冷蔵庫のおすすめをメーカー別に徹底比較!特徴や正しい選び方は?

冷蔵庫は毎日の生活に欠かせない家電です。冷蔵庫は他の家電と異なり24時間電源を入れておく必要があります。機能面だけでなく省エネ性や耐久性も冷蔵庫には求められています。メーカーは、消費者ニーズに合わせてそれぞれ発売している冷蔵庫に特徴があります。メーカー別の冷蔵庫のおすすめの特徴を徹底して紹介します。冷蔵庫選びにはいくつかのポイントがあります。おすすめ冷蔵庫を選び方や正しい比較の方法も紹介します。

冷蔵庫のおすすめをメーカー別に徹底比較!特徴や正しい選び方は?のイメージ

目次

  1. 1家庭の必需品!冷蔵庫のおすすめをメーカー毎に紹介!
  2. 2メーカーの冷蔵庫開発は省エネ志向
  3. 3今や最新の冷蔵庫は単なる冷やす家電ではない
  4. 4冷蔵庫の正しい選び方とメーカーによる違い:容量
  5. 5冷蔵庫の正しい選び方とメーカーによる違い:形状とサイズ
  6. 6冷蔵庫の正しい選び方とメーカーによる違い:ドアの数と役割
  7. 7冷蔵庫の正しい選び方とメーカーによる違い:位置
  8. 8メーカー別おすすめ冷蔵庫:日立
  9. 9メーカー別おすすめ冷蔵庫:パナソニック
  10. 10メーカー別おすすめ冷蔵庫:三菱電機
  11. 11メーカー別おすすめ冷蔵庫:東芝
  12. 12メーカー別おすすめ冷蔵庫:シャープ
  13. 13メーカー別おすすめ冷蔵庫:海外メーカー
  14. 14メーカー別おすすめ冷蔵庫のまとめ
  15. 15冷蔵庫は正しく選ぶことで省エネと快適性に貢献

家庭の必需品!冷蔵庫のおすすめをメーカー毎に紹介!

どの家庭にでもある家電の一つが冷蔵庫です。白物家電と呼ばれる家電製品は生活必需品となっていますが、冷蔵庫は他の家電と異なる特徴を持っています。それは24時間電源を入れっぱなしにしていることです。引っ越しなど特別な場合を除いて、その動きを止めることはありません。購入して自宅に届いた日から電源を落とすことがない唯一の家電製品です。そのため冷蔵庫には高い耐久性と省エネ力が求められます。

冷蔵庫は各メーカーが開発研究して商品化されています。メーカー毎のコンセプトも異なり、それぞれに特徴を持っています。食品を冷蔵保存できればどれでも良いという意見もありますが、メーカー毎の特徴を理解して正しい冷蔵庫選びをすることで、今よりさらに省エネ、そしてエコな生活を送ることができます。種類が豊富な冷蔵庫の正しい選び方をメーカー別に特徴とともに紹介します。

メーカーの冷蔵庫開発は省エネ志向

今までのメーカーの努力は省エネ冷蔵庫の開発

冷蔵庫は24時間電源を入れっぱなしの家電製品です。電源を落とせば、保管している食品がたちまち腐ってしまいます。そのため、電気代が高くても電源を落とすことができません。購入するときに省エネを意識して購入しないと光熱費の負担増になってしまいます。まとめ買いなどが主流になり大容量の冷蔵庫などが売れ筋になっている今、冷蔵庫の省エネ化はメーカーの最大の課題でした。そして消費電力が一番の比較対象です。

冷蔵庫の買い替えのライフサイクルは約10年といわれています。そのため次に冷蔵庫を買うまでの間に、大きく進化しています。今、冷蔵庫の消費電力は頭打ちになっています。サイズが大きくなっても消費電力を増加させない工夫はメーカーの努力で限界に来ています。そのため、冷蔵庫を買うときに消費電力を判断材料とするのはあまり得策ではありません。しかしメーカーは次の対策に打ち出しています。

今後のメーカーの努力はエコによる省エネの活性化

今後冷蔵庫の開発において、メーカーが力を入れていくポイントはエコです。消費電力量の省エネをクリアした今、食品をいかに破棄しないかが開発ポイントになっています。食品の廃棄は年間数万円と言われています。電気料金に比にならないほどのコストです。美味しく食べる期間を少しでも長くすることが冷蔵庫の力でできれば、それは食品の破棄を少なくすることにつながります。

保存方法がまちまちでそれぞれの食品によって適切な保存方法が異なるため、一概に保存方法を伸ばすことは難しいのが現実です。そのためメーカーはAIの搭載やセンサーの充実を図り、人が冷蔵庫に仕分けするのではなく、冷蔵庫が自分で判断して食品を保存するようになるのが今後の冷蔵庫です。期間を自動的に見極めて自動的に冷蔵から冷凍に移す、水分が不足しているから水分補給させるなど画期的なシステムが未来の冷蔵庫です。

Thumb無印良品の冷蔵庫の口コミ・評判からメリット・デメリットまで! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

今や最新の冷蔵庫は単なる冷やす家電ではない

最新の冷蔵庫の機能は、本当に冷蔵庫か?と疑いたくなるような機能が満載です。部屋が細かく細分化されているのは最近の傾向ですが、その部屋一つ一つに温度や湿度の見張りであるセンサーが内蔵されています。そのセンサーが反応すると適切な温度や湿度に戻すために管理するのはどのメーカーでも当たり前の機能です。さらに冷蔵庫の中身まで適切に管理する冷蔵庫も登場しています。インターネットに接続して管理します。

クラウド上で食品の管理をすることができ、冷蔵庫の保管日数や開閉状況を判断してメニューや献立の提案をしてくれます。買い物しなければならないリストを自動的に発信したり、食品の消費期限が迫っていることをアラートで教えてくれる機能もあります。生活リズムを食品の観点からアドバイスしてくれる機能も搭載しています。未来の冷蔵庫は、食品の保管の為に冷やすだけの道具ではないのです。

冷蔵庫の正しい選び方とメーカーによる違い:容量

冷蔵庫の容量は人数よりもライフスタイルで決めるのがおすすめ

冷蔵庫の選び方で一番気にするポイントは容量ではないでしょうか。今売れ筋の冷蔵庫の容量は500リットル前後です。一般的に家族一人あたり100リットル、家族全体で100リットルが計算の目安ですので、4人家族では500リットルが妥当となります。しかしライフスタイルは年々変化しています。共働きの家庭や、食品宅配のニーズ拡大などによりまとめ買いするケースが増えています。サイズの選び方は人数だけで判断できません。

冷蔵庫の容量は一番、食品を入れておく時に満載になるのが目安です。つまりまとめ買いをする家庭であれば、まとめ買いをした直後の冷蔵庫の容量が適切なサイズとなります。400リットルを超える大容量の場合、省エネ効果が高いと言われているため、500リットルを選んでもそれほど電気料金に差はでません。食品を過剰に入れることでかかる電気料金の方が高くなることを念頭に置いた選び方がおすすめです。

選び方は容量だけではありません。横幅も考慮すべき事項です。家庭向けの冷蔵庫の一般的な横幅は410リットルで600ミリ前後、500リットルで685ミリです。家の冷蔵庫のスペースにこのゆとりがあるかを事前に確認する必要があります。650ミリしか横幅が確保できないのであれば、500リットルを購入するのを諦めるべきです。ただし、放熱の都合上、左右50ミリの余裕が必要であることも計算しておく必要があります。

また冷蔵庫の設置場所や容量が満足できても、設置場所までの運び入れで失敗するケースもあります。出入口の間口が狭い場合、冷蔵庫をキッチンまで運ぶことができません。分解することもできない為、搬入口が確保されているかを確認することが大事です。これは新規購入時だけでなく引っ越しの時にも同じで、冷蔵庫が搬入できない為にワンサイズ小さめの冷蔵庫に買い替えなければならないケースもあります。

冷蔵庫の正しい選び方とメーカーによる違い:形状とサイズ

冷蔵庫は設置場所を考慮して選ぶのがおすすめ

冷蔵庫のドアの開き方にはいくつか種類があります。選び方のポイントはこの開き方も比較すべきポイントです。大きいサイズになると観音開きを採用しているケースが多くなります。比較的小さいサイズの場合には、左右どちらかの開き方です。設置場所によって冷蔵庫のドアは壁に向かって開くのが理想です。取り出しやすさを考慮して設置場所に見合った開き方の冷蔵庫を選ぶことが大事です。両開き選ぶという選択肢もおすすめです。

冷蔵庫の正しい選び方とメーカーによる違い:ドアの数と役割

冷蔵庫は利用頻度や状況を考慮するのがおすすめ

一般的な冷蔵庫のドアの数は6つが主流です。冷蔵室、チルド、製氷室、冷凍室が二つ、そして野菜室です。生活スタイルによってどの部屋に食品を多く保管するのか分かれます。せっかく大きめの冷蔵庫にしたのに使っているのは一部の部屋だけというのは賢くありません。冷凍食品を多く利用するのであれば、冷凍室のサイズにこだわるなど、バランスよく食品が入るような設計の製品の選び方がおすすめです。

冷蔵庫の正しい選び方とメーカーによる違い:位置

冷蔵庫選びは一番手の届きやすい真ん中を重視するのがおすすめ

一見同じように見える冷蔵庫でもメーカーによって工夫がなされています。これも選び方の大事なポイントです。冷蔵庫の中央部分にある引き出しが一番便利に使うことができる位置にあります。ここを冷凍室にしているメーカーと野菜室にしているメーカーがあります。冷凍室にしている場合は省エネ効果が高いなどの技術的な理由にしているケースもあります。冷蔵庫の使い勝手を比較するのはとても重要です。

もちろん省エネ効果も大事ですが、毎日使う冷蔵庫は使い勝手を一番に考えた選び方をすべきです。冷凍室より野菜室の方を多用するのであれば、野菜室が一番手の届きやすい中央にある製品の方が便利です。冷凍室を中央にする事を避けられない為、下段に野菜室を設けている場合でも、取り出しやすさを追求した工夫をしているケースもあります。実際に店頭で見て使い勝手を判断する選び方がおすすめです。

メーカー別おすすめ冷蔵庫:日立

おすすめポイントはバランス重視でどの家庭にも適用すること

技術の日立と呼ばれることも多いメーカーである日立は、白物家電でも大型家電を得意とするメーカーです。冷蔵庫をはじめ、洗濯機、掃除機などモーターを利用する製品に強い技術力を持っています。冷蔵庫においてもその信頼度は高く日立の製品を買えば間違いないというほど耐久性にも優れている製品を開発、販売しています。日立の冷蔵庫は総合的なバランス重視型で、メーカー比較の中でもトップクラスの人気です。

日立の冷蔵庫のおすすめ機能としては真空チルドです。チルドルームの気圧を下げることで食品の乾燥や酸化を抑止しています。ラップなしでも十分乾燥を防げる魅力の機能です。真空チルドの設定はボタン一つで行うことができる手軽さが売りです。便利機能でも面倒な手順を踏まなければならないのは避けたいものです。日立は使う側の立場に立った商品でユーザーの評価を高めています。

野菜室へのこだわりもあります。野菜室を比較するのであれば日立がおすすめです。野菜の劣化を防ぐため保存するのではなく寝かせる方法を採用しています。スリープ野菜と名付けられた機能です。他にも三段冷凍室や半分変わる棚などかゆいところに手が届く工夫がなされています。簡単さと便利さを備えるとともに価格も手ごろと日立は冷蔵庫の人気メーカーとなっています。口コミや比較サイトでも高い評価を得ています。

メーカー別おすすめ冷蔵庫:パナソニック

おすすめポイントはスタイリッシュな近未来のデザイン

キッチンをオシャレな空間にしたい、見せるキッチンにしたいと考えている人が増えています。オシャレな空間を演出するのはスタイリッシュな家電です。今までオシャレなデザインの家電を比較するには海外メーカーしかありませんでした。しかし技術面も持つ日本のメーカーで唯一スタイリッシュな家電を提供し始めているのがパナソニックです。価格は少々高めですが、機能も見た目も満足できる冷蔵庫はパナソニックがおすすめです。

パナソニックは見た目だけでなく機能面でも比較されています。使いやすさを追求している機能も持ち合わせています。トップユニット方式は冷蔵庫のデッドスペースに冷却装置を設置することで無駄のない配置を実現しています。また他社にない温度帯の部屋を作っています。微凍結チルドと名付けられたその部屋は通常のチルド室の1度より低く、冷凍室より高いマイナス3度を維持します。買い置きに便利な温度帯です。

引き出しの奥まで全開できるのもパナソニックならではです。使い勝手を重視して比較するならパナソニックの引き出しがおすすめです。急速冷凍機能もあります。瞬間冷却で新鮮度を保ったまま冷凍することができるため作り置きや旬の魚もおいしさを維持できます。パナソニック独自のナノイー技術も冷蔵庫に採用しています。消臭イオンが全室に行き渡る設計で食品のにおい移りを最小限にとどめてくれます。

メーカー別おすすめ冷蔵庫:三菱電機

おすすめポイントは冷凍の便利さ

切れちゃう瞬冷凍というテレビコマーシャルのフレーズが特徴の三菱電機は冷凍が強みのメーカーです。冷凍室はマイナス18度くらいの温度が一般的です。しかし三菱の切れちゃう瞬冷凍室はマイナス7度です。カチカチに凍ることがないため、必要な分を切って使うことができるのが最大の特徴です。さらに瞬冷凍を実現させ、一気に食品を凍らせることで旨味を逃がさない、繊維を壊さない、品質を劣化させない工夫が特徴です。

三菱電機の冷凍室は過冷却減少を利用しています。この冷却技術を利用したのが氷点下ストッカーです。食品を凍らせずに温度だけ下げることに成功しています。凍らせることで避けることのできない食品の劣化や質の変化を防止しつつ長期保存を可能にする三菱電機ならではの技術が冷蔵庫に使用されています。氷点下ストッカーは0度からマイナス3度位の絶妙な温度管理にしていることも特徴です。

野菜の鮮度を保つ工夫もしています。野菜室の中にLEDライトが仕込まれています。これにより直物の光合成が冷蔵庫の中でも続くように工夫されています。劣化を防ぐだけでなく栄養素を増やすこともできるのが特徴です。冷凍することが多いのであれば、冷凍技術が他のメーカーより一歩先に出ている三菱電機の冷蔵庫をおすすめします。サイズも他社メーカーよりもスリムな作りになっているのも特徴です。

メーカー別おすすめ冷蔵庫:東芝

おすすめポイントは野菜室

東芝の冷蔵庫の特徴は野菜室です。ベジータという名称は聞いたことがある人も多い名前です。野菜室を最も大事にしているため、他のメーカーとは異なり野菜室を中央に持ってきています。新鮮摘み立て野菜室は野菜に必要な湿度をツイン冷却で管理し乾燥を防止します。鮮度が維持される為、いつもいつも新鮮な野菜サラダを作ることもできます。中央に位置しているため取り出しやすさも兼ね備えている冷蔵庫です。

野菜を冷凍する保存方法も東芝の冷蔵庫の特徴です。野菜そのまま冷凍という名の部屋ですが、野菜を下茹でなしてそのまま冷凍できます。野菜同士がくっつかない程度の冷凍なので、取り出して使用するときも不便さを感じません。ドライモードを選択することもできます。野菜には水分が必要という常識を逆手にとり、水分をなくすことで揚げ物や煮物に適した状態にすることもできます。

チルドルームを複数用意しているのも東芝の心遣いです。水分の多い食品では低温のチルドでも凍ってしまいます。それを防止するために複数のチルドルームを設けて使い分けできるようにしています。また意外と知られていないのが東芝のタッチドアオープン機能です。普通に取っ手をつかんで開くのが一般的な冷蔵庫で触るだけで開くことができるドアです。手が濡れているときなどとても重宝する機能です。

メーカー別おすすめ冷蔵庫:シャープ

おすすめポイントは大容量の冷凍機能

シャープの冷蔵庫の特徴はメガフリーザーです。つまり大容量の冷凍室です。冷凍食品が増加していることと、まとめ買いなどをする機会が増えて冷凍保管する必要性があることがニーズになっていると捉え冷凍室を充実させた冷蔵庫をシャープは展開しています。三段仕様に加えて四方に移動できる仕切りが便利な冷凍室は他社メーカーの1.5倍程度はあるサイズです。立てて収納できる高さを持っているため、収納力は抜群です。

広い冷凍室は、大きな魚を丸ごと一匹入れても容量が余るほどのサイズです。まとめ買いしてすべてを冷凍保管している家庭でも十分対応できます。東芝同様に真ん中に野菜室を完備していますが、冷凍室が大きいため、野菜室は他社メーカーより小さめです。野菜も冷凍することができるため、野菜室にこだわりがない場合には、シャープの冷蔵庫がおすすめです。価格も比較的リーズナブルなのが特徴です。

シャープ独自の技術といえばプラズマクラスターです。パナソニックのナノイーに対抗していますが、冷蔵庫内の嫌な臭いをシャットアウトしてくれる機能です。冷蔵庫の中は様々な食品があり湿度も高いため、臭いが発生しやすい環境です。冷蔵庫を開けた瞬間、嫌なにおいがすることもあります。それを少しでも軽減するのがプラズマクラスターです。臭いが気になる人にはおすすめです。

メーカー別おすすめ冷蔵庫:海外メーカー

おすすめポイントはデザインと価格

海外メーカーといっても様々な種類があります。海外メーカーの冷蔵庫を購入するメリットは二つあります。一つはデザインです。北米や北欧などではデザインに優れた家電が数多くあります。スタイリッシュなデザインの発祥はヨーロッパです。そのため、モダンなデザインを家電にも取り入れたいと考えているのであれば、海外メーカーの冷蔵庫を検討する価値もあります。しかし性能面も良く比較しないと後悔する可能性もあります。

次に海外メーカーの特徴としてあげられるのが価格です。デザイン重視の家電は価格面では高いのが相場ですが、安い冷蔵庫を探して海外メーカーにたどり着くというケースもあります。昔は安い冷蔵庫は性能もいまいちでしたが、今は性能も満足できるものが多くあります。最新機能までは装備できませんが、一般的な使いかたをするのであれば、十分価値のある冷蔵庫がリーズナブルにたくさんあります。

海外の冷蔵庫では日本のメーカーと必ずしも同じ考えをしているとは限りません。そのため電気代に関しても省エネが日本の主流ですが、海外メーカーの冷蔵庫では電気料金が想像以上にかかるケースもあります。反面、日本製にはない機能を有している場合もあります。アイスディスペンサーなどは一例です。海外の消費者ニーズを取り入れた機能を有しいるため、その機能を求めて購入する人もいます。

メーカー別おすすめ冷蔵庫のまとめ

冷蔵庫を製造、販売しているメーカーはたくさんありますが、機能面には差があります。それは得意分野であったり、ニーズを重視している面など理由は様々ですが、毎日利用するユーザーの観点から比較検討して購入を決めることが大事です。省エネはどのメーカーも限界域に達しています。そのため電力比較よりも性能比較することがポイントです。サイズは各メーカー取り揃えているため、中身の比較検討が重要です。

比較するのは、冷凍室、野菜室、チルド室、引き出しの場所、ルームの容量、デザインなど様々ですが、何を一番に重要視するのかをポイントにすべきです。トータルバランスを重きに置くのであれば、それに対応したメーカーもあります。まずは、家電量販店などに出向いて、自分の目で冷蔵庫に触れてみるのが一番です。もちろん商品の特徴に関しては店員が詳しく説明してくれるため安心です。

冷蔵庫は正しく選ぶことで省エネと快適性に貢献

毎日の食生活に欠かせない家電が冷蔵庫です。冷蔵庫は日々進化しており、各メーカーが消費者ニーズを満たそうと努力をしています。それぞれのメーカーには特徴があります。省エネの次のターゲットはエコです。食品を少しでも破棄せずに済むように保存力を硬化する冷蔵庫が次々と登場しています。ライフスタイルにマッチした冷蔵庫を選ぶ事で快適な生活とエコな生活を実現することができます。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ