栄養ドリンクおすすめランキングTOP20!【疲労・眠気・風邪】

現代社会はストレスがたまりやすく、仕事でストレスや疲労を抱えている方が多いことでしょう。そんなときに栄養ドリンクに頼って仕事をしているという方も多いです。疲労がたまったままの仕事や眠気があるまま仕事をするのは非常につらいですよね?栄養ドリンクの種類も豊富でどれがいいのか悩むという方もいるでしょう。今回はおすすめの栄養ドリンクをランキング形式で紹介していきます。疲労・眠気・風邪という症状におすすめの栄養ドリンクもランキング内で紹介しますので、参考にしてみてください。

栄養ドリンクおすすめランキングTOP20!【疲労・眠気・風邪】のイメージ

目次

  1. 1栄養ドリンクのおすすめが知りたい!
  2. 2栄養ドリンクを選ぶポイントは?
  3. 3栄養ドリンクを飲むタイミングは?
  4. 4栄養ドリンクおすすめランキング20位:エーザイチョコラBBFeチャージ
  5. 5栄養ドリンクおすすめランキング19位:第一三共ヘルスケアリゲインスタイル
  6. 6栄養ドリンクおすすめランキング18位:大正製薬アルフェネオ
  7. 7栄養ドリンクおすすめランキング17位:ピップ内服液
  8. 8栄養ドリンクおすすめランキング16位:佐藤製薬ユンケル1・6・12液
  9. 9栄養ドリンクおすすめランキング15位:ピップPCi
  10. 10栄養ドリンクおすすめランキング14位:大正製薬リポビタンアミノ
  11. 11栄養ドリンクおすすめランキング13位:武田薬品工業アリナミンRオフ
  12. 12栄養ドリンクおすすめランキング12位:佐藤製薬ユンケル黄帝ロイヤル
  13. 13栄養ドリンクおすすめランキング11位:ハウスウェルネスフーズメガシャキ
  14. 14栄養ドリンクおすすめランキング10位:レッドブルエナジードリンク
  15. 15栄養ドリンクおすすめランキング9位:佐藤製薬ユンケルローヤルV
  16. 16栄養ドリンクおすすめランキング8位:大正製薬ゼナジンジャー
  17. 17栄養ドリンクおすすめランキング7位:ヤクルトタフマンV
  18. 18栄養ドリンクおすすめランキング6位:伊丹製薬バイタルミン3000
  19. 19栄養ドリンクおすすめランキング5位:佐藤製薬ユンケルスター
  20. 20栄養ドリンクおすすめランキング4位:大鵬薬品工業チオビタドリンク
  21. 21栄養ドリンクおすすめランキング3位:大正製薬リポビタンD
  22. 22栄養ドリンクおすすめランキング2位:明治活參28
  23. 23栄養ドリンクおすすめランキング1位:イミダペプチド
  24. 24まとめ:栄養ドリンクを上手く使って元気に過ごそう!

栄養ドリンクのおすすめが知りたい!

栄養ドリンクは種類が豊富でどのような栄養ドリンクを選んでいいのか迷ってしまいます。疲労に効果のあるもの、眠気があるときには眠気に効果のあるものを選びたいです。風邪をひきそうという場合には風邪のひきはじめに効果的な栄養ドリンクはどれか知りたいでしょう。今回はおすすめの栄養ドリンクトップ20をランキング形式で紹介していきます。疲労回復に効果のあるもの、眠気がある際に眠気を吹き飛ばすドリンクなど紹介していきますので、参考にしてみてください。

栄養ドリンクを選ぶポイントは?

栄養ドリンクのタイプで選ぶ

栄養ドリンクにもタイプがあります。タイプは3つに分かれ、医薬品・医薬部外品・清涼飲料水の3つです。医薬品タイプは、症状の予防であったり治療に効果的なものとなります。薬事法に沿って作られており、医薬品として効果があると認められている成分を配合することができます。デメリットとしては、薬局などでしか購入することができません。症状に効果的な作用がありますので、治療目的で飲むには医薬品がおすすめです。

続いて医薬部外品です。医薬部外品は、医薬品に比べると効果は劣りますが、薬事法に沿って作られた栄養ドリンクとなります。医薬品が生薬などの特徴的な味で飲みにくさを感じるということに比べ、飲みやすいドリンクとなっています。スーパーやドラッグストアでも販売されており、手ごろの価格と気軽に購入できるのが嬉しいポイントです。

最後は清涼飲料水です。清涼飲料水タイプは食品衛生法に沿って作られたドリンクとなります。医薬品、医薬部外品は薬事法に沿っていますが、清涼飲料水は違いますので、効果や効能の表記ができなくなっています。そのため、成分の記載はありますが、含まれている配合量の記載はないことが多く、謳っている効果が得られない商品があることもあります。しかし、コンビニでも販売される程手ごろな商品ではあります。

症状によって選ぶ

栄養ドリンクを購入しよとする方には、特定の症状があって購入を希望している方がほとんどかと思います。しかしどの栄養ドリンクがいいのかわからないという方もいるでしょう。症状は、疲労であったり、眠気、風邪っぽいなど様々でしょう。購入を希望する栄養ドリンクに含まれている成分が希望の症状の緩和につながるのか確認することっも大切です。

なかなか仕事の疲れが取れない、体のだるさがあるというような疲労の症状には、タウリンが配合されているものや、ビタミンが配合されているものがおすすめです。ビタミンB群・ニコチン酸という成分は活動するためのエネルギーを作るのに役立ちます。タウリンは疲労回復効果であったり、食べ物の消化や吸収の手助けをする役割もあります。

続いて風邪の症状を感じるときには、生薬が含まれているものがおすすめです。風邪をひいているときには体力も落ち、食欲もあまりありません。ビタミンC・ビタミンB群は栄養を補い、ジオウ・ニンジンは免疫力を付けるのに役立ちます。そのような成分が含まれたものを探すといいでしょう。

風邪の際に注意したいのは、風邪薬を飲んでいる場合にはカフェインが入っている栄養ドリンクを飲まないようにすることです。風邪薬にはカフェインが入っていることが多いので、さらにカフェイン入りの栄養ドリンクを飲んでしまうと過剰な摂取になってしまい、眠れなくなったり頭が痛くなったりする場合があります。

仕事の際に眠気があってどうしようもないという場合もあるかと思います。そのような場合にはカフェインが入っている栄養ドリンクがおすすめです。覚醒作用のあるカフェインは眠気に効果的です。

栄養ドリンクには、カフェインが含まれているものが多いです。しかし、カフェインを過剰に摂取してしまうと命の危険につながる場合もあります。ご自身の体重によってカフェインの摂取の危険量は異なりますが、コーヒーやお茶にもカフェインは含まれていますので、栄養ドリンクを飲む場合には過剰摂取にならないように注意して飲むようにしましょう。

栄養ドリンクを飲むタイミングは?

栄養ドリンクはいつ飲むのかということも疑問の1つかと思います。飲むタイミングとしては、3つに分けることができます。朝出かける前・お昼を食べた後・寝る前です。朝出かける前に飲むと栄養ドリンクの効果は大体4時間程ですので、やる気を出したい午前中から元気に動くことができます。朝の目かった場合にはお昼ご飯と一緒に栄養ドリンクを飲むと、昼食の栄養と一緒に吸収されます。

翌日にむけて頑張りたいというときには寝る前に飲むこともおすすめです。カフェインが含まれているものは、寝る前に飲むと眠れなくなる場合もありますので、カフェインが含まれていない栄養ドリンクを選ぶといいでしょう。ご自身がどのような活動をしたいかに合わせて飲むタイミングを考えるといいでしょう。

Thumb栄養ドリンクを飲むタイミングは?効果が出やすい時間を紹介! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

栄養ドリンクおすすめランキング20位:エーザイチョコラBBFeチャージ

栄養ドリンクのタイプは清涼飲料水となります。嬉しいポイントは、カフェインを含んでいないため、風邪薬と一緒に飲むこともできますし、寝る前に飲んでも眠れなくなるということがないという点です。また、このドリンクは女性に不足しがちな鉄分も含んでいますし、ビタミンも配合されているので生理中の貧血予防や、イライラしてしまうときにもおすすめです。

ドリンクの味もプルーンとピーチと2つの味があるので、鉄分の苦みもなく飲みやすくなっています。肌にもいい効果もあり、女性におすすめの栄養ドリンクでもあります。

栄養ドリンクおすすめランキング19位:第一三共ヘルスケアリゲインスタイル

疲労回復に効果的な栄養ドリンクです。ビタミンB群が活動エネルギーの生成を手助けしてくれますので、疲れを取り除いていきます。仕事で頑張らないといけない非などに飲むのにいいドリンクでもあります。また、ショウガエキスが入っていますので、冷え性の方にも体の内側から温めてくれる効果もあります。嬉しいポイントとして、カロリーも低くて当分もない為、栄養ドリンクでのカロリーが気になるという方にもおすすめです。

ドリンクのタイプは医薬部外品となっており、カフェインが含まれている商品でもあります。カフェインは1本に50mg入っています。

栄養ドリンクおすすめランキング18位:大正製薬アルフェネオ

医薬部外品タイプの栄養ドリンクで、主な成分にはビタミン・L-アスパラギン酸マグネシウムを含んでいます。カフェインは含まれていません。ビタミンB群が入っているので、疲れているときの栄養補給もできます。それだけでなく、マグネシウムも含まれているため、鉄分も摂取することができます。カフェインが含まれていないので、寝る前にも飲むことができます。

栄養ドリンクおすすめランキング17位:ピップ内服液

医薬品タイプとなるピップ内服液は、目の疲労、筋肉の疲労を和らげることに特化しています。筋肉をほぐすことで有名なピップエレキバンの飲むタイプの栄養ドリンクとも言えます、目の疲労をビタミンB1が和らげてくれます。

医薬品は生薬が配合されているので、飲みにくさを感じますが、ピップ内服はブルーベリー味になっていて飲みやすいです。デスク仕事で目の疲労がたまっているという方は、ピップ内服薬で目の疲労を和らげてみてください。

栄養ドリンクおすすめランキング16位:佐藤製薬ユンケル1・6・12液

目の疲労はなかなか休憩やマッサージでは取ることが難しいです。医薬品タイプとなるユンケルの栄養ドリンクは、目の疲労を取り除くのにおすすめの商品となっています。眼精疲労に最適なドリンクとなり、普段の仕事で目を酷使している方や、集中してデスクに向かいたいときなどにおすすめです。目の疲労以外にも、筋肉疲労にもいいので、肩こりからくる目の疲労にもおすすめです。

栄養ドリンクおすすめランキング15位:ピップPCi

現代では、パソコン・スマートフォンと目を酷使する機会が増えてきました。目の疲労を感じている方も多いことでしょう。医薬品タイプとなるピップPCiは疲労しきった目の疲れを和らげてくれます。毎日の目の疲れがたまってしまった際に飲む栄養ドリンクとしてもおすすめです。スマートフォンやパソコンが手放せないという方には常備しておくこともおすすめです。カフェインは含まれていません。

栄養ドリンクおすすめランキング14位:大正製薬リポビタンアミノ

医薬部外品タイプとなるリポビタンアミノは、主な成分としてBCAA・ビタミンB1を配合しています。カフェインも入っており、50mgのカフェインが含まれています。筋肉の組織であるBCAAなどを取ることのできる栄養ドリンクとなっており、外回りや出張で出歩いて疲れたという仕事の疲労を感じたときにおすすめの栄養ドリンクとなっています。カフェインが含まれていますので、寝る前に飲むのは避けて飲むようにするといいでしょう。

栄養ドリンクおすすめランキング13位:武田薬品工業アリナミンRオフ

医薬部外品タイプとなるアリナミンRオフは、主成分にイソロイシン・ビタミンB1誘導体を含みます。カフェインは含まれていません。カフェインが含まれていないので、疲れたなと思った日の寝る前に飲むのもおすすめな栄養ドリンクです。

栄養ドリンクおすすめランキング12位:佐藤製薬ユンケル黄帝ロイヤル

医薬品タイプとなるユンケル帝王ロイヤルは、主成分が生薬とビタミンとなっています。カフェインの含有量は50mgとなっています。1本の値段は高い商品となりますが、その値段分効果は抜群となります。眠気を感じたときにも、カフェインが50mg含まれていますので、眠気対策にも効果的です。

滋養強壮効果がある生薬成分も入っているので、栄養補給をしたいときや、疲れがたまっていて疲れを取りたいときにおすすめです。タイプが医薬品となっていますので、成分の効果も認められています。大きな仕事を乗り切りたいときや、多忙が続いている方は1本購入しておくことをおすすめします。

栄養ドリンクおすすめランキング11位:ハウスウェルネスフーズメガシャキ

清涼飲料水タイプになるメガシャキは知っている方が多いと思います。インパクトのあるCMも放送されていたことで知名度が上がったとも言えます。主成分としてはビタミンB1・果糖ぶどう糖液糖が含まれており、カフェインは100mgとなっています。含まれているのはカフェインだけではなく、合わせて刺激や苦みのあるスパイス、唐辛子やショウガの香辛料などで眠気を改善します。

刺激と炭酸で、気分がすっきりとなります。カフェインも100mgと非常に強力な商品となっています。また、メガシャキは種類も様々あり、炭酸圧が2倍になった商品、メントールの刺激を追加した商品などもありますので、いろいろ試してみてください。

栄養ドリンクおすすめランキング10位:レッドブルエナジードリンク

レッドブルは168カ国と多くの世界で発売されている有名な栄養ドリンクとなります。タイプは清涼飲料水になるので、コンビニでも手軽に購入できます。カフェインの含有量が多く、80mgとなっています。カフェインが多く含まれることで眠気が一気に吹き飛ぶと人気の商品となっています。

コンビニでもすぐに見つかる手軽な商品となっているので、運転中に眠気を感じたときや、仕事で急に眠気を感じだした際にも手軽に入手することができます。味も炭酸ジュースのように飲みやすい栄養ドリンクとなっていますので、学生の勉強に集中したいときにもおすすめです。ジュースのような味ではありますが、栄養ドリンクになりますので、飲みすぎには注意が必要です。

栄養ドリンクおすすめランキング9位:佐藤製薬ユンケルローヤルV

医薬部外品となるユンケルローヤルVの主成分は生薬・ビタミンとなっています、カフェインの含有量は50mgです。風邪かもしれないという風邪のひきはじめにおすすめの栄養ドリンクとなっています。4種類の生薬とビタミンが風邪のききはじめに効果を発揮します。1本の内容量は30mlと少ないサイズにはなりますが、効果はしっかりとあります。

ビタミンを補修しながら生薬で体力の回復もはかります。体力を取り戻したい風邪が治った後も、滋養強壮の効果がありますので、治りかけの際にもおすすめです。カフェインが50mg含まれている栄養ドリンクですので、風邪薬を飲んでいる場合には飲まないようにしましょう。風邪かな?と思った際には飲んでみることをおすすめします。

栄養ドリンクおすすめランキング8位:大正製薬ゼナジンジャー

医薬品タイプとなる大正製薬のゼナジンジャーはカフェインは含まれていません。主な成分は生薬とビタミンとなります。商品名がゼナジンジャーというだけあった生姜の栄養ドリンクとなっています。生姜の力で体の中から温める効果もあり、風邪に効果のある14種類の生薬が含まれています。風邪で体力が落ちた体を生姜の力で中から温めて、ビタミンB群・タウリンもありますので、栄養を補うサポートもしてくれます。

解熱作用も期待できるカンゾウ・ニンジン・ジオウという成分も含まれていますので、風邪で体力が弱っているときにおすすめです。

栄養ドリンクおすすめランキング7位:ヤクルトタフマンV

清涼飲料水タイプとなるヤクルトタフマンVはカフェインは含まれていません。主な成分は、高麗ニンジン・ビタミン群となっています。タフマンVの歴史は長く、1980年に発売が開始され、現在でも人気の栄養ドリンクとなります。風邪をひいたときにもおすすめのドリンクとなり。体力をつけるのに役立つビタミン群やローヤルゼリーも含まれています。カフェインが含まれていないので、寝る前にも飲むことができます。

清涼飲料水タイプにはなりますが、他の清涼飲料水タイプの栄養ドリンクと比べても、ワンランクアップした栄養ドリンクとなっていますので、清涼飲料水タイプの中でもおすすめの栄養ドリンクです。

栄養ドリンクおすすめランキング6位:伊丹製薬バイタルミン3000

医薬部外品となる伊丹製薬のバイタルミン3000は、主な成分にタウリン・ビタミンB1を含みます。カフェインも配合されており、50mgとなっています、バイタルミン3000の3000という数値はタウリンの量となっており、3000mgのタウリンを含んだ栄養ドリンクとなっています。タウリンを多く含んだドリンクとなっていますので、疲労を回復するのに最適なドリンクとなります。

他にも嬉しいポイントがあり、食欲がわかないときの改善効果にもいいでしょう。体力も回復し、食欲も元通りにしてくれるので、滋養強壮効果が非常に大きい商品といえるでしょう。カフェインを含んでいますので、風邪薬と同時に飲まないように注意してください。

栄養ドリンクおすすめランキング5位:佐藤製薬ユンケルスター

佐藤製薬のユンケルスターは医薬品タイプの栄養ドリンクとなります。主な成分には、タウリン・紅参流エキス・ローヤルゼリーを含んでいます。カフェインは含まれていません。ユンケルスターには疲労回復や滋養強壮に効果のある有効成分が豊富に含まれています。生薬も20種類と多く配合されています。この種類は他の栄養ドリンクに比べ非常に多い数となっています。

エネルギーを作る手助けをしてくれ、タウリン・ローヤルゼリー・ビタミンB6と体に必要な成分もありますので、食欲がないとき、病気の時や病気が治った後の体力がないときなどにもおすすめです。商品の値段も非常に効果で、ドリンクの味も苦みや酸味が強く飲みにくいものです。しかし、効果は非常に高いので、栄養ドリンクの効果を得たい!という際に飲むのがおすすめです。

栄養ドリンクおすすめランキング4位:大鵬薬品工業チオビタドリンク

チオビタドリンクは有名な栄養ドリンクでもあります。栄養ドリンクのタイプは医薬部外品になります。成分は主に、タウリン・イノシトールが配合されています。カフェインは50mg含まれています。愛情1本チオビタドリンクで有名な栄養ドリンクではないでしょうか?

チオビタドリンクは疲れた体だけでなく、精神的な疲れの改善にも効果があるタウリン1000mgが配合されています。疲れているときに不足してしまいがちなビタミンB群も多く、食欲がないときの食欲不振を和らげる効果もあります。味も飲みやすい栄養ドリンクとなっており、同じチオビタドリンクでもタウリンを2000mg配合している商品もありますので、どの程度疲れがあるのかによって、飲み分けることもおすすめです。

栄養ドリンクおすすめランキング3位:大正製薬リポビタンD

CMでもおなじみの大正製薬のリポビタンDは医薬部外品となります。滋養強壮や栄養補給に役立ちます。1本の中にはタウリン1000mg・イノシトール・ビタミンB群など配合されています。体の疲労を感じるとき、病気中や病気の後の栄養をつけたいときなどに非常に優れた効果を発揮します。飲むと身体から元気がわいてくると感じる方も多く、元気がないときや気分をリフレッシュさせたいときに飲むこともおすすめです。

栄養ドリンクおすすめランキング2位:明治活參28

医薬品タイプとなる栄養ドリンクとなっています。ストレスを受けることの多い現代社会では、肉体的な疲労だけでなく、精神的な疲労も大きくなります。その結果体のだるさを感じることも多いでしょう。そんなときにおすすめの栄養ドリンクでもあり、現在人の要望に応え、肉体の疲れや、栄養の補給、滋養強壮に効果のあるドリンクに仕上げられています。

体の疲れだけでなく、精神的に疲れ感じる方にもおすすめの栄養ドリンクとなります。家に帰ると疲れて動くことができないという方には、お昼の休憩時に飲んでみると帰宅後も体が動くようになることでしょう。

栄養ドリンクおすすめランキング1位:イミダペプチド

機能性や安全性も実証されているので、安心して飲み続けられるのがイミダペプチドの栄養ドリンクです。これまでどの栄養ドリンクを飲んでも効果がなかったという方も効果を実感できたという話題の栄養ドリンクでもあります。イミダペプチドという30歳をピークに少なくなっていく成分を、栄養ドリンクから補うことで疲労感を軽減する効果が期待できます。

愛用者の94%が有用性を実感しているドリンクとなりますので、試してみる価値はあります。様々なテレビでも紹介されており、現代人の疲れをどうにかできないか?という研究の元、多額な資金を投じて作られた元気ドリンクでもあります。

まとめ:栄養ドリンクを上手く使って元気に過ごそう!

いかがだったでしょうか?今回は栄養ドリンクのおすすめを紹介しました。疲労回復に効果のあるもの、眠気に効果のあるもの、体力をつけたいときなど、様々な症状に合わせた栄養ドリンクが多くあります。疲れを感じているときに、自分の力だけで乗り切るのは難しいときもありますので、手助けとして栄養ドリンクの力を借りて、日々の疲れを感じる毎日の生活に取り入れてみてください。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ