイエットにも効果があります。乳酸菌はこの腸内バランスを正常に保つよう作用しています。次に免疫作用の効果です。病気にならないように免疫力を高める作用にも乳酸菌は関わっています。

腸内環境を正常に保つことで有害物質をいち早く発見することができます。有害物質を素早く感知し、それを体外に排出する機能を高めることで免疫力強化につながります。腸内のバランスが崩れることで発生する風邪やインフルエンザだけでなく、癌や高血圧、糖尿病といった病気にも効果があることが分かっています。最後に脳と腸の相関のバランスをとる作用です。腸内の環境は人間の精神的にも作用を及ぼします。

ストレスや疲れ、睡眠不足などは脳の活性化を抑止します。それと同時に腸内も負担をかけて腸内バランスを崩してしまいます。結果、病気になりやすくなるなど脳と腸には相関関係が存在します。逆に腸内を調整することで脳に対するダメージも少なくすることができます。乳酸菌は人間の体全体に様々な作用を持っています。腸内環境を乳酸菌で整えることで健康維持に大きく寄与しているのです。

Thumbピルクルの効果やカロリーは?ヤクルトと違う?値段や成分を徹底比較 | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

ヤクルトやヨーグルトの乳酸菌とビフィズス菌の違い

ヤクルトやヨーグルトでは乳酸菌を摂取できると評判ですが、同時にビフィズス菌を摂取できる効果もあります。ビフィズス菌は乳酸菌の一種と思われていますが、実は別の菌です。それぞれ別の作用を担っています。腸内に生息している善玉菌のほとんどが乳酸菌とビフィズス菌で構成されているため、一緒えあると認識されてしまうケースが多いのですが、善玉菌の99.9パーセントはビフィズス菌です。残りの0.1パーセントが乳酸菌です。

乳酸菌はビフィズス菌の活動のサポートを主に行っています。ビフィズス菌は乳酸菌と同じく乳酸を作るのが主な役目ですが、それと同時にビタミンや葉酸なども作り出しています。ビフィズス菌も同時に摂取することでサポート役である乳酸菌単独よりも大きな効果を出すことができます。乳酸菌だけが入っているヨーグルトやヤクルトよりもビフィズス菌も入っている製品を併用することでより高い効果を得ることができます。

ヤクルトやヨーグルトに含まれる乳酸菌の種類

乳酸菌には二種類あります。一つはラクトバチルス、もう一つはラクトコッカスです。ラクトバチカスは主に小腸の中で活躍する乳酸菌です。胃酸に強い性質を持っており、ピロリ菌を退治する作用があります。ラクトコッカスは、免疫力の強化やコレステロールの抑制に効果があります。乳酸菌は自然界でも多く存在しています。その中での分類として動物性の乳酸菌と植物性の乳酸菌にも分類されます。

人間の体内で活躍する乳酸菌の多くは植物性の乳酸菌です。胃酸に強く他の菌と共存することを得意としているため、腸内まで生きたままで到達することが多いためです。逆に動物性の乳酸菌は生きたまま腸内まで到達するケースが少ない、結果人間の腸内では植物性の乳酸菌が多くなっています。違いはあれども乳酸菌の活動は同じです。どちらか一方だけでなく両方の乳酸菌を腸内にとどめておくのが理想的です。

ヤクルトやヨーグルトの乳酸菌は症状別に適切に摂取

乳酸菌の種類はもっと細かく分類されます。それぞれの乳酸菌には得意とする分野があり、人間の腸内での働きも異なります。乳酸菌を摂取することで様々な効果を見出すことができますが、症状ごとに効果の高い乳酸菌を摂取することが必要です。ヨーグルトやヤクルトで乳酸菌を摂取するときには、どの乳酸菌が含まれているのかを見極めておくのが最も効果的な方法です。もちろん腸内バランスを保つことが前提となります。

便秘解消には、腸内の動きを促す効果を持っている乳酸菌が必要です。LB81乳酸菌やHSK201、NY1301株などが効果的です。また乳酸菌には属しませんが、ビフィズス菌も腸内を活性化させるには最適な菌ですので、乳酸菌とともにビフィズス菌を摂取することが便秘解消にはおすすめです。次にダイエットに効果のある乳酸菌です。ダイエットには脂肪の燃焼や代謝アップが効果的です。

テレビコマーシャルでも有名なガセリ菌、TUA4408L、ガネデン乳酸菌、酪酸菌、スマート乳酸菌などが効果的です。花粉症やアトピー皮膚炎などを抑止する効果を持っている乳酸菌もあります。腸内の免疫力の強化や腸壁を守る作用を持っている乳酸菌がおすすめです。リフレクト乳酸菌、L-92乳酸菌、KW乳酸菌、LGG乳酸菌、L-55乳酸菌などが効果的です。

肌荒れやニキビなどには老廃物の排出に優れた効果を持っている乳酸菌を取り入れることが必要です。H61株Lや、LK-117などの乳酸菌が効果的です。ストレス解消などに役立つ乳酸菌として、脳と腸内の相関バランスに高い効果を持つプレミアガセリ菌があります。免疫力を高めて病気予防をするのであれば、免疫機能をサポートする乳酸菌である、1073R-1、L-137、シロタ菌、プラズマ乳酸菌、ラブレ菌、ETF2001乳酸菌が効果的です。

がん予防には、悪玉菌が作り出す有害物質の検知と祖の排出に効果を持っている乳酸菌である、カゼイシロタ菌を利用するのが適切です。腸内とはかけ離れた歯周病の予防や虫歯予防にも効果があります。口の中のフローラバランスで虫歯や歯周病、そして口臭予防にも役立ちます。BLIS乳酸菌、L8020乳酸菌などが効果的です。それぞれの用途に応じて違いを見極め摂取するヨーグルトやヤクルトを選ぶのがポイントです。

Thumbミルミルとヤクルトのダブル飲みがすごい!腸活や美肌・ダイエット効果も | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

ヤクルトやヨーグルトの乳酸菌の効果のある摂取方法

ヤクルトやヨーグルトとは口から摂取する乳酸菌です。口から腸内までは繋がっているため、いつでも乳酸菌を腸内に届けることができますが、どうせ届けるのであれば、活性化された状態で届けたいものです。そのためには摂取するタイミングを見極めることも大事です。効果のある摂取方法を紹介します。まず食後に摂取することです。乳酸菌を腸内に届ける時に大きな壁になるのが胃酸です。胃酸の中で生き続けることが必要です。

そのため胃酸の活動が低い時に摂取するのが効果的です。そのタイミングは食後です。乳酸菌は死んでしまっている状態でも効果をもたらしますが、できる限りいきたまま腸内に送り届けるのが大事です。胃酸が薄い食後にヤクルトやヨーグルトを摂取するのがポイントです。そして食事の内容もオリゴ糖などの糖質が含まれていること、そして食物繊維が多い食事が効果的です。乳酸菌の餌になるため、乳酸菌の活動を活発にします。

乳酸菌を多く含む食品はヤクルトやヨーグルトが代表的ですが、発酵食品の中には多くの乳酸菌が含まれています。みそやキムチ、麹など、日本酒やワインにも含まれています。サプリメントを活用して摂取することもできます。トクホを利用する方法もあります。トクホとは特定保健用食品として認定された食品です。届け出だけでなく認可を受けているため、その効果はお墨付きになります。高い効果を期待できます。

ヤクルトの乳酸菌

ヤクルトは乳酸菌とともに80年の歴史

乳酸菌といえば、まず最初に思い浮かべるのがヤクルトです。約80年、愛され続けてきたヤクルトは乳酸菌摂取には欠かせない飲み物です。変わらないデザインとサイズ、そしていつまでも安い価格が愛され続けている理由です。ヤクルトは配達も行っており、ヤクルトレディが職場や自宅に毎朝届けてくれたり、販売してくれています。常に身近な存在としてヤクルトは存在し続けています。

ヤクルトは乳酸菌飲料の鏡

80年間愛され続けるにはそれなりの理由があります。その大きな理由の一つが効果です。ヤクルトはサイズが小さいことが特徴です。1本だけ飲んでもその効果を実感することはできません。ヤクルトは飲み続けてこそ初めて効果があります。ヤクルトは他のヨーグルトや健康食品と併用することも可能です。単価が安いことと、飲み続けることで初めて効果が出ることが長い間支持し続けられている大きな理由です。

ヤクルトはただの乳酸菌飲料ではありません。乳酸菌飲料として表記できる基準は1ミリリットルの中に100万個以上の乳酸菌が含まれていることが条件です。しかしヤクルトは1ミリリットルの中に1000万個乳酸菌が存在しています。通常の乳酸菌飲料の10倍の数です。あの小さなサイズに大きなヨーグルト1パック以上の乳酸菌が含まれているため、摂取量も必然的に多くなります。量で勝負しているのもヤクルトです。

Thumbヨーグルトの種類と効果を比較調査!混ぜる・変えるで効果も変わる? | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

ヤクルトの乳酸菌の効果

ヤクルト摂取で得られる3つの効果

ヤクルトに含まれている乳酸菌は主にシロタ株です。腸内を常に正常な状態に保つ最適な乳酸菌を探し続け、ヤクルトの創業者はシロタ株にたどり着きました。それ以来、ヤクルトに含まれるシロタ株が日本人の健康を支え続けてきたのです。シロタ株の効果は大きく3つあります。ひとつは、悪玉菌を減らし、善玉菌を増やす作用です。善玉菌とは腸内に一番多く存在するビフィズス菌です。この数を増やす作用をシロタ株が支援します。

4週間継続して毎日ヤクルトを飲み続けることによってビフィズス菌の数が飲まなかった人と比較して2.5倍になった実験結果もあります。ビフィズス菌が増加することによって悪玉菌の代表格である大腸菌が減少し、腸内環境を正常な状態に維持し続けることができます。二つ目の作用は腸内環境を改善する効果です。シロタ菌は腸内の有害物質の発生を抑止する効果を持っています。有害物質は常に発生し続けます。

そのため有害物質を抑止させるためには飲み続けることが必要になります。毎日飲み続けた場合、有害物質の発生率が40パーセント以上軽減された実験結果もあります。有害物質の抑制は早期に行うことが最も効果的です。そのため、いつ有害物質が発生しても対応できるように常にヤクルトを飲み続けることが大事になります。最後に下痢や便秘を改善する作用です。シロタ菌の特徴は生きたまま腸内に届く確率が高いことです。

そのため腸内にシロタ菌が届いた状態でも乳酸を生産し続けます。便中の水分を上手にコントロールし、最適な状態でお通じさせる効果を持っています。水分の量が少しでも少なかったり、多かったりすると便秘や下痢になってしまいます。その便の中のシビアな水分コントロールを司っています。シロタ菌は他の乳酸機と競合しません。そのため併用してもシロタ菌の活動に影響を及ぼすことはないのです。

ヤクルトの乳酸菌の効果を出す方法

ヤクルトは飲み続けてこそ効果あり

ヤクルトは1本の中に多くのシロタ菌が含まれています。サイズからは想像できない乳酸菌を摂取できるのがヤクルトの最大の特徴です。その効果を出すためにはヤクルトを飲み続けることが必要です。シロタ菌を生きたまま届けることはできても腸内で生息し続けることはできません。常に新しいシロタ菌を贈り続ける必要があります。そのため飲み続けることこそ腸内環境を常に最適な状態に維持するポイントです。

ヤクルトに含まれるシロタ菌は胃酸にも強い構造を持っているため飲む時間やタイミングなどを考慮する必要はありません。空腹時に飲んでも食後に飲んでも同じ効果を出すことができます。飲む前に注意点としてよく振って攪拌してから飲むことです。どうしても沈殿してしまうからです。沈殿物と一緒にシロタ菌も一緒に沈んでしまい、飲むときに摂取できずじまいになってしまう可能性があります。それを防止するのが得策です。

ヤクルトの種類

トクホにも認定されているヤクルトもある

ヤクルトは80年間同じ商品ではありません。パッケージこそ変わりませんが中身は確実に過去とは違いがあり進化しています。トクホに指定されているヤクルトも存在します。トクホに至らなくてもカロリーをカットしたヤクルトなども販売しています。スーパーでもパッケージとして販売されており、気軽に購入できるのが魅力です。どれも1本当たりの価格は安く、手軽に購入できる嬉しさがあります。

ヨーグルトの乳酸菌

ヤクルトに対してヨーグルトも豊富に乳酸菌が含まれています。体にいいとヨーグルトを購入するケースはありますが、ヨーグルトに含まれている乳酸菌は種類も様々です。内容や表示を確認してどのような効果を持っている乳酸菌が含まれているかを知ることで一層効果を高めることができます。ヤクルトはシロタ菌がメインですが、ヨーグルトの場合には多種多様です。まずは違いを知ることです。併用すると効果を薄める場合もあります。

Thumb飲むヨーグルトの作り方は簡単!R1も量産できちゃう人気レシピを紹介 | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

ヨーグルトの乳酸菌の特徴

ヨーグルトは医療用品ではありません。そのため確実に効果を期待できるものではないことを念頭に置いておく必要があります。乳酸菌の効果には腸内環境を整える以外にも美容やダイエット、病気の予防、便秘解消など様々な効果があります。また価格も商品によって異なります。価格が高いからと言って効果も比例して高いわけではありません。味を美味しくするためにフルーツを入れてそれが高くなる要因になっている場合もあります。

スーパーのヨーグルト売り場にはたくさんのヨーグルトが販売されています。どれを買えばいいのか迷ってしまうことも少なくありません。メジャーな製品のヨーグルトの効果を紹介します。一般的にヨーグルトは牛乳を二種類の乳酸菌を入れて発酵させています。これに独自の乳酸菌やビフィズス菌などを配合させて商品化させています。特徴や性質の違いを理解したうえで購入するのがおすすめです。

製品別のヨーグルトの乳酸菌:明治ブルガリアヨーグルト

定番のヨーグルトは明治ブルガリアヨーグルトです。整腸作用に優れている乳酸菌が多く含まれています。主要な乳酸菌だけで作られているのが他のヨーグルトとの違いです。整腸作用はシビアに働くため、他のヨーグルトやヤクルトと併用すると効果が薄れてしまう可能性があるため注意が必要です。整腸作用が整うと便秘や軟便の解消に役立ちます。特定健康用食品に認定されている商品です。

製品別のヨーグルトの乳酸菌:明治プロビオヨーグルトLG21

多くの医師がすすめたいヨーグルトとして定評なのがプロビオヨーグルトLG21です。動物性乳酸菌であるにも関わらず腸に生きたまま届く確率が高いのが他のヨーグルトとの違いです。ピロリ菌除去に絶大な効果を持っていることも違いであり、他のヨーグルトやヤクルトと併用しても効果に影響はありません。胃や腸の免疫力をアップさせることができるため、病気になりにくい体づくりを応援します。

製品別のヨーグルトの乳酸菌:明治プロビオヨーグルトR-1

R-1は免疫力を増強する乳酸菌です。そのため風邪をひきにくい体にするには最適なヨーグルトです。インフルエンザに完成しにくくなるなど受験生にはおすすめのヨーグルトです。フレーバーも多種多様で飽きのこない味が準備されています。他のヨーグルトと併用しても効果に影響はありません。むしろ免疫力を高めるヨーグルトを併用することで相乗効果を期待することも可能です。

製品別のヨーグルトの乳酸菌:明治プロビオヨーグルトPA-3

ドリンクタイプもあるのが他の商品との大きな違いです。手軽に乳酸菌を摂取できるのはヤクルトと同じ飲み物であるからです。プリン体と戦う乳酸菌であるため高カロリーな食事などのあとに飲むと効果的です。ダイエット効果もあります。毎日食べ続けるのが効果的です。他とのヨーグルトを併用しても効果に影響を及ぼしません。整腸効果のある乳酸菌と併用することでダイエット効果を高めることが可能です。

製品別のヨーグルトの乳酸菌:グリコヨーグルト健康

子供に人気のロングセラーのヨーグルトの定番です。腸内フローラを整えて整腸効果を高めます。子供のころから腸内のバランスを整えておくことは非常に大事です。安心安全な材料のみを使用しているため毎日食べ続けることができます。ヤクルトと併用することでさらに高い効果を出すこともできます。子供用のヨーグルトは他にもありますが、違いは抗菌作用や腐敗物質の排除などの効果が高い点です。

ヤクルトやヨーグルトを摂取して腸内環境を整えよう

ヤクルトやヨーグルトを摂取することは腸内環境を整えるだけでなく、病気予防やダイエット効果、便秘・軟便の改善など多くの効果をもたらします。しかしそれぞれの商品によって配合される乳酸菌の種類は異なります。どの効果を得たいかを考慮したうえでヤクルトやヨーグルトを選ぶのがポイントです。また併用することで高い相乗効果を生み出す場合もあるため、上手に組み合わせて併用するのも方法です。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ