ヘルシアには効果がある?体脂肪が減る飲み方や期間・口コミを紹介

特定保健用食品(トクホ)として許可を受けたヘルシアの実際の効果を知っていますか?また正しい飲み方や、効果を効率よく得られる方法を知っていますか?ヘルシアを飲めば痩せるらしいという漠然としたイメージしか持っていないのではありませんか?ヘルシアが効くのかどうかの良い口コミや悪い口コミなども紹介します。きちんとヘルシアについて正しい飲み方や、飲む期間やタイミングなど、効果が効率よく出せる方法を知って、上手に体脂肪を減らしてみましょう。

ヘルシアには効果がある?体脂肪が減る飲み方や期間・口コミを紹介のイメージ

目次

  1. 1ヘルシアは体脂肪を減らすと人気!
  2. 2ヘルシアには本当に効果があるの?
  3. 3ヘルシアで体脂肪を減らす効果的な飲み方や期間は?
  4. 4ヘルシアの効果を口コミでチェック
  5. 5ヘルシアを使った人気の飲料水を紹介
  6. 6ヘルシアは飲み方次第で効果的に体脂肪を減らすことができる

ヘルシアは体脂肪を減らすと人気!

花王から発売されているヘルシアに含まれる茶カテキンによって、脂肪の分解と消費に働きかける酵素を活性化することで脂肪の代謝を高めて、脂肪をエネルギーとして消費し、体脂肪を減らすことを補助する効果が得られます。ヘルシアはインターネットでの特定保健用食品(トクホ)の中でも、売り上げが常に上位にある人気商品です。

健康志向が高まる一方、仕事や仕事での付き合いが多くて、運動をする時間があまりなかったり、付き合いでの飲食が多く過食気味というジレンマの解消にうってつけだったのが、ヘルシアの様な、体脂肪の分解と消費をサポートしてくれる飲料だったのです。今まで飲んでいたものを、ヘルシアに置き換えるだけなので、楽に取り入れることも人気の一因でしょう。

家庭での食生活ならば、色々と健康に気を付けた食事の仕方が出来ますが、一旦外へ出てしまうと、なかなかそうはいきません。しかし、外食でも出来るだけ栄養素の偏っていないメニューのものを食べ、ヘルシアを飲んでいれば、ある程度の脂肪は燃焼しやすくしてくれるのですから、同じお茶を買うならヘルシアに手が伸びてしまうことでしょう。

ヘルシアには本当に効果があるの?

トクホとは?

1991年に栄養改善法により法制化された食品で、特定の保険の目的で、摂取する者に対して、その摂取により当該保険目的が期待できる旨の表示が許可された食品という、トクホの定義があります。トクホとは特定保健用食品のことで、安全性・有効性など科学的根拠を示し、国の審査のもとにして消費者庁の許可を受けた食品のことを言います。

例えば、その食品を摂取すれば、食後の血糖値を緩やかに上昇させたり、カルシウムの吸収を高める作用があることを、科学的根拠により証明されて、国がその効果を認めれば、その効果を商品の効果として表示してもかまいませんという、消費者庁からお墨付きを貰ったようなものです。

食品などを大きく分類して、医薬品・保険機能食品・一般食品の3つに分けられています。この保険機能食品は更に二つに分類されており、栄養機能食品と特定保健用食品(トクホ)となっています。この二つは、一般の食品には表示することが出来ない機能や効果を表示できることが特徴で、消費者が食品を選択する際にとても役立つ情報なのです。

さらに、トクホには疾病リスクを低減させる効果が医学的、栄養学的に確立されている疾病リスク低減表示と、許可実績が十分で科学的根拠が築盛されている関与成分の規格基準を満たしている規格基準型と、現在は有効性の化学的根拠のレベルに到達していないが一定の有効性が確認されている条件付き特定保健用食品と三つの種類があります。

トクホとして表示できる効果には、お腹の調子を整える・食後の血糖値の上昇を緩やかにする・葉の健康維持に役立つ・コレステロールが高めの方に適する・血圧が高めの方に適する・食後の血中中性脂肪が上昇しにくいまたは身体に脂肪がつきにくい・カルシウム等の吸収を高める・骨の健康維持に役立つなどがあります。

その効果に関与する成分で表示できるのが、大豆イソフラボン・炭酸カルシウム・カゼインホスホペプチド・ドコサヘキサエン酸・中鎖脂肪酸・キシリトール・フクロノリ抽出物・杜仲葉配糖体・グァバ葉ポリフェノール・サイリウム種皮由来の食物繊維・大豆たんぱく質・オリゴ糖・乳酸菌類・ゴマペプチド・かつお節オリゴペプチドなどがあります。

どれも、どこかで聞いたり見たりしたことのある成分や効果ではないですか?逆に、こういった健康効果のある内容や成分については、きちんと許可をとらなければ表示してはいけないということなのです。それだけトクホの表示をするには責任のある表示が求められるので、トクホの容器や添付文書には、表示しなければならない項目が沢山あります。

その表示事項には、商品名や消費期限はもちろんのこと、一日当たりの摂取目安量や摂取の方法、摂取をする上での注意事項、バランスの取れた食生活の普及啓発を図る文書他、細かい表示をしなくてはいけません。また、血圧が高めの方へという表示許可に対して、血圧を下げるなどの表示のように、許可された表示の範囲を超えて広告することは違反となります。

どのような食品がトクホなのか、例をあげるならば誰もが良く目にすることがるヘルシア緑茶・メッツコーラ・胡麻麦茶・カテキン緑茶などがあります。

ヘルシアに含まれる成分と期待される効果

ヘルシアの原材料は、国産の緑茶・茶抽出物(茶カテキン)・環状オリゴ糖・ビタミンC・香料から作られています。また、ヘルシア1本に含まれている栄養成分は、炭水化物3.9g、食塩相当量0.1g、茶カテキン540㎎、カフェイン80㎎です。日本人間ドッグ検診協会がヘルシアを推薦しています。

ヘルシアに含まれる成分のうち、体脂肪が減ることに働きかけるのは、茶カテキンとカフェインです。この二つの成分が、どのように体脂肪減少に作用するのかを理解しやすくする為に、最初に脂肪が分解されて消化・吸収される仕組みを簡単に説明し、その後にヘルシアの茶カテキンとカフェインの、効果を説明します。

まずは脂肪が消化・吸収される仕組みを知ろう

脂肪を多く含む食品は、他の食品よりも消化が始まるのが遅く、吸収するまでに時間がかかります。脂が多い料理が腹持ちがいいのは、このことが理由なのです。食品に含まれている多くの脂肪は、中性脂肪の形をしています。この中性脂肪は体内に摂取されて、十二指腸に辿り着くと、胆汁が分泌され乳化されます。

乳化された中性脂肪は次に、膵臓から分泌される消化酵素であるリパーゼによって、脂肪酸を一つつけたままのモノグリセリドと脂肪酸とグリセロールの3つに分解されます。このうちグリセロールは水に溶けやすいので、そのまま小腸の上皮細胞から吸収され、タンパク質と結合し、カイロミクロンとうリポタンパク質を作りだします。

カイロミクロンは、リンパ管から吸収されて、リンパの流れにより腹部や胸部、左頸部下より鎖骨下静脈や心臓を通って、動脈に流れ全身へと運ばれていきます。モノグリセリドと脂肪酸は、腸内に分泌された胆汁酸により、ミセルという非常に小さい親水性の分子に取り込まれた後、腸管から吸収され、ブドウ糖やアミノ酸と一緒に門脈を経由して肝臓へ運ばれます。

脂肪成分の多くはリンパ経由の道のりを辿る為に、長いプロセスを経る必要があり、食後3~4時間という長い時間をかけて脂肪が吸収されるのです。このように脂肪が摂取されてから、分解・吸収されるプロセスを理解しておけば、茶カテキンやカフェインがプロセスのどこの段階にアプローチしているのかが、分かり易いでしょう。

ヘルシアの茶カテキンの効果

まずヘルシアに含まれている茶カテキンの効果効能について、調べてみました。約4000年前の中国皇帝により緑茶の健康効果が記録されてから、薬用として利用されてきたお茶ですが、栽培のしやすさから世界各国へと広がり、嗜好品として日常的に飲まれるようになりました。しかし、現代の研究によりお茶に含まれるカテキンの効果が再び注目されだしたのです。

茶カテキンの効果は、抗酸化作用と脂肪を燃焼する効果に最も注目が集まっています。緑茶に含まれるポリフェノールの抗酸化力は、ビタミンEの10倍または、ビタミンCの80倍もの効果を発揮してくれます。また、茶カテキンには殺菌作用もあり、毎日緑茶を飲んでいると風邪をひかないと言われているのは、この抗菌作用によるものです。

そして茶カテキンのもう一つの効果である血中脂肪を減少させる効果が、今回の焦点となる効果ですが、一日に4杯以上緑茶を飲んでいる人は、飲んでいない人に比べて血中脂肪が少ないそうです。実際に緑茶の摂取状況と、血中の中性脂肪値やLDLコレステロール値との関係を調査した結果では、緑茶の摂取が多い人はそれらの値が、低い傾向にあるという結果があります。

茶カテキンの中に、エピガロカテキンガレートという成分は、小腸からコレステロールが吸収されるのを抑制する作用があります。これをコレステロールのミセル化阻害作用といいます。この作用により、血中のLDLコレステロールや中性脂肪の値が上昇しにくくなるのです。その他に、LDLコレステロールが肝臓で分解される働きを促してくれる作用も持っています。

更に、茶カテキンの作用により、脂肪が蓄積しにくい状態が作られることから、毎日茶カテキンを摂取することで、特に腹部の脂肪量が減少する傾向にあります。茶カテキンは皮下脂肪のみでなく、内蔵脂肪にも有効な効果を持っており、高濃度の茶カテキン飲料を一日一本、12週間継続して摂取したところ体重と内蔵脂肪の減少が確認されました。

ヘルシアのカフェインの効果

次にヘルシアに多く含まれるカフェインの効果について説明します。カフェインを含む飲料と言えば、コーヒーを連想する人が多いのではないでしょうか?眠気覚ましにコーヒーを飲むというのは、多くの人が普通に行っていることと思います。カフェインの作用には、覚醒作用、解熱鎮痛作用、強心作用、利尿作用、脂肪の分解効果、シミ防止効果などがあります。

カフェインの効果の代表的なものは、眠気を飛ばす覚醒作用ですが、これは睡眠物質とも呼ばれるアデノシンという成分の働きに作用しています。アデノシンと眠気とは深い関わりがあり、カフェインがアデノシンによる眠気を抑制し、脳を覚醒させることで眠気を阻害するという仕組みになっています。

ヘルシアに含まれるカフェインが、脂肪を分解する消化酵素であるリパーゼを活性化し、脂肪の分解を助けます。このカフェインの作用により体脂肪が貯まることを抑制するのが、ヘルシアの効果なのです。

ヘルシアの種類は?

ヘルシアの種類は、ヘルシア緑茶・ヘルシアうまみ贅沢仕立て・新ヘルシアWATER・ヘルシア紅茶・ヘルシアAPDRKLING・ヘルシア五穀めぐみ茶・ヘルシアCOFFEE・ヘルシアモルトスタイルノンアルコールとこれだけ多くの種類が販売されているのです。

ヘルシアで本当にやせるの?

ヘルシアの効果は、体脂肪を減らすのを助けることです。脂肪の分解と脂肪を消費するのに働きかける酵素の活性を高めることに関与しているのです。脂肪を代謝するヘルシアの力を詳しく説明すると、もともと人には脂肪を分解して消費しエネルギーに変える働きが備わっているのですが、加齢によって低下するケースもあります。

脂肪がエネルギーに変わる仕組みは、まず脂肪を分解する酵素によって脂肪が分解されます。分解されなければ消費することができず、脂肪として蓄積されたままの状態なのです。ですから、まずこの脂肪を分解する酵素を活性させることが重要なポイントとなります。ヘルシアに含まれている茶カテキンがこの酵素の活性を高める働きをします。

分解された脂肪は、次に脂肪を消費する酵素によってエネルギーに変えられます。これらの一連の流れは、ヘルシアの成分と効果のところで、詳しく説明した通りです。また、ヘルシアの茶カテキンには、血糖値の上昇を緩やかにする効果があるので、インスリンの分泌を抑制する作用があります。インスリンが多く出てしまうと、脂肪を蓄積しやすくなってしまうのです。

インスリンの分泌を抑制することは、脂肪の蓄積を抑える効果が得られるということに繋がります。

ヘルシアで体脂肪を減らす効果的な飲み方や期間は?

ヘルシアを飲むタイミングは?

ヘルシアの飲み方について、花王の公式ページでは、ヘルシアはいつでも飲みたい時に飲んでかまいませんという趣旨のことが書かれています。ですが、同じ飲むなら効果が得やすいであろうタイミングでの飲み方をしたいのが、人の心情というものです。

では、効果が得やすいヘルシアの飲み方とはどういう飲み方なのでしょう?ヘルシアの血糖値の上昇を緩やかにする効果という点から飲み方を考えてみると、血糖値が上がりやすい状況になる前に飲むの飲み方が良いのでは?と考えられます。

では、血糖値が上がりやすいタイミングとはどんな時かというと、やはり食事との関係が一番影響しているようです。食後1時間経過したころ(45~90分後)に血糖値はピークになるそうです。その食後1時間の間に、デザートとして甘いものを食べると、さらに糖質が追加されることになり、上昇した血糖値は下がることなく高血糖状態が続くことになります。

この血糖値を上げないという観点からみると、食事の前や食事中にヘルシアを飲むという飲み方が効果が得やすいようです。ですが、ヘルシアの茶カテキンには脂肪の分解を助け、吸収を抑制する効果もあるので、一日を通して万遍なく飲む飲み方をするようにすれば、体内でカテキンの作用が働き続けるわけですから、朝起きてから、夕飯を食べるまでの間にまんべんなく飲むのが良いようです。

ヘルシアで痩せるには運動を取り入れる

また、ヘルシアのカテキンで脂肪が分解されたら、エネルギーとして燃焼しやすくなるので、更に運動を取り入れることで、効率的にエネルギーの消費ができ、脂肪を燃焼させるという飲み方をしましょう。ただ単にヘルシアを飲んだら効果があらわれるわけではありません。どんなものでも何もしない飲み方では、望む効果が目に見えて実感できるほでではありません。

何度も説明していますが、ヘルシアは脂肪の吸収を抑え、消費しやすくする効果があるものです。目に見える効果が欲しいのであれば、飲み方や運動を取り入れること、それともう一つ重要なのが、ヘルシアを飲んだから多少カロリーオーバーしても大丈夫という考えの飲み方をしないことです。

正しい飲み方で、適度な運動を取り入れることです。運動はなかなか続かないと言う人は、少なくないと思いますので、例えば期間を決めて最初の1週間は通勤時に片道一駅手前で降りて歩くようにします。次の期間は2週間、行きも帰りも一駅分歩くようにします。できない日があっても構いません。決めた期間と運動内容の目標を明確に決めることが重要なのです。

主婦の方なら、最初の期間1週間は買い物に歩いて行くようにし、次の期間はわざと遠回りをして買い物に行くなどもいいでしょう。毎日、床掃除を手拭きで行う期間を何日間と決めたり、トイレ掃除やお風呂掃除など水回りの掃除を徹底的にする期間と決めたりするのも、エネルギー消費をしながら、家がピカピカになって一石二鳥でおすすめです。

運動はどういったものがおすすめ?

脂肪の燃焼に有効な運動として、有酸素運動が推奨されています。また、運動による脂肪の燃焼が始まるのは、運動を開始してから20分経過してからと言われています。最低でも30分は有酸素運動をしなければ、脂肪の燃焼効果は得られません。

運動には、有酸素運動と無酸素運動の2種類があり、無酸素運動は筋力トレーニングや短距離走のような、瞬発力を必要とする運動で、筋肉に貯めておいたグリコーゲン(糖質)をエネルギーとして使うもので、基礎代謝量を増やす運動となります。

一方、有酸素運動は、エアロビクスやウォーキングやゆっくり泳ぐなどの運動のことで、比較的弱い負荷を筋肉にかけ続ける運動です。有酸素運動は、体脂肪を燃焼してエネルギーとするので、燃焼させるための酸素が必要となるのです。また、何故20分後から燃焼されるのかというと、最初の20分くらいは血中の脂肪をエネルギーとして使われるのです。

血中の脂肪を使ってしまった後、運動により体温が1~2℃上昇してくると、脂肪を分解する酵素であるリパーゼの働きが最も良くなります。少し汗ばむ程度の体温がリパーゼの活性化に丁度いい体温となるのです。逆に高温になり過ぎるとリパーゼの働きは鈍くなります。ですので、あまり激しくない、ゆっくりと深い呼吸が出来る程度の運動というのが目安となります。

また、食事をした後は、血中に脂肪が沢山あります。先に血中脂肪から消費されるので、食後あまり時間が経過していない時間帯よりも、空腹の方が体脂肪を燃焼しやすいのですが、空腹時は能のエネルギーも少なくなっている状態です。その状態での運動は危険を招きます。出来れば、昼食前や夕方4時~6時などの時間帯が程々のエネルギーが残っていて最適の時間です。

ヘルシアを飲む期間は?

ヘルシアはどのくらいの期間飲み続ければ効果があるの?という疑問が沸いてきます。それは、どのような成分も同じ様に、短い期間に沢山貯め込めば、長い期間効果が大きく持続的に得られるものではありません。ヘルシアの茶カテキンも日々の積み重ねで、より効果的に効果が得られるものです。一日一本を毎日飲み続けることが重要なのです。

ヘルシアの茶カテキンとカフェインが、どのように脂肪の分解と燃焼に関与しているかの説明を理解していただけたなら、既にわかっているかと思われますが、ヘルシアは減量の効果があるものではありません。減量の為に脂肪にアプローチして燃焼しやすい体にする効果が得られるものですから、毎日決められた範囲内で飲み続けることで効果が持続します。

一日のうちでも、少しづつ分けて飲むことで、毎食ごとの脂肪を分解・消化をサポートしてくれますから、毎日飲む必要があることも、おわかりいただけたのではないでしょうか?加齢による代謝の低下は、筋肉量の減少や運動量の減少などが要因として考えられますので、筋肉トレーニングをして筋肉を増やすことも代謝を上げる有効な方法の一つです。

理想的なヘルシアの活用方法は、通常通りの食生活つまり過度な低カロリーメニューにせずに、ヘルシアによって燃焼されやすくなった脂肪を、有酸素運動により消費してしまうということです。せっかくヘルシアを飲んで消費しやすくなった脂肪を、運動せずにまた蓄積させてしまうのは勿体ないと思いませんか?

短期間で痩せることの方が、人間の身体の仕組み上、無理な行為や無理な作用が効いているということですから、本来人間が持っている脂肪の分解と消化・燃焼の仕組みを活性化させてくれるヘルシアは、過度な負担を身体にかけずに痩せやすい身体へと導いてくれるのです。ヘルシアの効果を上手に利用して、飲み方や注意点などを守っていれば脂肪は減っていきます。

体脂肪が減ってくれば、血液の中性脂肪も減るわけですから、身体の調子が良くなってきます。調子が良くなると、気力も沸いてきて運動する意欲も沸いてきます。好循環になってくれば、しめたものです。更に、ストイックな方は筋肉トレーニングなども始めて、足腰を丈夫にしておくと、老後の健康にも繋がります。

ヘルシアの効果を口コミでチェック

ヘルシアの効果を皆さんはどう体験しておられるのか、ツイッターなどで調べてみました。「従業員のおじさんが元々ヘルシアをずっと飲んでいてすすめられ私も始めました。ジムや温泉にも必ず持参してます」という口コミや、「僕はヘルシアでやせるよ。夏に向けてね、苦いけど我慢」という口コミなどヘルシアが痩せる効果があると聞いて始めた人も大勢いるようです。

「ヘルシアを毎日1本飲んで働いてたら7キロ痩せまいした!私だけ?」という口コミや「おニューの水色のサンダルが似合う足になるため、つま先立ちでモップ掛け」という口コミや「今日はサークルのためジムはお休み、このままではヘルシアが無駄になる」などのように、ヘルシアの効果と運動を日常に取り入れている人の口コミも多くみられます。

「よーしヘルシアでもう一回痩せるぞ」という口コミや「ゴルフも、外国語の勉強も、ピアノも、結果が出ない停滞期、しかし努力は思わぬところで報われていました。痩せました!ここ数年、増える一方だった体重が、ヘルシア飲んでからの打ちっぱなしが良かったのか?」という口コミの様に、ヘルシアで効果を実感している口コミも多くみられました。

口コミは、いいものばかりではなく、ヘルシアは苦すぎるや、アメリカでは注意書付きで販売されている。なとの口コミもあります。注意書は、トクホのところでも説明しましたが、細かい注意事項は日本でも書かれています。苦いのは、昔から良薬口に苦しと言うように、実際に薬効のある成分は苦いものが多いのです。

ヘルシアを使った人気の飲料水を紹介

ヘルシアウォーター

ヘルシアウォーター500mlは、ヘルシア商品共通の体脂肪を減らすのを助ける脂肪の分解と消費に働きかける酵素を活性化させる茶カテキンを含み、蜂蜜やクエン酸も入っているので、運動時に水分補給を目的とした飲み方にも適しています。一日の摂取目安量は1本です。クエン酸や乳酸も配合されているので、疲労回復を目的とした飲み方にも適しています。

ヘルシアうまみ贅沢仕立て

ヘルシアうまみ贅沢仕立ては、国産茶葉を100%使用し、選び抜かれた刈番茶・深蒸し茶・かぶせ茶と3つの茶葉を贅沢に使っています。3つの茶葉の個性を活かす為に、青香・焙じ香・渋味・旨味・コクと甘味を黄金比率でブレンドされています。急須でお茶を入れるのと同じように、湯の温度と侵出時間を茶葉の個性に合わせて、こだわり煎れられています。

このような努力の結果、旨味・甘み・焙じ香の三つの風味が段階的に広がり、豊かな味わいとなるのです。本来のヘルシアの脂肪を分解し消費する効果に、お茶の美味しさを追求したこの商品は、今年4月26日に1リットルサイズを新発売されています。家にあれば続けやすい!家カテキンをキーメッセージとして、新しい飲み方の提案として更に人気となっています。

ヘルシアうまみ贅沢仕立てを早速購入した人の口コミには、「苦味がすくなくてお茶の旨味が味わえるトクホ飲料です」という口コミや、「苦味が少ないのでご飯にも合います。美味しいのでまた買います」という口コミや、「いつもは薬局で数本ずつ買っていましたが、大きいサイズが出て買いやすくなりました」という口コミなど、高い評価が目立ちます。

家カテキンはじめように続き家カテキン続けようキャンペーン

ヘルシアのキャンペーン期間が4月23日~5月31日までの家カテキンはじめようキャンペーンが終了し、続いて7月31日までの期間で家カテキンつづけようキャンペーンが行われています。期間中にヘルシアのボトルキャップ12個もしくは24個集めて、撮影した写真を応募フォームにアップするだけです。

応募期間中に12個のコースは、ヘルシア6本パックが1000名に当たります。24個コースは、ヘルシア緑茶うまみ贅沢仕立て1Lが36本か、選べる電子マネーギフト10,000円分どちらか好きな方が90名に当たります。また、期間中にツイッターで、家カテキンやヘルシアをハッシュタグに付けて、つぶやくと当選率がアップするそうです。

期間中のツイートは1回で当選率2倍、2回で3倍、3回以上で4倍になります。ヘルシアの効果を試してみたいと思っているなら、今がチャンスです。1日1本ヘルシアを飲んで、この期間に是非応募してみましょう。キャップが貯まっていく楽しみと、体脂肪が減っていく楽しみとヘルシアを2倍楽しめます。

ヘルシア紅茶

ヘルシアから紅茶が発売されているのを知っていますか?ヘルシア紅茶は、世界三大銘茶であるウバ茶葉を贅沢に50%も使用しています。紅茶にも旬というものがあり、クオリティシーズンと呼ばれている旬の時期に収穫された、希少で良質なウバ茶葉を使った、爽やかな香りで柔らかい甘さの、すっきりとした紅茶に仕立ててあります。

甘い飲み物が飲みたくなった時、でもダイエット中や減量中は罪悪感に襲われてしまいます。でも、ヘルシア紅茶なら脂肪を減らすのを助ける効果があるので大丈夫です。少しだけ歩いたりと有酸素運動をすれば、普通の紅茶を飲むよりも燃焼しやすくなっていますので、他の甘未飲料を飲むよりもおすすめです。

口コミには、甘さのある紅茶なのに、1本14kcalなのが嬉しいや、ヘルシアシリーズなのでやはり苦味があるが、少し飲むと気にならなくなって、飲みやすい甘さでスッキリしているや、ヘルシアウォーターの味の方が好きなどの意見もありました。栄養成分から見ると、ヘルシア緑茶と効果は同じようです。紅茶が飲めてヘルシアの効果が得られるので、おすすめします。

ヘルシア五穀米めぐみ茶

ヘルシア五穀米めぐみ茶は、ハト麦・とうもろこし・発芽玄米・大豆・大麦が使用されており、すっきりした中にも、香ばしさがあり食事の時にも美味しく飲める味になっています。このヘルシア五穀米めぐみ茶は、2018年4月で生産が終了していますので、在庫が無くなり次第販売終了となります。

ヘルシア五穀米めぐみ茶の成分は、ヘルシア緑茶よりもカフェインが少し少な目となっています。茶カテキンは540㎎配合されているので、脂肪を減らすのを助ける効果は十分得られます。

ヘルシアコーヒー

ヘルシアコーヒーは、茶カテキンではなく、コーヒークロロゲン酸が配合されており、脂肪を消費しやすくする効果のあるコーヒーです。酸化成分を大幅に減少させることで、焙煎コーヒーの美味しさを残しつつ、効果と味を両立させた缶コーヒーです。通常のコーヒーを飲む感覚で、脂肪を消費しやすくする効果が得られるので、ヘルシアコーヒーはおすすめです。

ヘルシアモルトスタイルノンアルコール

ノンアルコールでただひとつの、脂肪を消費しやすくする効果があるヘルシアモルトスタイルノンアルコールです。フルーティーな香りで、ほどよい苦みのヘルシアモルトスタイルノンアルコールにも、茶カテキンがしっかりと配合されていて、脂肪の消費させる効果があります。食事の時の脂肪の消費効果は12週間毎日1本摂取し、通常の1.4倍という結果が出ました。

また、日常活動中の脂肪消費効果は、通常の飲料と比べて130%の脂肪消費効果がありました。そして、腹部の全脂肪面積も減らす効果が認められました。

ヘルシアは飲み方次第で効果的に体脂肪を減らすことができる

ヘルシアの脂肪を消費しやすくする効果の理由を説明してきましたが、飲むだけで痩せるのは間違った解釈だということが分かりました。ヘルシアの効果は、摂取した脂肪の分解酵素の力を補助し、その脂肪の消費をする酵素の働きを促すといった効果であり、運動をすることにより、その効果が最大限に発揮できるのです。

ですから、このようなヘルシアの効果を効率的に発揮させる方法を知っていれば、必ず目的の効果が得やすくなるので、本気で体脂肪を減らしたいなら、ただ運動するよりもヘルシアの力をプラスして運動をした方が、より効率よく体脂肪を減らすことができるということです。これから夏に向かって、露出が増えてくる時期です。

今からでも、まだまだ間に合いますし、口コミにも夏用の青いサンダルを履くために痩せるのだという目標で、ヘルシアを飲んでいる人もおられました。7月末までの家カテキンつづけようキャンペーンに応募しつつ、ヘルシアの脂肪を消費しやすくする効果を利用して、体脂肪を減らし健康的な身体と心を手に入れてみませんか?

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ