100均3社のポンポンメーカーを比較!ポンポンの基本の作り方とアレンジ術

100均のダイソーやセリアなどには、ボール状のポンポンを作るための商品が購入出来ます。今回の記事では、ダイソーやセリアなどの100均で販売されているおすすめのポンポンメーカーを紹介します。アレンジ術も記載しているので、活用してみて下さい。

100均3社のポンポンメーカーを比較!ポンポンの基本の作り方とアレンジ術のイメージ

目次

  1. 1100均のポンポンメーカーは誰でも簡単に使える
  2. 2100均のおすすめポンポンメーカーを比較【ダイソー編】
  3. 3100均のおすすめポンポンメーカーを比較【セリア編】
  4. 4100均のおすすめポンポンメーカーを比較【キャンドゥ編】
  5. 5100均のポンポンメーカーを使った基本の作り方
  6. 6100均のポンポンメーカーを使ったアレンジ方法
  7. 7100均のポンポンメーカーで色々なものを作ろう!

100均のポンポンメーカーは誰でも簡単に使える

編み物で作った帽子などに、毛糸で作ったポンポンが付いているのを見た事がある方は多いでしょう。一見作るのが難しそうなポンポンですが、実は100均には簡単に作る事が出来るポンポンメーカーという商品が販売されています。

今回の記事では、ダイソーやセリアなどの100均で購入出来るおすすめのポンポンメーカーを紹介します。それぞれのおすすめポイントや作り方、アレンジ方法などを詳しく紹介していくので、初心者の方も既に使用しているという方も今回の記事を参考にしてみてください。

100均のおすすめポンポンメーカーを比較【ダイソー編】

ここからは100均のダイソーで購入出来るおすすめポンポンメーカーを見ていきましょう。ダイソーというと100円以外の商品も多いですが、ダイソーで販売されているポンポンメーカーは全て100円なのでとてもリーズナブルです。巻き付けるのが便利なハンドルタイプもありますので、早速チェックしていきましょう。

毛糸でつくるふわふわボール35mm&70mmサイズ

ダイソーで販売されているポンポンメーカーの中でも、特に人気の高いのがこの商品です。このポンポンメーカーは2つのパーツを使用した商品となっており、単数だけではなく複数色の毛糸を使用したポンポンを作る事も出来ます。出来上がったポンポンは、アクセサリーや飾りなど様々な用途で活用されています。

おすすめポイント

このポンポンメーカーでは35mmと70mmとのポンポンを作る事が出来ますが、サイズの使い勝手が良いという理由から人気が集まってます。100円で2種類の物が入っているので、1つ50円というとてもコストパフォーマンスに優れたアイテムでもあります。100均で初めてポンポンメーカーを購入するといった方にもおすすめです。

毛糸でつくるふわふわボール55mm&90mmサイズ

先程紹介した100均のポンポンメーカーは35mmと70mmのポンポンが作れる商品でしたが、もう少し大きいサイズの物が作りたいといった方には毛糸でつくるふわふわボール55mm&90mmサイズをおすすめします。

おすすめポイント

この商品は名前の通り55mmと90mmサイズのポンポンを作る事ができ、大きめサイズの仕上がりになるので帽子やマフラーなどのワンポイントに使用したいという時にもピッタリです。この商品も2つのパーツから出来ているポンポンメーカーとなっており、先ほどの商品を使用した事があるという方なら同じ感覚で使用する事が出来るでしょう。

ボンボン&タッセルくるくるメーカー

同じく100均で購入出来るポンポンメーカーでありながら、上記で紹介した物とは全く違ったビジュアルになっているのがボンボン&タッセルくるくるメーカーです。 このポンポンメーカーは手で糸を巻き付けるのではなく、ハンドルで巻き付けるタイプになっています。

使い方も簡単なのではじめての方でもすぐに使いこなすことが出来るでしょう。まず指定場所に毛糸を固定させたら糸をずらしながらハンドルを回し、糸を巻いていくだけとなっています。

おすすめポイント

このポンポンメーカーはポンポンだけではなく、タッセルも作る事が出来るという2wayタイプになっています。ポンポンの時と同じ作り方なので、操作に悩む心配も無いでしょう。

上記で紹介した通りハンドルで回して毛糸を巻き付けるタイプになっているので、他のポンポンメーカーで実際に作ってみて、巻き付けるのが面倒だと感じた方にもピッタリです。

100均のおすすめポンポンメーカーを比較【セリア編】

セリアで販売されているおすすめポンポンメーカーも見ていきましょう。セリアでは一つで2種類のポンポンを作れる便利な商品や、特大の12cmのポンポンを作れる商品もあるのでこちらのラインナップも続けて参考にしてみて下さい。

ポンポンボールメーカー2cm+4cm

セリアでは、ポンポンメーカーはポンポンボールメーカーという名前で販売されています。ダイソーで販売されている100均のポンポンメーカーよりも、出来上がりのポンポンのサイズがかなり小さいというのが特徴となっています。アクセントとして、小さいサイズのポンポンを作りたいという方にはピッタリです。

おすすめポイント

このポンポンメーカーの便利な所は、一つで2種類のポンポンを作る事が出来るという点です。ダイソーで販売されている物は2つに分かれていましたが、2cmの物も4cmの物も携帯したいという方にとっては一つで済むので便利でしょう。色も優しい藤色で、可愛くて便利な100均アイテムです。

ポンポンボールメーカー6cm

上記で紹介したセリアのポンポンメーカーでは出来上がりのサイズが小さすぎるという方には、こちらのポンポンボールメーカー6cmをおすすめします。一つの大きさしか作る事ができませんが、100均でポンポンメーカーを購入出来るというだけでもコストパフォーマンスに優れたアイテムと言えるでしょう。

おすすめポイント

このポンポンボールメーカーは6cmの物を作る事が出来るというのが特徴です。6cmというサイズは動物の形を作る時にちょうど良いサイズとも言われているので、アニマルモチーフのマスコットを作りたいという時はこのボールメーカーを活用してみて下さい。

ポンポンボールメーカー12cm

100均でもっと大きなサイズのポンポンを作る事ができるボールメーカーが欲しいという方は、セリアで販売されているポンポンボールメーカー12cmを試してみて下さい。このボールメーカーなら12cmという特大のポンポンボールを作る事が出来るので、小さい物では出来なかった活用法にも生かすことが出来るでしょう。

おすすめポイント

このボールメーカーで完成するポンポンは12cmとかなり大きいので、洋服などのワンポイントとして使用したいという時にももってこいです。他にもインテリアにインパクトをプラスしたいという時にもおすすめなので、いつものサイズとは違うポンポンボールを作ってみたいと感じたらこちらも手に取ってみてはいかがでしょうか?

100均のおすすめポンポンメーカーを比較【キャンドゥ編】

100均でも個性を感じられる、キャンドゥで販売のポンポンメーカーを見ていきましょう。キャンドゥで購入出来るメーカーは2種類で、大きめサイズの物と小さめサイズの物とがあります。キャンドゥのカラフルな毛糸と組み合わせて使用するのもおすすめなので、早速見ていきましょう。

ポンポンメーカー3センチ小さめサイズ

キャンドゥで販売されているポンポンメーカーのラインナップは2種類です。キャンドゥで購入出来るポンポンメーカーは1サイズの物だけとなりますが、サイズがちょうど良いという方は是非活用してみましょう。

おすすめポイント

このポンポンメーカーで作る事が出来る物も3cmと小さめサイズなので、小物のアクセントとして活用したい時にはピッタリでしょう。100均のキャンドゥにはカラフルで可愛い毛糸が多く揃っているので、ポンポンメーカーと一緒に毛糸を購入したいという時には便利です。可愛い毛糸で色々なポンポンを作って、様々な作品作りに活かしてみて下さい。

ポンポンメーカー9cm大きめサイズ

100均のキャンドゥには、大きめサイズの物を作れるポンポンメーカーもあります。9cmサイズのポンポンを作れる商品はダイソーにも販売されていましたが、9cmのポンポンだけ作れれば良いという方にはこちらの商品でも良いでしょう。目的に応じて100均のポンポンメーカーを選んでみて下さい。

おすすめポイント

このポンポンメーカーは9cmと大きめサイズの物を作る物なので、やはり洋服や目立たせたい所に使用するのがピッタリでしょう。先ほど紹介した3cmの小さめサイズと組み合わせれば大小どちらのサイズも作る事が出来るので、より使い勝手が良くなります。

100均のポンポンメーカーを使った基本の作り方

100均のポンポンメーカーを使用した基本の作り方を見ていきましょう。作り方は難しくは無いので、確認しておけばすぐに可愛いポンポンを作れる様になるでしょう。より上手に仕上げるためのコツについても記載しているので、こちらも併せてチェックしてみて下さい。

作り方

ポンポンメーカーはダイソーやセリア、キャンドゥといった100均で販売されていますが、それぞれ違いはあってもどれも簡単な作り方となっています。

ポンポンメーカーにはいくつかの種類があり、パーツが一つになっている物と二つになっている物とがあります。また、毛糸の巻き方も手で巻き付ける物とハンドルを使用するタイプとがありますが、どれも基本的な使い方は同じなので押さえておきましょう。

ポンポンの作り方は、まずポンポンメーカーに毛糸を巻き付けます。巻き付け終えたら、毛糸の中心を結んでおきましょう。毛糸の両端にある輪っかを切ったら、全体が綺麗なボール状になるように形を整えていけば完成です。特に難しい工程は無いので、手芸の経験があまり無いという方でも気軽に挑戦出来るでしょう。

コツ

紙とペンの画像

簡単に作る事が出来るポンポンですが、気を付けたいポイントがあるので作る前にチェックしておきましょう。まず、巻いた毛糸の真ん中部分を結ぶ時にしっかりと強めに結んでおくという事です。この部分がポンポンの芯となるので、強めに結んでおけば全体的に形を整えやすくなります。

また、毛糸の輪をはさみでカットした後で形を整える作業がありますが、この後にもう一度ハサミを使用して形を整えておく事をおすすめします。この時はカットするというよりは、細かく表面を切りそろえて全体的に形を整えるというイメージで行いましょう。

最初に結び目をしっかりと結んで、最後にはさみで全体の形を整えるといったコツを押さえておけばより綺麗な形のポンポンを作る事が出来るでしょう。

作り方の他にも、毛糸の量を多めにしておくというのもきれいに作るコツです。初めてできちんと出来るか心配だとつい毛糸の量を少なくして様子を見たくなりますが、これだと余計に上手くいきません。

ポンポンが綺麗な丸にならないのは毛糸の少なさにも原因があるので、毛糸の量は多めに巻いておきましょう。細い毛糸の場合ですと、100回前後巻いておく必要がある様です。

100均のポンポンメーカーを使ったアレンジ方法

ここからは、100均のポンポンメーカーを使ったアレンジ方法について紹介していきます。出来上がったポンポンはファッションの一つとして活かすことも出来ますし、インテリアや可愛いマスコットにもアレンジ可能です。綺麗なポンポンが作れるようになったら、以下で紹介しているアレンジ方法を試してみましょう。

毛糸の帽子に付ける

毛糸のポンポンがよく使用されているアイテムと言えば、毛糸の帽子でしょう。シンプルな毛糸の帽子を持っているなら、作ったポンポンを付けてアレンジしてみましょう。帽子にポンポンを付ける予定の場合は、始末の仕方が少し異なってくるので注意が必要です。

まず毛糸の帽子の色に合わせてポンポンを作ったら、真ん中を縛っている糸はカットせずに残しておきましょう。その後、残しておいた部分の糸を使って帽子とポンポンとを繋げたら完成です。手軽に試せるアレンジ方法ですし、見た目も可愛くなるのでおすすめです。

靴下に付ける

帽子に付けるポンポンはサイズが大きめの物をおすすめしますが、サイズの小さいポンポンを活用したいという時には靴下に付けるといったアレンジ方法がおすすめです。おしゃれは足元からという言葉もありますが、靴下にポンポンが付いているとおしゃれ度はぐっと高くなりそうです

可愛い雰囲気でもあるので、スカートと合わせると相性が良いでしょう。ガーリーな雰囲気をアップしてくれますし、甘辛コーデにも活用出来るというお役立ちアレンジです。いつもとは違うファッションを楽しみたいという時に試してみてはいかがでしょうか?

チア衣装に活用する

チアのイメージ

可愛くてインパクト抜群のポンポンは、チア衣装に使用するといったアレンジも出来ます。先ほど紹介した様なポンポンが付いた靴下も、インパクト抜群なのでチアの衣装に活用する事が出来るでしょう。

スカートのワンポイントに使用しても可愛いですし、色々な使い方に活用可能です。ダンスと可愛い衣装とで、チアリーディングもより完成度の高いものになりそうです。

ポンポンヘアゴム

ポンポンをヘアゴムに付ければ、紙を結んだ時の可愛さもアップすること間違い無しです。可愛い物が好きなお子さんが居る場合は、是非ポンポンヘアゴムを作ってあげて下さい。

ポンポンをヘアゴムに使用する時には、ゴム選びも重要です。ゴムは結び目が無く、輪ゴムの様に透明タイプでは無い物を使用しましょう。作り方は帽子の時と似ており、真ん中を結んだ糸をカットせずに残しておいてヘアゴムに結び付けるだけです

結んだ後の毛糸はポンポンに通してカットする事で目立たなくなります。ポンポンの数は一つでも可愛いですし、二つ付けてもポップで可愛い印象になるのでおすすめです。

ポンポンマット

100均のポンポンメーカーを使えば、可愛くてボリュームのあるマットも簡単に出来ます。ポンポンをたくさん繋げてマット状にするというアレンジ方法で、マットとして使用する他にもインテリアとして活用する事も出来そうです。

ポンポンを使用したマットを作りたいという時は、100均でも販売されている滑り止めマットを活用しましょう。この形がマットの完成形になるので、滑り止めマットを好きな形にカットしておく事で色々な形のポンポンマットを作る事ができます。

好きな形に滑り止めマットをカットしたら、先程の様に長めに残しておいた毛糸をマットに通してしっかりと結びましょう。この作業を繰り返していくだけなので簡単ですが、サイズが大きくなると少し根気のいる作業になるかもしれません。自信が無いという方は、まずは小さめのマットから挑戦してみましょう。

ポンポンピアス

100均のポンポンメーカーから作ったポンポンは存在感抜群なので、ピアスのチャームにするというアレンジ方法もおすすめです。耳元で大きなポンポンが揺れていれば、大勢の人の目を引く事は間違い無いでしょう。ポンポンなら複数付けても軽いので、可愛いデザインの物を付けたいけれど重いピアスは苦手という方にもピッタリなアレンジです。

毛糸の色を変えれば様々なポンポンを作る事が出来るので、簡単にカラーバリエーション豊富なおしゃれピアスを作る事が出来ます。ポンポンだけでも可愛いですが、100均でも購入出来るストーンやチャームなどを組み合わせればよりクオリティの高いピアスにアレンジする事が出来るでしょう。

ポンポンリース

ポンポンメーカーを活用すれば、可愛いリースを作る事も可能です。リースと言えばクリスマスシーズンに飾っておく物ですが、可愛いデザインなので一年中インテリアにしておきたいような仕上がりになっています。

リースを作るためには土台が必要ですが、素材は厚紙やワイヤーなど、作りやすい物で構いません。リースの形の土台を作ったら、後は上記の作品の場合と同じようにポンポンを結んでいくだけです。

リースが出来たら、上部にリボンを飾るとよりクリスマスリースらしくなるでしょう。縁が金色になっているリボンを使用すれば高級感も出るので、リースが出来たら試してみて下さい。

ポンポンガーランド

上記で紹介したリースと合わせて使用したいのが、このポンポンガーランドです。100均のポンポンメーカーで沢山ポンポンを作ったら、紐に結び付けてガーランドを作ってみましょう。これなら季節を気にする事無く一年中飾っておく事も出来ますし、パーティ用の飾りにするのもピッタリです。

クリスマスリースと合わせて使用したいという時には、ポンポンのカラーを深緑や赤色、白などにすると良いでしょう。スペースがあれば、ベルなどのクリスマスらしいチャームを間に挟んでみるというのもおすすめです。季節のイベントを、手作りのアレンジガーランドでより明るい雰囲気にしてみてはどうでしょうか?

ポンポンを活用したクマさん

100均のポンポンメーカーを活用して、クマの顔を作ってしまうというアレンジ方法もあります。仕上がりはとても可愛く、一見ポンポンメーカーで作ったとは思えない程になっているので動物好きな方はチャレンジしてみて下さい。

ポンポンを使用してクマの顔を作りたいという時には、他に羊毛フェルト用のニードルや羊毛フェルト、目玉パーツなどが必要です。羊毛フェルトは鼻や目のパーツに使用するので、黒色の物を準備しましょう。

詳しい作り方は割愛しますが、ポンポンの丸みを活かして愛らしいクマのマスコットを作るというユニークなアレンジ方法になっています。作ってみたいという方は上記の動画を参考にしてみて下さい。

キーホルダーにする

毎日持ち運び出来る物にアレンジしたいという方には、キーホルダーにするというアレンジ方法をおすすめします。キーホルダーのパーツにポンポンを取り付けるだけという簡単アレンジですが、数を一つにするか沢山付けるかによっても印象はガラッと変わってきます。

また、使用する毛糸のカラーによって様々なバリエーションが考えられるので、作り手のセンスが問われるアレンジ方法でもあるでしょう。ポンポンを付けたキーホルダーはよく目立ちますし、パッと明るい雰囲気にもなるので皆さんのセンスで可愛い組み合わせの物を作ってみて下さい。

100均のポンポンメーカーで色々なものを作ろう!

今回の記事では、ダイソーやセリアといった100均で販売されているポンポンメーカーについて紹介してきました。100均で購入出来る物の中でも色々な完成サイズの物があり、中には2種類のサイズが作れるものや特大サイズの物を作る事が出来る物などもあります。

出来上がったポンポンは帽子や洋服といったファッションに活用するという方法もありますし、リースやガーランドといったインテリアにアレンジするといった使い方も出来ます。作り方も簡単なので、今回の記事で興味が出てきたという方はお近くの100均を一度覗いてみて下さい。

Thumbダイソーの羊毛フェルトキットで手芸にハマる!キャラ別の作り方まとめ | お食事ウェブマガジン「グルメノート」
Thumb【100均】ダイソー・セリアの編み機で編み物!毛糸deリリアンが評判! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」
Thumbセリアの毛糸は種類豊富!初心者におすすめの編み物メーカーも合わせて紹介 | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ