ひきわり納豆とは?粒納豆との違いは栄養?おすすめレシピも紹介

ひきわり納豆というのはどういう納豆なのかを詳しく知っていますか?ひきわり納豆は粒納豆を細かくしただけのものにも思えるのですが、実は作り方は違ったものになっており、風味や味わい、食感などにも違いがあります。今回の記事では、ひきわり納豆の気になる特徴やカロリー、様々ん使い方で楽しめる使い方レシピなどについて紹介していきます。カロリーやレシピなどが気になるという方は是非チェックしてみて下さい。

ひきわり納豆とは?粒納豆との違いは栄養?おすすめレシピも紹介のイメージ

目次

  1. 1ひきわり納豆とは?
  2. 2ひきわり納豆と粒納豆の違い
  3. 3ひきわり納豆を使ったおすすめレシピ
  4. 4ひきわり納豆と粒納豆は用途に合わせて使い分ける

ひきわり納豆とは?

納豆は朝食の定番というイメージもあり、毎日食べているという方も少なくないかと思います。納豆にもいろいろな種類のものがありますが、ひきわり納豆というものもあります。

ひきわり納豆は食べやすさから好きだという方も多いかと思いますが、ひきわり納豆とはどのようなものであるのか、詳しく知っているという方は意外と少ないのではないでしょうか?

今回の記事では、身近でありながらあまり詳しくは知らない、ひきわり納豆の特徴や粒納豆との種類の違い、などを紹介していきます。カロリーやおすすめの作り方レシピなども紹介していきますので、ひきわり納豆を活用したレシピを知りたいという方は、是非こちらもチェックしてみて下さい。

ひきわり納豆の特徴

それでは、ひきわり納豆の特徴から見ていきましょう。ひきわり納豆を食べたことがあるという方は食べたときの特徴について知っているかと思いますが、ひきわり納豆は大豆の皮が無いというのが特徴になっています。

ですので、粒納豆よりも旨味を感じやすく、ねっとりとした食感が特徴となっています。粒も細かくなっていますので、食べやすいという特徴もあります。

ひきわり納豆の種類

続いては、ひきわり納豆の種類についても見ていきましょう。ひきわり納豆といっても、実は更に細かく分けることが出来るようです。ひきわり納豆の種類にはどのようなものがあるのか、また、どのような特徴があるのかについて見ていきましょう。

ひきわり

まず最初に紹介するひきわり納豆は、一番個の中では目にする機会が多い物であるかと思います。ひきわり納豆というのは中粒サイズの納豆をだいたい6等分から8等分に割ったサイズとなっているのだそうで、粒納豆より粒が小さく、食べやすい物となっています。

きざみ

続いては、きざみ納豆を見ていきましょう。こちらで紹介するきざみと下の項目で紹介するつぶわりは、ヤマダフーズの独自の製品となっているようでひきわりとはまた違った大きさで納豆を楽しむことが出来ます。

「きざみ」というのは、ひきわりよりもさらに細かく割ったサイズとなっており、だいたい大豆を15等分くらいに刻んだくらいの大きさになっているようです。大豆を刻んだものとなっていますので小さいお子さんでも食べやすいサイズになっており、ひきわりに馴染みのない地域でも好まれている納豆なのだそうです。

つぶわり

引き続き、ヤマダフーズで楽しむことが出来る納豆のサイズである「つぶわり」を紹介します。つぶわりは大豆を半分に割ったような形をしており、粒納豆よりも小さいのですが、通常のひきわりよりも大粒の大豆で楽しむことができる納豆となっています。

大きめのひきわり納豆となっていますので、食べ応えもしっかりとあり、独特の食感で人気となっている種類のひきわり納豆となっています。特殊な装置で大豆の皮を取り除いてから、きれいに2つに割っているのだそうです。

ひきわり納豆の歴史

時間をイメージした画像

秋田県はひきわり納豆の本場とも言われていますが、納豆の発祥の地でもあるとされているのだそうです。後三年の合戦の時に、馬の背に乗せていた俵詰めの中の煮大豆が、糸を引いた状態になってしまったのだそうです。

当時は兵糧もあまりなかったために、糸が引いている状態の大豆を食べてみると意外においしかったのだそうで、そこから納豆が広まっていったのだそうです。

納豆発祥の地である秋田県に伝わる納豆の製法には「大豆を炒る→石臼で大豆を引き割る→風圧で皮を取り除く→煮る→わらツトに詰める→二晩寝かせる→完成」といった作り方が残されているのだそうで、大粒の大豆を割ってから作ることで作りやすく、食べやすい納豆になったと考えられているようです。

ひきわり納豆と粒納豆の違い

続いては、ひきわり納豆と粒納豆の違いについて見ていきましょう。ひきわり納豆は粒納豆を割ったものだと思われている方もいるかと思いますが、実は作り方も全く違ったものになっています。カロリーや糖質量は違うのか、そしてどのような特徴、違いがあるのかをチェックしていきましょう。

粒の大きさの違い

まず最初に紹介する、粒納豆とひきわり納豆の違いは「粒の大きさの違い」です。これは見た目からもすぐ分かる違いとなっているのですが、粒納豆はそのままの粒の状態となっていますし、ひきわり納豆は割ってから発酵させて納豆を作っていますので、ひきわり納豆は粒も小さく食べやすいという特徴があります。

大粒で食べ応えを重視したいという方は粒納豆、そして食べやすさを重視するという方にはひきわり納豆の方を選ぶことをおすすめします。

味や風味の違い

おすすめする男性

また、粒納豆とひきわり納豆は大きさに違いがあるわけでは無く、味や風味も違ったものになっています。ひきわり納豆には大豆の皮がありませんので、大豆に熱が通るのが早く、醗酵にかかる時間が少なくなっているのだそうです。

ひきわり納豆は粒納豆に比べて粒と粒との間が大きい物となっていますのでより風味を感じやすい物となっており、先ほど紹介した通りひきわり納豆には大豆の皮がありませんのでねっとりとした食感を楽しむことが出来るという違いもあります。

大きさで粒納豆かひきわり納豆かを選ぶのも良いのですが、ねっとりとした食感を楽しみたいという方、より風味を楽しみたいという方にはひきわり納豆の方をおすすめします。

製造工程の違い

メモを取る画像

また、粒納豆とひきわり納豆では製造工程も異なったものになっています。粒が細かい納豆となっているひきわり納豆は、粒納豆を細かくしたものに思いがちなのですが、実は製造方法は全く違ったものとなっています。

粒納豆は「大豆を水に浸す→煮る→納豆菌をかける→発酵」という製造工程で作るのですが、ひきわり納豆の方は「大豆を引き割る→皮を取り除く→水に浸す→煮る→納豆菌をかける→発酵」という製造工程となっています。

粒納豆を作る工程に大豆をひきわりにして、皮を取り除くという工程がプラスされています。細かくしてから発酵させていますので、発酵させた粒納豆を細かくしてもひきわり納豆にはならないという事になります。続いてカロリーについても見ていきましょう。

カロリー/糖質の違い

カロリーをイメージする画像

続いては、粒納豆とひきわり納豆のカロリーの違いについても見ていきましょう。100gで比較してみると粒納豆のカロリーは200kcal、ひきわり納豆のカロリーは194kcalと、カロリー差にはあまり違いは無いようです。

カロリーが気になるという方がどちらを選ぶか迷うという方はカロリーはあまり変わりませんから、好みで好きな方を選ぶのが良いかと思います。

カロリーに続いて、糖質についても見ていきましょう。粒納豆の糖質は5.4g、ひきわり納豆の糖質量は約4.6gとなっています。カロリーはあまり変わらないようですが糖質量は少し粒納豆の方が多くなっているようですので、糖質量を押さえたいという方はひきわり納豆の方を選んだ方が良いかと思います。

栄養価の違い

本と数字の画像

カロリーに続いて、栄養価についても紹介していきます。同じ納豆ではあるのですが、粒納豆とひきわり納豆には含まれている栄養価に違いがあるのだそうです。

粒納豆に多く含まれている栄養素はカルシウム、鉄分、マグネシウム、亜鉛、ビタミンB2などで、ひきわり納豆に多く含まれている栄養素はカリウム、リン、ビタミンB1、ビタミンE、ビタミンKなどとなっています。

また、食物繊維は皮が残っている分、ひきわり納豆よりも粒納豆の方が多めになっているようです。食物繊維の面でいうと皮が残っている粒納豆の方がひきわり納豆よりもおすすめなのですが、皮は消化に比較的時間がかかりますので、消化の良さでいうと粒納豆よりも、皮のないひきわり納豆の方をおすすめします。

Thumbひきわり納豆と粒納豆は栄養価が違う?違いの比較まとめ | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

ひきわり納豆を使ったおすすめレシピ

ここからは、ひきわり納豆を使用したおすすめの作り方レシピについて紹介していきます。ひきわり納豆はそのまま食べても美味しいですが、色々な作り方レシピで楽しむこともできます。どのような作り方で楽しむことが出来るのかを見ていきましょう。

スタミナ納豆

  • 鶏ひき肉100g
  • ごま油小さじ1
  • 生姜大さじ1
  • ニンニク大さじ1
  • ひきわり納豆100g
  • 顆粒出汁小さじ1
  • 砂糖少々
  • 酒小さじ1/2
  • タバスコ少々
  • ニラ3本
 
  1. まず、生姜、にんにくをみじん切りにして、ニラは4センチほどにカットします。
  2. フライパンにごま油を入れて熱したら、生姜、にんにくを香りが出るまで炒めていきましょう。
  3. 2に鶏ひき肉を加えて炒めます。肉に火が通ったら、ニラも加えて炒めます。
  4. ボウルに3と紫色の食材を加えてよく混ぜたらスタミナ納豆の作り方レシピの完成となります。

ご飯のおかずにもお酒のおつまみにも合いそうな、ひきわり納豆をより美味しく楽しむことが出来るレシピを紹介しました。

ひきわり納豆はそのまま食べても美味しいのですが、ひと手間加えることでより美味しく楽しむことが出来るレシピになります。タバスコやごま油、ニラを使用してスタミナが付きそうなおすすめメニューになっています。

ネバネバ納豆つくね

  • 鶏ひき肉200g
  • ひきわり納豆1パック
  • 細ねぎ2本
  • おろししょうが小さじ1
  • 片栗粉大さじ1
  • 塩小さじ1/4
  • サラダ油小さじ1
  • 酒大さじ1
  • しょうゆ大さじ1
  • みりん大さじ1
 
  1. まず、細ねぎは根元を切って小口切りにします。
  2. ボウルにオレンジ色の材料を入れたら粘りが出るまで混ぜます。8等分にして小判型に形を整えたら、同様に8個作ります。
  3. フライパンに油を敷いたら、2を入れて中火で焼きます。裏返したら、弱火で3分ほど蒸し焼きにします。
  4. オレンジ色の材料を加えて、照りが出るまで上下を返したらネバネバ納豆つくねの作り方レシピの完成となります。

納豆チーズせんべい

  • ピザ用チーズ70g
  • 薄力粉大さじ1
  • ひきわり納豆40g
  • ごま油小さじ1
  • 青のり適量
 
  1. ボウルにピザ用チーズ、薄力粉を入れて混ぜたら、違うボウルにはひきわり納豆とごま油を混ぜておきましょう。
  2. 耐熱皿にシリコンカップを乗せたら、スプーンでまんべんなく落として広げます。チーズと薄力粉をかぶせるようにして乗せたら、ラップをせずに600Wのレンジで加熱しましょう。一度の過熱は4個までにします。
  3. 粗熱が取れるまで置いておきましょう。仕上げに青のりを振ったら、納豆チーズせんべいの作り方レシピの完成となります。

ねぎ塩納豆そうめん

  • そうめん150g
  • ひきわり納豆2パック
  • 葱1本
  • 塩小さじ1/2
  • レモン汁大さじ2
  • 鶏がらスープの素小さじ1/2
  • 水大さじ4
  • ごま油大さじ2
  • 白いりごま大さじ1
 
  1. ねぎはみじん切りにします。
  2. ボウルにねぎ、オレンジ色の材料を加えて混ぜます。
  3. お鍋にお湯を沸かしたら、そうめんを加えて表記の通り茹でたら、冷水で洗った後水気を切っておきましょう。
  4. 器にそうめん、納豆を盛り付けてオレンジ色の材料をかけたら、ねぎ塩納豆そうめんの作り方レシピの完成となります。

こちらのレシピでは、そうめんと納豆の組み合わせを楽しむことが出来るというレシピになっています。夏はさっぱりとそうめんを楽しみたいという場合も多いかと思いますが、納豆をプラスすることで食べ応えもアップし、栄養価もプラスして楽しむことができます。

そうめんというとまとめ買いをして、食べている時に飽きてきてしまうという事もあるかと思いますが、こちらのレシピなら納豆の粘り気で食感も変わりますので、いつものそうめんとは違った味わいを楽しみたいという時におすすめのレシピとなっています。

アボカドとひきわり納豆の海苔巻き

  • アボカド適量
  • ひきわり納豆1パック
  • ワサビ適量
  • 海苔適量
 
  1. まず、アボカドを細かくカットしてボウルなどに入れておきましょう。
  2. 1にひきわり納豆をつゆごと入れたら、ワサビを加えてよく混ぜ合わせていきます。
  3. 海苔を広げ、その上に混ぜ合わせて物を乗せて、海苔巻きのように巻いたらアボカドとひきわり納豆の海苔巻きの作り方レシピの完成となります。

ひきわり納豆の揚げ餃子

  • ひきわり納豆2パック
  • 刻みこねぎ適量
  • 長ネギ1本
  • 餃子の皮1袋
  • サラダ油適量
  • 水少々
 
  1. まず、長ネギをみじん切りか、薄い輪切りにカットしていきましょう。
  2. ひきわり納豆、たれ、からし、刻みこねぎ、長ネギをボウルに入れて混ぜたら、4等分くらいにしておきましょう。
  3. 小さいボウルに水を張っておきましょう。
  4. 餃子の皮を手に取ったら、皮の縁に水をつけて、真ん中には先ほど作った餡を乗せます。縁をしっかりと閉じておきましょう。
  5. 先ほど4等分にした餡から、6個分の餃子を作るくらいの量を包んでおきましょう。
  6. 全て包んだら、深めのフライパンに油を入れて油が温まったところでこんがりと揚げていきましょう。
  7. 表面がサクッとするような感じで揚げていきましょう。
  8. 大きな皿にキッチンペーパーを敷いて、余計な油を切ったらひきわり納豆の揚げ餃子の作り方レシピの完成となります。

ひきわり納豆と豆腐の焼きっぱなしオムレツ

  • 卵4個
  • ひきわり納豆3パック
  • 豆腐1/2丁
  • 白だしおさじ1
  • ねぎ適量
  • 刻みのり適量
  • サラダ油大さじ1
  • 塩少々
  • 豆乳大さじ2
 
  1. まず、ボウルに卵を割り入れてかき混ぜておきます。納豆はそれぞれのパックであらかじめかき混ぜておき、葱と一緒にいボウルに移して混ぜていきましょう。
  2. 豆腐は、レンジで軽く水きりしたのち一口大位にカットしておきましょう。粗熱が取れたら1に入れて、たれや白だしを味見をしながら入れていきましょう。
  3. フライパンに油を敷いたら、卵液を流し入れていきます。蓋をして弱火で火が通るまで待ちましょう。
  4. 竹串などを指してみて、卵液が付かなければ焼き上がりとなっています。
  5. 仕上げに刻みのりを散らしたら、ひきわり納豆と豆腐の焼きっぱなしオムレツの作り方レシピの完成となります。

ひきわり納豆の和風カッペリーニ

  • パスタ200g
  • ひきわり納豆1パック
  • 昆布適量
  • トマトピューレ大さじ4
  • 塩少々
  • 昆布しょうゆ小さじ1
  • ホワイトワインビネガー小さじ1
  • ブロッコリー4房
  • ハーブミックス適量
 
  1. まず、フライパンかお鍋で水を沸かしたら、パスタとブロッコリーを入れて2分間茹でていきます。
  2. 1のパスタとブロッコリーをフライパンに移して、千切りした昆布を加えていきましょう。
  3. ひきわり納豆、トマトピューレ、ホワイトワインビネガー、醤油を2に加えてよく混ぜ合わせていきます。
  4. 中火で麺が焦げ付かないように混ぜ合わせながら、水気がなくなるまで炒めていきます。続いて、塩で味を調えていきましょう。
  5. 最後にハーブミックスを振りかけたらひきわり納豆の和風カッペリーニの作り方レシピの完成となります。

おろしポン酢納豆ハンバーグ

  • 大麦40g
  • 合いびき肉100g
  • 鶏ひき肉100g
  • 玉ねぎ1/2個
  • パン粉1/3カップ
  • 卵1個
  • ひきわり納豆1パック
  • 塩コショウ適量
  • オリーブオイル適量
  • 大根5センチ
  • みりん大さじ2
  • かつおだしの素小さじ2
  • しょうゆ大さじ2
  • 酒大さじ2
  • お酢大さじ2
  • キャベツ適量
 
  1. まず、大麦は15分ほど茹でて、ざるにあけておきます。
  2. 玉ねぎはみじん切りにして、600Wのレンジで1分ほど加熱していきます。キャベツは千切りにしていきましょう。
  3. 納豆はたれ、からしを入れて混ぜておきましょう。大根は皮をむいて、おろしておきます。
  4. オレンジ色の材料を混ぜてポン酢を作ります。鍋に入れてアルコールを飛ばしたら、かつおだしの素、醤油、酒を入れます。更にお酢を入れてポン酢を入れて混ぜたら、冷ましておきましょう。
  5. ボウルに合いびき肉、鶏ひき肉、大麦、玉ねぎ、卵、パン粉、納豆の順で混ぜ合わせます。
  6. 4等分してオリーブオイルを塗った手で形を整えます。
  7. フライパンに油を敷いたら、中火で両面2分ずつ焼き、水を足したら蓋をして弱火で4分ほど蒸し焼きにします。
  8. 中までしっかりと焼き上げたら、おろしポン酢納豆ハンバーグの作り方レシピの完成となります。

豚挽肉とひきわり納豆のそぼろ

  • 豚ひき肉500g
  • ひきわり納豆3パック
  • 酒200ml
  • みりん50m
  • 味噌大さじ1
  • 砂糖小さじ1
  • コチュジャン小さじ1
  • しょうゆ大さじ1
 
  1. まず、フライパンに油を引かないまま、ひき肉を入れて加熱していきましょう。
  2. その間にオレンジ色の材料を混ぜておきましょう。
  3. ひき肉に火が通ったら、オレンジ色の材料を混ぜて汁気がなくなるまで煮詰めて炒めていきます。
  4. 汁気がなくなったら、ひきわり納豆と、納豆についているたれも入れて混ぜていきます。
  5. 最後に醤油を回しかけて、混ぜたら豚挽肉とひきわり納豆のそぼろの作り方レシピの完成となります。

ひきわり納豆と粒納豆は用途に合わせて使い分ける

今回の記事では、ひきわり納豆の特徴や、粒納豆との違いについても紹介していきました。ひきわり納豆はただ粒納豆を細かくしただけのものではなく、発酵させる前に細かくしたものとなっていますので味わいや風味も粒納豆とひきわり納豆とでは違ったものになっています。

ひきわり納豆はそのまま食べても美味しいのですが、いろいろな食べ方レシピで楽しむことが出来る食材でもあります。ひきわり納豆をよく食べるという方もあまり食べたことが無いという方も、ひきわり納豆と粒納豆を使い分けて両方の納豆を使い分けて楽しんでみて下さい。

Thumbオリーブオイル納豆の効果で便秘解消?話題の組み合わせでアレンジレシピ! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」
Thumb納豆のおつまみレシピ17選!お酒に合う簡単おつまみを紹介 | お食事ウェブマガジン「グルメノート」
Thumb納豆の8つの効果!納豆の効果的な食べ方と健康効果の上がる組み合わせとは? | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ