鍋の人気ランキングTOP10!おすすめの素と人気メーカーをご紹介!

冬の献立のランキング定番といえば、身体も心もぽかぱか温まる鍋になります。家族や仲間と囲む鍋はコミュニケーションをとるのにも優れています。いつも我が家で食べている鍋のほかにおすすめの鍋料理を知りたい!という方に日本に存在するおすすめの人気の鍋の種類や味はどんなにものなのか、以外と知らない人が多いのも鍋の特徴などをランキング形式で記載しています。人気を鍋料理を是非チェックしてみください。

鍋の人気ランキングTOP10!おすすめの素と人気メーカーをご紹介!のイメージ

目次

  1. 1誰もが納得の味の鍋の種類は?
  2. 2ランキング10位:うどんすき鍋
  3. 3ランキング9位:鶏団子鍋
  4. 4ランキング8位:もつ鍋
  5. 5ランキング7位:ちゃんこ鍋
  6. 6ランキング6位:白菜と豚バラ鍋
  7. 7ランキング5位:キムチ鍋
  8. 8ランキング4位:水炊き
  9. 9ランキング3位:しゃぶしゃぶ
  10. 10ランキング2位:すき焼き
  11. 11ランキング1位:寄せ鍋
  12. 12自宅で鍋を作る際におすすめの鍋の素は?
  13. 13鍋の素の人気のメーカーランキング
  14. 14人気の鍋の素の購入のポイント!
  15. 15子供がいる家庭の鍋の素おすすめ
  16. 16女子だけでやる鍋のおすすめ鍋の素はコレ!
  17. 17変わった鍋に挑戦した人に人気の鍋の素
  18. 18一人で鍋をやる方向けの人気の鍋の素
  19. 19おもてなし!に最適な鍋の素のおすすめ
  20. 20まとめ:鍋ランキングのおすすめ

誰もが納得の味の鍋の種類は?

冬の代名詞と言えば鍋が思いつきますが、日本で人気の鍋の種類や味がどういったものかご存知でしょうか?定番鍋から、地域に根付いた鍋、外国のちょっと変わった鍋など種類もたくさん登場しています。この記事では、人気のおすすめの鍋はどういったものなのか、献立に使える鍋の素はどういったものが人気なのか、また人気の鍋の素のメーカーはどこなのか、と言った疑問に詳しく解説しています。

ランキング10位:うどんすき鍋

うどんすき鍋を食べた事が無いという方も少数いるようですが、野菜がたくさんとれるヘルシーで女性に大人気な鍋の献立の一つが「うどんすき鍋」になります。野菜ともに新鮮な魚介類からお肉とメインのうどんを入れて作る鍋になります。このうどんすき鍋の発祥は大阪の郷土料理になります。

うどんすき鍋の語尾に「すき」と付いていますので、すき焼き鍋のような味を連想してしまいますが、この「すき」というのは、農業で利用する鋤という道具からとった名称で、鍋の形状が鋤に似て、底が浅い鍋を一般的に利用することで付いたのが始まりのようです。ご家庭で作る場合は一般的な鍋で良いですが、大阪のお店でうどんすき鍋を注文すると、たいてい鍋底は浅いです。

うどんすき鍋のここが人気の理由

このうどんすき鍋の特徴は、たっぶり野菜と魚介に肉をふんだんに使い、大阪の薄味のだしで作る鍋料理になる点です。出汁の種類も西日本と東日本ではおおきく違いますが、大阪の出汁は西日本特有の薄い色をした出汁になります。新鮮な素材とあっさりとした出汁が非常に相性が良く、西日本エリアでは非常に人気のお鍋といえるでしょう。

鍋焼きうどんと、うどんすき鍋の違いがよくわからないという方もいますが、鍋焼きうどんは具財を土鍋に入れて一緒に煮込む献立になります。いっぽう、うどんすき関西風の味の出汁に、新鮮な野菜や魚介、肉やうどんを順番に入れていくので煮込みません。どちらかというと、栄養満点のうどんをみんなで食べるような感じになります。
 

うどんすき鍋の発祥は大阪の有名店である美々卯が始まりです。1930年ごろに店主さんが、よりうどんを美味しく薄味の出汁で食べて欲しいということで考案されている鍋になります。美々卯では、献立ですぐ使える通販のうどんすき鍋セットや、はもうどんすき鍋などの種類も通販販売可能です。

Thumbあんこう鍋が食べられる東京のおすすめ人気店ランキングTOP25! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

ランキング9位:鶏団子鍋

ふわふわの鶏団子とヘルシーな野菜をたくさん摂取することが出来る、鶏つくねの献立鍋です。基本はキャベツ、にんじん、にら、にんにくに絹豆腐に鶏つくね団子を入れて作る鍋になります。鶏団子鍋に使う材料は、基本的に冷蔵庫に残っている野菜で、非常に美味しい鍋を作ることが可能です。

鶏団子鍋の種類は多く、アレンジがしやすいのも特徴と言えるでしょう。塩味が抜群にあう軟骨入りの鶏つくね団子に、鶏つくねと卵の親子鍋、つくね団子の中にレンコンを入れてサクサクとした食感を愉しむことが出来る、レンコンつくね団子鍋は食感が癖になる美味しさの味です。その他にエスニック風味塩だれのつくね鍋は、非日常的な感覚や雰囲気を楽しむことが出来ます。
 

その他に醤油味ベースの鶏団子鍋は、鶏つくねときのこの鍋や、鶏つくねにごぼうを入れてごぼうの食感を愉しむ鶏ごぼう鍋、おろし大根をふんだんに利用した大根鶏団子鍋など、バリエーションやさまざまな種類の野菜や食材と鶏団子を合わせることが出来るでの、ランキング9位としましたがコスパも考えると個人的にはトップ3に入ります。

鶏団子鍋のここが人気の理由

鶏団子鍋はまず使われている材料が入手しやすく、なにより安い点が優れています。低脂肪の鶏のたんぱく質が補充出来る点と、人間に必要な野菜をたっぷりと取れる点が人気の理由です。鶏団子鍋は鶏つくねのお鍋のことですが、醤油ベースの出汁や塩ベース、味噌でも中華風の出汁などの種類でも美味しく食べれます。
 

また、材料が余った場合も鶏つくね団子は、味噌汁に入れてもよし、焼いても食べても良し、鶏そぼろにしても良しと、使い勝手がく献立を立てやすいのもおすすめです。鍋は食べたいけど、月末がお金がないという方でもキャベツと鶏団子だけ購入して、あとは冷蔵庫の残りの野菜などですぐに作れるので、お財布にも優しいと言える鍋でしょう。

Thumbどじょうと豆腐を使った地獄鍋を調査!東京で食べられるお店はある? | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

ランキング8位:もつ鍋

今や全国で知名度を得ている「もつ鍋」ですが、以前はモツ鍋ではなく、ホルモン鍋と呼ばれていました。もとは福岡の郷土料理になります。モツ鍋の原点は、戦後に食材が少ないころにアルミの鍋で牛ブタのモツとにらを醤油で炒めて食べていたスタイルから、現在のもつ鍋に進化したと言われています。

もつ鍋の基本の材料は、モツにニンニク、キャベツ、ニラ、唐辛子、豆腐に締めのちゃんぽんが基本です。翌日臭いが気になるという方もいますが、臭いがあっても食べたくなるほど美味しくリピーターが多い鍋だと言えるでしょう。唐辛子が入っているので身体を温める発汗効果があり、風邪のひきはじめにモツ鍋を食べるという方も多いようです。

もつ鍋のここが人気の理由

もつ鍋は、見た目がこってりしていて高カロリーな鍋のイメージがありますが利用されているモツなどのカロリーは非常に低く、脂肪燃焼効果が高い食材と食物繊維もたっぷり保有するのでダイエットにもおすすめな鍋です。もつ鍋だけでタンパク質、脂質、ミネラル、ビタミンを保有でき、締めのちゃんぽんを入れると五大栄養素全部を摂取することが可能です。

味も抜群なもつ鍋ですが実はふんだんに栄養を保有するため、健康に気をつかう女性や男性にも非常に人気の鍋になります。なぜんらもつ鍋は、アミノ酸をふんだんに補給でき、コラーゲンがたっぷりと取れるので肌や髪に栄養をあたえ美容効果も抜群です。また、キャベツやニラなど入っているためビタミンB群、抗酸化成分、鉄分や亜鉛などのミネラル類を摂取することが可能です。

また疲労回復やスタミナ向上の効果がある、ニラやニンニクがふんだんに利用されているので、最近元気が無い!と言う方にももつ鍋は非常におすすめの鍋といえるでしょう。そのほか食物繊維質が多いので便通もよくなり、体温を上げる唐辛子いりなので免疫力もアップします。非常においしい人気のもつ鍋ですが、健康や美容を考えると月に1回は献立に入れても良いかもしれません。

Thumb天神のもつ鍋で美味しくて安いのは?一人鍋もおすすめの人気店を紹介 | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

ランキング7位:ちゃんこ鍋

ちゃんこ鍋はいっぺんに沢山作ることが出来、また野菜やお肉など栄養価も非常に高いため人気のお鍋ですが、実は「ちゃんこ鍋」の語源は古く江戸時代に相撲の巡業に行った際に、板金性のチャンオクという鍋を使って料理をしていたことから付いた名前と言われています。もう一方で以前は相撲部屋の料理番のおやじさんを「ちゃん」と呼んでいたことから、ちゃんこと呼ばれたともあります。

どちらにせよ、ちゃんこ鍋は大きな鍋で大人数分の栄養がある野菜やお肉に魚をふんだんに利用して作られた鍋で、作るときも片づけも無駄がなく効率的です。またみんなで食べるちゃんこ鍋はなんとも美味しいです。ちゃんこ鍋の具財の種類はいろいろで、ベースの味も塩や醤油、味噌とバリエーションは豊富です。

ちゃんこ鍋のここが人気の理由

お相撲さんが毎日食べているイメージがある「ちゃんこ鍋」ですが、やはり毎日激しい運動をされるプロが食べる鍋なので、野菜やお肉に魚介類がたくさん入っていて栄養素のバランスが抜群に良いのが人気と言えるでしょう。大人数で食べる際にも、調理する手間がすくなくなります。

ちゃんこ鍋は自宅でも簡単に作れる献立の一つですが、ちゃんこ鍋用の市販の鍋の素なども種類が多くて、ちゃんこ鍋の材料さえそろえれば作るのが簡単です。ちゃんこ鍋の材料は鶏肉が利用されている事が多いですが、これは鶏は2本の脚でたっていて手を付いていないためお相撲さんがゲン担ぎで始まったそうです。

とくに一般家庭の献立でちゃんこ鍋を作る際は、鶏肉のほかに豚肉や牛、魚介類など好きなものを入れても非常に美味しくおすすめです。ちゃんこ鍋の定番は、白菜、水菜、もやしの野菜をベースに、鶏のつくね肉か鶏のもも肉を利用し、鶏ガラベースの出汁で作ることが一般的です。ヘルシーで高たんぱく質なちゃんこは身体にも良いので寒い冬には最適です。

Thumbちゃんこ鍋の具材のおすすめは?魚など入れる順番や人気の作り方も! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

ランキング6位:白菜と豚バラ鍋

ここ最近はテレビのコマーシャルの影響で人気が出だしたお鍋である「白菜と豚バラの鍋」は、見た目も色鮮やかで視覚的にも味も非常に美味しいおすすめの鍋です。鍋を作る際に豚肉と白菜を交互にいれこんでいき、加熱させた後に専用の出汁を入れるだけなので作り方も簡単です。

四人前程度の白菜と豚バラの鍋の材料として、豚バラの薄切り肉300gに白菜を半分に白ネギ1本、しょうが1個がベースの材料になります。出汁はほんだしに醤油、塩とシンプルなものですが、市販のスープ出汁を購入しても良いでしょう。さっぱりとしていて女性にも人気おすすめです。

白菜と豚バラ鍋のここが人気の理由

この白菜と豚バラ鍋は材料費が安く、すぐに出来る割には非常に美味しい鍋になります。SMSに完成した白菜と豚バラ鍋の画像をアップする方が多く、見た目も緑の白菜と肉の赤い色が色鮮やかで非常にインスタ映えする鍋といえるでしょう。鍋の中でもあっさりしているので、食欲がない暑い時期でもポン酢などでぺろりと食べることが可能です。

また白菜と豚バラ鍋は、白菜と豚バラを交互に挟んだ形状の鍋なのでミルフィーユ鍋とも呼ばれていますが、この組み合わせは相性が良く疲労回復やストレス耐久度を上げることが出来る栄養素を保有しています。白菜のビタミンCと豚バラのビタミンB群がお互いの不足している栄養素を補い、味も栄養素も食材としてはばっちりとスクラムを組んでいる食材です。
 

ちなみに白菜は90%が水分とも言われていますが、ビタミンCをはじめカリウムやモリブデン、オルニテイン、食物繊維を豊富に保有しています。また白菜のカロリーは非常に低く栄養価から考えても女性に最適です。冬が一番の旬の食材なので白菜と豚バラのミルフィーユ鍋を作った事が無い方は、今年は是非一度チャレンジしてみてください。

ランキング5位:キムチ鍋

鍋の定番のお鍋の一つと言えるキムチ鍋ですが、実は韓国ではあまり馴染がなくキムチを使った鍋は韓国では、キムチチゲになります。日本のキムチ鍋はキムチの素を出汁で使いますが、キムチを入れるわけではなく大量の白菜と豚肉を利用した鍋になります。キムチ鍋という名前ですが、キムチが入っている訳ではないのが、なんだか変な感じですが味は非常に美味しくおすすめです。

もちろん、白菜の変わりにキムチを直接使って豚バラと鍋をしますという家庭もあるかもしれませんが、コストや手間など考えると白菜とキムチの素を使ったキムチ鍋にはかないません。別途付け合わせとしてキムチを用意しておいた方が良さそうです。そんなキムチ鍋の人気の理由について記載させて頂きます。

キムチ鍋のここが人気の理由

キムチ鍋の材料は、すき焼きなどの高価な食材を利用する鍋に比べると非常に材料費が安く味も良いです。キムチ鍋の一般的な材料は、豚バラ薄切り肉、白菜、長ねぎ、ニラ、えのきたけ、豆腐キムチ鍋の素となります。キムチ鍋のほかに白菜と豚ばら肉の鍋とほとんど同じなので翌日、同じ材料で違く献立の鍋を作ることも可能です。

そんな辛くて美味い!食欲が進むキムチ鍋ですが、多くの栄養価を保有している上に、代謝をよくする唐辛子やしょうがを入れるので、基礎対応を上げたり免疫力を向上させたりと美容と健康どちらも気にしている方に最適なお鍋と言えるでしょう。とりわけキムチ鍋で注目する成分は、キムチに含まれる乳酸菌です。
 

キムチは発酵食になるので、酵素を食事から取り入れることが可能です。整腸効果が非常に高く、便通や下痢など腸の不具合の改善に最適と言えます。またカプサイシンが保有されていますので、新陳代謝を向上させ美容効果も期待できます。食べて良し!美容や健康にも最適なキムチ鍋は女性や男性ともに人気のおすすめ鍋と言えます。

ランキング4位:水炊き

シンプルですが非常に奥が深い鍋料理が水炊きになります。作り方は鶏肉と野菜を鍋で煮込んで作る鍋料理になります。基本は昆布と鶏肉の出汁のみでベースの出汁をとります。家庭でも作ることができすが専門店の水炊きは、こんなシンプルな材料でできた鍋なのか!とびっくりするぐらい美味しい鍋です。
 

水炊きは九州から関西地区などの西日本で、よく食べられる人気のお鍋になりますが九州の博多ではお肉は鶏肉のみ利用され長時間煮込むのでスープが白濁しています。関西は鶏肉と豚肉が入っていることがあり、昆布の出汁で似てポン酢で食べるのが一般的です。どちらかと言うと関西風の水炊きが全国では一般的な水炊きと呼ばれるものです。
 

奈良時代までは鶏肉を食べる習慣が無かったようですが、水炊きの歴史は、東南アジアから九州に伝わったと言われています。江戸時代の終わりころまでは、日本では長崎の郷土料理だったようで、そこから博多に伝わり水炊き専門店が東京と大阪、京都などに出店したことから全国に広まったようです。

水炊きのここが人気の理由

鶏の味を十分に味わい尽くすことが可能な水炊きですが、材料は鶏肉、昆布、豆腐、ネギ、ニンジン、きのこと非常にシンプルな食材で構成されています。博多の水炊きを作るのであればキャベツを用意します。水炊きは鶏肉をふんだんに利用しているためコラーゲンと、たんぱく質が豊富で美容にも最適です。

また博多風の白濁した水炊き用のスープは、作るのに時間がかかりますが現在は市販の鍋の素に水炊きも売られています。水炊きはどちらかというと鶏を味わい尽くしたい場合に最適なお鍋ですが、ミネラル分が不足する場合があるので、昆布や海藻類を鍋にれとくと、カルシウムや鉄分の不足を解消することが可能です。

水炊きの魅力は、自宅でもお店でもコスパに優れていて美味しくヘルシーなものを食べれる点と言えるでしょう。また水炊き好きな方は是非一度、関西風ではなく博多の白濁した水炊きを食べてみてください。水炊き専門的も数店あり、びっくりするほど美味しい水炊きに合えることでしょう。博多水炊きは博多の名物ですが病みつきになる方が多いようです。

ランキング3位:しゃぶしゃぶ

薄い牛肉を使ってお湯で数回さらし茹で状態で食べるのが「しゃぶしゃぶ」と呼ば手いますが、以前は「牛肉の水炊き」などという名称だったようです。しゃぶしゃぶと呼ばれるようになったのは、大阪の鍋屋料理屋さんで、牛肉の水炊きをしゃぶしゃぶとう名前で出したことにより継承しているようです。

しゃぶしゃぶ鍋に利用されるお肉は牛肉のほかに、豚肉や鶏肉を利用したり、フグやズワイガニのしゃぶしゃぶなどあるので、とにかく新鮮な食材を利用することが条件になります。数回お湯にくぐらせてミディアムで食べるのが一般的ですが、鍋に入れてしっかりと火を通す食べるしゃぶしゃぶもあります。

しゃぶしゃぶのここが人気の理由

しゃぶしゃぶは自宅で食べることもあると思いますが、しゃぶしゃぶ食べ放題などもあるので外食で食べることが多いかもしれません。お店で食べる場合は、数千円で手軽に好きなだけ食べれるお肉と多様化したスープが非常に美味しく、野菜なども充実していて、暑い夏などにも食べやすいのでしゃぶしゃぶは人気と言えます。

他の鍋料理に比べると焼肉などと同じ感覚で、1年中食べれるイメージがあるしゃぶしゃぶですが、牛肉でも豚肉でも鶏肉でも高蛋白質が摂取でき身体をしっかりと作る事が可能です。また野菜もほかのお鍋同様にたくさん食べれるのビタミンやミネラル分に繊維質を摂取することが嬉しいです。

ランキング2位:すき焼き

日本を代表する鍋と言えるすき焼き鍋は、基本は牛肉に醤油、砂糖、酒をいれて白菜やネギ、春菊や豆腐、シイタケなどと一緒に鍋で煮て食べるのですが、生卵が抜群に相性が良く、日本の鍋の中でも美味中の美味なのがすき焼きと言えます。すき焼きは牛肉で作るものがスタンダードとなりますが、自宅で作る場合は豚や鶏や魚類あうどんなどで行われることもあります。

また大手の牛丼チェーン店などでは、すき焼き風どんぶりのようなものが販売されていますが、すき焼き風とは一般的に醤油の甘辛い味付けの事をさしています。日本ですき焼きが食べられるようになったのは、以外と浅く江戸時代の後半である幕末からです。それまでは牛肉を食べる習慣がなく、動物性たんぱく質と言えば鶏や魚料理がメインでした。

ちなみに江戸時代から牛肉が一部食べられるようになったようですが、これは海外からの食肉文化の影響によってですが、当時は肉食文化が浅く牛肉解体技術も発展していなかったため、獣の臭く肉も今の用にスライスされていませんでしたので、美味しかったのかどうかというと、イマイチだったのではないでしょうか?

今のような形状のすき焼きになったのは幕末から明治維新を終えて、明治に入ってからの事となります。日本の関西地方では魚介類を用いた、魚すきがはやっていたようですが、そこから飛び火して神戸の月下亭でいまのようなスタイルのすき焼きが発展したとも言われています。現在食べているすき焼きはもっと洗練されているものでしょう。

すき焼きのここが人気の理由

外食で食べるすき焼きは特に高価な印象がありますが、すき焼きは昔から日本でも人気の鍋のおすすめランキングの上位だったことは確かです。うどんすき鍋や水炊きは食べた事ないかもしれませんが、すき焼きを食べた事が無いとか、名前を聞いたことが無いという方は非常に少ないと思います。

そんなすき焼きは、多くの偉人からも愛され、sukiyakiソングとして一時海外でも有名になった歌のタイトルにも使われるほどの知名度です。牛肉に野菜と生卵を使っているので、栄養価も高く美味としか言いようがありません。ほかのお肉に比べると牛肉は割高感がありますが、海外製の牛肉スライスを使えば比較的安く食べることも可能です。

そんな高級感と存在感あふれる、すき焼きですが日本人が冬に食べたいと思う鍋ランキングの堂々の2位にランキングしています。個人的には1位との際は、コスパ以外には考えにくく、味や見た目、満足感をとるとすき焼きがナンバーワンですが、ややヘルシー感にも欠けることはいなめません。ただし、1年に一度は食べたい鍋はと聞かれると、迷わず「すき焼き」と答えるでしょう。

ランキング1位:寄せ鍋

寄せ鍋とは、魚介類と野菜をベースにした鍋の名称で各地域でとれる新鮮や野菜と魚介類を使われることが多く、味や種類も日本全国で違ったりします。すき焼きなどに比べると、一定の条件のようなもは少なく、各地域の特色が出ている鍋だと言えます。魚介のほかに牛豚鶏の肉類や、つみれなどをいれたりと自由度が高いのも特徴です。

水炊きは水と昆布と鶏で鍋を作りますが、寄せ鍋は具財と出汁ははじめからだし汁を取ったものを使って鍋をします。調理した出汁に各地域の新鮮な魚介やお肉、野菜を使ったお鍋と考えて大丈夫です。要は寄せ鍋というのは、基本は冷蔵庫にあるもので作った鍋だと思うと良いかもしれません。日本で一番食べられている人気の鍋はなんとも庶民的ともいえるでしょう。

寄せ鍋のここが人気の理由

ランキング1位に輝いた「寄せ鍋」ですが基本はなんでも入れて大丈夫のフリースタイルの鍋です。もとは調理場でのまかない飯として作られていたようなので、ほんとに自由です。一応鍋の定番の食材が利用されることが多く、白菜、白ねぎ、春菊、レタスやきゃべつ、トマトを入れるなんて方もいるようです。メインの魚介やお肉も自宅にある残りものだったりします。

この寄せ鍋の人気の理由としては、鍋は食べたいけど、肩ひじ張らずに自宅にあるもので気軽に鍋出来るという点です。出汁も粉末状の出汁を使えば、ある程度本格的な味になるので、人気の割にはお手軽際が高い鍋とも言えます。寄せ鍋はその自由さから味や種類も決まったものが無いので、日々の献立に入れやすい鍋です。

とりわけ、余った野菜と余ったお肉や魚介類を入れて、市販の出汁を鍋に入れて一緒に加熱すると出来上がるので、なんとも嬉しいお鍋です。寄せ鍋は外食でも食べる機会があるかもしれませんが、しゃぶしゃぶやすき焼きに比べると、庶民的で自宅で作る鍋の代表格と言えるでしょう。冷蔵庫のあまりで鍋を食べたい!という方におすすめの一品です!

自宅で鍋を作る際におすすめの鍋の素は?

冬場に食べる鍋は格別に美味しいですが、自宅でつくる鍋の際に活躍する「鍋の素」はどれが一番おすすめで人気なのか調べてみました。鍋の素は各社メーカーが販売していますので、どういったメーカーが販売しているのか、どういった味があるのか、人気の鍋の素を調べて観ました。

鍋の素の人気のメーカーランキング

鍋の素のメーカーの人気のメーカーは、ミツカン、味の素、エバラ、ダイショー、ヤマキ、よしの味噌、イチビキ、マルコメ、ますやみそ、トリゼンフーズ、くばら、小肥羊、ユウキ食品、唐味噌鍋の素、ダイショーなどが有名です。一口に鍋の素といっても甘口から辛口のタイプもあれば、醤油に味噌味、塩などの種類も豊富でより鍋の献立を作る際に手間が少なく美味しい鍋を作ることが可能です。

そんな自宅で鍋を行う際に、出汁とりの手間を短縮することが可能な鍋の素ですが、人気の売れ筋メーカーやおすすめの味や種類について、解説していきたいと思います。自宅で鍋の献立を作る際の参考にしてみてください。またいつもと違った鍋に挑戦することでレシピも増えるこどでしょう。

人気の鍋の素の購入のポイント!

寒くなるとスーパーにもたくさんの鍋の素が陳列されます。そんな鍋の素ですが、野菜中心の鍋や冷蔵庫のあまり物を使った、寄せ鍋のように様々なレパートリーの鍋もあります。やはり家庭の献立で鍋をやる際には、趣味や味覚が合う気の合う仲間だけでやるのか、それとも恋人同士でやるの、子供や老人がいる家庭での献立なのかで鍋の素選びが変わってきます。

鍋が好きな方は、もちろん自分の好み前回の一人鍋をやっても良いでしょうが、やはり仲間や家族とつつく鍋の場合は、自分の好み一辺倒で鍋の素の味を選ぶことは難しいでしょう。また、鍋の素もたくさんの種類が販売されていますので、どういったものが人気でおすすめなのかも知っておくことが、より楽しい自宅鍋のポイントだと思います。

子供がいる家庭の鍋の素おすすめ

ご家庭で今夜は鍋の献立だ!という場合に、やはり子供がいる場合は唐辛子が効いた辛い鍋というのは、ちょっと考え物です。せっかく作った美味しい鍋も辛くて食べれないという事になるのは辛いものです。とりわけ成長期の子供にはたくさんの栄養を取って欲しいので、子供も大人も楽しめる鍋の素選びを心がけましょう。

人気ランキング3位:キユーピー鍋パスタなめらかクリーム味

マヨネーズで定番のキューピーからも鍋の素は販売されていますが、子供に非常に人気のクリーム味です。鍋の素ではありますが、クリームパスタ風の鍋の素に、すきな野菜やお肉を入れて、イタリアン風の鍋を愉しむことが可能になります。鍋の素の中でも変わりダネなので、たまにこういった鍋をみんなでつつくのも話題になって楽しいと言えるでしょう。

人気ランキング2位:ダイショ-豚うま鍋スープ

魚介の旨味がふんだんに凝縮された、和風テイストの鍋の素となります。癖のある辛みや苦みもなく、さっぱりとしていて濃くがある出汁は、豚肉のお鍋の献立に最適な鍋の素としてダイショーが販売していますが、もちろん魚介や鶏の団子などの鍋にしても大人から子供まで楽しめる鍋の素で、非常におすすめです。

人気ランキング1位:サッポロ一番みそラーメン鍋の素

袋ラーメンで絶大の人気を誇る、サッポロ一番「みそラーメンが鍋になりました」が、子供には非常に大人気の鍋の素と言えるでしょう。外観のパッケージも馴染があり、野菜や肉や魚にも非常に合います。また味噌味ですが子供にも美味しく食べれるサッポロ一番の鍋の素は、スープと締め用の太麺も美味しく子供にも人気と言えます。子供がいる家庭で鍋の素選びに迷った場合は、一番のおすすめです!

Thumb鍋スープの簡単手作りレシピを紹介!おすすめや人気アレンジも! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

女子だけでやる鍋のおすすめ鍋の素はコレ!

自宅で鍋パーティの女子会をやる場合に人気のおすすめの鍋の素について、ランキング形式で紹介していみます。鍋の素の味や種類の中でも女子向けの商品といえば、ヘルシーさと見ためが冴える鍋と言えます。女性向けの鍋の素は、やはりメーカーも良く考えたものが販売されていて、人気のおすすめ商品が多数商品化されているので確認してみてください。

人気ランキング3位:ミツカンごま豆乳鍋つゆストレート

まさに女性向けの種類の鍋の素と言ってよいでしょう。白菜や豆腐に水菜などの野菜中心の低カロリーな鍋ですが、ごまと豆乳の相性抜群でコクとまろやかな味は、野菜とちょっとした鶏肉や豚肉をプラスしても、食べ応えがあり女子会でも非常におすすめの鍋の素として高い人気を誇ります。コクがありあっさりとした味はやはり女性に好まれる味だと言えます。

人気ランキング2位:よしの味噌広島レモン鍋の素

レモン風味の鍋を食べた事があります!という方は非常に少ないかもしれませんが、SNS映えはもとより、さっぱりとして清涼感を含むレモン味の鍋は豚肉などと相性抜群です。この種類の鍋は一過性の話題とも思われますが、テレビで紹介されてだいぶ時間が経過しますが、いまだに一年に数回は食べるという方がいるほど、中毒性もあります。

人気ランキング1位:モランボン トマト鍋スープ

大人な女性の鍋の素といえる、モランボンの鍋の素「トマト鍋スープ」ですが、実は人気のテレビ番組であるマツコの知らない世界で取り上げられて非常に人気になっています。価格も1袋3000円以上するので決して安くはありませんが、本格的なビストロ風味のトマト味は、女子会でも話のネタになり人気ナンバーワンと言えます。

変わった鍋に挑戦した人に人気の鍋の素

鍋が好きすぎて年間、いろんな種類の味の鍋を食べてきたけど、献立でちょっと変わった鍋に挑戦したい!という方に非常におすすめの鍋の素もランキング形式で紹介してみたいと思います。クセがあるものもあるので万人受けは悪いかもしれませんが、一度挑戦してみたい鍋の素の味を試してみましょう。

人気ランキング3位:ミツカンゆず塩スープの素

ゆずと和風の昆布味に鶏ガラがきいた、「麺&鍋大陸 ゆず塩スープの素」がおすすめです。こちらの商品は業務用のボトルのみの販売になるので、一般的なスーパーでは見かけないかもしれませんが、鍋だけではなく簡単にゆず風味のラーメン出汁も作れます。塩だれなどにも利用可能ので1本は常備おいても良い鍋の素と言えます。

人気ランキング2位:神州一味噌 味噌鍋の素

こちらも業務用のボトルの鍋の素となりますが、味はごぼう味噌味となっています。ドレッシングなどでも食べた事はありませんが、生のごぼうをミンチにかけ、そのまま味噌とブレンドしているので、そのままでも食物繊維豊富で、豚肉を使った鍋に抜群に相性が良いです。また鍋だけではなくそまま、タレとしても使えたり、ちゃんぽんや雑炊などのベースの味としても人気です。

人気ランキング1位:ユウキ麻辣火鍋の素

一般的なキムチ鍋のような辛さではなく、唐辛子と山椒がアクセントとなり辛いものが大好きな方には非常におすすめの四川風の鍋の素になります。味の濃さは水割りタイプなので調整できますが、辛いです!汗が大量にできます。子供とつつく鍋には向きませんが、辛いのが大好きな方には非常におすすめの鍋の素といえるでしょう。中華風の麻婆豆腐や辛みラーメンの出汁にもあいます。

一人で鍋をやる方向けの人気の鍋の素

栄養価抜群で作る手間も少ない、鍋料理ですがやはり一人のときも鍋を食べたいときがあります。そんなときにあったら頼もしい鍋の素のおすすめをランキングで紹介します。一人で鍋をする際には、はやり量が多いパックタイプの使い切りようはあまり向きません。少量だったり使いまわしがきくボトルタイプがおすすめです。
 

人気ランキング3位:エバラ プチッと鍋寄せ鍋

冷蔵庫にあるもので作れる寄せ鍋ですが、そんな鍋を手早く美味しくつくることができるエバラの「プチッと鍋寄せ鍋」は、キューブタイプではなく醤油ベースの一回使い切りの液体タイプの鍋の素になります。使いやすさと食材への馴染みやすいさから一人ぐらしでも重宝できる商品でおすすめです。

人気ランキング2位:味の素 鍋キューブバラエティ

鍋の素は最近は一袋に小分けで入っているタイプのものも増えましたが、なんと一袋に醤油味、濃厚白湯味、鶏塩味の3種類がパック化された、一人鍋専用の鍋の素と言える商品です。鍋だけではなく雑炊やうどんなどにさっと使えるので、重宝する種類の鍋の素と言えるでしょう。たくさんの味を楽しいたい方におすすめです。

人気ランキング1位:ミツカンごま豆乳鍋つゆ

1回分ごとに小分けしてある「こなべっちごま豆乳鍋つゆ」は、コクがある豆乳とごまベースの鍋の素になります。夜食の献立に食べてもヘルシーで胃腸に負担が少ないので、一人暮らしの方にも常備しておくと非常に便利といえる鍋の素です。またチーズリゾットを作る際にも便利で、チーズを入れるとより味が濃くなりまた一人でも飽きる事なく楽しめます。
 

おもてなし!に最適な鍋の素のおすすめ

来客用に少し高級感を出した鍋をやりたい時や、人をもてなしたい時にちょっと高いけど、本格的な料亭の味を自宅で再現したいときにおすすめの鍋の素と言えるしょう。いつもの鍋の味よりワンランク上の種類の鍋をつくることが可能です。もちろん具材もこだわることで、より洗練された鍋が楽しむことが可能です。

人気ランキング3位:トリゼンフーズ博多華味鳥水たきスープ

日本の水炊きの中でも孤高の存在である博多の水炊きを愉しむことができる、「博多華味鳥水たきスープ」の鍋の素です。トリゼンフーズは博多に本店があり水炊きで有名なお店です。博多の白濁した本格的な水炊きが手間なく自宅で楽しむことが出来るので非常に人気でおすすめと言えます。鶏のしっかりとしたコクを愉しますので博多の水炊き好きな方は、一度お試しください。

人気ランキング2位:博多もつ鍋屋本店秘伝スープ

もつ鍋といえば博多ですが、本格的な博多もつ鍋を愉しみたい方に、おすすめな「博多もつ鍋屋本店 秘伝スープ」です。繊細な中にもしっかりとした和の出汁とし醤油ベースの出汁がもつと非常に相性抜群です。少し値段は高いですが、もつ鍋だけではなく、しゃぶしゃぶやスープなどを作る際にも利用できます。

人気ランキング1位:盛田 特選すき焼きわりした

すき焼きを自宅で本格的な味を愉しみたい方に、是非一度試して欲しい鍋の素にあります。素材として選び抜かれた材料を、上品に仕上げています。すき焼きを自宅で作る場合は、醤油に砂糖にと簡単に作る場合が多いですが、この鍋の素を使うとお店で食べる高級感あふれるすき焼きを愉しむことが可能になります。おもてなしのすき焼きに最高の相性と言えるでしょう。

まとめ:鍋ランキングのおすすめ

寒い季節に最適な鍋のランキングと、自宅で作る鍋のおすすめの素についてご紹介させて頂きましたがいかがだったでしょう?格別においしいですが、日本で人気の鍋料理の上位はほとんどお鍋の時期には食べる事が多いものだと思います。自宅で仲が良い仲間や、家族と気になった季節の鍋料理を楽しみましょう。
 

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ