料理酒のおすすめランキング!スーパーで人気の商品や無添加も紹介!

今節約志向が高まる中、料理をする人が増えています。最初は節約の為に始めていた料理にだんだんはまっていく人も増えています。そんな中でいろんな料理の調味料があります。その中で特に料理酒は料理の味を左右させるものだと言われています。料理を極めた人ならば特に料理酒も自分のおすすめを見つけている人も多いです。また料理にあったおすすめの料理酒をそれぞれ用意している人もいるのです。そこで今回はそんな料理酒をランキング形式にご紹介します。どんな料理にこの料理酒がおすすめかぜひ知ってください。

料理酒のおすすめランキング!スーパーで人気の商品や無添加も紹介!のイメージ

目次

  1. 1今料理酒のおすすめが増えている
  2. 2おすすめを買う前に料理酒と日本酒の違いを知る
  3. 3第10位:リーズナブルな価格で安い「盛田 有機純米料理酒」
  4. 4第9位:熊本で愛される料理酒「瑞鷹 本伝 東肥赤酒」
  5. 5第8位:料理好きに有名「住乃井酒造 新潟住乃井 純米料理酒」
  6. 6第7位:スーパーにある無添加「タカラ 料理のための清酒」
  7. 7第6位:手作りが売り「青砥酒造蔵元の料理用清酒 料理の要」
  8. 8第5位:安い価格の料理酒「ムソー みやこの料理酒」
  9. 9第4位:金沢のブランド料理酒「福光屋 福正宗 純米料理酒」
  10. 10第3位:金賞の料理酒「大木代吉本店 こんにちは料理酒」
  11. 11第2位:リーズナブルな価格「白扇酒造 福来純 純米料理酒」
  12. 12第1位:お米の強みがある「千代菊 有機純米料理酒」
  13. 13料理酒はいろんな種類のおすすめがある

今料理酒のおすすめが増えている

料理をする中で大事なのは料理の味を左右する調味料です。その中でも特に和食には必要な調味料で「料理酒」があります。料理酒は主に肉や魚の臭みをとるなどの効果があるので重宝しますよね。でも、売り場に行くと値段にかなりの開きがあって戸惑われる方も多いです。実は料理酒には色々な種類があり、原材料や塩分量、無添加かどうかなどで価格にも大きな違いがあるんです。そこで今回はそんな料理酒についてご紹介します。

Thumb甘酒をアレンジして飲みやすく!ちょい足しドリンクや料理レシピ紹介! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

おすすめを買う前に料理酒と日本酒の違いを知る

そもそも日本酒と料理酒は違うもの

所で、料理酒を紹介するまえにそもそも料理酒=日本酒と思っている方が多いでしょう。実はそもそも料理酒=日本酒ではありません。煮物などの和食に使う料理酒のアルコール度は飲用の日本酒とあまり変わりありません。一般的のスーパーの調味料コーナーに置いてあるものは酢や食塩などを添加して飲めないよう処理がされており、酒税法上の酒ではない分類となっています。それが日本酒と料理酒が一緒でないという意味なのです。

料理酒というのは画像にあるように4つの分類に分けられています。私達が料理酒と呼んでいるのは主に清酒の料理用もしくは発酵調味料としての食塩が約2%入っている物なのです。しかし料理酒という大きな括りの中で4種類もあったのです。合成清酒、清酒、そして発酵調味料と分かれていて、用途に応じて使うこともできます。そもそもどうして料理酒は4種類に分かれているのでしょうか?それは料理酒の材料に関係しています。

おすすめの料理酒を選ぶ前に材料を知る

そもそも料理酒はどうやってできているかご存知ですか?料理酒は米と米麴そして食塩で出来ています。食塩を入れることで飲酒できる酒類から分類されているのが料理酒なのです。また中には食塩がないタイプの料理酒もあり、それは、米・米麹を原料として醸造アルコールを使っていないもので、精米度が高いものは「純米酒」とも呼ばれています。それは「純米酒」として表記も出来るのでその表記があるのは殆ど無添加の料理酒です。

また料理酒は肉や魚の匂いを消すだけでなく、料理の質をグレードアップしてくれます。もちろん通常の調味料売り場にある安い料理酒もいいですが、ただこれは安い分、どうしても食塩は浸透圧が高いので料理に使用する際に素材のうまみ成分が溶け出してしまうと言われます。しかし「純米酒」と呼ばれる酒コーナーに置いてある料理酒は逆に米と米麴だけで出来ているので料理のうまみ成分が出て行くことなく、美味しいのが出来ます。

そんな料理酒に使われるお米は殆どが国産のお米で、酒作りのために開発されているいわゆる「好適米」を使っていると明示されているものがおすすめです。有名どころもありますが、名前を知られていない所のブランド米もあります。特に料理酒に使われているというお米の代表格は「山田錦」の他に「五百万石」や「ひだほまれ」などがあります。そんな料理酒を次からラインキング式に安い価格等色々な路線から紹介していきます。

第10位:リーズナブルな価格で安い「盛田 有機純米料理酒」

スーパー等で見かけたら買ってほしいおすすめ無添加系料理酒

第10位に紹介するのは「盛田 有機純米料理酒」です。こちらは原料に100%有機米を使用して丹念に醸造された、こだわりの有機純米料理酒です。自社で生産している清酒「ねのひ」の醸造技術を生かし、有機JAS認定の原料にこだわって作られている料理酒です。米と米麹だけを使用して醸造してる無添加料理酒で料理に使う事でお米の豊かなうまみとコクや芳醇な香りが素材の持ち味を引出しより一層味わい深い仕上がりになります。

また価格も安い上にリーズナブルな価格での提供なので、一般的にも手に取りやすい価格です。現在材料は米と米麴を多めに入れながらお米の風味を活かした純米の料理酒ながらリーズナブルで、普段使いに使いやすいのがメリットとなっています。塩分が含まれていますので、料理に適度な塩気を与えます。塩分は少々あっても殆ど無添加に近い料理酒として販売されています。また価格は税込みで794円です。サイズもあるのでお得です。

第9位:熊本で愛される料理酒「瑞鷹 本伝 東肥赤酒」

スーパー等で見かけたら買ってほしいおすすめ無添加系料理酒

第9位に紹介する料理酒は、熊本で愛用されている料理酒「瑞鷹 本伝 東肥赤酒」です。この料理酒はおすすめの料理酒です。というのも料理酒は大半黄金色が多いのですがこの料理酒は、なんと赤いのです!この赤味は「灰汁持酒」という、日本古来の技術で作られている為にでる赤酒でもあります。つまり日本古来の技術で生まれた料理酒なのです。熊本では長らく愛用されているのですが、最近話題になり少しずつ広がってます。

熊本のみでしか生産されていない為に、価格は安いとはいいがたいですが、それでも一度買うと料理に使いたくなるぐらい美味しい料理酒です。価格は1200~1800円の間になります。微アルカリ性で、煮物などに使用しても素材の身をしめることなく、照りとつやの良いふっくらとした料理に仕上げる効果があります。豊かなうまみと切れの良い甘さがあるので、料理にコクとうまみをだしがより一層味わい深く仕上げる事が出来ます。

第8位:料理好きに有名「住乃井酒造 新潟住乃井 純米料理酒」

スーパー等でみかけたら買ってほしいおすすめ無添加系料理酒

第8位におすすめする料理酒は「住乃井酒造 新潟住乃井 純米料理酒」です。料理酒はネット通販の大手であるAmazonの料理酒売れ筋ランキングの中でも上位に入るほど本当においしい料理酒です。料理酒に対してだ割っている人や美味しい料理酒を求めている方からリピートされているぐらいの料理酒です。そしてこれを売っているお店はなんと1758年(宝暦8年)から続く超老舗の酒屋さんなのです。老舗の料理酒としても有名です。

この料理酒のおすすめはやはり塩分がプラスされていますが、全体的にクセが少なく使いやすい料理酒で、値段も純米料理酒としてはかなり手ごろなのでユーザーの多い一品です。癖もなく使いやすい料理酒で価格が安いのはなかなか手に入らないので、この料理酒は全国的にも購入するユーザーが多いのです。価格は税込みで616円です。サイズによっては価格は変動しますがそれでも安いです。郵送料入れてもお手頃で安い価格です。

第7位:スーパーにある無添加「タカラ 料理のための清酒」

スーパー等で見かけたら買ってほしいおすすめ無添加系料理酒

第7位に紹介するのは「タカラ 料理のための清酒」です。こちらはスーパー等でもよく見かける料理酒です。その為に普通の人でも買いやすい価格で購入出来ることから有名です。またこの料理酒は地球へのエコにも優しいのです。エコパウチ容器なので使いやすさや便利さという点では抜群です。キャップまでプラスチックごみなので、使い終わったら簡単に丸めて処分できますし、詰め替え用のパックまで売っているのです。

ここの料理酒は、独自開発の「マスキング酵母21号」で肉や魚の臭みを消すことができるようにまさしく料理のために作られた清酒です。食塩は加えられてなくて、ほぼ無添加の料理酒と言ってもいい位です。その為に料理に塩味がつくことはありません。価格もお手頃で安い価格で税込みで635円です。最初にパックを買えばあとは詰め替え用を買い続ければゴミも増えることもないのでエコにも財布にも優しい料理酒です。

第6位:手作りが売り「青砥酒造蔵元の料理用清酒 料理の要」

スーパー等で見かけたら買ってほしいおすすめ無添加系料理酒

第6位に紹介する料理酒は「青砥酒造蔵元の料理用清酒 料理の要」です。こちらも料理酒では王道的な塩と米と米麹のみを原料とした純米酒の料理酒です。またここの料理酒は少し変わった製法で作っていており、手作りの五段仕込みという製法で作られており、本醸造酒並みの手間がかけられています。それだけ職人さんも丁寧に作っている料理酒ですが、価格もリーズナブルな価格で安い。手に入れやすい安い価格なのです。

この料理酒は天然のアミノ酸が数多く入っている事でも有名で、料理の味を更にグレードアップにしてくれます。また純米酒を原酒のまま瓶詰めした「料理の要」は、少量でも料理の旨味をしっかり引き出し、コクを与えてくれると愛用している人の間では好評なのです。価格は税込みで648円と、とにかく安い!ちょっと料理にコクを付けたり、味をグレードアップしたい人は一度使うのにおすすめする料理酒です。ネットでも販売してます。

第5位:安い価格の料理酒「ムソー みやこの料理酒」

スーパー等で見かけたら買ってほしいおすすめ無添加系料理酒

第5位に紹介する料理酒は「ムソー みやこの料理酒」です。こちらの料理酒は料理酒やお酒に使うためのお米である「好適米」を使っている料理酒です。賞品販売元のムソーはマクロビオティックや安全安心にこだわった食品を取り扱っている会社で、この「みやこの料理酒」も自然海塩などにこだわったぐらいの徹底した安心安全を売りにしている料理酒なのです。おいしいことはもちろん、安心感でも定評があるところがポイントです。

この料理酒に使われているのは酒造好適米の五百万石を使っています。純米酒としても質の高いものになっていて、さらに加えている塩も自然塩の「海の精」にこだわって作られているのです。また塩分も入っているのですが、あらゆる料理に使う事ができます。料理酒は和食に使う事が多いというイメージが多いのですが、ここの料理酒は洋食のパスタ等にも使えることが出来るのです。価格は税込み650円とお安い上お得です。

第4位:金沢のブランド料理酒「福光屋 福正宗 純米料理酒」

スーパー等で見かけたら買ってほしいおすすめ無添加系料理酒

第4位に紹介する紹介する料理酒は「福光屋 福正宗 純米料理酒」です。こちらは金沢でも有名なブランドのハイレベルな純米料理酒です。国産米を使った純米料理酒で、和洋中どんな料理にも合わせることができると好評です。なのです。そして国産米を使った純米料理酒の中では、かなりリーズナブルなところも嬉しいです。この「福正宗」は、石川県金沢市ではとてもシェアの高い日本酒のブランドなのに価格がお得なのが嬉しいです。

しかもこの料理酒はもともとの日本酒の質が高く、この料理酒もかなりハイレベルな仕上がりとなっています。また和洋中どれに合わせても作ることが出来るの料理酒としては最高の質を誇っています。その中で特にブランド料理酒のおいしさを引き立てるのはやはりあさりの酒蒸しです。折角金沢のブランド品なのでおすすめです。価格は少々高めではありますが、税込みで1296円です。しかしブランド系としてはリーズナブルです。

第3位:金賞の料理酒「大木代吉本店 こんにちは料理酒」

スーパー等で見かけたら買ってほしいおすすめ無添加系料理酒

第3位に紹介する料理酒は「大木代吉本店 福島県 こんにちは料理酒」です。この料理酒は全国新酒鑑評会で金賞を受賞した純米料理酒であり、まさしくその味わいは金賞に値するレベルの料理酒です。原料には無農薬自然栽培米を使う事にこだわり、アミノ酸のたっぷりと含まれた料理酒です。慶応元年創業の福島県にある銘醸造元が作りました。価格は税込みで898円ですが、それでも金賞を取った料理酒としてはリーズナブルな価格です。

また料理酒としては純米酒でもあり、塩分を含まず、米と米麹のみで作られている料理酒で香りがよく、和食との相性が抜群です。アミノ酸量が非常に多く旨味成分が強いのも特色なので、料理愛好家の方からの評価が高く、通信販売での売れ行きもかなり高い人気の商品でもあります。ラベルも手書きでのイラスト風で、季節によって変わることからも人気を呼んでいます。魚や野菜、花などいろんなものがあってみるだけでも楽しいです。

第2位:リーズナブルな価格「白扇酒造 福来純 純米料理酒」

スーパー等で見かけたら買ってほしいおすすめ無添加系料理酒

第2位に紹介する料理酒は「白扇酒造 福来純 純米料理酒」です。こちらもリーズナブルな価格で売っていると話題の料理酒です。製造元である会社の白扇酒造は本みりんでも非常に定評がある蔵元でもあります。リーズナブルな国産米の純米料理酒でありながらも、料理においしさをプラスするアミノ酸たっぷり入っています。一度使えば、一般的な料理酒との違いがよくわかるぐらいです。価格は税込みで600円とお買い得で安い価格です。

そんなリーズナブルな価格の料理酒は岐阜県産ひだほまれ96%と岐阜県産たかやまもち4%と100%国産の米を使っている純米酒で、岐阜県の蔵元「白扇酒造」が四段仕込みで丁寧に仕込んだ料理酒です。食塩は使っておらず、自然な風合いを楽しめることでも人気を呼んでいるといってもいいでしょう。ひだほまれは好適米でもありますので、お酒の原料としては非常に優れているので更に料理の味も引き立ててくれる料理酒でもあります。

第1位:お米の強みがある「千代菊 有機純米料理酒」

スーパー等で見かけたら買ってほしいおすすめ無添加系料理酒

第1位に紹介する料理酒は、「千代菊 有機純米料理酒」です。こちらはなんとお米の製造からこだわりっぷりがすごいです。他の料理酒ではまず例をみない純米料理酒の中でも、アイガモ農法のJAS有機認定米を使っていて、原料のお米の質に絶対的な強みがある料理酒なのです。アイガモ農法で育ったお米によって、高アミノ酸が料理へ浸透し、料理の旨味をより一層豊かにしているので、他の料理酒と違うのです。

そのアイガモ農法で育てられたお米は有機米な上に国産で安心できますし、また岐阜県の蔵元「千代菊」が製造しているということでお酒の製造面でも優れた品質が確保されています。岐阜県長良川のきれいな水で仕込まれた純米酒なので、和食料理にはまさしくおすすめと言っていいぐらい美味しい料理酒でもあります。勿論和食以外の料理にも使えるのでお勧めです。価格は少し値を張りますが税込み2580円です。

料理酒はいろんな種類のおすすめがある

10品ですが料理酒をご紹介させていただきました。料理酒は今やブランド系も増えつついて、今やいろんな種類の料理酒があります。しかし料理酒の値段はピンからキリまであります。もし、料理のグレードアップを目指しているのならいままで手を出していない料理酒に手を出すのもいいですし、やはりエコに協力したいなど色々あると思います。人それぞれが求める料理酒を探して見つけて欲しいです。料理の味は調味料にかかってる。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ