鮎の食べ方にマナーがある?塩焼きをきれいに食べる方法とは!

料亭や川沿いの観光地などで鮎の塩焼きやホテルの夕食で鮎を召し上がった経験がある人は多いようです。誰もが口をそろえて言うのが鮎は小骨が多くて食べ方がわからない!という事のようです。川魚は小骨が多いので上品に食べるにはコツがいるようです。旬の美味しい鮎をせっかくならきれいに美味しく頂きたいですよね!ここではそんな旬の鮎をきれいに美味しい食べ方を紹介していきます!

鮎の食べ方にマナーがある?塩焼きをきれいに食べる方法とは!のイメージ

目次

  1. 1鮎の食べ方のマナーが知りたい!
  2. 2上手な食べ方を知るには鮎の特徴を知ろう!
  3. 3鮎の食べ方を知ろう!鮎の旬はいつ?
  4. 4上手な鮎の食べ方は骨と内臓がポイント!
  5. 5一般的な鮎の食べ方とは?食べ方を見てみよう!
  6. 6鮎の食べ方にはコツがある!簡単な鮎の食べ方とは?
  7. 7串焼き鮎の食べ方!コツを掴むと簡単だった!
  8. 8鮎の正しい食べ方!鮎の食べ方を動画で見てみよう!
  9. 9鮎や秋刀魚の食べ方は同じ?
  10. 10鮎の正しい簡単な食べ方をマスターしよう!まとめ

鮎の食べ方のマナーが知りたい!

鮎に限らず、魚をきれいに食べる人は男性女性に関係なく好感を抱いた事はありませんか?せっかくきれいに焼かれた魚をぐちゃぐちゃに崩して食べる人よりも、魚の骨のみを残すくらいきれいに魚を食べる人に憧れる人は多いものです。魚をしっかり隅々まであじわうためにも魚のきれいな食べ方を身に着けておくのはおすすめです。魚には正しい食べ方があって、どの魚にも共通する食べ方の他に、魚の特徴を踏まえることできれいな食べ方が出来るようになるということもあります。

鮎といえば観光地の川沿いや、ホテルの夕食夏の出店など香ばしい臭いを漂わせて食欲をそそりますよね!しかし旬のおいしい鮎は骨が多く、上手な食べ方をしないと、骨ばかりが口に残ってしまって結局魚の身を味わえていない!なんて事も多々あります。鮎は正しい食べ方をマスターすればとても簡単に美味しくきれいに食べる事ができるのだそうです!ここでは川魚の代表といっても過言ではない鮎の食べ方について学んでいきたいと思います。

上手な食べ方を知るには鮎の特徴を知ろう!

鮎の正しい食べ方を学んでいく前に、鮎とはどんな魚なのか?というところを学んでいきましょう。まず、鮎は川魚として知られていますが、秋頃に孵化した鮎は河口から海に出てプランクトンなどを食べて成長します。稚魚となり春には河口を遡上して河で生活し始めます。初夏には鮎漁が解禁されます。この辺りはよくテレビなどでも見かけることが多いのでは無いでしょうか。鮎は縄張り意識の強い魚として知られており、自分の縄張りに入ってきた魚に体当たりで攻撃をします。

そんな鮎の習性を利用して行われるのが友釣りと言われるおとり鮎を使用した釣りです。おとり鮎を縄張りに投げ込みとよそ者の鮎を追い出そうとして鮎が体当たりしてきます。この時に針を引っ掛けて釣るのだそうです。何だか難しそうですね。しかし、鮎釣りの解禁日を待ち望んでいるファンも多く人気の度合いが伺えます。最近では野鮎と言われる自然育ちの鮎と放流によって放された鮎がいるようです。また琵琶湖にも鮎が生息していますが、川で育った鮎とは違った生き方をしているんだそうです。

鮎の食べ方を知ろう!鮎の旬はいつ?

鮎は一年中漁が出来、食べられる魚ではなく、解禁の時期が決められているその時期しか食べられ無い魚です。そんな鮎の旬は鮎釣りの解禁の時期である7月~8月だといわれています。釣りの解禁されている時期にしか釣る事が許されていない魚ですので、鮎はその時期にしか味わえないといっても過言ではありません。鮎釣りの解禁日を待ち望んでいる釣り師も多いようです。鮎釣りは5~11月は禁漁ですのでその時期に河釣りは出来ず、同時に食べる事が出来ない魚というわけです。

好みにもよりますが、身がやわらかい鮎がお好みであれば7月頃の鮎が骨も見もやわらかいそうです。子持ちのおち鮎と呼ばれる鮎は地域によって時期がずれるそうです。おち鮎がお好みであれば東北では8月頃、近畿地方では9~10月頃、九州では10月頃がおすすめなんだそうです。地域によって旬の時期は変動がありますが、旬の鮎釣りを楽しむ人もそうでない人も、鮎の正しい食べ方を学んできれいに美味しい食べ方を身に着けたいですね!

Thumb鮎が旬で美味しい時期はいつか調査!有名な産地や鮎の栄養も紹介! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

上手な鮎の食べ方は骨と内臓がポイント!

鮎のきれいな食べ方をマスターするには鮎の骨の向きを把握することでずいぶんときれいな食べ方が出来るようになるそうです。ではまずはそんな鮎の骨の生え方を学んでいきましょう。鮎は年魚と呼ばれることもあるのですが、ほとんどの鮎が1年で一生を終えるといわれています。そのため骨もそこまで固いわけではないのですが、細く小さな骨が多く存在するので正しい食べ方をマスターしないと口の中は骨だらけになってしまうのです!鮎の骨は

魚の内臓は除去してあまり食べないイメージがありますが、鮎の内臓は是非食べたい!おすすめの部位なのだそうです。その理由は、鮎の内臓はとても美味しいから!なのだそうです。鮎の内臓は育った環境や食べていたものの影響が出やすいため、その土地によって鮎の味わいが違ってくるそうです。ですから鮎は内臓までしっかり食べるのがおすすめです!その土地によって鮎を味わうには内臓を食すのがおすすめです!鮎は内臓もきれいに食べることが鮎のきれいな食べ方のポイントの一つとして覚えておきましょう!

鮎の骨を見てみましょう。写真のとおり、鮎の骨は頭から尾に向けて斜め方向に骨が並んでいるのがわかります。後ほどご紹介しますが、この骨の方向を把握しておくことでよりきれいに鮎の骨を抜く食べ方はできます。ではそんな簡単きれいな食べ方をご紹介する前にまずは一般的な鮎の食べ方をご紹介していきます。鮎といえばくしに刺して焼いてある鮎の塩焼き、炉端焼きを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。まずは鮎をくしに刺して塩焼きにされた鮎の食べ方をご紹介します。

一般的な鮎の食べ方とは?食べ方を見てみよう!

鮎といえば鮎の塩焼きではないでしょうか?観光地や川沿いの食堂などではこのように串に刺さった鮎の塩焼きを良く見かけます。鮎は解禁の時期が定められている魚ですので、その時期にしか味わえない鮎の塩焼きは観光客に大人気のメニューですよね!そんな鮎の塩焼きの食べ方といえば串に刺さった焼きたての鮎を大胆にかぶりつく!という食べ方が主流ですよね!

鮎の塩焼きはとても美味しいけれど、かぶりつくと骨が口に入ってしまったりして骨を出す事に気を遣ってしまい、しっかり味わえないし食べにくいという印象もあります。また、鮎の塩焼きは、丸焼きにしてあるのですが、先ほど紹介したとおり鮎の内臓は残さず食べるのおすすめですしマナーとしても正しいそうです。鮎を隅々まで味わうためにも鮎の内臓までしっかり味わいましょう!

鮎の内臓の他にも背びれや胸びれも食べる事ができる部位です。鮎をきれいに食べるマナーとしては鮎の塩焼きは尾と頭以外の部分は全て食べるのがマナーであり鮎を味わうためにはおすすめの食べ方である事を頭においておきましょう。とはいえ、鮎の塩焼きは串に刺さった状態で販売されている事が多いのできれいな食べ方をするにはどのようなマナーがあるのでしょうか?

鮎の食べ方にはコツがある!簡単な鮎の食べ方とは?

鮎の塩焼きをきれいに食べるためにはちょっとしたマナーがあります。まず頭と尾は食べなくても大丈夫という事を覚えておきましょう。その他の骨以外の内臓や身の部分は全て食べるのがマナーとされています。そんなマナーを守ることでより美味しく鮎を味わい尽くすことが出来るので正しい鮎の食べ方のマナーは心得ておきたいですね!では簡単な鮎の塩焼きの裏技をご紹介します!まずは串のまま鮎の塩焼きを食べる場合。

これは観光地などでも串焼きにしてある鮎を食べながら歩いている人も多いので、手軽に串焼きの鮎を食べる方法を知りたい人は多いのではないでしょうか?鮎の塩焼きは串に刺さった状態で販売されている事が多いですよね!先ほどお伝えしたとおり、好みにもよりますが鮎の尾と頭の部分は食べる必要はありません。まず尾の部分は取り外して食べましょう。

また、鮎の味は尾から頭にかけて濃く美味しくなっていくのが特徴なのだそうです。鮎の味をしっかり味わうには好みもありますが尾から頭にかけていく食べ方がおすすめです。また骨は尾の方に斜め方向に生えているので尾から食べる際も、尾の方向に身を抜くように食べていくと骨が折れずに食べる事ができるそうです。

串焼き鮎の食べ方!コツを掴むと簡単だった!

観光地や川沿いの食事処でよく見かける鮎の塩焼きや定職ですが、鮎の塩焼きなどは食べている際に骨が折れてしまったり、小骨が口に残ってしまうことが多く食べにくい印象が強い魚ではないでしょうか。しかしちょっとした鮎の食べ方のマナーさえ理解していれば簡単できれいに鮎の塩焼きをまるごと食べる事ができます。串焼きなどの鮎の塩焼きは、串に刺さった状態でも食べる事はできますが、よりきれいに食べるには鮎の塩焼きを皿に移す事がおすすめです。可能であれば串から鮎の塩焼きを外して皿などに移す事で簡単できれいに食べる事が出来ます。鮎の塩焼きの簡単なコツをご紹介します。

以前鮎の骨の簡単な抜き方が話題になりました。その方法は身を押さえて尾を切り頭もはずします。骨を頭のほうから一気に抜く方法です。身をほぐして1本ずつ骨を取り除いていく手間が必要なく簡単きれいに骨を一気に抜く事ができるので鮎を隅々まで味わう事が出来ると話題になりました。鮎の身を押さえてほぐす事で骨をすっきりと抜くことができるという理屈から成り立った簡単きれいな鮎の食べ方ですね。他にも簡単きれいに鮎の骨を抜く方法があるので動画でご紹介します。

鮎の正しい食べ方!鮎の食べ方を動画で見てみよう!

先ほどご紹介した鮎の骨を簡単きれいに抜く方法を動画でご紹介します。動画の通り鮎の塩焼きは身を端で押さえるようにして骨から外していきます。その後尾を外します。その後頭ごと引っ張るという方法もありますが、頭が外れてしまう事が多いので頭を初めから外してしまっても良いでしょう。一番大きな骨に指をかけて一気に引き抜くだけで鮎の骨を一気に抜く事ができます。簡単できれいに鮎の骨を抜く事ができるのでおすすめです。また下の動画ではより具体的で理にかなった方法を紹介されています。

こちらで鮎の骨抜きに方法をご紹介している人によれば、鮎の身を上から押しつぶして骨を外す方法は邪道だとおっしゃっていますね。新鮮な鮎で焼きたてであれば身を押なくても鮎の身は骨からすっと外す事が可能である事が動画を見るとわかります。ポイントは尾の部分をねじって骨を外す事だそうです。いとも簡単に鮎の骨抜きをしていますね!コツを掴めば数秒で鮎の骨抜きが出来る事がわかります。また、2本抜きという方法も紹介されていますが、鮎は先ほどもご紹介した通り、尾から頭にかけて味が濃くなるので尾のほうから味わって最後に鮎の内臓を食べるというマナーがある事も動画で紹介されています。

鮎や秋刀魚の食べ方は同じ?

鮎の骨抜きの方法で別の動画もご紹介します!先ほどの鮎の骨抜きの動画と同じ方でしょうか?尾の部分を少しねじるだけで簡単に鮎の骨を抜いていますね!うちわ骨という部分を外すことで簡単に鮎の骨が抜けるという事がわかりやすく説明されています。鮎の骨の構造を理解する事でこんなに簡単できれいに鮎の骨を外す事が出来るのですね!では他の魚も同様に簡単に骨を抜いてきれいに食べる事ができるのでしょうか?

サンマの骨抜きの動画を見てみましょう。鮎と同様に骨がすっと抜けていますね!魚の骨の構造を理解しておけばこんなに簡単に骨を外す事が出来る事がわかりました。動画では身をほぐしてから骨を抜いていますが、新鮮なサンマであれば鮎のように身をほぐさなくても骨をすっきりと抜く事が出来るかもしれません。骨を抜いて食べるのが面倒な人には目から鱗ではないでしょうか!ぜひ他の魚でも簡単な骨の抜き方に挑戦してみてください!

鮎の正しい簡単な食べ方をマスターしよう!まとめ

鮎の塩焼きをきれいに食べる方法をご紹介してきました。鮎は一年中漁ができ、食べられる一般的な魚と違って漁の時期が決められている魚です。鮎漁は1年の中でも6月くらいから10月にかけて解禁になっていますが、一番鮎の美味しい時期は7月頃だといわれています。落ち鮎とよばれる子持ちの鮎がお好みであれば地域にも寄りますが10月頃まで味わう事も可能です。

鮎はきれいな水の場所でしか生息できないといわれており、内臓により味わいが出る魚なのだそうです。食べ方のマナーとしはより鮎を味わうためにも内臓までしっかり食べるのがマナーとされているようです。鮎の生活してきた環境がもっとも出やすい内臓をぜひ味わったほしいものです。さっぱりとした身でありながら味わい深い鮎は観光地などでも多く塩焼きなどにして販売されていますね。美味しいから食べたいけれど、骨がたくさんあって食べにくいイメージが強い魚でもあります。

そんな鮎をきれいに美味しく食べる方法があります。それは鮎の骨抜きです。小骨をいちいち抜く必要がないのでとても簡単です。ポイントは尾の部分の骨をねじって外す。これだけです。後は頭を持って一気に抜きます。魚の骨は尾に向かって斜めになっている事が多いので大体の魚でこの骨抜きの方法が有効だといわれています。せっかく旬の美味しい魚ですから余すことなく隅々まで味わいたいですよね!骨があるからと敬遠していた魚を隅々まで味わう事ができる簡単な骨抜きの技をマスターしてぜひ旬の鮎を味わってみてください!

その他の鮎に関する記事はこちら

Thumb鮎の塩焼きの作り方!グリルやフライパンで焼く簡単なコツを紹介 | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ