100均のおすすめ結露防止シート・結露対策グッズ!効果はあるのか口コミ情報

100均の結露防止シートや結露対策グッズのおすすめ商品を紹介します。気になる効果と口コミ情報も満載!ダイソーやセリアなどの100均で購入した結露防止シートの貼り方やコツ、裏技情報も!寒くなる季節の前に、しっかりと結露対策をしましょう。

100均のおすすめ結露防止シート・結露対策グッズ!効果はあるのか口コミ情報のイメージ

目次

  1. 1100均の結露防止シート・結露対策グッズの効果は?
  2. 2100均のおすすめ結露シート・結露対策グッズ
  3. 3100均の結露防止シートの貼り方と結露対策
  4. 4100均の結露防止シートと対策グッズを効果的に使おう!

100均の結露防止シート・結露対策グッズの効果は?

結露

ホームセンターなどで購入すると数千円はする結露対策グッズですが、100均でも購入することができます。100均には、結露防止シートや、結露給水シート、結露を取り除くワイパーなどの様々な結露対策グッズが販売されています。

100均の結露対策グッズでも効果はありますが、結露がひどい場合や使い方を間違えると、効果が少なくなる場合があります。

100均のおすすめ結露シート・結露対策グッズ

【ダイソー】結露防止シート

100均で販売されている結露防止シートは、結露を防止するだけではなく、冷気も防ぐことができます。ダイソーの結露防止シートは、窓を綺麗に拭いてスプレーで水を吹きかけるだけで、簡単に貼り付けることができます。

おすすめポイント

ダイソーの結露防止シートには、可愛らしい花柄の模様が描かれています。結露防止シートを貼るときに両面テープなどを使わないので、窓ガラスに痕が残る心配がありません。結露ができにくい環境を作ることができ、寒さ対策もできる結露防止シートは、とてもおすすめです。

口コミ

このシートを貼った部分に手をかざしてみると、あまり冷気を感じないです。

【ダイソー】結露吸水デコレーションシート

100均には、できてしまった結露を吸水する結露吸水シートも販売されています。ダイソーの結露吸水シートは、吸水性のあるポリエステルのシートで作られています。窓ガラスの下部分に貼ることで、結露が床に流れ出すことを防ぎます。

窓のサイズに合わせて、切って使うこともできます。窓ガラスを綺麗に拭き、裏のシールを取り窓ガラスに貼り付けるだけで、簡単に結露対策をすることができます。

おすすめポイント

ダイソーの結露吸水シートは、デコレーションタイプになっているので、窓ガラスの下部分を可愛くデコレーションすることができます。この写真以外にも、アニマル柄などあります。可愛いだけではなく、もちろん吸水力もあります。

口コミ

【ダイソー】結露吸水プリントテープ

ダイソーの結露吸水テープには、デコレーションタイプの他にプリントテープタイプもあります。吸水性のあるポリエステルのシートで作られています。窓ガラスの下部分に貼ることで、結露が床に流れ出すことを防ぎます。

窓ガラスのサイズに合わせて、切って使うこともできます。窓ガラスを綺麗に拭き、裏のシールを取り窓ガラスに貼り付けるだけで、簡単に結露対策をすることができます。

おすすめポイント

テープに絵柄がプリントされているので、そのまま窓ガラスに貼るだけでも可愛く仕上げることができます。この他にもオルテガ柄や花柄などのたくさんの柄のプリントテープがあるので、気に入った柄が見つかるはずです。可愛いだけではなく、もちろん吸水力もあります。

口コミ

【ダイソー】結露取りワイパー

できてしまった結露を取り除くには、100均の結露取りワイパーがおすすめです。使い方は、窓ガラスの下部分から上に向かってワイパーを動かすだけです。ダイソーの結露取りワイパーは、ペットボトルを取り付けて使うタイプになります。取り除いた結露は、ペットボトルから簡単に排出をすることができます。

おすすめポイント

ペットボトルを取り付けて使うので、一度にたくさんの結露を取り除くことができます。家に窓ガラスがたくさんある方や、結露がひどい方などにおすすめです。

口コミ

【ダイソー】PVA吸水クロス

できてしまった結露をタオルなどで拭くと、綺麗に取り除けない場合があります。ダイソーのPVA吸水クロスは、ポリビニールアルコールという化学繊維で作られていて、吸水力に優れています。その吸水力のおかげで、綺麗に窓ガラスを拭くことができます。汚れたら洗って、何度でも使うことができます。

おすすめポイント

40×30cmの大きめのサイズで、好きなサイズに切って使うこともできます。吸水力に優れているので、結露を拭く以外にも、お風呂掃除やキッチン周りの掃除などにも使えるアイテムです。

口コミ

【セリア】窓ガラス用断熱シート

よく梱包材などで使われるプチプチですが、プチプチも結露防止シートとして使えます。プチプチは空気のたくさん入ったポリエチレンで作られていて、断熱効果が高いです。100均には、窓ガラス用にサイズを大きくしたプチプチが販売されています。

セリアで販売されている窓ガラス用断熱シートは、サイズが約90×90cmあり、一般的な窓ガラスの1枚分が貼ることができます。窓ガラスに貼り付ける両面テープは付属していません。

おすすめポイント

断熱効果が高いので、結露対策のために使う寒い冬場だけでなく、夏場にも使用することできます。高い断熱効果のおかげで、節電対策に繋がります。1年を通して貼り続けることもできるので、貼り替える面倒もなく、おすすめです。

口コミ

【セリア】サッシ枠断熱テープ

セリアで販売されているサッシ枠断熱テープは、窓枠のサッシ部分にこのテープを貼ることで室内の気温を蓄え、サッシの温度差を減らし結露を防ぎます。サッシを綺麗に拭いてテープをサッシに合わせて貼るだけで、簡単に結露対策をすることができます。

おすすめポイント

窓枠は冷えやすいサッシでできていることが多く、結露がひどくなりやすい場所の一つです。そのサッシにサッシ枠断熱テープを貼ることで結露対策もでき、更には断熱効果もあるので、おすすめです。

口コミ

【セリア】集水タンク付き結露取りワイパー

セリアの結露取りワイパーは、集水タンク付きのワイパーになります。タンクの容量が約100mlあるので、しっかりと結露を取り除くことができます。取り除いた結露は、本体を傾けるだけで簡単に排出をすることができます。

おすすめポイント

集水タンク付きなので、すぐに使用することができます。結露取りワイパーの方がタオルなどで結露を拭き取るよりも、より綺麗に結露を取り除くことができます。

口コミ

【セリア】結露防止クリーナー

100均には、結露防止クリーナーも販売されています。セリアの結露防止クリーナーは、窓ガラスをクリーナーで拭くだけで、簡単に結露を防止することができます。シリコーンコートで窓ガラスに薄い膜を作ることで、結露を防ぎます。10枚入りで、1枚のシートで複数枚の窓ガラスを拭くことができます。

おすすめポイント

結露防止クリーナーで窓ガラスを拭くだけなので、とても簡単に結露対策をすることができます。また、防カビ剤も配合されいているので、カビ対策もできます。結露対策に時間が取れない方や、窓ガラスにシートなどを貼ることに抵抗がある方にも、おすすめです。

口コミ

100均の結露防止シートの貼り方と結露対策

貼り方とコツ

まず、窓ガラスを綺麗に拭きます。窓ガラスが汚れていたり水分があると、結露防止シートを綺麗に貼ることができません。次に、スプレーなどで窓ガラスに水をかけます。そして、窓ガラスの上の角から結露防止シートを貼っていきます。このときに、結露防止シートと窓ガラスの間に、ほこりや空気が入らないように気を付けましょう。

綺麗に結露防止シートが貼れない場合は、水分不足の可能性があるので、もう一度水をかけてみて下さい。両面テープで付ける結露防止シートの場合は、水をかけずに綺麗にした窓ガラスに、そのまま結露防止シートを貼ることができます。

エタノールと中性洗剤を使う裏技

結露防止シートや結露吸水シートなどを使った結露対策を紹介してきましたが、エタノールと中性洗剤を使った結露対策の方法もあります。窓枠のサッシには一般的なカビ取り剤は使えないのですが、エタノールは使うことができます。金属を傷めずに殺菌ことができ、カビの防止もすることができます。

食器用洗剤などの中性洗剤に含まれる界面活性剤は、ガラスに水滴を付きにくくする効果があり、結露を防ぐことができます。では早速、エタノールと中性洗剤を使った結露対策の方法を紹介します。必要なものはエタノール、中性洗剤、タオルやキッチンペーパーなど数枚です。

まず、エタノールで窓を綺麗にして、窓の水分を取り除きます。次に、水と中性洗剤を20:1の割合で混ぜたものをタオルなどに含ませて、窓全体を拭きます。最後に、乾拭きをして、最後に中性洗剤を薄く伸ばします。このようにすると、約1週間は結露の発生を防ぐことができます。

注意点ですが、水と中性洗剤を混ぜたものは、ゴシゴシと力を入れて拭くのではなく、優しくたっぷりと窓ガラスに液体を乗せるイメージで拭いて下さい。力を入れてしまうと、液体を拭き取ってしまう可能性があります。たったこれだけで結露対策ができるので、結露に悩まされている方は、ぜひ試してみてください。

口コミ

液を塗った上半分は結露していません!

塗らなかった下半分は滝のような結露。

100均の結露防止シートと対策グッズを効果的に使おう!

窓

100均で購入することができる結露対策グッズについて紹介しました。結露を防ぐ結露防止シートや、できてしまった結露を吸水する結露吸水シート、結露を取り除くワイパーなどの様々な商品が100均にはあります。また、エタノールと中性洗剤を使った簡単な結露対策の方法もあります。

結露対策をすることで掃除が楽になるだけではなく、カビの心配もなくなります。100均の結露対策グッズでも、十分に結露対策はできます。結露対策をしっかりとして、綺麗な窓で冬を乗り切りましょう。

Thumb100均3社のおすすめ静電気除去グッズ!静電気対策に効果的? | お食事ウェブマガジン「グルメノート」
Thumb100均のレース商品一覧!いろいろなアレンジ方法も【ダイソー・セリア】 | お食事ウェブマガジン「グルメノート」
Thumb100均のクエン酸が掃除に大活躍!汚れ落ちはする?場所ごとの掃除方法も解説 | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ