モッツァレラチーズの食べ方を調査!そのまま食べるのがおすすめ?

みなさんはモッツァレラチーズを食べたことはありますか?チーズには多くの種類があります。その中のひとつであるモッツァレラチーズはピザの上によく乗っていることがあります。モッツァレラチーズがチーズの中で一番好きという方もいることでしょう。今回は、そんなモッツァレラチーズの食べ方について紹介していきます。自宅でモッツァレラチーズを食べたことはないという方も、今回紹介する食べ方や内容を参考にモッツァレラチーズを楽しんでみてはいかがでしょうか?

モッツァレラチーズの食べ方を調査!そのまま食べるのがおすすめ?のイメージ

目次

  1. 1モッツァレラチーズの食べ方のおすすめは?
  2. 2モッツァレラチーズとは?
  3. 3モッツァレラチーズの美味しい食べ方
  4. 4モッツァレラチーズの食べ方アレンジとおすすめレシピ
  5. 5モッツァレラチーズの食べ方をマスターして美味しく食べよう!

モッツァレラチーズの食べ方のおすすめは?

みなさんはモッツァレラチーズは好きでしょうか?モッツァレラチーズが好きという方はどのような食べ方をしていますか?そのまま食べるという方、お料理でピザやパスタに使うという方、変わった食べ方をする方など、そのまま食べる以外にも多くの使い道があるのがモッツァレラチーズかと思います。

モッツァレラチーズはピザなどによく使われているチーズといえばピンとくるのではないかと思います。そんなモッツァレラチーズですが、モッツァレラチーズに含まれている栄養などはどのようなものがあるか知っていますか?また、カロリーはどのくらいあるのか知っているでしょうか?

今回はモッツァレラチーズの味はどのような味なのか、モッツァレラチーズのカロリー、そしてどのような栄養があるのかを紹介していきます。そのまま食べる以外にも焼いて食べたり、レシピに使用したりと幅広く使えるモッツァレラチーズですので、おすすめのレシピなども紹介していきます。

モッツァレラチーズとは?

モッツァレラチーズという名前は知っていても詳しくモッツァレラチーズのことを紹介できるという方はそうそういないのではないでしょうか?まずは、そのまま食べても美味しいモッツァレラチーズとはどのようなチーズなのか?どのような味をしているのか、気になるモッツァレラチーズに含まれているカロリーや栄養など紹介します。

モッツァレラチーズはどんなチーズ?

まずは、モッツァレラチーズがどのようなチーズなのかを紹介します。モッツァレラチーズは、数あるチーズの中のイタリア産のひとつの種類のチーズになります。チーズは熟成をするというイメージがありますが、軟質のチーズのフレシュチーズの中でも熟成をしないものになります。モッツァレラチーズといえば、クセがあって好き嫌いがはっきりと分かれてしまうチーズと違ってクセがない味が特徴的です。

また、モッツァレラチーズのなんとも言えない弾力も魅力的です。モッツァレラチーズと読んでいますが、モッツァレッラと言われることもあります。モッツァレラチーズは牛乳を使用してから作られたものもありますが、元は水牛の乳を使用して作られたチーズのことです。牛乳を代用として作られたモッツァレラチーズと水牛の乳を使って作られたモッツァレラチーズは風味が全く違ってきます。

水牛は育てるのが難しい上に、取れる乳の量も少ないです。水牛の乳を塚田モッツァレラチーズは伝統的な製法である上に良質となるので、値段が高めになります。モッツァレラチーズは製造の過程で引きちぎって形をつくります。この引きちぎるという製法から、モッツァレラチーズという引きちぎるを意味する言葉を使用した名前となりました。

ちなみに、水牛の乳を使ったモッツァレラチーズと、牛乳で代用されたモッツァレラチーズの名前は異なります。水牛の乳で作ったモッツァレラチーズは、モッツァレラ・ディ・ブーファラといいます。対して牛乳で作られたモッツァレラチーズは、モッツァレラ・ディ・ヴァッカといいます。

モッツァレラチーズの味

モッツァレラチーズはフレッシュチーズの中でも発酵をおこなっていないチーズのことを言います。モッツァレラチーズの味はどのようなものかというと、クセがないチーズになり、ミルクの風味を強く感じることができます。味はさっぱりとしているので、食材の美味しさをが引き立ちます。そのまま食べても美味しいですが、他の食材と一緒に食べるとモッツァレラチーズも美味しく感じますし、食材も美味しく感じることができます。

そのまま食べても美味しいのでおすすめですし、焼くとまた違ったモッツァレラチーズの美味しさがあります。食材もモッツァレラチーズも美味しく感じられる使いやすいチーズでもあります。

モッツァレラチーズのカロリーと栄養

続いては、モッツァレラチーズのカロリーがどのくらいあるのか、モッツァレラチーズに含まれる栄養素にはどのようなものがあるのかを見ていきましょう。チーズは製造の過程で原料の牛乳の栄養素が凝縮されます。タンパク質や脂肪はもちろんのこと、疲労回復や集中力の増進、脂肪燃焼効果や美肌の効果もある必須アミノ酸もいいバランスで摂取することができます。優れた効果があるからといって食べ過ぎはいけません。

モッツァレラチーズのカロリーを調べてみるとカロリーに違いがあるようです。100gあたりのカロリは、250kcal~320kcal程です。モッツァレラチーズに含まれる栄養素は100gあたり、タンパク質21.6g・糖質である炭水化物2.5g・脂質24.6g・コレステロール89mg・食塩相当量1.1g・カルシウム575mg・ビタミンはB2は0.27mgです。

モッツァレラチーズはどこで手に入る?

モッツァレラチーズを手に入れるのは難しくありません。スーパーや業務スーパーなどで見かけることがあります。ピザと一緒に焼く食べ方を想像しますので、ピザと並んで置いてあることがあります。それ以外でもネットでも手に入れることができます。モッツァレラチーズも色んなメーカーが販売していますので、迷うことでしょう。そこで選び方のポイントを少しだけ紹介します。

モッツァレラチーズは産地があります。その産地によってモッツァレラチーズの特徴がありますので、それを知っていればお好みのモッツァレラチーズを選ぶことができます。今回紹介する産地は、日本産・デンマーク産・イタリア産です。

まず、日本産のモッツァレラチーズですが、その魅力は安心感があるという店です。日本産のモッツァレラチーズの産地は主に北海道となっています。北海道で育った牛の乳から作られており、深みのある味があります。日本産は店頭に並ぶまでに、他のイタリア産やデンマーク産ほど時間がかかりませんので新鮮というのも嬉しいポイントです。しかし、生産する工場が少なく値段はやや高めです。

続いて、デンマーク産のモッツァレラチーズです。デンマーク産のモッツァレラチーズはあまり市場では見かけることがないかもしれません。クセは比較的少なく、モッツァレラチーズのイメージとは違った形をしています。刻まれているモッツァレラチーズやブロックの形をしたモッツァレラチーズなど、一見モッツァレラチーズとはわからないような形のものが多いです。

デンマーク産のモッツァレラチーズは、他の食材の味を邪魔することがありません。あっさりとした味をしているので、他のチーズを遺書に食べるという食べ方もおすすめです。モッツァレラチーズの中でも少し歯ごたえがあります。兼ねるすると溶けやすいチーズとなっていますので、料理に使いたいという方にもおすすめなのがデンマーク産のモッツァレラチーズです。

最後は、イタリア産のモッツァレラチーズです。イタリア産のモッツァレラチーズは濃厚dえまろやかな味をしています。モッツァレラチーズのなかでも一番美味しいと言われることが多いのもイタリア産のモッツァレラチーズです。イタリア産のモッツァレラチーズは、食べると口の中に旨味が一瞬で広がります。イタリア産のモッツァレラチーズはそのままで美味しさを感じますので、他の具材を合わせずに食べても美味しいでしょう。

イタリア産のモッツァレラチーズは甘みもあり、サラダにも合いますし、定番のピザの上に乗せても美味しいです。イタリア産のモッツァレラチーズの特徴は誰が食べても美味しいと感じるということでしょう。

モッツァレラチーズは自分でも作れるの?

モッツァレラチーズは安いものではありません。しかし、使える用途も多く頻繁に食べたいと思う機会も多いです。そのままで食べても美味しいですし、焼く食べ方も美味しいです。ピザを作ってモッツァレラチーズを乗せて焼くと美味しいです。モッツァレラチーズにいろんなものを乗せて焼くアレンジもいいですし、なにかの料理にのせて焼くアレンジも楽しそうです。

焼く食べ方をしても美味しいモッツァレラチーズはご自身でも作ることができます。レンネットという材料が手に入れば一からモッツァレラチーズを作ることもできます。焼く食べ方もそのままでも美味しいモッツァレラチーズですので、ご自身で作ったモッツァレラチーズを使ってそのままや焼く食べ方をしてみると一層美味しく感じられそうです。

Thumbモッツァレラチーズの作り方特集!自家製でも簡単美味しくできちゃう! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

モッツァレラチーズの美味しい食べ方

モッツァレラチーズの美味しい食べ方を紹介していきます。モッツァレラチーズには様々な食べ方がありますが、どのような食べ方が美味しいのでしょうか?

モッツァレラチーズはそのまま食べるのがおすすめ

チーズはチーズフォンデュやパスタに使用したりお菓子作りピザやパンなど実に多くの料理に使われています。そのままチーズを食べても美味しいです。モッツァレラチーズはどのような食べ方がおすすめなのでしょうか?モッツァレラチーズのおすすめの食べ方は、そのまま食べる食べ方をおすすめします。

そのまま食べても美味しいモッツァレラチーズはクセがなく、弾力も特徴のあるチーズです。そのため、そのままの食べ方でも充分美味しいです。モッツァレラチーズを使った食べ方でカプレーゼを聞いたことのある方は多いのではないでしょうか?カプレーゼは、モッツァレラチーズをスライスした上にバジルとトマトをのせたものになります。そのままモッツァレラチーズを味わう食べ方としておすすめでもありますし、人気の食べ方ともいえます。

トマトやバジルをのせたカプレーゼだけでなく、ワサビ醤油をかける食べ方も美味しくおすすめです。その他にも柚子胡椒なども合うようです。お刺身のようにして食べる食べ方もおすすめでしょう。モッツァレラチーズをそのまま食べる食べ方もおすすめですが、焼く食べ方もおすすめです。モッツァレラチーズは焼くと溶けるのでグラタンやピザでも使われます。

モッツァレラチーズは焼くと糸を引いて溶ける

モッツァレラチーズだけでなく、だいたいのチーズに言えることですが、モッツァレラチーズは焼くと溶けます。モッツァレラチーズを焼くととろっと溶けてモッツァレラチーズが糸のようにびろーんと伸びていきます。そのため、ピザに使われることも多いですし、グラタンにモッツァレラチーズを乗せて焼く食べ方もおすすめです。

モッツァレラチーズの賞味期限

モッツァレラチーズの賞味期限はいつになるのでしょうか?モッツァレラチーズを販売しているメーカーのほとんどは、賞味期限を守りましょう。開封後は1週間以内に食べきってしまうという食べ方をおすすめしています。モッツァレラチーズは食品になりますので、賞味期限を記載することは義務となっています。しかし、モッツァレラチーズなどのナチュラルチーズは、乳酸菌や発酵菌といって生きている菌が多く存在しています。

そのため、毎日日が変わるにつれて熟成が進んでいきます。モッツァレラチーズなどのナチュラルチーズは賞味期限は目安といっていいでしょう。モッツァレラチーズなどのナチュラルチーズは保存している場所の温度や湿度などで状態が変わってきます。賞味期限が過ぎてからも美味しく食べられる場合が多いです。

しかし、賞味期限を過ぎていると捨ててしまうという場合が多いかもしれません。賞味期限が過ぎている場合でも見た目ではわからないので、少しだけ味見をしてかた食べれるかどうかを確認してみることをおすすめします。食べられたのに賞味期限に従って捨ててしまうのはもったいないです。

モッツァレラチーズの保存方法

モッツァレラチーズの賞味期限が目安ということはわかりましたが、モッツァレラチーズの保存方法はどのようにして保存するといいのでしょうか?食べきることができなかったモッツァレラチーズは保存するしかありません。

モッツァレラチーズを購入したときに、うずらの卵のようにモッツァレラチーズにも水が入っているかと思います。このモッツァレラチーズと一緒に入っている水は残しておいた方がいいのかということも疑問でしょう。モッツァレラチーズの保存方法は、どのくらいでモッツァレラチーズを食べきってしまうかということで変わってきます。

モッツァレラチーズを、1日~2日以内には食べきってしまうとう場合の保存方法は、モッツァレラチーズが入っていた袋やパックに入っている水のような保存液と一緒にして保存する方法です。水が入っている保存液とモッツァレラチーズを一緒にしてから冷蔵庫で保存するという方法がおすすめでしょう。

続いては、2日~3日程度で使い切れる場合の保存方法です。その場合には、水のような保存液は残さない方が望ましいです。なぜかというと、保存液は2日以上が経過してしまうと最近が繁殖しやくなってしまうからです。モッツァレラチーズが入っていた保存液はしっかりと切ってから、モッツァレラチーズはラップなどに包んでから、冷蔵庫で保管するという保存方法がおすすめでしょう。

それ以上経過してしまったり長期保存をおこなう場合には、冷蔵庫などではなく、やはり冷凍庫で保存する冷凍保存がおすすめとなります。モッツァレラチーズは使いやすい大きさやある程度大きさを分けてからラップなどに包みましょう。ラップなどに包んだら冷凍庫で保存しましょう。

しかし、モッツァレラチーズは冷凍保存をおこなうと使う際にはボソボソした食感になってしまいます。そのため、モッツァレラチーズを販売しているメーカーのほとんどはおすすめしていない保存方法となります。しかし、ボソボソした食感でも、グラタンやピザなど加熱して溶かす料理なら溶けてしまいボソボソの食感もなくなりますので、加熱するという場合には冷凍保存でも大丈夫です。

モッツァレラチーズの食べ方アレンジとおすすめレシピ

モッツァレラチーズはそのまま食べても美味しいですが、モッツァレラチーズを使っても美味しいレシピを作ることができます。モッツァレラチーズを使ったレシピをいくつか紹介しますので、参考にしてみてください。

レンジで温めるだけの簡単な「モッツァレラチーズと大葉のおつまみ」

そのまま食べても焼く食べ方でも美味しいモッツァレラチーズですので、レンジで温めるだけでも美味しいです。そこに少しアレンジを加えるとお酒のおつまみにピッタリなモッツァレラチーズレシピが完成します。難しい工程はなにもありません。大葉の上にモッツァレラチーズを乗せてレンジで温めるだけです。

モッツァレラチーズの上には、ブラックペッパー、ガーリックパウダー、オリーブオイル、塩を少しかけて電子レンジで温めるといいでしょう。電子レンジで温める場合にはラップはせずに、だいたい30秒~40秒くらい温めるといいでしょう。電子レンジによって目安時間は変わりますので様子を見ながら行ってください。モッツァレラチーズが完全に溶けるまで温めれば完成です。

ピリッとわさびがポイントの「モッツァレラチーズとオニオンの和風サラダ」

焼く食べ方も美味しいモッツァレラチーズですが、モッツァレラチーズはクセがなく他の食材を邪魔しませんので、サラダにも使用できます。わさびのピリッとした味がアクセントになりますし、わさびがきいていますのでモッツァレラチーズのクリーミーさも引き立ちます。

お好きな野菜でサラダを作ってみてもいいでしょう。紫玉ねぎ・水菜・モッツァレラチーズ・プチトマト・削ったかつおぶしなどをサラダの具材として、サラダのタレは醤油・レモン汁・練りわさび・オリーブオイル・砂糖で味付けを行ってみましょう。紫玉ねぎは玉ねぎでもいいですが、紫玉ねぎを使うと色鮮やかになります。紫玉ねぎは水に10分ほどさらしておき、その後はしっかりと水気を切りましょう。

モッツァレラチーズは食べやすい大きさに引きちぎります。野菜や合わせたドレッシングを混ぜて、最後にモッツァレラチーズを入れましょう。モッツァレラチーズから水分が出てしまいますので、食べる直前に入れるようにしましょう。

口に入れたらとろける「生ハムとモッツァレラチーズの唐揚げ」

生ハムとモッツァレラチーズの唐揚げと聞いてもピンとこないでしょう。唐揚げですので、焼くのではないんだろうなという予想は付きます。一見どのような料理かもわからないですが、作り方は簡単です。また材料もとても少ないのでおすすめです。モッツァレラチーズは焼く食べ方もそのままの食べ方も美味しいですが、揚げるのもまた違った美味しさがあります。

モッツァレラチーズを揚げると加熱をしているので、モッツァレラチーズが溶けています。しかし、モッツァレラチーズの特徴である弾力のある食感は残っているためなんとも言えない美味しさがあります。さらに生ハムの絶妙な脂とモッツァレラチーズの相性がよくパクパクと食べてしまいます。

生ハムとモッツァレラチーズの唐揚げの材料はとても少ないです。まずは、生ハムは必要です。モッツァレラチーズはまん丸の形をしたキャンディモッツァレラチーズが便利です。あとは揚げますので、小麦粉と揚げ油を用意します。揚げる前の下準備は、モッツァレラチーズに生ハムをくるくると巻いていきます。その後は小麦粉を全体にムラなくつけていきましょう。

下準備が完了したら揚げ油を180℃に熱して、きつね色になるまで揚げます。きつね色になったら完成ですが、まだ大丈夫かなと様子見しているとチーズが膨らみ衣が爆発してしまいます。きつね色になったとおもったらすぐに取り出してください。そのままの食べ方や焼く食べ方も美味しいですが、生ハムとモッツァレラチーズの唐揚げは、おつまみにも最高の一品です。

モッツァレラチーズの食べ方をマスターして美味しく食べよう!

いかがでしょうか?今回はモッツァレラチーズについて紹介していきました。モッツァレラチーズの美味しい食べ方やモッツァレラチーズの保存方法、モッツァレラチーズの賞味期限やモッツァレラチーズ選び方など、知らなかったこともあったのではないでしょうか?今回の情報を参考にお気に入りのモッツァレラチーズや美味しいレシピを探してみてはいかがでしょうか?

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ